ブラウニング詩集「男と女」-香川大学学術情報リポジトリ

37 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

歌うたう偲威し歌人の遼に耗甲射ねども一驚むるはうれし はるかな単量の彼方ぬ十手の入を遠く望みてほむるにあれ シティクスピアはわが詩人ならず、世界聖膵入な郎ぼ、 彼のため かれは語らず、されど放かためわれは語らむ。 ブラウニング耳強けくも チョーサー ありし日より 何人も汝のどと雄々し啓足取掛、探究の慧なこ、様々の 繋最もてゎが造を歩みしはあらザ?L缶も班淫蔚の閻に † かがやく新宅と たく恵L旦箪を はぷく変れ 蟄 アルプスの峯わたる軌とたわむる 歌い攻の歌学た歓をうたいつム 汝ヰろところ りト 崎 ′ヽ 第二サー窄∵筍キ疲

プラター∵ング詩栗東笠数﹂

評署2ぷ︰ノ試買警乱 肇①ヨe田

来 歴

千 尋

C芝野加計○げP 五入 轡 ダ も

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(2)

リレン半、㌢マル′フ

/ ゝ

尋.誹.

序− ブラサテング′挙詳○宅賢的∴票拍・よ咄︶の空相坐澹は、完≡奉から叫へ八九年ノに至るカナ七年の轟き

に及んで潜り、か軋る永い蟹蛋蒲に於耳驚く盲気功と情熱とを捧げて、多ぐの作品を筏しでいる。賢にイギ

ザス詫人中シュイゆ久世ア狩衣ぐ俺ガ墓相人とする鮎に於て、われわれ掠シモンズと見解を同じうしなけれぼな

らな㌔彼の活動期は大凡三つの段階紅分紆て考える′ごとが雷即であり・築山期竺八璧ハ年の結締迄の十コ毎 、−ノ ㌣ ﹁⊥ 問、攣惑は天六−奔お愛の寮の殆把至る迄の十五年問、聖廟は喋り望寺八年間で遜る。 新王期¢貴嬰な捧盃素顔紺れば、施鹿討条嘉−リン﹂、ハ評鼓nのこ洗山︶′に姶まりー﹁パラセんサス﹂︵詳. せ乳軒や︷監鳶、﹁スモフツアオド﹂ ︵St鼓象︶−∞雲︶、﹁ソーダがウ﹂ ︵S邑邑0−−琵○し㌧﹁鈴と柘.欄﹂ 儲貴官馬首常澄耳遠があり、琴或略ほ﹁クー芙芸凱警と﹁緩潜祭﹂︵㌘呂ma00・苧≡監詳t平に 警句ヾ トα∽①︶、し﹁男と整 態昌担已鰯ぷm貧しがおり、l幾≡期に放ては、﹁劇的人物﹂ も首訂意気官計数 ブラウニングは、かの劇的抒情詩︰マンスを替ん空相菓√﹁鈴と柘相﹂妄世に法って以菊、壱ぼらくの間攫 や食詰廃材公托するごとが賢いづたが、山八草m衝の秋掟至つて﹁男と女﹂を上梓Lた。詔冨永﹂は、﹁クリス ゥ﹂盲s監針鼠〇.竹富ひ︶に終っている。

血 忘葦牒輪卦﹂ハ摩遠望賢訂≠甘藍︶琴の彼の書不朽ならし鷲力作が雷I﹁アリランド

芸覇寂し竺l箆沼祭叫、㌻共に、\新調彼む作詞薫潜樟の墾粛の管︻lHで雪て、結婚螢票あ蟹M警の二つに

過ぎぬのぎむるが、これは柄墾訝愛妾と子供の輩話のために†免活動出発率かつたので・あらう。をして彼の名を

プラ′ウニング許錦町東と嶽L

正九

ふ .\

(3)

第二十−巷廟〓耽 六〇 不朽ならしめたものは琴二親の大作﹁指輪と本﹂圭一戸われているが、﹁男と女﹂も亦彼の名と其忙不朽であるこ とば否め芝。﹁労と女虹の出版常時、彼に封する哀む世評は飴㌢くなかった。しかし義では眈汽呈 ッタイ︵P鋳欝罵毘︶、完コット︵薫軒H Sc昌︶及びグッ†シ一︰知○許諾甘苦ロ︶等の熱狂者をもつて ヽ︰ノ 2 いたのである。ラスキンも華﹁近代嵩衆論﹂の甲で、ブラウニンダの穿巾Bi甘℃。r野蒜けS再。mヱ㌫讃︶ に射して、﹁申せについ貰敷か苦いているひとは闇違がなくー常忙生彩が・めク、正確で感請が淡い。圭・:永は近 代のイギザスの散突や詩の申で、これらの行間に見られる程よくルネッサンス精紳にづいて語・1つているのを知ら■ ∂ ない。﹂と云い、写フンドーはフォスターに飼えた著聞の甲で、﹁世界もわれわれと同意するように偉大な、曙に 偉大な詩人﹂と述べ、叉プラクほ㌧グ自身に詩豊冒迭つた暦、これは本論周頭に諸掛したものぜのる。叉P、ハ ート、・り∴ソ・トンは ﹁如何なる宜匠も彼ほどに 秘めしものの探き調べに腐れ .簸き眼光もて誤りを質驚より 識別したる柊あらず。また 思想も畏れもて曇るところ 魂の高ぎ世界把達しき 異にのりて天翔らんと増しは●めらず﹂ ・一 釘 と歌っているが∵同時代・の意見を代来したものを舞えられよう。 ︵﹁放浪者﹂、の献詩より︶

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(4)

永く住んでいたイクリーの守口レ諾Yの書を通い又﹁ロンドンの月﹂を挑めながら姦への政論とじて富き加 ぇられ牽ので一芸。∴八茸五年はI﹁男と女﹂の拍版挙縦た扱者前︰アニオジ仇﹁冨ド]︵夢ude㌣が出版せ 11ノ 4 られ∵拍版碁を賑わL考のであつた。 ﹁男と女﹂の指数は、灘う時代は∵近鹿、甲澱転義す、さの背景も或はイギリス或はフランス、或は木ク、恥−

に及んでいるが、骨子竜三磨はイクリ﹁藍農芸卜七軍夕、鹿写ロレンスは何警りも永く滞在していた

だけに、とれに関する題材が多い。詩の題胡も礎兜ヒの人物、比較的入に知られぬ人物、苺跡に関するもの、膏 ヽノ

や腰、絶霹に繭サるものJ批ず′るに梯芸人物をもつてし∵場面又攣化覧毘、ブガツクは、奇観景勝広昏む太 5 年梓の定の学芸詩的放行者の心地で訪れる感羽驚妄評している。し顔−してこれらの鳥品番々、特有の景観

を供ネているが、かの大平洋の島々琴芝類似性′を弔っ群島に分つことーが招来るように、いくつ・かの軸輝に類別

Lて考察ずることが出来るQ故に多くのブラウ⋮グ批評家は、これらの詩を年代順紅見るよりも、内容によつ ブラウニyグの薄察﹁男と女L

大仙

をもつて始まるのであるが、その詩は彼の遜エリヂベ 顔にフロレンスで寄苧上げられて軌たのであるが、その サ ぢてL、その﹁エビログ﹂とLて.﹁今芸已 軍票∴羞と女﹂礁、′敏むる、蘭五十篇、 完成した蒐−篇の詩を名付けてぐれた 私の牽牛入P男女がご1にある。

ぜ首豪富富㌣恩寵ざ富旦を‡首鼠

欝m・n卸ヨ欄t訂寓首唱巾mSfi已∽h乱1⋮ 開巻努珂を轡やに﹁療鹿の甲の禦ぎ扁am燻!訂R已ns︺をも ′ 透莞W①rd′mO蒜 が攻めてある。この契しホエ、ピログは、 ス.バレッ、Pへの敵軍となづている。﹁男と女﹂の原稿は \しん ﹁エ針ロケグ﹂は勘ンドンのドーセツも荷重衰地に於て

