香川縣の醤油釀造工業と其の原價調査-香川大学学術情報リポジトリ

72 

Loading.... (view fulltext now)

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

−菅川願こ.於サル督油顔造工幾夜連ノ立地的億件

香川願に於ける藩油醸造工共に就てガ紀州より俸はうたり息洞ほれ、或は文繰年限に始まると謂はれ、それが

粕雷鳥い時代に濫触を敬してゐるパことば変質の記するせ﹂ろである。斯︵木偶に於て斯柴が比較的夙く敬達し得 た立地的條件を凝るに、、凡そ次の緒鮎に蹄することが朝凍る。 ︵こ 主要原料中小蓼㌧壊あ入手容易慧り心こと。

第十八巻第三既

香川凝の醤油醸造Ⅱ菜ヾ1其の風儀詞杏

大玉国号 こ 昏油七日常食生活 −香川願に於ける番線醸蓮工磯野達の立地的條件 / 共著に配布したる原僚調萱草並同記入琴時に凍て ﹁常油醸造工策尿慣計算準則﹂と凍原慣調査票との封比

調 査括泉報 骨

一輪饗規畢生慮組饗配給機構・慣格統制・原料仕込標準醸蓬工軍規格決琴戯加温 本′細萱の主目的

久 保田 英 −

〓九〇︶ 三〇

(2)

本願北於て夙に哲油髄造工菜の敏速を促した最大原因は、正に々の原則たる小穿・遭の自給が略々可能なりし

/ 郵にある。尤も

宵のであ獣が、本願特忙囲耐環海の小首鳥︵瀬や内海の蛍瓢にあぺ画聖セ〇・二九方粁、′現壷香川願小豆郡と∵、 なつで たこノせも斯於敏速上着過払釆潅い寄鸞である。 ㌦凌は主として願内分び十部分瀬戸内潜岸地坊よわ入手しも始に至つては今日に至るまで依然として本願苧 に儀存してゐる現況である。苗衆讃岐の地は讃岐三自と僻し壊・油・砂膳の生産地′として寺内に′その名を洛ぼれ 特痙父通不便なりし往昔、醤油甑時に不可紋の壇を園内他地域に比し野倒的忙多量五生産せしことは、新薬 の敏 速忙輿つてカありしことは疑の飴地兼牒ところである。 ︵二︶ 本邦政治経済史化の中心地京阪神の大滞費地に近接せしこと。 前述の如き主安原料の豊富な産出に加ふる鱒∵京阪油の太閤費柚を拉へることは、云はば京大なる背後地を擁 エ簸の勃興する原図としては自然的敢倉軽臍的軽々なる倣件、例へば原料の豊富虹有茂するとと、労務の供給 源東なるてキ動力頭、良貨の紆水、に慰まる∼こと、交通運愉関係の至便なること、艮大消費地を軽へるこ皇等 挙げられるであらうか、▲就中原料の豊富に藩閥され苓易に獲得し緒るこどはエ発勃興の第〟要件と云はなけれぼ ならぬ。 菅川解の港沖醜邁工琴と其の瞑慣調査 V 二九エし こ二

(3)

第†入管、二第三戟 二九≡ 三二 するものであり、斯共に不動の地世せ鱒ぺたものと云ふことが出来る。本願生産物の、重要なるもの例へノば攣砂 贋・蘭・米・穿等親れも京阪神を放火の観客筋となせしことは海路交通の糞便なりしに伐るものであるが、如か 去瓦大滑贋地の布衣は醤油が生活必需食管⋮であるだけ、他商品の如く経済界の最気欒動其他の影響を受くるご と紅比較的少く、人口の逓増と生活程度の向上、生活様式の欒化に伴ひ需要抄漸槍を喚起し、比較的安定したる 企賂として概して順調に畿達し発つたのである。 勿論明治以降他地姦窟子其の他に丸規模形態の皆油讐蛋の出現と共に、競寧の雷筈毒偏に隋功 し時期なきに非ざるも、之を過密すれば大隊順調な推移を遡りしものと云ひ得るであらう。盛ろ他地方響⋮と轟 ぅ禎角逐することに依り、新薬防係着の奪麗を促し、経皆の合理化、品質の改良、協同形態の馴致等結局本願に於 げる斯柴わ蟄達を南東したのである調 \、 ︵主︶、本願は耕地面積に比し人口/比較的明察にして、蕗栄位存にも自ら限界あ少、夙に鹿覚馨ありで斯共に著 + 痕した透こと。 周知の如く本願は全図府麻由に於ても耐瞭狭小而も人¶研磨にして農地開墾の飴地少べ、農家﹂戸能鰍地面積 も全図平均を造に下過す管状である。特に本願斯発の中心地たる小豆島は此の傾向甚しく、かゝる

