• 検索結果がありません。

マレーに於ける労働組合運動

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "マレーに於ける労働組合運動"

Copied!
19
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

マレーに於ける労働組合運動 39

マレーに於ける労働組合運動

前  川  忠  良

第一三 野二章 第三章 第四神 号五章

マレーに於ける社会構造と労働組合運動

印度人:Namyanan

マレー人La血Swee

申国人Lim Chin Siong

労働組合運動と政治情勢

第一章 マレーの社会構造と労働組合運動

(1) マレーシヤはシンガポールとともに,マレー人,中国人,印度人その他からなる複合 民族国家である。マレーの原住種族には,ニグリート,サカイ,プロト・マレイヤンの三 種族が残存し,マレー入自らもスマトラから移住して来たものといわれているが,マレー の人口はマレーの資源開発に伴って急激に増加して来た。1911年267万人にすぎなかった:

マレー半島の入口は,1941年560万人。1964年791万人に増加し,シンガポールを含めると 973万人に達する。

 これを民族別に見ると,1953年統計によれば,マラヤ連邦内入口570万人申,中国人215 万入,マレー人280万人,印度人67万人であり,シンガポールでは,112万人中,中国人86 万人,マレー人14万人,印度人8万人であり,1964年統計では,マレー半島791万人中,

申国人287万人,マレー人391万人,印度人86万人,シンガポールでは,182万人申,中国 人136万人,マレー人25万人,印度人15万人と増大する。

 これらの申,申国人,印度人の人口増加は,マレーに於ける錫産業,ゴム産業の発達に 伴う,中国本土及び印度からの労働移民であり,マレーの経済的発展は,主として中国人 に依存する面が大きい。

 彼らは出稼人であったため,移入する者と同時に本国に帰還する者もあり,人口もかな り流動的であったし,現在でもマレー,シンガポール内で流動する人口は相等数(約10%〉

あると考えられている。中国人,印度人は中国本土や印度からの出稼人であったために,

男女の人口比は極めていびつであった。1921年には,中国人男子84万人に対し,女子32万 人,印度入男子33方人に対し,女子13万人であり,1931年に於ても,その不均等は或程度 緩和されているが,同様の傾向が見られる。

 かくの如く,複雑な民族構成が国内の政治,経済その他,凡ゆる面に種々の影響を与え,

労働組合運動についても同様であることは否定し得ない。

(2)

 民族の差異,従ってまた,言語の相異,宗教の相異が,世界的な政治,経済の複雑な情 勢を反映し,更に思想的問題の介入は,事態を益々複雑な問題として現われさせる。

 こ〜に一応,マレーに於ける諸民族の職業についてのおおよその傾向を見ることは決し て無意味ではないだろう。

 マレーは謂ゆる華僑の最大の中心地であり,南洋全華僑人口800万乃至900万人の申,

マレーシヤには380万を擁し,特にシンガポールは136万人を数える。その他,タイ国 260万人,インドネシヤ,比島,印度支那半島等に及んでいる。中国人は民族的団結が強

く,東南アジアに於ける経済的支配力は極めて大きいと云わねばならない。彼らは仏教,

儒教を信じ,錫鉱山の開発,ゴム農園の開発等に伴って苦力として移入して来た。もちろ ん,商人資本としてマレーシヤに進出する場合も多いが,次第に蓄財し商人として都市に 蝟集し,製造業,会社事務員等各種産業に進出しており,現在もその勢力は見逃し難いが,

マレーに於ける錫鉱山の初期の開発の多くは,華僑によって展開されたと云って良い。

 しかし,300年にわたる植民地化による欧州人の経済的支配と比較すれば,尚相等の開 きがあることも事実である。例えば,ゴム・プランテーションに於ける所有面積は,5.5 百万エーカー中,欧州人が83%に対し,中国人は14%にすぎないし,錫鉱山に捨ても,そ の全牛堀量の50%が欧州人によって生産され,かつて優位を誇った中国人によるそれは40

%以下に低落して来た。

 また,その原鉱の販売先である錫製錬会社は欧州系のEastern Smelting Co.と,中 国系のStraits Trading Co・によって行われるが,貿易部門に於ては欧州系が圧倒的で あり,中国人はその下請機関としての集荷及び配給販売の役割に甘んじているにすぎない。

また一般製造工業部門や銀行会社等の事務部門に於ても,その占める地位は一般に高く,

かつ全従業員の80%乃至90%に及ぶ場合が多い。中国人は一般に勤勉であり,教育水準も 高く,商才にとみ,マレーに於ける申堅層以上の地位を構成している。

 印度洋は中国人と同様移民による増加であるが,英国政府がその植民地支配の時代から,

マレーの開発に印度人労働者を歓迎する移民政策をとって来た。彼らは印度南部から移住 したタミール族等を申心とし,主としてゴム栽培業に従事しているが,ペラ州に於ける錫 鉱山労働者も多い。都会に於ては,道路人夫,ガードマン等低級労働に従事し,小売業を 営む者も多い。

 特に彼らは,語学に於て秀れた才能をもち,弁護士,学校の教師,労働組合の幹部等に 多いし,また,マレー生れの印度人には,Chettiesと称する高利貸業者が居る。

 しかし,印度人社会には,,今なお,カースト制が強く残存し,身分,職業を支配し,掃

除人は掃除以外には,料理人は料理以外は一切働こうとしない者も多く,シンガポール在

住日本商社の人は,家庭内の仕事をして貰うためには,傭人を3,4名を必要とするという

嘆きとなって現われる。合理主義的近代企業にとっては,印度人やマレー人の回教,ピン

(3)

マレーに於ける労働組合運動 41 ズー教等の宗教上の戒律や,社会制度は雇傭上の障害となって現われている。

 これに対して,マレー人は,零細農民,漁民,またゴム下等の労働者に多く,主として 地方に住み,都会に於ては一般職業としては,極めて低級な場合が多い。主として,自動 車の運転手や土工等に従事し,事務員や工場労働者は極めて少い。マレー人は一般に教育 の程度も低いが,決して彼らが無能力でないことは,いろいろの場所で見出すことが出来 る。われわれが見た,Malaya Sugar Companyでは,マラヤの東部地区の田舎から採 用した数十名のマレー人は,一般労働者と変りなく作業しており,特に公務員は主として マレー人をもってあて,そのマラヤ政府の能率の高いことは,日本の行政官庁と比較する と格段の相異があり,殆んど即決で決定されることが多いと,駐在日本人銀行員の述懐を きくことが出来る。他面彼らが回教を信じ,正月の一ケ月断食は仕事の能率を極度に低下 させ,近代企業の雇傭対象になり難い点もある。

(第一表) マラヤ,シンガポールの労働者 G955年)