(5)

六こ 鱒二十一癖二番〓壁 ヽノ r−U で、類別的に放つてヤQものが多い。めれ柑射も亦ダウデン 捏徹って●分期Lこみ㌦5と、こ釣らの討は、多Ⅴの 1例外はあるとしても、大凡∵融㌫誉聖㈹する多彩は経過、気分、刹那軋防するむの、拍最、諦、紆欒等の.肇附笹舶 も■ するもの、宗教的鵬挽に紺ずるもの、の王威攣れ曾つことが拇額よう。尤も﹁党改革者の塩撃て一A聖賢琵琶・レハ琵 、句亡び費aプ、は衰隷追求の毎烈さか㌢罵遇少しているの等める射ら、選感誓塾術の類辺に含めること哩通草u這り ﹁アブ,アト・ア・グ汀ラ﹂と﹁ダタン・、イン・ザ・シティ﹂ ︵ぎ監a重訂盲①宅≡ミ訂C茸︶票蓋讐㌔ 背拳と・した﹁デス・ガスデブス﹂、労s ㌘惹替孝二逮届芽草∴層す密計官圭∵よヤィルド・ローランド暗黒

の堵纂る﹂︵C監開○酔恥雲訂/茫ハ誓各湾Ca旦等登の分警らは照﹂ここ攣の迄雷電

える〇八 攣既に潤する詩についこは、ブラサニングは琴線塊むの緒争雅人幾の大理怨の搭硯と粛放し予多くの典型整補 してヤるが、それら波大別して理想の饗現に経る溢の、理想海域の矢庭陀経るもの歓巧みに浦野しこいる。﹁宵 愛い女﹂㌧Pr蓮y尋。m賀︶に於で柊可憐な女性は摘み収らるべきものでほなく眺めらるべ蜜も夢でめ驚愕し 摘み取られれぼ、それはやがて投げ蛮でかれるべきものなること倭歌っがいる二人生に放け蔓要﹂︵ど完・醇紳 Ⅰし詳﹂、う変た敷ける人声﹂ ﹁巴軸e軍転 ど扁﹂ に放で蜂相手の共感なければ、人盤の桑は完.全でないといラ思 想と、相手の共感なくとも変はをれ日間琴全で■あるという思想とを対比苧レめ、h︰弘リン・ホープ﹂ 靂官署 彊○噂豊 に敵ては、死の床に嘩のる十六歳の少女、儲か取入盆庖味わい始めたぼかりで揉んだ′少女敏凄する瓦㌣ 路過ぎた奥の猫自である。﹁陛鹿¢樽﹂ に華′濠、P−マ帝鞠駿盛観の王侯の染襲の名球り凍上めている放浪の あた弘∵減摩将相脅して棲むさま軽く男女計主題とし、愛ゆ盈忍老歌う。大呂蛮の溌昏の曹拳雪人生の攣夏と 辞 を鮮明に封比せしめ己いる。同株な手法で=﹁過恕痙で隼人超二菅笠習儀i計︶、﹁別荘小夜曲L ︵顔S角蓬乳e箆

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(6)

骨こを葦二カムパ≠ヤのこ入﹂■ハゴ昔ilニ甘Cam憬a朝恩∵等虻索ても自然の哲買自然の放つ気分ゐ精緻 l傲描霧繁ろてt款転置紺せしかべぎ墜栗の拓せ諭ペの覇寒地たらしめ、やがてそわ自然の申貯、人間の興野卑

る叫びを織り交ぜてご己な射ら捗濃艶な交響栗を奏で&のである。

7.1..1,..ゾ 次把革術佐相する藷に於七龍、﹁璧拙論﹂ ﹁ゴa払㌻n紆n叶註s㌢︶1、﹁同峰代′ヘノ′の細魚﹂︰骨宅i鵬sキi訂∽甲 C邑昏Ⅶ。ra呵モぺ評判﹂∴欝号数草 は鱒に閲す鳩も¢であ沙∵音楽に踊するもの一には、㍉僅紺家フ:′ヂ

ズ∑邑牒茸訂。㍗暦牒笥訂ヤ甘捻ドイツ空作曲慧麗諾盲竃︶濱心いと㌢作曲の構成に

、ついて弼いたもの ﹁トカアク﹂ ︵A∴㌘冨霹。呵賢者管宮は†八世紀グ三スの音数家として浅多の耳 ベラ曲を作曲し準﹁ガルビの†カアタ﹂の醸し潤す1働かない幻想山鑑措いて小鳥。 ヰ 紛琴に閲するも筈は、′ヲ;ンスの富商﹂3ぶ五官鳶iそ菅甘針二号オットの貿孟ハにイ筈 −申せの給常に軍言放わ見方俊箪べご妄ラン芝∴還予言車殊の如き戊豪は更に学の舟静の潜心に負うと とろ多き庖試刺し、﹁アンドレア妄鼎。芝‖ト竺︵A註1ea鼓ふa旨∵で華二五二五年の触の■名積れ一 夕・。レシスあ郊外ノに溺賛する賽ルくグレ等圧の虫の冷却を警つ聾苧ンドレアの心境。÷・サボ・甘ツ豆′紅於 ヶは、覇家㌢ピ和尚恕渾心とし七、.孝義劇人攣己て滑稽昧たつ晋な給寄嫁菜ヰ∫の物詔りである。ブ言 − エング︰は年少や頃詩人、音型琴線象の如何れ掟ならうかと迷い、、諮人檀なつ七からも、綺や淫楽に親しむこと

憾 があつね。故にこれらの姉妹車術に関†レても、撞け腰解と餞験、とを有してヤ牢から∵かかる管⋮を盆むこ忘が沼

.、−J−1 衆たのであら為しかしブレイクⅥよ計に∵問琶詩せ嘗き轟か蒔き、.之教彫版にt、遠心の整l、.S〇n篭○呵ぎ

計e見や﹁牢固と地獄蒜野=、乳首身?冬\出彗⋮む賢ノ∵や﹁應顔蒜=SO竃乳

J E招致眉CeⅧ︶ 等に於て、諒軒数箪の料界に飴建たのとは、、やや鞄を具にする。ブラウ・;.グ峠1フ甲レンスに ブラウニソグの薄整﹁男と女L lト勅 、 ■ 六三

(7)

六西 警手叫堰 第三壁 友く滞在し、中朝及ルネッサンスの給苗に接し、り℃の印敦をもとにしこ、童どして常時の轟家の心境と個性を、 義は理想に憧れ・或は本能の命ずる変1に撃宿しこゆく︰義家わ人間を、給商のド地の上に浮彫にした。給はや はり管僚であつて、をの中心はあくまで人間爪冠の輩虞胎程である。 宗教佗関しては、﹁異教徒の悲劇﹂\ハりhゐ謬邑icギヨag監y︶、﹁十字集の祭日﹂ ︵i山。首C3SSday︶ と絃 宗教敷から取材し、﹁クレオン﹂.爪C訂昌︶ ﹁カーシシの欝簡﹂ 芯n暦i邑わ免Ka註i臣︶ は、キリスト教と 轟鱒した異教徒の宗教を現わし、﹁サウル﹂∴Sa鼻、で′ほ年少のr姦薫ダ誓アとイスラほルの酪‡軒ウル・を主要 人物とセ妄呈卜教の根本思想にぶれ、嗣子の高やもので盛る。どこ愛で打棒者の人重視で、どこまでが件中 人物の入金観でい.のるかは、時々判噺が困経であるとして庵、その中に織り.込慧れた彼の人生観は、これらの宗教 詩にもよく現れてやる。高潰なる理想を求めて鐘ぎた彼は行薦よ・クも、その楠洒に重きをおいたっ即ち音う。

