今後の技術進化の方向性

Top PDF 今後の技術進化の方向性:

環境クリーンセンターの今後の方向性

環境クリーンセンターの今後の方向性

棄物処理LCC」という。 )算出例に基づき算出し検証を行いました。 施設建替えについては、 下水道処理施設で生ごみ処理を先行して取り組まれている他市 を参考に、生ごみ処理も含めた2通り方法で検証を行いました。 なお、今後施設方向を検討する中で想定される札幌市へごみ処理(燃やせるごみ)

12 さらに読み込む

計画の今後の方向性

計画の今後の方向性

施設サービスにおいては、施設入所待機者へ対応とともに地域身近なサー ビス拠点として機能に着目し、地域バランスに配慮した整備を促進します。 (2)地域支援事業目標 地域支援事業においては、介護保険法改正に伴う予防給付見直しにより、 平成 29 年 4 月までに新しい総合事業(介護予防・生活支援サービス事業)を開 始し、介護予防訪問介護及び介護予防通所介護を移行させることとなりました。 本市ではすでに多様な地域支援事業を実施しているため、今後は既存事業を整 理・統合しつつ、地域福祉活動やボランティア、NPO、民間企業等多様なサ ービス主体による多様なサービス確保に努めます。
さらに見せる

7 さらに読み込む

目次 1. 決算概要 2. スマートフォンメディア事業の状況 と今後の 方向性 3.RTB 広告事業の状況と今後の 方向性 4. まとめ 5. 参考資料料 P2 P9 P17 P25 P27 Copyright UNITED, Inc. All Rights Reserved. 1

目次 1. 決算概要 2. スマートフォンメディア事業の状況 と今後の 方向性 3.RTB 広告事業の状況と今後の 方向性 4. まとめ 5. 参考資料料 P2 P9 P17 P25 P27 Copyright UNITED, Inc. All Rights Reserved. 1

「CocoPPa」DL数について 2,500万DL突破時点(2014年年5⽉月16⽇日)データ リリースから22ヶ⽉月経過した2014年年5⽉月に2,500万ダウンロードを突破 。 ユーザーによるSNSで拡散や⼝口コミ中⼼心に全世界で⽀支持を受け 、 ⽉月間100万以上ダウンロードを 1年年以上継続

35 さらに読み込む

2 目次 1. 課題の進捗状況 2. 各観点の再評価と今後の研究開発の方向性 (1) 研究開発の必要性 (2) 研究開発の有効性 1 技術設定目標 2 成果の利活用 (3) 研究開発の効率性 1 実施体制 2 スケジュール

2 目次 1. 課題の進捗状況 2. 各観点の再評価と今後の研究開発の方向性 (1) 研究開発の必要性 (2) 研究開発の有効性 1 技術設定目標 2 成果の利活用 (3) 研究開発の効率性 1 実施体制 2 スケジュール

‹研究開発実施体制(国内/国際連携) ・・・「成果早期創出・還元」観点から ・現行産業界と連携体制・枠組みを利活用して、連携実施体制を強化していくこととする。 1)ICAOソニックブーム基準策定へ貢献に向けた国内産業界と連携強化 ・・・ 国としてコンセンサス作り 2)国際共同開発に向けた欧米研究機関・企業と連携強化 ・・・ 将来市場進出に向けた基盤・環境作り 3)ソニックブーム以外(騒音低減、低抵抗化、軽量化)要素技術研究も積極的にリード ・・・ 産学界を牽引
さらに見せる

26 さらに読み込む

参考資料1-1 フロン類等対策の現状と課題及び今後の方向性について(中間整理)

参考資料1-1 フロン類等対策の現状と課題及び今後の方向性について(中間整理)

これまで施策中心を担ってきたフロン類回収・破壊更なる徹底を図るこ とによって、オゾン層保護対策として役割を引き続きしっかりと果たしていく ことはもちろん重要であるが、今後は、地球温暖化対策として、中長期を見据え てフロン類等が排出されないことを目指して、ノンフロン製品等開発・普及推 進に最大限取り組んでいくとともに、使用中機器等についてもフロン類等を漏 えいさせないため管理徹底を図り、とりわけ排出量多くを占めるものと推 定される冷凍空調機器分野 HFC について、大幅に排出抑制を図っていかなけれ ばならない。さらには、これまで規制的手法に加えて、経済的手法活用につ いても検討を進めるべきである。
さらに見せる

15 さらに読み込む

内容 1.10 年後のワイヤレスブロードバンドの姿 2. 新たな無線通信システム導入のための電波有効利用技術の研究開発の方向性 3. 今後取り組むべき研究開発 ( 例 ) 4. まとめ 2

内容 1.10 年後のワイヤレスブロードバンドの姿 2. 新たな無線通信システム導入のための電波有効利用技術の研究開発の方向性 3. 今後取り組むべき研究開発 ( 例 ) 4. まとめ 2

