今回対応する開発環境

Top PDF 今回対応する開発環境:

OSS モデルカリキュラムの学習ガイダンス 3. IT 知識体系との対応関係 5-3- 基統合開発環境に関する知識 と IT 知識体系との対応関係は以下の通り 科目名 基本レベル 基統合開発環境に関する知識 統合開発環境で統合開発環境にさまざ

OSS モデルカリキュラムの学習ガイダンス 3. IT 知識体系との対応関係 5-3- 基統合開発環境に関する知識 と IT 知識体系との対応関係は以下の通り 科目名 基本レベル 基統合開発環境に関する知識 統合開発環境で統合開発環境にさまざ

また、FundBugs 単体で利用する場合に GUI からの操作が可能となっている。もちろんコンソー ルでの利用や Eclipse での利用も可能であり、利用方法の幅が広いことも特徴である。 3) Eclipse での静的解析ツールの利用 PMDをEclipseで利用するには、アップデートサイト( http://pmd.sourceforge.net/eclipse )より、 Eclipseのアップデート機能にてプラグインをインストールする。インストール後はプロジェクトを右クリ ックし、「PMD|PMDでコードのチェック」を選択することで解析が開始される。解析の結果は「違反 アウトライン」ウィンドウにて確認することができ、各項目を選択することで、修正候補の個所にジャ ンプすることができる。
さらに見せる

23 さらに読み込む

環境対応車普及戦略

環境対応車普及戦略

2.6.2.必要な普及施策 (1)販売モデル数の増加 2009 年販売トップセールスの 3 代目プリウスの販売台数は約 20 万台である。仮に毎年 20 万 台売り続けても 10 年間で保有台数は 200 万台であり、乗用車保有台数 4 千万台の 5%程度である。 幾らトップモデルといえども、1 モデルでは、ユーザーの嗜好的にも普及拡大には自ずと限界が 見えてくる。普及拡大には、ユーザー選択肢を広げる販売モデル数を増やすことが不可欠となる。 しかしながら、一部メーカーからのヒアリングによれば、通常 400 億円とも言われる新車開発 投資額に対し、新たに HV 等の新型車両の開発を行うには倍の約 800 億円の投資額が必要とされ ている。毎年 HV 等の新型モデルを発売し続けることは企業体力的に不可能である。先行メーカ ーについては、既に資源を持ちあわせているため、開発投資額は通常の 1.3 倍程度の 430 億円と なる。従来車 1 モデルの開発を遅らせることにより、その分の開発費 400 億円を 3 モデルの新型 車両の追加開発費に充当させることが可能となり、その結果、HV 等の新型車両を 3 年間発売し 続けることができる。後発メーカーはやはり倍の開発投資が必要であるため、1 モデルの開発を 遅らせても、通常のモデルチェンジサイクルが概ね 6 年であることを踏まえれば、次の新型車両 の開発まで 7 年間の猶予が必要となる。
さらに見せる

30 さらに読み込む

講演の趣旨 IPA/では, 対象のシステムやソフトウェア, 及びそれらが使用される社会やビジネス環境, あるいは構築 開発組織やプロジェクトの特徴 ( コンテキスト ) に応じて最も適したシステム構築 ソフトウェア開発形態を選択することが望ましいと考えている. 最近, 環境の変化に俊敏に対応可能なソ

講演の趣旨 IPA/では, 対象のシステムやソフトウェア, 及びそれらが使用される社会やビジネス環境, あるいは構築 開発組織やプロジェクトの特徴 ( コンテキスト ) に応じて最も適したシステム構築 ソフトウェア開発形態を選択することが望ましいと考えている. 最近, 環境の変化に俊敏に対応可能なソ

 米国PMI( PMBOK 発行)の中に,Agile Community of Practiceを設立(2009年)  PMI Agile Certified Practitioner(PMI-ACP) SM の開始(2011年第3四半期)を発表 http://www.pmi.org/en/Certification/New-PMI-Agile-Certification.aspx プロジェクトマネジメント(PM)におけるアジャイル開発のマネジメントは日々重要さを 増しており,多くのPM専門家が仕事に使えるアジャイル技術を習得したいと熱望. プロジェクト経営環境におけるこのような変化への対応のため,PMIが導入を決定.
さらに見せる