人を蔑むるはをの成すところにあら車

威さんと欲するところなり

.一 さて、二巻亙十終三百五十藩から成り、

凝、ロセッティ草して﹁ゎが人草の盛典﹂

︵D ︵匪mass。ご。n眉dHamS︶墓口わしめたのであつた。尤竣アスキシの乙の言薬はプラク一lングのそわ他の詩

粂般陀封する批評でもあつた。乙の〓つの批評は、﹁男と女﹂ の抽き出す人間像の祝雅趣まりない心理を判象と

して役々の課題と解答とを投併せる瓢及び忠恕の遊びが性急で且つ語句の配列が歴々われわれの意表に出るとと

転よつて、歴々難解梅泣とな′つている鮎躍放て、 一 ト 観濱と恩想と語遵か賭す泰ぜた詩集﹁舅と女﹂は棟芸批評を受け舟

︵藍y E訂喜 象Ii許︶ と叫ばしめ、ラスキンを⊥苦﹁謎の集積﹂

ヽノ その藷風の特徴をよく首い硯︷ヘレこいるこ思われる。 ○ 十八節︶ ︵隼 ウ ル、

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(8)

ブラウ。ングの詩はその﹁劇的掲白﹂膏amati諭m昌菩g艮た著しい特異性が■Ⅶる。この﹁劇的狗白﹂の ●一 昔しい顆敏は∵㌧∵人の人物が凡て叡考え、凡てを語るのであつて、試着放をれにまつて偶の人物がノ語つている ような印象を起し、人生わ色々の場面恕想像ずるようになる。これが所謂﹁猶白﹂又は二﹂人劇﹂ ︵夢㌢dワ amaし︸童。われるものである。こや準徴慄訟話や抒借詩とも異数つている。説話のように兎衆を感動せしめ、説

得するの告的とするもあでも痙く三拝構詩の湾に必幸しも感動の曹りを必要とせぬ。後犠その詩集にこ

一∧■ ゎ﹁劇的﹂ノ︵、D星ag︶という名警腰還けた/。−Dra訂a告官csIDぎa−i∼R音anC声D彗a−icIdy− ・.叫 D彗賀C欝sO眉等の表題鳥いてい芝である。こ、れについモア孟ナスはーd喜鼠c官cと号 富豪は互に矛盾する二つの僧の連結であり、例えば夢苧m昏ema−icaI al温ra︶ というが如き針のだと豊日、 って浴る。光釆﹁ドニラマ﹂とは作者の意向きは別個の人物笹語らしめる最も客鶴的な要素の促いものでありl之

に反して﹁リリツ′ヱ迂は、作者の来待が端的に表祝される主鶴的な要責の強いものである。彼はこの﹁川エリッ

ウLという吏脇的な形式の中に﹁ドラマ﹂基いう容親的な内容を盛ったのである。何故に彼はがかる形式を取る 一︼ に至つたか。ブラウ⋮グは純然たる海将詩人では患い。J閤純粋な抒情詩はそれ以外のd苗m註二等cや

昔風針鼠計や骨聾者通性慣別せられる払瞥諾が︵′こ此奴的短か蒜で空こと。︵二︶律勤的

であ恵きと。︵≡︶聖の気分を表現し\て小ること等の特徴をもつ鮎で軋るとされている。﹁こ望畏にノ於ける細 枠な拝聴詩ゼナ九世紀虹をゐ嶺例を求めると、シェリーの la訪:3mDr雷m00○ニ訂♪キーツのBri菅 S雷パイ.渾ンのS訂wa芹ニn B窪已yヂ′ニチャヤ豆計巌∵常軌打由首肯等がある。 /、

ブラウニングの﹁劇的猫乱﹂や長詩の中にも随分抒情詩的短草句が見擬されるのである邪、彼は失帳り抒情帝

人申の一ノ流に伸するものではない。役ほ情緒の罰天﹂の衆硯だけでは到底満足出来ず、魂の﹁贋﹂に深い興味を

ブラウーtソグの詩集﹁男も女﹂

六方

(9)

﹂.∴ . … 碍ニナ﹂攣讐東 肇し、その▼﹁農﹂を萌き人生を批評しょうとした?である。彼自身姿﹁リムアロウ﹂ の序文に戯て、﹁私の藍軒

義いがの浣の欝篭諸藩讐ある。その偶の髭鮮紅究還しな竿と讐てい

/ 晴詣−の形式を取らなけ孔ばならなかつた瑛由があつ駕 ﹁男と女﹂は二八亙五年の出版であるからープラケ√;グも於漑く不惑の捌寸描む過ぎ、人坐の諸相にも通じ て豊野定斑め、加うるにイタサーに於け夏型術約数登を身につけ潅こ︷とも痛快つこ−静昔励熟し、想像力も豊富 さ一止加えた頃の詩集であるわ厚やあ息。繭庶も述べた如く、﹂弟と女﹂ のェピログはパレットへの献箪東−なつこ いる。このよピ捏グの﹁今l三富﹁One摩乱詳遭.に於てはl彼は珍らしくも﹁劇的﹂∼の形式をとらす陀、翰 自己の眞腎ふ櫨賢した。即ち榊の作サ給う蕗人間走L壱、紳ならぬ身空ほ他聞に野し、這変人に封する二凰 牒′ の心の側面を持つ人間として、 ど増2ている。警違働琴聖未熟な概念、ノその汲変の蓋灯封し蒜、紋の嘉島じ一い紙力を凍った 軍票蓋をう遺する。竃才も亦人硯としミそ?例咤洩如す、■同株な希望敵地ゃものであらうか。さればこそ、

かの露ラフアユ‰義人に芋に特警富霊を老て等、警警ぬぼー賢票つた¢竃警ンjも

久迭の女性ベアトリスに典える把天使彷停職撃乾以ってしたのである。かくの好く、どんな塾術競も一志諜こ塵

一つは北の丸に、一つは愛する人に示すペ、哲 ︶ 魂の二つゐ衝をも毒富川。 : ﹁㌻T、ご:キ︰丁ハ、●㌻∴三∵∴こ ㌻√︰∵・一・、:㍉〓・・:︰︻ ①巨¢ざ浄OWノaJ⊇ヨan鼠茶n訂訂亮∽訂H⋮ご 「 ㌔

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(10)

しかし、ブラウニングは紙筒−をもつて、彫刻を以つて、、菅欒を以て自己の躍情を吐節するEとが用釆サー・.相打

螢於このみ虞晴薮捧げることが椚衆駕

学 \ .だけ、たった両人の突入のためには、 ただ山鹿、ただ叫人のため抒 + これを琴するに﹁男と女﹂庭芋れを簡劾ものの旭彗宗教の聴界へ導せ、義解の段堂へ誘い卦はイタ隕1、へ .′令 義はフラジ/ス/へ通れてゆく。しか曳心か・を場面瓜於て1われわれ植樹芸人問像に接して薔喫⊥・、琴よ なる人間の姿喧心を撃毘るので・望も彼の露は1シよ亨、キーツの如く、藷の発し.芳弘に誇はなく√洗い 軋察訝望描いた宜恩骨惹卜適宜宣′濡喜牒仏∵を鑑嘗の誉㌢と変るぬバ い。入閣の魂璧柊繁む軋める隠か↓魂が魂の政略食いも㊨である限り、ブラサ;グの男女の人観取ば、彼の名

と蕗蒜時路地本格の生隠をもかやからう。

菓術家をやめて入間と†︰Wこ む 人間の寮びをもち、車術奴の苫じみ挙アて、て1 、.ニニ、∴ご∵∵ミ∵・主・一︰T∵ニミニ㌻こ=阜、 \ SO紆be詳のヨ知日a鼓訂撃e−骨こ凰耳 Sa詔t訂manゼ︼阜ふ音壱や首尾s sO3も㌧。 ′.・こJ・∴=こ三∵1・∴・∴■︰二ごて<︰⋮・ ブラウニソグめ誤爆﹁発と女﹂ × × 岬 ヽ × 自己の本段と痺ざる極秘の菜を以てレないものはないので・めらう、か。 ヽ 六七 d

