企業の目的と利潤最大化

Top PDF 企業の目的と利潤最大化:

経済研究 Vol. 67 No. 1 Jan 寡占における相対利潤最大化企業による戦略変数の選択 * 佐藤敦紘 田中靖人 差別化された財を生産する対称的な寡占において各企業が絶対利潤 ( 自らの利潤そのもの ) ではなく相対利潤 ( 自分の利潤と他の企業の利潤の平均値との差 ) を最大化

経済研究 Vol. 67 No. 1 Jan 寡占における相対利潤最大化企業による戦略変数の選択 * 佐藤敦紘 田中靖人 差別化された財を生産する対称的な寡占において各企業が絶対利潤 ( 自らの利潤そのもの ) ではなく相対利潤 ( 自分の利潤と他の企業の利潤の平均値との差 ) を最大化

et al.(2000),Matsumura et al.(2013),Gibbons and Murphy(1990),Lu(2011)などを参照して いただきたい. 一方,企業による戦略変数選択に関する研 究は Singh and Vives(1984)に端を発する.通 常絶対利潤最大場合 Singh and Vives (1984)は複占市場においてベルトラン競争均 衡価格(産出量)はクールノー競争それよりも 低く(大きく)なり,消費者余剰および総余剰 観点からするベルトラン競争はクールノー競 争よりも効率的であることを示した.また,戦 略変数選択は財性質によって異なり,財が 代替的(補完的)であれば,企業は数量(価格)を 支配戦略として選択することを示した.しかし, 寡占市場においては均衡価格・産出量や効率性 について必ずしも Singh and Vives(1984)同 様結果が成立せず,戦略変数選択は財性 質だけでなく財垂直的な品質違いにも依存 することが Häckner(2000)によってわかって いる.Tanaka(2001)は寡占市場において絶対 利潤最大する企業による戦略変数選択を 本稿同じ 2 段階ゲームによって考察し,各企 業が価格を選択するベルトラン均衡ではなく, 各企業が数量を選択するクールノー均衡が部分 ゲーム完全均衡(sub-game perfect equilibrium) として実現することを示した.最近戦略変数 選択に関する研究については Tasnádi(2006) や Matsumura and Ogawa(2012)なども参照し ていただきたい.これら先行研究は異なり, 本稿では代替的な財を生産する企業が寡占市場 において相対利潤最大する場合について分 析し,企業による戦略変数選択が無差別な ることを示す.
さらに見せる

10 さらに読み込む

目 次 第一章企業活動と特許管理 1 1. 概要 1 2. 特許部門の役割 特許権取得の目的 2 (1) 事業利益の最大化 2 (2) 特許権から得られる直接利益 特許部門の機能 3 (1) 戦略スタッフ機能 3 (2) ライン機能 4 (3) サービス機能

目 次 第一章企業活動と特許管理 1 1. 概要 1 2. 特許部門の役割 特許権取得の目的 2 (1) 事業利益の最大化 2 (2) 特許権から得られる直接利益 特許部門の機能 3 (1) 戦略スタッフ機能 3 (2) ライン機能 4 (3) サービス機能

目 次 第一章 企業活動特許管理 ············································· 1 1.概要 ····························································· 1 2.特許部門役割 ··················································· 2 2-1.特許権取得目的 ··········································· 2 (1)事業利益最大 ··········································· 2 (2)特許権から得られる直接利益 ································· 3 2-2.特許部門機能 ············································· 3 (1)戦略スタッフ機能 ··········································· 3 (2)ライン機能 ················································· 4 (3)サービス機能 ··············································· 4 2-3.特許部門組織体制 ········································· 6 (1)特許部門機能 ············································· 6 (2)特許部門組織体制 ········································· 6
さらに見せる

44 さらに読み込む

『学校法人会計の目的と企業会計との違い』

『学校法人会計の目的と企業会計との違い』

一般に企業会計では、経済活動成果を損益計算で表し、利益を最大限にするべく経済活動 を展開されています。利益追求が目的であるため、時に多額費用(支出)を費やしても、それ に見合う以上収益(収入)が見込まれる場合には積極的な投資・支出が行われます。 これに対し学校法人会計は、営利を目的するものではなく、教育研究を遂行することが目的 です。主要な財源である学生生徒納付金は学費も年度途中でたやすく変更できず、学生生徒数 も年度当初に確定した人数がほとんど増減しません。従って、仮に支出を増加させたとしても、収 入増加を図ることは通常は困難です。このような特徴中で、教育研究遂行という目的を計 画的に達成するために、予算が特に重要になります。
さらに見せる

