• 検索結果がありません。

コ ヴ ェ ン ト リ ー = サ イ ク ル 劇 ︵ XVII ︶

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2023

シェア "コ ヴ ェ ン ト リ ー = サ イ ク ル 劇 ︵ XVII ︶"

Copied!
32
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

XVII

橋 本   侃

写 本 左 百 二 十

︵ 1

ラザ 神よ

︑ あ な た は 無 か らす べ て の も の を 創ら れ ま し た

︒ ご 意 向 に合 わ せ

︑ 一 つ 一 つ の物 を 創 ら れ ま し た︱

︱ 手 作 り にさ れ た 人 間 を 除 い て︒ そ れ は あな た が 質 の 高 い 実 体を 持 た れ る 主 だ から で す

︒ お お

︑ 慈し み 深 い 神 よ

︑ お 心の ま ま に

︑ い ま こ の時

︑ こ の 身 を 病 か ら楽 に し て く だ さ い! こ の 病 をと お し て 悔 い 改 め がで き る こ と が

︑ 頭 が 痛 くな る ほ ど 考 え て

︑ やっ と い ま 分 か り まし た

(2)

︵ 2

︶ お 姉 さ んの マ ル タ と マ グ ダ ラの マ リ ア

︑ 急 い で 手を 貸 し て

︑ ぼ く を ベッ ド に 寝 か せ て くだ さ い

10 ひ ど く 気分 が 悪 い の で す

︒ こ の 大 病か ら は

︑ も う 逃 れ られ な い か も し れ ない

︒ き っ と 死は も う そ こ ま で 来 てい る

︒ 手 を 貸 して 寝 室 に 連 れ て 行 って く だ さ い

︒ こ の 大 病の 勢 い が 衰 え て く れる と い い の で す が︑

15 ベ ッ ド に横 に な っ た ら

︵ 3

マル 弟の ラ ザ ロ

︑ 元 気 を 出し て く だ さ い

︒ 病 の 勢 いが 衰 え て く れ る と いい わ ね

︒ さ あ

︑ この ベ ッ ド の 上 に 横 にな っ て

︱︱ つ と め てぐ っ す り 眠 る よ う にし な さ い

20 マリ さあ

︑ 優 し い 弟

︑ お 願い だ か ら 気 分 を 高揚 さ せ な さ い

︑ 気 弱に な ら な い で

︒ う ち の 中の 家 族 み ん な の 気 分は 重 く な っ て し まう

(3)

お 前 が 死病 に 取 り つ か れ て しま っ た ら

︵ 4

ラザ 愛し い お 姉 さ ん た ち

︑実 際 に 眠 れ な ん です

︱︱ 病 は ど んど ん 悪 く な る ば か りで す

︒ お 願 い です か ら

︑ ぼ く の 世 話を よ く 見 て く だ さい

︑ こ の 痛 みか ら 開 放 さ れ る 時 まで

マル 神よ

︑ お 恵 み を

︑ 痛 みが と ま り ま す よ うに

百 二 十 お 前 を 治し て く だ さ い ま す よう に

! さ も な いと

︑ わ た し た ち の 喜び は 目 減 り し て しま う

︑ お 前 が 横た わ っ た な り

︑ ひ どい 痛 み に 縛 り つ けら れ た ま ま に な るな ら

︵ 5

マリ ああ

︑ 弟 よ

︑ 弟 よ

︑ 気分 を 高 揚 さ せ な さい

︱︱ そ ん な 暗い 顔 つ き を 見 て い ると 胸 苦 し く な る

︒ 死 が お 前を わ た し た ち の も とか ら 引 き 裂 い て しま う の な ら

︑ そ の 時 こそ

︑ わ た し た ち は 苦し み に 引 き ず り 込ま れ て し ま う の です

︒ お 前 は 血縁 の 弟 な の で す

︒ も し も

︑お 前 が 死 ん で も し たら

︑ わ た し た ち に男 の き ょ う だ い は誰 も い な く な る

(4)

わ た し たち の 気 分 は 落 ち 込 んで し ま う

︱︱

﹁ こ の 世 か ら い なく な る

﹂ な ど と

︑ お前 が 告 げ た ら

40

︵ 6

見舞 い客 マ ル タ さ ん に

︑ マリ ア さ ん

︑ お 弟 さ んが ど ん な 具 合 か

︑ わた し た ち に も 見 せて く だ さ い

マル 加減 が 悪 く

︑ ひ ど く 痛が っ て い ま す

︒ こ の ま ま死 ん で し ま う の で はな い か と 心 配 で す︒ マリ きっ と 誰 で も 哀 れ と 思っ て く れ る で し ょう

︱︱

45 あ の 子 の焼 け る よ う な 熱 に 触っ た ら

見舞 い客 そ ん な こ と を

︑ ほん の 少 し で も 考 えた ら い け ま せ ん

︒ す っ か り元 気 に な っ て く だ さい よ

︵ 7

マル あの 子 の 顔 色 が す っ かり 変 わ っ て し ま った こ と を 誰 が 信 じら れ ま す か

? さ あ

︑ あな た

︑ ベ ッ ド へ 行 って

︑ 見 て や っ て くだ さ い

50 マリ これ で 命 が 永 ら え た ら不 思 議 で し ょ う ね︒ で も

︑ 神が そ の よ う に お 望 みだ か ら

︑ き っ と 永ら え る は ず で す

︒ お 友 だ ちの 皆 さ ん

︑ ど う ぞ お願 い で す

︑ 元 気 づけ て や っ て く だ さい

(5)