(11)

ぺ ヽ∼ 、 ナ、 を為のの叫つであるう。だが壁解庭鹿おるため木十分ながら次に詩話を添えて鑑賞の助けにしよう。 ヽ ︵4︶ ︵5︶ ︵6︶ ︵7︶. ︵序 ハ1︶ へ8.︶ ︵㌻︶ ︵10︶ ︵11︶ ︵12︶ へ3︶、 へ2︶ 算〓十︼塔 第〓毀 StO旨乙P野暮km㌦詳○き1ngも・澄虻 〇℃・芝・一p・3や 〓■。・−⊥∴■こごT 〓主ご■二 丁三丁・h−・ご=.丁・・. Ab︹ぎ等r、詳a㌢冨憲rsO琵ヂ買慧︶ Ed諾rdぎ鼓en︰Op・Ci︷・も・㍍∽・ ︼ ○ワC−t†やふや 薫㍗Pサ倉s︰i訂肇リP∴−. ①n①宅Orら夢華怯瑠ぶ鼠i

詳−d.︶StanNa.監ii Ed一喜d DO致命ロ︰′葬e㌘紆○︻貿be認許〇一萱︸挙p・ト叫虻・

竿e夢箋浄Ass。C賢芦邑.苧P∴夢

Dt C・S。莞31∵磨e評p旨−i。n免R①b星野箋ningこnへEssay∽andSt鼓e乳by詳鼠訂諾。叫

の 郡︶ 薫FI Ph愚s︰野。声m粥.p.芦 た∵Osb星B吉dett︰T訂苧OWnin潤も・M芦 芦L P訂官︰。p・Cit.もp﹂慧−−芦 忘ぬ墾 − 蒜車8詰S髄液㊦拗覇閂謡ヰか製d伊か0 鼠 六八 ′ 脅

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(12)

寧風発望月の靭J藷入監胱の蒼葦にはの苧光是がら、紘る茄虹ナべナイン山脈の漕構わつTい るフロレンスの町敬眺妙ていた。フロレンス按アル/河の渓宥に滑つて南北の南岸に延びている鞘。樹木の生い 茂った山を負い、上流階級わ弦堺複別荘が散在L、公図も葵Lく、郊外■帯の風光は特に明媚である。この点都

ほ気品の狼る落筋と竃典的糞を誇る寺院、伽藍把よつて僻徴付けられ、文蟄美術の中心であカ、風情眺め飽かぬ

節である。中でも伽藍崇音。とジオットの造螢にかかる塔、カムパニイルCa増ani訂は特に誇孝べき苗代

建築の碑皇軍われている。南国イクリーの春は詩人の敵組イギリスに比べて銀緑も鮮に、太陽の光もまぶしく準

じられることであらう。のどかな古都フ†レ.ンスを訪れ空相人、その車術の故にどごまりもフロレンスを愛した

詩人の感懐は探い。 ﹁ 草月檻患つて初欝ひびく朝には 他の鰻もはぬるという。 、一 の一どかな番のH アロー繁る軍−チ型の 別荘の門に身敬答せて見波せば 下請の流域紅いなづま閃かず、 途常の′青も凌ごえ棄、朝の資金の水に ブラウ粁ソグの詩集﹁男ま女L アわレ.ンスの古裔︵○こ㌢e檜焉e in﹃l宅en詔︶ W. 六九

(13)

達ての箱面的彗慕り簸いて交錯し合う警して響警れ驚

洗、の孝ゝところ ▼ほの白く⋮ひ/ろら、に ?亘心シ女柊批撃に拭ケていた。 ごし∴の発しい′㌢ロレンズの眺めの単に★とりわけ彼が驚き.の嬰忙栓つ葦の雁、ジオットの凝通を蘭東方喪主ト C㌻許註か・それが未完成であればこ卓、賢成の甘¢威容宜僻んで、彼の思いは、ゃがて重曹の塾術′へL′東野レ てゆくのである。 こ 川も梅も、稗も磨場も、 ¢ ・呼び招けぼ答えるように近く 大東の湧稽む透して、 不思議な硝子球の中の挑めのよう。 驚めた1え見る景色の中にも と・惑わけ発しい眺めは、 幾人軒ジオツ†の簸が改段燭つ′発こと恕憎む?料人が彼を愛すれぽこ驚モの仕打ち如、養親切忠心われるの ≠ で遜る。一.こあ衝想はやがて芸てを周結して完議の爵豪速に鳥琶れる。腎の寛が東森箸て芸吠 番〓ナ叫怒 涛〓華 ジオットの造営にかかる常長そべき鐘梯ぺ なぜかく港驚ぐば巌り玖眺めせあろケか? l ・二 小 ∫ 蒋 七っ い

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(14)

僅かの膵蔑捻耐えしのぶ入もあるなど凌 思うのなら、私接,空皿の仲間たちを知りだい。 啓う恵−計らにふさわしい沈琴監 好んで破ろ、りと扱思わ■放い。 だが ジオットが飽と仲間であると判ったら どても辛樺し切れぬようになるだろう。 閤

御霊払ぼ門の上のあたり寺

.細枚や燕の型を印しているところ 私姥各の雪竣からタ透にかけこ ヽ. アローの横間に度々身をおいで ︵銑ぐ曲ぞ㌍との粟は冬も敬ぢぬが︶ ︶ 、月のようはやわらか昧を帯びた滞ら目の辱に 時胡紳の典え冶う堅感敬うけノて、 フロレンスを歩んだ人とその仲間達を思う。 かぐて詩人は中世の韻ぷ達の生蒲を風うよ力も、 プラダニソダの詫螢﹁男と女L 、.・ l ジオツ・卜∵∵Jrん・茂鑑私が愛しているのは \ どうTレて賢明の輩は敢む姦新局ことが出挙花のか。 仏叫 今は久Lく訪う一人の跡絶えね中華の竜寧〃協冒挑めて歩くの 七− ○ ・詩 心 J& ノ √′ ′ 、 J 石7

(15)

/ ∼ −ゆ 七叫一 鱒二十仙巷 第二訟 に忙しせそして中世の覿術が衰検してしまつた現在、ほこわま凝れになつたゎ、表面が落剥しかかったゎして、 いる古びた裔を眺めているうちに、/それを描いた中世の裔家達の繋が、祖廟や円陣の隅や、地下室管に貯み、肖 こうして苗諸賢めさつて歩︷ぅちにキ特に詩人や心を窮たれるわは、↓亜馬の﹁蹴りでも息絶えんとするラ イオとの姿に似て∵今にも壁かも剥げ落ちそかな奏でぶらさがつていーる裔の、その偉大な諸家の悲琴な魂の∈ とであつた。 六 かくの如きととろに壁諾は剥げ落ち かく甲如きととろに輪廓が滞れ兼セて 已の作韻の造命を凝視しているような幻想を漬だくようになる。 五 戒らはあれしそ翌日 ペチャクチャしやベサ葺奄や 利得を求めて 行き発したこと磨ろうートト 私は彼らにかかわつ′てい老境とても、なかつたが、 耐えて久しく人気の、ない伶虜、拳骨室、 適應、後陣﹂側廊、内陣、 燭をもつて手探りせぬぼならぬ地下嚢、 日光灯さらされて落剥してゆく表面などを 訪ねさまょうを日.課とした。 ノ●

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(16)

