• 検索結果がありません。

Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズガイド

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2022

シェア "Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズガイド"

Copied!
112
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド.

(2) Copyright © Acronis, Inc., 2000-2005. All rights reserved. 「Acronis」および Acronis ロゴは、Acronis, Inc.の登録商標です。「Privacy Expert Suite」および Privacy Expert Suite ロゴは、Acronis, Inc.の登録商標です。 Linux は Linus Torvalds 氏の登録商標です。 OS/2 は IBM Corporation の登録商標です。 UNIX は The Open Group の登録商標です。 Windows および MS-DOS は Microsoft Corporation の登録商標です。 ユーザーズガイドに掲載されている商標や著作権は、すべてそれぞれ各社に所有権がありま す。 著作権者の明示的許可なく本書ユーザーズガイドを修正したものを販売することは禁じられて います。 著作権者の事前の許可がない限り、商用目的で書籍の体裁をとる作品または派生的作品を 販売させることは禁じられています。 本書は現状のまま使用されることを前提としており、商品性の黙示の保証および特定目的適 合性または非違反性の保証など、すべての明示的もしくは黙示的条件、表示および保証を一 切行いません。ただし、この免責条項が法的に無効とされる場合はこの限りではありません。.

(3) 目次 はじめに ......................................................................................... 6 第 1 章 Acronis Privacy Expert Suite のインストール .................... 12 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5. Acronis Privacy Expert Suite のインストール ..................................... 12 Acronis Privacy Expert Suite の修復 ................................................ 14 Acronis Privacy Expert Suite の取り出し ........................................... 14 Acronis Privacy Expert Suite の更新 ................................................ 14 ソフトウェアの削除................................................................................. 14. 第 2 章 Acronis Privacy Expert Suite での作業 ............................ 15 2.1 2.2 2.3 2.4. はじめに ............................................................................................... 15 メイン プログラムウィンドウでの作業 ....................................................... 15 基本的な操作原理................................................................................ 17 Acronis Privacy Expert Suite のオプション ........................................ 18 全体的な設定...................................................................................................18 標準のデータ消去方法 .....................................................................................19 スケジュールされたタスク...................................................................................19 Explorer の機能強化.......................................................................................20. 2.5. スケジュールされたタスク....................................................................... 20 スケジューラの起動...........................................................................................21 スケジュールされたタスクの設定 ........................................................................22. 2.6. ログの使用............................................................................................ 23. 第 3 章 マルウェアの除去と Acronis マルウェア シールド ............... 25 コンピュータへのマルウェアの侵入方法 .............................................................25 マルウェアを認識する方法 ................................................................................26 必要な操作 ......................................................................................................26. 3.1. マルウェアの除去.................................................................................. 27 マルウェア ウィザードによるマルウェアの除去 .....................................................27 マルウェア ウィザードの設定..............................................................................30. 3.2. マルウェアの侵入の防止 ....................................................................... 32 Acronis マルウェア シールドの有効化...............................................................32 Acronis マルウェア シールドの設定 ..................................................................32 システム保護レベルの設定 ...............................................................................33 全体的なパラメータ...........................................................................................34 プロセス分析 ....................................................................................................35 レジストリ保護 ...................................................................................................36 プロセス保護 ....................................................................................................37 Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 3.

(4) ファイル保護.....................................................................................................38 恒久的ルール ..................................................................................................38 拒否されたアクション.........................................................................................39 警告の表示 ......................................................................................................40. 3.3 3.4. 検疫 ..................................................................................................... 41 マルウェアデータベースの更新 ............................................................. 42 マルウェアの定義の更新ウィザードの実行..........................................................43 更新モードの選択.............................................................................................44 スケジュールの設定 ..........................................................................................45. 第 4 章 インターネットのクリーンアップ........................................... 46 4.1 4.2 4.3. 一般的な情報 ....................................................................................... 46 インターネットのクリーンアップ ウィザードの使用..................................... 47 インターネットのクリーンアップ ウィザードの設定..................................... 50 [データ消去方法]の設定 .................................................................................50 [インターネット ブラウザ]の設定 ........................................................................51 [アドレス]の設定 ..............................................................................................52 [ファイル]の設定..............................................................................................54 [データ フィルタ]の設定...................................................................................55 電子メール クライアントの選択 ...........................................................................56. 4.4. 個別のインターネット コンポーネントのクリーンアップ .............................. 57. 第 5 章 システムのクリーンアップ .................................................. 58 5.1 5.2 5.3. 一般的な情報 ....................................................................................... 58 システムのクリーンアップ ウィザードの使用............................................. 58 システムのクリーンアップ ウィザードの設定............................................. 61 [データ消去方法]の設定 .................................................................................61 [ファイル]の設定..............................................................................................62 [コンピュータ]の設定 .......................................................................................64 [ドライブ空き領域]の設定.................................................................................65 [コマンド]の設定..............................................................................................66 [システム パスワード フィルタ]の設定 ................................................................67. 5.4. 個々のシステム コンポーネントのクリーニング......................................... 68. 第 6 章 アプリケーション履歴のクリーンアップ................................ 69 6.1 6.2 6.3. 一般的な情報 ....................................................................................... 69 アプリケーション履歴のクリーンアップ ウィザードの使用.......................... 71 アプリケーション履歴のクリーンアップ ウィザードの設定.......................... 72 [データ消去方法]の設定 .................................................................................73 アプリケーションの選択 .....................................................................................74 [ファイル]の設定..............................................................................................75. 4. 目次.

(5) 第 7 章 マイ プライバシー ツール .................................................. 77 7.1 7.2 7.3. 一般的な情報 ....................................................................................... 77 ファイル シュレッダーの使用.................................................................. 79 ページング ファイル クリーナー.............................................................. 80. 第 8 章 Acronis ポップアップ広告ブロッカ ...................................... 82 8.1 8.2 8.3. ポップアップ広告とは ............................................................................ 82 Acronis ポップアップ広告ブロッカ......................................................... 82 Acronis ポップアップ広告ブロッカの設定 .............................................. 83 Acronis ポップアップ広告ブロッカのオプションの設定........................................84 無害な URL.....................................................................................................84 有害な URL.....................................................................................................86 ブロックした履歴 ...............................................................................................87 Acronis ポップアップ広告ブロッカ オプション.....................................................88. 第 9 章 Acronis Drive Cleanser ................................................... 89 9.1 9.2 9.3 9.4. Acronis Drive Cleanser の機能.......................................................... 89 Acronis Drive Cleanser での作業 ...................................................... 89 既定のデータ消去方式の使用 .............................................................. 92 ユーザー定義のデータ消去方式の作成 ................................................ 93 カスタム方式の作成 ..........................................................................................93 データ消去方法の定義:テンプレート.................................................................95 カスタム方式のファイルへの保存 .....................................................................102 ファイルから方式を読み込む ...........................................................................105. 9.5. Acronis Drive Cleanser のブータブル メディアの作成....................... 106. 付録 A. ハード ディスクの消去方式.............................................. 107. A.1 A.2 A.3. データの消去方式の機能原則 ............................................................ 108 Acronis で使用できるデータ消去方式 ................................................ 109 マルウェアの脅威に関する用語集 ........................................................110. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 5.

