人類と進化と動物界の進化

Top PDF 人類と進化と動物界の進化:

IRUCAA@TDC : 「人類学から見たヒトの頭顔面部の特徴」顔や骨,歯の時代的変化(進化)と法的分野での役割

IRUCAA@TDC : 「人類学から見たヒトの頭顔面部の特徴」顔や骨,歯の時代的変化(進化)と法的分野での役割

な環境変化が起こった。そうなる,山東側 熱帯雨林は後退することになり,森林面積も狭く なってきます。従って,そこに住んでいたチンパン ジー密度は,非常に高くなってしまうことになりま す。そうすれば,相対的な食料供給も減少します。 その森中で住んでいるチンパンジーは,食料が確 実に確保出来なければ,どうしても外に食料を求め て出ていかなければならない。そうする,そこは サバンナ(平原)であり,ハイエナやライオンなど 肉食獣が多く居住しています。これら動物に対し て,何武器も持たないサルが対応する為にはどう してもまず目位置を高くして,いち早く敵を見つ け,場合によっては森安全な木上に逃げ帰 らなければならない。最初は,このようにサバンナ 中,木上というような生活域を,往き来し ていたではないでしょうか。そして,そのうちに, 眼位置を高くするために立ってみる前足が自由 になり,そこに棒切れや石などをもって他動物 戦えるようになってくる,手がふさがる生活が日 常化してくる。そうすれば,どうしても二本足で歩 かなければならなくなる。また,サバンナで食べ物 を見つければ,それを手に持って森に帰ることにな り,どうしても手が歩くことから解放されるように なっていったではないか。このような環境中に おいて,二本足で立って,そして歩くようになり, その動作が次第に上手になっていったではないか というものです。しかし,このようなことをするチ ンパンジーは,おそらく革新的なものか若いもの だったではないか思われるわけです。そして, 年老いたものや保守的なものは木上からその様子 を眺めながら,「最近若いやつ歩き方は一体ど うなっているかね。変な格好をして。」批判し ていたではないでしょうか。その変な格好で歩き 出したチンパンジー,それが今人類進化した です。世の中,何が吉出て,何が凶出るかわ かりません。だから,今若い人も何をやってもい いというわけではありませんが,たとえ批判されて も信念があれば自分決めた道を突っ走るもいい ではないか時に思うわけです。「なんだ,今 若いやつはあんな格好して」言われても,それが 100万年経ったら主流になっているだろうというこ を期待して行動してみてはどうでしょうか。世
さらに見せる

16 さらに読み込む

人類の誕生と進化

人類の誕生と進化

Cookie(クッキー) • Cookie(クッキー)は、Webサーバーがクライアントコン ピュータに預けておく小さなファイルことです。 • クライアントコンピュータが、あるWebサーバーに初めて接続 した際に、Webサーバーがクライアントコンピュータ中に、 そのWebサーバー専用Cookieファイルを作成します。 • そして、次回、クライアントコンピュータがWebサーバーに

25 さらに読み込む

IRUCAA@TDC : 人類ノ進化ニ伴ウ頭蓋,顔面,顎及歯牙ノ解剖的変化

IRUCAA@TDC : 人類ノ進化ニ伴ウ頭蓋,顔面,顎及歯牙ノ解剖的変化

Posted at the Institutional Resources for Unique Collection and Academic Archives at Tokyo Dental College, Available from http://ir.tdc.ac.jp/.[r]

