中小企業退職金共済制度加入企業の

Top PDF 中小企業退職金共済制度加入企業の:

中小企業退職金共済制度加入企業の実態に関する調査結果の概要

中小企業退職金共済制度加入企業の実態に関する調査結果の概要

9.ポータビリティ関連要望(<企業調査>問4<個人調査>問4) 中退共通算(ポータビリティ)へ要望について企業、従業員にたずねたところ、企業では「特に ない」という回答が 33.6%、従業員では「中退共制度通算要件を緩和して欲しい」という回答が 37.4%で最も多かった。具体的な要望内容としては、企業は「中退共制度通算要件を緩和して欲 しい」が 28.7%で最も多く、「他退職制度ポータビリティを認めて欲しい」が 20.2%、「中退共 加入企業から退職しても、継続して勤労者退職共済機構が保持・運用をして、定年時に退職を支給 する制度を導入して欲しい」が 17.1%となっている。個人は「他退職制度ポータビリティを認 めて欲しい」が 34.5%で、「中退共制度通算要件を緩和して欲しい」に次いで高く、「特定業種退 職共済通算要件を緩和・変更して欲しい」が 24.8%、 「中退共加入企業から退職しても、継続し て勤労者退職共済機構が保持・運用をして、定年時に退職を支給する制度を導入して欲しい」が 19.3%となっている。
さらに見せる

8 さらに読み込む

中小企業退職金共済制度加入企業の実態に関する調査結果の概要(平成24年実施)

中小企業退職金共済制度加入企業の実態に関する調査結果の概要(平成24年実施)

(問1) 退職支給形態についてたずねたところ、 「退職一時のみ」割合が 87.1%と最も高く、 次いで「退職一時退職年金併用」が 6.8%となっている。[図1] (問2) 退職一時支払準備形態として中退共制度と併用している制度があるかどうかについて たずねたところ、「中退共制度のみ」割合が 79.9%と最も高く、次いで「社内準備退職を 併用」が 9.1%となっている。[図2]
さらに見せる

12 さらに読み込む

中小企業退職金共済制度加入企業の実態に関する調査《概要版》(平成29年実施)

中小企業退職金共済制度加入企業の実態に関する調査《概要版》(平成29年実施)

Ⅰ.調査概要 調 査 目 的 中小企業退職共済制度(以下、「中退共制度」)加入企業における加入経路及び加 入状況実態について把握するとともに、事務手続等に対する要望等を調査し、 サービス向上及び今後中退共制度あり方を検討する基礎資料とする。 調 査 対 象 中退共制度に在籍している共済契約者中から 6,000 社を抽出

8 さらに読み込む

参考資料 様式集 Ⅰ. 共通 1. 建設業退職金共済制度掛金充当実績総括表 ( 様式第 031 号 ) 1 2. 建設業退職金共済事業加入 履行証明願 ( 様式第 103 号 ) 2 3. 建設業退職金共済制度加入労働者数報告書 ( 建退共事務受託様式第 6 号 ) 3 4. 被共済者就労状況報告書

参考資料 様式集 Ⅰ. 共通 1. 建設業退職金共済制度掛金充当実績総括表 ( 様式第 031 号 ) 1 2. 建設業退職金共済事業加入 履行証明願 ( 様式第 103 号 ) 2 3. 建設業退職金共済制度加入労働者数報告書 ( 建退共事務受託様式第 6 号 ) 3 4. 被共済者就労状況報告書

共済契約者番号 事業所名 就労予定労働者数① うち、被共済者数② 被共済者以外(①―②) (被共済者以外(①―②)内訳) 注1) 自社退職制度と建退共制度を両方適用している場合は、被共済者に該当しますので、「うち、被共済者数②」にその人数を記載してください。 注2) 「中退共、商工会など他退職制度加入場合は、加入証明書や契約書写しなど、加入していることが分かる資料をつけてください。 注3) 「自社退職制度のみを適用」場合は、就業規則、退職規程写しなど、適用していることが分かる資料をつけてください。
さらに見せる

15 さらに読み込む

Ⅱ.特定退職金共済制度の運営条件

Ⅱ.特定退職金共済制度の運営条件

に規定する加入退職により支払われるもの( 同法第三条第一項 (確定給付企業年金実施)に規定する確定 給付企業年金に係る規約に基づいて拠出された掛金うちに当該加入負担した金額がある場合には、その 一時額からその負担した金額を控除した金額に相当する部分に限る。) イ 平成二十五年厚生年金等改正法附則第四十二条第三項(基金中途脱退者に係る措置)、第四十三条第三項(解 散基金加入員等に係る措置)、第四十六条第三項(確定給付企業年金中途脱退者に係る措置)、第四十七条第三 項(終了制度加入者等に係る措置)又は第七十五条第二項(解散存続連合会残余財産連合会へ交付) 規定
さらに見せる