お1、このせは誤りをおかして浴る。 \∵十‘ 彼らはこの胆にそむいそも犬拘で蜂安らかだろ弓 ミグうンジュロやラフアエル一の作品ぼかhソ∴∵ 〆さかしらの君達は喋々するけれど。 い〝ま彼らは紳の御前に坐を占めて 洩っと詩人の故に寧山ていてくれるのだから 、 この世の陳婿な税卵にぼかり限をそそいでいようか。 をれはともかてい奉還▼伐らの憩いのときだ。 /私ブラウニリグの詩集﹁男と女﹂ ーたとえば亜用の山陽りでも息絶えんとするライオンの それは苗えの鞄匠逸の不琴な魂であ数。 恥入ぼこの中経の偉大な峯術家達の魂を忘れでLまつ.て、ミ.ケランジHロやラフアニルの如き流行の人々/ぽか サ憤れている。しかし彼らは贋に天国に・あつて、沖わ御前阻臆をじめてノいるだろうし、又ブラウー;グが希望す る如ぐ一高い詩人の境地に到達しているから、こ/の世、の不評を木して意陀介しないで・めろうが。 奄 轟に攫っ・た最後の生命が滑えさる愛で 訝まりゆく豚緒を嗅いて⋮八倍ふ¢いた。 卯れ切れの÷片がみな煉瓦にべつついているよう 彩色が漆喰からみな失せてしぎわぬよう願いーながら 七≡

(17)

竜 rウ ; けて 華甲人造怯語弊術の好依敬見&層臥離く予例えば >、 秦華中ほ無比のノ異状な苗を揃いで⋮世に令名をつ溌われ狩人でさえ、既にÅ々・の冒にものぽらなくなつているm − 七四 癖二†叫攣東二酪 討人払底う。これら尭撃たちのをの倍数が探.い瀞轡を輿えて6るとの甘から、盈く遅れノてしまうことなどあり 得意い?しかるゝに世の′人達は省い薄術衣と1新Lい蓉術家との問には、幣接な朗係があわ、現在の大家もそへの名 層恕がち酪るに劉つたのは、∴に菟張の宝器御蔭に外なら隠こと窓心れてい右。 彼むは署法の稀訟を箪にか咋る、ことも多からう。 だ瓜、不崖な裔匠の魂が離れが、撒きこの世笹

である。

、 曳 かくの如き既に一ぁつて軍法の質讃披反響をよ哲

やざLい二彗二言も殻に・㍊つことだふぅが 驚き蜂∴見の密をつぎ、 新派も笹沢も同じ仲間 初耕の∫ハとも呼啓ならわすとこ.ろであるd さか工むの秦連接古臭仏師匠ども その先輩の仕事が俊くあよ ∴り ダ。ヴインチ蜂プロよカ椚たことを夢見ると主も机釆ずに。 ヽ ■ こ

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(18)

する穿鰐どは朋即不離の乳のせ∵魂挽肉鰻を形僚L、 との融合を完成した。

∴眉がぐらむのは下を党首かをである。

詩人鯨かくて勢和廠教法の跡む回想する。ギリチャ魔術は一人問の蝶恐、即ち身鰹が表塊すゑ鑓宅蛋祭器

才 か*ホ かつてをの額ほ常に秀で虔と輝き 釘 触嶽の給の故に︵ヴブザりの額を兇古酎 傭は絶讃を送針﹁自然の海Lと呼んだのに。 鮒8り かじこ匿−鰐はいる。君達は革び給え。 入間の発がどこ愛でやれるか皇、被技工表し ヽ 拭き仕上げ∵骨折洗顔転封拉 修正を加えた 計こ把任革の経過がある。 晩酌のめしひ†八が手絡忙しく動かしながらも 眼を拓くぁげて他人の金を苫掟療法寵くれず ばげむのは 佳節ゼのことだ。

盈のやぎしさを猛犬は萬をむき出し、 プードル梓の小犬の群奄吠えたてる。

捏のÅはステ7アノさえ怒れ竿い篭ではないか。 グムフウニングの訪露﹁男と女﹂ 肉能は魂を表示するも、のであるとの原普に姦づき、姿と形 / 七重

(19)

淵忙逐やや .\ 蟹劇の象撤する人間の完全な理想の姿、ぱ類なき形容の発とカに靡べて、 微弱さと塊さとむ省察せしめむれ、人間の世界のはかなさを敬えむれる。 しかる把、か、しる経験にぬて人間は完全へ一の進歩を目指Lて進むけれど、 第二サー巷 帝こ排 −脚 衰達も、もしその作品が解れ濾、その凄み恕分つだろう。 ∼ ひとつ思い切、つて教えることにしよう茄。 ギサシヤ整備が完成の域に達したとき 世の入はかく誇わやかに言りたものだ。 最初商浸Åつて奮われ■た人間蜜蒜鞍 幾時代の問誤られていたけれど こ1に再現せられ 一 身煙が繋示する婁 患が形成する身牌が新に大理春作られ一花と。 かくて君達ほ理想を心に描きながら かくありたいと願uながら塊し得隠巳が姿を見る。 恵じてそれに較べて巳が炊鮎訂もちながらも/ つ奉血らぬ分限で満足するようになる。 静 〓山 < そ/れに嘘捜するよりも、却って自己中 やがて完成の城に蓬するキ絶筆紆 七六 /

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(20)

君達は富んで∴右デル把ならうというのか。 、乃/ プライアムの予?カがはるか咤立派な手足をLてる。 ・,鋸 暑連肱怒る11衷が アポロのように蛇を殺せ′るか。 ヽ﹂ノ 君達ほ悲しむーーだがニ㍉れべの芳が偉示。 、−ノ 、0 猟達は吐きるーだが見習うべき騎手の礪飾1、りがある。 ■ 、 、lノ l 君達は死ぬー﹂だが死・なんとするテレキザング、ilがある。 − 巧 一団 \へ かくて畢リシヤの甜宿の俸天さ、拓北べて署謹め廃さを、 その園浦■なる莫に比べて君達の醜さを思い︰ 軍法の極限された蟄術軍測られて、 翠逢は輿ぶ 一服従は敗者の務め℡あると。 ブラ㌣;グの終盤﹁男と整 ごこ かりに君韓が私身サ思壷侯らしもなろうょする。 、−ノ ′−U しかし君達は シイセウスのようには盤れまい。

それ通の彫像の神々しさに比べて礎欝心事カ

その限のひろぴろきしね視界に比べそば孝義蘭頚

髄現世られた健推さ陀比べではああれな姿で

とこしえ、につづく姿に比べこは短い命でり

相即 ∴ 七七 \

(21)

∴これを葦現し亭ケと努偽るようになつたⅧ

がな藩。故にギリシャ喪術は模範としセ七れ思愈待しさえずれば、もう発ててもよいあである。

界を内省し/、魂わ美、急安芸養克した。かくてギサシヤ指摘あ二時的なるに反し、 †一 役らの性質ほ州時的ごのれら搾永劫である。

成攣リシ蒜術覧教の城に到嘗て意義澄蓋の誉夜警ょる。しかし、

、 ギリシャ蟄術は、われわれに璧丸と姿態豊栄を敬えた♂である。崩がイダリ.−の蟄術家たちは、 ⋮五 君達がギ久シヤ締紳に最後の硯練をなげ、 あるよを首、内−なる愕界に眼鞋向け驚きのあ蜜り か長叫んだ・とき雲底は始、票つたーもしわれらが 小−掌るも′ので小、琴る藍1に彼らより偉大であつたら如何。 彼あの形と姿とは完全であるめか。 / .形と穿とに於てわれらが劣等であるの踏査さしく まゎ焼い性琉をわれらがもづため招よる。 授けられているようなんのことである。 仝︼的魚沼の\ために、儒別的撃落を ー 即・ち紳の海塩によっ、て地・上に壁を事け 私がいう﹁宕蓮﹂とは普通の魂、世間の魂のこと、 第二十︼怒 鱒二奴 永遠怒るものを理恵として、 七八 人 そこにはも揉や進歩 或は内なる世 ■  ̄

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(22)