わ た し たち に は 慰 め て や れ ない の で す

︒ あ あ︑ 悲 し い!   苦 しい の は︑ 悲 し みの せ い で︑

左 百二 十 八

︵ こ の 心 臓が 驚 く ほ ど 大 き くな っ て い る か ら で す︒

︵ 8

見舞 い客 こ ん に ち は

︑ ラザ ロ さ ん

︑ ご 機 嫌 いか が で す か

︑ ご 気 分 はど ん な ふ う で す か︒ ラザ 病を 気 遣 う せ い で 気持 ち が 激 し く ゆ す ぶら れ て い ま す

︱︱ こ の 世 から

︑ こ の わ た し を死 が い つ 出 立 さ せ るの か を 見 守 る だ けで す

見舞 い客 す っ か り 良 く なっ て 丈 夫 に な る は ずで す

︑ も し 高 揚し た 気 分 が 習 い 性と な れ ば

ラザ 死が わ た し に 槍 を 投げ つ け る 時 に は

︑ す っ か り治 っ た こ と は 治 った が

︑ お 棺 の 上 に 横た わ っ て い る こ とで し ょ う

︵ 9

見舞 い客 気 持 ち を 楽 に して

︑ そ ん な こ と を 考え な い こ と で す

︒ そ ん な つま ら な い 考 え な ど追 い 出 し て し ま う こと で す

︱︱ そ ん な 考え 違 い を し て い ると

︑ 自 分 を 苦 し め

︑ そ れ だ け早 く 死 が や っ て 来る 原 因 に な り か ね ませ ん

(6)

見舞 い客 大 病 に か か っ て いて も

︑ 自 分 自 身を し っ か り 信 じ る こと で す

︱︱

70 信 じ ら れな い の な ら

︑ 当 然 だと 思 い ま す よ

︑ 死 ん だ ら︑ 土 く れ に 投 げ 捨 てら れ る だ け だ と

︵ 10

見舞 い客 い ま ま で に も

︑ 大病 を 抱 え て い た が︑ 後 に な って 健 康 を 取 り 戻 す 人は 多 い し

︑ そ れ に 劣ら な い ほ ど の 数 に おい て

75 治 る は ずの 自 分 が 信 じ ら れ なく て

︑ 自 殺 し て しま う 人 も 多 か っ た︒ あ な た はま と も な 頭 の 持 ち 主だ か ら

︑ 病 に 苦 しめ ら れ て い る か ら 気分 は 悪 い で し ょ うが

︑ 全 力 を 挙げ

︑ 気 力 を ふ り し ぼり

︑ 意 思 を 尽く し て

︑ 自 分 を 励 まし て く だ さ い

80

︵ 11

ラザ この 病 に あ ら が う の は安 易 な こ と で は あり ま せ ん

百 二 十 九 頁 わ た し の親 愛 な る 先 生 で あ るイ エ ス

= キ リ ス トは わ た し が病 気 で あ る こ と を 知っ た ら

(7)

必 ず こ こへ 直 ぐ に や っ て こ られ る は ず で す

見舞 い客 で は

︑ わ た し が 使者 と な っ て イ エ ス様 の と こ ろ に ゆ き

︑ あ な た がご 病 気 で あ る こ と を必 ず 伝 え ま し ょ う︒ い い で すか

︑ 元 気 を だ し て いて く だ さ い よ

︑ わ た し が行 っ て

︑ 帰 っ て く るま で は

︵ 12

マル では

︑ 優 し い お 友 だ ち︑ こ の よ う に お 伝え く だ さ い

︱︱

﹁ あ な た に 愛 さ れて い る 者 が 大 病 に かか り ま し た

︑ こ こ に いら し て

︑ わ た し た ちを 慰 め て く だ さ い︒

﹂ 申 し 上 げて く だ さ い

︑﹁ 優 し い 心 配 りを し て く だ さ る よ うに

︑ と 祈 り ま し た﹂

︑ と マリ わた し た ち は こ の 身 を気 高 く 尊 い あ の 方の 身 に 託 さ せ て いた だ き ま す の で わ た し たち の 心 の 苦 し み の すべ て を お 伝 え く ださ い

︒ あ の 方 がわ た し た ち の 重 い 心を 慰 め て く れ な いの な ら

︑ こ の 世 の喜 び は き っ と 消 え てな く な っ て し ま うで し ょ う

︵ 13

見舞 い客 す べ て の 事 情 を

︑こ ま ご ま と し た とこ ろ ま で

︑ お っ し ゃっ た ま ま に お 伝 え しま し ょ う

(8)

さ あ

︑ あな た 方 は お 弟 さ ん の所 へ お 戻 り く だ さい

︑ お 大 事 に

︒ こ れ か ら真 っ 直 ぐ に 行 き ま す︒

︹ 退 場︒

100 マル

︹ 弟 へ

︺ ど んな 具 合 か 聞 か せ てご 覧

︒ な に が 食べ た い の

︑ な に が 飲み た い の

? さ あ

︑ いい こ と

︑ 好 き な も のを 言 っ て ご 覧

︑ こ れ だ と考 え て い る も の を 出し て あ げ る か ら

︵ 14

ラザ ぼく の 気 息 は と ま り

︑息 の 根 が と ま っ た︱

105 ぼ く の 命を 終 わ り に し よ う と死 が や っ て き た

︒ こ の 魂 を天 の 神 に ゆ だ ね ま す︒ さ よ う なら

︑ お 姉 さ ん た ち

︱︱ ぼく は こ の 世 か ら いな く な り ま す

︹コ コ デ

︑ ら ざ ろ ハ 死ヌ

︒︺ マリ ああ

︑ 悲 し い

!   苦 しく て 髪 を か き む しる だ け

左 百 二 十 九 い ま ま で生 き て い た 愛 し い 弟は 死 ん で こ こ に 横た わ っ て い る

110 た っ た いま

︑ わ た し た ち は 信用 で き る 友 を 失 って し ま っ た

︱︱ 親 族 の うち で も っ と も 血 の 近い 者 だ っ た

︵ 15

(9)

