• 検索結果がありません。

和歌山大学協働教育センター

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2024

シェア "和歌山大学協働教育センター"

Copied!
109
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

2018年度末に学生から提出された各課題の成果報告をまとめたものです。ご高覧いた だき、和歌山大学の学生の魅力あふれる活動と成長をご確認いただけましたら幸いです. です。このチームは、ソーラーカープロジェクトの卒業生が和歌山の地で新しく作った 社会人のチームです。Cabreoの皆さまは、日々のお仕事と並行しながらハイレベルな 自主活動を進められており、学生、そして、私やクリエに良い刺激を与えてくれます.

CREA PROJECT ৾েউট४ख़ॡॺણ

ਮస৛প৾ੈ௮ઇ୘७থॱشقॡজग़ك

ミッション名:VRとネットワークを用いたオンラインゲーム制作. これらの問題を解消するために、新マシンではサンドイ ッチパネルを用いてカーボンモノコックフレームを製作.

ཎᅉ

䞉 ৯৓धూବ

䞉 ણ৿৔ઍ

ટधઅ

嵣০৏峘ன৫

そこで今回はベースバイクにスポーツタイプ(YSR50)を採用し、Li-ion バッテリ ー、インホイールモーター駆動の二つを主軸とした高効率な電動バイクの製作を目標 とした. インホイールモーター駆動を採用する にあたって、モーター、モーターコン トローラーはミツバ製 M1048R、M1048C のセットを採用した.

CREA PROJECT ਮస৛প৾ੈ௮ઇ୘७থॱشقॡজग़ك ৾েউট४ख़ॡॺણ

1回目のハイブリッドロケット打上げは中止にした. 3回目のハイブリッドロケット打上げは12月9日に行った. 3つ目はハイブリッドロケット打上げ以外の活動もしていきたい.

Րࢃ୉ָڢಉگүιϱνʖʤέϨΦʥ

Կ஢ો1 2͹஭೘)LOO ఼Ւ)LUH ഓ

  • 背景と目的
  • 活動内容
  • 活動の成果や学んだこと
  • 今後の展開

今回は無線通信を行うモジュールとしてTWELITE DIP注1を使用した。これは2.4GHz帯を使用 しIoTで使われることなどを想定した製品である. 回路の概要は図 5, プログラムのフローチャートは図 6 に示 す。無線モジュールからの出力とボタンでの出力でリレーを制 御する。安全のためリレーにメインスイッチ, ボタンにトグル スイッチを設置している。打上の際受信機のボタンを押すこと はないが, なにかトラブルが起きたときに通信に原因があるの かそれ以外に原因があるのかに原因を分けることができるた め受信側にも動作のボタンを設置した. ハイブリットロケット打上時に必要となるGSEの無線化を行った。その結果, 有線時より通信距 離を伸ばすことができた。しかし, 受信機のケースを作れておらずGSEが完成したとは言い難い.

CREA PROJECT ৾েউট४ख़ॡॺણ

キーワード:CM メッセージ カメラ 撮影のための知識 様々な視点. まず撮影を行うにあたって、撮影のための知識やカメラの操作方法について学んだ。以下はその 内容について述べる. まず撮影のための知識として、学んだことについて述べる.

プロジェクト名:クリエ映像制作プロジェクト. ミッション名:視線追跡技術を用いた観光映像の作成. また、実験で使用する映像を動画ファイルとして作成したため、これをアップロードやダウンロー ドすることで、より多くの人に対して学習を行うことが可能なシステムとなった.

ݣٳ঺ௐᴾ

そこで我々は P300 という脳波に着目し、オレンジジュースを 用いて P300 を計測することを今年度の目標として活動を行うこ とにした(図 1). 以上より、味覚刺激によって脳波を計測することは可能であると判明した. 今年度の活動の結果、味覚刺激によって脳波を計測することは可能であると判明した。しかし、.

KPF9CXGƱ5RJGTQ

KPF9CXG

5RJGTQ

5RJGTQ524-

そして、これらの学習を行うために MindWave(図1)という脳波計で計測し た数値を用いて、球形ロボットの Sphero を動かすシステムを作成することを 本ミッションの目標とした。また、作成したシステムを利用して 2018 おもしろ 科学まつりに出展することで問題点を洗い出し、操作性の向上などを図ること を中間目標とした. Sphero SPRK+を動かすプログラムの作成である。Sphero SPRK+を再度使用することを判断した理 由は、Sphero Edu がアップデートされたことにより、PC での使用が可能になっていたからである. また、今年度の活動の中で完成させることが出来なかった、MindWave から受け取った数値で Sphero SPRK+を動作させるシステムの作成についても今後の活動として行う予定である.

ȄǢȸ࢘ଐƷಮ܇

場所がきまり、次に情報を伝える手段を考え、紙芝居形式で発信することで小学生が飽きること なく学ぶことができるのではないかと考えた。小学生に楽しく高野山について知ってもらうために、. 実施内容は活動報告プレゼンと各活動のポスターセッション、これまでの活動からちいきと学生に 何が生まれたのかを討議するパネルディスカッションであった. そこで WAKA×YAMA というプラットホームを設けることで、大学生をはじめとした学生の活動の場を増 やすことを目的としている.

અ஖৖ॶɼݳয়

本ミッションでは、大学構内の任意の場所に簡単なものであるが風速計と雨量計を設置し、気象データ の観測、分析を行い、その結果をSNSなどで発信する。この発信をきっかけに、自然災害や防災に関心 を寄せてもらうことが目的である. 気象庁作成の「気象ガイドブック」を参考に設置場所を探った. ③IOTを使った気象観測について知った.

参照

関連したドキュメント

雑誌『教育音楽』は1922(T11)年12月に東京音楽

市販のマイクロコンピューターのプリンターポ‑トに本機を接続し、図5の如きプログラムを

一方では,表現活動という学習そのものは,直接五感による即物的か舌動であるために「実

微動のスロー・モードでフィードバックをかけていく

109

期末試験(60%) ,授業への積極的な取り組み(40%) 。期末試験 (100 点満点 ) を 0.6

プログラムの回数は全 5 回程度とし、隔週か ら 4 週間ごとに実施する。また、プログラムを 実践中に、月経を 2 回程度は経験するように期

つ ま り、労働 の意義 を理解す るための職場体験や 、裁 判 の仕組 み を失口るた めに模擬裁判 を行 うといった よ う な活動 を、「道徳 Jの 授 業 に導入す ることが、ここで提 案