• 検索結果がありません。

賃金決定機構と労働組合運動

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2024

シェア "賃金決定機構と労働組合運動"

Copied!
68
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

1論文一四六

第一 次世界大戦前のイギリス炭鉱業における

賃金決定機構と労働組合運動

六五四三二一序       論目

調停委員会協約体制の諸矛盾と職場賃金問題の先鋭化 調停委員会協約の展開 連合地域調停委員会協約の成立 M.F・G・Bの成立 販売価格スライディング・スケール協約の成立と展開 プロローダー坑夫組合の成立  研究の対象と課題   次

    一総括と展望一

序論 研究の対象と課題

(2)

 イギリス炭鉱業は︑第一次世界大戦直前を頂点として︑国内需要を排他的に充足するとともに︑非常に大量の石炭

を輸出し︵最盛時︑生産高の約三分の一︶︑イギリス資本主義の再生産構造においてきわめて高い地位をしめた︒ま

た︑この産業は資本の有機的構成が低かったので︑なおさら︑イギリス炭鉱労働者がこの国の労働者階級のなかで非

常に大きな比重をしめた︒とくに第一次世界大戦前後には︑かれらが非農林業労働者のなかで最大の産業別集団であ

った︒そのうえ︑かれらの労働組合運動は︑主体的力量を増すことによって︑一九世紀末から両大戦間にかけて︑イ

ギリス労働組合運動のなかでますます決定的な役割をはたすことになった︒

 本稿は︑一九世紀の﹁大不況﹂期から二〇世紀初頭にわたる帝国主義の形成・確立期におけるイギリス炭鉱業の︑

労働組合運動︑労資関係および国家の炭鉱労働政策を︑とくに賃金協約と調停仲裁の史的展開に結節させて︑歴史的

に考察しようとするものである︒具体的には︑一八七〇年代からの石炭販売価格スライディング.スケール賃金協約

の普及︑それに反対し﹁生活賃金﹂を要求する統一賃金闘争を通じてのグレイト・ブリテン坑夫連合︵竃ぎRω.問巴・

Rooユ990話讐野晒9一⇒・以下M・F・G・Bと略記する︶の成立︵一八八九年︶︑ 一八九三年の大争議を通じて

の連合地域調停委員会︵↓証印8三鑑OO8臣讐一9賄9些OOO巴↓欝39什げO悶a霧讐&9の三9ω︶の成立︑

それをこう矢とする諸地区調停委員会協約の成立・展開が︑それにかかわる諸関係との関連において考察される︒た

だし︑一九一〇年以降の︑一九一二年の全国炭鉱ストライキと炭鉱最低賃金法成立に結節する展開の分析は︑本稿の

あとに接続する︒本稿は︑一九一二年の大闘争の歴史的前提諸条件の形成過程を分析するものでもある︒

 イギリス資本主義史の時期区分としては︑ ﹁大不況﹂期とその後の帝国主義的繁栄期に大きく分けられるであろう

が︑労働組合運動史の時期区分としては︑一八八九年の新組合主義︵Zo毛d鉱〇三ωヨ︶高揚とその後におけるブルジ

 一第一次世界大戦前のイギリス炭鉱業における賃金決定機構と労働組合運動−       四七

(3)

 一論   文−      四八

ヨアジーの反攻が重視されなければならない︒地方・分散的で不均等発展のいちじるしかったイギリス炭鉱業の労働

組合運動史を総括的に時期区分することは容易でないが︑イギリス労働組合運動史の全体的流れに目をくばりながら

本稿の主題に沿って考えれば︑前述の諸展開がおもな指標となるであろう︒

 本稿の特殊的研究課題は︑その研究対象に照応して︑前述のとおりである︒解題のために︑イギリス労働組合運動

史の一般的流れに言及しておこう︒ ﹁世界の工場﹂としてのイギリス資本主義の独占的地位に支えられたヴィクトリ

ア黄金時代の労資関係は︑一八七〇年代の労働組合立法を生みおとし︑その過程で自由主義的労資協調主義も爛熟し

た︒しかし︑七〇年代から九〇年代におよぶ﹁大不況﹂は︑イギリス資本主義の独占的地位とともにイギリス労働者

階級の特権的地位をもゆるがし︑社会主義運動を復活させ︑窮乏した労働者大衆のなかに急進的傾向を醸成し︑自由

主義的労資協調主義を動揺させた︒高揚した新組合主義は︑旧組合主義との激突を通じてイギリス労働組合の変革を

うながしたが︑頑強な労働組合主義の伝統を突破できず︑やがて旧組合主義と相互に浸透しあって体制内に吸収され

たかにみえる︒ブルジョアジーは︑産業独占形成の脆弱性に制約されながら反攻を展開し︑急進的新組合に大打撃を

与えたが︑強固な旧組合集団を紛砕できなかった︒そこでかれらは︑ついで訪れた世紀末以降の帝国主義的繁栄を基

盤として︑すでに普及していた自主的な労働協約と調停仲裁の機構を再編・拡充しながら︑これに労働組合の指導部

を結合し埋没させ︑それによって組合員大衆を統制し産業平和と賃金統制をはかる労資関係を推進し︑定着させた︒

しかし︑この帝国主義的な労資同盟は反労働者的な諸矛盾をつよめることになり︑一九一〇年以降︑大衆的な労働組

合運動の大攻勢に転ずるのである︒この間︑歴代政府の基本政策は︑急進的労働運動をたたきながら運動を労資協調

主義と改良主義に誘導し︑自主的な労働協約と調停仲裁の拡充によって産業平和と賃金抑制をはかる労資関係を助成

(4)

することであった︒しかし︑司法機関は伝統的により反動的で強硬な抑圧的規制を追求し︑かえって労働者と労働運

動の政治的結集︵とくに労働党の成立・発展︶を触発・促進し︑議会制定法によってその強権的介入を抑制されるこ

とになる︒このような流れのなかで︑炭鉱業の労資関係と労働組合運動︑賃金H労働政策はどのような展開形態をた

どったか︒本稿の主題に限定してこれを明らかにしなければならない︒

 本稿は︑同時に︑つぎのようなより一般的な諸関係の析出と例証を課題とする︒労働者と労働組合は︑労働者間およ

び資本間の競争に制約され︑それに従属するかぎりでは︑分散的︑セクト的︑労資協調的または隷属的になるが︑労

働者の窮乏状態をばねとする労資間の闘争における利害統一を契機として統一行動が実現され強化されるとき︑統一

行動を通じて労働者の統一と団結︑労働組合の統一と階級的強化が発展する︒労働組合の端初H基本機能たる賃金闘

争においてこの傾向を析出し例証すること︑これが第一の課題である︒

 労働組合は︑自然成長的には︑資本の蓄積要求が命ずる﹁支払能力﹂による賃金決定の政策堅思想的にも実践的

にも屈服しがちであり︑それを通じて去勢︑分断︑ないし解体をしいられる.しかし︑その結果︑賃金低下をはじめ

として労働者の窮乏が深まると︑自然成長的にも﹁生活賃金﹂確保の要求がつよまり︑ぞの要求が運動のなかで最低

賃金保障の思想と政策に具体化される︒しかし︑自然成長的な労働組合主義の枠内では︑この﹁生活賃金﹂政策も

﹁支払能力﹂賃金政策︵生産性賃金はその主要な一形態である︶に従属し︑その浸透をうけ︑反労働者的な矛盾が累

増する︒そしてこの矛盾累増がそれを克服するための最低賃金政策の発展をうながす︒自然成長的には︑この両者の

闘争と統一・相互浸透のなかで︑現実の賃金闘争と賃金決定機構が構成される︒このような傾向を析出し例証するこ

と︑これが第二の課題である︒

 1第一次世界大戦前のイギリス炭鉱業における賃金決定機構と労働組合運動−       四九

(5)