マ   ラ  ヤ シンガポール

産   業

農業(ゴム,その他)及び林業 鉱      山 子     造     業 建   築 ・土   木 商 業 及 び 金 融

通信及びサービス

私 立 学 校 教職員 家     政     婦 公     務     員

429,000 44,000 46,000 35,000 107,000 55,000 15,000 50,000 208,000

 労働者(熟練労働及び漁夫) 120,000

商     店     員 65,000

バス運転手,タクシー運転手,その他 !  1LOOO

Licensed hawkers 10,000

Clerk,家政婦,ホテル従業員等 234,000

 最近Dr. Victor Purcellの行った国民所得統計によっても,マラヤ連邦国民所得の配

分は,人口数に逆比例し,人口比率1.8%の非アジア人(大部分はイギリス系)が43%を

占め,人口比率36。9%の中国人が36.8%,人口比率11.2%の印度,パキスタン人が8%を

占めるのに対し,人口50.1%のマレー人が,国民所得の4.3%を占めるにすぎない。それ

によっても,マレー人大衆の貧困,中国系住民の経済的勢力,及びイギリス人による搾取

(4)

の実態を知ることが出来,1人当り所得に単純に逆算すれば,マレー人所得11に対し,印 度人9倍,申国人12倍,イギリス人300倍ということになる。このイギリス人300倍という 数字は,必ずしも現実にマレーに在住するイギリス人の収入であることではなく,おそら

く本国送金を含めた利潤総額であろうが,経済的支配勢力の実態を知ることが出来よう。

 マレーを構成する多民族の言語,宗教,風俗,習慣に至るまで,その異質性は種々の問 題として経済閥題に波及し,職業別相異や,所得格差の存在は,労働組合運動にそれぞれ のニュアンスをもって反映し,かつそれちが政治問題として表面化して来るのは当然であ

ろう。

 かつて,昭和[16年12月8日,日本が米子に対し宣戦を布告し,同日大マラヤ作戦を展開 し,コタバル,シンゴラ,パタニに上陸,1130Kを突破し,昭和/7年2月15日シンガポー ルを陥れ,英軍パーシバル将軍は降伏した。日本は約3ケ月の問に,香港,比島,インド ネシヤ,ビルマを占領し,東南アジアの主人となり,英軍の戦死乃至捕虜は,16万6千人 に及んだ。

 第二次大戦に於ける日本を一方的に罪悪視するのは勝者の論理であり,戦後日本はあげ てその論理に従ったが,大戦は所詮帝国主義諸国間の対立の爆発にすぎなかったし,持た ざる国の帝国主義的既得権益に対する抵抗が,却って,三三の日本圧迫を強化した結果で

もあった。

 「暴慢不正義なる英国を掃蕩し,万民苦楽を共にし,有無相通じ,各民族各個人各々そ の能力に応じてその処を得しむべき,所謂八紘一宇の大精神に基き,正義のもと新秩序を 整へ,東亜共栄団を確立して世運の進歩を促進せしめんとするに外ならない。」という占領 日本軍の声明は,単なる宣伝文句であったとしても,戦後東南アジアの独立運動に多大の 影響を与えたことは否定し得ないし,大東亜戦争が世界史の一つの転機として重要な役割

を果した。それは数百年に互り,植民地としてしいたげられて来た有色人種に,民族的自 覚を与え,白人種による経済的支配からの脱却を試みさせる歴史的契機であった。

 日本はマライ半島占領後,シンガポールに軍政本部を設け,各州の軍政部支部を統轄し,

安定と建設工作に従事したが,先づシンガポールに於ける中国人虐殺としてあらわれた。・

日本と申国は1937年以来戦斗状態にあり,南方華僑は経済的にも精神的にも中国本土に対 する援助を惜しまなかったし,マレー,シンガポールでも決して例外ではなかった。従っ て,また彼らは英国軍にも協力した。日本はシンガポール降伏後,華僑の敵対行動を弾圧 し,特務機関,憲兵,警察,軍隊の力で,対日反対行動や意見の疑ひある者を訊問し,拷 問し,殺害した。華僑義勇軍長葉焼玉は処刑された。しかし,日本がマレーを支配するた めには,回国華僑の協力が必要であり,既に引退していた南洋華僑の長老下文慶を華僑総 会団長に祭りあげ,対日協力体制を強制した。

 マレーは他の占領地に比較して,比較的迅速に安定化に向つたが,それは主として,マ

レー人,印度人の協力に負うところがあった。印度人は5万の義勇軍を組織し,日本軍と

(5)

々レpに於ける労働組合運動 43 ともに印度解放のためイラワジ河を渡り,インパールに於て潰滅した。

 また,マレー人による最初の政治結社は,1926年のマライ連盟であり,1940年に結社登 録し,党首イブラヒム・ビン・ヤーコブと,そめ青年同盟800人は日本軍上陸とともに,

藤原機関と協力してシンガポールを攻撃し,イブラヒムは,マライ義勇軍隊長となった。

 マレーに居住する諸民族の現在の対日感情は,種々判断する方法もあろうが,直接何人 かの人々に会った印象は,鴨る程度参考にすることが出来るだろう。クアラルンプールの 印度野幌で私に話しかけて来た印度人は,巧みな日本語で熱弁を振った。彼は日本軍占領 当時のマレー鉄道印度人部隊中佐だったと称し,今は道端に坐って自動車めナンバーを転 記する市役所の日傭人夫にすぎないが,自分達印度人が現在冷遇されているととを嘆き,

日本占領当時を懐かしがった。その日本語は20年前の1ケ年程に修得したもめであり,紙 片にかいて渡した名詞は,片仮名で明確に判読することが出来たが,彼が強く私に訴えた

ごとは,白人に対する憎悪と,日本に対する信頼であった。

 われわれの短期間のマラヤ旅行で経験することは,マレー人の日本人に対して抱く親密 感であり,華僑についても屡々経験したところであった。

 ペナンの街角にある飯屋のマレー人のおやじは,私の食事をのぞき込んでいる数人の子 供達に,「日本人は偉い。ラジオ,カメラ,自動車,なんでも作る。みんな勉強して日本 人のようになりなさい。」といいながらゴ日本の各大学の入学案内記を出して見せる。、また

クァラルンフ。一ル郊外の農園を訪れ,帰途道に迷った時,マレーの老人は,バスで市街ま で連れ帰り,バス代さえ受取ろうとしなかった。謹か百円の紙幣は,取組み合いに等しい やり・とりでも解決つかなかった。仲裁に入って来たのは,六尺豊かな申国人大人である。

彼は日本語で云う。「日本人は親切だ。」

 最近に於ける日本のマレー進出も,非常に目立った現象となって,イギリス人に警戒心 を起させていることも事実である。ラーマン首相は北部米作地帯に於ける,日本人の米作 二季作技術指導に対して異例の表彰を行った。ペナンで訪れたマレー部落村長は,日本の 凸版印刷に留学し,若い秋田美人を新婦として連れ帰っていたが,そζには,6σ年も白本 に帰ったことのない90才の老婦人が,血縁のないマレー人一族に,非常に尊敬されて養育 されていた。ペナンでは,「人力車」と云う名の客用三輪自転車が走うている。

 それらの事実は,アジア諸民族の日本人に対する経済的利害を越えたアジア人同志の親 密感の存在を否定することは出来ない。

(2) マレーに於ける労働組合運動について,政府は共産党非合法化のもとに,その勢力の 介入を極力警戒しつ\現在に及んでいるが,1962年末現在,The Trade Unions Ordin・

anceに基く登録組合数は299であり, Employers Union 12組合665名,:Federation of Trade Union 4組合, Unions in Trade&Industry gO組合171,247名, Unions of workmen employed by Government or by quasi・government bodies 197組合,

85,574名で,合計257,486名を擁している。農園労働組合としては,世界最大の組合,

(6)

The National Union of Plantation Workersに属する組合員は124,061名で,全労働 組合員の48%以上を占めている。組合員数2,000名以上の組合はつぎの通りである。(第二

表)

(第二表)

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

119 12.

