• 検索結果がありません。

ステップ1 反応する体積と反応せずに残る体積を求める①

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "ステップ1 反応する体積と反応せずに残る体積を求める① "

Copied!
21
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

ステップ1 反応する体積と反応せずに残る体積を求める①

1 ある濃さの塩酸 A を 100 ㎤完全に中和するのに、ある濃さの水酸化ナトリウム水溶 液 B が 50 ㎤必要です。

次の⑴〜⑹について、例にならって( )にあてはまる数を求めなさい。

適当な数がないときは空らんのままでかまいません。

⑴ 塩酸A100 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B100 ㎤を混ぜる

⑵ 塩酸A120 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B80 ㎤を混ぜる

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( 100 )㎤ ( 50 )㎤

( )㎤ ( 10 )㎤

例) 塩酸A100 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B60 ㎤を混ぜる

※水ナ水…水酸化ナトリウム水溶液のこととします。

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

(2)

⑶ 塩酸A50 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B30 ㎤を混ぜる

⑷ 塩酸A60 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B45 ㎤を混ぜる

⑸ 塩酸A80 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B50 ㎤を混ぜる

⑹ 塩酸A120 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B70 ㎤を混ぜる

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

(3)

ステップ2 反応する体積と反応せずに残る体積を求める②

2 ある濃さの塩酸 A を 100 ㎤完全に中和するのに、ある濃さの水酸化ナトリウム水溶 液 B が 50 ㎤必要です。

次の⑴〜⑺について、 ( )にあてはまる数を求めなさい。

⑴ 塩酸A120 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B50 ㎤を混ぜる

⑵ 塩酸A120 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B40 ㎤を混ぜる

⑶ 塩酸A50 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B20 ㎤を混ぜる

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

(4)

⑷ 塩酸A60 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B25 ㎤を混ぜる

⑸ 塩酸A80 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B35 ㎤を混ぜる

⑹ 塩酸A150 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B70 ㎤を混ぜる

⑺ 塩酸A90 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B40 ㎤を混ぜる

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

(5)

3 ある濃さの塩酸 A を 100 ㎤を完全に中和するのに、ある濃さの水酸化ナトリウム水 溶液 B が 150 ㎤必要です。

次の⑴〜⑺について、 ( )にあてはまる数を求めなさい。

⑴ 塩酸A100 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B200 ㎤を混ぜる

⑵ 塩酸A150 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B150 ㎤を混ぜる

⑶ 塩酸A40 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B90 ㎤を混ぜる

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

(6)

⑷ 塩酸A60 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B180 ㎤を混ぜる

⑸ 塩酸A80 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B90 ㎤を混ぜる

⑹ 塩酸A160 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B210 ㎤を混ぜる

⑺ 塩酸A60 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B120 ㎤を混ぜる

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

(7)

4 ある濃さの塩酸 A を 100 ㎤を完全に中和するのに、ある濃さの水酸化ナトリウム水 溶液 B が 80 ㎤必要です。

次の⑴〜⑺について、 ( )にあてはまる数を求めなさい。

⑴ 塩酸A50 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B50 ㎤を混ぜる

⑵ 塩酸A60 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B40 ㎤を混ぜる

⑶ 塩酸A80 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B60 ㎤を混ぜる

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

(8)

⑷ 塩酸A150 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B100 ㎤を混ぜる

⑸ 塩酸A200 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B120 ㎤を混ぜる

⑹ 塩酸A90 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B80 ㎤を混ぜる

⑺ 塩酸A130 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B96 ㎤を混ぜる

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

塩酸A 水ナ水B

( )㎤ ( )㎤

( )㎤ ( )㎤

(9)

ステップ3 白い粉末を求める①

5 ある濃さの塩酸 A を 100 ㎤を完全に中和するのに、ある濃さの水酸化ナトリウム水 溶液 B が 50 ㎤必要です。また、この混合液を加熱し水分を蒸発させると、白い粉末

(食塩)が 10g残ります。

次の⑴〜⑹の混合液について、 ( )に適当な数を入れ、混合液を加熱した後に残 る白い粉末(食塩)の重さを求めなさい。ただし、塩酸を加熱した後には何も残りません。

⑴ 塩酸A150 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B50 ㎤を混ぜる

⑵ 塩酸A100 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B40 ㎤を混ぜる

塩酸A 水ナ水B 食塩 100 ㎤ + 50 ㎤ → 10g

例) 塩酸A120 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B50 ㎤を混ぜる

塩酸A 食塩

( 100 )㎤ + ( 50 )㎤ → ( 10 )g

( 20 )㎤ ( )㎤

残り 中和

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

( )㎤ ( )㎤

残り 中和

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

( )㎤ ( )㎤

残り

中和

(10)

⑶ 塩酸A160 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B60 ㎤を混ぜる

⑷ 塩酸A200 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B80 ㎤を混ぜる

⑸ 塩酸A70 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B30 ㎤を混ぜる

⑹ 塩酸A50 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B20 ㎤を混ぜる

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

( )㎤ ( )㎤

残り 中和

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

( )㎤ ( )㎤

残り 中和

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

( )㎤ ( )㎤

残り 中和

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

( )㎤ ( )㎤

残り

中和

(11)

ステップ4 白い粉末を求める② - 水酸化ナトリウムが余る場合

6 ある濃さの塩酸 A を 100 ㎤完全に中和するのに、ある濃さの水酸化ナトリウム水溶 液 B が 50 ㎤必要です。また、この混合液を加熱し水分を蒸発させると、白い粉末(食 塩)が 10g残ります。

また、水酸化ナトリウム水溶液 100 ㎤を加熱して水分を完全に蒸発させると、あと に白い粉末(水酸化ナトリウム)10gが残りました。

次の⑴〜⑸の混合液について、 ( )に適当な数を入れ、混合液を加熱した後に残 る白い粉末の重さを求めなさい。 ただし、食塩も水酸化ナトリウムも白い粉末である ことに注意しなさい。

⑴ 塩酸A100 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B100 ㎤を混ぜる

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g 水ナ水B 水酸化ナトリウム

100 ㎤ → 10g

例) 塩酸A100 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B60 ㎤を混ぜる

塩酸A 食塩

( 100 )㎤ + ( 50 )㎤ → ( 10 )g

残り 中和

( 10 )㎤ → ( 1 )g

白い粉末

( 11 )g 塩酸A 水ナ水B 食塩

100 ㎤ + 50 ㎤ → 10g

(12)

⑵ 塩酸A200 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B150 ㎤を混ぜる

⑶ 塩酸A120 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B90 ㎤を混ぜる

⑷ 塩酸A80 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B60 ㎤を混ぜる

⑸ 塩酸A40 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B30 ㎤を混ぜる

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g

(13)

ステップ6 練習問題

7 ある濃さの塩酸 A を 100 ㎤完全に中和するのに、ある濃さの水酸化ナトリウム水溶 液 B が 80 ㎤必要です。また、この混合液を加熱し水分を蒸発させると、白い粉末(食 塩)が 20g残ります。

また、水酸化ナトリウム水溶液 100 ㎤を加熱して水分を完全に蒸発させると、あと に白い粉末(水酸化ナトリウム)8gが残りました。

次の⑴〜⑸の混合液について、 ( )に適当な数を入れ、混合液を加熱した後に残 る白い粉末の重さを求めなさい。 ただし、塩酸を加熱した後には何も残りません。ま た、食塩も水酸化ナトリウムも白い粉末であることに注意しなさい。

⑴ 塩酸A100 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B90 ㎤を混ぜる

⑵ 塩酸A120 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B80 ㎤を混ぜる

水ナ水B 水酸化ナトリウム 100 ㎤ → 8g

塩酸A 水ナ水B 食塩 100 ㎤ + 80 ㎤ → 20g

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ ( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g

※( )の中に空欄があってもかまいません。

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ ( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g

(14)

⑶ 塩酸A150 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B150 ㎤を混ぜる

⑷ 塩酸A80 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B60 ㎤を混ぜる

⑸ 塩酸A200 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B180 ㎤を混ぜる

⑹ 塩酸A250 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B180 ㎤を混ぜる

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ ( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ ( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ ( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ ( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g

(15)

8 ある濃さの塩酸 A を 20 ㎤完全に中和するのに、ある濃さの水酸化ナトリウム水溶 液 B が 30 ㎤必要です。また、この混合液を加熱し水分を蒸発させると、白い粉末(食 塩)が2g残ります。

また、水酸化ナトリウム水溶液 100 ㎤を加熱して水分を完全に蒸発させると、あと に白い粉末(水酸化ナトリウム)6gが残りました。

次の⑴〜⑸の混合液について、 ( )に適当な数を入れ、混合液を加熱した後に残 る白い粉末の重さを求めなさい。 ただし、塩酸を加熱した後には何も残りません。ま た、食塩も水酸化ナトリウムも白い粉末であることに注意しなさい。

⑴ 塩酸A100 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B90 ㎤を混ぜる

⑵ 塩酸A120 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B200 ㎤を混ぜる

水ナ水B 水酸化ナトリウム 100 ㎤ → 6g

塩酸A 水ナ水B 食塩 20 ㎤ + 30 ㎤ → 2g

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ ( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ ( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g

(16)

⑶ 塩酸A50 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B60 ㎤を混ぜる

⑷ 塩酸A80 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B150 ㎤を混ぜる

⑸ 塩酸A90 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B120 ㎤を混ぜる

⑹ 塩酸A160 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液B270 ㎤を混ぜる

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ ( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ ( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ ( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g

塩酸A 食塩

( )㎤ + ( )㎤ → ( )g

残り 中和

( )㎤ ( )㎤ → ( )g

白い粉末

( )g

(17)

9 ある濃さの塩酸 A と、ある濃さの水酸化ナトリウム水溶液 B があります。ビーカー に塩酸Aを 100 ㎤とり、よくかき混ぜながら水酸化ナトリウム水溶液Bを少しずつ 加えていったところ、Bを 80 ㎤加えたところで、青色リトマス紙の色も赤色リトマ ス紙の色も変化しなくなりました。

このビーカー内の液を加熱して水分を完全に蒸発させると、あとに 23.2gの粉末C が残りました。

また、水酸化ナトリウム水溶液B80 ㎤を加熱して水分を完全に蒸発させると、あと に 16gの水酸化ナトリウムが残りました。

⑴ 粉末Cは何ですか。またその色は何色ですか。

⑵ 塩酸A100 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液Bを 60 ㎤加えてよくかき混ぜると、何 性になりますか。またこの液を加熱して水分を完全に蒸発させると、あとに何g の粉末が残りますか。

⑶ 塩酸A100 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液Bを 120 ㎤加えてよくかき混ぜると、

何性になりますか。またこの液を加熱して水分を完全に蒸発させると、あとに何

gの粉末が残りますか。

(18)

10 ある濃さの塩酸 A と、ある濃さの水酸化ナトリウム水溶液 B があります。ビーカー に塩酸Aを 100 ㎤とり、よくかき混ぜながら水酸化ナトリウム水溶液Bを少しずつ 加えていったところ、Bを 50 ㎤加えたところで、青色リトマス紙の色も赤色リトマ ス紙の色も変化しなくなりました。

このビーカー内の液を加熱して水分を完全に蒸発させると、あとに 12gの粉末Cが 残りました。

また、水酸化ナトリウム水溶液B50 ㎤を加熱して水分を完全に蒸発させると、あと に8gの水酸化ナトリウムが残りました。

⑴ 粉末Cは何ですか。またその色は何色ですか。

⑵ 塩酸A100 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液Bを 30 ㎤加えてよくかき混ぜると、何 性になりますか。またこの液を加熱して水分を完全に蒸発させると、あとに何g の粉末が残りますか。

⑶ 塩酸A80 ㎤に水酸化ナトリウム水溶液Bを 60 ㎤加えてよくかき混ぜると、何

性になりますか。またこの液を加熱して水分を完全に蒸発させると、あとに何g

の粉末が残りますか。

(19)

■ 解答 ■ 1 ⑴

2 ⑴

3 ⑴

4 ⑴

⑺ 塩酸A 水ナ水B

中和 100 + 50 残り 50 塩酸A 水ナ水B 中和 120 + 60 残り 20 塩酸A 水ナ水B 中和 50 + 25 残り 5 塩酸A 水ナ水B 中和 60 + 30 残り 15 塩酸A 水ナ水B 中和 80 + 40 残り 10 塩酸A 水ナ水B 中和 120 + 60 残り 10

塩酸A 水ナ水B 中和 100 + 50 残り 20 塩酸A 水ナ水B 中和 80 + 40 残り 40 塩酸A 水ナ水B 中和 40 + 20 残り 10 塩酸A 水ナ水B 中和 50 + 25 残り 10 塩酸A 水ナ水B 中和 70 + 35 残り 10 塩酸A 水ナ水B 中和 140 + 70 残り 10 塩酸A 水ナ水B 中和 80 + 40 残り 10

塩酸A 水ナ水B 中和 100 + 150 残り 50

塩酸A 水ナ水B 中和 60 + 90 残り 20 塩酸A 水ナ水B 中和 140 + 210 残り 20 塩酸A 水ナ水B 中和 100 + 150 残り 50

塩酸A 水ナ水B 中和 40 + 60 残り 30 塩酸A 水ナ水B 中和 60 + 90 残り 90

塩酸A 水ナ水B 中和 60 + 90 残り 30

塩酸A 水ナ水B 中和 50 + 40 残り 10

塩酸A 水ナ水B 中和 150 + 120 残り 50 塩酸A 水ナ水B 中和 50 + 40 残り 10

塩酸A 水ナ水B 中和 75 + 60 残り 5 塩酸A 水ナ水B 中和 125 + 100 残り 25

塩酸A 水ナ水B 中和 90 + 72 残り 8 塩酸A 水ナ水B 中和 120 + 96 残り 10

(20)

5 ⑴

6 ⑴

7 ⑴

⑹ 塩酸A 水ナ水B 食塩

中和 100 + 50 → 10 残り 50

塩酸A 水ナ水B 食塩 中和 80 + 40 → 8 残り 20

塩酸A 水ナ水B 食塩 中和 120 + 60 → 12 残り 40

塩酸A 水ナ水B 食塩 中和 160 + 80 → 16 残り 40

塩酸A 水ナ水B 食塩 中和 60 + 30 → 6 残り 10

塩酸A 水ナ水B 食塩 中和 40 + 20 → 4 残り 10

100 + 50 → 10

50 → 5

15

200 + 100 → 20

50 → 5

25

120 + 60 → 12

30 → 3

15

80 + 40 → 8

20 → 2

10

40 + 20 → 4

10 → 1

100 + 80 → 20

20

20

200 + 160 → 40

20 → 1.6

41.6

100 + 80 → 20

10 → 0.8

20.8

150 + 120 → 30

30 → 2.4

32.4

75 + 60 → 15

15

225 + 180 → 45 25

45

(21)

8 ⑴

9 ⑴ 食塩 白色

⑵ 酸性 17.4g

⑶ アルカリ性 31.2g

10 ⑴ 食塩 白色

⑵ 酸性 7.2g

⑶ アルカリ性 12.8g

60 + 90 → 6

40

120 + 180 → 12

20 → 1.2

13.2

40 + 60 → 4

10

80 + 120 → 8 30 → 1.8

9.8

80 + 120 → 8

10

160 + 240 → 16

30 → 1.8

17.8

75 + 60 → 17.4

25

17.4

100 + 80 → 23.2

40 → 8

31.2

60 + 30 → 7.2

40

7.2

80 + 40 → 9.6

20 → 3.2

12.8

参照

関連したドキュメント

aripiprazole水和物粒子が徐々に溶解するのにとも ない、血液中へと放出される。PP

  「教育とは,発達しつつある個人のなかに  主観的な文化を展開させようとする文化活動

春から初夏に多く見られます。クマは餌がたくさんあ

次亜塩素酸ナトリウムは蓋を しないと揮発されて濃度が変 化することや、周囲への曝露 問題が生じます。作成濃度も

図 21 のように 3 種類の立体異性体が存在する。まずジアステレオマー(幾何異 性体)である cis 体と trans 体があるが、上下の cis

水素濃度 3%以上かつ酸素濃度 4%以上(可燃限界:水素濃度 4%以上かつ酸素

出す タンクを水平より上に傾けている 本体を垂直に立ててから電源を切 り、汚水がタンクの MAX 印を超え

である水産動植物の種類の特定によってなされる︒但し︑第五種共同漁業を内容とする共同漁業権については水産動