 一論   文一   ︑       五〇

 資本の規模と蓄積条件が近似的であり︑資本および労働力が自由に移動し競争しあうとすれば︑賃率は平準化する︒

しかし︑現実には初発からこれらの条件がととのわず︑しかも構造的または摩擦的な失業が再生産される︒したがっ

て︑資本の競争条件は不均等であり︑労働市場は地方別および職業別などに分断され︑賃率は広域的平準化をはばま

れ︑労働力価値以下への分断的引き下げをヶけやすい︒労働組合はこの傾向に対抗してできるだけ広域的な賃率のレ

ベル・アップをはかる︒こうして標準賃率が成立すれば︑それは逆に資本間の競争条件を均等化する役立ちをもつも

のとして資本蓄積機構にビルトインされうる︒標準賃率は︑資本間および労働者間競争の反労働者的作用に対抗して

労働力の標準的再生産費を確保するとともに︑労働者と労働組合の統一を促進すべきものとして労働組合運動の基本

的課題となる︒生産の集積・集中の不均等発展と独占の形成は︑企業の生産様式と蓄積.競争条件ロ﹁支払能力﹂の

不均等化をつよめ︑労働市場と賃金交渉目決定の企業別分断化の傾向をもちこみ︑標準賃率の解体か︑またはその極

端な引き下げのうえに︑独占企業の誘惑的﹁高賃金﹂を上のせする︒労働組合は︑これに対抗しながら適応し︑産業

別全国協約において標準賃率の機能を分化させ︑一般的最低賃率によって最低生活費を確保するとともに︑そのうえ

にのせる熟練度別・職種別の最低賃率によって同一労働同一賃金を確保しようとし︑その枠ぐみのなかで企業.経営

別の賃金交渉をはかる.しかし︑時間単位または出来高単位の最低賃率保障は︑職場での就業や労働強度の変動︑労

働編成の資本主導的改編によって最低賃金所得保障の意義をますます失うので︑労働協約または立法によって日.週

・月単位の最低賃金所得を保障させることが不可欠となる︒

 炭鉱業は︑特殊な産業である︒たとえば︑生産も鉱山地代や利潤も第一に炭層の賦存状態によって規定され︑した

がって企業分布は地方的であり︑企業の規模も蓄積条件も不均等である︒それらの条件とともに︑生産様式の特殊性

(6)

が︑労働の特異性と労働市場の地方性等を規定する︒したがってまた︑賃金決定は︑炭田別︑企業別および坑・切羽

別に分断される︒しかも︑そのうえで炭田内と炭田間での資本問競争および労働者間競争によって︑賃金水準変動が

波及する関係にある︒それゆえ︑ここでは本来の標準賃率が成立しがたく︑最低賃金と同一労働同一賃金の成立も困

難である︒先取りして附言すれば︑炭価変動と炭田間競争の圧力による賃金変動の波及傾向によって︑﹁生活賃金﹂

確保のための地区間統一賃金闘争が触発され︑賃金変動率に下限を設定する統一的なミニマム条項が成立する︒それ

によっては解決されない職場︵切羽ないし坑︶における賃金問題の先鋭化を契機として︑統一最低賃金闘争が起動す

る︒ ﹁生活賃金﹂確保のための統一協約闘争は︑坑夫組合の全国的統一を促進し︑主体的力量の増大によって全国的

炭鉱最低賃金のための統一闘争へ発展するのである︒炭鉱業の特殊的諸条件のもとで標準賃率H最低賃率をめぐるい

かなる展開がみられたか︒これを明らかにするのが︑第三の課題である︒

 イギリスでは︑しばしば自主的な団体交渉機構と調停仲裁機構が統合されていた︒以上三つの論点にかかわって︑

この調停仲裁がいかなる諸機能をはたしたか︒これもまた明らかにされなければならない︒

 これらの課題にとりくむためには︑イギリス炭鉱業の経済構造が把握されなければならないのであるが︑他の機会

に論じた諸論点のうちからさしあたり不可欠な二論点だけを概括的に指示しておこう︒

 イギリスでは︑石炭資源の地域的集中が欠如し︑石炭賦存状態の多様な諸炭田が全国に分散した︒鉱山地代が地表

地主に帰属する関係に規定されながら諸炭田に分散的に群在した企業・炭鉱は︑いちじるしく地方・分散的で︑存立

諸条件が多様であり︑各地区内および地区間ではげしく競争しあいながら再生産された︒したがって︑独占の形成は

おくれた︒採炭過程の機械化がおくれたことなどのため︑イギリス炭鉱資本はいちじるしく有機的構成が低く︑生産

 一第一次世界大戦前のイギリス炭鉱業における賃金決定機構と労働組合運動:       五.一

(7)

 一論    文−      五二

費のなかで賃金がしめる比重が異常に高く︑賃金圧下︑労働日の延長︑労働強化への衝動がつよかった︒炭鉱労働は

採炭過程を中心として危険な重筋的手労働が大きな比重をしめ︑経験的熟練を要する採炭先山などを頂点として階層

序列的に編成された︒しかし︑労働過程の自然的︑技術的および社会的諸条件は各炭田内でも多様であったが︑地区

間︑炭田間でははなはだしく多様であった︒したがってまた︑世代的に再生産されながら地方.分散的に群在した炭

鉱労働者の存在形態と労働諸条件は︑とくに炭田・地区間で多様であり︑炭田・地区間の労働者移動は困難であっ

た︒このような資本と賃労働の存在形態に規定されて︑雇主団体と労働組合は地方・分散的に形成され︑炭鉱資本は

地方・分断的な賃金・労働諸条件の決定と労働支配を追求した︒

 イギリス炭鉱業は︑世界市場への依存度がとくに高かったため︑とくに炭価変動がはげしく︑それによって資本蓄

積行程が撹乱された︒炭鉱資本は︑はげしい炭価・市況の変動に対して労働需要と賃金の調整によって適応したた

め︑賃金争議が頻発した︒炭鉱資本は︑この矛盾を緩和させながら︑地方・分断的な労働支配と賃金統制をはかるた

め︑生産費中に決定的な比重をしめる賃金を地方・分断的に炭価にスライドさせる政策を︑しつように追求した︒こ

の傾向は︑とくに輸出依存度が高く炭価変動がはげしい炭田.地区において強烈であった︒

プ・・ーグー坑夫組合の成立

 本稿の主題を考察するためには︑労働協約・調停仲裁機構形成の歴史的および論理的前提として︑イギリス炭鉱業

における労働組合の成立過程を確定しなければならない︒ただし︑ここでは︑本稿の主題考察のためのプロローグに

とどめ︑おもに賃労働の変遷にかかわらせて最小限の概観を行うことにする︒

(8)

 先進的発展をとげたイギリス炭鉱業において︑ダラムとノーサンバランドは︑すくなくとも一八世紀末までは独占

的地位をしめ︑その後もしばらく優位をしめた︒この地方の坑夫組合運動が一九世紀の七〇年代まで主導的地位をし

めたおもな根拠の一つは︑そこにある︒ロンドン市場への石炭供給を独占したニューキャスルの商業資本が炭鉱の所

有と経営に進出することによって︑この地方で生産と資本の集積が先進的に発展した︒資本家的石炭生産の発展にと

もない︑炭鉱労働力確保の困難がまし︑経済外的強制を附加して劣悪な労働諸条件のもとで坑夫を確保し炭鉱所有者

の専制支配を強化する制度がひろく行われた︒この地方ではその一形態である一年契約制度︵鴫︒貰ξωo且ω鴇・

什︒ヨ︶が一七世紀に生成し︑一八世紀に支配的になり︑それがノーサンバランドでは一八四四年頃まで︑ダラムでは         ハ ロ一八七二年まで残存した︒ボンド・システムは︑基本的には資本による前期的な拘束雇用と労働支配の手段でありな

がら︑他面では拘束の代償として一定の保障を伴わざるをえなかった︒タインおよびウェア沿岸の炭鉱資本の独占的

地位は︑ボンドの条件のなかにわずかながら賃金と就業の最低保障を規定することを可能にした︒その結果︑一般に炭

坑夫が異種族とみなされたほど劣悪な状態にあったなかで︑この地方の坑夫は比較的良い状態にあった︒しかし︑一

九世紀にはいって同地方の独占的地位が失われるにつれて︑ボンドは︑その賃金・・就業保障的諸条件を撤回され︑否

        パ ロ定的側面をつよめた︒

 とはいえ︑なおしばらく維持された同地方石炭産業の相対的優位は︑とくに採炭夫が労働貴族的地位を形成するの

を容易にした︒それを媒介したのは︑生産過程におけるかれらの特権的地位の形成である︒古くは坑内運搬に従事し

たバロウマン︵σ巽3妻Bき︶の稼得高が︑採炭夫のそれをはるかにこえていた︒しかし︑やがて坑内に木製軌道と馬

が導入され︑一七五〇年頃には少年運搬夫が一般的に雇用され︑かれらによるバロウマンの代替がすすめられた︒さ

 −第一次世界大戦前のイギリス炭鉱業における賃金決定機構と労働組合運動−       五三

(9)