13.

NationaI Union of Plantation Workers National Mining Workers Union of Malaya National Union of Commercial Workers, F.0. M.

Railwaymen,s Union of Malaya

War Department Civilian Staff Association Malayan Technical Services Union

Kesatuan Debangsaan Guru Sekolah K:ebangsaan, P。「T. M Central Electricity Board Employees Union

The East Coas℃Mining Industry Workers, Union NationaI Union of Teachers, F.0. M.

National Union of Telecoms Employees, F.0. M.

Harbour Trade Union, Port Swettenham Gvuernment Worker,s Union, Kedah/Perlis

124,061  8,503  7,801 7,499  4,8了6

 3,696  3,144 2,814 2,728 2,371

2,280 2,i43 2,063

 ホワイトカラーの労働条件は具体的に, (A)The:National Union of Bank Emplo.

yees in the:Federation of malayaとマラヤの銀行団20行との協約 (B)National Union of Commercial Workersとイギリス系15社との協約についてみるとつぎの通り である。

労 働  時 間

有 給 休 暇

年 次休暇

緊急 休 平 出 産 休 四 病 気 休 暇 医 療 補  助 入院費,手術治療費 時 閻 外勤 務

(A) 1 (B)

1週 6日 39時間労働

在勤切通未満14日10年以上21日 1醐7年未灘田年以上2旧

必要な場合考慮される 1賄ただし年間7日まで

ニ  ケ  月 年間30日,肺結核に限り半年(そ の半年は給与半額,その後一年は 無給)

年間28日,事情によりこれを越え て考慮されることあり

嘱託医による診察,投薬は全額会社負担

轟立二等艘軌全額会社負1鴨。簾し年間28嘲500マラ

平日7時間,土曜日4時間の正味勤務時間を越える勤務時間1時聞に つき,本人時儀給(月給の駈 g)の平日5割増,休日伯割増

(註) 年次休暇の繰越も一定の条件で認められる。 (B)の場合には,海外旅行を目的とする場

  合にのみ繰越が認められている。一般に年次休暇を利用せず,余すという習慣はない。

(7)

マレ・一に於ける労働組合運動 45  銀行従業員の給与スケールは大略次の通りである。G962年現在) (性別,.学歴,年令

による区別はない。)

 Grade:肛初任給220マラヤドル (約26,000円)8年目まで毎年15マラヤドルの昇給,9 年目以降毎年16マラヤドル昇給,ただし9年目から通常Grade皿に昇格する。

 Grade】1345マラヤドルにはじまり,毎年22マラヤドルの昇給,主任の地位についた者 にはGradelのスケールが適用される。

 Gradel 520マラヤドルにはじまり, 6.年目まで毎年24マラヤドル昇給,7年目以降 毎年25マラヤドル昇給,たぼし最高790マラヤドル。以上はofficerと呼ばれる高級事務 職員を除く,一般事務職員(含タイピスト,電話交換手)に適用されるスケールであるが,

この他,運転手,守衛,掃除夫等労務系従業員に適用されるスケールは初任給110ドルに はじまり,10年目まで毎年6マラヤドル,11年目以降毎年7マラヤドルの昇給,最高給241 マラヤドルとなっている。(1964年末まで有効)その他,大学卒の初任給は一般に500ド ル〜600ドル程度である。物資が豊富で,物価も安いマラヤでは,日本の労賃水準より遙 かに労働条件は恵まれていると云えるし,マラヤ大学教授の給与は,われわれとは全く壌 較にならない高水準であった。

 1957年には労働者階級98万9千人に対し,労働組合員は22万3千人であり,全労働者の 雛は労働組合に所属していないことになり,かつ,組合員の申號が組合連合に加盟し,そ の他は別個な組合の系列に入っている。 6つの指導的労働組合以外のマラヤに於ける労働 組合の平均労働者数は50人以下であって,法律的には6人以上であれば,組合を結成する

ことが出来ることになっている。

 この情況は現在に於ても,大差ないものと考えられるが,労働者数の増加に比して,登 録組合員数はむしろ減少している傾向がある。

第二章 印度人Narayanan

 マラヤには約30万人のプランテーション労働者が居るが,その殆んどがゴム産業従業員 であり,その中17万人以上が,プランテーション労働組合連合(National Union of pI antation Workers)の加盟者である。

 マラヤ最大の労働組合National Union of Plantation Workersは,1954年11月に 結成され,Johore Plantation Workers Union, Alor Gajah Rubber Workβrsl Union, Perak Estate Employees Union, Malacca Estate Employee Union,

The Plantation Workers Union, Malaya,の五つの大きな労働組合が合併したもの である。

 その中,最古にして,最大の組合は,The Plantation Workers Union, Malaya,で

ある。

(8)

 それは,1946年に,印度系のP.P・:Narayananによって結成され,彼は現在もまた組 合連合会長の地位にある。

 現在,The NationaI Union of Plantation Workersは全国に7ケ所の常設事務所 と70人の専従者を擁しているが,この組合はマラヤでは勿論,東南アジアでも特異な,か つ世界最大のプランデーショシ労働組合であり,1957年9月30日には,首都クアラルンフ。

一ル郊外の工場地帯Petaling Jayaに, National Union of Plantation Workers め本部として,プランテーション・ハウスを建設し,それは事務所は勿論,会議室,印刷 所を含む大規模なもので,30万ドルの建設費を必要としたといわれる。こ㌧の印刷所から は,週二回,タミール語,マレー語,中国語の新聞が発行され,発行部数では,タミール 語に関しては1万6千部でありgマラヤ最大のタミール語新聞の地位を確保している。

 組合長:N肛ayananは,1923年に生れ,組合連合を結成した時は未だ32才にすぎなか った。1946年に,:Ne窪ri Sembilan印度人労働組合の仕事についたが,当時殆んどがそ うであったように一般労働組合であった。従って,その構成員には,プランテーション労 働者,公共機関労働者,鉄道員,金細工人,煙草労働者,その他の労働者を含むところの 印度人組合であった。三年たらずしてこの組合は,:Negri Sembilan Plantation労働 組合に発展した。