けれぼ誉ぬ。★のこと揉、ジすト態身宗欝与議誉れるので優るご普遍豆ベネディクト九世が健

宥をジ女ツトた警て、鳶琴才潰す謹賢所嘗控レ芸ツト儀に給富つて示‡となく、賢二、讐

すつむ嘗引い†鳶凋登抽誉れ碁菜

ザ t −べ・∵→∵∵いト

ふ ・

叫ふ鵜

今日讐蕗の顛閣がギリシャの眼界滋腐醸する。

ぁれわ還漂明昌後に白熱する9

〟 イ 議らは先金だ㌔斗上馬豊明ぢやないか。そこには不欒がJ轡Q。 めれら墜小葬全だ∼ヱれでよい。そこには将来がある。世 襲術の紳投が愛花われらに及ん\でいない∼

われらはこれむ楽七造るのだ。

.眠らは手本になる。、その敬え撃儀絡すれぼ

つ蕊り荒削りで磨接がかかつていない。

剛忠 魂覇綾酵する奉還龍野芸彊の苦みがぁる。 タラウニソダの詩整﹁男と衰﹂ ㌦ 七九

(23)

人はその頚把永吠に凝固⊥た填び以鳶∵ へ ケ∵ 永久に化石した悲しみ以上虻表現と姿勢とを轡だ打とは。 、 ギリシャ襲術は不変の形とにて完奄であった。故にジオツF及ぶそれ堅剛の初拗の襲術友達は﹁琴全なギ川シヤ 垂術以上に何老求めるの/か﹂との問題に常面せぬぼならなかつた。しかし彼らはこれにノ揮忽て言うのである。完成 、−八 −琵にわれらは現在を鴻ち将来をもつこいる。 第叫一千︳毯予感〓晩 結構ゼ完成したもの政義える。 地上で選んだととをわれらは天上で行生ざ 仕上げに敬どる整術は叔後ば立派なも¢だ。 ジオット、お前がその手本を示すだろう。 いつまでも滅び衰えぬように 叫筆把描いたお前の風はそれではなかったか。 ヽ/ 2\ お縛の終生の尭カムパニル1、の埼嫁偏葬完成である。 凝時の墟命把かかわっていて何になろう。 われらは淵から山歩躇み出して 天国のよゝろこびを叉紘∴歩ふ▼み入れて 地獄の冷笑な迎えよう壱するぁか。 この一労力ノの中に男山歩がありながら −

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(24)

ん勒

ほ既に行蓋苛である。そこ′たは全て進歩が見られない。進歩を預想する寒完成志そ、厳に尊いのではないかと。

かくて図鑑見えるもpは見捨て、毎に見えぎるもの撃球めようとするのセある。かくの如く不完全の発会という思

想はぎラ望ング野火生紅濁する箪琴の中心と豊品るべきものであれば、調子の高か払びきが感じられる。 一九

新な恐れで親資のあさま⊥い黍を緒感増しめ かくて不可見めもq贅耕し枯れば 可見のものを 次に喰わ払て何の悔があろうか﹂と。 〓○ 靭斯の諸家たちが、究成に到らぬ変でも 元気に敢行しなことに稀潜をおくろうちやないか。 診紅初めの新しさは慮径の古さ匿勝る 払ためられた肉機を通して希望を輝かしめ 緒塊應どうであらうとも。 答えていう?﹁自已温知れーただ入漁庭描ゆ十卜 ﹁ギリシャ蟄術以上に何を求めているのか﹂と尋ぬられ 私略綬諭しよう。廟親の稀家たちは 簿ぬるが、とれはつまらぬ屈甥清ではない。F 御節の恕歴々か始めたその帝新を ブラウニtソニソ\ダの詩藁㍉男と女﹂ プ﹃ 入︰仙

(25)

啓二†、電 第二改 もしどうかLて感沸し、花いのなら 蔚 今こそ絶詰せよ4!︵私の餅倍はこれだ︶ 骨 太拳を童つたあとで現俸を異えるのではあそい。 ここセブラウニングは東邦の山つの息想を引用しでぃる。ごの思想は紳知革耽にまって一般に認められでいる ものであるが、ブラウニングはほ1で必ずじもとれに共鳴しているのではない。 ・、. こM 一. こ1で或るもの臆病じ、或るものは侮じぬ叫つの思想があえγトト この世の草が終冬草華準吋於て 魂ぬ新な生活が始まるという。 そこで魂は励んだり疲れたり勝つたり負け、たりL 鶉者も鍔賓も、この世に群れて ′− 小説模でやつたこと恕攻から次、へと触帖鱒につつく 来世で大観桟で㍍り蓮ず。 炎だ規模に大小、の削があるという。、 こ′こ 忍もよくは判らぬが啓蟄つ.て 天トあ平和を魂が悟るとき、 挙の螢さを知り、地上の騒タしさ漉よつて 山一 驚 、 紗

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(26)

︵ かくてプラ⋮ノ芳は軋・1し愛で抽象的親念論を避べてきたが、 / 琴彫翫豪を追慈し、別添し滅び′ゆく壁電笹悲運の汲を流すかの棟彗バクリー初鯛の葬術豪速の患把巌、芸馳

せるのである。との撃たやから蒐憾もやゝ静か調節ご運ぼれ、今までの深刻なる反省も、抑制し簸い藷諺味を葺

びてくる?それ柊臓自薄によ9蒔己、を、盛き極る鞄換の妙味と考えられよう。

土産

ふ義かく塞はほのか畷霹近衛びたような 黎禰の容の芽生え齢と台数愛斬る

盛する彫芸望コ占・芸ン勒。

\ ノ 4 愛する霜家はぎチマブユー1の外の推挙bう。 、−ノ ︶ 5′Q 彼らからギイパティーヤガーデンダヂヨワ1紀要&ぎで ︰ 数ある人々の簡で私の機密を 受好漁ひものは山人も放い。

そ芸小数私の抱笠冨不満はトヤツ⋮ザ!

ブラウーーソグの詩藁﹁男と女﹂ ︵

私だ痺経つぃて習え呼∵今超随分管しんごきた。、

をこで披紳の、子として憩いがある。

確か陀億覇る婁むな頓怒らう。

むち 溢う手鏡蜂苓人匿なつ飽から妻ら準曜紅塵を盛て

魂め塵恕が天上の就顔絃耐えると費 毎、 i

(27)

穴 鰐ごサし仙攣璧=嘉 誇大血彫刻家のキラけ・ビザン、ジオツ下の柵に■紛跨り、盛術改新=竃や偽る。チマブユー等の‡ニ世紀の蟄術 琴飽かちJ下つでサ璧五俄紀の致術簸であるギイパティやガrエフンダヂヨウ砿到るまでの容術の詳記ちの作品 が健児観れ、ぬ院や側盤総轄玖掩えてLまうことを嘆じ、どかかして、とれむ慣ゎ痙好家の手に隠して保存した 漉 いと思うので、ある夕そし.て初期聾術家の患達か、何故か‰・る優静寂た・ちをそゐ隠された場斬へ導か■ないかと恨む のであ葛守 霧探替芽ギリメ■などでは見られない。 イクリ−の資石衣が桶サ杯あるところ把 引き穏がしたい養のだ旬 こ五 彼らが車紅白分の峯珊町踏央堅し 頸をかしげながら悲し番うに うず暗い稗を過ぎ耳行き苗びた給が ・﹂バ﹂﹂かつて教脅にあつたのが失せ七再び得られるの乾 奮た白土野望られたりずるのに目を凝らす。 いま蟹裔が剥がれ、、疲られ、⋮閉ざされ、豹たれ、 勅勘の韻奉藩の笈は前にも椿つだように てむ 壁鱒の作はぎこでも純米るわけではない、 〓四

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(28)