 1論   文−      五四

らに︑一七八○年に坑内運搬に蒸気機関が使用されはじめた︒この頃にじゅうらい運搬に従事した婦人の坑内就業が

消滅した︒また︑換気扉による換気がしだいに発展し︑その開閉のために年少児童がひろく雇用されるにいたった︒さ

らに重要なのは︑採炭方式の変化である︒一九世紀第三・四半期頃までは︑支配的に残柱式採炭が行われたが︑一八

世紀には︑竪坑から鉱区境界に向けて狭い切羽を掘進し︑それに交叉する坑道を採炭し︑炭層の残柱を残したが︑一

大世紀にはいって残柱も撤去し採炭するようになる︒このばあい︑切羽が狭く︑一人または二人一組で採炭夫が掘進

した︒しかも︑残柱撤去はきわめて危険な労働であった︒出来高労働を行うこのような採炭夫の労働形態は︑かれら

が作業段取りの自律性と熟練を発展させ︑自恃を高めるのを容易にした︒かれらは年四回のくじ引きで自律的に就業

切羽を分配して企業の介入を排除し︑かれらの地位を他の諸職種から切り離して強化するために分業を発展させた︒

かれらは︑最初︑運搬夫等とほぼ同じ時間就業したが︑やがて採炭労働を二交代制に分割し︑運搬夫等にかれらの二

方にまたがる長時間の労働日を課した︒こうして採炭夫のもとに少年運搬夫その他の補助労働者を従属させ︑入職少

年が高給採炭夫に達するまでに多数の段階を経由し少数の者だけがそこに昇進する厳格な昇進制度と職能序列を発展

させた︒とうぜん︑昇進ルートにのらない低賃金補助労働者の数も増大した︒その結果︑職種間に顕著な賃金・労働

諸条件の格差が形成された︒採炭夫の地位は︑その性格からしてクラフトマンよりオペラティブとしての紡績工に類

  パ ロ似した︒もちろん︑このような諸関係の形成は︑労働生産性と分断的労働支配・労資協調を発展させ︑賃金コストの

増大を抑制するものとして︑同地方の炭鉱資本の肯定するところであったであろう︒このような関係を支えた残柱式      ︵4︶採炭は︑同炭田では第一次大戦にいたるまで支配的に維持された︒同大戦直後でも同炭田の採炭夫は︑ ﹁他の諸地区      ハ レの坑夫を正式の坑夫としてよりはむしろ土方とみなしがちである﹂といわれた︒イギリス坑夫組合運動のなかで︑か

(10)

れらがもっともはやく安定的な労働組合組織を成立させることができ︑しかもかれらの組合運動がクラフトユニオン

に類似する排他性と労働貴族的な日和見主義の傾向をもったのは︑このような諸関係とかかわりがあったのである︒       ︵6︶ 一八世紀末まで大地主の炭鉱主に労働者を隷属させる生涯拘束制度が法制的に強制されたスコットランドの諸炭田

や︑産業革命以後急速に発展したイングランド中央部の諸炭田と南ウェールズ炭田では︑北東部の炭田のような関係

は形成されなかった︒生産と資本の集積度が低かったイングランド中央部と南ウェールズでは︑やはり残柱式採炭が

行われたが︑分業が発展せず︑採炭夫さえ不熟練労働者群に埋没した︒これらの地方では︑産業革命期に労働力不足

に対応して婦人・児童労働が増加した︒

 がいして企業規模が小さかったこれらの地方では︑タイン沿岸では一七世紀はじめにほぼ消滅したといわれる坑夫

による採炭団体請負制度が存続し︑産業革命後にはいわゆるバッティ・システム︵σ耳芝亀ω霊ヨ︶に変質し︑それが

普及していった︒バッテイ・システムは︑資金を確保した採炭夫が単独または二〜三人共同で炭鉱所有者から採炭を

下請し︑みずからかなりの採炭夫などを雇用し︑野蛮な監督によって採炭させ︑炭鉱所有者による出来高払いと輩下

の坑夫への日給支払いとの差額を搾取するものであった︒バッティは︑初期には坑全体の採炭を請負う場合が多かっ

たようであるが︑のちには長壁式炭鉱の一定の長さの切羽を請負い︑炭鉱所有者の支持をうけて一九世紀なかば頃普       ハマロ及し︑やがてしだいに衰退し消滅していったようである︒これらの地方では︑残柱式から長壁式への部分的移行が比

較的はやくはじまったようである︒長壁式採炭では残柱式と異なり切羽がながく︑多数の坑夫の協業が可能であり︑

監督も比較的容易である︒このような条件が︑バッティ・システムの普及を容易にしたであろう︒また︑小さな炭鉱

所有者が︑困難で費用を要する労働力確保と坑内労働監督を代行するバッテイ・システムを歓迎.支持し︑その導入

 一第一次世界大戦前のイギリス炭鉱業における賃金決定機構と労働組合運動−      五五

(11)

 1論   文一      五六

と維持をはかったのは︑とうぜんである︒

 一八世紀の暴動的一揆的性格をおびた諸闘争︑団結禁止法下の抑圧︑同法撤廃後の坑夫組合運動の勃興とそれに対

する治安判事制度を駆使しての迫害︑一八四〇年代におけるダラムとノーサンバランドを中心とする全国的な坑夫組

合組織の生成︑一八四四年の大罷業の敗北とその後の坑夫組合消滅など︑残酷な迫害とそれに対する戦闘的闘争に彩       パ ロられ浮沈にとんだ坑夫労働運動の史的展開はきわめて興味深いものではあるが︑論述を割愛する︒      パ ロ さて︑五〇年代末から一八七三年におよぶ炭価上昇傾向が︑坑夫組合の確立を容易にした︒たたかいのなかから一八

五八年に南ヨークシア坑夫組合︵ω霊9属︒詩ω匡お蜜ぎ段ω.︾ω80置菖8︶が成立し︵一八六四年確立説も有力︶︑      ハリロ六〇年代に恒久的な諸地区組合と全国組織が成立した︒一八六三年に︑衰退したボンド.システムの再強制に抵抗す

るたたかいのなかから︑ダラムとノーサンバランドにまたがる組合が誕生した︒しかし︑ダラム地区がボンド.シス

テムに屈服したため︑ノーサンバランドの坑夫たちはそれから分離して独自の組合をつくった︒屈服したダラムでは

組合が消滅し︑ 一八六九年にいたってようやく組合が復活した︒この両組合︵20誹言BσR寅&客ぎ段ω︑匡5轟一

〇〇旨薗︒導>霧8壁ユ8旧Uロ旨四目言置Rω.>の80置ユ8︶の指導部は︑ ストライキを嫌って労資協調につとめ︑      ハれロ炭鉱所有者による組合承認を求めた︒この二組合は︑同地方の四〇年代までの組合とは異なり︑採炭夫中心の排他的      せロな組合であり︑クラフト・ユニオンと類似の政策をとり︑炭鉱資本との協調によって未熟練労働者の犠牲のうえに採

炭夫の特権的地位を維持しようとした︒かれらの組織が中心となって︑ ﹁全国坑夫組合﹂︵Z緯一8巴>ωの9一〇〇二目9

00鼻=ヨ︒き鳥マ9竃冒oHω90お讐卑置ぎ︶という連合組織が一八六三年のリーズ大会で実質的に確立された

のであるが︑この大会で︑後年のダラムの指導者クロフォード︵妻屋富BO鍔毛8&︶は︑ ﹁かれの地区では八時間

(12)

