中小企業の先進事例を中心に

Top PDF 中小企業の先進事例を中心に:

資料シリーズ No124 全文 資料シリーズ No124 労使コミュニケーションの経営資源性と課題 ―中小企業の先進事例を中心に―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズ No124 全文 資料シリーズ No124 労使コミュニケーションの経営資源性と課題 ―中小企業の先進事例を中心に―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第 7 章 社 員第 一 労使 コ ミュ ニ ケー ショ ン ― 東 邦通 信 シス テム 事 例― 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 6 第 節 会 社概 要 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 6 第 節 社 員第 一 労 使コミ ュニ ケー ショ ン 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 6 職 場 実像 :労 使コ ミュニ ケー ショ ン 効 果 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 7 ) 断っ も 入社 希望 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 7 ) 仕事 へ 強い 執念 :帰 とい っ も い や 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 7 ) わく わく する 職場 雰囲気 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 7 ) 社員 成長 感 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 8 5) 褒賞 金 共有 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 8 6) 雇用 絶 対死 守 人件費 カッ ト し 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 8 労 使コ ミュ ニケ ーシ ョン あ う 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 8 ) 日常 的 労使 コミ ュニケ ーシ ョン 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 9 ) 経営 指針 作 お ける労 使コ ミュ ニケ ー ション 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 50 ) 労働 条件 決定 お ける労 使コ ミュ ニケ ー ション 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 5 ) 社員 持株 制 おけ る労使 コミ ュニ ケー シ ョン 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 5 労 使コ ミュ ニケ ーシ ョン 効果 経 営実 績 面) 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 5 ) 超高 品質 サ ービ ス提供 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 5 ) 持続 的 高上 増加と 利益 創 出 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 5 ) 事業 拡大 と事 業 独立化 委 託化 る 雇用創 出 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 5 社 員第 一へ 支 え基 盤 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 5 ) 社員 成長 マッ プ 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 5 ) チャ レン ジシ ート 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 5 ) 経営 情報 開 示と 見え る化 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 5 ) ボト ムア ップ 意 思決定 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 55 5) 地域 貢献 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 55 第 節 従 業員 過半 数 代表 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 55 第 節 ま とめ :社 員 第一 経営 理念 実 践 求め 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 57 東邦 通信 シス テム 提供資 料 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 57
さらに見せる

381 さらに読み込む

表紙・まえがき・執筆者・目次 資料シリーズ No124 労使コミュニケーションの経営資源性と課題 ―中小企業の先進事例を中心に―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

表紙・まえがき・執筆者・目次 資料シリーズ No124 労使コミュニケーションの経営資源性と課題 ―中小企業の先進事例を中心に―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第 章 社 員第 一 労使 コ ミュ ニ ショ ン ― 東 邦通 信 シス テ 事 例― 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 第 節 会 社概 要 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 第 節 社 員第 一 労 使コミ ュニ ショ ン 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 職 場 実像 :労 使コ ミュニ ショ ン 効 果 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 断 入社 希望 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 事 へ 強い 執念 :帰 とい い や 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 わ わ する 職場 雰 気 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 社員 成長 感 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 褒賞 金 共 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 雇用 絶 対死 人件費 ッ ト 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 労 使コ ミュ ニ シ ョン あ う 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 日常 的 労使 コミ ュニ シ ョン 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 経営 指針 作 る労 使コ ミュ ニ ション 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 労働 条件 決定 る労 使コ ミュ ニ ション 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 社員 持株 制 る労使 コミ ュニ シ ョン 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 労 使コ ミュ ニ シ ョン 効果 経 営実 績 面 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 超 品質 サ ス提供 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 持続 的 上 増 と 利益 創 出 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 事業 拡大 と事 業 独立化 委 化 る 雇用創 出 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 社 員第 一へ 支 え基 盤 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 社員 成長 ッ プ 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 ン シ ト 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 経営 情報 開 示と 見え る化 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 ト ップ 意 思決定 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 地域 献 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 第 節 従 業員 過半 数 代表 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 第 節 ま とめ :社 員 第一 経営 理念 実 践 求め 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普 東邦 通信 シス テ 提供資 料 普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普普
さらに見せる

22 さらに読み込む

RIETI - 企業が望む金融サービスと中小企業金融の課題-関西地域の企業金融に関する企業意識調査を中心に-

RIETI - 企業が望む金融サービスと中小企業金融の課題-関西地域の企業金融に関する企業意識調査を中心に-

第三、関西地域では、1995 年木津信用組合や兵庫銀行破綻以来、多く金融機関が 破綻し、また、関西系都市銀行も再編や実質国有化経験しており、厳しい金融状況が続 いたため、金融システム影響が強く出ていると予想されるからである。 他方、本アンケートは関西企業直接対象しているが、現在わが国企業金融全 般問題点についても貴重な情報が得られるよう設問工夫している。実際、以下で分 析行うよう、わが国企業金融、特に中小企業金融問題点が明らかでき、関西 地域とどまらず全国企業にとっても重要な政策インプリケーション得ている。 本稿構成は次通りである。まず、第2節では、関西企業概況について簡単触れ る。第3節で、アンケート調査概要説明する。第4節から第9節で、アンケートへ 回答分析行う。付録として、末尾、アンケート用紙添付している。
さらに見せる

111 さらに読み込む

論文の目次 中小企業にも適用可能な ブランド創発型企業 を創るための インターナル ブランディング & チームブランディングの 重要性とその戦略的な取組事例 技術と感性を融合したクリエーター型企業 本多プラスの事例を中心に 1. インターナル ブランディングの定義 2. インターナル ブランディング

論文の目次 中小企業にも適用可能な ブランド創発型企業 を創るための インターナル ブランディング & チームブランディングの 重要性とその戦略的な取組事例 技術と感性を融合したクリエーター型企業 本多プラスの事例を中心に 1. インターナル ブランディングの定義 2. インターナル ブランディング

日本で唯一「ブランド・マネージャー」養成する専門機関~ブランド・マネージャー標準化と資格制度~ ◆ CEOブランドと企業ブランド・マネジメント(前篇) http://www.brand-mgr.org/interview/cat71/vol1.html 2013年 6月25日 掲載 利き手:一般財団法人 ブランド・マネージャー認定協会 代表理事 岩本 俊幸 氏

43 さらに読み込む

中小企業の意匠制度活用促進に向けた施策の展開 ~「ものづくり中小企業のための意匠権活用 マニュアル」を中心に~

中小企業の意匠制度活用促進に向けた施策の展開 ~「ものづくり中小企業のための意匠権活用 マニュアル」を中心に~

から製品クレームがあってよく調べてみると模倣品で あったというケースが多いため、他部署からも情報 吸い上げるルート確保することも重要である。ただ し、警告は係争入り口であり、また、相手企業企 業体質や姿勢、取引関係等もよって警告した方が 企業全体としてみるとデメリットなる場合もある。 このため、弁護士や弁理士相談することが一般的で あり、企業担当者は市場自社デザイン戦略や 経営戦略悪影響及ぼしそうなケース早くピック アップできることが最も重要となる。情報収集という 点では、デザイナーは日常業務一環として市場調査 行い、トレンド考慮しつつも、しかし他社製品 似すぎないようデザインしていることが多い。すな わち、デザイナーは、自らが気づかないうち先行意 匠調査及び模倣品調査一部行っているである。 彼らこの情報うまく吸い上げるだけでも、格段 情報量が上がるはずである。
さらに見せる

14 さらに読み込む

B 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅱ

B 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅱ

ランナー達悩みは、着替えとシャワーであるが、商店街裏通りある銭湯がラ ンナー達ニーズ応えている。また、夕方なると銭湯が社交場となって、グルー プ同士で近隣居酒屋へ出掛けていく者たちも多い。しかし、この銭湯は昔から人気 があり、高齢者中心数多く人々が利用してきた。ランナー達がこの銭湯利用 することが増えるにつれ、銭湯が非常混み合ってきている。そこで、この銭湯は何 か事業ができないか模索している。
さらに見せる

5 さらに読み込む

A 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ

A 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ

企業がこの市場参入してきたため競争が激しくなって、A 社売上は思う よう伸びなかった。 A 社業績が急速伸張し始めたは、2000 年代半ば、X 社と共同して企画し た、骨・関節サポート向けサプリメントへ絞り込み決断してからである。競合他 社先駆けてこの商品発売したこともあって、折り込みチラシ中心宣伝広告で売 上が徐々に伸び始めた。売上規模が拡大し少しでも資金余裕ができるようなる と、折り込みチラシ広告だけでなく、テレビ CM スポット広告やネット広告など 様々な宣伝広告積極的活用して、市場で認知度高める施策講じた。その 結果、取り扱い件数が増加すると、ICT 専門業者顧客データベース構築外注 しただけでなく、それまで自分たちでこなしてきた、商品梱包、発送など業務も 外注し始めた。ただし、宣伝広告については、広告代理店任せするではなく、こ れまで蓄積してきたノウハウ駆使して A 社が主導的行っている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