なぜ麒示しないのであろうか。 \. な璧私を風洞凱ないであろうか。 それも決軽て第表の蟄術象を棚聾する勾ではない。弟二流払下の作品を見せてくれるだけで†分詩人の憶瞭 は充たされるぁせある。︵オア米人の詮によれは、ぞフウニン\グはこ1に名を列ねている萄術家の作品は、悉く 所蔵滋七伍ると払う。ヤ 三太 ヽノ 7 私は偉大なビゴルデイ家の人達やサンドロ王に 私の義妖美虜砥を知つ′悪罵おうとは単相ない。 郎 − 、塊わあトてくれる忙は飴り立沢だ。 ヽノ l 即 い人え、燭あら妙たリピノ1にも1雪フ・ア、ンヂヒリコ1の 作咋?め黎港冬頃何旦看や窄も啓や ヽ.1ノ ︵U 寒か、タヂオ・ガデイ霊よ、お前の高は 悲L仏日つきで天を仰ぐヂェロム2の′ような人数らどうだろう。 ︶ 2 無愛東な撃箸の霹のロレンツオ・モナコ2はぎうだろうか。 奴辞のよう把悲運を締めて填る鎗佐自由を典えよと 挙れを稀艶じてぐれる太を思い出し 窺息怨々としているのをみるど 蒜七 ブラウニジグの詩集﹁男と女﹂ 八五

(29)

華ワァめ綺拭歩滋董がなさずぎる旬 ヽノ 、 5 、 矯二十㍉琴ヾ節二振 ぴつたりレた赤帽予を被り聖哀の時人 ム ポラヨネ一喝の額装揃家の憲 私ぬみせる見本として 活動的なギリ丸トの車両聖がすこと曙鞘衆ぬのか。 ¢ 宅の凝つ蕗感慨とテンペラ2蔵法や措い牢 厳に弱を下げ完ぉ願い灯及ぶとじよ賢か。 ェA ぬずみ色の服に長い外姿のいでたちで ヽノ 丘U 7レゾーのマルヂサトン2、芋で何蓮も顎をかく 禿げ頭で陰気臭伍−恕絹さん、 何で不平慮しセ振るの、口や鼻をひん曲げて。 野栄陪審胎恵庭匂が膝沓づき 櫻に光る†事案のギリスtの得橡はだ減 とんなもpは伐つてをれを蒐めても せめと璧別の名啓には飴わ祭りぬもの。 ヒ兄 ■ アレ㌢。京ルドダオネチイ㍑は大いに役立ちをう、 八大

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(30)

カー歩グめづ怠らぬ翰をみてもむや今に賓ぶ j番術の判らぬ無理解のÅ連打 安溶俄段で安られるのをみながら義政法らてゆく。 詩人拭こゝ愛で甲世の▲初研の帯∧たちの名逝森捧て、その作品がいね事ら、に落剥し、或絃盛にまみれい給の判 らぬ商人逮に、安く繋嚢されてゆく姿を回想してきた。こ1で一輪して、彼がジオットに封L抱いてかる不平を 遽べるβそれ竺づの轟慣恋小さい、紆に組するものであるか︰それ警、ケラシジュbが串分の顧入のように探し ‘ 求め荘仏たのであるが、奨蛮行く方をくらまじ、奄として泡息が判らなかった。とぐろが、それが偶数にも後見 >良 され焚とぃう曝さが・革つて、記入も是非手に入れようと願う。詩人はジオットによつて苗の在りかを教えられる だろ汚と患う。しかし鰭挽眈紅綬オットの討らいで人手に渡り、彼の散見するところとはならなかつ滋。 ∼⊥−仰0 腎 誉れとも商人、盗兼、汐苧ウ、イ車リス 憐鵡み把甘ん建で生き由だろうかとも。 ヽ−ノ 7 ゐように冷静で ∵敦術が監裸ほされで亀ゼノ..12 繋が過ぎ℃ゆけぼ、感校軋ぞつ墓身ぶるゎし 箭ンベラ霹も悲しそう把芯敬い存あるまう朽ぢ鼎てようか とにかぺ、沙オツト、呵のおらペが噂るように、 伍やとても それ隆信ぜられぬことながら ミI竺アンゼェPが梗火のよう掟見た.Sと厳つていた ぞアウエシガの帯袋﹁男と女L 入七

(31)

いや、徽庭見射けよう。愛する遮のの手紅返嗜。 それは私のダイヤモンドだ∼それ海津凡−なら べルせヤの朝廷が目にも入れたいギヤムシードの賛石だ。 そこでもし私が前もつ宅原謝をさ1げて一 希葺と預言を始め渡らどうだらう。 詩人は、よの柴ぉれた蜜石ともいうべき給が、自分の許に返ってくることも信心ている。憎むべきオースト恥 ヤの貴族が、アんブスの山の向ちの方へ追放される日も近い。その時蓉術と共和圃とは/ともどもに再度してジ オットの鐘棟㈲完成されるであろうこどむ懲悪する。 上 童こ、 一ヽ・ \

鐸芋†﹂螢 第〓甑

あの薯畢な小さい給が、永いこと

忘却の嘗の奥探く凝れていたけれど、

途にむの槻に現われて革孜らぬ八の宇陀 〃

渡つてし考つ蕗のをお前は見逃がサゎかい。

書聖 山濃誰把後見濡れねのか、ふ轄誰に。

00 葦囁い蟄ネギサ五Ⅷ敦密を療しさまよつた私蛾、 、︼ノ Qノ 三T

ヽノ

︵或はオダニサン.チ2教昏だつたかも知れぬが︶

疲れても辛抱敢ぺ祭壇把立った。

八八

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(32)

三lニ く 澱 われらは今度はよい獲物を射ちノまだ沼もりのあるのを袋へ入れる。 ダンテの記念碑に誇季ずることもなく \−ノ l たと叡ぼ自巾転勉噂え学習サ。ギデイ﹂、3の詩にあ蒐ような 東食諾が細かしれて フロ′レンスに鶉び自由が輿恕られれぼ 央はれた華術も復興Lてくれるだらう。 憾むべき家、p−フイ、耳次の系譜よ譲れ、 、− J 2 そ藍てオルガグナ3、の時代をぁれらの手に返せ。 猥砲恕観ち鳴らすとと畢なく、 われら抜堅曹藍不磨つも紅で大審匿打つて スイス由問の・慈葦弦瞥蒜ると頂、 荷物も、筏く、仙太の孝人がセント●ゴオ焚−下山¢ やがて噂が熟し迭状を要するような 、.′ 市罵兵が羽毛や漆ぬ飾りをつける嬰鴫ない。 しでlj ラデツ穂川瀾の魂を萬場のようにノ 〇 モレp山3の嶺方佐近b率わ産がら。 三把 ぞフウ三ジグの、詩集﹁男と女﹂ ′ 績丹 √ 入九

(33)

そこでわ耽らは提唱しょう︵飼犬級の忽い 1ノ 3 簡明で鰐雅なタス・カン語3\で︶ 、ノ 4 カンバスカン3の尻切侃とんぼの.話しを虐めにして 鏡藤の英姿躍向ぬんことを。 かくて幼い山鴫の口ぽしの違う総菜Lき

一鐘楼豊慧衡観戦鳥農雲で

金色敦應轟㊨首線尺の塔養をびえて ?濠レ√ンス・ノをイタワーのフロレンスとしで完成する。 享叫︰ 几喝 第二十一食 祭二既 知何にしでわれら薩序論を始め結論を下し、 索術と一撃患匿ふさ、のしいことを語ろうかー 血の顛に鍔弘を求め静の鮎を艶わとし 時代腎聖那を重んじて紳轡茎つまず 攻獲の時と不宅の時む或ぺよ。、 無籍用の手が熊の頸を砥めて j 怪物にLてしまチよを汝王摺に 純揮葦術は常把共和国に垂れる、ことを示せじ 三畢∴ 壇−

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(34)