(6) はじめに Acronis Privacy Expert Suiteについて Acronis Privacy Expert Suiteは、インターネットに接続されたスタンドアロンのコンピュータ に機密性と安全性を提供する統合されたソフトウェア セットです。 Acronis Privacy Expert Suiteは、次の機能によって、コンピュータの機密性を確保します。 •. ユーザーのコンピュータ上で隠れて動作するマルウェアをクリーンアップします。. •. 事前に、マルウェアの脅威に対する防御機能を有効にします。. •. コンピュータのハード ディスクおよびすべての Windows パーティションからユーザーのあ らゆる使用形跡をクリーンアップします。. •. 快適なインターネットの閲覧を実現するために不要なポップアップ広告をブロックします。. •. 選択したハード ディスクまたはディスク パーティション上の機密データを消去します。. 他のソフトウェアと異なり、Acronis Privacy Expert Suiteは、保証されたデータ消去方式を 使用して、コンピュータの使用形跡を完全に取り除くことができます。 また一時ファイルのクリーニングを行うことによって、コンピュータのパフォーマンスの向上を図 ります。 コンピュータの作業に関する機密性を保護する理由 コンピュータで作業を行うと、ユーザーにとって、セキュリティ上重大な問題が多数発生する可 能があります。. 6. •. コンピュータにソフトウェアをインストールする際に、システム設定を隠れて変更したり、個 人情報を収集して外部アドレスに送信したり、他の不要かつ制御不能な操作を実行したり する悪意のあるプログラム(マルウェア)が知らないうちにインストールされる場合がありま す。. •. ユーザーは、コンピュータ上で複数のファイルを作成したり、削除したりします。しかし、削 除したファイルは確実に消去されてないため、Windows オペレーティング システム下で は、削除したファイルを簡単に修復でき、ユーザーにとって見られたくない情報にアクセス できてしまいます。. •. Internet Explorer、Netscape Navigator などの一般的なブラウザは、インターネットの 履歴データを保護する機能が非常に脆弱です。. はじめに.

(7) •. コンピュータでの作業中には、自分でも知らないうちに、行った行動の形跡が何千バイトと いう単位でさまざまなシステム ファイル内のレコードに残ります。これには、ユーザー名や パスワードなどの重要な個人情報も含まれています。. •. 古いハード ディスクを容量の大きい新しいハード ディスクと交換する場合、多くの重要な 情報を古いドライブに残してしまうことがあります。それらの情報は、たとえ再フォーマットし た場合でも復元可能です。. Acronis Privacy Expert Suiteは、これらのすべての問題に対する解決策を提供します。本 ソフトウェアは、コンピュータとインターネットにおける操作に対し、完全な機密性を確保し、コン ピュータおよび全般的なセキュリティが侵害されるような状況を防ぎます。 機密情報の消去を保証する標準 本ソフトウェアは、特別な方式を使って、ハード ディスク ドライブ上の機密情報を確実に消去し ます。 Acronis Privacy Expert Suiteが使用する方式は、多くの国家規格に準拠しています。 •. アメリカ合衆国:U.S.標準、DoD 5220.22-M. •. アメリカ合衆国:NAVSO P-5239-26(RLL). •. アメリカ合衆国:NAVSO P-5239-26(MFM). •. ドイツ標準方式:VSITR. •. ロシア標準方式:GOST P50739-95. 国家規格に対応する方式のほかに、Acronisでは、情報セキュリティ分野における、認知され た権威ある専門家によって提唱された定義済みの方式もサポートしています。 •. Peter Gutmann 方式 − ハード ディスク上のデータを 35 回の工程で消去します。. •. Bruce Schneier 方式 − データを 7 回の工程で消去します。. また、Acronis Privacy Expert Suite は、1 回の処理でハード ディスクの全セクタをゼロで消 去する高速で簡易なデータ消去方式もサポートしています。 その他の主要な機能として、独自のデータ消去方式を作成できるようになっています。 現時点ではアメリカ合衆国の DoD 5220.22-M 方式が最も一般的です。 データ消去における標準方式の詳細については、本書の付録 A「ハード ディスクの消去方 式」をご参照ください。. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 7.

(8) Acronis Privacy Expert Suite 9.0 の新機能 Acronis Privacy Expert Suiteは、多くの新機能が追加された統合ソフトウェアです。この バージョンで追加された機能は以下の通りです。 •. コンピュータからすべてのユーザー操作の履歴をすばやく除去するためのユーザーフレン ドリでシンプルなウィザード. •. 強化されたマルウェア ウィザード. •. 新規の Acronis マルウェア シールド− マルウェアへの継続的な防御. •. 毎日更新されるマルウェア定義データベース. •. 隔離機能を使用すれば、マルウェアの除去処理によって削除されたオブジェクト(ファイ ル、レジストリ キーなど)を復元および削除することができます。. •. Windows Prefetch ディレクトリのクリーンアップ機能. •. システム パスワードのクリーンアップ機能. •. アプリケーション履歴のクリーンアップ機能. Acronis Privacy Expert Suiteの利便性を向上させるために、この他にも機能の強化がいく つか行われています。 Acronis Privacy Expert Suiteによるクリーンアップの内容 Acronis Privacy Expert Suiteを使用すれば、Windows のあらゆるセクションの作業形跡を 消すことができます。具体的には次の処理を行うことができます。. 8. •. マルウェア ウィザードによるマルウェアの除去. •. Acronis マルウェア シールドによるマルウェアの脅威からのコンピュータの保護. •. インターネット キャッシュのクリーンアップ. •. Cookie のクリーンアップ. •. ダウンロードしたコンポーネントのクリーンアップ. •. 最近アクセスしたページと入力した URL のクリーンアップ. •. 認証が必要な Web サイト用のフォームのオートコンプリートとパスワードのクリーンアップ. •. Microsoft Outlook および Microsoft Outlook Express の電子メールと、連絡先および アドレス帳の一覧のクリーンアップ. •. 標準的な Windows フォルダ内の一時ファイルのクリーンアップ. はじめに.