 これに対して政府は,この組合が印度セミ族の民族的組合であることを指摘しジ凡ての 労働組合は一つ企業基盤によらなければならないことを告示した。

 政府は労働組合制度を決定し,民主的産業組合や職業組合の急速な発展を計り,組合連 合は経済的要求を目的とすることだけに制限する法律が制定され,組合役員は書記を除い ては,所属組合の職業に3ケ年以上従事していることを条件とした。

 このため共産党指導の組合との対立を激化し,また約100に達する組合が閉鎖され,最:

大の力を誇示した汎マラヤ労働組合連合もその条件に従うことが出来なかった。そのため 政治運動をも目的とした組合幹部は資金をもってジャングルに逃亡したため共産党指導の,

組合運動は潰滅した。

 その結果,労働組合結成が凡ゆる民族を含んだ企業単位の組合への発展の道を切り開い た。それは他面共産党によって組織されていた一般的労働組合から独立して,企業労働組 合に経済的な権利を与えるものであったし,Narayananは,企業別乃至は産業別組合の 組織化のための指導者となった。

 先づ,労働組合運動は印度人セミ族を基盤として次第に拡大したが,Narayananの目 的は一貫して,プランテーション労働者を一つの全国連合組織とすることであった。1952 年までに,印度:人セミ族のプランテーション労働組合の活動は,Perak州,:Kelantan州,

Trengganu州の三州を除く,全領域に拡大され,組合はThe Plantation Workers Union Malayaとその名称を変更した。

 1948年の共産党ゲリラ化に伴い,6月16日マラヤ連邦,23日シンガポールに非常事態の

(9)

マレー・に於ける労働組合運動 47 宣言が行われ,一般の労働者やプランテーション労働者に脅威と疑惑とをもたらした。そ

して,果して政府が,労働組合運動を育成しようとしたのは真実なのかどうかに疑ひをも った。労働者の申には,非常事態宣言は、政府が組合を潰すためのものであると信ずるも のもあり,事実組合幹部の中では共産主義者がジャングルに逃亡したり,処罰されたりし た結果、潰滅するものも現われた。

 Narayananはマラヤ大学に於て,労働組合主義の発展について講演したが,労働者は 組合員であることが.また組合員となることが,自動的にマラヤ共産党員であることだと 誤解する者も居り,戦後労働組合に対する政府の方針が,組合活動と政治との分離を目的

と一し,労働組合運動と共産主義活動とに対する政策は必ずしも同一でなかったが,共産主 義運動の政治的ゲリラ化は遂に非常事態宣言を生んだのである。

 一般労働者は,労働組合に加入しておくことによって,雇傭主や警官との個人的紛争を さけることが出来るが,かくの如き事態に至っては逆に,労働組合から離れていることに かえって自らの安全を維持出来ると考えた。

 従って,非常事態宣言はNarayananにとってぽ,労働組合主義の運動にとって大き な困難となって現われた。

 彼は労働者の疑惑を晴らすため,組合指導者を派遣し,労働組合主義の意義を説得して 廻ったが,他方困難は組合内部が政治的抗争に捲き込まれていたことである。

 労働組合員も,共産党と共に,ゲリラ活動に従事し,欧州系プランテーションの襲撃を 計った。ゴム園の作業は辺地の森林内に多く,tapperが作業する地域では,共産党ゲリ

ラが出没し,資金や食料を強要し,彼らがそれに従わねば殺害される場合もあり,ゲリラ を援助する結果となった。また一方共産党シンパが居たとしても,共産党員に物資を提供 したという罪によって,政府によって逮捕される者もあり,ゲリラと共に絞首刑にされた 者も多かった。これらの事は,多くの労働者を混乱させ,労働組合主義に対しても警戒的

となり,一般に悪影響を与えた。

 もちろんこれらの困難の申に於て,単に組織の衰退を見たばかりではなく,他方組織上 の成功を得た場合もあった。

 :Narayananは,非常事態宣言中のストライキについては,政府の弾圧による組合の潰 滅をおそれて反対の立場をとったが,例外的には,小規模の組合のストライキを支持した。

1949年に,ゴム価格の下落に伴い,資本家は賃金切下げを宣言レた。その時,27の企業別 組合が資本家に対抗するために,統一交渉委員会を組織し,Narayanをそのスポークス マンとして選出したが, このことは,必然的に:Narayananを指導者とする全国労働組 合結成の下:地を作るものであった。

 労働組合主義運動の結果,労働者が得た成果は極めて大きい。ゴム・プランテーション

に於けるtapperの日々雇傭制が廃止され,ゴム園労働者の賃金は,1948年以来約5倍に

増加砺かつて休日がなかったのに対し2一週一日の休暇と,年四回の祝祭目,及び年6

(10)

日問の有給休暇が与えられることになった。また労働組合員が休日に働くことを経営者か ら要求されれば,その1.5倍の休暇を,祭日の場合には,2倍の休暇を得ることが出来る ようになった。

 シンガポールからクアラルンプールまで,飛行機の上から地上を眺めると,おびた皮し いゴム園が地上を覆っている。tapper道路の渦巻き状のゴム園が,その植林年令が若け れば若い程明瞭に,可成りの成木林では一面の森林として眼下に広がり,幾つかの縦貫道 路に沿って,estateが点在し,事務所,ゴム処理場に並んで,数十軒の住宅の赤屋根が 整然と並んでいる。そこには近代的雰囲気を或る程度感じさせる農園形態がある。かつて の堀立小屋から,水道設備や,衛生管理が行われるestateに変革しつ㌧あることはうか

団われる。

 Narayananはその意味で,典型的な労働組合主i義に徹底し,政治的三三を極力さける ことによって,世界一のプランテーション労働組合の結成に成功したものと云える。

 そのことによって,印度人労働者の経済的地位は或る程度向上させることが出来たが・

マレーに於ける印度人の地位は必ずしも高いわけではなく,またマレー人主義的政府に対 してはoutsider的印象を免れないだろう。

第三章 マレー人:Lam Swee

 :Lam Sweeは,錫鉱山の中心地,北部の工業都市Ipohの郊外に生れ,ゴム・フ。ラン テーションのtapper人夫として労働した。常々マレー人の生活程度の余りの貧困さに対 し,マレー人同胞の経済的・社会的地位の向上に一生を捧げようと志していた。彼は植民 地解放によって,マレー人を救おうとし,第二次大戦に際しては,共産党の指導するマラ

ヤ人民抗日軍に参加した。その意味では,マラヤ人の政治組織であった青年同盟の義勇軍 に入って日本軍に加担しなかった点は,むしろ例外的な感じを抱かせる。彼は,当時日本 と交戦状態にあった中国の南方華僑組織による人民抗日軍によって,英国に加担する結果 になった。日本の降伏によって平和がよみがえり,労働組合運動が公認され,彼は労働者 により多くの食物・生活条件・社会保障を提供出来ることを希望した。彼はJohoreに於

・ける一般労働組合代表となり,後,労働組合汎マラヤ連合のsecretary genera1となり,

また副会長に選出され,その他,港湾労働組合の役員,Selangor StateHolders Union の代表でもあった。

 彼は共産党幹部としてはi数少い労働組合出身者であった。彼は「非常事態宣言」後共産 党の命令で,彼の労働組合活動を放棄し,ジャングルに潜入し,南ジヨホールの政治委員 となった。ジヨホールはシンガポールに隣接し,革命に於ける重要な拠点の役割を荷って いた。彼の首には1万ドルの賞金がかけられた。     

 ・しかし問題は,:Lam Sweeの本質は,民主々義労働組合主義の信奉者であったことで

(11)

ぐレーに於ける労働組合運動 49 ある。共産党はゲリラ活動に於て,共産党に非協力の労働者に対するテロによる脅迫政策 を行ったが,彼はそれを非難する誤りを犯した。彼はマラヤ共産主義が暴力に基礎づけら れて,議論や説得による活動でないことを悟るまでは,組合主義者であったし,組合主義 者であることによって,同時に共産主義者であることが出来ると考えていた。マラヤ共産 党はゲリラ活動に変り,テロを重要な手段とする方向をとった。彼がその地位から追われ,

気づいた時には,連発拳銃は持ち去られ,彼らの監視下にあった。彼は政府の懐柔政策と してのゲリラ投降者に対する特赦令を生命の唯一のきずなと・して逃亡し,クアラルンプー ルの英国の刑務所に送られる運命となった。

 Lam Sweeは1950年12月に,政府に投降した最:も重要なマラヤ共産党員である。かつ てゲリラ部隊の指揮者であり,重要な共産党の政治委員であった。しかし彼は天性の労働 組合主義者であり,彼は早口に,情熱的に,もし労働組合が一・般市民の生活水準を向上さ せることが出来るならば,その申で共産主義者と協力する決意であることを主張していた が,次第に共産主義者の教義と民主々義的労働組合とは相入れないことを発見した。

 従って,もし共産党と絶縁しても,植民地に於ける民主々義的労働組合の組織化が可能 であるという考えをもつようになった。

戦後,英国政府によって,労働組合設立勧告委員会が設立され,非常事態宣言が行われ る6ケ月前に,英国の組合主義者,AuberyとDaUeyが招聰された時には,マラヤでは 既に多くの労働組合が設立され,共産党が支配していたのである。共産党は革命運動を実 行する前から,労働組合運動を支持することに重点をおいていた。1945年12月に英国がマ

ラヤに帰って来た時,共産党は錫鉱山やゴム・プランテーションからキャバレーに至るま で,商業も工業も含めて,様々な中核組織を作りあげていた。

 共産党は労働者と常に密接に接触して,何時でも,喜んで,労働者の要求を満すことが 出来ると考えていた。1946年には,共産党はマラヤの労働組合を通じて,全種族の労働者

(第三表)       (第四表)

  マラヤ連邦に於けるストライキ       シンガポールに於けるストライキ       (1947〜1956)

年度ス・ライキ階働鷲

1947 1948 1949 1950 1951 1952 1953 1954 1955 1956

291 181 29 48 58 98 47 77 72 213

696,036 370,404  5,390 37,067 41,365 44,489 38,957 50,831 79,931 562,125

年  度 1ス・ライキi 労働喪姦

1946 47 851,937

1947 45 492,708

1948 20 128,657

1949 3 6,618

1950 1 4,697

1951 9 20,640

1952 5 40,105

1953 4 47,360

1954 8 135,206

1955 275 946,354

1956 29 454,455

(12)

の意識を呼び起した。シンガポールではこの年に,41件のストライキが展開され,その中 36のストライキが成功したが,その背景には共産党が存在していた。ストライキを決行し た時,その組織が強固であればある程,資本家は高い賃金を支払わざるを得なかった。

 1948年6月,マラヤには302の組合と,約15万人の組合員が居た。この中,129の組合は 8万2千人の組合員を擁し,汎マラヤ組合連合を組織し,共産党の支配下にあり,63の組 合だけが独立一しているにすぎず,残りの約100組合に対しても,共産党の影響は免れなか

った。それは凡ゆる産業,職業部門に及んだ。

 従って,労働組合運動を「共産主義に対する防壁」として利用しよう一といつ当時の英国 及び政府の考え方は認識不足であったと云える。

 共産党は先ず労働組合運動を支配し,次いで一方では威堅や強制の政策を実施し,最終 的には労働者一を叛乱に導くことが出来ると考えていた。1948年6月の非常事態宣言を導く 結果となった共産党の峰起は,暴虐な政府に対する労働者の叛乱と受けとられることを期 待して行われたとともに,テロによる強制が民衆に対して行われた。それは必ずしも,白 人系フ。ランテーション経営者に対してだけではなかった。その大半が中国人であるところ の1000人以上の人々が,無残にも殺害され,射殺,生き埋め,絞り首が行われた。彼らは 大半が労働者であり,結果的には大衆叛乱にまで導くことが出来なかった。この戦術は決 して良い方法ではなかったし,共産党中央執行部もその失敗を認めざるを得なかった。共 産党指導者はその言論に於ても,行動に重ても,彼らの目的を実現するために,労働組合 運動を喜んで利用し,又逆に,彼らを支持させるためには,テロによる脅迫をも選んだの である。目的は手段を正当化し,労働者を殺害せねばならぬとしても,それは共産主義を 実現するための必要悪であり,その実現の暁にば,労働者階級はその報いを得ることが出 来ると主張した。しかレ,彼らは共産主義国を成立させるための準備もしなかったし,大 衆蜂起をも導かず失敗した。

 組合を支配していた共産党は,労働者の地位向上のために努力し,かつ成功したのに,

労働者はその蜂起をバックアップ。しょうとしなかった。それは,大衆が戦時申の混乱に帰 る結果をおそれたのかも知れないが,他方それまでの労働組合運動が,大衆運動でなかっ たことに原因がある。マラヤの労働組合は,真の民主々義的な意味での労働組合ではなく,

共産党が組合の支配権を握っていた。組織指導者が組合員の利益をもたらす限りでは彼ら に従ったが,同時に民衆は政治的信念を受取らねばならぬ理由はなかった。

 政府の圧迫が強い場合,民主的な方法で組合員の利益を守ることの出来ない弱体な労働 者は,共産主義に,従って叛乱に加担したが,組合の組織の強いところは必ずしもそれに 従わなかった。

 賃上げストライキによって,統一組合主義の存在価値を証明した共産党は,或る日突然 に,労働者に対して平和的な組合主義を放棄し,軍事力で資本家と斗うことを要求した。

それは本来無理な方法であると云えるg

(13)

マレ・一に於ける労働組合運動 51

 Lam Sweeはこの一般大衆に対する脅怖政策の放棄を主張して党中央執行部と論争し た後,彼は自ら政府に投降した。彼が死を賭して投降した理由は,彼がジャングルに居る 間,共産党の真の姿を見たからであった。共産党の指導者達は,その活動の目的が仲間の 労働者の生活水準を募る程度向上させるために援助することではなくして,共産主義革命

のための組織上の争いや,その実現のために手段を選ばなかったからである。

 La田Sweeは武装革命を信Oなかったが,彼は自らの信念によって武器をとってジャ ングルに入った。彼を支配していた信念は,民主的組合主義であり,英国政府が非常事態 宣言を行ったことは,民主的労働組合運動をも弾圧するものであるという共産党の宣伝を 信じたからであった。彼は投降後,ラジオによってジャングルに呼びかけたことでも朋ら かである。

 英国もまた幾つかの誤算を犯した。彼らが労働組合運動を奨励しようとした時には,既 に共産主義の勢力が浸透しており,それを正常化するのに多大の努力を払わねばならなか

った。

 ま た,労働組合は労働者の賃金を増加させ,労働条件を向上し,改良することにある。

組合がそれを実行するのに失敗した時には,その存在価値はなくなる。1948年以来,労働 組合運動の分野で組織上の発展が見られないのは,一般大衆の無関心もあるかも知れない が,他方非常事態宣言や,組合の財政や組織にも欠陥があるためである。その結果を見れ ば,Lam Sweeの判断と共産党の判断が何れが正レかったかについては異論がありうる。

それは非常事態宣言が労働組合の圧迫と無関係ではないことも事実であるからである。

第四章 申国人:Lim Chin Siong

 1954年4月4日シンガポールに,SingaPore Factory貧nd ShoP Wo「ke「s Union

(産業商業労働組合)が結成された時は,組合員は200人にすぎなかった。数ケ月後,共 産党が潜入し,22才のLim Chin SiongがSecretary・Gβneralとなった。↑0ケ月後

には,組合員は372人から29,959人に増加した。当時のイギリス弁務官,Mr. David Marshallは, Lim Chin Siongはそ・の目的が破壊であるところの仮面をかぶった労働 組合業であると公けに声明し,彼の主たる目的が政治的であり,かくの如き労働組合業者 はシンガポールにはかつて存在しなかったと一般民衆に忠告を与えた。

 Lim Chin Siongは中国語を語る中国人であり,天賦の才ある雄弁家であった。彼は 帝国主義,植民地主義と資本主義に対し,特に欧州資本によって代表される資本主義に対

して,激しい非難の文句を恐れることなく浴せた。それは貧しい支那人労働者をひきつけ る言葉であった。そのためやがて,シンガポールの多くの労働者が,このやせぎすの若者

を,労働者のチャンピオンとして見るようになった。彼の地位はストライキが成功する度

に,資本家との交渉が成功する度に増大した。1ケ年半の中に,シンガポールの産業商業

(14)

労働組合は, (Secretary・Genera1とtreasurer及びそれぞれの補佐によって指導され る)29のストライキを行ったが,その大半は成功をかちとった。組合員は賃金の20%アッ プを要求し,かつ全額医療補助と休日労働に対する賃金の倍増を獲得した。更に組合は,

彼らの賃金をあげるためには,組合員を雇傭していない幾人かの雇傭者を脅かすような戦 斗的手段は不正義ではないと主張した。SingaPore Factory and ShoP Workers Union が強力な労働組合として組織的に活動すればする程,労働者は恩恵を受けることが出来た。

 組合は公然と,「労働組合の真の目的は,植民地主義を粉砕することである。」と声明し た。組合連合は,労働者がストライキをする毎に百ドルを提供し,米,砂糖,コーヒーを 無料配布した。

 :Lim Chin Siongは「現在の労働不安の真の原因が一一般社会経済状勢にあり,それは 労働者の労働条件,生活条件に極めて重大な影響を及ぼしていることを,客観的に研究者

も認めている」という意味の声明を発表した。彼の組合連合が強力になるや,:Lim Chin Siongはそれを政治的武器として利用することをかくそうとはしなかった。即ち,植民:地 主義反対のための,共産党以外の政党に反対するための,議会に反対するための武器とし て,それは当然に,マラヤ共産党の最終目的と一致していた。

 Lim Chin Siongは,シンガポールの記者会見に於て,自分は共産主義者ではないと 宣言した。しかし,LimはSingapore Factory and ShoP Workers Unionの secretary genera1であったし,委員長のLiln Yew Hockは1957年に次のように云っ ている。

 「Singapore Factory and Shop Workers Unionは蛸のように凡ゆる種類の商業 や事業所にその触手を伸し,或いは司令部として,また仲間として援助した。それが可能 であったのは,共産主義者達がそれぞれの組合内部に強い勢力をもっていたからであっ た。」と。即ち,共産党は自ら指導して労働組合を作る場合と,既存の組合を共産党が利用 する場合とがあった。

 しかし,人民行動党は,1957年の新聞には,「われわれはマラヤで,平和的,民主的な 方法で社会主義を実現出来るであろうか。その答えはイエスである。」と書いているが,労 働組合主義者は,一晩の中に民主々義的,平和的な方法で社会主義国家が実現するとは考 えていないし,誰も如何なる国に於ても,如何なる時代に於ても,構造改革という方法で 社会主義が実現されるとは考えていない。そこには永い斗争と困難があり,そのことは中 国人共産党指導者がその武装革命方式によって示している。

 人民行動党は,李光耀政府が:Lim Chin Siongや他の指導者(彼らは大半が人民行動 党員であった)を逮捕した後に声明を発して次のように云う。

 「武装革命についてベラベラしゃべる連中に,武装革命の結果について注意深く考えさ

せよう。彼ら自身と彼らの同胞たちに。そしてもし,彼らが尚,唯一の方法ば武装革命で

あると信ずるならば,人民行動党を離脱させジヨホ7ル曝道を渡って,マラヤのジヤング

(15)

マレーに於ける労働組合運動 53 ルの中で武器をとるが良い。」と。

 それは人民行動党が「労働組合の真の目的が政治目的を達成することであるとした」,

Singapore Factory and Shop Workers UniOnに於ける, Lim Chin Siongとそ の友人達の主張を排除する必要があったからである。

 シンガポールに於ける最大にして,最強力な労働組合の崩壊をもたらした暴動は,1956 年9月に勃発した。

 政府は共産党の容疑者15名を逮捕し,7つの共産党細胞組織を解体した。また学生同盟 を閉鎖し,学生指導者を逮捕し,142名の学生が学校から放校され,二つの学校が一時的 に閉鎖された。学生達はそれに抗議するために学校を占拠した。

 これに対して,Middle Roadにある,:Factory and Shop Workers や,シンガポ ール,バス労働組合等が,経済的にも,政治的にも学校占拠の学生を応援した。

 10月24日の暁方,政府は学生達に対して24時間以内に学校外に退去するように命令した。

その学校の一つは,:Lim Chin Siongが二,三年前まで学生であったところの中国人高 等学校であった。Lim Chin Siongは学校の近くで群集に煽動的な演説を行い,労働組 合指導者も現場に現われていた。警官は実力行使に移り,催涙ガスを投下し,反抗する学 生を大学外に追い出したが,間もなく暴動化し,警官によって13名の市民が殺され,100 名に及ぶ重軽傷者を出した。1955年にも暴動が起り,その時にも民衆に死者を出した。