マル ああ

︑ あ あ

︑ 悲 し い

! い ま は もう

︑ わ た し た ち 二 人に 男 の き ょ う だ いが い な く な っ た

︒ 弟 を 亡 くし た 悲 し み で

︑ わ たし の 心 臓 は 土 く れの よ う に 冷 た い

︒ あ あ

︑ 誰が わ た し た ち の 悲 しみ を 慰 め て く れ るの だ ろ う か

! わ た し たち 以 上 に 悲 し み に くれ る 女 は い ま ま でに い な か っ た

! あ あ

︑ 妹の マ グ ダ ラ の マ リ ア︑ 聞 か せ て

︑ な にを し た ら い い か を

︑ こ の 重 い気 持 ち を 軽 く す る には ど ん な 助 け が ある の か し ら

︱︱ 弟 が 死 んで

︑ 逝 っ て し ま っ たい ま と な っ て

︵ 16

マリ ああ

︑ 愛 し い お 姉 さ ん︑ わ た し の 口 か らは 出 て こ な い

︑ わ た し にど ん な 慰 め が で き るの か

︑ ど う し て も口 に 浮 か ん で こ な い︒ い っ そ 誰か に 殺 し て も ら っ て︑ 弟 の そ ばに 一 緒 に 倒 れ て

︑ 死に ま し ょ う よ

︒ あ あ

︑ 悲し い

!   弟 は な ぜ 一人 き り で 逝 っ て しま っ た の

? 一 緒 に 死ん で い た ら

︑ わ た し たち の 悲 し み の す べ ては 喜 び に 変 わ っ てい た で し ょ う に

︱︱ す べ て の喜 び は

︑ い ま や

︑ 悲し み に 変 わ っ て しま っ た

(10)

︵ 17

見舞 い客 気 持 ち を 楽 に し て︑ す べ て の こ と を神 に 感 謝 し ま し ょ う︱

︱ 死 は 人 間の 一 人 残 ら ず に 必 ず来 る も の で す

130 死 が わ れわ れ に 襲 い か か る のが 一 体 い つの こ と か

︑ 地 上 の 者に は 当 て る こ と はで き ま せ ん

マル わた し た ち が 死 ぬ の は確 か な こ と で す

︒ そ う で あっ て も

︑ 親 切 気 が あふ れ る 体 液 で あ る血 液 を 多 く 持 つ 人 は 死 が 弟 を連 れ 去 っ た の で

135 そ の 埋 葬を 嘆 き 悲 し む に 違 いあ り ま せ ん

︵ 18

見舞 い客 友 だ ち の 皆 さ ん

︑お 願 い で す

︑ 静 かに し て く だ さ い

百 三 十 い く ら 泣い た っ て

︑ 元 に 戻 すこ と は で き ま せ ん︒ だ か ら

︑そ の よ う に 嘆 く の はも う や め に し て

︑ ラ ザ ロ さん を 土 の 穴 へ 埋 め るの に 手 を 貸 し て くだ さ い

140 マリ ああ

︑ 悲 し い

!   こ の心 臓 は と ま っ て しま う

﹁ ラ ザ ロ を 土 に 葬ら な く て は な ら な い﹂ な ど と い う 言 葉を 聞 く と

! 誰 か が わた し の 喉 を 切 っ て くれ た ら い い の に

︱︱

(11)

そ う し てく れ た ら

︑ 洞 穴 に 一緒 に 横 た わ る こ とが で き る の に

︵ 19

見舞 い客 弟 さ ん は 頭 と 足 がぐ る ぐ る 巻 き に され て い ま す

︑ 美 し い

︑き れ い な 布 で

︒ 皆 で 地 の底 ま で 真 っ 直 ぐ 運 んで 行 き ま し ょ う

︑ お 墓 に しよ う と あ な た た ち が思 っ て い る 所 ま で︒ マル そん な 穴 を 見 る な ん て︑ 大 嫌 い

! で も

︑ 状況 が こ れ 以 上 は 良 くな ら な い の だ か ら︑ あ な た たち 三 人 で 死 体 を 持 って く だ さ い

︑ 妹 と 足 元に 気 を 配 り な が ら

︑後 ろ か ら つ い て ゆき ま す

︹コ コ デ

︑ 亡 骸 ハ 墓 所ヘ 運 バ レ ル

︒︺

︵ 20

マリ ああ

︑ 悲 し い

!   他 の慰 み が 見 え て こ ない

︱︱ あ る の は悲 し み と 気 が か り と嘆 き ば か り だ

︒ 悲 し み に沈 ん だ 二 人 の 女 が

︑そ の 弟 を 埋 葬 し なく て は な ら な い

︒ あ あ

︑ 悲し い

!   死 に は わ たし を 殺 す つ も り など な い

︑ た と え

︑弟 と 一 緒 の 穴 に 入 って も

(12)

こ れ ま で以 上 に

︑ そ の 穴 の 中で 一 緒 に い た い のに

︱︱ そ の 時 には 悲 し み の す べ て がわ た し か ら な く なっ て し ま う で し ょ う︒ し か し

︑い ま は

︑ 大 き な 悲 しみ が わ た し の 傷 口を 大 き く 広 げ て い ます

160

︵ 21

見舞 い客 こ の 死 か ば ね を この 穴 に 埋 め よ う

︱︱ 魂 の ほ うは 全 能 の 神 が 取 ら れる か ら

︒ そ れ か ら︑ こ の 墓 を こ の 石 で閉 じ よ う

︑ 飢 え た 毛だ 物 か ら

︑ か ば ね を守 る た め だ

マリ あ あ

︑と う と う︑ 洞 穴に 運 び 入れ ら れ てし ま っ た︒

左百 三 十 165︵

︶ こ ん な 光景 を 見 る と

︑ あ あ

︑こ の 心 臓 は 苦 し さに と ま っ て し ま う

! 皆 さ ん

︑こ の 墓 の 脇 に 腰 を 下ろ し

︑ こ こ を 立ち 去 る ま で

︑ 思 う 存分 泣 き ま し ょ う

︵ 22

マル 誰が わ た し た ち が 泣 くの を や め さ せ ら れま し ょ う

︑ こ の よ うな 光 景 を 目 の 前 に して は

170 あ あ

︑ 悲し い

!   ど う し て わた し た ち を 死 は 連れ て 行 か な い の で しょ う

︱︱ こ う し て︑ わ た し た ち を 死 んだ と 同 じ 目 に あ わせ て い る と い う の に!