(9) •. コンピュータに接続されている任意のディスク上の指定したフォルダまたはファイルのクリー ンアップ. •. Windows のごみ箱のクリーンアップ. •. ハード ディスクの空き領域のクリーンアップ. •. Windows Prefetch ディレクトリのクリーンアップ. •. システム パスワードのクリーンアップ. •. 開かれた、または保存されたファイルの履歴のクリーンアップ. •. 検索したファイルの一覧および検索したコンピュータの一覧からの使用形跡のクリーンアッ プ. •. Acronis ポップアップ広告ブロッカを使用した不要なポップアップ広告のブロック. •. 必要に応じて、ハード ディスクまたはパーティション上の全データを安全に消去. •. Windows のページング ファイルやスワップ ファイルのクリーンアップ. Acronis Privacy Expert Suiteは、ユーザーのコンピュータの操作履歴を完全にクリーンアッ プします。Acronis Privacy Expert Suiteは、コンピュータのクリーンアップを行うために、保 証された機密データの消去方式を厳選して採用しています(詳細については、付録 A「ハード ディスクの消去方式」をご参照ください)。 ユーザーズ ガイドの目次 − 必要な情報をみつけるには このユーザーズ ガイドには、次の章があります。 •. 第 1 章「Acronis Privacy Expert Suite のインストール」 − では本ソフトウェアのインス トール方法について説明しています。. •. 第 2 章「Acronis Privacy Expert Suite での作業」 − では一般的な作業および設定に ついて説明しています。. •. 第 3 章「マルウェアの除去と Acronis マルウェア シールド」 − ではマルウェアの検出/除去 および Acronis マルウェア シールドの設定について説明しています。. •. 第 4 章「インターネットのクリーンアップ」 − では Web および電子メールに関するクリーニ ングについて説明しています。. •. 第 5 章「システムのクリーンアップ」 − では Windows システムからすべてのユーザーの作 業履歴をクリーンアップする方法について説明しています。. •. 第 6 章「アプリケーション履歴のクリーンアップ」 − ではアプリケーション履歴のクリーンアッ プ ウィザードを使用して Windows からアプリケーションの使用履歴をクリーンアップする 方法について説明しています。 Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 9.

(10) •. 第 7 章「マイ プライバシー ツール」 − では、Acronis Privacy Expert Suite または Drive Cleaser のブータブル メディアを使用してコンピュータ上にある個人情報の保護や クリーンアップするためのその他のツールとウィザードについて説明しています。. •. 第 8 章「Acronis ポップアップ広告ブロッカ」 − ではAcronisポップアップ広告ブロッカの 使用方法について説明しています。. •. 第 9 章「Acronis Drive Cleanser」 − では、選択したドライブまたはパーティション上の データを確実に消去するためのツールについて説明しています。. •. 付録 A「ハード ディスクの消去方式」 − では、コンピュータのハード ディスク上の機密デー タを確実に消去するために採用している方式について詳しく説明しています。. •. A.3「マルウェアの脅威に関する用語集」 − では、Acronis Privacy Expert Suiteが防御 の対象とする最も一般的なマルウェアに関する補足情報について説明しています。. 動作環境 Acronis Privacy Expert Suiteを使用するには、次のものが必要です。. 10. •. Pentium CPU または同等の CPU を搭載した PC 互換コンピュータ. •. 32MB の RAM. •. フロッピーまたは CD-R/RW ドライブ. •. マウス(推奨). •. Microsoft Windows 98/Me/ 2000/XP. •. Microsoft Windows 2000 Server/2000 Advanced Server/Windows Server 2003. •. Microsoft Internet Explorer 6.0 以上(ポップアップ広告ブロッカを正常に動作させるた め). はじめに.

(11) ソフトウェアの使用条件 Acronis Privacy Expert Suiteの使用条件は、同封の『使用許諾契約書』に明記されていま す。本ソフトウェアの正式な購入およびその使用を証明するために、梱包製品と一緒に登録 カードが同封されています。登録カードには、固有の登録番号が付いています。 現行の法律に基づき、「使用許諾契約書」がユーザーとソフトウェア製造供給業者との間に締 結される契約書とみなされます。契約に違反すると起訴される場合があります。 違法なソフトウェアの使用および配布は、法律の違反行為に該当するため起訴されます。 テクニカル サポート 正式にAcronis Privacy Expert Suiteの登録を行ったユーザーは、電子メールおよび電話 によるテクニカル サポートを提供しています。インストール時または操作時の問題を本書や README ファイルを読んで解決できない場合は、弊社パーソナルサポートセンターまで電子 メールまたは電話でご連絡ください。 パーソナルサポートセンターにご連絡いただく前に、ユーザー登録をしていただく必要があり ます。ユーザー登録は弊社 HP(http://www.proton.co.jp/support/signin.html) から行うこ とができます。または、製品パッケージ同封されているユーザー登録カードに必要事項を記入 の上、ご返送いただくと行うことができます。 パーソナルサポートセンターに電子メールをお送りいただく場合は、Acronis Privacy Expert Suite に添付されている登録カードに記載された、本製品の製品シリアル番号をお知らせくだ さい。この番号は、合計 25 の文字と数字で構成され、5 文字ごとにハイフンで区切られていま す。 詳細については(http://www.proton.co.jp/support/psupport.html)をご参照ください。 パーソナルサポートセンター: TEL: 0570-032-610(土・日・祝祭日を除く 9:00~17:00) E-mail:support-ps@proton.co.jp. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 11.

(12) 第1章 Acronis Privacy Expert Suiteのインストール 1.1. Acronis Privacy Expert Suite のインストール Acronis Privacy Expert Suiteをインストールするには、次の手順を実行してください。 1. Acronis Privacy Expert Suiteのインストールプログラムを実行してください。 2. [インストール]メニューの[Acronis Privacy Expert Suiteのインストール]をクリックして ください。 3. 使用許諾契約を読み、その条件に同意される場合は、[次へ]をクリックしてください。 4. 製品のプロダクト キーを入力してください。(注意:’-’(ハイフン)を入れて入力してくださ い。) 5. [セットアップの種類の選択]ウィンドウで、セットアップの種類を次から選択してください。 •. [通常] − 最も一般的なプログラムの機能をインストールします(ほとんどのユーザー にお勧めします)。. •. [カスタム] − インストールするプログラムの機能、および、セットアップする場所を選 択することができます。これは知識の豊富なユーザーにお勧めします。[カスタム]を 選択すると、インストールするコンポーネントを選択することができます。1 つのプログ ラム コンポーネントのみをインストールしてスタンドアロンのプログラムとして動作させ ることもできます。たとえば、Acronis ポップアップ広告ブロッカのみをインストールし て、迷惑なポップアップをブロックすることもできます。. •. [完全] − すべてのプログラム機能がインストールされます。これを選択した場合に は、最も大きなディスク領域が必要になります。. 6. [管理者オプションの選択]ウィンドウで[すべてのユーザー]または[現在ログインしている ユーザー]のどちらかを選択し、[次へ]をクリックしてください。 7. [実行]をクリックするとインストールが開始されます。インストールの設定を変更するには、 [戻る]および[次へ]をクリックして前のページに戻ってください。. 12. 第 1 章 Acronis Privacy Expert Suite のインストール.

(13) 8. インストールが終了したら、コンピュータを再起動してください。インストール用 CD からプロ グラムをインストールした場合は、コンピュータを再起動する前に、CD を取り出してくださ い。. Acronis Privacy Expert Suite インストール メニュー. Acronis Privacy Expert Suite を Windows 98 環境で実行する場合は、Microsoft Data Access Components(MDAC)のバージョン 2.5 以降がコンピュータにインストールされてい ることを確認してください。コンピュータに MDAC をインストールするには、Microsoft のサイ トからダウンロードしてください。. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 13.