 10月27日早朝,警察はSingapore Factory and Shop Workers Union及びUnio11 の三つの加盟組合本部を急襲し,Hm Chin Siongを逮捕した。文部大臣Mr Chew Swee Keeは,今回の暴動を:Lim Chin Siongが指導したと非難し,証拠書類を押収

した。

 その書類の中には,James Puthuchearyの署名もあった。彼は組合のAssistant se・

cretaryであり,その書類は,共産党容疑者の逮捕,及び労働組合弾圧に対する抗議のた めのゼネストとデモ行進の呼びかけであり,消極的,平和的斗争の限界を力によって打破

らねばならぬというものであった。彼もまた逮捕された。

 1957年2月11日,SingaPore Factory and ShoP Workers Unionは崩壊した。2 ケ年にわたって労働界に君臨した強力,かつ多くの成功を修めていた組合の崩壊は,労働 組合運動に重大な影響を及ぼした。

 またこの事件に際して,組合資金の大金が行方不明となり,Lim Chin Siongを中心 に追求されたが,彼は最初警察に抑留された際に,盗まれたと主張するが,真相は今もっ て不明である。

 ・その後,32の組合代表から成るSingapore Trade Union Working Committeeが 1誕生したが,政府は共産党と密接な関係にあるものとして,1957年8月22日に書記局を襲

い,35名の幹部を逮捕した。

 シンガポールは1959年6月英導邦肉自治領とレで,新憲法のもとに発足し,人民行動党

(16)

書記長李光耀が首相になり,副首相として,党首杜薄才が,元首には,Inche Yusof bin Ishakが就任した。1961年7月人民行動党内の容共左派は脱党したが,人民行動党は63年 選挙で51議席中37議席を占めた。人民行動党の政府は次第に政治的労働組合の弾圧を強化

し,65年8月9日マレーシヤから分離独立し,英連邦内共和国としての地位を固めつ\あ る。現在与党入民行動党のもとに,全国職業連合総会が組織されるとともに,野党社会主 義戦線のもとに,シンガポール連合労働組合が対立している。

 政府は65年8月26日にシンガポール共産党地下組織指導者沈蚕豆及び幹部20名を逮捕し たが,共産党非合法下のもとに,60年上海から張継発が来島組織化し,またインドネシヤ

との連絡も行われており,民族問題,思想問題の根は尚根深いものがある。

 :Narayanan, Lam Swee,:Lim Chin Siongについての事実は,主としてAlex Josey の著書によるが,彼はイギリスの労働組合主義者である。

 イギリスの労働党理論による労働組合主義と,共産党の主張とは,基本的に資本主義と 社会主義とに対する価値判断を前提として当然相異する。著者の価値判断を論題にしなけ れば,これらの叙述は一応真実に近いことが理解出来るし,他方Puchuchearyは共産主 義者であろうと想像されるが,彼の分析も極めて事実を正確に分析していることも評価し なければならない。

(Puchucheary Ownership and Control in Malayan econolny )

第五章 労働組合運動と政治情勢

 マレーはゴムと錫の世界的産地であるが,ゴムは約50年,錫は120年以上の歴史をもち,

1848年Perak州ラルート錫鉱山の発見,1880年差ンタ鉱の発見以来申国人華僑は急速に 増大した。1870年ラルートに於け る中国入苦力数は4万人を突破したというが,マレー錫 鉱山の発展は,主として中国人に依存したものであった。従って,マレー生れの答々と移 民の新客とは,印度入の場合と同様区別されるが,新客は中国本土にその家族を残留せし めたり,また本土送金等の傾向が強かった。従って,政治的にも中国本土とのつながりが あり,大東亜戦争に於ては,中国は1937年以来戦争状態にあったため,マラヤ人民抗日軍 を組織してジ、ヤングルにたてこもり,日本軍の占領政策を妨害した。

 日本降伏後,イギリスは早くも1945年10月10日「マレー連合案」を提示し,46年4月か ら軍政を民政に切りかえた。また労働組合運動を戦後合法化し,英本国のTrade Unions から,Trade Union Advisers,のAuberyとDaUeyをマラヤとシンガポールに迎え,

組合運動の指導,助成と,政治からの分離による健全な発展を推進した。それは,共産党 が日本占領中マラヤ人民抗日軍を組織し,戦後政治の空白状態に於て,その政治勢力を著

しく伸張したのに対抗する必要があったからでもある。

 かくの如き,中国人を中心とした反帝国主義斗争は,戦後反植民:地斗争とレて英国に対

(17)

マレーに於ける労働組合運動 55 してむけられた。7月,共産党非合法化に伴い.その幹部:Lai Teck, Chang Ming Chi−

ngはジャングルに潜入し,政府は約5千のゲリラ部隊と交戦状態に入った。

 これらの政治情勢にからんで,労働組合連合会長,S. A. Ga血apathyは49年3月逮捕,

処刑され,労働組合運動は制限され,弾圧されて次第に衰退した。

 かくの開き,申国人を申分とした反帝国主義ゲリラ戦術に対して,50年6月以降のBri−

9gs planによる隔離移転政策,高等弁務官テンプラー将軍による集団処罰,集団拘禁も その効果少く,共産党書記長陳平との平和のための円卓会議が51年11月,54年5月,55年 5月等開催されたが解決を見ず,50年には5,000人め男子ゲリラ部隊が居り,1955年中も 尚3,000入のゲリラがあり,その中一割は女性であった。1955年9月の大赦令による投降 勧告以後,現在に至るまでゲリラの問題は緩和されたとはいえ,尚完全に解決されたとは 云えないだろう。イギリスは,地主資産階級を中心としたマラヤ人の保守政党,統一マラ ヤ国民組織のラーマン首相と手を握り,56年2月独立の調印をし,57年8月マレー半島11 州は独立国マラヤ連邦となった:。1963年シンガポール州,及びサバ,サラワク,ブルネイ を含め,大マレーシヤの結成計画が発表されたが,比島,インドネシや等の反対もからみ,

ブルネイを除いて,9月16日にマレーシや連邦が成立した。

 ヤレーシや連邦成立に伴うスガルノ・インドネシや大統領による敵対政策は,ゲリラ支 援のための上陸が行われ,再び非常事態宣言が布告され海岸線では現在でも兵隊による立 噌が行われていた。      唱        1

 またマレーシや成立反対を唱えた,全マラヤ回教徒党のブルハヌジン・アル・ヘルミは 65年逮捕され,人民社会主義戦線のハスノは65年に,マラヤ入民党のケチルは63年に,ナ サロンは64年に,国民会議党のイスハクは65年に,それぞれ逮捕されており,われわれが クアラルンプールを訪れた時には,政治的暴動で戒厳令が施行され,その解除の直後であ