つ効率的な周波数資源利用 が可能となり、新規参入機会が増大、 無線市場が数倍に拡大。 (スマートグリッド電波版) ■ その他 - チップ間配線やワイヤハーネス無線化 →ミリ波以上周波数帯 利用、高信頼通信方式に関する標準化、新たなチップ市場を形成 - 体内無線カプセル・無線チップ普及 →体内状況リアルタイムモ

14 さらに読み込む

資料2 フロン類等対策の現状と課題及び今後の方向性について(案)

資料2 フロン類等対策の現状と課題及び今後の方向性について(案)

○ 第一種フロン類回収業者登録件数が3万件を超える中、回収実績が尐ない業 者がかなり存在し、また技術力が必ずしも十分ではないと指摘があり、回収業 者技術力を確保、向上させる仕組みを検討すべき。また、工期制約等があり 冷媒フロン類回収が十分にできない、回収現場において効率的な回収に必要な 電源等が確保できないなど問題があると言われており、改善を図るべき。 ○ 行程管理制度については、記入や手続煩雑さや産業廃棄物管理票と混同な
さらに見せる

12 さらに読み込む

中国株式市場のIPO再開・制度改正と今後の登録制改革の方向性

中国株式市場のIPO再開・制度改正と今後の登録制改革の方向性

特に① IPO 購入申込金先払い制度撤廃は、これまで問題視されてきた凍結資金発生 及び投資家が IPO 申込資金を確保するために手持ち株を売却する現象 (売老株打新株問題) を解消する有効な策であろう。現行における中国 IPO 購入制度では投資家は IPO 申込時点 で購入金を納める必要がある。実際に購入可能となる株数が決定するまで、大量購入申込資 金が凍結されることや、資金確保に伴う株式売却発生が課題となっていた。今後は取得可能 株数が確定した後に支払を行うとすることで、IPO における大量凍結資金発生も解消される。 証監会発表によると 2015 年 6 月初旬に 25 社が集中して IPO を実施した際に発生した凍結資 金は 5.69 兆元であったが、仮に当時、後払い制度を実施していた場合、投資家が必要とする購 入申込資金は 414 億元のみであったとしている。
さらに見せる

6 さらに読み込む

第4章 地域別の課題と今後の取り組みの方向性 「元気ないるま福祉プラン」|入間市公式ホームページ

第4章 地域別の課題と今後の取り組みの方向性 「元気ないるま福祉プラン」|入間市公式ホームページ

・住民、行政、学校で災害時についてじっくり話し合う ・一人暮らし高齢者に緊急通報システムを導入する G <誰もが必要な情報を得られる地域にしよう 28件> ・ささえあい東藤沢PR、周知を更にすること ・住民が何でも相談できる窓口を持ち住民と協力する ・施設等専門ボランティア組織設置

19 さらに読み込む

主要事業の今後の方向性 2006年 (分割版) | アニュアルレポート | KDDI株式会社 kddi ar2006 j05

主要事業の今後の方向性 2006年 (分割版) | アニュアルレポート | KDDI株式会社 kddi ar2006 j05

特集:固定通信事業 2005年度、固定通信事業は特に利益面では非常に厳しかったわけ ですが、これをどのように評価されていますでしょうか? 2005年度は、メタルプラス販売によるコストが先行したため赤字とな りました。但し、下期に入りメタルプラス開通数もペースアップし、 収益改善道筋は見えています。メタルプラス自体黒字化は2007年度 を予定しておりますが、早期達成に向けて日々努力しております。 現在、固定通信事業は各社厳しい状況にありますが、私は、固定通信事業 も基本的には儲かる商売にしないといけないと考えております。しかし、 それを実現するためには、新しいビジネスモデル、サービスを構築しなけ ればいけません。その一つがFTTHだと思っています。例えば、我々が FTTHをご家庭に1回線引き込ませて頂くことにより、電話、インターネット だけでなく、映像など様々なサービスが提供できるようになります。私は FTTHについては、今後10年程度は十分に収益を稼げるビジネスマテリ アルであると見ています。ただし儲かるビジネスにするには、それなりに 先行投資も必要です。当面、他固定通信サービスで稼いだキャッシュを FTTHに投入していくことになりますので、利益的には今は我慢時期 だと考えています。
さらに見せる

7 さらに読み込む

東京都の小学校英語活動の取組、今後の方向性 小学校英語教科化記念全国シンポジウム(東京) 2017年8月26日(土)

東京都の小学校英語活動の取組、今後の方向性 小学校英語教科化記念全国シンポジウム(東京) 2017年8月26日(土)

平成29年度 小学校新教育課程説明会(平成29年6月21・22日 文部科学省)配布資料より作成 平成29年度 国教材配布に関するスケジュール ○「英語教育推進地域事業」(平成28・29年度) 小学校英語教科化を踏まえ、区市町村教育委員会における取組を支援することにより、都内全公立 小学校における英語教育充実に資する。

16 さらに読み込む

資料 4 サイバーセキュリティビジネスの現状と 今後の取組の方向性 経済産業省 商務情報政策局 サイバーセキュリティ課

資料 4 サイバーセキュリティビジネスの現状と 今後の取組の方向性 経済産業省 商務情報政策局 サイバーセキュリティ課

• 導入実績がないセキュリティ製品を導入するは不安がある(ユーザ企業) • 導入実績が豊富な製品は高額であることが多く、導入が難しい(ユーザ企業) • (特に政府機関から)導入実績として紹介することを禁止されているので、顧客と商談で宣伝で きず困ることがある(ベンチャー企業)