とわ詩の薦⋮に流れ富か藩ものはノフ、戸ヤγスぬ楓韻を軒心としてギグシヤ肇傭主我とイグリー華術初期め建忠

恕裁と敬禰妙把瀞贈敏し感度がら∵給儲教循に財する見解せのべていることである。そこには人間の重きカの二

っの塾に親し宅も潔い噂ボを典え互いると示えよう。ぎフウニ\茅埠こ由猫酢ひ課程を展開せ生めてゆくにあた

っ′誓Å閣の修造生活につやてこつの相反ずる鹿命を述べでいる。叫億規準椚なる限鼎に於で、他は永遠ゐ恕定

於・て。こ、の相好し、しかも輯礎に紺述す撃石の威喝について、放吟どちちかといえば、オブ夫人も指摘する上∵

ぅ虻、絡翠に痛ぃて噂祝宴見むれよち︰′﹁もを自分を†分骨祈ってき魔のだから∵憩を求めたど三十こ哲モ

述懐ずるので魅るbしか、しこ俊撼池亀∵磯俊太鍵敬とす為理想や信念と疫〓致し難い。これも例によづセ、語の 劇町猫自の怯轡に黎づきヤ劇中、の詩人−と艦と略必ずしもエ致しない蜜ソである。 ぜ 栽はをのとき登浄這いるだらうか。 足場は取り外され、永く閉じこめられた煩が 解放されて憫晶の坤しぃ希緊のように 拭わから醒めて察歯で供え七為融十ト ﹁紳と入Lとはその様語嘩明示されて 、新し誓︼宵包摂が基にはためくと竜。 ジカットとフロルソスとの名を全うず亀日む √濠見♭た最初の人は私である。 プ争ウゴジグの詩袋﹁男さ女﹂ =〓−=ニご“ヾ ご︼ 〓−ニ・二1︰√

(35)

¥キ払 ︵7︶プライアムの子︵SOい0−pr旨︶パリス︵詳−Ⅷ︶のこと。 ︵8︶ 7ポロ′暮p各○︶ノホー■マ作イリアツドに出てくる蛇を殺す人。 す︶:tイオぺ ︵茅Ob聖者名な彫像の鵬つ。 ︵10︶ 騎手の帯飾へ詳命罪ace是こぎ針鼠 パルプオンの苫殿にある。 ︵11︶ ア′レキサン〆−︵A訂a邑眉︶ ァロレンスの苗代のギリシャ彫刻。 ︵ほ︶ カムパニル ︵C旨℃a註鳶ジオットの造螢にかゝるフロレンスの錯櫻。ラスキンも﹁その巽と力とを鼻現した憮界に 翳なき建築C梓﹂と沼訝してゐる。 ︹讐二;。昌ヂソ爪茅c阜こ首鼠許ヂよ貰昔仁一300︶彫別家、建築家。 ︵讐、チマブユー︵Ci⊇ab完こ賢○−︸∽ON︶ 荒廃ジオットの肺。教職改革莞﹃−0完nt莞SCど○岩創始者として、 や一息も ︵5︶ ︵6︶ 第二や﹁金 箱二鱒 フロレソスの古書 ジオット rGi①︷冒︸−禁中十㌫衷ご亮よレン夫郊外に生る。イタリーの賓各な貴家、彫刻家、建貴家。フロレンネ の伽藍の塔− Ca月葛nilのほ彼の作で著名であるバ グガイソチパL晋n腎dかDa肇ざ耳∴忘恩T⊥串琵ヰ鹿償還、書架家、文人。 デロ ︵De芽/.†Fq楔紀末輩の人。アロレ、ゾスの誼家、滋別家。 ネ芦ファノ ︵S註訂鼠⊥省ニーー∞箋ご 著者なフロレンスの軍豪。彼あ品禦鱒重義の故に ApのOf と呼ばれでゐる。ヴアサリの書家係によれほ▲﹁彼ほ先輩のみなら県1その節ジオットをも凌諾した。⋮⋮:L ヴアサリ︵G空r銅甘ざ誓i︶Pi扁S O竹篭邑慧。﹁の著者。 ㌢イセウス ︵ぺh票空Sノ アテネのパルテオン宮殿にある像。 九二 2a冒詔

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

(36)

八飢︶≠干冒ム こe星昏£虫ヂ言ム・て撃琴撃アデン儲だ詳した。 ︵讐 口町ソツカニ㌢ユ︰ど牒nNO岩OnaCO︶ァpレンスの恰で武家。 ︵讐 アレゾー仇マルダルトン毒a阜象tOn命OfA諾NNOこ噂監−㌫芯︶彫刻家、建築家、ギリ等風肝玉家建の高 ︵讐 ポラ≡−へも旨tOni。p苫号−千万芯㌣⊥転送ヤフロレンスあ皮衣、彫刻家、彼は他のイクリーの多くの護家と同 頓に金細工師から出愛した。 ︵24︶ テンペラ竃法 ︵訂t空遥eH と同じ。卵黄、階などで溶かした給具。人髄の彩色に用いろ。 ︵警㌧ァレジ。パルドヴイネティ芯芥s50Ba−dO耳i昌e軍−轟虻−−金βプロレンスの憲衣、塵三や細工に長じている。 その門ほミケランジごpの群潰するところである。 ︵16︶ ガ一声シダヂ蔓り∴DOm告icO■蔦風音厨キ恵儀﹁−金∞︶ フロレンスの書家。 、敬 ︵17︶ オンドロ、野鼠⊇謬ttic註i∵本書1−巴∽﹂ フロレンズの著名な盗豪。 ︵18︶−きノ 曇p慢ヨ○こ蔑Qよ誓讐 ブラ;芸。リツビの子。フロレ芸の貴家。彼の作が他人の作として侍あ っているから﹁備わられたÅ﹂謹呼ばれている。 ハ讐 プラヤアシヂ羊リコ囁raA鼻骨半玉宮−忘∽ひ︶フロレンスの偲にて彊琴璧貧師作中でも白眉の人。 ︵20︶ タデオ。ガデイ へTa茫各れaddi ㌫芸−㌫芸ノ イクリーの富家、一一十四年閻ジオットの弟子であつた。肺ジオ ッ︰上の死後、未完成のカシバ∵﹁イルを仕上げた。 ピ碗ヤアイン風の革術株式を睨し、畠戯と生物との美を岩盤する盛仮の新方面を創始した。 ハほ︶ギイパテす ︵訂r票NO詳iberti︶−霊−1−㌫ぞ ブセレンスのバブティナリ﹂に立派な銅像乃門を渾立した人。 評を受けてい︰る。 プラウニyグの詩舜﹁カと女﹂ 、 九≡

(37)

︵30︶ モレロ、冠○詣l訂㌦ フロレンスの近くの頂。 ︵31︶ 和サ。ギデイ一︵CasaG良筆フラウ一⋮ダ夫人の閣。イタワーの自由を歌つたもの。 ︵鱒Yカルガダナ、澄卦苫軋登丁七ぷ∵︷レンスの在家。. へ請︶ タスカソ語 C哲西㌔警aロしイタ針−の淡海語誹方言、俗語の交らぬ蘭喝優雅な言葉。 \ ︵警 カソヾ貨ガン︵Ca鼓−㌫Ca鞍∵忽㌻−のサラの玉、葉徳秀でた望。 ﹁ファレスの竃雷﹂ 篭e芦︵j諾讐 ︵警 ドゥオモ、′ぎ○︸望︰フロレンスにある伽蕾。その側に建つているカンパニイルと共に賓態。 虚〓サー巻 第こ概 ︵㌘ ゼノーへZ昌○︶黍欲蔓義の創始者。 ︵讐㌔望スビリト へ嵩○首肇呵蒜︶フロけソスの敬愈。 ︵警 オグ︼妄ソチ︷Ogコi治a註ノ∴已ナ乳首訝 フロレンスの数曾。 \ \ に使用した原書は′′BH①宅莞選対民e獣 a邑 − ′> 萄Om夢乳昔乱 ぎ G.声 嵩乱○宅.〇鍾許邑 ′′ 九四 爵㌧

OLIVE 香川大学学術情報リポジトリ

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :