• 検索結果がありません。

DP-C3040VFS/C3040V/C3030VFS/C3030V/C2626VFS/C2626VF (for Setup)

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "DP-C3040VFS/C3040V/C3030VFS/C3030V/C2626VFS/C2626VF (for Setup)"

Copied!
52
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

目次

セットアップの概要 ... 2

● 本機とコンピューターの接続方法... 2

ネットワーク環境の設定... 7

各種ドライバーのインストール ... 12

● ネットワーク環境へのプリンタードライバーのインストール ... 13 ● ローカル環境へのプリンタードライバーのインストール ... 18 ● Fax ドライバーのインストール ... 25

● Network Update Service の操作... 28

各種機能の設定 ... 32

● ネットワークプリンターの共有化... 32 ● クライアントコンピューターの設定... 36 ● ネットワークスキャナーの設定 ... 37 ● ファクスの設定(オプション)... 38 ● E メール / インターネット FAX の設定(オプション)... 42

● Job Status Utility の設定... 46

付録 ... 47

取扱説明書

(セットアップ編)

フルカラーデジタル複合機

品番 このたびは、パナソニック製品をお買い上げいただき、 まことにありがとうございます。 ●取扱説明書をよくお読みのうえ、正しく安全にお使いください。 ●ご使用前に『取扱説明書(基本編)』の「安全上のご注意」を セ ッ ト ア ッ プ の 概 要 ネ ッ ト ワ | ク の 設 定 イ ン ス ト | ル 機 能 設 定 ● イラストはオプションを装着し た例です。 詳しくは「取扱説明書(基本編)」 を参照してください。

(2)

セットアップの概要

本機とコンピューターの接続方法

本機とコンピューターの接続方法には、ネットワークダイレクト接続、ネットワークプリント

サーバー接続、ローカル接続 (USB) の 3 種類があります。ご使用の環境に合わせて接続して

ください。

● 1 台のコンピューターから、ローカル(USB)とネットワークの両方へ接続することもできます。

ネットワークダイレクト接続

プリントサーバー(プリンターを管理するコンピューター)を使用しない接続方法です。

印刷ジョブは、ネットワークプリンターへ直接送信されます。

● セットアップ方法: お使いのコンピューターにプリンタードライバーをインストールします。 「ネットワーク環境へのプリンタードライバーのインストール」(p.13)を参照してください。 ● ネットワークに DHCP サーバーが設定されていない場合は、プリンタードライバーをインストールする 前に、IP アドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスを本体に設定する必要があります。 「ネットワーク環境の設定」(p.7)を参照してください。 ● ネットワークに DHCP サーバーが設定されている場合、本機の電源を切/入すると、付与される IP ア ドレスが変更されることがあります。この場合は、ネットワークのサーバーで、本機に割り当てる IP ア ドレスを固定化するように設定してください。

ネットワークプリントサーバー接続

プリントサーバー(プリンターを管理するコンピューター)を経由して印刷する接続方法です。

印刷ジョブは、プリントサーバー経由で、共有設定されたプリンターヘ送信されます。

● セットアップ方法: 次の順に設定します。 ①サーバーコンピューターにプリンタードライバーをインストールする 「ネットワーク環境へのプリンタードライバーのインストール」(p.13)を参照してください。 ②ネットワークプリンターを共有化する 「ネットワークプリンターの共有化」(p.32)を参照してください。 ③クライアントコンピューターで、プリンターを設定する 「クライアントコンピューターの設定」(p.36)を参照してください。 ネットワーク ネットワーク プリントサーバー

(3)

セ ッ ト ア ッ プ の 概 要

ローカル接続(USB)

ネットワークを使わず、直接コンピューターとプリンターを接続する方法です。

● セットアップ方法: お使いのコンピューターにプリンタードライバーをインストールします。 「ローカル環境へのプリンタードライバーのインストール」(p.18)を参照してください。

ローカルとネットワークの両方へ接続した場合

ローカル接続(USB)とネットワークプリンター、いずれのプリンターも正常に動作しま

す。アプリケーションソフトの印刷画面のプリンター一覧表示から、印刷するプリンター

を切り替えることができます。

ネットワーク接続の例

ネットワーク、E メール / インターネット FAX の設定は、お客様の環境により、設定内

容が異なります。

 (例)DNS サーバーを使用したネットワーク

● ご使用の環境に合わせて設定するには、お買い上げの販売店またはサービス実施会社によるコンサル ティングとカスタマイズが必要となります。 詳しくは、お客様のシステム管理者を通じ、お買い上げの販売店またはサービス実施会社にお問い合わ せください。 USB ●ネットワーク接続プリンター プリンター名の先頭に、サーバー 名が自動的に付加されます。 ネットワークダイレクト接続時 は、サーバー名が付加されません ので、プリンター設定画面で名称 を変更しておくと便利です。 ネットワーク

(4)

本機は、下記の手順でセットアップしてください。

● 本書では、本機の操作パネルでの操作と、コンピューター側にソフトウェアをインストールする操作の両方を説明しています。 ● 最初に、手順全体をお読みいただき、概要を把握してから実際のセットアップを行うことをお勧めします。

1

ケーブルを接続する

オプションの装着状況に合わせ、必要な ケーブルを接続します。 ●USB ケーブルは、本機をローカルプリン ターとして使用するときに接続します。 ※ プリンタードライバーのインストール時 に、コンピューターへの USB ケーブル接 続 を 促 す メ ッ セ ー ジ が 表 示 さ れ ま す。 USB ケーブルは、このメッセージが表示 されるまで、コンピューターに接続しない でください。 ●DP-C3040V/DP-3030V の場合、 電話回線は、G3 通信ユニット (DA-FG321) が装着されているときに接続し ます。 ●G3 増設ユニット(DA-FG322)を装着 している場合は、次の図にしたがって、 電話回線を接続します。 ●G4 通信ユニット(DA-FG323)を装着 している場合は、次の図にしたがって、 ISDN 回線を接続します。

2

本機の電源を入れる

電源スイッチ、スタンバイスイッチの順 に電源を入れます。 ・電源スイッチ : 背面にあります。 ・スタンバイスイッチ : 左側面にあります。 ●本機の電源は、電源スイッチとスタンバ イスイッチの両方を「入」にしないと入 りません。 電源スイッチ スタンバイスイッチ USB ケーブル LAN ケーブル 外部電話 電話回線 増設回線 外部電話 電話回線 ISDN 回線 電源スイッチ スタンバイスイッチ 長期間使用しないとき は、「切」にされること をお勧めします。 ・ 始業時に「入」、終業 時に「切」にします。 ・ 以降のセットアップ 手順で電源を入、切 するときは、このス イ ッ チ を 操 作 し ま す。

(5)

セ ッ ト ア ッ プ の 概 要

● 下記のセットアップ手順は、お使いのコンピューターの環境や、ネットワーク環境の基本的な知識や操 作方法を習得されていることを前提に説明しています。 ● お使いのコンピューターの環境や、ネットワーク環境の基本的な知識や操作方法については、コンピュー ター、オペレーティングシステム、ネットワークシステムに付属のマニュアルをお読みください。

3

ネットワーク環境を設定する

本機の操作パネルで、ネットワーク環境 を設定します(p.7)。 ●ネットワーク環境は、システム管理者が 設定してください。

4

インストールする

「各種ドライバーのインストール」(p.12) を参照し、プリンタードライバー、アプ リケーションソフトウェアをインストー ルします。 ●プリンタードライバーのインストール 方法は本機とコンピューターの接続方 法により異なります。 インストールする前に、システム管理者 にご相談ください。 接 続 方 法 に つ い て は、「本 機 と コ ン ピューターの接続方法」(p.2)を参照し てください。 ●ネットワークプリントサーバー接続の 場合は、システム管理者がインストール してください。 ●アプリケーションソフトウェアは、必 要に応じてインストールしてください。 アプリケーションソフトウェアについ ては、『Panasonic Document Management System』 CD-ROM 内 の各ソフトウェアの取扱説明書および ヘルプを参照してください。 ■ Fax Driver このソフトウェアをインストールしてお くと、コンピューターから直接ファクス 送信できます。インストールについては、 「Fax ドライバーのインストール」(p.25) を参照してください。

■ Network Update Service

プリンタードライバーやアプリケーショ ンソフトウェアを自動的にアップデート するソフトウェアです。『Panasonic Document Management System』 CD-ROM 内のソフトウェアをインストー ルすると自動的にインストールされます (p.28)。

5

コンピューターを設定する

必要に応じて、次の設定をします。 ■ ネットワークプリンターの共有化 ネットワークプリントサーバー接続の場合 は、サーバーコンピューターで、ネット ワークプリンターを共有化します(p.32)。 ●共有化はシステム管理者が行ってください。 ■ クライアントコンピューターの設定 ネットワークプリントサーバー接続の場 合は、クライアントコンピューターで、 プリンターを設定します(p.36)。 ■ スキャナー機能 ネットワークスキャナーを設定します。 ① コミュニケーションユーティリティをコン ピューターにインストールします(p.13)。 ② コンピューター上でコミュニケーション ユーティリティを設定します(p.37)。

6

オプション機能を設定する

必要に応じて、次の設定をします。 ■ ファクス機能 G3 通信ユニット(DA-FG321) を装着 している場合は、ファクス機能を設定し ます。 ① 自局情報 ( 発信元情報、文字 ID、数字 ID)、 回線の種別などを設定します (p.38)。 ② アドレス帳を設定します。 ●設定方法は、『取扱説明書(ファクス / イン ターネット FAX 編)』を参照してください。 ■ インターネット FAX / E メール機能 インターネット FAX ユニット (DA-NF320) を装着している場合は、インター ネット FAX / E メール機能を設定します。 ① 本機の操作パネルでネットワークの メール環境を設定します(p.42)。 ② E メール環境を設定します。 ③ アドレス帳を登録します。 ●設定方法は、『取扱説明書(ファクス / イン ターネット FAX 編)』を参照してください。

次のページへ続く

(6)

7

ソフトウェアをインストールする

必要に応じて、Panasonic ダウンロード サイトや「Panasonic Document Management System」CD-ROM か ら、ソフトウェアをインストールします。 次のソフトウェアをインストールできます。 ■ Document Manager/Document Viewer

ネットワークスキャナー機能を使用すると きに使います。

■ Panafax Desktop

コンピューターからファクス送信したい場 合に使います。

■ Web Device Monitor

本体の設定を Web ブラウザーから閲覧する ときに使います。

■ Memory Card Print Utility

SD カードや PC カードに保存されているア プリケーションソフトのデータを印刷する ときに使います。 ■ Device Monitor 追加モデル Device Monitor に機種を追加するときに 使います。

■ IPX/SPX setup Utility

NetWare 環境へプリンタードライバーをイ ンストールするときに使います。

●Mac OS 環境に本機を接続することは できません。

●NetWare 環境に本機を接続する場合は、 「IPX/SPX setup utility」のインストー

ルが必要です。『Panasonic Document Management System』 CD-ROM を参 照してください。

用語

IPX/SPX

(Internetwork Packet Exchange/ Sequenced Packet Exchange) Novell NetWare が使用するネットワー クおよびトランスポートレベルのプロト コルのことです。 NetWare Novell Corporation が開発した、ローカ ルエリアネットワーク (LAN)OS のこと です。 プリントサーバー ひとつまたは複数のプリンターを管理 するコンピューターのことです。 ネットワーク上に接続されているコン ピューターからプリンターに送られてく る印刷ジョブを、受信順にコンピュー ターから指定されたプリンターへ排出し ます。 USB

(Universal Serial Bus)

外付標準バス。1.1 と 2.0 タイプがあり、 2.0 タイプでは、データ転送速度は最高 480 Mbps と高速転送が可能です。 USB はプラグアンドプレイをサポートし ています。 プラグアンドプレイ 拡張ボードや他の装置をコンピューター が自動的に設定する機能。DIP スイッチ、 ジャンパ、その他を設定しなくても装置 を接続するだけで使用できます。

(7)

ネ ッ ト ワ | ク の 設 定

ネットワーク環境の設定

お使いのネットワークに DHCP サーバーが設定されていない場合は、次の項目を必ず設定し

てください。 

IP アドレス 

サブネットマスク 

ゲートウェイアドレス

DHCP サーバーが設定されている場合は、手順7で[あり]を選択してください。

● ネットワーク環境は、システム管理者が設定 してください。 ● ゲートウェイアドレスの設定が終了すると、 DNSサーバーやコミュニティ名などの項目が 表示されます。これらは、お使いの環境に合 わせ、必要に応じて設定する項目です。

オンラインランプが点灯していることを

確認してから本ネットワーク設定を開始

してください。

1

<ファンクション>を押す

2

[共通機能設定]を押す

3

[5-9]を押し、[09 キーオペレー

ター専用]を押す

4

パスワード(8文字)を入力し、

[OK]

を押す

●パスワードの初期値は、「00000000」 です。 ファンクションキー オンラインランプ

次のページへ続く

(8)

5

[04 ネットワーク関連設定]を押す

6

[基本]を押す

●[プリンター]、[E メール]、[LDAP]を 押すと次の項目が表示されます。 これらは、お使いの環境に合わせ、必要 に応じて設定する項目です。 ・[プリンター] SMB や NetWare などのプリンター に関する設定が表示されます。 詳しくは、『取扱説明書 ( ファンクショ ン設定編)』の「2章 共通機能設定」 を参照してください。 ・[E メール] E メールに関する設定が表示されます。 本書の「ファクスの設定(オプション)」 (p.38)を参照してください。 ・[LDAP] LDAPサーバーに関する設定が表示さ れます。 詳しくは、『取扱説明書 ( ファンクショ ン設定編)』の「4 章 ファクス /E メー ル機能設定」を参照してください。

7

DHCP 機能を設定する

●DHCP サーバーを使用していない場合: [なし]を選択して[OK]を押し、手順 8 に進む ●DHCP サーバーを使用している場合: [あり]を選択して[OK]を 4 回押し、 手順 11 に進む

8

TCP/IP IP アドレスを設定する

IP アドレスを入力し、[OK]を押す 例 : 192.168.1.100 ●1 桁または 2 桁の数値を入力するとき は、次のどちらかの操作をします。 ・ 先頭に 00 または 0 を付けて 3 桁に する ・ 数字入力後、 または操作パネルの キーを押す ●誤って入力した場合は、[クリアー]を 押して数値を削除し、正しい数値を入力 します。

(9)

ネ ッ ト ワ | ク の 設 定

9

TCP/IP サブネットマスクを設定

する

サブネットマスクを入力し、[OK]を押 す 例 : 255.255.255.0 ●1 桁または 2 桁の数値を入力するとき は、次のどちらかの操作をします。 ・ 先頭に 00 または 0 を付けて 3 桁に する ・ 数字入力後、 または操作パネルの キーを押す ●誤って入力した場合は、[クリアー]を 押して数値を削除し、正しい数値を入力 します。

10

TCP/IP ゲートウェイアドレスを

設定する

ゲートウェイアドレスを入力し、[OK] を押す 例 : 192.168.0.254 ●1 桁または 2 桁の数値を入力するとき は、次のどちらかの操作をします。 ・ 先頭に 00 または 0 を付けて 3 桁に する ・ 数字入力後、 または操作パネルの キーを押す ●誤って入力した場合は、[クリアー]を 押して数値を削除し、正しい数値を入力 します。

次のページへ続く

(10)

11

DNS サーバーアドレスを設定する

DNS サーバーを使用する場合は、次の手 順で操作をする ●DNS サーバーを使用しない場合は、[な し]が選択されている状態で[OK]を 押し、手順 12 に進みます。 (1)[あり]を選択し、[OK]を押す (2) 次の手順で、ホスト名、ドメイン名、 DNS サーバーアドレスを入力する (2)-1 ホスト名のボタンを押し、表示さ れた画面でホスト名(60 文字ま で)を入力し、[OK]を押す (2)-2 ドメイン名のボタンを押し、表示 された画面でドメイン名(50 文字 まで)を入力し、[OK]を押す (2)-3 表示された画面で DNS サーバー アドレス(3 桁× 4)を入力し、 [追加]を押す 例 : 192.168.0.254 (2)-4[OK]を押す

(11)

ネ ッ ト ワ | ク の 設 定

12

必要に応じて設定する

次の項目を設定できます。 ・ コミュニティーネーム (1) ・ コミュニティーネーム (2) ・ WINS サーバー 1 IP ・ WINS サーバー 2 IP ・ スコープ ID ・ IP フィルター ・ IP フィルターモード ・ IP フィルターアドレス ・ ユーザー認証ドメイン これらは、お使いの環境に合わせ、必要 に応じて設定する項目です。 ●設定が不要な場合は、[OK]を押します。 ひとつ先の画面に移ります。 ●設定内容については、『取扱説明書 ( ファ ンクション設定編』の「2章 共通機能設 定」を参照してください。 例 : コミュニティーネーム (1) の画面

13

設定が終了したら、<リセット>を

押す

14

スタンバイスイッチを切り、もう一

度入れる

●スタンバイスイッチは、必ず切 / 入して ください。 ●スタンバイスイッチは本機の左側面に あります。 リセットキー スタンバイスイッチ

(12)

各種ドライバーのインストール

システム環境

*1 以下の OS には対応しておりません。

Microsoft® Windows Server® 2003 Enterprise Edition for Itanium-based systems

ハードウェア

環境

IBM

®

PC/AT

®

互換機

CPU Intel

®

Pentium

®

4 1.6GHz 以上を推奨

ディスプレイ 800 × 600 ピクセル 以上

16 ビットカラー以上のビデオアダプターを推奨

OS 環境

Microsoft

®

Windows

®

2000 日本語版(Service Pack 4 以降 )

Microsoft

®

Windows

®

XP 日本語版(Service Pack 2 以降 )

Microsoft

®

Windows Server

®

2003 日本語版(Service Pack 1 以降 )*1

Microsoft

®

Windows Vista

®

日本語版

メモリー

推奨メモリー容量は次のとおりです。

Windows 2000

: 256 MB 以上

Windows XP

: 512 MB 以上

Windows Server 2003

: 512 MB 以上

Windows Vista

: 1GB 以上

空きディスク

容量

300 MB 以上

(画像を保管する領域は含みません)

CD-ROM ド

ライブ

プリンタードライバーなどのソフトウェアのインストールに

CD-ROM ドライブを使います。

イ ン タ ー

フェース

10Base-T/100Base-TX イーサネットポート

USB ポート

ア プ リ ケ ー

ションソフト

ウェア

(13)

イ ン ス ト | ル

ネットワーク環境へのプリンタードライバーのインストール

プリンタードライバーをインストールする前に、本機がネットワーク接続されていることを

確認してください。接続されていないときは、ネットワーク管理者へご相談ください。

● ネットワークプリントサーバー接続の場合 は、システム管理者がインストールしてくだ さい。

● Windows XP/Windows Vista の場合は、コ ンピューターの管理者のユーザーアカウント でログインしてください。

Windows Server 2003/Windows 2000 の 場合は、Administrator 権限でログインしてく ださい。

● プリンタードライバーを削除(アンインス トール)する場合は、付属の 「Panasonic Document Management System」CD-ROM 内のプリンタードライバーの各説明書 を参照してください。

1. ソフトウェアを選ぶ

手順 3 で[完全インストール]を選択する と、次の 9 種類のソフトウェアをインス トールできます。

・ PCL6 Emulation Printer Driver (プリンタードライバー)

・Direct Printing System ・ Quick Image Navigator

・ コミュニケーションユーティリティ ・ Device Explorer

・Device Monitor

・ネットワーク装置設定 / アドレス帳編集 ・Job Status Utility

・Fax Driver ● インストールするソフトウェアを選択した い場合は、手順 3 で[カスタムインストー ル]を選択し、ソフトウェアを選択してく ださい。 (p.14)

2. インストールする

(p.14 ∼ p.17)

3. コンピューターを再起動する

(p.17)

4. 各種機能を設定する

「各種機能の設定」(p.32)を参照し、ご使 用の環境に合わせて、各種機能を設定して ください。

次のページへ続く

(14)

1

本機がネットワークに接続され、

電源が入っていることを確認する

2

付属の「Panasonic Document

Management

System」CD-ROM を、お使いのコンピューター

にセットする

CD-ROM が自動再生され、オープニング 画面が表示されます。 ●オープニング画面が表示されない場合 は、マイコンピューターを開き、CD-ROM ドライブ内の「Setup.exe」をダ ブルクリックしてください。

3

[完全インストール]をクリックする

[カスタムインストール]をクリックすると、インス トールするソフトウェアを選択できます。 表示された画面で、ソフトウェアを選択し、[インス トール]をクリックします。 ● をクリックすると、各ソフトウェア の説明を表示できます。 ● が付いているソフトウェアをインス トールしない場合は、 をクリックして 選択を取り消します。

●Device Monitor と Fax Driver の選択 解除すると、Job Status Utility の選 択を解除できます。 ●Fax Driver は、コンピューターからの 印刷データを、直接本機からファクス送 信したい場合に選択します。 ●完全インストールやカスタムインス トールを実行すると、プリンタードラ イバーなどのソフトウェアに加え、ア ンインストーラ、Windows Firewall Setting Tool 、Network Update Service が自動的にインストールされ ます。 ・ アンインストーラについては、付属 の「Panasonic Document Management System」CD-ROM 内のプリンタードライバーの 各説明書を参照してください。 ・ Windows Firewall Setting Tool

については、「 Windows ファイア ウォールへの対応について」 (p.47)を参照してください。 ・ Network Update Service につい

ては、「 Network Update Service の操作」(p.28)を参照してくださ い。

(15)

イ ン ス ト | ル

セットアップの準備画面が表示されます。 ●しばらくすると、使用許諾契約の画面が 表示されます。

4

[使用許諾契約の全条項に同意しま

す]を選択し、[次へ]をクリック

する

5

インストール先のフォルダを確認

し、[次へ]をクリックする

●すでに「Panasonic Document Management System」がインス トールされている場合、この画面は表 示されないか、または上書きを確認す るメッセージが表示されます。 上書きをする場合は、[OK]をクリッ クします。 ●インストール先のフォルダを変更した い場合は、[参照]をクリックし、フォ ルダを設定します。

6

ソフトウェアで作成したデータを

保存するフォルダを確認し、

[次へ]

をクリックする

●すでに「Panasonic Document Management System」がインス トールされている場合、この画面は表 示されないか、または上書きを確認す るメッセージが表示されます。 上書きをする場合は、[OK]をクリッ クします。 ●データ用フォルダを変更したい場合は、 [参照]をクリックし、フォルダを設定 します。 ●ネットワークに接続しているプリンター が自動的に検索されます。

次のページへ続く

(16)

手順 3 で「PCL6 Emulation Printer Driver(プリンタードライバー)」や「Fax Driver」を選択していない場合は、手順 10 に進みます。

7

プリンターを選択し、[次へ]をク

リックする

●[次へ]を押す前に、本機がネットワー クに接続され、電源が入っていることを 確認します。 ●同一サブネットに接続されているプリ ンターだけが検索されます。 次の場合は、プリンターが表示されない ことがあります。 ・ サブネットが違う ・ プリンターがネットワークに接続され ていない ・ プリンターの電源が入っていない この場合は[IP アドレス]をクリックし て IP アドレスを入力します。下記の画 面が表示されますので、プリンターを選 択して[次へ]をクリックします。 例:DP-C3040V PCL6

8

本機を通常使うプリンターとして

設定する場合は、[次へ]をクリッ

クする

●ご使用のコンピューターにプリンター が何も設定されていないときは、上記の 画面は表示されません。

9

ファクスを選択し、

[次へ]をクリッ

クする

●[次へ]を押す前に、本機がネットワー クに接続され、電源が入っていることを 確認します。 ●同一サブネットに接続されているファ クスだけが検索されます。 次の場合は、ファクスが表示されないこ とがあります。 ・ サブネットが違う ・ ファクスがネットワークに接続されて いない ・ ファクスの電源が入っていない この場合は[IP アドレス]をクリックし て IP アドレスを入力します。表示され た画面で、ファクスを選択して[次へ] をクリックします。 (手順7下部の画面を参照してください。)

(17)

イ ン ス ト | ル

10

[次へ]をクリックする

●コミュニケーションユーティリティを スタートアップに設定しない場合は、 チェックボタンをクリックしてチェッ クマークを消します。

Windows XP( Service Pack 2 以降)、 Windows Server 2003 (Service Pack 1 以降)がインストールされている 場合は、手順 11 の画面が表示されます。

11

[接続を許可する(推奨)]を選択し、

[次へ]をクリックする

12

[インストール]をクリックする

●手順3で選択したソフトウェアがイン ストールされます。

13

[はい、今すぐコンピュータを再起動し

ます。]を選択し、

[完了]をクリックする

すぐに再起動しない場合は、[いいえ、後 で再起動します。]を選択します。 この場合、プリンタードライバーの設定 は、コンピューターの再起動後に有効に なります。

(18)

ローカル環境へのプリンタードライバーのインストール

ここでは、Windows XP/Windows Server 2003 環境にプリンタードライバーをインストールする場合 の手順で操作を説明します。他の OS の場合は、手順の補足説明を参照して操作してください。

● Windows XP/Windows Vista の場合は、コ ンピューターの管理者のユーザーアカウントで ログインしてください。Windows Server 2003/Windows 2000 の場合は、 Administrator 権限でログインしてください。 ● 画面にケーブル接続のメッセージが表示され るまで、USB ケーブルはコンピューターに接 続しないでください。 ● プリンタードライバーを削除(アンインス トール)する場合は、付属の 「Panasonic Document Management System」CD-ROM 内のプリンタードライバーの各説明書 を参照してください。

1

付属の「Panasonic Document

Management

System」CD-ROM を、お使いのコンピューター

にセットする

CD-ROM が自動再生され、オープニング 画面が表示されます。 ●オープニング画面が表示されない場合 は、マイコンピューターを開き、CD-ROM ドライブ内の「Setup.exe」をダ ブルクリックしてください。

1. プリンタードライバーを選ぶ

(p.19)

2. インストールする

(p.19 ∼ p.21)

3. コンピューターを再起動する

(p.21)

4. デバイスの設定をする

(p.23)

5. 各種機能を設定する

「各種機能の設定」(p.32)を参照し、ご使 用の環境に合わせて、各種機能を設定して ください。

(19)

イ ン ス ト | ル

2

[Printer Driver インストール]をク

リックする

●Printer Driver インストールを実行す ると、プリンタードライバーに加え、 アンインストーラが自動的にインス トールされます。 ・ アンインストーラについては、付属の 「Panasonic Document Management System」CD-ROM 内のプリンタードライバーの各説明書 を参照してください。 セットアップの準備画面が表示されます。 ●しばらくすると、使用許諾契約の画面が 表示されます。

3

[使用許諾契約の全条項に同意しま

す]を選択し、[次へ]をクリック

する

4

インストール先のフォルダを確認

し、[次へ]をクリックする

●すでに「Panasonic Document Management System」がインス トールされている場合、この画面は表 示されないか、または上書きを確認す るメッセージが表示されます。上書き をする場合は、[OK]をクリックしま す。 ●インストール先のフォルダを変更した い場合は、[参照]をクリックし、フォ ルダを設定します。

次のページへ続く

(20)

5

プリンターを選択し、[次へ]をク

リックする

6

本機を通常使うプリンターとして

設定する場合は、[次へ]をクリッ

クする

●ご使用のコンピューターにプリンター が何も設定されていないときは、上記の 画面は表示されません。

7

[インストール]をクリックする

●Windows Vista/Windows 2000 環 境の場合は、以降の操作手順が異なり ます。 p.22 を参照して操作してください。

Windows XP( Service Pack 2 以降)、 Windows Server 2003 (Service Pack 1 以降)がインストールされている場合は、下記 の画面が表示されます。

8

[続行]をクリックする

9

下記の画面(プリンターの接続)が

表示されたら、USB ケーブルをコ

ンピューターに接続する

●プリンターの電源が切れている場合は、 電源スイッチを入れます。 ●しばらくすると、新しいハードウェアの 検索ウィザードの開始画面が表示され ます。

(21)

イ ン ス ト | ル

Windows XP( Service Pack 2 以降)、 Windows Server 2003 (Service Pack 1 以降)がインストールされている場合は、下記 の画面が表示される場合があります。

10

[いいえ、今回は接続しません]を

選択し、[次へ]をクリックする

11

[ソフトウ ェアを自動 的にイン ス

トールする(推奨)]を選択し、

[次

へ]をクリックする

12

[続行]をクリックする

13

[完了]をクリックする

14

[完了]をクリックする

●プリンタードライバーのインストール が完了します。

(22)

Windows Vista の場合

①「ドライバソフトウェアの発行元を検証で きません」の画面で、[このドライバソフ トウェアをインストールします]をクリッ クする ② プリンターの接続 画面が表示されたら、 USB ケーブルを接続し、プリンターの電 源を入れる ③ 手順 10 に進む

Windows 2000 の場合

①「デジタル署名が見つかりませんでした」 の画面で、[はい]をクリックする ② プリンター の接続画面が表示さ れたら、 USB ケーブルを接続し、プリンターの電 源を入れる ③「デジタル署名が見つかりませんでした」 の画面中央に「プリンタ」と表示されたこ とを確認し、[はい]をクリックする ④ 手順 14 に進む

(23)

イ ン ス ト | ル

デバイスの設定

1

[スタート]をクリックする

2

ポインターを[プリンタと FAX]に

合わせる

●WIndowsXP 以外の OS の場合は、[設 定]、[プリンタ]の順に選択します。

3

設定するプリンターのアイコンを

右クリックする

4

[プロパティ]をクリックする

次のページへ続く

(24)

5

[デバイス]をクリックし、デバイ

ス情報を設定して[OK]をクリッ

クする

■ デバイスの設定内容

設定内容

設定値

給紙カセットの数 ・ 本機に合わせて設定しま す。 2∼ 4 自動両面印刷ユニット ・ 本機に合わせて設定しま す。 なし、あり ハードディスクドライブ ・ ハードディスクユニット を装着時に設定します。 なし、あり プリンターメモリー ・ 初期値は 256MB です。 ・ メモリーを増設時に設定 します。 256MB、 512MB フィニッシャー ・ フィニッシャーを装着時 に設定します。 なし、 アウタートレイ (DA-XT320)、 1ビン (DA-FS405)、 1ビンサドル (DA-FS402) パンチユニット ・ 1 ビンサドルフィニッ シャーにパンチユニット を装着したときだけ設定 します。 なし、あり

(25)

イ ン ス ト | ル

Fax ドライバーのインストール

Fax ドライバーのインストール方法を説明します。

本機がネットワークに接続され、

電源が入っていることを確認する

1

付属の「Panasonic Document

Management

System」CD-ROM を、お使いのコンピューター

にセットする

CD-ROM が自動再生され、オープニング 画面が表示されます。 ●オープニング画面が表示されない場合 は、マイコンピューターを開き、CD-ROM ドライブ内の「Setup.exe」をダ ブルクリックしてください。

2

[カスタムインストール]をクリック

する

3

[Fax Driver]だけにチェックマーク

を付け、[インストール]をクリック

する

●[Fax Driver]にチェックマークを付け ると、[Job Status Utility]に自動的 にチェックマークが付きます。

セットアップの準備画面が表示されます。

●しばらくすると、使用許諾契約の画面が 表示されます。

(26)

4

[使用許諾契約の全条項に同意しま

す]を選択し、[次へ]をクリック

する

5

インストール先のフォルダを確認

し、[次へ]をクリックする

●すでに「Panasonic Document Management System」がインス トールされている場合、この画面は表 示されないか、または上書きを確認す るメッセージが表示されます。 上書きをする場合は、[OK]をクリッ クします。 ●インストール先のフォルダを変更した い場合は、[参照]をクリックし、フォ ルダを設定します。

6

ソフトウェアで作成したデータを

保存するフォルダを確認し、

[次へ]

をクリックする

●すでに「Panasonic Document Management System」がインス トールされている場合、この画面は表 示されないか、または上書きを確認す るメッセージが表示されます。 上書きをする場合は、[OK]をクリッ クします。 ●データ用フォルダを変更したい場合は、 [参照]をクリックし、フォルダを設定 します。 ●ネットワークに接続しているファクスが 自動的に検索されます。

(27)

イ ン ス ト | ル

7

ファクスを選択し、

[次へ]をクリッ

クする

●[次へ]を押す前に、本機がネットワー クに接続され、電源が入っていることを 確認します。 ●同一サブネットに接続されているファ クスだけが検索されます。 次の場合は、ファクスが表示されないこ とがあります。 ・ サブネットが違う ・ ファクスがネットワークに接続されて いない ・ ファクスの電源が入っていない この場合は[IP アドレス]をクリックし て IP アドレスを入力します。表示され た画面で、ファクスを選択して[次へ] をクリックします。

Windows XP( Service Pack 2 以降)、 Windows Server 2003 (Service Pack 1 以降), がインストールされてい る場合は、下記の画面が表示されます。

8

[接続を許可する(推奨)]を選択し、

[次へ]をクリックする

9

[インストール]をクリックする

●Fax ドライバーがインストールされます。

10

[完了]をクリックする

●Faxドライバーのインストールが完了し ます。

(28)

Network Update Service の操作

Network Update Service を使用すると、自動的に外部サーバーへ接続し、プリンター

ドライバーやアプリケーションソフトウェアを最新の状態にアップデート(更新)できま

す。また、バージョン情報の確認や、アップデート方法の設定ができます。

● お使いのコンピューターがインターネットに アクセスできるよう、あらかじめ設定してく ださい。 ● インストール後、はじめて Network Update Serviceを起動する場合、お使いの環境によっ ては、ソフトウェアの起動に時間がかかるこ とがあります。また、OS の再起動を促す画面 が表示された場合は、画面の指示に従って OS を再 起 動し、も う一 度 Network Update Service を起動してください。

● Network Update Service は、『Panasonic Document Management System』 CD-ROM 内のソフトウェアをインストールする と自動的にインストールされます。

ソフトウェアを更新する

1

[スタート]をクリックし、

[すべて

のプログラム]、[Panasonic]、

[Network Update Service]、

[Network Update Service]の順

に選択する

2

[ソフトウェアの更新]をクリック

する

インストールされている Panasonic Document Management System のソ フトウェアが表示されます。

3

更 新 す る ソ フ ト ウ ェ ア だ け に

チェックマークを付け、[次へ]を

クリックする

●更新しないソフトウェアは、チェック マークを外します。 ソフトウェアのダウンロードが開始され ます。ダウンロードが完了すると、[ダウ ンロード完了]が表示されます。

4

[次へ]をクリックする

ソフトウェアのインストールが開始され ます。

(29)

イ ン ス ト | ル

ソフトウェアを自動的に更新する

お使いのコンピューターにインストー

ルされている Panasonic Document

Management System のソフトウェ

アを起動する際に、バックグラウンド

で Network Update Service が起動

し、自動的にソフトウェアを更新する

ように設定できます。

1

[スタート]をクリックし、

[すべて

のプログラム]、[Panasonic]、

[Network Update Service]、

[Network Update Service]の順

に選択する

2

[オプション]をクリックする

3

[更新]タブで、

[アクティブアップ

デートを有効にする]にチェック

マークを付け、[適用]をクリック

する

確認メッセージが表示されます。

4

[OK]をクリックする

設定が完了します。

(30)

●お使いのコンピューターにインストー ルされている Panasonic Document Management System のソフトウェ アを起動する際に、バックグラウンドで Network Update Service が起動しま す。 更新するソフトウェアがある場合は、次 の画面が表示されます。 [はい]をクリックすると、新しいソフ トウェアのダウンロードとインストー ルが開始されます。 ●OS の「ショートカットの作成」で作成 したショートカットアイコンからソフ トウェアを起動した場合、プログラムの 更新画面は表示されません。 ●インストールするソフトウェアによっ ては、コンピューターの再起動を促す画 面が表示される場合があります。 ●ソフトウェアの自動的な更新を中止す る場合は、手順 3 の画面で、[アクティ ブアップデートを有効にする]のチェッ クマークを外し、[適用]をクリックし ます。

ソフトウェアのバージョンを確

認する

1

[スタート]をクリックし、

[すべて

のプログラム]、[Panasonic]、

[Network Update Service]、

[Network Update Service]の順

に選択する

2

[バージョン]をクリックする

お使いのコンピューターにインストール されているソフトウェアのバージョン情 報が表示されます。

(31)

イ ン ス ト | ル

Memo

(32)

各種機能の設定

ネットワークプリンターの共有化

ネットワークプリントサーバー接続の場合は、プリンタードライバーのインストール後、

ネットワークプリンターの共有設定をします。

共有設定

(Windows 2000 Server)

1

[スタート]をクリックする

2

ポインターを[設定]に合わせ、 [プ

リンタ]をクリックする

3

共有するプリンターを右クリック

し、[プロパティ]をクリックする

4

[共有]をクリックする

5

[共有する]を選択し、

[共有名]に

共有名を入力する

例 : [共有名] Panasonic

(33)

機 能 設 定

6

[OK]をクリックする

●本機をほかの OS の Windows ユー ザーと共有する場合、次の手順で追加 ドライバーをインストールしてくださ い。ほかの OS の Windows ユーザー がプリンタードライバーを検索する必 要がなくなります。 ① [追加ドライバ]をクリック ② 表示された画面で、OS を選択し、 [OK]をクリックする ③ 説明に従ってプリンタードライバー をインストールする ・ 専用のツールを利用すると、様々な OS のプリンタードライバーが格納さ れたフォルダーがデスクトップ上に追 加され、上記の手順③で利用できます。 「 PrnCopy.exe について」(p.35)を 参照してください。

(34)

共有設定

(Windows Server 2003)

1

[スタート]をクリックする

カテゴリの表示モードの場合: クラシック表示モードの場合:

2

クラシック表示モードの場合は、ポ

インターを[設定]に合わせる

3

[プリンタと FAX]をクリックする

カテゴリの表示モードの場合: クラシック表示モードの場合:

4

共有するプリンターを右クリック

し、[プロパティ]をクリックする

(35)

機 能 設 定

5

[共有]をクリックする

6

[このプリンタを共有する]を選択

し、[共有名]に共有名を入力する

例 : [共有名] Panasonic

7

[OK]をクリックする

●本機をほかの OS の Windows ユー ザーと共有する場合、次の手順で追加 ドライバーをインストールしてくださ い。ほかの OS の Windows ユーザー がプリンタードライバーを検索する必 要がなくなります。 ① [追加ドライバ]をクリック ② 表示された画面で、OS を選択し、 [OK]をクリックする ③ 説明に従ってプリンタードライバー をインストールする ・ 専用のツールを利用すると、様々な OS のプリンタードライバーが格納さ れたフォルダーがデスクトップ上に追 加され、上記の手順③で利用できます。 下記の「PrnCopy.exe について」を 参照してください。

PrnCopy.exe について

ネットワークプリントサーバーとクライアン トコンピューターの OS が異なる場合は、ネッ トワークプリンターの共有設定時に、ほかの OS のプリンタードライバーを追加しておく と便利です。

付属の「Panasonic Document Management System」CD-ROM 内の「PrnCopy.exe」を 利用すると、デスクトップ上に様々な OS の プリンタードライバーが格納されたフォル ダーを作成でき、ドライバーの追加インス トール時に利用できます。 「PrnCopy.exe」は、共有設定の前に、あらか じめインストールしておいてください。 ●「PrnCopy.exe」のインストール手順 ① エ ク ス プ ロ ー ラ ー か ら「Panasonic

Document Management System」 CD-ROM を開く ② 「Tools」フォルダー、「PrnCopy」フォ ルダーの順に開く ③ 「PrnCopy.exe」をダブルクリックする ④ 表示された画面で、キーボードの <Y> キー、<Enter> キーの順に押す デスクトップ上に「PrinterDrivers」 フォルダーが作成されます。

(36)

クライアントコンピューターの設定

ネットワークプリントサーバー接続の場合は、プリンタードライバーのインストール後、

クライアントコンピューターの設定をします。

1

[スタート]をクリックし、

[プリン

タと FAX]を選択してプリンタと

FAX 画面を開く

2

[スタート]をクリックし、

[マイコ

ンピュータ]を右クリックし、[エ

クスプローラ]を選択する

3

ネ ッ ト ワ ー ク 上 の プ リ ン ト サ ー

バーで共有設定されたプリンター

を選択する

●プリントサーバーおよび共有設定され たプリンター名については、ネットワー ク管理者へ確認してください。

4

プリンターのアイコンをプリンタ

と FAX 画面にドラッグアンドド

ロップする

5

プリンターのアイコンがプリンタ

と FAX 画面にコピーされているこ

とを確認する

●ここでは、Windows XP の画面で説明 しています。OS により画面は異なりま すが、手順は基本的に同じです。

(37)

機 能 設 定

ネットワークスキャナーの設定

コミュニケーションユーティリティのインストール後、ネットワークスキャナーの設定を

します。

本機が以下の装置を装着している場合に設定します。 ・ネットワークスキャナー/E メールユニット(DA-NS402) ・ハードディスクユニット(DA-HD40) ・メインメモリーボード(DA-EMN56)

1

タスクバーの[Panasonic コミュ

ニケーションユーティリティ]アイ

コンを右クリックし、[ネットワー

クスキャナー設定]を選択する

2

[アドレス帳情報]の [PC から自動

登録する]を選択し、宛先名称、キー

登録名称、検索文字を設定する

●宛先名称: 全角で 20 文字まで入力できます。 ●キー登録名称: 全角で 10 文字まで入力できます。 ●検索文字 全角で 10 文字まで入力できます。

3

[OK]をクリックする

4

コンピューターが、本機とは異なる

サブネット上にある場合は、[装置

の追加]をクリックする

① [追加]をクリック ② 本機のデバイス名と IP アドレスを入力 ③ [OK]をクリック ④ [OK]をクリック ●サブネットについての詳細は、システム 管理者にお問い合わせください。 ① ② ③ ④

(38)

ファクスの設定

(オプション)

DP-C3040V/DP-C3030V の場合は、G3 通信ユニット(DA-FG321) を装着してい

る場合に設定します。

本機の操作パネルで自局情報(発信元情報、文字 ID、数字 ID)、回線の種別を設定します。

● 2 回線の電話回線を接続する場合は、[08 回 線 2 数字 ID の登録]で 2 回線目の数字 ID を 設定してください。 ● ネットワーク接続しないときは、DHCP 機能 設定を[なし]に設定してください。(p.7) ● ISDN 回線を接続する場合は、『取扱説明書 (ファクス / インターネット FAX 編)』の付録 を参照して設定してください。 ● 文字入力のしかたは、『取扱説明書(基本編)』 の「文字入力のしかた」を参照してください。

1

<ファンクション>を押す

2

[ファクス /E メール機能設定]を押す

3

[04 キーオペレーター専用]を押す

4

パスワード(8文字)を入力し、

[OK]

を押す

●パスワードの初期値は、「00000000」 です。変更されているときは、システム 管理者へお問い合わせください。

5

[00 自局情報の登録]を押す

ファンクションキー

(39)

機 能 設 定

6

<発信元情報>

会社名、または自分の名前を入力す

(1)[01 発信元情報の登録]を押す (2)発信元情報を入力し、[OK]を押す ( 全角 20 文字以内 ) ●誤って入力した場合は、次の手順で修正 します。 (1) または を押し、修正したい 文字の右側にカーソルを移動する (2)[後退]を押して文字を削除し、正し い文字を入力する

7

<文字 ID >

会社名、または自分の名前をカタカ

ナで入力する

(1)[02 文字 ID(カナ)の登録]を押す (2)文字 ID(カナ)を入力し、[OK]を押 す ( 半角 16 文字以内 ) ●半角英数字で入力することもできます。 ●誤って入力した場合は、次の手順で修正 します。 (1) または を押し、修正したい 文字の右側にカーソルを移動する (2)[後退]を押して文字を削除し、正し い文字を入力する

次のページへ続く

(40)

8

<数字 ID >

ファクスの電話番号を入力する

(1)[03 回線 1 数字 ID の登録]を押す (2)ファクスの電話番号を入力し、[OK] を押す ( 最大 20 桁 / 半角スペースを 含む ) ●誤って入力した場合は、次の手順で修正 します。 (1) または を押し、修正したい数 値の右側にカーソルを移動する (2)[クリアー]を押して数値を削除し、 正しい数値を入力する ●数字 ID の前にプラス記号を付け、続く 番号が国際電話番号であることを示す こともできます。 ●[*]を押すと、+を入力できます。 例 :+81 3 111 2345 [*]81[スペース]3[スペース] 111[スペース]2345 (+81 は海外通信用の日本の国際電話 コードです) (3)[閉じる]を押す

9

<ダイヤル切替>

電話回線の種類を選択する

(1)[ 01 システムの登録 ] を押す (2) を押す

(41)

機 能 設 定 (3)[06 ダイヤル切替]を押す (4)G3 増設ユニット装着時は、設定する 回線を選択し、[OK]を押す (5)お使いの電話回線の回線種類を選択 し、[OK]を押す (6)増設回線がある場合は、手順 (4) ∼ (5) を繰り返す

10

<リセット>を押す

●本機を接続する電話回線に「ナンバー ディスプレイ(発信者番号通知)サービ ス」または「モデムダイヤルインサービ ス」を契約している場合には、次の設定 が必要になります。 ・ ナンバーディスプレイサービスを契約 しているとき: [ファクス /E メール機能設定]>[04 キーオペレーター専用]>[01 システ ムの登録]>[175 発番号ルーティン グ]を[あり]に設定してください。 ・ モデムダイヤルインサービスを契約し ているとき: [ファクス /E メール機能設定]>[04 キーオペレーター専用]>[01 システ ムの登録]>[176 ダイヤルインルー ティング]を[あり]に設定し、ダイ ヤルイン番号を登録してください。 ●ファンクション設定の操作については、 『取扱説明書(ファンクション設定編)』 の「4章 ファクス /E メール機能設定」 を参照してください。 リセットキー

(42)

E メール / インターネット FAX の設定(オプション)

インターネット FAX ユニット(DA-NF320)を装着している場合は、本機の操作パネル

でメール環境を設定します。

設定された内容をメモしておくと便利です。

1

<ファンクション>を押す

2

[共通機能設定]を押す

3

[5-9]を押し、[09 キーオペレー

ター専用]を押す

1. 本機の操作パネルでネットワークの

メール環境を設定します。

● 本設定は、システム管理者が行ってくださ い。

2. 必要に応じてアドレス帳を登録しま

す。

●『取扱説明書(基本編)』を参照してくださ い。 ● ネットワーク環境を設定する前に IP アドレ ス、サブネットマスク、ゲートウェイアド レスを登録しておく必要があります。 「ネットワークの設定」を参照してください 「ネットワーク環境の設定」(p.7) ファンクションキー

(43)

機 能 設 定

4

パスワード(8文字)を入力し、

[OK]

を押す

●パスワードの初期値は、「00000000」 です。変更されているときは、システム 管理者へお問い合わせください。

5

[04 ネットワーク関連設定]を押す

6

[E メール]を押す

7

本機の E メールアドレスを入力し、

[OK] を押す

(半角 60 文字以内)

8

DNS サーバーアドレスが[あり]

に設定されている場合は、メール

サーバー(SMTP サーバー)を設

定する

(1)メールサーバー(SMTP サーバー)名 を入力し、[OK] を押す (半角 60 文字以内) (2)ポート番号 * を確認し、[OK]を押す * ポート番号の初期値は「25」と表示さ れます。変更するときは、[クリアー] を押し、正しいポート番号を入力して ください。 ●DNS サーバーアドレスが [ なし ] に設 定されている場合は、この画面は表示さ れず、手順 9 の画面が表示されます。

次のページへ続く

(44)

9

DNS サーバーアドレスが[なし]

に設定されている場合は、メール

サーバー(SMTP サーバー)の IP

アドレスを設定する

(1)メールサーバー(SMTP サーバー)の IP アドレスを入力し、[OK]を押す (2)ポート番号 * を確認し、[OK]を押す * ポート番号の初期値は「25」と表示さ れます。変更するときは、[クリアー] を押し、正しいポート番号を入力して ください。 ●DNS サーバーアドレスが [ あり ] に設 定されている場合は、この画面は表示さ れず、手順 8 の画面が表示されます。

10

SMTP 認証をする場合は、[あり]

を選択し、[OK]を押す

●SMTP 認証をしない場合は、[なし] の状態で[OK]を押します。 ●[SMTP 認証]を[あり]に設定した場 合は、引き続き [SMTP 認証名 ]、 [SMTP 認証パスワード ] を設定します。

11

DNS サーバーアドレスが[あり]

に設定されている場合は、POP 受

信サーバー名を設定する

(1)POP 受信サーバー名を入力し、[OK] を押す(半角 60 文字以内) (2)ポート番号 * を確認し、[OK]を押す * ポート番号の初期値は「110」と表示 されます。変更するときは、[クリ アー]を押し、正しいポート番号を入 力してください。 ●このメニューは、インターネット FAX ユニット装着時だけ表示されます。 ●DNS サーバーアドレスが [ なし ] に設 定されている場合は、この画面は表示さ れず、手順 12 の画面が表示されます。

(45)

機 能 設 定

12

DNS サーバーアドレスが[なし]に

設定されている場合は、POP 受信

サーバーの IP アドレスを設定する

(1)POP 受信サーバーの IP アドレスを入 力し、[OK]を押す (2)ポート番号を確認し、[OK]を押す ●ポート番号の初期値は「110」と表示さ れます。変更するときは、[クリアー]を 押し、正しいポート番号を入力してくだ さい。 ●このメニューは、インターネット FAX ユニット装着時だけ表示されます。 ●DNS サーバーアドレスが [ あり ] に設 定されている場合は、この画面は表示さ れず、手順 11 の画面が表示されます。

13

POP ユーザー名を入力し、[OK] を

押す

(半角 40 文字以内) ●このメニューは、インターネット FAX ユニット装着時だけ表示されます。

14

POP パスワード入力し、[OK] を押

(半角 10 文字以内) ●このメニューは、インターネット FAX ユニット装着時だけ表示されます。

15

< リセット > を押す

リセットキー

参照

関連したドキュメント

メイン プログラムウィンドウでの作業 [スタート] → [すべてのプログラム] → [Acronis] → [PrivacyExpert] → [Acronis Pricacy Expert

図 3.1 に RX63N に搭載されている RSPI と簡易 SPI の仕様差から、推奨する SPI

(採択) 」と「先生が励ましの声をかけてくれなかった(削除) 」 )と判断した項目を削除すること で計 83

方式で 45 ~ 55 %、積上げ方式で 35 ~ 45% 又は純費用方式で 35 ~ 45 %)の選択制 (※一部例外を除く)

このアプリケーションノートは、降圧スイッチングレギュレータ IC 回路に必要なインダクタの選択と値の計算について説明し

SEED きょうとの最高議決機関であり、通常年 1 回に開催されます。総会では定款の変

この届出者欄には、住所及び氏名を記載の上、押印又は署名のいずれかを選択す