      ハむロ法案を実施できない︒かれは少年に一日一〇時間︑成人に六時間労働させることを欲した﹂と議事録に記された発一言

を行った︒二〇世紀初頭まで北東部二組合が頑強に八時間労働日法案に反対しつづけたのは︑法定八時間労働日が︑

坑内労働における採炭夫の特権的地位を少年の長時間労働によって支え労資協調をはかる組合の排他的政策を︑根底

からくつがえすものであったからである︒

 別稿で分析されたように︑イギリス炭鉱業では︑一般に採炭夫の出来高賃金の決定を中心として︑賃金.労働諸条

件が坑別または切羽別に交渉され決定されたため︑坑夫たちは採炭夫を中心として坑レベルの職場組織である坑支部

︵且二&鴨︶に結集する傾向にあった︒超経営的な坑夫組合は︑この坑支部を基礎組織とすることになる︒坑夫組合

は︑この国のこの産業の地方・分散的な再生産構造と労働市場に規定されて︑地方.分散的に︑不均等に︑多様な過

程をたど2て形成されることになった︒それらの地区組合は︑炭鉱所有者の迫害︑バッティの妨害︑排他的労働貴族的       ハせレな北東部の坑夫組合による坑夫組合運動支配に制約されて︑弱小かつ分散的であった︒しかし︑それらの地区組合は︑      ハじロバッテイ制度廃絶のためにストライキをもってたたかうとともに︑坑夫代表が採炭出来高の坑口査定に立ち合い不

正をチェックする制度の確立につとめた︒この坑夫代表の坑口重量照査係︵O訂畠毛虫讐︒弓90げ①︒犀毛ユ讐日︒︒ロ︶

制度は︑一八六〇年法をはじめとする数度の立法と︑山元における迫害との頑強なたたかいのなかで獲得され︑かつ

て広範に行われた坑口での不正検量の廃絶に貢献し︑坑夫組合に多くのすぐれた職場活動家と組合幹部候補を供給す

ることに瓜額︒坑夫たちは︑じりじりとこれらのたたかいをすすめることによって︑職場における資本の恣意的専断

的な搾取と分断的な専制支配をつきくずし︑坑支部を強化・拡大し︑そのうえに坑夫組合を強化.拡大していったの

である︒  1第一次世界大戦前のイギリス炭鉱業における賃金決定機構と労働組合運動−      五七

(13)

 ;論   文−      五八

 労働諸条件に対する自律的規制力を有しないそれらの組合は︑鉱山保安取締り強化のみならず︑法定八時間労働日︑

坑口重量照査係制度など︑法的規制による労働諸条件の改善と資本の専制支配排除のために積極的に活動した︒ゆる

い連合組織である全国坑夫組合はもっぱら議会運動に偏り︑卓越せる創立者A・マクドナルド︵︾一〇首邑R匡8&・

冨匡︶亡きあとは︑セクト的な北東部の二組合の支配があらわになった︒市況変動はげしく︑資本がとくに保守的な

炭鉱業では︑争議が頻発し︑全国坑夫組合が争議支援を忌避したため︑それに対抗して争議支援と共闘を中心的目的

とする中央集権的組織﹁合同坑夫組合﹂︵>ヨ巴鴨日2&>器09讐一89三日震ω︶がランカシアを中心として創設

され︑おもに同地方以南の諸地方に支部を拡大した︒しかし︑それは︑大不況のもとで︑南ウェールズの争議を支援

したために受けた打撃を契機にして︑急速に衰退するにいたる︒

 ともあれ︑以下にみるように︑大不況による苛烈な試練をくぐって八○年代後半に坑夫組合運動が高揚し︑反動化

した全国坑夫組合に対抗してM・F・G・Bが成立し発展してゆくが︑それは北東部二組合による坑夫組合運動支配

の崩壊過程であり︑ランカシアとヨークシアの組合などへの主導権の移行過程である︒この北東部坑夫組合運動の地

位の凋落と孤立化は︑不均等発展による同地方炭田の優位の喪失と︑採炭方式の残柱式から長壁式へのぜんじ的移行

を背景としたのである︒

︵1︶

︵2︶︵3︶ βω.>号8昌四pα一・ω累犀窃一↓σoOo毘ぎ匹βωけ蔓oh野︒臣αq﹃け8p浮Oo旨呉ざぢNPb℃・幻一ωoo︷些oOo巴一且5窪ざ<〇一﹂HしOωρ署レ脇〜㎝9一9〜O仰 串ン↓g目口︒さ↓旨OoO且︒昌03老けFω貸ロ︒ε3四pα勺︒=oざ一8鉾℃℃﹂oo﹃〜oooo︒

 国譲〇一げ︒弩P↓幕蜜一器お.q三〇器ohZo旨ゴg日σR冨昌O口⇒αU彗3β一8ρ唱P一〜一〇〇

oo

盾潤̀OO.トq・20劫↓﹃o

馬>︐↓呉po5ま置こ唱P

(14)

  

@一〇〇〇〜OOい・O︒>●民poミぎωHp匹β雪ユ里国昌匹OoBBo弓9巴勾︒<o言ユ︒コの写O﹃o躰ω二砂鉱pα二目鳴けげ︒Z一昌箸︒︒目けげOo目︐

   け偉材鴫︸ 一〇㎝ω暫 ℃唱・ 刈O〜﹃一●

︵4︶甲︒︒﹂Φ<︒量穿・田け一ωゴ︒︒巴ギ銭ρ一8︒も論︒9

︵5︶国名︒ぎ︒目口﹂三江℃一S

︵6︶ スコットランドのいわゆる炭鉱奴隷制度については︑次のものを参照されたい︒↓.oゆ︑>ω拝8きα匂.嫁ぎ㎝腎一げ一ユ・唱マ

  

@﹃一〜ooN⁝いq一Zo許庁罷こ<〇一・目一℃P一㎝O〜0き︒国︑娼︒>﹃ロ05>国富8り団︒一什ゴ︒ωoo拝一ωけロ竃ぎ︒目㎝・一〇㎝ヌ︵>︻コo1

   ωoo三号三ぎ︒冨と略記︶Oマω〜一〇〇︑

︵7︶↓●幹>畳︒言温いω青ω葛一αも■一一ω一=■ψず︒β喜も℃・ωω?ωF験ふ9い揖間男薯︒慧御職︒のぎ

    什げO OO一 H昌α信ωけ同属︸ 一〇Nω幅 ℃℃Oω〜0●

︵8︶ たとえば次の文献参照︒冒野田mB目8ユ彗αω胃σ貰m=四目ヨ8阜↓訂の匠貸巴ピ帥げ︒彗R旨︒︒O一一〇︒8レ80旧θψ

  

@>ωぎ︒帥巳いω旨︒ω㍉甕・扇﹄.>旨︒円げ︒蚕昌︒話1>ぎ8昌︒=冨峯震の.問注︒§一8︒一9婁望砕身

  

@一〇〇〇︒Ol這一ρ這お︵>旨9﹂玄8<〇一﹂と略称yZ■国α名畦駐↓富田斡︒﹃﹃9浮oOo29薯︒︒一窃蜜﹃o目即ぢ8︸>ヨ9

  

@ωOO詳ぼげ蜜冒Oお国︐ゑ巴σoロ﹃P一玄阜⁝ρ国コαω・謹Oげげ↓﹃O=ぢ8﹃属oh↓目印αOqロ幽O艮ω日︸一〇NgF.エンゲルス﹃イ

    ギリスにおける労働者階級の状態﹄︒

︵9︶串︾9︒寮≧彗ぎ葦&︾和字︒言︒・8レ諄弩鴫︒3珪昌々§qぎ諺ωぎ8奮︒モ︒=し︒︒︒︒㌣§ρ

    一〇〇僻︸ O︒ 一q.