11 さらに読み込む

イノベーションに及ぼす企業進化速度と業界ボーダレスの影響─企業進化速度の速いネットビジネス業界,医薬品業界,自動車業界を中心に─

イノベーションに及ぼす企業進化速度と業界ボーダレスの影響─企業進化速度の速いネットビジネス業界,医薬品業界,自動車業界を中心に─

 ここで,企業進化を生物進化類 アナロジー 比で考察する。生命進化は,生物個体ごとに起 こるではなく,種ごとに進化することはよく知られている。環境変化に適合した種だけが 生存を勝ち取る自然淘汰があり,さらに,環境変化に適合するだけでは生きることができな いとき突然変異が種形を変えて延命させる。これは生命個体単独ではなく,種ごとに起こ る現象である。生物個体は,敵が来る自分危険も顧みず群れに警戒音を発するなど,個 体生存に不利な行動をとることがある。これは生物個体が生き延びるよりも種として生き 延びることを優先するためであり,生物が個体ではなく種として進化を続ける所以である。企 業進化も同様に,企業ごと進化ではなく,種,すなわち,業界ごとに進化が起こっている。 さまざまな環境変化に適応すべく企業は努力し生き残りを模索するが,それでも適応できない ときには,生物突然変異似たイノベーションを興す。しかし,このイノベーションは企業 単位で行われるではなく,業界単位で進行する場合がほとんどである。すなわち,企業は生 物種に相当する業界として生き残りを模索する同時に,その業界自体をイノベーション いう進化で変貌させ発展させている。固定化した業界呪縛に惑わされず,業界企業進化速 度を高めてイノベーションを加速することが,新たな業界に脱皮できる可能性を高める。  地球に生物が誕生して約40億年になるが,人類(ホモ・サピエンス)進化歴史は約20万 年短く,他種に比べ人類進化速度は比較的速い言える。たとえば,ウイルスを生物 呼ぶはいささか抵抗があるが,ウイルス遺伝子進化速度は桁外れに大きく,哺乳類数 百万倍に相当する。同様に企業進化速度も業界ごとに大きく異なり,なかにはウイルス進化 速度に近い業界も存在する。生物は種を,企業は業界を単位として進化している結論できる。  生命進化速度はたんぱく質ごとに異なり,その機能的制約が弱い高い進化速度を持ち, 逆に,機能的制約が強い進化が遅くなる。これ同様に,企業進化速度は,国から行政 指導や業界縛りが多い保守的な業界では制約が強いため,その業界企業進化速度は遅くな る。逆に,誕生間もない業界は規制が少なく制約が弱いため進化速度が速い考えられる。地 球歴史を見る,それまでに誕生した生物種99.9%が絶滅している。絶滅しなかった生物 種進化速度は速い場合が多く,企業においても進化速度速さが企業存続重要なファク ター考えられる。イノベーションを興そうする前に,企業は企業進化速度を遅くする業界 縛りや各種制約から抜け出すことから着手すべきである。
さらに見せる

44 さらに読み込む

JAIST Repository: 生物の断続平衡進化とイノベーション

JAIST Repository: 生物の断続平衡進化とイノベーション

終段階にある考えられる。太陽系寿命はあと 50 億年いわれ、太陽が膨張し始めて地球を飲み込 み、超新星爆発を起こして終焉する。生命進化はちょうどその折り返し点で完了したことになる。 イノベーション系統進化 人類は石器時代より種々道具を発明し、進化してきた。その中でも現代は 11,000 年前より始まっ た温暖な気候が安定している間氷期にあって爆発的に進化した。古代文明は 5000 年前から 3500 年前 温暖期(現代に比べ相対的にかなり温暖)に黄河文明、メソポタミア文明、インダス文明、エジプト 文明、エーゲ文明などが一斉に開花した。エーゲ文明を受け継ぐギリシャ文明は寒冷化を迎えて衰退し た。その後紀元前後温暖期にローマが栄え、一時代を構築したが、西暦 100 年頃から寒冷化に伴い ゲルマン大移動などもあって、 5 世紀後半にローマ帝国は滅亡した。10 世紀以後再び温暖期を迎え欧 州諸国が誕生し、13 世紀には元がモンゴル帝国を拡大、中国を統一した。しかし、15~17 世紀寒冷 化でシュペラー、マウンダー氷期が襲来、欧州ではペストが流行し、General Crisis 時代を迎えた。
さらに見せる

5 さらに読み込む

生命・進化・人体、細胞と組織

生命・進化・人体、細胞と組織

神経系・感覚系、筋骨格系 「動物性機能」 消化器系、呼吸器系、循環器(心血管)系、泌尿器(排出)系、生殖 器系、内分泌系 「植物性機能」 「 アリストテレス分類に基づく」 器官系 organ system レベル