(13)

見舞 い客 恥 ず か し い か ら

︑も う 立 ち ま し ょ う︱

︱ し た ら いけ な い こ と を し て いま す

︒ こ の 墓 から 直 ぐ に 立 ち 去 る ので す

! こ れ は 神の 力 に 敵 意 を 抱 く こと で す

︑ 高 き 神 にた い し て 罪 を 犯 し てい ま す

︵ 23

マリ 皆さ ん と ご 一 緒 に 帰 りた い の で

︑ ま ず そ の前 に

︑ 弟 の 墓 に 接 吻さ せ て く だ さ い

︒ あ あ

︑ 悲し い

!   こ の 苦 し みか ら わ た し を 救 って く れ そ う な 人 は 誰も い な い

︒ さ よ う なら

︑ わ た し の 弟

︑ さよ う な ら

︱︱ わ た し の喜 び だ っ た

見舞 い客 家 ま で お 送 り し まし ょ う

︒ ど う ぞ 元気 を 出 し て く だ さ い! お 二 人 がな さ れ て い る こ と を見 ま す と

︑ ひ ど い間 違 い を 犯 し て い ます よ

︱︱ 場 違 い のよ う に

︑ ひ ど く お 泣き に な っ て い る

︵ 24

マル それ で は

︑ 家 に 帰 り まし ょ う

︑ う ち ま で戻 り ま し ょ う

︒ ど う ぞ ご一 緒 し て く だ さ い

(14)

ほ ん の 少し で い い の で す か ら︑ わ た し た ち を 慰め て く だ さ い

︑ わ た し たち の 悲 し み が 消 え てな く な る ま で

見舞 い客 あ な た が た を い つで も お 慰 め で き るよ う に

︑ こ の 家 に昼 も 夜 も 留 ま り ま しょ う

190 そ し て

︑広 い こ の 世 を お 創 りに な ら れ た 神 が 一 番 の 慰め と な り ま す よ う に願 い ま し ょ う

︹コ コ デ

︑ 使 者 ト ナ ッタ 見 舞 イ 客 四 ガ いえ す ノ 意 向 ヲ 聞 ク

︒︺

︵ 25

見舞 い客 イ エ ス と 呼 ば れ る︑ 聖 な る 預 言 者 よ!

百 三 十 一 マ ル タ とマ グ ダ ラ の マ リ ア の二 人 の き ょ う だ いが あ な た のご 高 名 に 望 み を 託 して

195 こ の よ うに あ な た に お 伝 え する よ う に と

︑ わ たし に 命 じ ま し た

︱︱

﹁ あ な た が 愛 し てお ら れ た ラ ザ ロ が

︑ ひ ど い 大病 に か か り ま し た

︒ ラ ザ ロ の所 へ 来 て い た だ き たい

﹂ と 言 う よ う に頼 ま れ ま し た

﹁ も し も あ な た 様が 望 ま れ る の な ら ば﹂ と

200

︵ 26

(15)

イエ ラザ ロ は 死 病 に 取 り つか れ た の で は な い︒ こ れ は 神の 偉 大 な 栄 光 を 証 明す る た め の も の

︱︱ そ の 病 気は 神 に よ っ て 決 め られ た も の で

︑ 神 の 御 子の 栄 光 を 称 え る た めの も の だ

使者

︵見 舞い 客四

お 二人 はす ぐに 死な れて しま うの では ない かと 心配 され てい ます

︒ 痛 ま し いこ と に

︑ 大 病 が ラ ザロ を 捕 え ま し た

︒ 燃 え 上 がる 体 熱 で 血 は 干 上 がり

︑ お 二 人 が話 し て い る 間 に も

︑あ の 人 の 顔 色 は 変わ り ま し た

︵ 27

イエ もう 一 度

︑ 取 っ て 返 して

︑ こ の よ う に 二人 に 言 い な さ い

﹁ 行 か れ る 時 に そち ら に 行 く

﹂ と

使者

お お︑ 預 言 者 の イ エ ス 様︑ お 命 じ に 従 い

︑ お っ し ゃる と お り に お 伝 え しま す

イエ 行き ま し ょ う

︑ 兄 弟 たち

︑ 歩 い て ゆ き まし ょ う

︑ 直 ぐ に

︑ユ ダ ヤ 人 た ち の と ころ へ 行 き ま し ょ う︱

︱ 二 人 は たっ ぷ り 一 日 か け て も行 け な い 所 に い る︒ だ か ら

︑少 し 時 刻 は 早 い が

︑こ れ か ら 直 ぐ に 出か け よ う

(16)

︵ 28

使徒 一同

ま た も や ユ ダ ヤ 人 たち は 荒 れ 狂 っ て おり ま す

︒ そ ん な 所に い ら っ し ゃ っ た りし た ら

︑ 殺 さ れ てし ま う で し ょ う

︱︱ 石 で も って あ な た を 殺 そ う と探 し て い た く ら いで す か ら

左 百 三 十 一 そ れ に もか か わ ら ず

︑ あ な たは ま た も や

︑ そ こへ 行 か れ る お つ もり だ

220 イエ さあ

︑ い ま 確 か に 十 二時 に な っ た

︱︱ こ れ で 晴れ 晴 れ と ユ ダ イ ヤ 人の 中 を 歩 け る

︒ 岡 で も 平野 で も

︑ ど こ を 歩 いて も

︑ つ ま ず き はし な い だ ろ う

︑ ま だ 明 るい う ち に 道 を 行 く のな ら

︵ 29

︶ し か し

︑も し も 夜 に な っ て 歩く こ と に な れ ば

225 そ の 夜 陰に ま ぎ れ て

︑ 人 間 は直 ぐ に あ や ま ち を犯 す

︱︱ 姿 が は っき り と 目 に 見 え な いか ら だ

︒ そ ん な 暗闇 だ と 足 に け が を する に き ま っ て い る︒ し か し

︑そ れ に も か か わ ら ず︑ こ の 件 に 関 し て言 え ば

︑ つ ま り

︑ユ ダ ヤ 人 の 所 へ 行 く理 由 は

230 急 い で 寝床 か ら 起 こ す た め だ︑

(17)