D 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅳ 中小企業診断士試験問題

D 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅳ 中小企業診断士試験問題

親会社である D 社は織物染色加工主たる業務とし、子会社である D-a 社がそ 仕立て、包装荷造業務、保管業務行っている。先端技術有する D 社主力工 場においてはポリエステル複合織物中心加工作業行っているが、他方で、人工 皮革分野やマイクロファイバーにおいても国内のみならず海外でも一定評価得て いる。またコーティング加工、起毛加工など多様な染色加工対応した仕上げ、後 処理技術保有し、高品質製品提供している。
さらに見せる

9 さらに読み込む

C 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅲ

C 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅲ

C 社組織は、社長、常務他、経理担当名、設計担当名、製造部 20 名で構 成されている。顧客へ営業は社長と常務が担当している。 近年、売り上げ中心となっている産業機械・プラント機器部品加工では、受注 量が減少し、加えて受注単価値引き要請も厳しい状況が続いている。その対応とし て、現在 C 社では新規製品事業化進めている。

5 さらに読み込む

A 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ

A 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ

A 社は、資本金 1,000 万円、年間売上高約 億円菓子製造業である。A 社主 力商品は、地元で認知度が高く、贈答品や土産物として利用される高級菓子であ る。A 社人員構成は、すべて株式保有し創業メンバー社長と専務名、 そして正規社員 18 名、パートタイマー中心非正規社員約 70 名あわせた約 90 名 である。A 社は、2000 年創業以来、毎年数千万円単位規模で売り上げ伸長さ せてきた。近年では、全国市場展開すること模索して、創業時から取り扱ってき た種類主力商品加えて、新しい菓子開発取り組んでいる。同社ビジョン は、売上高 30 億円中堅菓子メーカーなることである。
さらに見せる

5 さらに読み込む

RIETI - グローバル・ニッチトップ企業に代表される優れたものづくり中小・中堅企業の研究―日本のものづくりニッチトップ企業に関するアンケート調査結果を中心に―

RIETI - グローバル・ニッチトップ企業に代表される優れたものづくり中小・中堅企業の研究―日本のものづくりニッチトップ企業に関するアンケート調査結果を中心に―

- 8 - 開発経験有し、その理由として「半数近くが中小企業技術が優れていること、 35%が自社研究開発資源節約意図挙げている」としている。また、 「第 6 章技術開発主体行動と戦略―中小企業中心として―」では、1980 年特許庁中小・中堅企業技術開発と特許戦略」調査一環である技術開発成功した中 小企業 48 社に対するインタビュー調査基づき、成功する企業共通点として、 ①特許権により大企業参入許さない、②大量生産不向きで専門化された特殊 な製品選択、③既存技術巧み組合せニーズ適合した製品開発、④市場規 模が小さく大企業にとって参入メリットが少ない製品選択等しばしば NT 型 企業経営戦略上特徴とされる製品、市場選択指摘している。さらに、技術開 発テーマ設定きっかけとして、最多「個人的直感・おもいつき」27%次いで、 「ユーザーから提案・示唆・注文等」が 21%、「販売先と対話・要請」が 15% と多いこと挙げ、成功企業がニーズ重要性指摘しているとしている。 本稿と問題関心が重なり、先行研究として参考とした部分が大きいは児玉 (2005)はじめとする児玉俊洋氏(以下敬称略す。 )による製品開発型中小企業 技術連携に関する一連研究である。児玉よれば、製品開発型中小企業とは、市 場化できる製品開発できる中小企業抽出するため設けられた企業類型であ り、調査に際しては、設計能力と自社製品売上げ実績があることをもって定義さ れている。これらは、①市場ニーズ把握力と研究開発力併せ持っていること、② 先端技術分野属する多様な要素技術保有していること、③近隣中心数多く 基盤技術型中小企業 9
さらに見せる

122 さらに読み込む

B 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅱ

B 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅱ

B 社は、祖父代から長年取引あった地元中心とする大工、工務店、配管工事 業者など業務(プロ)用需要も対 応 で き る 専 門 性 重 視 品 揃 え と、DIY(do it yourself) ブーム流れ乗って一般消費者趣味需要も対応し、園芸用品、農 業用資材など加えて品揃え拡大し、順調業績伸ばしていった。具体的販売 されている商品は、木材、電動工具、釘、配管材、水栓、ねじ、ボルト、ナット、建 材(床材、建具、壁紙、断熱材)、工具、塗料、作業着、作業用品、園芸用品などであ る。ちなみに DIY とは、「日曜大工」と総称されるが、家庭設備機器など小修理 や改造など使用者自身が行うことである。
さらに見せる