った。

 またシンガポールでは,再進才の指導する人民行動党が,マラヤ連邦とシンガポールの 合併反対,植民地主義反対を唱え,海軍基:地要員,バス従業員組合等を擁して急進化し,

59年には,総選挙に於て圧倒的勝利を修め,6月自治領として発足し,現書記長の李光耀 が初代首相として,党首杜進才は副首相として政権を掌握したが,前述の如く,1963年号

マレーシや連邦に加盟した。

 しかし,マレーシや連邦結成の背景には,マレーシヤを英連邦構成員として残し,政治,

経済等に関しては独立国としての主権を認めると同時に,国防に関しては,英国,マレー

シャ間の防衛協定が締結されることが必要であったし,また華僑の勢力伸長に対して,共

産主義に対する防壁として,マラヤ人によるマレーシヤの政治勢力との割る程度の妥協が

必要であった。従って,立憲君主制に穿て,国王はマラヤの土候王であり,同時に回教の

州宗主である,9人の土候の互選によって選出され,マラヤ人の政治的,経済的地位の向

上を計り,行政及び軍事面でのマラヤ人の優先政策がとられている。公用語としては,現

(18)

在英語,マレー語が用いられているが,将来はマラヤ語のみを公用語とする方針が打ち出 されている。

 このことは総人口の約半数を占め,特にシンガポールではその八割をしめ,かつ,経済 的優位を誇る華僑の不満を押えることは出来ない。

 また,上院議員の選出は,その22名が国王による任命であり,下院では,マラヤ州104 名,シンガポール15名,サラワク24名,サバ16名等,華僑にとって極めて不公平な議員選 出方法をとり,辛うじてマラヤ人によって華僑を押えることが出来るように細工されてい た。このことは特にシンガポール華僑を刺戟し,シンガポールの政治権力を握る人民行動 党の反マレーシや的性格を強めた。マレー統一国民組織の機関紙は,「インドネシヤの対 立激化のときに当り,一層の団結が望まれる時,政府与党人民行動党は世人の視線をまぎ らわすため,憲法と国語問題をもてあそんでいる。1967年にマレー語を公用語とするこど は憲法に明文化され,国民の同意を得たものであるにも拘らず,人民行動党はあえて憲法・

違反の行動に出ている。中国の文化,言語に深い認識をもつものはマレーシヤに適応せず,

この行動を中止しない限り不愉快な現象が起るだろう。」とかなり激烈な批判を行っている。

 かつて,東南アジア地域の中心として重要な地位をしめていたシンガポールは,政治的 にはバンコックにとって代られ,経済的にはインドネシヤとの国交断絶は,ゴム,錫産業 等に於ても,中継貿易に於ても,多大の損害をうけた。

 1964年7月21日から3日間,マラヤ人と中国人の衝突がシンガポールで起り,死者22名,

重軽傷450人の犠牲者を出し,更に9月2日から1週間の衝突は死者13入,重軽傷101人に

達した。

 これらの騒動の背景には,人民行動党とマラヤ連盟党の対立があり,更に共産主義的イ デオロギーの問題も内在しているこ:とは想像される。

 結局,1965年8月シンガポールが,英連邦内の共和国として独立する結果となった。従 って,シンガポールの独立については,英国との間に防衛協定が締結せられ,英連邦内共 和国としてとどまることとなる。あたかも,日本と米国との単独平和条約の締結の場合,

安全保障条約が附随したのと極めて似通った性格をもっている。

 これについては,社会主義戦線は,入民行動党の李政権を批判 し,イギリスの分割統治 に乗ぜられるものとして強く反対している。

 たしかに異民族国家に断ては,宗教,言語,その他の争いがあり,特にシンガポールに 於て尖鋭化する傾向は,同時に共産主義の浸透を容易にするおそれあり,イギリスは共産 主義の防壁としては,マラヤとシンガポールを分割支配することによって,安定をもたら そうと意図したとも理解しうる。

 そのためには,シンガポールの独立については反植民地主義を唱えながらも,現実主義 的な入民行動党の李政権と妥協することは必要であったろう。人民行動党右傾化と分裂は,

その人民行動党の民族主義的現実主義に対し,民族を越えた階級主義的な立場に立つ共産

(19)

マレ 一に於ける労働組合動運 57 党の対立,分裂として理解出来よう。

 しかし,経済的勢力強大にして,多i数の同胞を有し,特有な団結力を発揮:する華僑は,

兎角中国本土との関係が密接であり,また入民行動党も容共左派を排撃しながら,なお立 党のスローガンに反植民地主義がある限り,問題は全面的な解決として受取れないだろう。

 シンガポールに於ける労働組合運動の強固さは,進出する日本資本もその対決に迫られ る場合が多く,われわれが訪れた日本商社に於ても,団体交渉に極めて慎重にならぎるを 得ない状態を見聞した。

 マレーシや及びシンガポールに於ける労働組合運動は,民族主義的な側面と,階級主義 的な側面と極めて複雑にからみ合うと同時に,経済主義的労働組合運動と,政治的革命運 動と複雑に対応して現われる。それは,資本主義と共産主義の対立,更に,帝国主義諸国 間の対立という外部的条件が,多数民族間対立と,階級的対立とに複雑に反映し,除々に その本質を明確化してゆくと共に,マレーシヤとシンガポールと云う外的形態として表面 化した。しかし,現段階に於ては未だ,相互依存に基く妥協による大マラヤ連邦主義が見

られるが,分化と統合の過程は次第に尖鋭化するだろうことは否定し得ない。それは,

900万に及ぶ南方華僑の問題に於ても一般的にあてはまることであるが,その約半数の400 万を擁する,マレーシヤとシンガポールに最も激しい形で現われる可能性がある。それは,

ブイリッピン,インドネシヤを含めたマレー人と申国人華僑との民族の問題としてあらわ れるか,,階級としてのイデオロギーの問題としてあらわれるかということ〜理解すること

も出来るが,現段階では民族の問題として現われる可能性が多いと考えられよう。

参 考 文 献

Alex Josey Trade Unionism in Malaya,,

T.J. Puthucheary Qwnenship and Control in Malayan ecollomy Lennox. A, Mills Malaya, a political and economic appraisaP,

日本貿易振興協会「マライの資源と貿易」

東京銀行資料

参照

関連したドキュメント

運動会を10月4日(日)に実施しました。様々な制約の中にあって、走るだけのスポーツ

実施を発表し,2015年度より本格実施となった(厚生 労働省,2017).この事業は, 「母子保健相談支援事業」

が成立し、本年七月一日から施行の予定である。労働組合、学者等の強い反対を押し切っての成立であり、多く

今回は、会社の服務規律違反に対する懲戒処分の「書面による警告」に関する問い合わせです。

(ロ)

[r]

私たちは、行政や企業だけではできない新しい価値観にもとづいた行動や新しい社会的取り

4 アパレル 中国 NGO及び 労働組合 労働時間の長さ、賃金、作業場の環境に関して指摘あり 是正措置に合意. 5 鉄鋼 カナダ 労働組合