眠 っ て いる

︑ わ た し た ち す べて の 友 だ ち の ラ ザロ を

︵ 30

使徒 一同

ラ ザ ロ は 病 気 か ら 救わ れ ま し ょ う

︱︱ も し も 眠っ て い る だ け と い うの な ら

︑ い い 兆 候で す ね

イエ ラザ ロ は 死 ん で

︑ 墓 に横 た わ っ て い る

︒ 眠 っ て いる の を あ な た た ち は間 違 え て

︑ 死 ん でい る と 考 え て い る

︒ そ の 時

︑皆 も よ く 知 っ て い ると お り

︑ わ た し はそ こ に い な か っ た

︒ 今 度 の この こ と が あ な た 方 の信 仰 を 強 め る は ずな の で 非 常 に 喜 ん でい る

︒ そ れ ゆ え︑ あ な た が た に 事 実を 言 っ て お こ う

︱︱ わ た し たち の 友 は 死 ん で

︑ 土く れ の 下 だ

︵ 31

トマ それ な ら 真 っ 直 ぐ に そこ へ 行 く の が い いで し ょ う

︑ わ た し たち の 友 ラ ザ ロ が 死 んで い る 所 へ

︒ そ し て

︑一 緒 に 死 に ま し ょ う︑ ラ ザ ロ が横 た わ っ て い る の と同 じ 場 所 で

イエ ト マ ス︑ あ な たは 死 ぬこ と を 恐ろ し い と思 っ て いな い

百三 十 二

︵ 皆

︑ 急 いで 真 っ 直 ぐ に そ こ へ向 か う 道 を 取 ろ う︒

(18)

わ た し の神 性 の 偉 大 な 力 に よっ て ラ ザ ロ は眠 り か ら 目 を 覚 ま すは ず だ

︵ 32

使者

︵見 舞い 客四

こ ん に ち は

︑ マ ルタ さ ん に

︑ マ グ ダ ラの マ リ ア さ ん

︑ イ エ ス 様に あ な た が た の 言 付け を 伝 え ま し た

250 弟 さ ん の病 状 を 話 し ま し た

︑ 大 き な 痛み を 抱 え て 病 床 に ある と

﹁ う ろ た え て は いけ な い

﹂ と お 命 じ にな ら れ ま し た

﹁ 気 分 の 悪 さ の 一切 か ら 逃 れ さ せ て あげ よ う

﹂ と お っ しゃ い ま し た

︒ 寸 時 の うち に

︑ こ こ へ い ら っし ゃ る で し ょ う

255

﹁ 急 い で 行 く

﹂ とわ た し に お っ し ゃ いま し た か ら

︵ 33

マリ あの 聖 な る 預 言 者 の 来る の が 遅 す ぎ ま した

︱︱ 弟 が 埋 めら れ て も う 三 日 も たち ま し た

︒ 大 き な 石が 墓 穴 の 入 り 口 を ふさ い で お り ま す

︑ 弟 が 埋 めら れ た ま ま で

260 見舞 い客 神 よ

︑ ラ ザ ロ が 死ん で し ま っ た の です か ら

︑ そ の 魂 を 祝福 し て く だ さ い

(19)

そ れ で も︑ い い で す か

︑ つ らい と 思 わ な い で くだ さ い

︒ こ ん な にも 長 い こ と 泣 い て いる の は 間 違 い で す︒ 悲 し み のな ん の 助 け に も な りま せ ん

︵ 34

マル この 心 か ら 心 配 事 を すべ て 追 い 出 す た めに

︑ す べ て の悲 し み と 痛 み を 捨 て去 る た め に

︑ 街 に 出 かけ て ゆ こ う か し ら

︑ も し か した ら イ エ ス 様 に 会 える か ら

見舞 い客 い つ で も 神 が あ なた が た を 栄 え さ せて く れ ま す よ う に

! あ な た の妹 さ ん と わ た し は 一緒 に 留 ま り

︑ 一 所 懸 命に 慰 め

︑ す べ て の悲 し み を 捨 て さ せ るよ う に し ま し ょ う︒

︵ 35

見舞 い客 さ あ

︑ マ グ ダ ラ のマ リ ア

︑ 元 気 を 出し て く だ さ い

左 百 三 そ し て

︑心 で な く 頭 で も の を考 え て み て く だ さい

︱︱ ど の 創 造物 も こ の 世 か ら 去 らね ば な り ま せ ん

︒ こ の 世 から 出 て ゆ か な く て もい い 人 間 は 一 人 もい ま せ ん

(20)

死 は 誰 とも 友 に な り ま せ ん

︒ 死 は す べて の も の を 大 地 に 投げ 捨 て る の で す

︒ 神 が す べて の も の の 命 を 終 わり に す る 時

︑ 神 が 望 むほ ど 命 を 永 ら え る こと が で き る も の はな に も な い の で す

280

︵ 36

マリ 友だ ち の 皆 さ ん

︑ 力 づけ て い た だ い て あり が と う ご ざ い ま す︒ 頭 が 割 れる よ う に 痛 み ま す

︱︱ だ か ら

︑お 願 い で す

︑ こ こ にい る 間 だ け

︑ ほ ん の しば ら く 休 ま せ て ほ しい の で す

見舞 い客 西 も 東 も

︑ な に もか も 創 ら れ た あ の主 が

285 あ な た に恵 み を お 与 え に な って

︑ わ ず か で も 休む こ と が で き ま す よう に

! 神 に と って

︑ そ れ が 一 番 の 喜び に な る は ず で す︱

︱ こ の 世 を無 か ら 創 ら れ た の だか ら

︒︹ イ エ ス が 登 場

︒︺

︵ 37

マル ああ

︑ 慈 し み 深 い 主 よ︑ あ の 時

︑ こ こ にい ら し て く れ た ら よか っ た の に

︱︱ い ま ご ろは

︑ 弟 の ラ ザ ロ は 生き て い た で し ょ うに

290 で も

︑ お棺 に 横 た え ら れ て 三日 も 経 っ て し ま いま し た

(21)