114 さらに読み込む

ホールガーメントの開発思想と進化の歴史

ホールガーメントの開発思想と進化の歴史

社長:400 年前に編み針が出来て,次にベラ針がね,それが 160 年前に出来て,そして今 から 10 数年前にスライドニードル。そうするとポーンポーン頭を叩かれて るわけやから,針頭になったら毎回ハンマーで,1 秒間に 1 回 2 回ってそんなに 叩かれたら,目回ってくるでしょ。針気持ちになったら。それで,この 1 番初め 430 年前なには,こんな,ここにちょっと穴開いてるわけなん。それでここ押 さえたら,この中に入るでしょ。それで糸をこう上げて,ここを押さえるここ 中にこういう風に入って,それで糸がこの上を通ってこの辺を通過する時にはこれ が上がるくるりっと。そしたら編み目できるわけ。そうするとみな編むばっかり しかできない。それが 430 年前。それを今度,ここをこういう風にしてこれがくる りっと,これがベラ針。これがビューってこう回るでしょ。そうするこの針速 度が 1 秒間に 1 メートル,1 秒間にいごく(動く)わけ。そうするとここ 1 秒間で すが,ここで単純に 10 倍いく,ここ速さが 1 秒間に 10 メートル速さになる でしょ。1 秒間に 10 メートル速さでポーン衝突するわけ。そういう風になっ たら,相手立場に,相手は人であったりモノであったり色んなもの,物理的に言 うても針フックになったら毎回……。
さらに見せる

35 さらに読み込む

海外R&D拠点の進化と企業成長

海外R&D拠点の進化と企業成長

 こうした点を踏まえて,ここでは,数少ない 海外 R&D 拠点役割進化研究である Ronstadt (1978)を 参照 し,役割進化 鍵要因 に 関 す る 理論的 な 知見 を 読 み 取 る こ に し た い 1) . Ronstadt は,本稿 同様 に 米系多国籍企業 海外 R&D 拠点 を 分析対象 し て,R&D 活動 が企業内部学習蓄積に伴い,より高度な活 動内容へ経年的に進化していく可能性を明ら かにした.設立初期「技術移転拠点」段階 は,本社主導で開発した製品・プロセスを現 地適応するために,本社技術的知識を海外 R&D 拠点へ移転する事が重要であった.つま り,この時点で R&D 活動は,基本的に本社 で蓄積した経営資源・能力に依存しているとい え る 2) .そ 後,「現地技術拠点」へ 進化 す る ,内部開発人材が中心なり,学習した知 識を独自に活用し,現地市場ニーズに特別に対 応した製品開発を行う.つまり,本社知識学 習が蓄積される,これまで開発活動がルー ティン化し,活動を維持する以上経営資源 スラックが生じる(遠原,2003) 3) .そのス ラック資源を利用して,海外 R&D 拠点は現地 市場向け製品開発能力を独自に構築するので ある.また,「グローバル技術拠点」へ進化 は,単一製品を世界市場へ供給するため責任 が本社から付与される事で,グローバル市場で 競合企業に対抗できる製品開発能力を構築して いく事が求められる.そのため,現地向け開 発成果でグローバルな需要を満たせなければ, 競合企業に対抗する先端製品開発,効率的な 開発を行うため他機能企業内連携等,独 自能力を強化する事が重視される 4) .つまり, Ronstadt 研究から,海外 R&D 拠点役割進 化を導く鍵要因は,内部学習を通じた本国本社 は異なる独自能力構築・強化であるいえ る 5) .しかし,その一方で,この研究では現地 環境関係を検討していない.
さらに見せる

16 さらに読み込む

1. 人工知能の進化と現状

1. 人工知能の進化と現状

 コンピュータ創作物著作物性については、 現時点では、人が思想感情を創作的に表現するため 「道具」として使用した認められる場合が多い。当初は、人工知能開発や諸分野自動化が進む 考えられていたが、技術活用に関する実態把握を進めていくうちに、人工知能や諸分野自動化が 人間創作行為に完全に代替するではなく、道具としてコンピュータ・システムを使用する場合が通 常であるという現状認識を得た。
さらに見せる

20 さらに読み込む

JAIST Repository: イノベーションの系統進化 : トリガーと雪崩のダイナミズム

JAIST Repository: イノベーションの系統進化 : トリガーと雪崩のダイナミズム

化学概念が確立し、化合物同定その合成法が開発されるようになって、各種化学工業は同時 並行的に展開を始め、戦前までに主要な化学工業が逐次構築されて行った。1828 年、ヴェーラーが無機 化合物から有機物尿素合成に成功し、有機無機境界がなくなり、統一的な化学概念が確立し た。最初は天然物化学処理として、ゴム加硫(1832)やセルローズ化学処理による化学繊維(1845) が開発された。1856 年べッセマーは鉄炭素含量を調節して鋼鉄を直接得る方法を開発、さらに不純物 リンを除去することで鋼製造法が確立した。1856 年もう一つ画期的な成果は合成染料開発に 成功したことである。天然染料は非常に高価であったから、その成功は大きな反響を呼び、合成染料 工業化は多くベンチャービジネス台頭とともに発展した。今日巨大な化学会社、バイエル、ヘキ スト、BASF などはこのときベンチャービジネスとして誕生したものである。少し遅れて化学療法剤 工業化も進み、今日医薬産業へ発展した。農薬黎明期には 1867 年硫酸鉛がジャガイモ甲虫防 除剤として効果が発見され、また 1868 年ごろ果樹カビ防止剤として硫酸銅・硫酸鉄混合物が検討さ れ、ボルドー液として実用化された。しかし、本格的な農薬は 1938 年 DDT,42 年 BHC などを契機に 積極的な開発時代に入った。合成高分子は有機化合物合成が先行したため、合成されたモノマーがた またま重合した結果得られた。これらは 1880 年前後ことであり、ビニール重合、縮合重合、イソプ レン重合などが見出されている。高分子認識は、このような経緯を経て、20 世紀に入ってから確立 した。シュタウディンガーは 1917 年にゴム長鎖構造式を発表、1920 年に高分子長鎖構造説を提唱、 1930 年になって高分子基本概念を確立した。同時にナイロンやポリエチレンなど、各種汎用高分子 が開発され、戦後石油化学工業化とともに合成樹脂、合成繊維、合成ゴム全盛期を迎えた。 無機化合物は昔から伝統的な製法が受け継がれてきた。1597 年リバウ「アルケミア」には塩酸、硫 酸、王水製法が記載されている。1661 年ボイル「疑い深い化学者」は錬金術に対する懐疑的な姿勢 がにじみ出ていて、化学元素を実験によって探り出そうする。こういった背景中で無機化合物はラ ヴォアジエによる基礎化学確立を待たずに進展していた。1746 年には鉛室法による硫酸製造が開発 され、1789 年にはルブラン法によるソーダ製法が工業化され、1861 年ソルベー法まで世界市場を 制覇してきた。無機化学で大きなイノベーションは 1913 年、ハーバー・ボッシュによるアンモニア合成 工業化であろう。この技術がなかったならば世界人口半分しか養えないされる。1800 年ヴォ ルタ電堆発明に端を発し、電気化学工業が進展した。また戦後になってセラミクス精密合成が進 展し、ファインセラミクス時代が開花した。
さらに見せる

7 さらに読み込む

レズリー・A・ホワイトにおける「文化」と「文明」――「進化」と「革命」の普遍史――

レズリー・A・ホワイトにおける「文化」と「文明」――「進化」と「革命」の普遍史――

味を付与されたところ物(a thing the value or meaning of which is bestowed upon it by those who use it)」(White 2005[1969]: 25)である。そして,「全てシンボルは,ひ とつ物理的な形態を持たなければならない。そうでなければ,シンボルは我々経験 に参入しえないであろう(All symbols must have a physical form otherwise they could not enter our experience)」 (White 2005[1969]: 25)述べる。 音であれ,光であれ,性質であれ, 動作や行為であれ,あるいは現象または出来事であれ,知覚しうる物理的な何かである。 それに,人間は意味を付与することができる。それをホワイトはシンボルすること(sym- bolling)呼ぶ。 そして人間は, 付与された意味を理解することができる。 この意味付与お よび意味理解という能力は人間だけが獲得したもので,この能力が文化という「生きるた め手段(way of living)」を生み出したホワイトは言う(White 2005[1969]: 34)。 他動物もサイン(sign)に反応して行動することはできる。サインは「何らかの 他物または出来事を指し示す機能を持つひとつ物理的な物または出来事(a physi- cal thing or event whose function is to indicate some other thing or event)」である(White 2005[1969]: 27)。しかし,動物は,何らかの物や出来事に意味を付与する能力を持 たない。筆者なりに喩える,次ようになる。草むらガサゴソという音は,捕食動 物存在を指し示すかもしれない。そのようなサインに,動物は反応できるし,反応す る。しかし,そう反応する動物は,決して草むら音に危険という意味を付与している わけではない。しかし,人間には様々な物や出来事に危険という意味を付与することが できるし,そうしてきた。そこに,サインシンボル決定的違いが,そして他動物 人間質的な違いがある。
さらに見せる

34 さらに読み込む

人間らしさの進化と発達 ―感情と社会性を中心に

人間らしさの進化と発達 ―感情と社会性を中心に

しかし最近はちょっと強調点で変わってきていて、狩りをする側視点よりも、むしろ 狩られる側視点から、心進化を考えるようになってきているように思います。実はさ っきも申し上げたように、人間はすごくたくさん皮下脂肪を蓄えています。しかも人間 赤ちゃんなどは、その上に自分では動くことができない。そういうことを考える、ほ かの動物にとっては、人間ほど栄養価が高く、しかも弱い、言ってみれば格好餌食はな いのです。では、このように食べられる立場にあって、なぜ人心や知性という進化 してきたか。もし食べられるという危険性が日常的に存在しているしたら、普通に考 えられる進化シナリオというは、逃げるために足が速くなる、あるいはちょっとやそ っとじゃそういう獣に負けないため鋭い爪や牙というものを備えるように進化するい うようなものであるような気がするわけです。でも、実態は、その真逆だったわけですね。 先ほど申し上げたように、むしろどんどん子どもっぽくなって、強くて素早く動ける はほど遠い状態になってしまった。身体を強くするという方向ではなくて、むしろ弱くす る方向に進化が進んでしまった。食べられる危険性が目前に差し迫っているにもかかわ らず、弱くなる方向に進化していったという逆説がここにはあります。なぜなでしょう。 一人人間強さというような単位で考えたときに、確かに身体的な攻撃力、あるいは自 分身を守る力、これはどんどん弱くなってきた。だけど、進化において必要だったは、 その子どもように弱い身体ではなくて、むしろ子どもっぽい心だったかもしれない。 子どもままでいるということは、実は心理的な攻撃性や警戒性を弱くさせる方向に進化 が進んだということをも意味している可能性があるということです。実はちっちゃい子ど もというは、じゃれあって、そしてけんかするけれども、すぐまた仲良くなって、割合 容易に人関係を作ることができる性質を備えている言えるでしょう。
さらに見せる

20 さらに読み込む

リサイクルと技術の進化で乗り越えるプラスチック海洋汚染問題

リサイクルと技術の進化で乗り越えるプラスチック海洋汚染問題

1.3 体内に取り込むどうなるか アメリカ少女エンジニアであるアンナ・ドゥーによる、魚がマイクロプラスチックを食べ る体内でビスフェノール A という毒素が生成され、マイクロプラスチックを排出しても毒素 が体内に残ってしまうという 9 。ビスフェノール A は主にポリカーボネートやエポキシ樹脂な どの原料で、一部食用品容器などに使用されている化学物質である。1997 年頃からビスフェ ノール A 内分泌系へ影響が懸念されており、多く研究がされてきた。人生殖や発生・ 発達に悪影響が及んだという研究結果はないが、げっ歯類で動物実験では妊娠中または授乳 中にビスフェノール A 曝露 10 を受ける、児動物 11 において思春期遅延や成長低下など発達 へ影響がみられた 12 。これにより、さらなる研究・検査へ必要性が求められる同時に、胎 児や乳幼児へ健康被害が懸念された。胎児や乳幼児は大人に比べて体内ビスフェノール A を無毒化する代謝能力が低いされており、加えて、中枢神経系・内分泌系及び免疫系細胞や 器官が発達途中ため、微量曝露でも影響が残る恐れがある考えられている 13 。
さらに見せる

27 さらに読み込む

グラフ上の進化ゲーム (生物数学の理論とその応用)

グラフ上の進化ゲーム (生物数学の理論とその応用)

選ばれる。 これは排除的競争を意味する。 動物で親が他テリ トリーにいる敵対 個体を排除し、 そこに新たに子供を住まわせるような状況に対応するであろう。 対して DB-Moran 過程では、 体が選ばれる。 生物現象に例えればこれは植物ギャップを巡る競争など

4 さらに読み込む

フィリピンの社会経済変化 : 包摂と排除の経済進化過程

フィリピンの社会経済変化 : 包摂と排除の経済進化過程

この過程を, 人間発達経済学アプローチで考察するどうなるであろうか。 池上 ( ) は, 経済発展は人間発達過程を伴うとして文化資本重要性を強調している。 ルイシータ農園にお いては, 年代 創設によって, 地主農業労働者間に擬似的賃労働関係が生まれた。 つまり, 以前ような, 地主に 「近い」 人間がエンカルガドールなど比較的好条件が与えられる, といったインフォーマルな関係から労働組合を媒介にして透明な労使関係を基礎したフォーマル な関係に移行し始めたである。 しかし, その内実は, 組合幹部が地主に取り込まれるといったイ ンフォーマルな人間関係が支配的であった。 しかし, 外資工場労働者存在は, 間接的に, 農業 労働者透明なフォーマル賃労関係を強く要求することにつながった。 しかし, このような人間 発達は一方的に進行するわけではない。 現在は, 多く人々が, 「不透明」 で 「インフォーマル」 な人間関係に依存して生計を立てようし, その数が増加しているである。 レギュラシオン理論 を日本に紹介した山田 ( ) は, 先進工業国に関して資本主義発展多様性を分類しているが, 発展途上国においてもこのような分類化は可能である考えられる。 それぞれ特殊性が多様 な経済進化方向を決定する。 そして, その過程は必ずしも一定方向ではなく, ある時期は停滞し たり, 逆行したりするである。 フィリピン経済全体を一農園例から議論することは不可能であ るが, 逆に, ミクロな農村動きから, フィリピン経済全体動きを概観するアプローチを得るこ は可能である。
さらに見せる

17 さらに読み込む

スペンサーにおける進化論の形成と創発主義への影響

スペンサーにおける進化論の形成と創発主義への影響

版を重ねたが、後に、ルイス友人でもあるチェンバー ズによるものであることが判明した。この著作は、ラプ ラスハーシェルによる「星雲仮説」に基づき、太陽系 地球生成から始め、無機質から生物が誕生し、それ が高等な生物へ「変異(transmutation)」し、最後に人 類が出現したしている(Chambers: 191)。そして、こ ような精妙な世界が形成されうるためには、神による 企図が不可欠だとして、「デザイン論」を主張している。 生物発生や進化は単純なものから高次なものへ単 線的な仕方で進行するし、現在生命が多様なは、 スタートした時期が違うせいであるという「並行進化」 をとっている。神は同時に多数種を創造したではな く、発展という法則を創造することで、被造物多様性 を実現したというである。著者は「発展(development)」 ないし「進化(evolution)」を普遍的な現象であるす ることで、地質学や化石発見といった科学上発見 自然神学を両立させようしたである。この著作 は、科学者たちから科学的知見誤りを厳しく批判され たものの、科学宗教対立に不安を感じる風潮など もあり、読書には好意的に受け入れられ、版を重ねた。
さらに見せる