5 さらに読み込む

A 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ

A 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ

現在、A 社組織は、生産、研究開発中心した機能別組織である。営業担当 者は 1 名で、取引先と窓口業務あたっている。研究開発部門は、研究室と開発 室計 6 名社員が所属しており、工学博士号もつ社員もいる。研究開発部門は、 新製品開発や新技術開発ほか、製造装置開発、レーザー装置開発・販売担当 している。生産部門は、製造第 1 課、第 2 課、品質管理課 3 つ課で構成されてい る。第 1 課は主試験管製造、第 2 課がガラス管など試験管以外精密ガラス加工 製品製造担当し、近年昇進した中途採用者がそれぞれ課長務めている。 そして、人事・経理など総務部が担当している。
さらに見せる

5 さらに読み込む

C 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅲ

C 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅲ

C 社会社組織は、総務部、営業部、製造部で構成されている。設計開発業務は営 業部所属する"名設計要員が担っている。この設計要員"名は、X 社と新規格 品設計打ち合わせ、「ビルトインシリーズ」設計開発、さらには顧客要望で作成 する「ビルトインシリーズ」活用したオフィスレイアウト図提案も担当するなど当 社製品企画中心である。同時に材料・購入部品など発注業務、外注加工手配な どの購買業務も担当しており、業務量が大変多く業務が滞ることもしばしば生じてい る。この状態改善し、社内で検討している「フリーデザインシリーズ」事業必要と なる特注品設計業務対応するため、CAD/CAM 化製造部と計画中である。
さらに見せる

5 さらに読み込む

B 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅱ

B 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅱ

本社から車で 10 分ほど離れた X 市市街地は、江戸時代から繁栄した商業地であ る。現在は当時面影しのばせる伝統的な街並み生かして、観光地として脚光 浴びている。懐かしさ求めて女性やシニア層が連日街訪れ、日本伝統興味 あるアジアから外国人観光客も多い。B 社は、この観光地化したエリア年前、 自社製品フルラインアップで販売する直営店出店した。直営店は、11 代目予 定者B社長子息、当時 33 歳C発案で、自社製品麺料理つゆやだしなど使用 した飲食店も併設した。この飲食店は、地元食材利用やカロリーや減塩など健康 配慮したメニューと彩り鮮やかな盛り付けで、観光情報誌やグルメサイトなども数 多く取り上げられている。最も人気あるメニューは、うどん主食とし、地元野菜 使った煮物や天ぷら、刺身、ひとくち和風デザート、食後黒豆茶添えた定食 で、客単価は 1,250 円程度である。食敏感な女性中心、ランチ時は大行列が できる。
さらに見せる

8 さらに読み込む

A 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ

A 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ

また、以前から救急用絆創膏中心医療品依存懸念していた現社長は、事業多角 化も乗り出した。「健康・美」求める中高年層ターゲット、化粧品事業や健康 食品事業参入した。これら新規事業は、開発から販売まですべて自己完結的行 うのではなく、地元大学や研究機関、流通業者と提携して事業展開している。た とえば、化粧品事業では、地元大学と共同開発した結果、原材料コスト大幅 下げることができた上、成分改善も成功した。また、健康食品事業では、地元 生協と新商品共同開発や共同販売行っている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

はじめに 近年 中小企業の国民経済に寄与する役割が高く評価され 中小企業振興の重要性に関する国際的な理解が深まりつつある中 多くの国々は中小企業を創出 育成するための中小企業施策に取り組み あるいは取り組もうとしている 多くの我が国中小企業が進出している ASEAN 諸国においても 中小企業の育成発

はじめに 近年 中小企業の国民経済に寄与する役割が高く評価され 中小企業振興の重要性に関する国際的な理解が深まりつつある中 多くの国々は中小企業を創出 育成するための中小企業施策に取り組み あるいは取り組もうとしている 多くの我が国中小企業が進出している ASEAN 諸国においても 中小企業の育成発