死 ん だ 時に 埋 め た の で す

︒ そ れ に もか か わ ら ず

︑ 疑 い もな く わ た し に は わか っ て い ま す

︱︱ 神 に 願 った も の な ら な ん で も 気 高 い 神か ら い た だ く こ と にな る こ と を

︑ な に を 頼ん で も

︑ 叶 え ら れ るこ と を

︵ 38

イエ 弟の ラ ザ ロ を 再 び 起 き上 が ら せ

︑ も う 一 度︑ 生 き て い る 人 間 にさ せ よ う

マル わた し に は よ く 分 か って い ま す

︑ 偉 大 な最 後 の 審 判 で

︑ 弟 が 起 き上 が る こ と を

︑ そ して

︑ わ た し た ち も同 じ よ う に

イエ わた し が 甦 え る の を 目に す る は ず だ

百 三 加 え て

︑わ た し は 終 わ り の ない 命 で も あ る

︒ わ た し の中 で 死 に

︑ そ し て

︑生 き る 人 間 を 死 か ら 再び 生 へ と 向 か わ せ よう

︵ 39

︶ わ た し を厚 く 信 じ

︑ わ た し の説 教 に 従 っ て 生 き る人 は 誰 で も

(22)

終 わ り のな い 命 を 必 ず や 得 る︒ 永 遠 に 生き

︑ も は や 死 ぬ こ とは な い

︒ そ の 肉 体と 魂 は 必 ず 復 活 す る︒ 終 わ り のな い 喜 び を 得 る た めに

︑ こ の こ と を 信じ る の だ

310 マル おお

︑ キ リ ス ト よ

︑ あな た に 希 望 を 託 しま す

! あ な た は神 の 至 福 の 御 子 で す︒

︵ 40

︶ あ な た の父 は 終 わ り の な い 命の 神 で す

︒ あ な た 自身 は 命 と 慈 愛 の 子 です

︒ こ の 世 の惨 め さ を 終 わ り に する た め に

315 天 か ら 地上 へ の 道 を と ら れ まし た

イエ わた し が 天 の 力 の 偉 大な 慰 め で あ る こ とが ま も な くこ の 世 す べ て の 人 間に 明 ら か に さ れ るで あ ろ う

︒ 行 っ て 妹を こ こ へ 呼 び な さ い︒ マ グ ダ ラの マ リ ア を わ た し のと こ ろ へ よ こ し なさ い

320

︵ 41

マル お命 じ に な っ た と お り︑ 妹 を 呼 び ま し ょう

(23)

急 い で

︑二 人 と も 御 前 に ま いり ま し ょ う

マリ 悲し い わ

!   口 が 胆 汁の よ う に 苦 い

︒ 大 き な 悲し み が わ た し の 心 臓を 二 つ に 裂 い て しま っ た

︒ 弟 が 視 界か ら 消 え て し ま っ たか ら に は

︑ こ の 悲 しみ を 軽 減 す る よ う な楽 し み が あ る は ずが な い

︒ あ あ

︑ 悲し い

!   こ ん な に 苦し む な ら 産 ま れ てこ な け れ ば よ か っ た! 悲 し み が太 刀 と な っ て わ た しの 心 臓 を 切 裂 く

︵ 42

見舞 い客 す べ て を 創 ら れ た方 の 愛 し い 愛 に かけ て 言 う

左 百 三 し ば ら くの 間

︑ 泣 く の を や めな さ い

︒ 忘 れ て しま い な さ い

︑ あ な た をこ の 悲 し み に 追 い 込ん だ も の の こ と など す べ て を

見舞 い客 自 分 か ら わ ざ わ ざ邪 魔 者 に な っ て

︑ 気 づ か ない う ち に

︑ 命 を 縮 めて お い で だ

︒ 神 の 愛 にか け て 言 う

︑ 悲 し むの は も う や め な さい

︑ 良 き 分 別を も っ て

︑ 気 苦 労 はも う や め な さ い

︵ 43

(24)

マル 妹の マ グ ダ ラ の マ リ ア︑ 泣 き 部 屋 か ら 出て 来 て

! わ た し たち の 先 生 が い ら し たわ

︱︱ わ た し の 言 っ てる こ と は 本 当 よ

︒ あ な た を呼 ん で く る よ う に と︑ こ の 場 所 ま で わた し を 来 さ せ た の

︒ お 願 い だか ら

︑ 急 い で 出 て 来て ち ょ う だ い

340 マリ ああ

︑ こ ん な に 長 い こと

︑ 先 生 は ど こ にい ら し て い た の か しら

? 悲 し い わ!   ど う し て も っ と早 く こ こ へ 来 て くれ な か っ た の か し ら? 急 い で お姉 さ ん の 後 ろ か ら 付い て 行 き ま す

︑ そ こ へ 行く ま で 時 間 が か か ると 思 う け ど

︵ 44

見舞 い客 友 だ ち の 皆 さ ん

︑お 願 い で す か ら 聞い て く だ さ い

345 こ の 女 性の 後 に つ い て

︑ 道 を急 ぎ ま し ょ う

︒ 本 当 に 心配 な の で す

︑ 悲 し さ のあ ま り

︑ 自 分 の 身 を傷 つ け て し ま う ので は な い か と

見舞 い客 り っ ぱ な 弟 さ ん が記 憶 に 残 っ て い るん で す ね

︒ 飲 ま ず 食わ ず で

︑ 眠 り も し ない で

350 つ い に は弟 さ ん の 墓 に 真 っ 直ぐ 入 る つ も り だ

︱︱ 気 違 い 女の よ う に

︑ 狂 っ た よう に 泣 こ う と し てい る ん だ

(25)

