個人 受益者に対する課税

Top PDF 個人 受益者に対する課税:

第 2 金融資産性所得に対する個人住民税の課税時期と課税団体についての検討 1 年の途中で出国した者のキャピタルゲインに対する個人住民税の課税のあ り方 (1) 非居住者に対する個人所得課税の基本的な仕組みについて非居住者に対する個人所得課税については 個人住民税 ( 地方税 ) と所得税 ( 国税

第 2 金融資産性所得に対する個人住民税の課税時期と課税団体についての検討 1 年の途中で出国した者のキャピタルゲインに対する個人住民税の課税のあ り方 (1) 非居住者に対する個人所得課税の基本的な仕組みについて非居住者に対する個人所得課税については 個人住民税 ( 地方税 ) と所得税 ( 国税

上記のとおり、所得税について国外転出時における未実現のキャピタルゲイ ンに対する課税制度が導入された一方、個人住民税については、平成 27 年度改 正における導入は見送られ、引き続き検討を行うこととされた。 これは、個人住民税が翌年1月1日に地方団体内に住所を有する課税さ れる税であるため、年の途中で出国したについては、当該年中に実現したキ ャピタルゲインに係る個人住民税は課税されないこととの公平性を踏まえ、年 の途中で出国した等の実現したキャピタルゲイン等についての課税のあり方 の検討と併せて、引き続き検討することとされたためである。
さらに見せる

16 さらに読み込む

問 1(5 点 ) 1 人格のない社団等及び持分の定めのない法人に対する課税 ⑴ 人格のない社団等に対する課税 ( 法 661)3 人格のない社団等に対し財産の贈与又は遺贈があった場合においては その社団等を個人とみなして これに贈与税又は相続税を課する ⑵ 持分の定めのない法人に対する課税 ( 法

問 1(5 点 ) 1 人格のない社団等及び持分の定めのない法人に対する課税 ⑴ 人格のない社団等に対する課税 ( 法 661)3 人格のない社団等に対し財産の贈与又は遺贈があった場合においては その社団等を個人とみなして これに贈与税又は相続税を課する ⑵ 持分の定めのない法人に対する課税 ( 法

本年の理論は、昨年度の問題同様、解答項目のわかり易い問題であった。 問1は、個人とみなされる全般について問う問題であった。「人格のない社団等及び持分の定 めのない法人に対する課税」及び「受益等が存しない信託等の特例」については、今年の予想B ランク理論であり、基本的には理論ドクターに掲載しているとおりに記述すればよかったため、T ACの受講生は精度の高い答案を作成することが出来たはずである。その上で、今年新設された「特 定一般社団法人等に対する課税」については、法66の2①だけでも記述できればかなりのアドバン デージとなったであろう。
さらに見せる

16 さらに読み込む

240 下 2 所得税法等の課税方式の概要 2.1 序論個人の所得に対する課税方式には,1 所得をいくつかの種類に分類した上で, 各所得の種類ごとに別々に課税する方式 ( 分類所得税 scheduler system) と,2 各所得をすべて合算した上で, それに単一の税率表を適用して課税する方式

240 下 2 所得税法等の課税方式の概要 2.1 序論個人の所得に対する課税方式には,1 所得をいくつかの種類に分類した上で, 各所得の種類ごとに別々に課税する方式 ( 分類所得税 scheduler system) と,2 各所得をすべて合算した上で, それに単一の税率表を適用して課税する方式

昭和63(1988)年改正において申告分離課税制度が導入され,更に後述するように,金融所得の一体課 税を推進するという観点から,近年,各種の金融商品を巡る課税方式の再構築が急速に進行している 11 12 。 2.4 小括  このように我が国の所得税法は,その建前として包括的所得概念や総合所得税制度を基本原則としつ つも,①収入面で包括的所得概念を採用し個人の担税力を増加させるすべての経済的利得を課税対象と する一方,費用・損失面では趣味的活動に伴う「家事費」の混入防止等の観点から各種の制限を設ける という非対称性,②山林・退職所得という基本税制上の分離課税制度の存在,③政策目的に基づく租税 特別措置法による分離課税制度の存在といった極めて複雑かつ重層的な構造を有しているといえる。  以上のような所得税法の複雑な構造は,法人企業のような営利性のみを目的とする存在ではない自然 人たる個人が抱える種々の事情へのきめ細かな配慮や,その時々の経済社会環境に対して機動的かつ弾 力的に対応しようとする立法政策に起因するものと考えられる。しかし他方,所得課税制度を複雑で難 解なものにし,事実認定の困難化や租税回避行為の誘発,争訟の多発化・徴税コストの増加といった解 決困難な多くの課題を惹起していると考えられる。
さらに見せる

16 さらに読み込む

第 1 個人住民税の現年課税化についての検討 1 個人住民税の現年課税化に係る議論の背景 (1) これまでの経緯個人所得課税において 給与等は原則として 所得税 ( 国税 ) は 所得の発生した年に課税 納税が行われるいわゆる 現年課税 であるのに対し 個人住民税 ( 地方税 ) は前年の所得を基準

第 1 個人住民税の現年課税化についての検討 1 個人住民税の現年課税化に係る議論の背景 (1) これまでの経緯個人所得課税において 給与等は原則として 所得税 ( 国税 ) は 所得の発生した年に課税 納税が行われるいわゆる 現年課税 であるのに対し 個人住民税 ( 地方税 ) は前年の所得を基準

この課題に対し、個人住民税の現年課税化については、古くは「長期税制の あり方についての答申」 (昭和43年7月政府税制調査会)において「住民税は、 前年の所得を基礎として課税するいわゆる前年所得課税のたてまえをとってい る。所得発生の時点と税の徴収の時点との間の時間的間隔をできるだけ少なく することにより、所得の発生に応じた税負担を求めることとするためには現年 所得課税とすることが望ましいと考えられるので、この方法を採用する場合に おける源泉徴収義務の徴収事務、給与所得以外のに係る申告手続等の諸問 題について、引き続き検討することが適当である。 」とされている。
さらに見せる

10 さらに読み込む

40 Vol. 17 No.3 1. はじめに日本の個人所得課税において国税である所得税と同様に地方税である個人住民税が重要な役割を果たしている. 個人住民税額の算出方法については所得税とほぼ同様であり, 所得に対して各種の所得控除を適用し, 課税対象所得を算出した後, 課税対象所得に対して税率を適

40 Vol. 17 No.3 1. はじめに日本の個人所得課税において国税である所得税と同様に地方税である個人住民税が重要な役割を果たしている. 個人住民税額の算出方法については所得税とほぼ同様であり, 所得に対して各種の所得控除を適用し, 課税対象所得を算出した後, 課税対象所得に対して税率を適

齢世代には低所得世帯が多く,この税率の変更は高齢世代にとって,限界税率が高くなることを意 味する.限界税率が高くなるほど,控除による税負担軽減効果が高くなるため,公的年金等控除の 金額自体は減額されたものの,控除効果は増加する結果となった.  さらに,モデル3の所得控除については所得再分配効果を持つことが分かる.このように個人住 民税制のもとで控除による税負担軽減効果が大きくなるという結果が得られたのは,個人住民税の 税率の累進性が低いためである.例として2015年税制をあげると,2015年税制のもとでは,課税対 象所得に対して10%の税率が課される.この場合,33万円の基礎控除があることによって,ほぼす べての納税の税負担額が3.3万円軽減される.このとき,税負担額の軽減額自体は低所得であ ろうと高所得であろうと変化はない.しかし,税負担の軽減額が同額であるならば,低所得の 収入に占める税負担の割合は高所得よりも大きく減少する.この場合,基礎控除は低所得に対 してより大きな恩恵を与えることになる.したがって税率の累進性が緩やかであるほど,所得控除 による所得再分配効果は大きい.ただし,税制改革による所得控除額の変更は控除効果にほぼ影響 を与えていない.
さらに見せる

30 さらに読み込む

平成 29 年度個人住民税検討会開催要綱 資料 1 1. 趣旨個人住民税は 様々な行政サービスの実施主体である地方団体が課税主体となって 受益者である住民に広く課税するものである こうした特性を有する個人住民税に関し 経済社会情勢の変化や政府 与党における税制の議論を踏まえ 今後の個人住民税のあり方

平成 29 年度個人住民税検討会開催要綱 資料 1 1. 趣旨個人住民税は 様々な行政サービスの実施主体である地方団体が課税主体となって 受益者である住民に広く課税するものである こうした特性を有する個人住民税に関し 経済社会情勢の変化や政府 与党における税制の議論を踏まえ 今後の個人住民税のあり方

「市町村民税所得割額」を利用している福祉・教育制度等に係る対応 ② 県費負担教職員制度の見直しに伴う税源移譲 ウ 「市町村民税所得割額」を利用している福祉・教育制度等に係る対応 税源移譲後、各地方団体における「市町村民税所得割額」を給付の受給要件や利用負担の決定等の基準として利用する福祉・教育制 度等においては、指定都市と他の市町村で適用される税率が異なることとなることから、例えば、1月1日現在、指定都市に住所を有して いたが、転居等により指定都市以外の市町村で各制度を利用する場合、従前より当該市町村に住所を有していると比較して、不公平 な取扱いとならないよう、関係省庁における対応を踏まえ、社会福祉部局等と連携して条例等の改正や実務面での準備等の対応が必要と なること。
さらに見せる

57 さらに読み込む

個人 個人 個人 住民税 住民税 住民税 住民税 は の の は 課税 配偶者 課されます 対象 控除 ではない か 扶養 控除 所得 の ( 非課税 対象 場合 であっても 所得 課 もく目 じ次 Q1. 個人 こじんじゅうみんぜい れますか?, どのような人 ( どのような ばあい ) に か

個人 個人 個人 住民税 住民税 住民税 住民税 は の の は 課税 配偶者 課されます 対象 控除 ではない か 扶養 控除 所得 の ( 非課税 対象 場合 であっても 所得 課 もく目 じ次 Q1. 個人 こじんじゅうみんぜい れますか?, どのような人 ( どのような ばあい ) に か

個人住民税 こじんじゅうみんぜい は、1月 が つ 1日 に ち 現在 げ ん ざ い にお 住 す まいの 市町村 し ち ょ う そ ん で 課 か されま すので,その 後 ご に 現在 げ ん ざ い の 市内 し な い (町内 ちょうない )へ 転入 てんにゅう した 場合 ば あ い には, 1月 が つ 1日 に ち にお 住 す まいになられていた 市町村 し ち ょ う そ ん から 納税 の う ぜ い 通知書 つ う ち し ょ が 送 そ う 付 ふ されます。

38 さらに読み込む

個人 個人 個人 住民税 住民税 住民税 住民税 は の の は 課税 配偶者 課されます 対象 控除 ではない か 扶養 控除 所得 の ( 非課税 対象 場合 であっても 所得 課 もく目 じ次 Q1. 個人 こじんじゅうみんぜい れますか?, どのような人 ( どのような ばあい ) に か

個人 個人 個人 住民税 住民税 住民税 住民税 は の の は 課税 配偶者 課されます 対象 控除 ではない か 扶養 控除 所得 の ( 非課税 対象 場合 であっても 所得 課 もく目 じ次 Q1. 個人 こじんじゅうみんぜい れますか?, どのような人 ( どのような ばあい ) に か

個人住民税 こじんじゅうみんぜい は、1月 が つ 1日 に ち 現在 げ ん ざ い にお 住 す まいの 市町村 し ち ょ う そ ん で 課 か されま すので,その 後 ご に 現在 げ ん ざ い の 市内 し な い (町内 ちょうない )へ 転入 てんにゅう した 場合 ば あ い には, 1月 が つ 1日 に ち にお 住 す まいになられていた 市町村 し ち ょ う そ ん から 納税 の う ぜ い 通知書 つ う ち し ょ が 送 そ う 付 ふ されます。

39 さらに読み込む

3. 何に対して課税するかによる分類 所得税や法人税のように 個人や会社の所得に対して課税することを 所得課税 という また消費税や酒税 たばこ税など物品の消費やサービスの提供などに対して課税することを 消費課税 相続税や固定資産税など資産などに対して課税することを 資産課税等 という 3 主な税の

3. 何に対して課税するかによる分類 所得税や法人税のように 個人や会社の所得に対して課税することを 所得課税 という また消費税や酒税 たばこ税など物品の消費やサービスの提供などに対して課税することを 消費課税 相続税や固定資産税など資産などに対して課税することを 資産課税等 という 3 主な税の

調査は今年7月1日~8月31日、ブライト・ウェイが運営するサイト上で実施。51 8人(女性494人、男性24人)から回答があった。中心年齢は30代前半で、回答 の属性は、 「出産を機に退職した専業主婦」が34.1%、 「正社員(育休中含む) 」が32. 9%、 「結婚してからずっと専業主婦」が16.1%、 「パート・アルバイト」が9.1% などとなっている。

19 さらに読み込む

目次 平成 29 年度 Chapter 1 個人所得課税 資産課税 3 (1) 配偶者控除 配偶者特別控除の見直し (2) 積立 NISA の創設 (3) 事業承継税制の見直し (4) 国外財産に対する相続税等の納税義務の範囲の見直し Chapter 2 法人課税 6 (1) 研究開発税制の見直し

目次 平成 29 年度 Chapter 1 個人所得課税 資産課税 3 (1) 配偶者控除 配偶者特別控除の見直し (2) 積立 NISA の創設 (3) 事業承継税制の見直し (4) 国外財産に対する相続税等の納税義務の範囲の見直し Chapter 2 法人課税 6 (1) 研究開発税制の見直し

(注1)異常所得:外国子会社の資産規模や人員等の経済実態に照らせば、その事業から通常生じ得ず、発生する根拠のないと考えられる所得。制度上は「経 済活動基準」を経て「会社の実体がある」と判定された外国関係会社における、部分合算対象の一項目と位置付けられているが、結果的には、全ての外 ※あみかけの部分が日本の親会社の所得とみなして合算課税される。  国際的な租税回避や脱税は、企業の公平な競争条件を損ない、納税の信頼を揺るがす大きな問題 です。この問題を解決するために立ち上げられた「BEPSプロジェクト(注)」を、日本は主導してきました。  こうした流れを受けて、 「外国子会社合算税制(外国子会社を利用した租税回避を防止するため、 一定の条件に該当する外国子会社の所得相当額を日本の親会社の所得とみなして合算課税する制 度)」について、日本企業の海外展開を阻害することなく、より効果的に国際的な租税回避に対応できる よう総合的に見直しています。
さらに見せる

20 さらに読み込む

特定個人情報保護評価書 ( 全項目評価書 ) 評価書番号 8 評価書名 個人住民税課税事務全項目評価書 個人のプライバシー等の権利利益の保護の宣言 徳島市は 個人住民税課税事務における特定個人情報ファイルの取扱いにあたり 特定個人情報ファイルの取扱いが個人のプライバシー等の権利利益に影響を及ぼしかね

特定個人情報保護評価書 ( 全項目評価書 ) 評価書番号 8 評価書名 個人住民税課税事務全項目評価書 個人のプライバシー等の権利利益の保護の宣言 徳島市は 個人住民税課税事務における特定個人情報ファイルの取扱いにあたり 特定個人情報ファイルの取扱いが個人のプライバシー等の権利利益に影響を及ぼしかね

追加 1 個人住民税システム(税務システム) 基準日_都道府県コード、基準日_市区町村コード、基準日_郵便番号、基準日_都道府県 名、基準日_市区町村名、基準日_住所、義務_申告個人番号、非居住親族数、扶養 _連番、扶養_非居住フラグ、扶養区分コード、扶養_配偶フラグ、扶養_特定フラ グ、扶養_同居特別フラグ、扶養_老人フラグ、扶養_その他フラグ、扶養_16歳未満フラ グ、扶養_障害同居特別フラグ、扶養_障害特別フラグ、扶養_障害その他フラグ、変更前_ 配偶フラグ、変更前_特定フラグ、変更前_同居特別フラグ、変更前_扶養_老人フラグ、 変更前_扶養_その他フラグ、変更前_扶養_16歳未満フラグ、変更前_扶養_障害同居特別 フラグ、変更前_扶養_障害特別フラグ、変更前_扶養_障害その他フラグ、是正理由区分、 資料判別区分、否認是正区分、連絡せん_備考1、連絡せん_備考2、連絡せん_備考3、 連絡せん_備考4、扶養等否認日、連絡せん_通知発行フラグ、連絡せん_通知日、住宅 借入金等特別控除区分(1回目)、住宅借入金等年末残高(1回目)、住宅借入金等特別控 除区分(2回目)、住宅借入金等年末残高(2回目)、各種金額4、各種金額5、各種金額 6、各種金額7、各種金額8、支払申告(個人・法人)番号、情報照会状態、不開示 コード、ReasonOfNull属性(合計所得金額)、合計所得金額、ReasonOfNull属性(給与専 従者収入額)、給与専従収入額、ReasonOfNull属性(控除対象配偶)、控除対象配 偶、ReasonOfNull属性(扶養控除対象)、扶養控除対象
さらに見せる

119 さらに読み込む

給与所得控除の論点―『個人所得課税に関する論点整理』を手がかりに―

給与所得控除の論点―『個人所得課税に関する論点整理』を手がかりに―

子・高齢化など経済社会の急速な構造変化に対応することや、様々な政策目的のために複 雑化した税制の歪みや不公平を是正し、広く公平に負担を分かち合うことにある。 給与所得の課税については、給与所得の勤務をめぐる状況の変化を踏まえて、給与所 得控除を縮小することが示唆されている。現在の制度が、画一的なものであるため、雇用 形態の多様化等に対応できていないことを、 その理由としている。 給与所得控除の縮小は、 税負担の増加要因であるが、この考え方は妥当なものであろうか。
さらに見せる

12 さらに読み込む

1. 個人市民税について (1) 個人市民税について個人市民税は 一般に個人県民税とあわせて住民税と呼ばれています また 前年 1 年間の所得に応じて課税される 所得割 と 定額で課税される 均等割 とで構成されています なお 個人県民税は 課税 徴収を個人市民税とあわせて行い 市を経由して県へ納付

1. 個人市民税について (1) 個人市民税について個人市民税は 一般に個人県民税とあわせて住民税と呼ばれています また 前年 1 年間の所得に応じて課税される 所得割 と 定額で課税される 均等割 とで構成されています なお 個人県民税は 課税 徴収を個人市民税とあわせて行い 市を経由して県へ納付

 【住宅用地に対する課税標準の特例制度】   ①固定資産税 200㎡以下の部分は評価額の1/6に、200㎡を超える部分は1/3に軽減されます。   ②都市計画税 200㎡以下の部分は評価額の1/3に、200㎡を超える部分は2/3に軽減されます。  年数経過による減価の補正率は20%が下限となっており、評価額 は原則として下がりません。築40年の木造家屋であれば、既に20% に達しているため、評価額が据え置きになっていると考えられます。
さらに見せる

10 さらに読み込む

第 事業所税の概要 事業所税には資産割と従業者割があり 市内のすべての事業所等を合算して次のように課税されます 資産割 従業者割 課税客体事業所等において法人又は個人の行う事業 納税義務者事業所等において事業を行う法人又は個人 課税標準 事業所等の用に供する事業所用家屋の床面積 ( 事業所床面積 )

第 事業所税の概要 事業所税には資産割と従業者割があり 市内のすべての事業所等を合算して次のように課税されます 資産割 従業者割 課税客体事業所等において法人又は個人の行う事業 納税義務者事業所等において事業を行う法人又は個人 課税標準 事業所等の用に供する事業所用家屋の床面積 ( 事業所床面積 )

この申告は、入居に対し、貸し付けている部分の床面積を確認するための資料として必要となる もので、貸ビル等の所有に、税負担を求めるものではありません。 ◎ この手引きは、貸ビル等の所有が新たに貸し付けを行った場合や、既に申告した貸ビル等の事 業所床面積又は入居の専用床面積等に異動が生じた場合などに、 「事業所用家屋(貸ビル等)申告 書」などを作成するときに必要とされる一般的事項について説明しています。
さらに見せる

10 さらに読み込む

倫理綱領の解説 ( 信託制度 ) 信託制度は 委託者から財産の移転等を受け 受託者が財産の名義人となり 受益者のためにその管理 運用を行う財産管理制度である 財産の所有権等を移転するものであるから 委託者 受益者からの受託者に対する高度な信頼関係が存在することが前提となる 受託者は その信頼に応える

倫理綱領の解説 ( 信託制度 ) 信託制度は 委託者から財産の移転等を受け 受託者が財産の名義人となり 受益者のためにその管理 運用を行う財産管理制度である 財産の所有権等を移転するものであるから 委託者 受益者からの受託者に対する高度な信頼関係が存在することが前提となる 受託者は その信頼に応える

 企業経営に関して、経済・社会の一員として一般的に求められる義務・責任(例えば、 会社法が定める取締役・監査役・執行役などの義務・責任、株主の権利行使に関する 利益供与の禁止)を果たすとともに、反社会的な行為(例えば、刑法が定める犯罪行 為)などが生じないよう、経済・社会の一員として課された社会規範を誠実かつ厳格 に遵守する必要がある。情報管理の重要性を認識し、顧客等の情報の取扱いには細心 の注意を払う必要がある。職務上知り得た情報を他に漏らし、また利用しないよう徹 底する必要がある。特に個人情報については漏洩等の防止に向けた安全管理措置を 構築し管理を徹底する必要がある。
さらに見せる

7 さらに読み込む

軽自動車税課税事務(基礎) 特定個人情報保護評価について 所沢市ホームページ

軽自動車税課税事務(基礎) 特定個人情報保護評価について 所沢市ホームページ

.特 個人情報ファイ 扱う事務 事務 名称 軽自動車税課税事務 システム 名称 軽自動車税システム 中間サ バ 統合 名管理システム 所沢市 地方税法 基 毎 日 賦課期日 現在 市内 主た 置場 あ 軽自動 車等 所 い 方 対 軽自動車税 課税 い また 身体障害 方 構造 専 身体 障害等 利用 供 生活保護 給 公益法人等 公益事業 使う そ 他特 事 情 あ 方 い 申請 基 い 軽自動車税 減免 具体的

4 さらに読み込む

一定の要件を満たす中小 個人事業は売上高ベースのみなし課税制度 (Lump-sum Tax) も適用できる 事業内容と売上高により 3% から 7% の累進税率が適用される 年間収益額 が 12 百万キープ以下の事業者は法人所得税が免税となる (1) 課税所得課税所得は課税年度における全ての種類の事