︵10︶ ゆ︒四目αo臨月﹁斡血︒︵いmげ︒ロ﹃Uo唱四耳目︒⇒けy 国︒℃o旨σ網什﹃oO琢︒︷■mげ︒β﹁Oo﹃﹃o¢℃◎昌匹︒コけoh什﹃o切︒ロ︻ユ︒賄↓り口αoo昌

  

@ 酒﹃﹃即αOqロ一〇Pω一口一80︑ 一〇〇一︑ 口唱・一膳〜一〇  >同コO一げ一匹<〇一︐H︸O唱・〜㎝㎝︒

氏j On国・宅O一げO¢︻旨唖一げ一α唱b層一〇刈≧一軒9

 1第一次世界大戦前のイギリス炭鉱業における賃金決定機構と労働組合運動−      五九

(15)

一論    文1      .       六〇

︵12︶ 鼻糞↓ξロR﹂三α・唱り一〇〇〇〜OO●

︵13︶ 宅︒σσしσ置こマωO●

︵14︶ ﹁この時期の炭鉱業労働組合運動のより一般的な不安定性は︑北東地方の坑夫たちの貴族的な諸傾向と結びついている︒﹂

  鍔>●↓ロヨR﹂獣α℃.HooO●

︵15︶ ﹁それは一連のストライキによって廃止された︒﹂甲ω●蜜<8ω﹂寓εマ器・

︵16︶ 採炭夫の出来高を認定するための会社代理人による坑口での採掘炭検量は︑罰金制度と結合して恣意的な搾取強化と専制

  支配の槓杆として運用された︒ウェッブは︑それに対する一八五九年の南ヨークシア坑夫組合の闘い︑一八六〇年法による

  チェックウェイアー︵Oぎ臭毛色讐R︶制度の不十分な法認とそれに対する資本の頑強な抵抗︑全国坑夫組合による議会運

  動︑一八七二年法による改善と一八八七年法による確立と一九一一年法による確認を指摘し︑そしてその制度が一方的恣意

  的検量を規制し︑分断的専制支配を制限し︑坑支部に常任の組合の活動家を提供してその強化・確立を促進し︑有能な組合

  活動家の潤沢な補給源︑その訓練所として機能し︑坑夫組合運動の強化・発展に測りしれぬ貢献をなしたことを指摘してい

  る︒︵R・≦害ダま一α・署・ωO躯〜ω8︶典型的な南ヨークシアの歴史的事例について︑宰彗犀言8露P↓ぼ嘱95げ冒︒

  蜜ぎ︒田1>霞幕gざ ぎド一這㎝oo︑℃Pω8〜器Oを参照︒

二 販売価格スライディング・スケール協約の成立と展開

 世界市場独占の基礎上で︑イギリス労働組合は組織力をますとともに資本によって肯定されるべき性格をまし︑六

〇年代以降使用者たちによってひろく労資協調的団体交渉の相手として承認される︒炭鉱業では︑まず南ヨークシア

坑夫組合が︑書記長ノーマンセル︵甘﹃29葺き器εの指導と掌握のもとに一八六六年以降炭鉱所有者側と団体交

(16)

渉関係に入った︒所有者たちがこの組合を承認むたのは︑この組合が組織的に定着し交渉力をまし︑しかもノーマン

セルの指導のもとに中央集権的労資協調的交渉が可能となっていたからである︒ここでは︑一般的賃金を協議し規

制するとともに個々の炭坑の紛争を処理する労資の﹁合同委員会﹂︵喜8︒§蜂︒︒︶︑菱.び苦情﹁付託制度﹂

︵毯き︒寒畳︒§︸︸︶が用竃敷・イサンバランドのfト︵ぎヨ四ω穿け︶とダラムのクロフオト

は︑労資協調的政策によって組合の承認を求めていたが︑ノーサンバランドの組合は一八七一年に︑ダラムの組合は

翌年に承認された︒ここでは︑より明確な仲裁機能をもつ﹁合同委員会﹂が︑労資協調的な団体交渉ロ調停仲裁機関        ハ ロとして活動しはじめた︒

 イギリス炭鉱資本は︑販売価格スライディング・スケールによる賃金水準規制を基本的な賃金政策とした︒その原

因としてつぎのような関係があげられるであろう︒イギリス炭鉱業では︑資本の有機的構成がとくに低く︑生産費に

しめる賃金コストの比重がきわめて高かったため︑賃金をめぐる労資対抗関係が鋭かった︒そのうえ︑イギリス炭鉱

業は︑輸出炭田を中心に世界市場に決定的に依存したので︑輸出炭田を中心に市場の諸条件の変動と石炭価格の変動

がはげしく︑はげしい炭価変動が資本蓄積行程を撹乱し︑とくに投下可変資本量の変動をはげしくし︑その結果とし

てひんぱんにはげしい賃金闘争を誘発した︒このような事情のもとで︑炭鉱資本は︑輸出炭田を中心に︑労資協調的

に賃金水準の調整と抑制をはかるために︑販売価格スライディング・スケールによる賃金規制を頑強に追求すること

になる︒しかも︑分数的で集団的統制力にとぼしい炭鉱資本は︑この賃金政策課題を坑夫組合組織をとりこんで追求

するために販売価格スライディング・スケール協約の締結と強制をはかり︑それによってあわせて幼弱な諸坑夫組合

の去勢・御用組合化をはかることになる︒

 一第一次世界大戦前のイギリス炭鉱業における賃金決定機構と労働組合運動−       六一

(17)

 1論    文−      六二

 販売価格スライディング・スケール協約は︑一八七三年にはじまり一八七九年に底をついた大不況による石炭価格       ︵3︶暴落の時期に︑地区別にほぼ一般的に導入される︒同協約展開の全過程をいち目すれば︑主要な諸炭田中ダラム︑ノ

ーサンバランド︑南ウェールズにおいてそれがもっともながく行われたことが明らかである︒南ウェールズでは一九

〇三年まで行われた︒世界市場に決定的に依存するこれら輸出地区において石炭価格がもっとも激動し︑同協約が導

入・維持されるべき経済的必然性がもっとも強力に作用したのである︒

 ノーサンバランドとダラムでは︑組合指導部が価格下落による賃金下落にもかかわらずスライディング・スケール       パ レの導入を歓迎し︑所有者側と協調して最低賃金に反対した︒

 定着しつつあった合同坑夫組合の南ウェールズ支部を粉砕しようとした一八七四年の賃下げを要求してのロックア

ウトは︑坑夫たちの抵抗の敗北に帰し︑坑夫側がスライディング・スケールの導入と一二・五︒ハセント賃下げを申し

出たことにより︑五ケ月後に妥結した︒この過程で指導権を握るにいたった自由主義的労資協調派は︑熱烈に﹁労資

間の利害一致﹂を説き︑所有者側に自発的に同調して最低賃金に反対し︑販売価格スライディング・スケールを擁護

 ︵田︶した︒      ハ ロ 例示のために︑一八七五年に締結された第一次南ウェールズ・スライディング・スケール協約を抄訳して紹介すれ

ば︑つぎのとおりである︒

  南ウェールズ炭坑協会評議会と協会内の炭坑の労働者側代表団とのあいだで一八七五年五月二八日に締結され︑一八七五年一

 〇月二八日付で他の協約によって修正された協約にもとづき︑つぎのことが同意された︒五月三一日以降九ケ月経過後︑前記諸

 炭坑における賃率のいかなる変更も︑石炭の販売価格によって規制される賃金のスライディング・スケールに従うべきである︒

(18)

そのスケール計画は一〇人の合同委員会によって協定されるべきである︒同委員会は賃上げ︑賃下げの通告がなされる前に会合

を開くべきであり︑そしてもしも合同委員会がかかる賃金のスライディング・スケール計画の基礎またはその細則に関して決定

することができないならば︑解決を仲裁者に付託すべきであり︑かれの裁定は最終的なものとされる︒いずれかの側の六ケ月前

の解約予告によってスライディング・スケール協約が終結されることが︑この計画の一条件とされる︒

 ︵合同委員会一〇名の氏名︑中略︶

 われわれ合同委員会は︑われわれに付託された諸問題に関連し︑それにもとづいてわれわれが決定すべきである事実と事情を

十分に調査・検討し︑かかる諸協定およびわれわれに付与された権限に従って︑基礎︑計画またはスケール︑および後記のその

細則に関して全会一致で協定に達したので︑ここに最終的決定として公表する︒

 ω 若干の炭坑で支払われるべき最低賃金は︑一八六九年に同炭坑で支払われた価格の五パーセント増とする︒なお︑それは

イギリス・トンで調整され︑つぎのように決定される︒

 スチーム炭炭坑については︑アバデア谿谷の上四フィート炭層の採炭価格を基準とする︒

 マンマスシアとカェアピリ地区の瀝青炭炭坑についてはミニディスルインおよびティラリ炭層の採炭価格を基準とする︒

 クロスハンド︑カリフォアニア︑カウダおよびヘンダフォガンの炭坑を除き︑ニースおよびスウォンシー地区の全炭坑をふく

むグラマガンシアの瀝青炭炭鉱に関しては︑第三ローンダ炭層の採炭価格を基準とする︒

 ω 若干の炭層⁝⁝すなわちアバデア谿谷の上四フィート炭層︑ミニディスルインおよびティラリ炭層︑第三ローンダ炭層に

おいて支払われる賃金の最低基準は︑前述のように︑一八六九年にそれらについて支払われた諸採炭価格に五パーセントを加え

たものであり︑それらは︑カーディフ︑ニューポート︑スウォンシーの諸港から積出される数銘柄の炭坑選炭済塊炭のつぎの最

低正販売価格に対応する賃金とする︒

  スチーム炭    一トン当り二一シリンダ

ー第一次世界大戦前のイギリス炭鉱業における賃金決定機構と労働組合運動一■       六三

(19)

1論    文1    .      六四

  密旨三会ωξ旨の且目一げ↓網Oo巴一トン当り一一シリング

  Z900閃ぎ且鼠Oo巴一トン当り一一シリング

 ③ 前記の最低販売価格︑および最低採炭価格と最低賃金は︑臨時的生計費︑屋賃等に関する労働者たちの全要求も︑炭鉱規

制法による採炭費増加に関する所有者たちの諸要求をもふくむものとする︒

 ㈲ 下記のごとく決定される一八七六年一月一日以後支払われる賃金は︑つぎのスケールによって規制される︒すなわち︑カ

ーディフ︑スウォンシー︑ニューポートの諸港から積み出される炭坑選炭済塊炭にたいして得られた諸平均正価格が第二条にお

けるそれぞれの最低価格を一トン当り一シリング越えるとただちに︑その後の六ケ月間労働者たちに支払われる賃金は︑最低賃

金の七・五パーセントひき上げられ︑最高限二﹈シリングまで販売価格が各一シリング騰貴するごとに同じように七・五パーセ

ントひき上げられる︒⁝⁝そしてさきに第二項で述べられたニヲリング・ネットおよび一一シリングの最低まで︑賃金はまた

同じスケールに従ってひき下げられることが了解された︒

 ㈲ 一八七五年の一一月と一二月にカーディフ︑スウォンシー︑ニューポートで積み出される数銘柄の炭坑選炭済塊炭の平均

販売価格は︑一八七六年一月一日に始まり六月三日に終る六ケ月間︑前記のスケールに従って支払賃金を決定するものとする︒

その期間の終り︑および一二月一三日と六月三〇日で終るその後の各半年間の終りに︑所有者たちの帳簿は︑所有者たちと労働

者たちによって任命される会計士たちによって監査されるものとする︒そして先行する六ケ月間に⁝⁝船積み価格として得られ

た平均正価格は︑つぎの六ケ月間の賃金を決定するものとする︒

 ⑥ 前記の諸炭層を採炭する諸炭坑において︑指示された若干の基準によっていかなる賃下げまたは賃上げがなされまうと

も︑⁝−若干の炭層において現存するものと同じ相対的賃金が維持されるように︑それらの炭坑が属するグループに応じて同じ

百分率の賃下げまたは賃上げが協会内の他のすべての炭坑に適用される︑ということが了解された︒

 ︵署名者名略︶

(20)

 この協約は︑船積み価格を販売価格とし︑特定の最低販売価格に対応させて最低の採炭賃率を特定し︑横断的協約

賃率︵一般的賃金頭︒口R鉱名品︒︶の水準を販売価格の騰落に協定スケールに従って自動的にスライドさせ︑一八六

九年に各炭坑で支払われた賃率を基準賃率とし︑それに附加されるその百分率の変動によって協約賃率水準の変動を

表現するものであった︒合同委員会は炭価と百分率の変動を確認するにとどまり︑団体交渉の余地はほとんどなかっ

た︒各合同委員会の調停仲裁機構によって争議防止をはかり︑坑夫組合の賃金闘争機能をその自動的賃金決定機能に

吸収して坑夫組合の去勢と解体をはかっている︒持続的な価格下落を特徴とする大不況期に販売価格スライディング

・スケールを採用したことは︑賃下げを保障するものであった︒ここに規定された最低採炭価格はほとんど最低賃金

としての機能をはたしえず︑大不況下における﹁底なし﹂の賃下げが制度的に用意されたのである︒

 南ウェールズの協約は︑さらに一八八○年に改悪され︑一八六九年賃率より低い一八七九年賃率を基準賃率とされ︑

      パフロ基準以下への賃下げが承認された︒また︑ ﹁ダラムの最初のスケールが最低を有したことは事実であるが︑第二のも       ハ ロのは有しなかったし︑ヨークシアとミッドランドのそれらも大部分有しなかった﹂といわれる︒たしかに︑ダラムの

一八七七年のスケールは最低をそなえたが︑不況のなかでその最低さえ破られた︒一八七九年所有者側が最低のない

新スケールを提案したとき︑坑夫たちはそれにストライキで抵抗したが︑クロフォードは最低のないスケールを呑ま       ハ ロせ︑その後も最低賃金原則を放棄しつづけた︒ ﹁これらのスケールには︑賃金がそれをこえて下落しえない限界がな

かっ船団と︑ローが正当に総括したが︑この点に炭鉱資本の要求のもっともあらわな貫徹形態がみられ︑生活賃金

最低賃金原則に対立する販売価格スライディング・スケール協約の決定的な特徴がある︒

 大不況期におけるこれらの協約の実施は︑諸坑夫組合の勢力弱化に依拠して行われ︑やがてそれらの組合をほとん

 −第一次世界大戦前のイギリス炭鉱業における賃金決定機構と労働組合運動−       六五

(21)

 一論    文一      六六

ど壊滅状態に追いやり︑底なしの賃下げによって坑夫たちを飢餓的窮乏に追いやった︒南ウェールズでは︑一八八七年

末までに賃率が一八六九年のそれの七・五︒パーセント減となり︑坑夫側の組織的活動としては︑スライディング.ス

ケール委員会の坑夫代表を選出し︑その費用を組合費として会社を通じて強制的に控除するだけとなり︑坑夫組合の      ︵n︶組織と活動は実質的に消滅した︒一八七三年に通常一日九シリンダー・五ペンス稼いだノーサンバランドの坑夫の賃

金は一八八○年に一日四シリング九ペンスに低下し︑組合員数も七五年の一七︑五六一人から八O年の一〇︑七〇七人

に減少し︑ダラムでは︑組合員が三万八千人から三万人に減少した︒同地方では︑失業増大と労働組合弱化のもとで︑      ハレロ協約を無視した個別的賃下げが進められ︑引き下げられた協約賃率さえ事実上最高賃率に転化された︒この傾向は︑

他の諸地方でも同様であったであろう︒他の諸炭田の組合弱化ははるかに深刻であり︑たとえばヨークシアでは︑就

業者六万人中組合員は二八○○人に減退した︒一八七九年には合同坑夫組合が消滅した︒ランカシアのごときは︑当      ハロロ時約二〇の小組合に分裂していた︒

 このような労働者状態の悪化は︑必然的に不満と批判を増大させた︒間接的に確認できる批判の一つは︑これらの       パせロ協約による賃金の暴落に対する坑夫達の﹁底なしだ!﹂という批判である︒また︑販売価格が﹁炭鉱所有者の賃金支

払能力﹂の唯一の指標ではなく︑販売量の増加によって︑さらに南ウェールズでは協約から除外された粉炭の価格騰       ヤ   ヤ貴によって利得をえているという批判︑またこれらの協約によって容易にされた賃下げをてことして低価格販売︑販       ︵15︶売量増加がはかられているという批判︑が行われた︒

 一八八○年代初頭の短い市況好転期に︑輸出価格変動の影響がすくなく︑労働諸条件が輸出炭田ほど極端に多様で

ないという条件をもつイングランド中央部において︑わずかながら坑夫組合運動の前進がみられた︒一八八O年にダ

(22)

ービとノッチンガムに新しい州組合が結成され︑翌年ストライキの波のなかからランカシア坑夫連合が誕生した︒そ

の年︑ヨークシア坑夫組合が新スケール協約の締結を拒否し︑スライディング・スケール反対でそのあとに続いたラ

ンカシアと提携して周辺の諸州組合を賃上げのための統一闘争に組織し︑全般的賃上げを獲得した︒

 しかし︑ふたたび市況が悪化し︑賃下げと組織破壊の攻撃がすすみ︑それに抵抗しようとする坑夫たちの統一闘争

の試みはつぎつぎと挫折した︒組織弱化のもとで︑.労働日短縮による石炭供給の制限によって利潤と賃金の増加をは       ︵16︶かるかれらの政策も︑成果がなかった︒坑夫たちは︑極度の窮乏のうちに苦難の数年を過した︒

 窮乏化のもとで︑スライディング・スケールに対する反対がいっそう増大した︒一八八五年にスライディング.ス

ケール反対︑八時間労働日の確立を目的として︑ ミッドランド坑夫連合︵蜜窪きα蜜ぎ︒お.国a忠讐一8︶が結成さ

 ハルロれた︒W・アブラハム︵≦∈壁目︾σ睡冨ヨ︶らの協力に支えられて︑ スライディング.スケール協約が維持された       ルロ南ウェールズでも︑それに対する反対と統一の要求が増大していった︒ノーサンバランドとダラムでも︑最初からス

ライディング・スケールに不満をもったといわれる坑夫たちの同密約と組合指導部の労資協調的政策に対する反対が       パのロますます増大し︑抑えがたくなっていった︒

︵1︶

︵2︶

︵3︶︵4︶

︵5︶ 蜀寓即︒臣Pま盈G廿PooO〜ω㎝一■国・譲︒一σo仁構Pま置昌唱マ旨㎝〜ω9一㎝〜㎝P≦o喜﹂獣8℃マお㎝〜8の一覧表参照︒譲︒げダ一玄ユPωO一国●名〇一σo¢旨︑等箆Ob.一ミ〜oo一.Z︐国α箋貰αω︑一σ一α℃P①oo〜謡階噴9000〜ooS

1第一次世界大戦前のイギリス炭鉱業における賃金決定機構と労働組合運動1六七

(23)

1論

︵6︶

︵7︶

︵8︶︵9︶

︵10︶︵n︶

︵12︶

︵13︶︵14︶

︵15︶︵16︶

︵17︶

︵18︶

︵19︶       文一同協約全文

izい顕界客

閃︒αo田鼠◎ロ

  国・  ︾﹃po

三山〇三P

匂︒く︒屋

一〇<opω︑

︾旨05

国︒類︒幅

Z与φ

山ハ

  

@ 

@ 

@2︒臣器三ωし琶・もマ謬〜曾>ヨ︒こ甕■モ︒=℃℃・︒︒︒︒もρ

国α類国包ωし露α℃Pミ●

ω鼠三亀一︒<︒β日箒甲淳一跨Oo包⇒呂︒し8ρo●&︒・

零〇一σO信目口層一げ一αこ ℃℃︑ 一〇一〜一〇僻︑

髯男■国︒毒︑項諾窃ぎ菩︒Oo四二且島貫ざ一︒卜︒ω︑マωρ

田蓄墓﹂匿もp︒︒︒〜︒︒ご閑賢>3︒ω︒§壽一窃峯︒︒お一>浮什︒q︒コ訂ω︒旨ぎ一︒ω霞・︒話

  

@ 

@一︒︒︒︒︒ム︒一合目︒︒刈も﹄﹂ω︑曾蝉壽びダぎα・の三巴u昏8§ざ一8︒も℃・馨ム一・

≦︒き2旨し玄負箸﹂OどNω癖・

  

@ 、一ぎ一﹂一℃P津〜ド 一八七八年当時︑南ヨークシァ坑夫組合は最盛時の三分の一に組合員が減少し忙︒ 問

   一三αPホ・

    曲げ一α ℃︑00.

  

@ 

黷㍽Rも︒●お?8︸罫u︒σダゑ山鵯ω﹂︒㎝9もマ︒︒甲ω︒

    一三α<︒一﹂もp8〜ミ一白︒σσ﹂三α箸ω8〜︒︒︒甲

   一三αこマ︒︒伊

田番aω㌦匿こ署︒︒?ご>旨g︑ω2些ゑ匹田峯器﹃㎝も・N︒︒︷■

名〇一σo霞7葦α箸﹂ooN〜N一・

M

F G

Bの成立

(24)

 地方・分散的に生成した諸地方組合を個別的に分断的にとらえた販売価格スライディング.スケール協約は︑大不

況下に石炭価格暴落の重圧を坑夫に転嫁し︑坑夫組合の去勢・解体を促進して資本の分断的専制支配を強め︑坑夫の

窮乏化を促進した︒このような現実は︑スライディング・スケール協約の廃棄︑分散.弱化した坑夫組合運動の再建

と統一強化・全国的組織結成の欲求を増大させた︒しかし︑一八八五〜八七年にくり返された試みは成功しなかった︒

ダラムとノーサンバランドを拠点とした全国坑夫組合の指導部は︑とくに八時間労働法の要求に反対し︑スライディ

ング・スケールを固執して︑イングランド中央部の諸組合と対立した︒窮乏にあえぐ坑夫大衆の状態を改善するため

には︑自由主義的労資協調体制とその一環たるスライディング・スケールに反対し統一闘争を遂行する統一行動組織

の確立が︑不可欠であった︒その条件はイングランド中央部の諸炭田においてもっとも成熟しつつあった︒この地方

の諸組合は︑バッティ・システムとたたかってそれを後退させていた︒ここでは国内市場への依存度が高いため︑輸

出依存度の高い炭田より炭価変動が小さく︑スライディング・スケール協約の廃棄がより容易であり︑坑内諸条件が       ハエロ比較的類似し︑地理的に近接したため︑統一行動を組織しやすかった︒さらに︑工業地帯と隣接したため︑工業労働

者の新組合主義的動向の影響をうけやすかったであろう︒

 一八八八年夏以降︑急速な石炭価格の騰貴︑生産増加︑労働力需要の増加︑失業減少︑炭鉱への農村労働力の殺到

が生じた︒同年八月︑賃上げを拒否されたヨークシアの坑夫たちは統一闘争を決意し︑ヨークシア坑夫組合の書記長

ベン・ピッカード︵初雪=oざ旨︶が一〇︒パーセント賃上げのための統一闘争を準備する会議を︑ ﹁現在スライディ

ング・スケールから解放されている全坑夫﹂に呼びかけた︒ランカシア︑ダービ︑ノッチンガム︑レスタシア︑スタ

tリングシアの諸組合とミッドランドの五小組合の参加をえた大会は︑一〇パーセント賃上げ要求を提出すること︑

 1第一次世界大戦前のイギリス炭鉱業における賃金決定機構と労働組合運動t       六九

(25)

 1論   文−      七〇

拒否に対するストライキを全体で支援することを決定した︒デンビとヨークシアのストライキをへて︑全般的に一〇

パーセント賃上げが獲得された︒この最初の画期的な統一闘争は︑ピツカードが︑ ﹁われわれは統一によって賃上げ

をえた︒われわれは統一によってそれを維持するだろう﹂と総括したように︑統一の重要性を認識させ︑統一組織の

礎石を築いた︒ランカシアの提案で開かれ︑ダラムをのぞくすべての地区代表が参加した翌年三月の坑夫全国大会

は︑一〇︒パーセントの賃上げを要求する闘争を決定した︒要求を拒否されたランカシア︑サマセットなどは︑非組合

員にも争議手当を支給してストライキをたたかった︒その結果︑大部分が二回分割払いではあるが︑全地区が一〇︒ハ      ハ ローセント賃上げを獲得した︒

 このような統一行動の発展を基礎として︑一八八九年二月二六目開催の大会は︑ ﹁本大会はここにグレイト.ブ

リテン坑夫連合︵寓言Rω︑閃8R跨一990話髪切ユ壁貫︶の結成に同意する﹂︑という歴史的決議を採択し︑全会一

致でつぎの七項目の目的を決定した︒①基金の設置︒⑧職業と賃金の検討︑坑夫全般の擁護︒⑥鉱山立法の確保︒㈹

職業・賃金および立法問題に関する大会の召集︒⑤入坑から出坑まで八時間の坑内労働日の要求と獲得︒⑥三名以上

の災害死亡事故に際し審問を扱い監視すること︒①三人以上の死傷に対する補償獲得︒この結成に参加したのが大部

分イングランド中央部の諸組合であったのは︑とうぜんである︒

 さらに︑同大会は︑参加したすべての地区において一律一〇パーセントの賃上げを要求し︑拒否されたばあいスト

ライキに入ることを決定した︒その結果︑二週間以内に三小地区をのぞくすべての地区で要求が達成された︒同年一

二月に全国坑夫組合と訣別したM・F・G・Bは︑翌年一月の第一回年次大会をへて︑二月一五日に全坑内労働者に

ついて一〇パーセントの賃上げを獲得するための統一闘争を決定した︒交渉決裂にともない︑ヨークシア︑ランカシ

(26)

1第一次世界大戦前のイギリス炭鉱業における賃金決定機構と労働組合運動−

第 1 表

縷羅羅驚灘難器棚繍罷

採炭夫 の 賃金

坑 口

a56887666556709877679888891010

船 積

畦畔をこえる

百  分  率 一連合地域

&14303107010114710438311301111㌧22120 &810121210910988910161312UH10101212H11n121313 蜀1501943909669270610882847106

d     −      

m2・舶㈹犯菊月3・3・3・賜菊覧6・兜菊船舶菊男男児知和男あ茄

トド部ツ  一コンスラ西

ぎ委孤段兜珊︒・兜舞舞講話釜講乃

1879年をこえる百分率

ンドサンーラノバ

ダラム

弩2・舞2・2・珊巽藩論叢叢修講舞舞鍔元 才蜀劣劣悪鐙甥垢珊珊珊珊隅隅鰐弱甥瑚弼6・甥

南ウェ ーノレズ

設珊珊場2・珊ぽ珊2・3・曙眠僻甥珊3・珊6・6・珊穿珊6・兄

      1

離調

100万 トン

H℃

s驚援瀦叢揚幕㌶霧鍛矧鍛㌶懇

Colliery Year Book,1926,pp.665,712.

(R.P.Arnot,The Miners,vo11,P・303より転載)

(27)

 一論   文−      七二

ア︑ダービシア︑レスタシアの一一万人弱の坑夫が統一ストライキを決行した︒所有者側の申し入れにより︑三月二

〇日︑M・F・G・Bと関係全地区の所有者側代表団とのあいだで初の統一交渉が開かれ︑即時五︒パーセント賃上

げ︑八月第一週に五パーセン賃上げという分割賃上げの条件で妥結した︒M・F・G・Bを成立させた積極的な統一

賃金闘争の発展は︑第一に四〇パーセントという大幅賃上げを実現した︒ちなみに︑炭価︑採炭夫賃率︑生産高の推

移を概括的に示す第1表を転載する︒さらに︑積極的な統一賃金闘争の推進は︑M・F・G・Bに結集したイングラ

ンド中央部の︑のちに﹁連合地域﹂︵勺︒αR讐a湊8帥︶とよばれた広い地域における一般的賃金︵鴨目窪巴名品︒︶      パ ロを規制する統一交渉の当事者として︑M・F・G・Bを承認させたのである︒

 統一闘争を通じて統一行動のための連合組織としてM・F・G・Bが確立する過程は︑同時にそれに参加した諸地

区坑夫組合の確立と強化を可能にした︒とくに︑それまで坑支部という職場組織が稀薄で弱体であった地域で︑その確

立をうながした︒たとえば︑ダービシアでは︑それまで大部分の炭坑で団体交渉による出来高単価表の協定が行われ

ておらず︑切羽労働者さえ大部分が恣意的搾取をうけていた︒ダービシア坑夫組合︵ORσ窃窪お寓冒︒お︑︾ω80壁ー

ユ8︶は︑一八八九年からすべての炭坑に協定単価表を導入するキャンペーンをはじめ︑しだいにそれを拡大してい

 ハィロつた︒また︑一八八九年以前には︑どの地区でも︑坑支部と坑夫組合が切羽労働者しか組織しておらず︑他の坑内労

働者とほとんどすべての坑外労働者が未組織のままであり︑したがってまた炭鉱所有者の恣意的搾取にさらされてき

た︒ところが︑後述の一八九四年協約締結時には︑M・F・G・B傘下諸地区組合が多くの坑外労働者を組織してい

ハ りた︒それゆえ︑M・F・G・Bの成立は︑諸地方組合の産業別連合という方向においてばかりでなく︑それを通じて

全職種包括的な産業別組織化という方向においても︑イギリス炭鉱業における産業別組合成立の端初を成したのであ

(28)

る︒ M・F・G・Bの生成・確立期は︑大不況のもとでのイギリス労働者階級の特権的地位の動揺と窮乏化︑社会主義

の復活と一八八九年を画期とする新組合主義運動の発展の時期にあたり︑この頃︑自由主義的労資協調政策に対する      ロ批判と新組合主義的気運が高まっていた︒ ﹁社会主義団体に参加した坑夫の数は少数にすぎなかった﹂が︑組合組織

の解体がもっとも深刻な諸州でその影響がもっとも大きく︑組合員大衆の絶望的な状態と変革を求める気分の増大が      パマロ組合指導者たちにも影響したというアーノットの論述は︑納得的である︒このよゲな基盤のうえで︑ブルジョア的な

思想と政策に埋没した旧組合主義者の政策に反対し︑統一闘争をもって生活賃金をかちとるM.F.G.Bが成立し

たのである︒それゆえ︑M・F・G・Bの成立は︑部分的には社会主義の復活や新組合主義に影響されたのではある

が︑その直接的結果ではなく︑むしろそれらの土台となった労働者状態の悪化と自由主義的労資協調主義への不満.

反発︑具体的にはスライディング・スケールに対する反対などを基盤とする多分に自然成長的な闘争発展の成果であ

ったであろう︒とはいえ︑M・F・G・Bの成立は︑深刻な窮乏状態にあった坑夫大衆の切実な諸要求を出発点と       ハ ロし︑ピッカード会長の熟練坑夫だけを擁護するセクト的姿勢にもかかわらず︑客観的には全炭鉱労働者の統一を指向

したのであるから︑すくなくとも客観的には新組合主義と共通の階級的契機を有し︑両者の結合は比較的容易であっ

た︒しかし︑M・F・G・Bが新組合主義に合流するには法定八時間労働日問題という政治的契機を媒介にしなけれ

ばならなかった︒

 地主的土地所有によって制約され︑有機的構成が低く絶対的剰余価値生産の要求がしれつな炭鉱資本が︑長時間労

働日を強制しつづけ︑さらに坑内労働がもっとも危険かつ肉体消磨的であるため︑坑夫の労働日短縮要求はとくに強

 一第一次世界大戦前のイギリス炭鉱業における賃金決定機構と労働組合運動一      七三

参照

関連したドキュメント

治庶路(4日間),三菱日東美唄(59日間), 北炭系全山(21日から 60日間)など (同

労働組合法 14 条は、 「労働協約の効力の発生」という見出しの下、次のように規定してい

条件が組織労働者の賃金・労働条件の一層の改善のための重石となることを排除することにあ

労働者の質の違いに応じた職階の割当

  *吉村励氏は,機械制工業のもとにあっても「成年男子の労働力か,依然として,社会的平均労働力とし

賃金、報酬、給与とは (労働基準法の賃金) この法律

AFL-CIOのサイトが日本の労働組合のホームページと違うのは,訪問者に対しその場で,何らか

組合の「弱さ」を前にして、政府が分配面から労使関係に介入して「労使妥協」を図ろうとする試