︵ 45

マリ ああ

︑ 支 配 し て お ら れる 主

︑ 愛 し い 先 生! あ の 時

︑わ た し た ち と 一 緒 にい ら っ し ゃ っ て いた ら

︑ 弟 はい ま こ こに 生 き てい た のに

!                               百三 十 四

︵ 死 な な いで

︑ 生 き て こ こ に いた の に

! 死 に 抵 抗し て も か な わ な い ので す

︒ 悲 し い わ!   わ た し の 心 は 不思 議 な く ら い 悲 嘆に く れ て い ま す

︑ 弟 が こ の場 に い な い こ と を 考え ま す と

︒ あ な た も心 か ら あ ん な に も 愛し て く だ さ っ た

見舞 い客 弟 さ ん の 偉 大 な 死で 思 い 起 こ す の は︑ わ た し たち に と て も 優 し く

︑良 く し て く れ た こと で す

︒ こ の よ うな こ と を 思 い 出 す と︑ わ た し た ち の 心臓 は と ま っ て し ま う︒ 弟 さ ん を失 っ て し ま っ て

︑ わた し た ち の 気 持 ちは 傷 つ い て し ま っ た︒ 見舞 い客 あ ん な に い い 隣 人は い な か っ た

︑ 誰 に た いし て も 本 当 に 優 し かっ た

︒ 飲 み 物 と食 べ 物 を ふ る ま っ て︑ わ た し た ち を 元気 に し て く れ た

︒ あ の 人 が逝 っ て し ま っ た か らに は

︑ わ た し た ちに も う 友 は い な い

(26)

︵ 46

イエ あな た た ち が 泣 い て いる の で わ た し も 我慢 で き な く な っ た

︱︱ 良 い 友 だち を 亡 く し た の で わた し も 泣 い て い る︒

370 我 慢 で きな く て

︑ ど う し て も嘆 い て し ま う

︱︱ あ な た たち と 同 じ よ う に

︑ わた し も 泣 か せ て おく れ

︹コ コ デ

︑ い え す ハ 涙ヲ コ ボ ス

︒︺ 見舞 い客 ご 覧 く だ さ い

︑ この 預 言 者 が 泣 い てい る さ ま を

! 本 当 に 不思 議 な く ら い 真 剣 にラ ザ ロ を 愛 し て いた の だ

︒ そ う で なか っ た ら

︑ あ の 人 のた め に こ ん な に も泣 く は ず は な い

375 愛 し て いる か ら こ そ

︑ そ れ だけ よ け い に 泣 い てし ま う の だ

︵ 47

見舞 い客 お 前 の 話 な ど 藁 一本 の 価 値 も な い

︱︱ なん の 必 要 が あ っ て 泣く の だ

? 目 が 見 えな い ま ま で 生 ま れ た人 に は 視 力 を 与 えな か っ た

︒ な ら ば

︑友 だ ち に 命 を 与 え るこ と は で き な か った の で は な い か

左 百 三 十 四 あ の ま った く 同 じ 高 い 力 の 働き に よ っ て さ え も!

380 イエ どこ に 埋 め ら れ て い るの か を 直 ぐ に 言 いな さ い

︒ 墓 へ 真 っ直 ぐ に 通 じ て い る 道に わ た し を 連 れ て行 っ て お く れ

(27)

マル 主よ

︑ あ な た の ご 意 思に 従 っ て

︑ 直 ぐ にお 連 れ し ま し ょ う

︑ 弟 が 横 たわ っ て い る 洞 窟 の しか る べ き 場 所 に まで

マリ 使い の 者 に 言 付 け を 持た せ て 送 り 出 し て︑ 半 マ イ ルも 行 か ぬ う ち に

︑ 弟 は 死 にま し た

︒ わ た し た ちは 抱 え 上 げ て こ の 墓 の中 に 運 び

︑ 直 ぐ に 埋め ま し た

イエ 神の 力 が あ な た た ち 一人 一 人 を 喜 ば せ るこ と に な る だ ろ う

︱︱ こ こ を 立ち 去 る 前 に

︑ そ の よう な 光 景 を 見 る こと に な る の だ

︒ 穴 を ふ さい だ 石 に 両 手 を し っか り 据 え て

︑ 入 口か ら ど か し な さ い

︒ そ の 後 で︑ 友 の ラ ザ ロ の 姿 をわ た し に 見 せ て おく れ

︵ 48

マル いま よ り ず う っ と 前 から 悪 臭 を た て て いま す

︒ 死 ん で 三日 が 経 っ た の は 確 かで す

︒ い ま ま でと 同 じ よ う に 横 た わっ た ま ま に さ せ てお き ま し ょ う

︱︱ 怖 い の です

︑ 死 か ば ね の 悪 臭の せ い で

︑ わ た した ち に も 害 が 及 ぶ かも し れ ま せ ん イエ すで に 言 っ て お い た よう に

︑ も し も あな た た ち の 信 仰 が 厚け れ ば

︑ 自 分 の 目で 神 の 姿 を 見 る は ずだ

(28)

わ た し が勧 め て い る よ う に

︑石 を ど か し な さ い︒ あ な た たち は 神 の 栄 光 を 間 もな く 目 に す る だ ろう

400

︵ 49

見舞 い客 お 命 じ に な っ た こと を 急 い で や り まし ょ う

︒ 手 を 石 に据 え て

︑ 皆 で 手 伝 って く だ さ い

︒ お 願 い だ︑ 皆 さ ん

︑ 持 ち 上 げる の を 手 伝 っ て くだ さ い

︱︱ わ た し 独り で は 持 ち 上 げ ら れま せ ん

見舞 い客 確か に

︑ これ は 重い 石 だ

百三 十 五 405︵

︶ 重 い の なん の

︑ 大 変 な 重 さ だ︒ 見舞 い客 た と え 二 倍 の 重 さが あ ろ う が

︑ 四 人 で かか れ ば 持 ち 上 が る でし ょ う

︵ 50

見舞 い客 さ あ

︑ 石 を 洞 窟 口か ら 取 り 除 い た ぞ︒ 痛 ま し い光 景 を 見 る こ と に なる だ ろ う

︱︱

410 こ の 墓 に横 た わ る 死 体 を み るの だ

︒ 布 に 包 まれ て い る か ら 哀 れ を催 さ れ る ぞ

︹い え す ハ 天 ニ 目 ヲ 上ゲ テ 言 ウ

︒︺

(29)