(14) 1.2. Acronis Privacy Expert Suiteの修復 Acronis Privacy Expert Suiteの実行が中断されたり、エラーが発生したりする場合は、プロ グラムのファイルが破損している可能性があります。この問題を解決するには、プログラムを修 復する必要があります。プログラムを修復するには、もう一度Acronis Privacy Expert Suite インストーラを実行してください。インストーラは、コンピュータ上の Acronis Privacy Expert Suite を見つけ出して、修復するか削除するかユーザーに返答を求めてきます。. 1.3. Acronis Privacy Expert Suiteの取り出し 知識の豊富なユーザーは、Acronis Privacy Expert Suite のインストールに必要なコンポー ネントの.msi ファイル(Microsoft インストーラ形式のファイル)を、後で手動でインストールす る場合に備えてローカルまたはネットワーク上のドライブに保存することができます。 これを行うには、次の手順を実行してください。 1. インストール メニューで、[Acronis Privacy Expert Suiteのインストール]を右クリック し、[取り出し]を選択してください。 2. セットアップ ファイルを保存する場所を選択して、[保存]をクリックしてください。 3. 次の.msi ファイルが取り出されます: AcronisPrivacyExpert.msi. 1.4. Acronis Privacy Expert Suiteの更新 Acronis Privacy Expert Suiteの以前バージョンのどれかをインストール済みである場合は、 Windows の[コントロール パネル] → [プログラムの追加と削除]を選択して、そのバージョ ンを削除する必要があります。その後Acronis Privacy Expert Suite 9.0 のインストール手順 を実行してください。. 1.5. ソフトウェアの削除 Acronis Privacy Expert Suiteを削除するには、[スタート]メニューから[設定] → [コント ロールパネル] → [アプリケーションの追加と削除] → [Acronis Privacy Expert Suite] → [削除]を選択してください。ソフトウェアを削除するかどうかを確認するダイアログ ボックス が表示されます。削除するときは、 はい をクリックします。 はい をクリックすると、Acronis Privacy Expert Suiteはコンピュータのハード ディスクから完全に削除されます。削除の完了 後に、コンピュータの再起動が必要になる場合があります。. 14. 第 1 章 Acronis Privacy Expert Suite のインストール.

(15) 第2章 Acronis Privacy Expert Suiteでの作業 2.1. はじめに Acronis Privacy Expert Suiteはユーザー インターフェイスに、Windows XP ライクなグラ フィカル ユーザー インターフェイス(GUI)を使用しています。. 2.2. メイン プログラムウィンドウでの作業 [スタート] → [すべてのプログラム] → [Acronis] → [PrivacyExpert] → [Acronis Pricacy Expert Suite]の順に選択するか、Acronis Privacy Expert のデスクトップ ショート カットをダブルクリックすると Acronis Privacy Expert Suite が起動され、メイン プログラム ウィンドウが表示されます。. Acronis Privacy Expert Suite のメイン プログラム ウィンドウ. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 15.

(16) メイン プログラム ウィンドウには、コンピュータのクリーニング ツールを含む 2 つの主なグルー プがに分けられて表示されます。 [マルウェア]グループには次のものが含まれています。 •. [マルウェアの除去] – ユーザーの知らないうちに動作して情報の機密性を脅かすアプリ ケーション(マルウェア)を検出および除去します。. [プライバシー]グループには次のものが含まれています。 •. [インターネットのクリーンアップ] − インターネットおよび電子メールの使用形跡を完全に クリーンアップします。. •. [システムのクリーンアップ] − Windows のコンポーネントからユーザー作業のすべての 痕跡をクリーンアップします。. •. [アプリケーション履歴のクリーンアップ] − アプリケーションの作業履歴を除去します。. •. [マイ プライバシー ツール] − 情報を復元できないような方法でハードディスクを完全にク リーンアップするAcronis Drive Cleanser(第 9 章「Acronis Drive Cleanser」をご参照 ください)など、ユーザー の個人情報を保護する手段が用意されています。. カテゴリを切り替えたり、メイン プログラム ウィンドウに戻るには、[戻る]、[進む]、および[その 他のカテゴリ]を使用してください。サイドバーの[その他のカテゴリ] を使用してメイン プログ ラム ウィンドウに戻ることもできます。. 16. 第 2 章 Acronis Privacy Expert Suite での作業.

(17) 2.3. 基本的な操作原理 Acronis Privacy Expert Suiteでは、主な操作はウィザードを使用して実行されます。ウィ ザードには以下の種類のものがあります。 •. マルウェア ウィザード – 不要なマルウェアおよびパラサイトを検出および除去します。. •. システムのクリーンアップ ウィザード – 一時ファイル、最近使ったファイルの一覧、 Windows のごみ箱など、ユーザーのコンピュータ上での作業の痕跡をクリーンアップしま す。. •. インターネットのクリーンアップ ウィザード – インターネットおよび電子メールの使用履歴 をクリーンアップします。. •. アプリケーション履歴のクリーンアップ ウィザード – アプリケーションの使用履歴をクリーン アップします。. ユーザーはすべてのウィザードを制御できます。ウィザードを使用して、カテゴリ全体をクリーン アップしたり、任意のコンポーネントのみをクリーンアップすることができます。 必要に応じて、次の操作を行ってください。 •. コンピュータにマルウェアがあるかどうかを調べ、見つかった場合に除去するには、メイン プログラム ウィンドウで[マルウェア]グループの[マルウェアの除去]を選択してください。. •. インターネットおよび電子メールでの作業履歴をすべてクリーンアップするには、メイン プ ログラム ウィンドウで[プライバシー]グループの[インターネットのクリーンアップ]を選択し てください。. •. ユーザーの作業痕跡を Windows のコンポーネントからクリーンアップするには、メイン プ ログラム ウィンドウで[プライバシー]グループの[システムのクリーンアップ]を選択してく ださい。. •. コンピュータからアプリケーションの作業履歴をクリーンアップするには、メイン プログラム ウィンドウで[プライバシー]グループの[アプリケーション履歴のクリーンアップ]を選択し てください。. •. さらに、[プライバシー]グループの[マイ プライバシー ツール]には、特別なコンピュータ クリーンアップおよび保護ツールが多数含まれています。. •. 特定の Web サイトを読み込んだときに表示される不要なポップアップをブロックするには、 Internet Explorer で[Acronisポップアップ広告ブロッカ]を使用してください。. •. スワップ ファイルをクリーンアップするには、ページング ファイル クリーナーを実行してくだ さい。. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 17.

(18) •. 選択したパーティションやディスク内のデータを安全に削除するには、Acronis Drive Cleanserを実行してください。. •. 選択したファイルまたはフォルダを削除して、復元できないようにするには、Acronis ファイ ル シュレッダーを実行してください。. ウィザードの使用方法と設定の詳細については、本書の各章をご参照ください。. 2.4. Acronis Privacy Expert Suiteのオプション Acronis Privacy Expert Suiteを日常的に使用する場合は、よく起こりやすい状況に対する ユーザー定義の設定を行うことができます。 [オプション]ウィンドウは、次のようないくつかの方法で表示することができます。 •. Acronis Privacy Expert Suiteのメイン ウィンドウの[参照]サイドバーにある[オプション] をクリックすると表示されます。. •. メニューの[設定]から[オプション]を選択すると表示されます。. •. ツールバーの[オプション]ンをクリックすると表示されます。. 全体的な設定 [全体的な設定]には、次の項目が含まれています。. 18. •. [クリーンアップ/除去ウィザードを開始] – このオプションを選択した場合、Acronis Privacy Expert Suiteはクリーンアップを実行する前に、ウィザードが表示されます。この オプションが選択されていない場合は、ユーザーに確認せずにクリーンアップが自動的に 実行されます。. •. [概要の表示] – このオプションを選択した場合、クリーンアップまたはマルウェア ウィザー ドの完了後に結果の概要が表示されます。. •. [ショートカットを個別ファイルとして処理] – このオプションを選択した場合、ショートカット の参照先ファイルは消去せずにショートカットのみが消去されます。選択しない場合は、 ショートカットともに参照先ファイルも削除されます。. 第 2 章 Acronis Privacy Expert Suite での作業.

(19) 標準のデータ消去方法 [標準のデータ消去方法]グループでは、カテゴリに関係なく、すべてのクリーンアップ操作に おいてデフォルトで使用される標準のデータ消去方法が設定できます。 ウィンドウの右側のドロップダウン リスト ボックスをマウスでクリックすると、Acronis Privacy Expert Suiteで使用できるデータ消去方法の一覧が表示されます。 データ消去方式は、必要なセキュリティ レベルに応じて、次のいずれかを選択してください。 •. ファイルの消去時に最大のセキュリティを得るには、Peter Gutmann の方式(35 回の データ消去サイクル)を選択してください。ただし、この方式は作業を完了するのに最も長 い時間を必要とする点に注意してください。. •. 平均的なクリーンアップ速度で中程度のセキュリティを得るには、VSITR または Bruce Schneier の方式(7 回のデータ消去サイクル)を選択してください。. •. 限定されたセキュリティ レベルで高速なコンピュータ クリーンアップを行うには、データ処 理回数が 1、2、または 3 回の方式のいずれかを選択してください。. 標準のデータ消去方法が選択されていない場合は、高速に設定されます(詳細については、 付録 A「ハード ディスクの消去方式」をご参照ください)。. スケジュールされたタスク スケジュールされたクリーンアップを行う際、削除するデータが他のプログラムによって使用さ れていると、エラーが発生する場合があります。 そのような状況に対し、次の項目を選択してAcronis Privacy Expert Suiteの動作を設定で きます。 •. [無視] − すべてのエラーを無視し、失敗をスキップします。. •. [再試行] − エラーが発生した場合に、設定した回数再試行を試みます。. •. [キャンセル] − エラーが発生した場合にスケジュールされたタスクをキャンセルします。. •. [ユーザーに確認] − エラーが発生した場合はユーザーに確認します。. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 19.

(20) Explorer の機能強化 WindowsExplorer のコンテキスト メニューに追加される AcronisPrivacy Expert Suite 使 用すると簡単にファイルとフォルダを消去することができます。 これらのオプションを有効にし、コンテキスト メニューに Acronis Privacy Expert Suite を追 加するには、[Explorer の機能強化の有効化]チェック ボックスをオンにしてください。 コンテキスト メニューから、Windows のごみ箱をクリーンアップすることもできます。その際、ク リーンアップの設定にはデータの消去方式だけでなく、消去するファイルの抽出条件も含めら れます。. 2.5. スケジュールされたタスク Acronis Privacy Expert Suiteのコンピュータ クリーンアップは、手動で実行することも、ある いはスケジュールに基づき自動的に実行することも可能です。 コンピュータ全体のクリーンアップを日単位で行う手順として設定しておけば、たとえば平日の 勤務を終える際、コンピュータの電源を落とす前にコンピュータやインターネットの全作業形跡 を安全かつ確実に消すことができます。 Acronis Privacy Expert Suiteには、スケジューラ機能が内蔵されています。. 20. 第 2 章 Acronis Privacy Expert Suite での作業.

(21) スケジューラの起動 クリーンアップを行うスケジュールを設定するには、Acronis Privacy Expert Suiteメイン ウィ ンドウで[タスクのスケジュール作成]をクリックしてください。 スケジューラが起動されたら、選択した時刻に実行されるクリーンアップを選択してください。 次の操作を行うことができます。 •. [マルウェア]、[PC 全体のクリーンアップ]、[インターネットのクリーンアップ]、[システム のクリーンアップ]、および[アプリケーション履歴のクリーンアップ]など、完全または特定 のクリーンアップを実行するようにタスクをスケジュールします。. •. 個々の コンポーネントの自動クリーンアップをスケジュールします。. タスクのスケジュール追加ウィザード. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 21.

(22) スケジュールされたタスクの設定 クリーンアップを選択したら、次にスケジュールを設定してください。 クリーンアップの自動開始に関しては、次のオプションを選択することができます。 •. [自動的に開始しない]. •. [日単位] – 平日のみまたは数日ごとのように選択できるようになっており、スケジュールに 従って実行します。. •. [週単位] – 火曜日や金曜日などの特定の曜日ごと、あるいは 2 週間または 3 週間ごとのように選択できるようになっており、スケジュールに従って実行します。. •. [月単位] – 設定した日時のスケジュールに従って実行します。たとえば、第何週目の(第 1 週、第 2 週、第 3 週、第 4 週、最終週)の何曜日(月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土 曜、日曜)のようなクリーンアップをサポートしています。. •. [1 回だけ] – 特定の日(年/月/日)の特定の時刻(時間:分)に実行します。. •. [コンピュータの起動時]. •. [ログオン時]. •. [コンピュータのシャットダウン時]. •. [ログオフ時]. いずれかの種類を選択した後、 次へ をクリックして、次のページでその他のパラメータを設定し てください。 スケジュールされたクリーンアップを行う際、削除するデータが他のプログラムによって使用さ れていると、エラーが発生する場合があります。 このような状況に対して Acronis Privacy Expert Suite の動作を設定することができます。 2.4「Acronis Privacy Expert Suite のオプション」 → 「スケジュールされたタスク」をご参照 ください。. 22. 第 2 章 Acronis Privacy Expert Suite での作業.

(23) 2.6. ログの使用 ログには、Acronis Privacy Expert Suiteが実行したすべての動作が記録されます。ログを 見ると、すべての動作の履歴と、発生したすべての問題の原因を知ることができます。. [ログの表示]ウィンドウ. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 23.

(24) [ログの設定]を使用すると、異なるレベルでのログの記録を設定できます。次のいずれかを選 択してください。 •. [すべて] − クリーンアップの対象についての詳細な情報をログに記録します。. •. [重要情報(推奨)] − エラーおよびマルウェアに関するメッセージのみをログに記録しま す。. •. [なし] − ログに何も記録しません。. ログの設定. 24. 第 2 章 Acronis Privacy Expert Suite での作業.

(25) 第3章 マルウェアの除去と Acronis マルウェア シールド コンピュータ上にはユーザーの知らないうちに動作を開始するプログラムが存在する可能性が あります。このようなソフトウェアは、ユーザーが知らないうちに、ユーザーの個人情報の収集、 インターネットまたはシステム設定の変更などを行うことができます。このようなユーザーのプラ イバシーを侵害するプログラムは、マルウェア(悪意のあるソフトウェア)と呼ばれます。主なマ ルウェアの種類の詳細については、本書のA.3「マルウェアの脅威に関する用語集」をご参照 ください。 Acronis Privacy Expert Suiteを使用すると、コンピュータからマルウェアを除去し、将来の 侵入を防ぐことができます。. コンピュータへのマルウェアの侵入方法 マルウェアがコンピュータに侵入する最も一般的な方法の 1 つは、新しいソフトウェア(特にフ リーウェアやシェアウェア)のインストールによるものです。このようなアプリケーションをインス トールすると、アクセスした Web サイト、コンピュータ構成などに関する情報を収集するソフト ウェア モジュールが実装される可能性があります。 マルウェアは、電子メールを通しても、たとえば電子メールの添付書類を開いた場合などにコ ンピュータに侵入することがあります。 マルウェアが侵入するその他の一般的な経路は、ピア ツー ピア ネットワーク、ゲーム ポータ ル、およびその他の Web サービスです。 市販アプリケーションの製造業者がユーザーの個人情報を収集する目的で、市販アプリケー ションによってマルウェアがインストールされることもあります。 セキュリティによる保護が弱いネットワーク、ネットワーク共有、およびソフトウェアなどの脆弱性 が、マルウェアがコンピュータに侵入し、ネットワークを越えて広がることを容易にする要素でも あります。. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 25.

(26) マルウェアを認識する方法 多くの場合、マルウェアはユーザーが知らないうちに動作しますが、次のような兆候に気付く場 合があります。 •. 実行されているプログラムや、開かれているドキュメントがないにもかかわらず、ハードディ スクのアクセスランプが点滅している。. •. Web ブラウザや電子メール クライアントを使用していないにもかかわらず、コンピュータが インターネット経由で不明な情報を送受信する。. •. ブラウザのホーム ページの設定が同意なしに変更されている。. •. 特定のプログラムを操作したり、特定の Web サイトにアクセスしたときに、広告またはポッ プアップが表示される。. これらの動作に気付いた場合は、Acronis Privacy Expert Suiteを実行して、コンピュータ上 で不正な操作を実行しているマルウェアを検出して除去する必要があります。. 必要な操作. 26. •. コンピュータからマルウェアを検出して除去するには、[マルウェアの除去]を実行してくだ さい(詳細については、3.1の「マルウェア ウィザードによるマルウェアの除去」をご参照くだ さい)。. •. コンピュータにマルウェアが侵入するのを防ぐには、[Acronis マルウェア シールド]を設 定してから有効にしてください(3.2「マルウェアの侵入の防止」をご参照ください)。. 第 3 章 マルウェアの除去と Acronis マルウェア シールド.

(27) 3.1. マルウェアの除去 Acronis Privacy Expert Suiteを使用して、コンピュータ上にあるマルウェアを検出して除去 することができます。これを行うには、メイン プログラム ウィンドウで[マルウェアの除去]を選択 してください。 その後、マルウェア ウィザードを使用してマルウェアの除去を直ちに開始するか、またはこの ウィザードの設定を変更することができます。 また、[マルウェア定義の更新]、および[検疫所へ隔離]されているマルウェアの削除/リストア などを行うこともできます。. マルウェア ウィザードによるマルウェアの除去 •. マルウェア ウィザードを実行するには、[マルウェアの除去]ウィンドウで[マルウェアを今 すぐ除去]を選択してください。. マルウェア ウィザード. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 27.

(28) マルウェア ウィザードを実行すると、コンピュータにマルウェアがあるかどうかが調べられます。 結果は、ウィザード ウィンドウの右側の部分に表示されます。結果には、検出されたマルウェア と、それらのマルウェアに関連するファイルおよびレジストリ キーが表示されます。. マルウェア スキャンの結果. 一覧からマウスでマルウェアを選択すると、その特定のマルウェアに関する情報が同じ ウィンド ウの左側の部分に表示されます。 検出されたマルウェアにはすべて、除去のためのチェック ボックスに自動的にオンが付けられ ています。残しておく必要があるアプリケーションまたはそのコンポーネントがある場合は、表 示された一覧でそれらのチェックを外してください。(一部の共通アプリケーションがマルウェア として識別されることがあります。そのような場合には、このオプションを使用して、このようなプ ログラムや設定を削除から外すことができます。). 28. 第 3 章 マルウェアの除去と Acronis マルウェア シールド.

(29) 除去するマルウェアを設定したら、 次へ をクリックしてください。次に表示されるウィンドウには、 マルウェアの除去操作の確認ウィンドウが表示されます。. マルウェアの除去操作の確認ウィンドウ. マルウェアの除去を実行するには、 実行 をクリックしてください。 マルウェアのクリーンアップが完了した後、削除されたマルウェアの数を示す要約が表示され ます。 Windows が通常モードで動作している場合には姿を隠しているので、ユーザーが見つける ことも追跡することもできない悪意のあるアプリケーションもあります。このため、通常モードで のマルウェアのスキャンに加えて、Windows のセーフ モードでマルウェア ウィザードを起動 することをお勧めします。Windows をセーフ モードで実行するには、コンピュータを起動(ま たは再起動)し、Windows が起動する前に、F8 キーを押してください。. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 29.

(30) マルウェア ウィザードの設定 マルウェア ウィザードの設定を行うには、[マルウェア除去]ウィンドウで[マルウェアの除去オ プションの構成]を選択してください。 スキャン モードの選択 マルウェアの検索には 2 つのモードがあります。 •. [スマート スキャン]モード –この場合、Acronis Privacy Expert Suite は、システム、 ユーザー プロファイル、一時ファイル フォルダなどがある可能性の最も高い場所、および システム レジストリでのみマルウェアを検索します。コンピュータの高速チェックを行う場合 は、このモードを選択してください。. •. [ディープ スキャン]モード – デフォルトで使用されます。マルウェア スキャン用の拡張ア ルゴリズム。この場合は、すべてのコンピュータのハードディスク上のすべてのフォルダが 検索されます。ハードディスクの容量によっては、長い時間がかかる場合があります。. マルウェア スキャン モード. 30. 第 3 章 マルウェアの除去と Acronis マルウェア シールド.

(31) [ディープ スキャン]モードのセットアップ [ディープ スキャン]モードを選択した場合は、マルウェア ウィザードが検索するディスクおよび フォルダを手動で選択できます。また、マルウェア ウィザードが除去するマルウェアを手動で選 択することができます。. ディスクとフォルダの選択. 設定の保存 マルウェア ウィザードの設定はすべて、再度設定を変更するまで有効なので、保存する必要 はありません。. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 31.

(32) 3.2. マルウェアの侵入の防止 Acronis Privacy Expert Suiteでは、マルウェアを除去するだけではなく、コンピュータにマ ルウェアが侵入しないようにすることができます。この機能は、Acronis マルウェア シールドと 呼ばれる、システムを監視して疑わしいアプリケーションおよびコンポーネントがあるかどうかを 調べるツールによって提供されます。. Acronis マルウェア シールドの有効化 Acronis マルウェア シールドを有効にするには、[スタート] → [すべてのプログラム] → [Acronis] → [マルウェア シールド] → [Acronis マルウェア シールド]を選択してください。 Acronis マルウェア シールドは、起動されると、デフォルトでは有効になっています。有効/無 効を確認するには、タスク バーの通知領域に表示されるアイコンにマウスをポイントしてくださ い。マルウェア シールドを有効にするには、タスクバーの通知領域に表示されるアイコンを右 クリックし、表示されるコンテキストメニューから[Acronis マルウェア シールドの有効化]をク リックしてください。. Acronis マルウェア シールドの設定 Acronis マルウェア シールドの設定を行うには、タスクバーの通知領域に表示されるアイコン を右クリックし、表示されるコンテキストメニューから[Acronis マルウェア シールド オプション] をクリックしてください。. 32. 第 3 章 マルウェアの除去と Acronis マルウェア シールド.

(33) システム保護レベルの設定 システムにマルウェアがあるかどうかを監視するための、保護レベルを設定することができます。 •. 保護レベル[低]では、すべての実行中のプロセスのみを監視し、マルウェアデータベース に記述されているプロセスを見つけると警告を出します。. •. 保護レベル[中]では、すべての実行中のプロセスを監視し、マルウェアデータベースに記 述されているプロセスを見つけると警告を出します。また、このレベルでは、Windows のス タートアップ時の疑わしいプロセスの起動を阻止し、ハイジャックから Web ブラウザの設定 を保護し、ActiveX コンポーネントの設定を保護します。. •. 保護レベル[高]では、最も強力なセキュリティでシステムを保護します。このレベルでは全 てのプロセスおよび全ての Windows システム ファイルが保護されます。この設定は、経 験の豊富なユーザーにお勧めいたします。. システムの保護レベル. 選択した保護レベルのオプションを表示および/または設定するには、[ユーザー定義]をクリッ クしてください。. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 33.

(34) 全体的なパラメータ [全体的なパラメータ]ウィンドウでは、Acronis マルウェア シールドによるシステムの保護の有 効化、および Acronis マルウェア シールドのシステム スタートアップ時の起動、通知音を設定 することができます。. [全般設定]ウィンドウ. 全ての設定を行ったら、[適用]をクリックして変更を適用することができます。 変更を適用しない場合は、[キャンセル]をクリックしてください。. 34. 第 3 章 マルウェアの除去と Acronis マルウェア シールド.

(35) プロセス分析 対応するパラメータのチェックをオン/オフすると、実行中のプロセスの分析機能を有効化/無効 化することができます。. プロセス分析. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 35.

(36) レジストリ保護 レジストリ保護セクションでは、次の機能を有効化/無効化することができます。 •. 疑わしいアプリケーションによるハイジャック攻撃からの、ブラウザ設定の変更の保護。. •. 疑わしいプログラムおよびプロセスの、Windows スタートアップ時の起動の阻止。. •. ActiveX コンポーネントの設定の変更の阻止。. •. アプリケーションによるリソースの共有または共有リソースの設定の変更の阻止。. レジストリ保護. 36. 第 3 章 マルウェアの除去と Acronis マルウェア シールド.

(37) プロセス保護 [プロセス保護]セクションでは、次の機能を有効化/無効化することができます。 •. プロセスが他のプロセスのスレッドにアクセスするのを阻止する、プロセス スレッド アクセス の保護。. •. プロセスが他のプロセスの仮想メモリにアクセスするのを阻止する、プロセス仮想メモリの保 護。. •. プロセスによる別のプロセスの終了の阻止。. プロセス保護. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 37.

(38) ファイル保護 [ファイル保護]セクションでは、Windows の動作にとって重要なシステム ファイルの保護機 能を有効化/無効化することができます。. 恒久的ルール [恒久的ルール] セクションには、ユーザーが指定した保護規則の一覧が含まれています。[削 除]をクリックして選択したルールを削除するか、または[すべてクリア]をクリックしてすべての ルールを削除することができます。. 恒久的ルール. 38. 第 3 章 マルウェアの除去と Acronis マルウェア シールド.

(39) 拒否されたアクション [拒否されたアクション]セクションには、許可されなかったアクションの一覧が表示されていま す。[すべてクリア]をクリックすると、すべてのアクションが削除されます。. 拒否されたアクション. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 39.

(40) 警告の表示 未解決の警告(または警告のグループ)を選択し、説明を表示し、実行するアクションを選択す ることができます。 同じ動作タイプの他のすべての警告にも選択したアクションを適用するには、[同じ動作タイプ のすべての警告に、このアクションを適用]のチェックをオンにしてください。 また、指定したアクションを適用する方法を選択することもできます([1 回のみ]、[常時(恒久 的ルールを作成する)]、または[このプロセスが終了するまで適用])。. 警告ウィンドウ. 警告ウィンドウを閉じて、ルール作成を終了することができます。この結果、未解決の警告が 残っている場合には、そのことを通知するために、システム トレイのマルウェア シールドのアイ コンが点滅します。警告ウィンドウを開くには、システム トレイのマルウェア シールドのアイコン をダブルクリックしてください。. 40. 第 3 章 マルウェアの除去と Acronis マルウェア シールド.

(41) 3.3. 検疫 マルウェア ウィザードでは、全てのマルウェアはシステムから削除され、検疫所と呼ばれる特 別な保護されたディレクトリに格納されます。削除されたオブジェクト(ファイル、レジストリ キー など)をコンピュータから永久に削除することも、必要な場合に(たとえば、マルウェアの削除の 結果、システムの動作が不安定になった場合などに)復元することもできます。また、これは削 除されたオブジェクトの一覧の調査および、Acronis Privacy Expert の処理についての情報 を得るのに役立ちます。 [マルウェアの除去]カテゴリで[検疫]項目を選択して、[隔離ウィザード]を起動してください。 [操作の選択]ウィンドウで、アクション([復元]または[クリア])を選択し、[隔離]フォルダの要 素に対して実行するアクションを選択してください。 次のウィンドウには、検疫用フォルダに移動させられた要素の一覧が、日付で並べ替えられて 表示されます。必要な要素を選択して、[次へ]をクリックし、要素の復元または削除を実行して ください。. 検疫所からの項目の復元. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 41.

(42) [検疫所]にオブジェクトが移動させられたためにシステムの構成が変更された場合は、これら のオブジェクトは新しいシステム コンフィギュレーションに対しては一貫性がありません。この ため、マルウェアの削除のすぐ後で復元機能を使用するのは、よく考えてからにすることをお 勧めします。. 3.4. マルウェアデータベースの更新 頻繁に発生する新しいマルウェアに対して、タイムリーで信頼性の高い防御を提供するために、 Acronis Privacy Expert はマルウェアデータベースの Web 更新サービスを使用します。 このサービスにより、ユーザーは Acronis Web サイトから最新の情報とマルウェアの定義を取 得し、新しいマルウェアを防御することができます。. 42. 第 3 章 マルウェアの除去と Acronis マルウェア シールド.

(43) マルウェアの定義の更新ウィザードの実行 マルウェアの定義の更新ウィザードは、次の方法で実行できます。 •. Acronis Privacy Expert Suite メイン ウィンドウのサイドバーで[Web 更新]をクリックす る。. •. メニューで[設定] → [Web 更新]を選択する。. •. ツールバーの[Web 更新]をクリックする。. マルウェアの定義の更新ウィザード. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 43.

(44) 更新モードの選択 マルウェアの定義の更新ウィザードを実行した後、更新モードを手動またはスケジュールによ る自動から選択できます。 •. マルウェアデータベースを直ちに更新するには、[データベースを今すぐ更新する]を選択 してください。. •. スケジュールを設定してマルウェアデータベースを自動的に更新するには、[自動的に更 新する]を選択してください。. 更新モードの選択ウィンドウ. 44. 第 3 章 マルウェアの除去と Acronis マルウェア シールド.

(45) スケジュールの設定 自動更新を選択した場合は、更新を行うスケジュールを設定するよう指示されます。 以下のオプションから選択してください。 •. [自動的に開始しない]. •. [日単位] − 平日のみまたは数日ごとのように選択できるようになっており、スケジュールに 従って実行します。. •. [週単位] − 火曜日や金曜日などの特定の曜日ごと、あるいは 2 週間または 3 週間ごとの ように選択できるようになっており、スケジュールに従って実行します。. •. [月単位] − 設定した日時のスケジュールに従って実行します。たとえば、第何週目の (第 1 週、第 2 週、第 3 週、第 4 週、最終週)の何曜日(月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、 土曜、日曜)のような自動更新をサポートしています。. •. [コンピュータの起動時]. •. [ログオン時]. •. [コンピュータのシャットダウン時]. •. [ログオフ時]. いずれかの種類を選択した後、 次へ をクリックして、ウィザードの 2 番目のページでその他の パラメータを設定してください。. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 45.

(46) 第4章 インターネットのクリーンアップ 4.1. 一般的な情報 作業のプライバシーに対する最大の脅威は Web からもたらされます。これについては「はじめ に」で説明しました。また、ユーザー操作の履歴が格納されるシステム セクションについても説 明しました。キャッシュ、cookie、アクセスしたページと履歴、フォームのオートコンプリート一覧、 およびパスワードがシステム上で格納される場所はブラウザによって異なります。Acronis Privacy Expert Suiteを使用して、これらをすべてクリーンアップすることができます。イン ターネットのクリーンアップは、Microsoft Internet Explorer および Mozilla Firefox ブラウ ザと動作します。 注意:インターネットブラウザに Netscape Navigator および Mozilla を使用している場合、イ ンターネットのクリーンアップでクリーンアップできるのは、"インターネットキャッシュ""Cookie"" 最近アクセスしたページ""入力したURL"になります。 インターネットのクリーンアップ [インターネットのクリーンアップ]では、次のことを行うことができます。. 46. •. インターネットのクリーンアップ ウィザードを使用して、Web および電子メール操作のすべ ての履歴を完全に削除します。. •. Web 操作に関連する個別のコンポーネントをクリーンアップします(アクセスしたページ一 覧、空のキャッシュなどをクリーンアップします)。. •. インターネットのクリーンアップ ウィザードのパラメータを設定します。. 第 4 章 インターネットのクリーンアップ.

(47) 4.2. インターネットのクリーンアップ ウィザードの使用 インターネットのクリーンアップ ウィザードを使用して、Web および電子メール操作のすべて の履歴を安全にクリーンアップすることができます。 次のことを行うことができます。 •. 次に同じページにアクセスしたときの読み込み速度を上げるために、Web を参照する際に コンピュータのハードディスクに格納される一時インターネット ファイルをクリーンアップしま す。. •. Web サイトにアクセスしたときにコンピュータに作成される小さなテキスト ファイルである cookie をクリーンアップします。このような cookie には、Web サイトでの登録中に入力さ れるユーザー名およびその他の情報が含まれている場合があります。. •. Web サイトを参照する際に秘密裏にインストールされる可能性があるダウンロードされた ファイル(ActiveX 要素)をクリーンアップします。ActiveX 要素を使用すると、Web ページ はアプリケーションおよび動的に変化するコンテンツのように機能できます。同時に、 ActiveX 要素は、コンピュータへ悪意を持ってアクセスするために使用される可能性があり ます。. •. アクセスした Web サイトの履歴をクリーンアップします。. •. アドレスバーに入力されたURLをクリーンアップします。. •. さまざまなフォームへの入力をスピードアップするためにブラウザによって格納されるフォー ム オートコンプリート一覧をクリーンアップします。. •. Web サイトでの認証をスピードアップするためにブラウザによって格納されるパスワードを クリーンアップします。. •. 電子メールクライアント(Microsoft Outlook および Outlook Express)から電子メール メッセージをクリーンアップします。. •. 電子メール クライアントの連絡先およびアドレス帳をクリーンアップします。. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 47.

(48) インターネットのクリーンアップ. インターネットのクリーンアップウィザードを実行すると、コンピュータで Web 操作の形跡が検 索されます。検索結果は、ウィザード ウィンドウの右側の部分に表示されます。. 48. 第 4 章 インターネットのクリーンアップ.

(49) 検索が終了した後、クリーンアップする要素を手動で選択できます。. クリーンアップするインターネット データのプレビュー. クリーンアップする要素を選択した後、クリーンアップを実行してください。. Acronis Privacy Expert Suite 9.0 ユーザーズ ガイド. 49.

(50) 4.3. インターネットのクリーンアップ ウィザードの設定 インターネットのクリーンアップ ウィザードを設定するには、[インターネットのクリーンアップ] ウィンドウで[クリーンアップ オプションの設定]を選択してください。 インターネット クリーンアップの各 コンポーネントを有効または無効にするには、[このコンポー ネントを有効化]を選択または選択解除してください。 インターネットのクリーンアップ ウィザードの設定ウィンドウでは、各システム コンポーネントに 対するクリーンアップ パラメータを設定することもできます。. [データ消去方法]の設定 ここでは、特定のコンポーネントをクリーンアップするために使用するデータ消去方式を選択ま たは設定します。 デフォルトでは、このような設定を持つコンポーネントはすべて、共通の方式を使用するように 設定されています(2.4の「標準のデータ消去方法」をご参照ください)。 コンポーネントに対するユーザー定義のデータ消去方式を設定する必要がある場合は、[この コンポーネント用のユーザー定義の方法を使用]を選択してから、設定してください。. 50. 第 4 章 インターネットのクリーンアップ.

参照

関連したドキュメント

世の中のすべての親の一番の願いは、子 どもが健やかに成長することだと思いま

図表の記載にあたっては、調査票の選択肢の文言を一部省略している場合がある。省略して いない選択肢は、241 ページからの「第 3

   縮尺は100分の1から3,000分の1とする。この場合において、ダム事業等であって起業地

マーカーによる遺伝子型の矛盾については、プライマーによる特定遺伝子型の選択によって説明す

Windows スタートメニュー > よく使うアプリ(すべてのプログラム)の HARUKA フォルダの中.

図 3.1 に RX63N に搭載されている RSPI と簡易 SPI の仕様差から、推奨する SPI

① Google Chromeを開き,画面右上の「Google Chromeの設定」ボタンから,「その他のツール」→ 「閲覧履歴を消去」の順に選択してください。.