一定の要件を満たす中小 個人事業は売上高ベースのみなし課税制度 (Lump-sum Tax) も適用できる 事業内容と売上高により 3% から 7% の累進税率が適用される 年間収益額 が 12 百万キープ以下の事業者は法人所得税が免税となる (1) 課税所得課税所得は課税年度における全ての種類の事

自らの事業により得た純利益を事業拡大に投資した場合には次年度の法人税が免除され る。 2. 所得税 ラオスでの個人の所得に関する課税は、給与所得やその他の所得(事業所得除く)に対 して所得税(Income Tax)が課される。一方で、事業所得については法人税またはみなし 法人税が課される。すなわち、各税目は所得の種類に従って規定されており、個人と法人 の区別はない。

10 さらに読み込む

目 次 第 1 章事業所税の概要 1 事業所税について 1 2 課税団体 1 3 事業所税のしくみ 2 第 2 章課税客体と納税義務者 1 課税客体 5 2 納税義務者 5 第 3 章課税標準 1 資産割の課税標準 7 2 従業者割の課税標準 12 第 4 章税率と免税点 1 税率 15 2 免税点

目 次 第 1 章事業所税の概要 1 事業所税について 1 2 課税団体 1 3 事業所税のしくみ 2 第 2 章課税客体と納税義務者 1 課税客体 5 2 納税義務者 5 第 3 章課税標準 1 資産割の課税標準 7 2 従業者割の課税標準 12 第 4 章税率と免税点 1 税率 15 2 免税点

また、特殊関係を有するであるかどうか判定すべきを「判定対象」といいます。 具体的には、 「特殊関係」は次のようになります。 ① 判定対象の配偶、直系血族及び兄弟姉妹。 ② 判定対象の親族(①を除く六親等内の血族及び三親等内の姻族)で、判定対象と生計 を一にし、又は判定対象から受ける金銭その他の財産により生計を維持している。 ③ 判定対象の使用人その他の個人(①、②を除く)で、判定対象から受ける特別の金銭
さらに見せる

39 さらに読み込む

Microsoft Word - 受益者_Q&A.doc

Microsoft Word - 受益者_Q&A.doc

この場合は、買取請求必要書類を委託会社所定の手続により受託会社宛に提出していただ く必要があります。お受取金額は受託会社から直接受益指定の銀行口座に振り込まれま す。その際、諸般の手続が必要となるため、この買取請求では、お受取金額のお支払いま でに通常の換金申込よりも日数を要することがありますのでご留意ください。このお受取 金額に対しては、振込手数料および買取計算書郵送費用(郵便料金、簡易書留手数料)が 差し引かれます。なお、買取りにかかる収益は、受益ご自身での確定申告が必要になり ますのでご留意ください。(非課税扱いの受益を除きます。また、税法が改正された場 合には、取扱いが変更になることがあります。)
さらに見せる

7 さらに読み込む

平成25年度東京都税制調査会 第3回小委員会 個人所得課税に関する資料

平成25年度東京都税制調査会 第3回小委員会 個人所得課税に関する資料

備考 本資料においては、統一的な国際比較を行う観点から、諸外国の税法に記載されている様々な所得控除や税額控除のうち、一定の家族構成や給与所得を前提 として実際の税額計算において一般的に考慮されているもののみを考慮して、個人所得課税負担額を計算している。従ってイギリスの勤労税額控除(全額給 付)等は計算に含めていない。 2 個人所得課税には、所得税及び個人住民税等(フランスでは、所得税とは別途、収入に対して社会保障関連諸税(一般社会税等)が定率(現在、合計8%) で課されている。)が含まれる。なお、フランスでは、別途、財政赤字を解消するまでの措置として、一時的に発生した高額所得に対する所得課税(最高税 率4%)を2012年より導入している(上記表中においてはこれを加味していない)。
さらに見せる

23 さらに読み込む

Show all 10000 documents...