7 さらに読み込む

概要と特徴 リクルーター養成ゼミ の成果として ゼミの中で学んだことを活かした自社メッセージを 県内学生に発表する 企業の魅力発表会 を開催した この発表会の最大の目的は 非利用者アンケート を収集できる点にある 非利用者アンケートとは 求人企業からのメッセージを聞いても 興味 関心が高まらず 応募

概要と特徴 リクルーター養成ゼミ の成果として ゼミの中で学んだことを活かした自社メッセージを 県内学生に発表する 企業の魅力発表会 を開催した この発表会の最大の目的は 非利用者アンケート を収集できる点にある 非利用者アンケートとは 求人企業からのメッセージを聞いても 興味 関心が高まらず 応募

概要特徴 「リクルーター養成ゼミ」成果として、ゼミ中で学んだことを活かした自社メッセージを、県内学生に発表する「企業 魅力発表会」を開催した。この発表会最大目的は、「非利用者アンケート」を収集できる点にある。非利用者 アンケートは、求人企業からメッセージを聞いても、興味・関心が高まらず、応募に至らない生徒・学生たち「正 直な評価結果その理由」ことである。企業へ就職することが目的である会社説明会場合、学生はその企業 メッセージについては評価を伝えることはしない。それ故、なぜ自社に興味・関心がわかなかったか、を検証することが できない。そこで今回機会を通じ、なぜ自社メッセージが学生興味・関心を高めることができないか要因を明 確にする。無論、メッセージを聞いた学生が県内中小企業興味・関心を高め、就職につながってくれることを願うが、 当プロジェクト役割である採用力を向上させるという点においては、参加する中小企業が学んだメッセージ成果を しっかり受け取ることが、この発表会最大目的であろう。
さらに見せる

8 さらに読み込む

4 本事業のねらい中小企業等 ( ベンチャー企業を含む ) の保有する潜在的技術シーズを活用した技術開発の推進を支援するとともに 新事業の創成と拡大等を目指した事業化 ビジネス化を支援することを目的とする そのため 新エネルギーの分野における技術の選択肢を拡大するとともに 中小 ベンチャー企業等の革

4 本事業のねらい中小企業等 ( ベンチャー企業を含む ) の保有する潜在的技術シーズを活用した技術開発の推進を支援するとともに 新事業の創成と拡大等を目指した事業化 ビジネス化を支援することを目的とする そのため 新エネルギーの分野における技術の選択肢を拡大するとともに 中小 ベンチャー企業等の革

2 ④本事業ねらい 中小企業等(ベンチャー企業を含む。 )保有する潜在的技術シーズを活用した技術開発推進を支 援するとともに、新事業創成拡大等を目指した事業・ビジネスを支援することを目的する。 そのため、新エネルギー分野における技術選択肢を拡大するとともに、中小・ベンチャー企業革新的な技術に対し、市場からベンチャーキャピタル等資金を呼び込む仕組みを組み込むことに より、新エネルギー自立的な発展を、ナショナルプロジェクトとして誘導、加速させる。
さらに見せる

7 さらに読み込む

目次 ~ コンテンツ一覧 ~ 1 調査概要 ( 目的 内容 項目 方法 対象 分析 検討 体制 スケジュール等 ) 中小企業の IT 活用に関する調査結果概要 1 回答企業プロフィール 経営課題と解決の方向性について (1) 経営課題の捉え方 ()IT 化の現状と今後 3IT 投資と導入について (

目次 ~ コンテンツ一覧 ~ 1 調査概要 ( 目的 内容 項目 方法 対象 分析 検討 体制 スケジュール等 ) 中小企業の IT 活用に関する調査結果概要 1 回答企業プロフィール 経営課題と解決の方向性について (1) 経営課題の捉え方 ()IT 化の現状と今後 3IT 投資と導入について (

12 2.6.導入・活用における課題今後期待 (1)クリアされるべき条件外部(支援者、ベンダー、国等)に期待する機能やサポート IT進展に解決が望まれる課題としては、 ベンダーや中小企業診断士、税理士等 外部支援体制整備から、価格妥当性 や効果確認へ回答が変化した。中小企 業においても、IT活用目的が、合理/ 効率だけでなく、効果性向上に重点が置 かれ始めてきたことが分かる。
さらに見せる

18 さらに読み込む

沿革 CVRD は 1942 年 6 月 大戦中の米国 英国に対する鉄鉱石供給を目的とした国営企業として設立された その後 非鉄金属 紙 パルプ製品 アルミニウムなどを対象に事業を展開し 1990 年代には株式売却による民営化が実施された ラテンアメリカ最大の鉱山会社であり 世界最大 (2004 年

沿革 CVRD は 1942 年 6 月 大戦中の米国 英国に対する鉄鉱石供給を目的とした国営企業として設立された その後 非鉄金属 紙 パルプ製品 アルミニウムなどを対象に事業を展開し 1990 年代には株式売却による民営化が実施された ラテンアメリカ最大の鉱山会社であり 世界最大 (2004 年

Para 州に開発待ち Onca Puma ニッケル鉱床を獲得した。 5. 事業内容 CVRD は、世界最大鉄鉱石生産者であるとともに資産規模でブラジル最大企業である。ブラ ジル国内に鉄、金、マンガンなど鉱山を所有するほか、鉄鉱山統合した 2 つ鉄道網、JV による アルミニウム関連製品、鉄鋼製品に権益を保有する。業績好調な鉄鉱石部門で収益をベースに 銅、ニッケルなど非鉄金属部門へ参入による多角を積極的に展開している。2004 年鉱種・ 品目別売上高を前年度比で見てみる、鉄鉱石・ペレットが全体 54%を占め、圧倒的に重要な部 門である。次いでアルミ部門が 14%、運輸部門が 10%を占める。2004 年から生産を開始した銅はまだ 2%に過ぎない。
さらに見せる

7 さらに読み込む

中小企業活性化推進モニター平成 27 年度第 2 回調査結果報告について 1 調査目的 マイナンバー制度について TPP( 環太平洋パートナーシップ ) 協定について 中小企業活性化推進モニター を活用した調査を実施し 今後の産業振興 中小企業活性化施策の方向性等に役立てる 2 実施方法 調査票の郵

中小企業活性化推進モニター平成 27 年度第 2 回調査結果報告について 1 調査目的 マイナンバー制度について TPP( 環太平洋パートナーシップ ) 協定について 中小企業活性化推進モニター を活用した調査を実施し 今後の産業振興 中小企業活性化施策の方向性等に役立てる 2 実施方法 調査票の郵

問6 【貴社・貴組合マイナンバーが漏洩しないなど、情報管理へ対応を講じているか】に ついて、「一通り準備をしている」(47%)が最多であった。次いで「対策を構築中」 (29%)、「必要だ思うが未実施」(10%)が続く結果なった。 なお、「対応を 講じる予定がない」回答は6%、「何をしてよいか分からない」は5%、「充分な対応を 講じている」答えた企業・組合は2%であり、「一通り準備をしている」「充分な対応 を講じている」回答はあわせて49%であった。なお、中小企業、小規模企業別に見る、 「充分な対策を講じている」、「一通り準備をしている」、「対策を構築中」いずれかを
さらに見せる

14 さらに読み込む

( 情報化がもたらす仕事の変化 ) 情報化が急速に進展した 21 世紀初頭において 企業における情報関連投資の目的をみると 業務のスピード向上や全体的な情報共有化のためが多く 次いでコスト削減となっている ( 付 2 (1) 2 表 ) 企業の情報関連投資は 人員削減などのコスト抑制を目的としたもの

( 情報化がもたらす仕事の変化 ) 情報化が急速に進展した 21 世紀初頭において 企業における情報関連投資の目的をみると 業務のスピード向上や全体的な情報共有化のためが多く 次いでコスト削減となっている ( 付 2 (1) 2 表 ) 企業の情報関連投資は 人員削減などのコスト抑制を目的としたもの

従業員に幅広い知識や技術が求められるようになる 従業員により高い専門性が求められるようになる 職場で連携、協力して行う仕事が多くなる 従業員により高い自主性が求められるようになる 経営者戦略的意思決定を現場に徹底していくことが求められる 組織的に仕事をするために中間管理職役割が高まる 現場情報を共有し、全社的な意志決定が求められる 仕事相互関係性が強まり、組織チームワークが求められる 部門を越えた全社的なコミュニケーションが活発になる 従業員により高い協調性が求められるようになる 同じ職務チーム、部門内でコミュニケーションが活発になる 競い合いながら成果を上げる仕事が多くなる 従業員個々仕事裁量性が高まる 仕事独立性が高まり従業員主体性が求められる (%) 100 人未満 100 ∼ 300 人
さらに見せる

8 さらに読み込む

濱田弘潤 : 多角化企業の利潤分析 77 多角化企業の利潤分析 多角化ディスカウントの寡占理論による説明 * 濱田弘潤 (diversification discount) Keywords: JEL classifications: D43, L13, L22, G

濱田弘潤 : 多角化企業の利潤分析 77 多角化企業の利潤分析 多角化ディスカウントの寡占理論による説明 * 濱田弘潤 (diversification discount) Keywords: JEL classifications: D43, L13, L22, G

命題 1 は,それぞれ市場において,合併後多角企業単独企業均衡生産量を比較する ,多角企業生産量が単独企業生産量よりも小さくなることを述べている.命題 1 が生じる 理由は,次通りである.個別製品差別財市場でのみ財を供給する非合併単独企業は,両代 替財市場間に存在する相互作用を全く考慮せずに生産量を決定する.言い換えれば,単独企業は 市場間外部性に対してコーディネートできない.一方,単独企業は異なり多角企業は,両方 市場から得られる利潤合計を最大するので,両市場間に存在する外部効果を考慮する.市 場間で過当競争を避けるために,生産量水準を減少するが,利潤最大観点から最適で ある.多角企業は,市場間外部性に対してコーディネートでき生産量を適切に調整する.
さらに見せる

15 さらに読み込む

RIETI - 人工物の複雑化とものづくり企業の対応―制御系の設計とメカ・エレキ・ソフト統合―

RIETI - 人工物の複雑化とものづくり企業の対応―制御系の設計とメカ・エレキ・ソフト統合―

的には自動制御系拡大を意味している(図 10)。 一般に「制御」(control)は、ある目的に向けて制御対象(機械など)に操作を加えること である(澤井監修・緒方、1970)。したがって、制御すべき機能を、事前に明確に記述する必要 がある。つまり、機能設計を周到に行う必要がある。制御工学では、人工物振る舞い、働き、 出力、すなわち機能は、例えばブロック図・フロー図・状態遷移図などで表現することになる。 このように、制御部分設計を担当する制御工学発想では、人工物入力(操作量;z) 出力(制御量;y)あるべき姿明確な記述が、何よりもまず重視される。重要なはあくま でも y = f ( ) z であり、構造パラメータ ( ) x は、この入力・出力関係実現に貢献する限りにおい て重視される。つまり、制御工学を支える電気設計・半導体設計・組込みソフトウェア設計など では、機能設計が重視される傾向がある。なお、奥野・瀧澤・渡邊らによる人工物経済モデル は、こうした制御系として特性を抽出しており、ここで分析親和的である(図 11)。
さらに見せる

40 さらに読み込む

要約 本研究は 企業は企業価値で評価され 企業活動の1つである生産活動も 企業価値向上への貢献を強く求められている というニーズに応えるために 経営の諸活動が 企業全体として企業価値にどのように貢献しているのか その関係と貢献の様子を可視化し 全体最適で企業価値の最大化に貢献する手法を提案することを

要約 本研究は 企業は企業価値で評価され 企業活動の1つである生産活動も 企業価値向上への貢献を強く求められている というニーズに応えるために 経営の諸活動が 企業全体として企業価値にどのように貢献しているのか その関係と貢献の様子を可視化し 全体最適で企業価値の最大化に貢献する手法を提案することを

4 課題に取り組んできた。購買部門は有利購買を目的に、多様な契約方式を駆使し、調達先 をグローバルに広げて調達原材料費低減に取り組んできた。一方、製造部門は原価低減 ために、歩留まり改善や大きなロットで製造などモノづくり品質向上に磨きをかけて いる。しかし、各業務部門という視点を離れて、企業として視点でこれら活動を見て みる、原材料有利購買ため大きなロットで購買は原材料在庫増加リスクがあ り、需要予測や生産計画を超えた急な製造に対応するため原材料余裕率はずいぶん前 から見直されていないことも多い。原価低減ため大きなロットで製造は製品在庫増 加リスクを含み、効率的な製造を指向する反面、手待ちになる稼働率維持ために前 倒し生産をしてしまい、製品在庫増加原因になる。この製品在庫は売り切れればよいが、 倉庫に長く置かれ滞留在庫になったり、廃棄されたりすることもある。これらは、各業務 部門原価低減、稼働率維持という業務目標に対しては重要な取り組みであるが、企業 視点で企業価値向上取り組みとしては、個別最適になっているいわざるを得ない。 このような状況になるは、従来、製造業では、 「モノをつくる」ことに焦点があり、コス トは「使うもの」であって、創りだすものではなく、ましてや企業価値、すなわちキャッ シュを作りだすという想定がながったことに起因する。そのために、原価削減による利益 向上を指向し、部門ごとに原価低減を目標に活動を行っているである。しかし、企業企業価値で評価されるであるから、モノづくり現場生産活動も、部門ごと原価低 減だけではなく、企業重要な指標であるキャッシュを創出することに視点をあてた全体 最適で管理手法が必要である。
さらに見せる

13 さらに読み込む

目次 要旨 背景と目的 はじめに 電力自由化とは 日本の電力自由化経緯 本研究の目的 分析手法 データの選定 データ分析手法 データ分析結果

目次 要旨 背景と目的 はじめに 電力自由化とは 日本の電力自由化経緯 本研究の目的 分析手法 データの選定 データ分析手法 データ分析結果

3 1.背景目的 1.1 はじめに 電力産業は固定コストが高い、規模経済など原因により、独占になりやすい思われる。実 際に、世界主な先進国は 20 世紀 90 年代まで、電力産業は独占ままだった。ミクロ経済学で 勉強したように、独占欠点はいくつかある、電力企業は競争がないため、自らから技術を研究 し、コストを下げる意識がない、利潤だけを目指しだり、消費者ことを考えなかったり、その 結果として、電気料金が高くなる。しかし、このような欠点を知っても、先に述べたように、電 力産業固定コストがとても高い、外部による参入が難しい、電力に関する技術も簡単に利用す ることができないため、自由する前に、政府が電力産業を規制してきた。そのゆえで、電力企 業はほとんど国営である。そして、20 世紀 90 年代時、電力に対して需要がだんだん大きく なる、技術発展によって生産コストが下げられる、そのため、自然独占を消滅出来るようにな った、電力みたいな市場自由もできる。自由目的は競争を導入して、電力料金を引き下 げること資源配分をより効率的になって、社会厚生を上げるということである。この事例研究 において、日本電力自由は果たして日本電力料金を下げたかを検討したい。
さらに見せる

20 さらに読み込む

Windows 上でのグリッド・コンピューティングがもたらすIT 柔軟性の最大化とコスト削減

Windows 上でのグリッド・コンピューティングがもたらすIT 柔軟性の最大化とコスト削減

る変更に対応するため、動的に変化する IT インフラ ストラクチャを指しています。 オラクル定義するエンタープライズ・グリッド・コン ピューティングは、クラスタされた汎用サーバー(通 常は Linux または Windows オペレーティング・システ ムいずれかを実行)低コスト・ストレージで構築さ れた IT インフラストラクチャであり、変化するビジネ ス・ニーズに対応します。図 2 に示すとおり、リソース プーリング共有、動的なリソース・プロビジョニン グ、そして監視管理自動がおもなグリッド機能 なります。つまり、ワークロードやユーザー、顧客環境 を、まるで電力供給網ように IT インフラストラクチャ・ グリッドにつなげることが目的です。リソースプーリ ング共有に関していえば、企業は特定ワークロード を処理するために動的にリソースを集めています。動的 なリソースプーリング共有はグリッド主要要素で あり、ワークロードに発生するさまざまな変化を徹底的 に監視し、それに対応するように設計された IT インフ ラストラクチャが必要になります。
さらに見せる

18 さらに読み込む

国際化の原因と結果について ―医薬品業種中堅企業を事例として―

国際化の原因と結果について ―医薬品業種中堅企業を事例として―

はがん治療に移り、バイオ医薬品や希少疾病用医薬品開発など新薬開発方法が変化してきたことにある。 バイオ医薬品開発では従来異なる開発設備を必要し、希少疾病用医薬品開発は「患者数が少ないため開 発コスト低い小規模臨床試験で承認申請ができる」 (藤田、 2014)研究色強い中小企業参入障壁を低 くした。さらに医薬品は他非耐久消費財異なり、事業が成功するにつれ対象市場が縮小するという性格 を持ち、消費者発現に関する予測が難しい(誰がいつどのような病気になるか予測できない) 。さらに、 厚生労働省指導力が歴史的に強く承認プロセスや薬価など制度問題、財政健全を強く主張する財務省 を始めする医療費増大抑制議論など経営に影響する官主導経営環境問題がある。これら背景から日系 医薬品メーカー海外進出も医療費抑制方針が明確になった 81 年薬価改定(大幅薬価引き下げ)ころから 動き出した。矢野(1984)は「わが国医薬品企業は①国際によるか、②大衆薬等医療関連市場でシェ アを拡大するか以外に成長をはかることは困難である」(p.690)している。ここにこの業種に関する国際 に方向性が示されている。つまり、疾病は国を超えても同じであるから、新薬を追求する企業は国際で不 足しているリソースを補い合いながら制度的に迅速な国で申請認可を受け、市場を切り開くという方向性を とるようになった。一方、大衆薬(一般用医薬品)は、 「一般人が、薬剤師等から提供された適切な情報に 基づき、自ら判断で購入し、自ら責任で使用する医療品であって、軽度な疾病に伴う症状改善、生活 習慣病等疾病に伴う症状発現予防、生活改善・向上、健康状態自己検査、健康維持・促進、 その他保健衛生を目的するもの」 (一般用医薬品承認審査合理等検討会中間報告、 2002)定義される。 これには一般消費者を対象する非耐久消費財国際展開やマーケティングに関する様々な問題についてア ナロジーがある。つまり、構造的に海外進出はハイリスク・ハイリターンであるが、複数市場を持つことは 逆にリスクヘッジにつながる。そのような結果を求める対費用効果に自信を持つ企業は国際道を取り、 足元国内市場に専念する方が有利であり、国際性必要性を感じない企業(非国際)が大衆薬メーカー に存在する。この創薬は基本的に国際志向を内包しているが、大衆薬は国際志向国内志向に分かれる。こ ような事業性格に基づく経営戦略方向違いは、多く新薬メーカーが一般用医薬品(大衆薬)部門を切 り離し、売却している事実からも伺える。
さらに見せる

16 さらに読み込む

ブラジル多国籍企業エンブラエルの台頭と国家の役割――新興国発のハイテク企業の国際化を考える――: 東京外国語大学学術成果コレクション

ブラジル多国籍企業エンブラエルの台頭と国家の役割――新興国発のハイテク企業の国際化を考える――: 東京外国語大学学術成果コレクション

ン ンダ、 ン諸島 3 社 い (前掲資料、F-12)。  取 扱い製品を受注残 確認 。全分野 受注残は 750 機 、 のう ー ッ は 513 機 達 ( 表 1)。Embraer170(E170)、 Embraer175(E175)、Embraer190(E190)、Embraer195 (E195) 4 機種は E-Jet ー 呼ば 。 ー は E170 、 胴体延長 座席 数を増や E195 ま 品 え 。機種名 最後 E2 付 製品は E-Jet 次世代 ー 、 燃費改善、維持 減少、環境 対 負荷軽 減、騒音低下を目的 開発総額 17 億 を見 込む事業 あ (Embraer press release、2016, Feb.25)。
さらに見せる

18 さらに読み込む

日本企業とインドのスタートアップの連携-インドのデジタル化の波に乗るために

日本企業とインドのスタートアップの連携-インドのデジタル化の波に乗るために

企業によるインドデジタル活用を整理 すると、図表7ようになる。改めて確認す る、外国企業によるインドデジタル 活用事例としては、主に①インドデジタル・ サービス事業へ参入、②インドイノベー ション取り込み、2通りがある。1番目 デジタル・サービス事業へ参入について は、直接参入、スタートアップへ出資・ 買収を通じた参入があり、Google、Amazon、 Facebook は 前 者 直 接 参 入、Walmart、 Alibaba、Tencentは後者出資・買収による 参入が中心なっている。2番目イノベー ション取り込みについては、インド市場を 開拓するため、およびデジタル時代に自社や 顧客が適応するため、2通り目的があり、 それぞれを実現する主な手段として、R&D 拠点設立スタートアップ連携があ る。サムスン電子やUber Technologiesはイン ド市場開拓ためにR&D拠点を設立し、
さらに見せる

33 さらに読み込む

社会課題の解決における成果最大化に向けた協働の海外事例調査

社会課題の解決における成果最大化に向けた協働の海外事例調査

(参考)コレクティブインパクトは 「コレクティブインパクト」は 2011 年、スタンフォード大学が発行する専門誌 Stanford Social Innovation Review において、ジョン・カニア氏 マーク・クラマー氏が発表した論文で示した考え方であり、「異なるセクターにおける様々な主体(行政、企業、非営利団 体、財団等)が、共通ゴールを掲げ、互い強みを出し合いながら社会課題解決を目指すアプローチ」され、個別に アプローチするだけでは解決できなかった社会課題を解決するため試みとして着目された。従来から、ある問題に対して 様々な主体が連携して取組を実施している事例は存在したものの、「コレクティブインパクト」アプローチは、次に掲げる 5 つ特徴を有するされ、典型的な事例として、4ページに掲げる事例がしばしば言及される。
さらに見せる

131 さらに読み込む

RIETI - ITサービス化は日本企業の生産性を高めるか:クラウドコンピューティング、CIOと日本企業のパフォーマンス

RIETI - ITサービス化は日本企業の生産性を高めるか:クラウドコンピューティング、CIOと日本企業のパフォーマンス

クラウドコンピューティング導入は企業パフォーマンスにとってプラス、マイナス側面があ る。一般的に IT サービスはその利用に応じて支払う(pay-as-you-go)方式であるため、大型 IT 関 連機器導入や IT 専門要員雇用等、固定的・大型投資が少なくすむため、中小企業や新しい製品・ サービスなど、需要予測が難しく、変動が大きい場合に柔軟な対応が可能なる。そのため、新し い製品やサービスなど開発へ貢献が期待される(Sultan, 2011)。また、急速に発展する IT 技術 を自前技術者などでカバーする必要が少なく、クラウドコンピューティング利用によって最先 端 IT サービスをビジネスに活用できる利点もある。近年製品サービスも伴い、デジタル 需要に柔軟に対応できることは企業重要な比較優位源泉になれる。しかし、Resource-based- view からすれば、IT サービス(外注)は、自前 IT 投資によって得られる潜在的な企業パ フォーマンス改善効果(学習効果)を犠牲にする可能性もある(Mithas et al. 2012)。
さらに見せる

37 さらに読み込む

1920年代アメリカの新興製造業部門の独占利潤と内部資金

1920年代アメリカの新興製造業部門の独占利潤と内部資金

Bain は優位性を以下3つ、すなわち生産技術や戦略的物資供給支配、低利な資金を 調達できるといった「生産コスト優位性」、商標やデザインといった買い手「生産物差 別による優位性」、そして「大規模生産にともなう優位性」に分類した 3 。 ここで注意しなければいけないは、前述とおり Bain が優位性を、新規企業が新た に産業に進出する際参入障壁として捉えていた点である。すなわち既存企業が保持する 優位性が強力であればあるほど新規企業がそれ同等に競争できる程度に成長するは困 難なり、結果的に高い参入障壁が形成されていることになる。そしてそのような参入障 壁に守られた既存企業は、その優位性強弱に応じて独占的な生産制限を行い、価格を吊 り上げ高い利潤率を実現する、 Bain は主張する。実際 Bain は 20 産業を分析し、参 入障壁高い産業については、参入障壁が低い産業よりも高い利潤率が達成されているこ を実証している。 Hymer はこういった Bain 議論を用いながら優位性を企業対外事 業活動十分条件位置付けているが、このことは Hymer も企業対外事業活動基礎 に何らかの独占存在を意識していたことを表している。
さらに見せる

19 さらに読み込む

Show all 10000 documents...