イエ お父 さ ん

︑ 気 高 い 力 をお 持 ち の あ な た に感 謝 し ま す

︑ 今 日 の この 日 も

︑ わ た し の 祈り を 聞 き 届 け て くれ ま し た

︒ そ れ が 昼夜 の い つ で あ っ て も︑ わ た し の 言 う まま に い つ も 認め て く だ さ る こ と を良 く 承 知 し て い ます

︵ 51

︶ し か し

︑回 り に 立 つ こ の 人 たち の こ と で す が

︑ も し も

︑あ な た と わ た し の 力を 信 じ ら れ な い のな ら ば

︑ 疑 い を きれ い に 晴 ら す た め には

︑ 今 日 の この 日 に

︑ 皆 に わ た した ち の 力 を 目 に 物見 せ た ら い か が で しょ う か

︹コ コ デ

︑ い え す ハ 大声 デ 呼 バ ワ ル

︒︺ ラ ザ ロ よ︑ 何 に も 捕 ら わ れ てい な い 友 の ラ ザ ロ︑ そ の 深 い穴 か ら 直 ぐ に 出 て おい で

︒ 高 い 権 威の 偉 大 な 力 に よ っ て 地 上 で もう 一 度

︑ 生 き て い くの だ

︵ 52

ラザ 命じ ら れ た ま ま に

︑ 真っ 直 ぐ 起 き 上 が りま す

︒ 天 も 地 獄も 地 も

︑ あ な た の 命令 な ら 従 う は ず です

︱︱

(30)

あ な た は神 で あ り 人 間 で あ り︑ も っ と も 力 あ る主 だ か ら で す

︒ あ な た は生 と 死 と の 両 方 の 錠と 鍵 を お 持 ち で す︒

︹カ ク シ テ

︑ ら ざ ろ ハ手 足 ニ 布 ヲ 巻 カ レタ マ マ デ 墓 ノ 一 角 デ復 活 シ タ

︒︺ イエ ス  兄弟 た ち

︑ 行 っ て ラ ザロ を 解 き 放 ち な さい

左 百 三 十 五 縛 ら れ てい る 所 す べ て を ば らば ら に し な さ い

430 あ な た たち と 一 緒 に 歩 か せ て家 に 帰 え そ う

︒ 神 の 力 にか か れ ば

︑ こ の よ うな 奇 跡 で す ら

︑ なん の 不 思 議 も な い

︵ 53

ペテ お命 じ に な っ た よ う に︑ ラ ザ ロ の い ま しめ を 解 き ま し た

︒ こ れ で

︑す べ て の も の は あ なた の 権 威 に 膝 を 折ら な く て は な り ま せん

︒ こ の 偉 大な 奇 跡 に よ っ て

︑ わた し た ち に は

︑ はっ き り と 分 か り ま した

435 あ な た が実 際 に 神 そ の も の であ り 人 間 そ の も ので も あ る こ と が

ヨハ 誰の 目 に も あ な た が 神そ の も の で あ り 人間 で も あ る こ と が 分か り ま す

︑ か く も 偉大 で

︑ か く も 不 思 議な こ の 奇 跡 を 目 にし て

︒ 天 の 下 にあ る す べ て の も の はあ な た に 従 わ な くて は な り ま せ ん

︒ た と え あら が っ て も

︑ 死 は あな た に 打 ち 勝 つ こと は で き ま せ ん

440

︵ 54

見舞 い客 一同

声を 一 つ に し て 言 い ま す

︑ わ た し た ち は皆

︑ あ な た が 神 で あ る こ と が 分

(31)

か り ま した

︒ わ た し たち の 救 い 主 と し て あな た を あ が め ま す︒ わ れ ら の愛 の す べ て は

︑ い まや あ な た の 中 で 育っ て い ま す

︒ お お

︑ もっ と も 卓 越 し

︑ 支 配し て お ら れ る 主 よ︑ こ こ か ら立 ち 去 っ た 後 で も

︑慈 愛 を も っ て わ たし た ち を お 助 け く ださ い

! 死 に 向 かっ て あ ら が っ て み ても な ん の 助 け に もな ら な い

︱ あ な た の力 に あ ら が う こ と など で き な い か ら です

︒ わ た し たち が 死 な な い よ う に︑ い つ ま で も 命 ある 者 と さ せ て く だ さい

︵ 55

イエ 今こ そ

︑ わ た し は 誰 の目 に も 明 ら か に した

︑ わ た し の神 性 の 偉 大 な 栄 光 を︒ わ た し の受 難 に た い す る 準 備を す っ か り 整 え よう

︒ 死 な な くて は な ら な い 時 は 近づ い た

︱︱ す べ て の人 間 の 魂 を 贖 う た めだ

︒ い ば ら の冠 は わ た し の 頭 を 刺し 貫 く だ ろ う

︒ そ し て

︑カ ル ヴ ァ リ の 岡 の 上︑ 十 字 架 の上 で

︑ わ た し は 殺 され る こ と に な っ てい る

︹こ こ に

﹁ ラ ザ ロ の 甦り

﹂ が 終 わ り

︑﹁ 主 の 受 難

︵そ の 一

︶﹂ へ 続 く

︒︺

(32)

参照

関連したドキュメント

that the proliferation of all weapons of mass destruction constitutes a threat to international peace and security, Gravely concerned at the challenge that the nuclear tests conducted