• 検索結果がありません。

FD活動報告書

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2024

シェア "FD活動報告書"

Copied!
122
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

䢺 䢳䢲 䢳䢳 䢶䢰䢲 䢶䢰䢷 䢶䢰䢷 䢷䢰䢲 䢺䢳䢲 䢳䢳 䢶䢰䢰 䢶䢰䢰. .

区    分 1. 教員について

授業内容について 3. 課題・演習について

2-2 授業アンケートにおける学生の自由コメントと結果を表にまとめたもの。 2018年度授業アンケートの自由記入欄からの意見を抽出してまとめました。

区   分

区   分区   分

その他

板書・スライドについて

区   分計

年度まで卒業・修了予定者を対象に実施していた卒業・修了時アンケート の設問項目の抜本的な見直しを行い、新たに卒業・修了予定者アンケートとして実施

6-1 卒業・修了予定者に対するアンケートの実施期間と回答率。

年度に低下した回収率については、平成 28 年度以前の水準に回復した。こ れは、Web アンケートシステムをよりスマホとの親和性が高いシステムへ変更したこ

7-1 豊橋技術科学大学教育特別功労賞候補者の推薦基準 1) 優秀教員賞等の基準を定める。各部局に1名を推薦し、教育制度委員会に推薦します。それぞれ システムが定める基準等決定された内容は、勧告とともに教育制度委員会に毎年報告されます。

附 記

年度は, FD の一環として,国際基督教大学で開催された Oxford EMI (English Medium Instruction) Course for University Lecturers へ教員 1 名を派遣した。本コースは,オッ

カスフォード大学の EMI トレーニング講師が大学の英語教師に英語教育法について講義し、グループワーク、ディスカッション、チーム指導のミニ講義を通じて実践的で即効性のあるスキルを提供します。対象者: 英語で授業を教えている、または教える予定の教師。 EMIとは「English as Medium of Educational」の略で、レッスン、講義、演習を英語で教えられることを意味します。使われている教育方法を表す言葉です。 「オックスフォードEMI」は、イギリスのオックスフォード大学に設置されたEMI研修コースで、「英語以外の科目を英語で教える」、指導言語としての英語を学ぶコースでした。ジュリー、オックスフォード大学の教師トレーナー。

オックスフォードEMIコースを受講することで、「英語での論文発表が促進され、大学ランキングの上位に上がれる」と一般教育院准教授の和泉司氏は言う。一方で、教育現場で学生がEMIを学ぶための支援体制や職業訓練は十分ではなく、これを教えるためにオックスフォード大学教育学部の研究機関としてオックスフォードEMIが設立されました。オックスフォード大学で開講される授業は2週間で、世界各国への授業への講師派遣制度も整っています。

名、英語科教員が 4 名、法律・経済系教員が 3 名。英語科を除く人文 科学系の教員の参加者は私だけであった。

優秀な留学生を集めます。国際分野での学生の成功を可能にします。日本では2018年夏、国際基督教大学で初めて5日間の集中プログラムを開催しました。今回受講した講座はICUで2回目となります。

質問は、英語を母語としない生徒に英語で授業を行う際に予想される困難や、生徒の英語知識にどう対応するかについてのものでした。その後、参加した教員が生徒役となり、特に「活動」の内容について経験を積みました。

年度より,大学として実施している TOEIC-IP(団体特別受験制度 IP:Institutional Program)を,本学教員も受験できる制度を FD 事業の一環として開始した。これは,本学

スーパーグローバル大学構想の目標の一つである「教員の半数以上がTOEIC 730点以上」を達成するため、各教員にTOEIC受験の機会を与え、試験を以下のように実施しました。オプションのテスト。今年度は、さまざまな学部やセンターから合計 9 人の教師が試験を受けました。 2019年度より任意試験として広く受験者を募集し、引き続き試験を実施する予定です。大学のグローバル化に向けた組織的な取り組みとして、この機会を積極的に活用していただき、教職員全員のバイリンガル教育の向上にご協力いただければ幸いです。

FD(教育現場)活動としての教師の個人評価。

年度から毎年度,教員個人評価を実施している。そのうち,教育領域については,

  • 年度 電気・電子情報工学系 FD 活動報告
  • 年度情報・知能工学系 FD 活動報告
  • 年度環境・生命工学系 FD 活動報告書
  • 年度教育制度委員会の開催日及び検討事項について

個別に検討されたテーマは、プロジェクト研究と総括でした。添付ファイルのリスト)。

第1回(H30.4.16)

第2回(H30.5.10)

第3回(H30.6.14)

第4回(H30.7.19)

第5回(H30.9.13)

第6回(H30.10.18)

第7回(H30.11.15)

第8回(H30.12.13)

第9回(H31.1.10)

2)2018年度年度計画及び2019年度年度計画の実施状況について 3)学生アンケート・回答内容について 2.報告事項 1)大学院修業自己点検評価報告書について環境バイオテクノロジー学部の博士号を取得しました。

第 10 回(H31.2.14)

第 11 回(H31.3.7)

FD活動の目的

FD活動とは、豊橋技術科学大学の教育理念や教育目標に基づき、教員が自らの授業やその他の教育活動の内容や指導方法の改善に向けて研究・工夫することをいいます。教員が主体的に行う教育活動の向上に貢献することが目的 すべての教員はFD活動を積極的に推進し、常に教育の質の向上に努める責任があります。

FD活動の組織的取り組み

2018年度FD活動年間計画 第1期1回答期間 第1期および第1期2回答期間 結果公表 成果公表 第1期振り返り期間 第2期振り返り期間(4月末まで) アンケート回答期間 前年度実績公表 前年度に基づく回答期間結果(各学部・研究科・各学科) 前年度教育特別功労賞受賞者へのお願い TOEIC-IP 新任教員研修 スーパーグローバル大学ビジネス・学部英語力強化研修(SGUQC研修)

参照

関連したドキュメント

現在利用されている IPv4 の在庫アドレスが,世界的に枯 渇する状況となっています.2011 年 2 月には,中央在庫と 呼ばれる IANA Pool

復興支援 平成 28年度報告

なお, 一部の FD では Ustream (ユーストリーム) によるインターネッ トリアルタイム配信を行い, 当日不参加の教職員が視聴 できるようにしている. 全学 FD

「Day Greeting

 なお、2011

 これらのプログラムが終了した

 なお、2011 年から始まったストラスブール大学日本学専攻の大学院修士課 程の学生による聴講が今回も行われ、2 日間で延べ 23 名が参加した。これは

TRセンターは基礎研究を臨床研究の橋渡しを目指したライフサイエンス分野の応用研 究を支援することを目的に