53 さらに読み込む

一般の中小企業退職金共済事業における平成25事業年度に係る資産運用結果に対する評価報告書

一般の中小企業退職金共済事業における平成25事業年度に係る資産運用結果に対する評価報告書

運用基本的な方針や運用結果等、資産運用に関する情報について、適時、公開す る。 資産運用に関する情報公開については、中退共事業等勘定平成 24 年度貸借対照表、損 益計算書、キャッシュ・フロー計算書等(以下、 「財務諸表等」という。 )を官報に公告し、 一般閲覧に供している。また、機構ホームページには財務諸表等、資産運用基本方針、 資産運用状況及び運用結果等、資産運用に関する情報に説明文を加え掲載している。さら に、平成 24 年度中退共事業財務状況及び平成 24 年度に係る資産運用結果に対する評価報 告書と資産運用評価委員会議事要旨を掲載している。
さらに見せる

16 さらに読み込む

一般の中小企業退職金共済事業における平成19事業年度に係る資産運用結果に対する評価報告書

一般の中小企業退職金共済事業における平成19事業年度に係る資産運用結果に対する評価報告書

上記債券で、取得後にいずれ格付機関による格付けもA格未満となった債券につ いては、発行体債務不履行リスクに十分留意した上で、必要であれば売却手段を講 じる。 自家運用については、運用対象確実性や長期・安定的な運用観点を重視し、バイ・ア ンド・ホールド原則を踏まえ、ラダー型ポートフォリオ構築、キャッシュフロー対応を 考慮した償還や利払いが確実な金融商品に分散投資を行っている。又、取得後債券管理に ついては、同一発行体が自家運用債券ポートフォリオ 10%を超えるものはなく、格付け 制限未満となったものはなかった。
さらに見せる

16 さらに読み込む

建設退職金共済制度の手引き(h28.05)

建設退職金共済制度の手引き(h28.05)

■対象となる労働者  建設業現場で働く人たちほとんどすべて人がこの制度対象者になることができます。  現場で働く大工・左官・とび・土工・電工・配管工・塗装工・運転工・現場事務員など、そ 職種いかんを問わず、また、月給制とか日給制とか、あるいは、工長・班長・世話役など 役付であるかどうかにも関係なく、すべて被共済者となることができます。ただし、役員報 酬を受けている方や本社等事務専用社員は加入することができませんので、ご留意ください。  また、いわゆる一人親方でも、任意組合をつくれば被共済者となることができます。
さらに見せる

16 さらに読み込む

中小企業 PL 保険制度の特長と事例 PL 保険制度生産物賠償責任保険 ( 中小企業製造物責任制度対策協議会用 ) 中小企業のための専用商品設計によりご加入いただきやすい保険料を実現! 全国で約 55,000 件の引受実績! 制度発足以来 7,000 件を超える支払い実績! 製造業だ

中小企業 PL 保険制度の特長と事例 PL 保険制度生産物賠償責任保険 ( 中小企業製造物責任制度対策協議会用 ) 中小企業のための専用商品設計によりご加入いただきやすい保険料を実現! 全国で約 55,000 件の引受実績! 制度発足以来 7,000 件を超える支払い実績! 製造業だ

【ご連絡いただく主な事項】 ・事故発生日時・場所 ・事故原因・状況 ・被害者住所・氏名 ・受けた損害賠償請求内容 ・保険契約内容(加入者名、加入者番号、加入タイプ等。後日送付される加入者証にてご確認ください。) ・その他必要事項 <示談交渉サービスは行いません>この保険には、保険会社が被害者方と示談交渉を行う「示談交渉サービス」はございません。したがいまして、この保険が 適用されると考えられる事故が発生した場合には、引受保険会社担当部署から助言に基づき、被保険者ご自身に、被害者方と示談交渉を進めていただく ことになりますので、あらかじめご了承ください。なお、引受保険会社同意を得ないで、被保険者側で示談締結をされた場合には、示談金額全部または一部を保険 としてお支払いできない場合がありますので、ご注意ください。
さらに見せる

8 さらに読み込む

7. 申請資格 (1) 地方自治法施行令第 167 条の4 第 1 項に該当しないこと (2) 国税及び地方税を滞納していないこと (3) 建設業法第 3 条の規定による許可を受けている建設業者であること (4) 建設業退職金共済組合又は中小企業退職金共済事業団等に加入していること (5) 営業を開

7. 申請資格 (1) 地方自治法施行令第 167 条の4 第 1 項に該当しないこと (2) 国税及び地方税を滞納していないこと (3) 建設業法第 3 条の規定による許可を受けている建設業者であること (4) 建設業退職金共済組合又は中小企業退職金共済事業団等に加入していること (5) 営業を開

熱絶縁工事 冷暖房設備・冷凍冷蔵設備・動力設備又は燃料工業・化学工学 工業等設備熱絶縁工事 水道施設工事(07) 水道施設工事 取水施設工事、浄水施設工事、配水施設工事、下水処理施設工事 機械設備工事(08) 機械器具設置工事 プラント設備工事、運搬機器設置工事、内燃力発電設備工事、 集塵機器設置工事、給排水機器設置工事、揚排水機器設置工事、 ダム用仮設備工事、遊技施設設置工事、舞台装置設置工事、 サイロ設置工事、立体駐車設置工事
さらに見せる

11 さらに読み込む

独立行政法人中小企業基盤整備機構職員退職手当支給規程

独立行政法人中小企業基盤整備機構職員退職手当支給規程

加入員期間15年を超え30年まで場合 100分の1.5に15年を超える加 入員期間1年につき100分の0.1を加えた割合 三 加入員期間30年を超える場合 100分の3.0割合 2 前項規定にかかわらず、経済産業関係法人企業年金基金加入員であったこと (通産関係独立行政法人厚生年金基金加入員であったことを含む)又は経済産業関係 公益法人厚生年金基金加入員であったことにより、すでに退職減額を受けた者に 対し、退職を支給する場合において、当該退職額から減額する額は、加入員期間 を勤続期間とみなした期間について、前項規定により算出した減額すべき額から、次 第1号額に第2号割合を乗じて得た額を控除した額とする。この場合において、 対象額算出基礎となる本俸月額が経済産業関係法人企業年金基金又は経済産業関係公 益法人厚生年金基金標準給与最高限度額を超えるものについては、その最高限度額 をもって本俸月額とする。
さらに見せる

6 さらに読み込む

企業年金制度を考える視点 公的年金制度 加入者 受給者 企業会計制度 金融制度 金融市場 企業年金 母体企業 税 制 -1- 出典 : 厚生労働省資料

企業年金制度を考える視点 公的年金制度 加入者 受給者 企業会計制度 金融制度 金融市場 企業年金 母体企業 税 制 -1- 出典 : 厚生労働省資料

-7- ・公的年金と役割分担 ・中小企業における企業年金在り方 ・企業年金進むべき方向性 (1)企業年金(厚生年金基金、確定給付企業年金、企業型確定拠出年金)は、公的 年金補完を果たすために税制上優遇措置(保険料控除、公的年金等控除) が行われている。

11 さらに読み込む

(参考)岩国市中小企業、小規模企業及び小企業振興基本条例 中小企業人材育成支援事業費補助金  岩国市

(参考)岩国市中小企業、小規模企業及び小企業振興基本条例 中小企業人材育成支援事業費補助金 岩国市

近年、経済グローバル化による企業間競争激化に加え、少子高齢化や人口減少など事 業活動を取り巻く環境が大きく変化している中で、本市が持続的に発展していくためには、 将来にわたり、中小企業、小規模企業及び小企業を育てていく必要がある。 よって、中小企業、小規模企業及び小企業振興重要性に鑑み、改めて企業、行政、市民 、 経済団体等が、共通認識を持つとともに、その果たすべき役割を踏まえ、連携、協働し、多 様で豊かな活力ある岩国市を目指すため、この条例を制定する。
さらに見せる

4 さらに読み込む

統計でみる退職金 企業年金の実態 (2017 年版 )~ 大企業および中堅 中小企業の動向 ~ 業から中小企業まで幅広く網羅し かつ終戦直後から継続的に実施されていることから わが国を代表する退職金統計であると言えます また 中央労働委員会の調査は資本金 5 億円以上 従業員 1,000 人以上の企

統計でみる退職金 企業年金の実態 (2017 年版 )~ 大企業および中堅 中小企業の動向 ~ 業から中小企業まで幅広く網羅し かつ終戦直後から継続的に実施されていることから わが国を代表する退職金統計であると言えます また 中央労働委員会の調査は資本金 5 億円以上 従業員 1,000 人以上の企

業から中小企業まで幅広く網羅し、かつ終戦直後から継続的に実施されていることから、わが国を代表 する退職統計であると言えます。また、中央労働委員会調査は資本 5 億円以上・従業員 1,000 人 以上企業を、日本経済団体連合会調査は同会会員企業をそれぞれ調査対象としており、主に大企 業動向を反映しています。一方、東京都調査対象は従業員 300 人未満企業であり、中小企業に特 化していると言えます。このほか、人事院調査は、本来目的は「国家公務員退職給付制度在り 方検証」ですが、民間企業退職給付制度に関する調査項目が充実していることから、近年注目を集 めつつあります。
さらに見せる

8 さらに読み込む

中小企業倒産防止共済及び小規模企業共済における前納減額金の運用について

中小企業倒産防止共済及び小規模企業共済における前納減額金の運用について

共済契約者と関係 両共済制度とも掛金納付方法大宗が口座振替であり振替日が月後半であること、前納者大宗が年払いを選択し ている実態があること、掛金請求・収納に関して日数単位で管理する仕組みがないことから、制度発足から規定と運 用が乖離していたと仮定し、各年度前納減額決算額に、運用と省令差分月数割合(11か月/66か月)を 乗じたものを、制度運用期間分を加算して、累計で影響額を推計。
さらに見せる

7 さらに読み込む

中小企業退職金共済事業本部に係る基本ポートフォリオの見直しについて

中小企業退職金共済事業本部に係る基本ポートフォリオの見直しについて

第七十八条 機構は、退職共済業務に係る業務上余裕運用に関して、運用目的その他厚生労働省令で定める事項を記載した 基本方針を作成し、当該基本方針に沿って運用しなければならない。 2 前項規定による基本方針は、この法律(これに基づく命令を含む。)その他法令に反するものであってはならない。 3 機構は、前条第一項第三号及び第五号に掲げる方法(政令で定める保険料払込みを除く。)により運用する場合においては、当該運 用に関する契約相手方に対して、協議に基づき第一項規定による基本方針趣旨に沿って運用すべきことを、厚生労働省令で定める ところにより、示さなければならない。
さらに見せる

19 さらに読み込む

中小企業退職金共済事業資産運用の基本方針に基づく資産運用の報告について

中小企業退職金共済事業資産運用の基本方針に基づく資産運用の報告について

(注)国内債券には生命保険資産(一般勘定) 、預けを含む。 <実績> 【基本ポートフォリオに基づく資産配分】 ① 資産配分については、月次データで管理を行うなか、国内株式、外国債券、外国株式 時価が上昇したことに伴い、平成 26 年 11 月末において国内債券が乖離許容幅下限を超 過したことから、資産間リバランス運営基準月次運営基準に則り乖離許容幅下限 1/2 までに構成割合を引き上げるため、翌 12 月に国内株式、外国債券、外国株式から国内 債券(自家運用)へ資金移管を行った。
さらに見せる

19 さらに読み込む

中小企業の退職金制度への ご提案について

中小企業の退職金制度への ご提案について

© 2001-2013 SBI Benefit Systems Co.,Ltd. All Rights Reserved. 選択制制度設計  従業員ライフプランに応じて 確定拠出年金掛金と生涯設計前払(給与 と併せて受取)受け取り方法 を選択

18 さらに読み込む

岩国市中小企業退職金共済掛金補助金交付要綱

岩国市中小企業退職金共済掛金補助金交付要綱

(交付申請) 第4条 補助交付申請に使用する書類は、次とおりとする。(1)補助交付申請書(様式第1 号)(2)月別・個人別掛金内訳書(様式第2号) 2 前項申請に当たり、この制度加入促進を行う商工会議所等で市長が適当と認める場合は、 企業取りまとめを明らかにする資料を添えて、一括申請することができる。

2 さらに読み込む

中小企業退職金共済事業資産運用の基本方針

中小企業退職金共済事業資産運用の基本方針

② 政策的に行うシェア変更 市場価格大幅な変動により資産構成が基本ポートフォリオから 著しく乖離し、その修正を行う必要がある場合又は運用スタイル・手 法適正な分散を目的として受託機関構成変更を行う場合等にお いては、受託機関評価優劣にかかわらず、資産運用部政策的判 断を優先して資産配分シェア変更、委託契約解除又は運用ガイド ライン変更を行うことがある。
さらに見せる

11 さらに読み込む

Show all 10000 documents...