25 さらに読み込む

平成25年度アーチル発達障害基礎講座 「発達障がい児者支援の今後について」 ~新たな視点と支援の方向性~

平成25年度アーチル発達障害基礎講座 「発達障がい児者支援の今後について」 ~新たな視点と支援の方向性~

最後に確認、今後支援方向 1. 発達特性を生活障害にしない支援技術 確立(当事者へ現実的対応と予防策) 2. 多様教育充実による生活障害予 防方略(周囲へ:障がいにのみ目を向けず、 多様な感覚・スキルを持てる人育てを、母子 保健・教育と連動)

33 さらに読み込む

資料3 研究学園地区のまちづくり及び今後の方向性について つくば市 | 第1回つくば中心市街地再生推進会議

資料3 研究学園地区のまちづくり及び今後の方向性について つくば市 | 第1回つくば中心市街地再生推進会議

東 京及びそ 周辺か ら移転し た国 試験研究 機関と新 設した筑 波大学 を中 核として,高水準研究と教育を行うため拠点を形成するため,それにふさ わしい研究学園都市を建設するとともに,均衡とれた田園都市を整 備 す る 。 ②国等試験研究・教育機関計画的な移転による首都東京過密対策

18 さらに読み込む

「社会教育の今後の方向性について」レジュメ 立川市総合教育会議 | 立川市

「社会教育の今後の方向性について」レジュメ 立川市総合教育会議 | 立川市

11 市民ニーズに合わせた生涯学習情報提供 従来紙媒体中心情報提供から ICT を積極的に活用して若い世代にも身近な情報提供 を試み始めていることは評価される。その意味では、 「課題」にも記されているように、 障がいある人など情報から阻害されやすい人たちへ配慮が必要と思われる。 また、 ICT 活用は情報双方向に踏み込むことで一層価値を増すものであり、 職員だけでなく市 民主体情報発信方法 も模索される必要があるだろう。
さらに見せる

6 さらに読み込む

文京区一般廃棄物処理基本計画「モノ・プラン文京」の改定に関わる考え方及び今後の方向性について(中間のまとめ)

文京区一般廃棄物処理基本計画「モノ・プラン文京」の改定に関わる考え方及び今後の方向性について(中間のまとめ)

(1)家庭系3R推進ため施策 ① 集団回収拡充【基本方針2・3】 現在、古紙等資源は、主に集積所回収と集団回収2つ方法により回 収されています。集積所回収は行政が主体となって回収するに対して、集 団回収は町会 ・ 子ども会 ・ PTA ・ マンション管理組合など地域活動団体が、 回収業者と契約して行うリサイクルです。集団回収は、単に資源回収に留 まらず、地域コミュニティ醸成やリサイクル意識向上という大きな意味 を持っており、回収費用も行政が行う集積所回収に比べて低く抑えることが できるため、更なる拡充が必要です。
さらに見せる

25 さらに読み込む

本日の説明内容 総括 2018 年 3 月期実績 2019 年 3 月期見通し 今後の取組み方向性 1

本日の説明内容 総括 2018 年 3 月期実績 2019 年 3 月期見通し 今後の取組み方向性 1

投資に関する最終決定は、上記点を踏まえ、投資家皆様ご自 身判断で行われるようお願いいたします。当プレゼンテーション資 料に掲載された情報に基づいて投資された結果、万一何らかの損 害を被られましても、当社および各情報提供者は一切責任を負 いかねますので、併せてご了承ください。

46 さらに読み込む

水素インフラの現状と今後の方向性 2018 年 5 月 10 日 JXTGエネルギー株式会社新エネルギーカンパニー水素事業推進部水素技術開発ク ルーフ ク ルーフ マネーシ ャー前田征児

水素インフラの現状と今後の方向性 2018 年 5 月 10 日 JXTGエネルギー株式会社新エネルギーカンパニー水素事業推進部水素技術開発ク ルーフ ク ルーフ マネーシ ャー前田征児

出典:本田技研工業㈱ホームページ 燃料電池自動車(FCV) トヨタ「MIRAI」 トヨタ「SORA」(FCバス) ホンダ「CLARITY FUEL CELL」  燃料電池自動車(FCV)は、走行中にCO2を排出せず「究極エコカー」といわれる。  2014年より販売開始され、東京都内ではFCバス路線運行も始まっている。

26 さらに読み込む

高齢者住宅施策の現状と今後の方向性

高齢者住宅施策の現状と今後の方向性

○現行「住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業」は、平成26年度行政事業レビューを踏まえ、所要見直しを行ったもの。 ○現在、 法的枠組みも視野に入れ、改修支援以外諸施策を含む総合的な「新たな住宅セーフティネット制度」創設に向け、検討中 。 改修支援概要 改修支援概要 改修支援概要 レビューを踏まえた 見直し

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...