159 さらに読み込む

⑴ 政策目的本件は, 我が国において開発資金のための国際連帯税 ( 国際貢献税 ) を導入し, 持続可能な開発のための 2030 アジェンダ 等, 国際的な開発目標の達成に対応 貢献するために, 世界の開発需要に対応し得る幅広い開発資金を調達するもの これは, 外務省政策評価, 基本目標 Ⅵ 経済協

⑴ 政策目的本件は, 我が国において開発資金のための国際連帯税 ( 国際貢献税 ) を導入し, 持続可能な開発のための 2030 アジェンダ 等, 国際的な開発目標の達成に対応 貢献するために, 世界の開発需要に対応し得る幅広い開発資金を調達するもの これは, 外務省政策評価, 基本目標 Ⅵ 経済協

【平成 23 年度税制改正大綱】 「国際連帯税 国際連帯税については,貧困問題,環境問題等の地球規模の問題 への対策のための財源確保を目的としたものであり,代表例とし て航空券連帯税や通貨取引税が挙げられます。航空券連帯税につ いては,既にフランスや韓国等で導入されています。また,通貨 取引税については,フランスやベルギーにおいて,他の全てのEU 加盟国での実施等を前提として導入することとされています。今 後,上記「論点整理」も参考にしつつ,真摯に検討を行いま す。」
さらに見せる

6 さらに読み込む

2. 契約者は 開発環境を通じて BusinessConnect Server を開発する為に必要となる 技術仕様及びドキュメント等 ( 以下 当社ドキュメント等 といいます ) を 参照又はダウンロードするものとします 3. 契約者は 開発環境において必要な事項を入力することで 本サービスを開発

2. 契約者は 開発環境を通じて BusinessConnect Server を開発する為に必要となる 技術仕様及びドキュメント等 ( 以下 当社ドキュメント等 といいます ) を 参照又はダウンロードするものとします 3. 契約者は 開発環境において必要な事項を入力することで 本サービスを開発

(6) 本件情報について、運用者を除く第三者に提供又は公開せず、また、公式アカウント毎に管理をすること。 6. 当社は、BusinessConnect Server の運用が開始した後であっても、BusinessConnect Server の動作に関 して利用規約やガイドライン等に照らし違反行為や不適切な動作の可能性があると当社が判断する場合、契約 者に対し、是正の指示や BusinessConnect Server の検査を求めることができるものとし、契約者は、当該検 査に応じ必要な協力をしなければならず、当社から是正の指示を受けたときは、速やかに当該指示に従わな ければならないものとします。
さらに見せる

5 さらに読み込む

本報告書は経済産業省の平成 24 年度環境対応技術開発等 室内環境における消費者製品 に含まれる化学物質の管理手法の開発 によって実施された内容です

本報告書は経済産業省の平成 24 年度環境対応技術開発等 室内環境における消費者製品 に含まれる化学物質の管理手法の開発 によって実施された内容です

国内では家庭用品品質表示法、化学物質安全性データシート(MSDS)あるいは業界団体 の成分開示情報などあり、情報の入手は容易である。そこで、本調査では各企業の Web ペ ージを中心に検索を行い、成分についての情報を収集した。なお、家庭用品品質表示法で は、含有界面活性剤のうち含有率が 3%以上のものについて化学物質名と含有率を示すと定 められており、全ての成分が 3%以下の場合は含有率の最も高い化学物質の名称を示すとな っている。洗浄補助剤などの添加物は 10%以上の成分に関して含有率の順番で機能の総称 と化学物質名を記載するとされており、 1%以上 10%未満の場合には機能の総称で示すとの 記載がある(http://www.caa.go.jp/hinpyo/)。また、日本石鹸洗剤工業会による家庭用消費 者製品における成分情報開示に関する自主基準では、1%以上の成分について成分名称、機 能 に つ い て 順 番 に 記 載 す る と な っ て い る (http://jsda.org/w/01_katud/jsda/JSDA_jishukijun_seibunkaiji.pdf)。
さらに見せる

185 さらに読み込む

平成23年度環境対応技術開発等,第一種化学物質含有製品等安全性調査報告書

平成23年度環境対応技術開発等,第一種化学物質含有製品等安全性調査報告書

4. 暴露評価 放散試験した製品のうち、想定温度において HBCD の放散が認められたカーテン及 びカーファブリックについて暴露評価を実施した。 断熱材については、建物の換気方式等によっては、断熱材に直接触れた空気が室内に 流入する場合があると考えられるが、住宅等における断熱材の平均的な使用量・換気方 式その他住宅の構造など、断熱材から気化した HBCD を含むガスの室内への流入に関 する要因について、関連する情報が得られなかった。一般住宅に関して「天井裏等から の汚染物質の室内侵入に関する実証実験データ」 (住宅リフォーム・紛争処理支援センタ ー, 2005)という報告も得られたが、この報告は実験結果の一例であって、現時点でワー ストケースを想定するために十分な情報が得られておらず、暴露評価は困難であると判 断した。
さらに見せる

154 さらに読み込む

講演の趣旨 IPA/では, 対象のシステムやソフトウェア, 及びそれらが使用される社会やビジネス環境, あるいは構築 開発組織やプロジェクトの特徴 ( コンテキスト ) に応じて最も適したシステム構築 ソフトウェア開発形態を選択することが望ましいと考えている. 最近, 環境の変化に俊敏に対応可能なソ

講演の趣旨 IPA/では, 対象のシステムやソフトウェア, 及びそれらが使用される社会やビジネス環境, あるいは構築 開発組織やプロジェクトの特徴 ( コンテキスト ) に応じて最も適したシステム構築 ソフトウェア開発形態を選択することが望ましいと考えている. 最近, 環境の変化に俊敏に対応可能なソ

ブラジルでは、アジャイルは圧倒的(massive)。私たちの80%の顧客がアジャイルを取り入れてお り、そのうち半分がアジャイルを「メインの開発手法」としている。 普及要因は、やってみて 実際の 成功率 。従来のウォーターフォールよりも ビジネスが成功しやすい 。 それから、これは推測だが、ブ ラジル人は強い管理が苦手。ソフトな管理手法の方がマッチしている。また、これは経済が急速に 発展していることとも関係すると思う。急速な成長には柔軟な手法が合う。また、ブラジルは北米 と時差がなく、このことは、北米からのソフトウェア開発のアウトソーシングを受ける受託開発では 大きな要因。アジャイルは顧客との高レベルなコミュニケーションが必要。質問があったときに顧客 に電話等で不明点を明らかにできることは、非常に重要。我々の会社は中国にも支社があるが、 中国では米国から受託できない。このように、顧客と開発チームはアジャイルでは、時差が少ない ことが要求される。
さらに見せる

200 さらに読み込む

_開発環境仕様書_2021

_開発環境仕様書_2021

■「kintone」概要 サイボウズ株式会社が提供する、Web データベース型の業務アプリ構築プラットフォームです。 営業の案件管理、お客さまからの問い合せ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進捗やタスク管 理、従業員の業務⽇報など、お客様の⽤途にあわせた業務アプリがノンプログラミングで開発できます。 kintone では、REST API や Webhook を⽤いて他システムと連携したり、JavaScript やプラグインを 使って kintone には標準搭載されていない⾼度なカスタマイズを実現することができます。CSS による デザインのカスタマイズも可能です。
さらに見せる

15 さらに読み込む

CS+ 統合開発環境パッケージ V

CS+ 統合開発環境パッケージ V

/OSタイマ対応 シミュレータ コンパイラ V850 V850ES/JG3-L µPD70F3792 100F1 ✓ ✓ ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - ✓ f3792 - - - V3.000001 V2.00 X - V850 V850ES/JG3-L µPD70F3793 100GC ✓ ✓ ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - ✓ f3793 - - - V3.000001 V2.00 X - V850 V850ES/JG3-L µPD70F3793 100F1 ✓ ✓ ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - ✓ f3793 - - - V3.000001 V2.00 X - V850 V850ES/JG3-L µPD70F3794 100GC ✓ ✓ ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - ✓ f3794 - - - V3.000001 V2.00 X - V850 V850ES/JG3-L µPD70F3794 100F1 ✓ ✓ ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - ✓ f3794 - - - V3.000001 V2.00 X - V850 V850ES/JG3-L µPD70F3795 100GC ✓ ✓ ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - ✓ f3795 - - - V3.000001 V2.00 X - V850 V850ES/JG3-L µPD70F3795 100F1 ✓ ✓ ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - ✓ f3795 - - - V3.000001 V2.00 X - V850 V850ES/JG3-L µPD70F3796 100GC ✓ ✓ ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - ✓ f3796 - - - V3.000001 V2.00 X - V850 V850ES/JG3-L µPD70F3796 100F1 ✓ ✓ ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - ✓ f3796 - - - V3.000001 V2.00 X - V850 V850ES/JG3-L µPD70F3841 121F1 X X ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - X f3841 - - - V3.000001 V2.10 X - V850 V850ES/JG3-L µPD70F3842 121F1 X X ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - X f3842 - - - V3.000001 V2.10 X - V850 V850ES/JG3-L µPD70F3843 121F1 X X ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - X f3843 - - - V3.000001 V2.10 X - V850 V850ES/JG3-L µPD70F3844 121F1 X X ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - X f3844 - - - V3.000001 V2.10 X - V850 V850ES/JG3 µPD70F3739 100GC ✓ ✓ ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - ✓ f3739 - - - V3.000001 V1.10 V1.00 - V850 V850ES/JG3 µPD70F3740 100GC ✓ ✓ ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - ✓ f3740 - - - V3.000001 V1.10 V1.00 - V850 V850ES/JG3 µPD70F3741 100GC ✓ ✓ ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - ✓ f3741 - - - V3.000001 V1.10 V1.00 - V850 V850ES/JG3 µPD70F3742 100GC ✓ ✓ ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - ✓ f3742 - - - V3.000001 V1.10 V1.00 - V850 V850ES/JJ3 µPD70F3743 144GJ ✓ ✓ ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - ✓ f3743 - - - V3.000001 V1.10 V1.00 - V850 V850ES/JJ3 µPD70F3744 144GJ ✓ ✓ ✓ - - ✓ ✓ ✓ Serial/JTAG - - ✓ f3744 - - - V3.000001 V1.10 V1.00 - V850 V850ES/JJ3 µPD70F3745 144GJ
さらに見せる

46 さらに読み込む

貿易と環境―開発の視点

貿易と環境―開発の視点

イシュー横断的に考察することによりみえてきたことは、それぞれの分野で、MEAs や二国間協定、国の政策、民間の基準や標準、認証などが相互補完的に、しかし違う役 割を担って機能しているということである。例えば木材貿易では、MEAs は締結されて いないが、国レベルの取組みと民間標準や認証制度が違法材伐採対策に活用されている。 有害廃棄物の越境移動については、国際条約が締結されており、国内法制度も整備され てきているが、リサイクル施設の認証などは今後の課題とされる。温暖化については、 国際的な取り組みが存在する一方で、各国の取り組みには大きな差がある。一方、化学 物質、食品安全への取組みに関しては、国際的な枠組み、国・地域の規制、そして民間 標準がそれぞれ役割を担っている。化学物質分野では、国際的な取り組みが存在し、ま た各国も国民の健康や安全を担保するため、積極的に国内政策を整備している状況があ る。
さらに見せる

19 さらに読み込む

講演の趣旨 IPA/では, 対象のシステムやソフトウェア, 及びそれらが使用される社会やビジネス環境, あるいは構築 開発組織やプロジェクトの特徴 ( コンテキスト ) に応じて最も適したシステム構築 ソフトウェア開発形態を選択することが望ましいと考えている. 最近, 環境の変化に俊敏に対応可能なソ

講演の趣旨 IPA/では, 対象のシステムやソフトウェア, 及びそれらが使用される社会やビジネス環境, あるいは構築 開発組織やプロジェクトの特徴 ( コンテキスト ) に応じて最も適したシステム構築 ソフトウェア開発形態を選択することが望ましいと考えている. 最近, 環境の変化に俊敏に対応可能なソ

田中理事は「(求められている人材は)今回の調査からも、これまでIT技 術者の最も多かった受託開発業務ではないという傾向が明らかになって いる。それも アジャイル開発で、自分で仕様書を書けるにとどまらず、自ら 企画して手が動く人材が求められ ている。クラウドなどにも積極的に取り 組み、SaaSのサービスのインプリメントを積極的に行うといった変化を遂 げれば、日本のIT技術者の将来は決して暗いものではない」と、旬な技 術にいち早く取り組む姿勢の重要性をあらためて強調した。
さらに見せる

200 さらに読み込む

事業の目的 概要 次世代海洋資源調査システムの開発 広大な海域を迅速かつ効率的に探査する手法 技術を開発するとともに 資源開発に伴う環境影響をモニタリングする技術を開発する ( 総務省 文科省 経産省 国交省が連携 ) 研究開発の 3 本柱 海洋資源探査技術の開発 海底下鉱物資源情報等を現在の 2

事業の目的 概要 次世代海洋資源調査システムの開発 広大な海域を迅速かつ効率的に探査する手法 技術を開発するとともに 資源開発に伴う環境影響をモニタリングする技術を開発する ( 総務省 文科省 経産省 国交省が連携 ) 研究開発の 3 本柱 海洋資源探査技術の開発 海底下鉱物資源情報等を現在の 2

これまで、超高速インターネット衛星「きずな」等を活用した、高速移動体衛星通信に関する研究開発が行われてお り、陸上において1.5Mbps程度の通信速度が達成されている。しかし、海洋資源調査システムへの装置の導入のた めには、当該システム固有の制約があるため、10Mbps化、小型化、省電力化、メンテナンスフリー化、大きな動揺等 に対応可能な衛星通信地球局装置を研究開発することが必要である。

13 さらに読み込む

OSS モデルカリキュラムの学習ガイダンス 3. IT 知識体系との対応関係 5-3- 応統合開発環境に関する知識 と IT 知識体系との対応関係は以下の通り 科目名 応用レベル 応統合開発環境に関する知識 統合開発環境でのカバレジ計測

OSS モデルカリキュラムの学習ガイダンス 3. IT 知識体系との対応関係 5-3- 応統合開発環境に関する知識 と IT 知識体系との対応関係は以下の通り 科目名 応用レベル 応統合開発環境に関する知識 統合開発環境でのカバレジ計測

* Hibernate Tools のインストール Hibernate Tools は JBoss Tools の一つであり、プラグインのインストールも JBoss Tools のサイ トから行う。 Eclipseの「新規ソフトウェアのインストール」から、「使用可能なソフトウェアサイト」をクリックし、 「 http://download.jboss.org/jbosstools/updates/stable 」を選択し、「編集」ボタンから適当な名 前を入力する。最後に「使用可能にする」ボタンを押すことで、インストールが可能となる。 ここまでの手順で、 「作業対象」に先ほどのサイトが表示されるので、それを選択する。インストー ルする項目の「JBoss ツール|Hibernate ツール」にチェックを入れ、インストールを開始、 Eclipse を再起動することで、Hibernate Tools が利用可能となる。
さらに見せる

23 さらに読み込む

OSS モデルカリキュラムの学習ガイダンス 3. IT 知識体系との対応関係 18. 統合開発環境に関する知識 Ⅰ と IT 知識体系との対応関係は以下の通り 科目名 18. 統合開発環境に関する知識 基本レベル (Ⅰ) 応用レベル (Ⅱ)

OSS モデルカリキュラムの学習ガイダンス 3. IT 知識体系との対応関係 18. 統合開発環境に関する知識 Ⅰ と IT 知識体系との対応関係は以下の通り 科目名 18. 統合開発環境に関する知識 基本レベル (Ⅰ) 応用レベル (Ⅱ)

MIT ライセンスの詳細は、http://www.opensource.org/licenses/mit-license.html を参照のこと。 4) WideStudio の特徴 * MWT(Multi-platform Widget Toolkit) WideStudio 最大の特徴は、MWT (Multi-platform Widget Toolkit)ライブラリを採用していること である。これにより、同じソースコードを再コンパイルすることで、異なる OS でもネイティブコード のアプリケーションを作成できる。OS が異なってもソースコードは同一でかまわないので、異な った OS 毎にアプリケーションを作成する手間が省ける。
さらに見せる

22 さらに読み込む

OSS モデルカリキュラムの学習ガイダンス 3. IT 知識体系との対応関係 18. 統合開発環境に関する知識 Ⅱ と IT 知識体系との対応関係は以下の通り 科目名 基本レベル (Ⅰ) 応用レベル (Ⅱ) 統合開発環境

OSS モデルカリキュラムの学習ガイダンス 3. IT 知識体系との対応関係 18. 統合開発環境に関する知識 Ⅱ と IT 知識体系との対応関係は以下の通り 科目名 基本レベル (Ⅰ) 応用レベル (Ⅱ) 統合開発環境

【学習の要点】 * JDT は Java ソースコードのコンパイル、実行機能に加え、コード補完、API リファレンスの表示、 リファクタリング、デバッグなどの機能を提供する。 * JDT は、Java ソースコードをバックグラウンドで自動的にコンパイルすることにより、コンパイルエ ラーになるソースコード箇所をインタラクティブに表示し、修正案を提示する機能を持つ。 * 修正機能を利用する場合、例外処理など、アプリケーション全体のポリシーに関わる処理の修
さらに見せる