14 さらに読み込む

不断の熱意と進化

不断の熱意と進化

出量を算出でき、実際輸送に近い計算値が表示されるため 助かっています」など声が寄せられています。 n ハイブリッド過給機、世界で初めて実船に搭載 2011年5月竣工ばら積み船「SHIN KOHO」に世界で初めて 実船搭載したハイブリッド過給機船内電源供給システムは、 従来過給機基本機能に加え、タービンで発生した余剰な 回転力を発電に利用することも可能で、通常航海時には ディーゼル発電機代わりにハイブリッド過給機にて船内電 力をすべて賄うことができるため、さらなるCO 2 排出量削減に つながります。本システムは優れた船舶海洋工学学問的業 績や新技術開発を表彰する公益社団法人日本海洋工学会 平成24年度同工学会賞(発明考案など)を受賞しました。そ 後、2013年度には、ケープサイズばら積み船2隻にも搭載し ました。すでに、本システム自動車専用船へ搭載も決定し ており、今後も環境技術開発・導入に積極的に取り組んで いきます。
さらに見せる

22 さらに読み込む

モースの「動物進化論」周辺-香川大学学術情報リポジトリ

モースの「動物進化論」周辺-香川大学学術情報リポジトリ

モ−スの「動物進化論」周辺 を食べて1いた虫類が死滅し,この虫を食べて蕃殖していた鳥に.まで影響が及ん だのだと述べている。また,花粉の媒介匿おける花と虫との関係を述べた文章 (Pる5)も,生物的諸関係の事例としてあげられるであろう。 では.,モ・−スが「働物進化論」で述べた諸学問の関連性とか,生物相互の関 係とかいう認識が,それまでの日本人の思考[r]

11 さらに読み込む

藻類が牽引した地球進化と生物進化

藻類が牽引した地球進化と生物進化

シアノバクテリア出現藻類多様化 1)2 つ光化学系水分解系  シアノバクテリア酸素発生型光合成は,電子伝達 系を介して直列に連結された 2 つ光化学系,I(Pho- to system I: PSI) II(PSII)で構成されている.そ れぞれ光合成細菌緑色硫黄細菌紅色細菌がもつ光 化学系相同であることから,2 つシナリオが議論 されてきた.1 つは系統的に離れた 2 つ細菌光化 学系がシアノバクテリアで融合したするシナリオで ある(Mimuro et al., 2008).シアノバクテリア姉妹 群は Melainabacteria 呼ばれる従属栄養性細菌群 で,光合成にかかわる遺伝子群を欠いていることか ら,PSI,PSII そしてカルビンサイクルなど光合成 にかかわる多く遺伝子は光合成をするシアノバクテ リア(Oxyphotobacteria も呼ばれる)が水平移動で 獲得したされる(Soo et al., 2017).もう一つシナ リオは,地球上で最初に光合成を行ったはシアノバ クテリア祖先,原始シアノバクテリア protocyano- bacteria であり,PSI から PSII が進化して酸素発生 型光合成を生み出すとともに,進化過程で光合成細 菌に水平移動した考えるものである(Allen, 2005, 2016; Mulkidjanian et al., 2006).起源議論はともか く,シアノバクテリアは PSII にマンガンクラスター からなる水分解系を付け加えることで酸素発生型光 合成を実現した唯一光合成生物である.水は分解さ れて光合成電子供与体として使われる.その過程で 発生する酸素は光合成には不要で,単なる副産物であ 藻類が牽引した地球進化生物進化
さらに見せる

16 さらに読み込む

恐竜の進化と復元

恐竜の進化と復元

③北極圏で恐竜多様性適応能力:恐竜は、全大陸を支配した大型陸棲動物です。 その分布域は、極圏にまで及びます。私は、アラスカ州 恐竜研究を行い、当時環境や生態系復元、アジア -北米間において恐竜移動時期種類を解明、恐 竜やその他動物内温性有無といったことを追求し ています。現在ところ、私たち研究では、恐竜たち は極圏で冬を越した考えています。恐竜たちは、どの ような生理的な戦略をとって越冬ができたか?これが 現在私たち頭を悩ませている問題です。
さらに見せる

2 さらに読み込む

Show all 10000 documents...