第2章 中小企業施策―具体的施策 2-(1) 金融 インドネシアにおける中小企業に対する金融システムは依然として未整備であり、政府 は法令整備はじめシステム発展入れている。また、中小企業自体も、その6 割強が銀行等融資得ておらず。自己金融が中心である。この理由は、第1中小企 業大半が零細企業であり、その多くがインフォーマルセクター属し、近代的経営がで きていないことである。かかる企業は健全かつ合理的な経営行っておらず、会計処理も あいまいであり、当然こととして、銀行から資金借り入れるため審査対象ならな い。第2、たとえ、銀行から融資得たいとしても、銀行に対するアクセスが困難な ことである。銀行口座開設は信頼できる紹介者が必要であるが、紹介者支払うコミ ッションは負担なる。第3、貸付金利は現段階で年 18%程度とされており、コスト 負担も高い。銀行借り入れよりも同族や友人から借り入れほうが安易な資金調達とな る。第5、借り入れに際して必要な担保確保が難しい。特に、現行企業法では、 土地および建物は純資産組み込まれていないので、担保提供は困難で、中小企業信 用度確保しにくい。土地および建物が純資産組み込まれない理由は、インドネシアが その人口 87%がモスレムイスラム社会であり、華人系やキリスト教徒、ヒンズー教徒 除くと遺産相続制度が均等相続であり、土地所有権が明確でないことなどが挙げられて いる。
さらに見せる

95 さらに読み込む

RIETI - 産業クラスター形成における製品開発型中小企業の役割-TAMA(技術先進首都圏地域)に関する実証分析に基づいて-

RIETI - 産業クラスター形成における製品開発型中小企業の役割-TAMA(技術先進首都圏地域)に関する実証分析に基づいて-

設立以降、 TAMA 協会事業は、協会参加する地域構成員自立的な活動中心 として発展見せている。その主なもの挙げると、平成 12 年は、 TAMA-TLO が設立 された。 TLO は、大学研究成果特許化とその民間企業ライセンシング等よっ て大学から産業界へ技術移転促進する機関で、 TLO 法基づき平成 16 年 10 月現在 全国で 42 TLO が承認又は認定されている。 TAMA 協会は、その産学連携・研究開発 促進事業一環として、平成 11 年 5 月から、 TLO 設置するため準備活動行い、平 成 12 年 7 月は、この地域 9 大学又は大学個人研究者が参加するタマティーエ ルオー株式会社(以下「 TAMA-TLO 」という)が発足した。 TAMA-TLO は、 TAMA 協会 会員企業会員とするなど、 TAMA 協会と連動した活動行っており、これによって、大 。 、 学研究成果に対する地域産業界事業化ニーズ背景持った構造となっている また
さらに見せる

58 さらに読み込む

C 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅲ

C 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅲ

木製家具製造業は、一般生産地または消費地家具問屋経由して小売店販売 している。その中で、家具専門中小小売店では総じて売り上げが低迷しているが、 消費者に対してライフスタイル提案積極的展開しているインテリア用品・生活 用品扱う小売店や、製造小売型(SPA)大型小売店売り上げは比較的好調であ る。このような木製家具業界あって、C 社は全国小売店約300社直接販売して いる。その販売先約80% は、主インテリア用品・生活用品取り扱う小売店が 占め、家具専門小売店数が少ないが特徴である。販売先小売店では、C 社製品 一部展示し、その他製品はカタログによって販売活動行っている例が多い。 販売実績が大きな有力販売先では、C 社製品中心生活空間演出する展示スペー ス設けている。現在、この有力販売先一つである大手インテリア用品小売チェー ンから、OEM 製品取引打診があり、先方から製品アイデア提供受けて製品化 進めようとしている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

ERMの先進実践例を確定給付年金プランに見る-欧米の先進事例の特徴と事業会社への示唆

ERMの先進実践例を確定給付年金プランに見る-欧米の先進事例の特徴と事業会社への示唆

この実証研究結果は、欧米ではよく知られ ており、組織設計良し悪しが、運用成績 関係するという理解は徐々に広まりつつある。 Ⅲ リスクベース運営プロセス 優れた運営行うDB年金プラン第三 特徴は、「リスクベース運営プロセス」 徹底している点である。リスクベース運営 プロセスとは、リスク評価軸してプロセ ス執行することである。言葉では簡単であ るが、実効性高いプロセスとするは、リ スク大事する文化が組織根づいている ことが不可欠である。リスク大事する文 化とは、リスク概念運営プロセス中心 据え、運営上さまざまな意思決定や関係者 と会話までリスク概念浸透させている こと指している。ここではリスクベース 運営プロセス3つ事例で示してみたい。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...