23 さらに読み込む

東芝汎用マイコンに対応したRTOSと統合開発環境のトータルソリューションの紹介 株式会社エーアイコーポレーション

東芝汎用マイコンに対応したRTOSと統合開発環境のトータルソリューションの紹介 株式会社エーアイコーポレーション

特徴:デバッガ機能 エディタ、ビルダとシームレスに連動する、デバッガ機能。 CPUコアレジスタ、SFR(ペリフェラルレジスタ)ビューによ る周辺のレジスタ状態表示。Atollicは新しいチップに常 に追従。

34 さらに読み込む

東大阪市の中小企業が環境対応機器の開発ができるか

東大阪市の中小企業が環境対応機器の開発ができるか

− 54 − − 55 − が誕生している。新しい産業形成に多くかかわってくるのが先端技術開発型ベンチャー企業クラス ターである。それらの企業の中核技術、能力をコアコンピタンスと言う。プラハラードらはマイク ロソフト、インテルのアントレプレナーたちによってIBMが古いビジネスに捕らわれている間にマ イクロソフトとインテルが新コアコンピタンスを駆使し急成長したと述べた。企業のコアコンピタ ンスの事例としてはアップルの「ユーザーフレンドリー」、ソニーの「ポケットサイズ」、モトロー ラの「コードレス」などがある。そこでは既存商品のコンセプトに縛られない未来展望が必要とさ れており、また視野の狭い常識を捨て根底にあるコアコンピタンスを磨かねばならない。企業はコ アコンピタンスとイノベーションを繰り返すことでさらなる技術革新を達成させなければならない と考える。
さらに見せる

14 さらに読み込む

パデセア黒柳 ISO 改訂版対応 - 環境マニュアル改訂文例 第 4 回 :ISO14001:2015 逐条解説と環境マニュアルの例 (6.2~7.4.3) ISO 改訂版対応 - 環境マニュアル改訂文例 として今回は 6.2 環境目標及びそれを達 成するための計画策定 7.

パデセア黒柳 ISO 改訂版対応 - 環境マニュアル改訂文例 第 4 回 :ISO14001:2015 逐条解説と環境マニュアルの例 (6.2~7.4.3) ISO 改訂版対応 - 環境マニュアル改訂文例 として今回は 6.2 環境目標及びそれを達 成するための計画策定 7.

2004 年版ではコミュニケーションへの要求は 3 つあり、内部コミュニケーションの実施、外部利害 関係者からのコミュニケーションへの受付・文書化・対応、著しい環境側面に関する外部コミュニケ ーションの決定と実施である。 これが大きく変わり、内部コミュニケーションについては、a)~d)にあることがプロセスとして定めら れ、外部コミュニケーションに関しては著しい境側面に限らず、前述の内部コミュニケーションと同 様のプロセスの確立が求められている。
さらに見せる

8 さらに読み込む

燕三条の中小企業による環境対応製品開発の可能性について : 調査結果の分析

燕三条の中小企業による環境対応製品開発の可能性について : 調査結果の分析

産業、機械産業などの集積があり、福岡と釜山の連携 もすでに始まっている。  戦略は無意識に策定されるものではない。売上高や 利益が著しく落ちてきた時や、下位の競合企業にシェ アを逆転された時に、企業は戦略的変革の必要性を認 識することが多い。このような危機に直面してもなお 企業は一般に、業務的変革つまり原価低減と、管理的 変革つまり再組織化によって、短期的に危機を凌ごう とする。このような近視眼的な対処に熱中しているう ちに、その企業は競争に敗北してしまうのである。現 代企業が常に戦略的変革を志向しなくてはならない理 由は、戦後の技術の発展と市場の拡大による。「豊か な社会」は市場の飽和、製品ライフサイクルの短縮化 を招いた。現代企業のマネジメントの最大の課題の一 つは、自社の製品・市場を再編成することである。  製品・市場の再編成には、拡大化と多角化の二つの ベクトルがある。製品の市場を開発し、新たな需要を 開拓していこうとする拡大化戦略は、既存の製品を新 規市場に浸透させる(市場開拓戦略)か、既存の市場 に新規製品を投入する(新製品開発戦略)かである。  これに対して、多角化戦略は新規製品を新規市場に
さらに見せる

16 さらに読み込む

Show all 10000 documents...