昆較的過多の入日姦臥し、而豊の雷姦せんに墓盛業紆の粟に閲向けざるむ得なかつを

である。盛共に依る人口の維持が略飽和鮎に達した場合、他に活路を鬼出さぎるを得ないこと即ち工柴への噂換

(4)

針必至とすることば、古株今東経臍費展の辿る常然の過樺である。資し此の鳥兜発着の爛限は敬服に僧すると同 時に、ノ先捉ぶて範とするに足るであらう。 “ 以上の如く本願に於て斯菜の儲達せしは偶然也非や︶全く自然的肝食紅病的立地條件に基因するものである が、適耐本願産醤油が克く安倍を拍し、斯業が今日め大をなし在るは、関係者の倦まぎる研鋸擁まぎる熱意と、 / 官常局の適切なる指導誘披に依るは言を侠たぎるところである。 今増産額に於て嘉攣兵庫願に誓金歯空位を占めてゐるが、就中靂苧本願産耕の八〇髭上る小豆 島は宛然昏油王国の観がある。 ゝ じ 贋\ 考

廟 敗 額・ 産 塵− 敬 比、、・ 璧’ 空エ 米 組′

過 小 去 数 八 八 ケ 、 年 七 七 平 七 均 四 四 ′J−一−ヽ

解小小

仝豆麗 努 ノ

, ヽ 匹仁 ヽ 四

額ケ額 四土 東 四五 ヽヽ

qO′

00、 00 ヽ 八 ⊥ ヽ 八.

・琴 ′J_ 共 申 阪 資 板 ふ ふ ノヽ 生 六 六 蛮 遵 六 九 額\ ト 略 々 同 ナ

額 ヽ ヽ

リ 六 六 .豊 八 香川噺の蓉油改造工業と其の原慣調査 願内所泰五醤油工柴組合生蒔叡比率 ︵昭和十八年︶ 〓九三︶ 三三 \、

(5)

〓 琴適∵⊂眉東食生活

・トト渦笥税率生産親軍配給横棒鹿格統制・原料仕込痍琴醸造工琴規格決軍政別津 醤油はその袈迭支那よ㌢俸来せしこと峰疑なきところ′で一あ少、苗くは周ら首家滑螢の鳥取の自家生産であり、 暫叩どしで市場性を有つに挙ったのは穂川初鱒に盤働する£網ふ。氷・味噌・昏池と追句的に表現され、翠兼る 調味料せ云揉んよ牒は、寧る主要食櫨醍され、或埠米吟封して味喩とT緒に、米以外の仙切の食椅を代表するが 如を観念を世人に輿べてゐることも事管である。斯く目常食生活に重要地位を占める箇油の懐進藤に放ては、科 選町に鋏究改良の跡麒著なむものがあり、日本人の往くところ必ず儀喩・哲油の香が伴ふと云はれる程囁く月本 人勿嗜好に合致し、味愴と共に調味料の双璧として、h他の追随を許さ 嘗するまでもないであらう。 壷油は卦要なる日常生活必管抑であ㌔叉原料関取yぢして消費規や′生産組織・配給機層の準備、倍格純利 壷逸早く戦時下統制の辛が差向けられたことは常然達茶はなければなちぬ。r ∴1︶ 1− 料は大豆↓白米︵大葬・裸穿︶及食墟︶と共に替油抄滑攣規正は戦時下常然過ぎる措置と云はねばならぬヲ香川 腐に於ては轡漁の酪給制を昭和十七年二月よ少贋施し、常時 雰十入管 第三渋 二九四︶ 三四

(6)

蒜Jり岬

東地溝は概ね〟人月二呑、関西地方はγ人月四合瓦勺線度である℃これは食生活か慣習にもよ少、例へば日常閲、

東地方は醤油むりあ昧檜を多く滑資し、紬西地方に教ては之に反し醤油をよ勺多く拘資してゐる紺係にも擦るの

\ で捻る。香川願の配給豊か他府願㌻若藁湧きは替油の生産願意る蔑めで奉ら鳶 ︵ヱ、生産敵組・配給機構 各府願共大髄同じ組紐磯構を盤傭レつ、軋るが、香川願に於ては生産部而には五 個やま糞腐食、︵大川・束撃ヰ攣﹂ニ撃小豆畠静油工莫組合︶・を措成、これが統制横組として昭和†日当卑ナナ山 丹香川願皆瀬工菜館合聯合愈を設け、原材料の配給・\製品検餐等を主宰してゐる。而Lて配給部面には昭和まハ 年十二月香川願薗抽配給統制株式愴敢を設彗層芸集荷、疲嚢竺専属管賞してみ鳶その組織磯偏の優穿な

た腰威されづゝあつ苧Jと紅掠る沌のと瞥町出来る▼1 格の泳定あゎ、更に岡十八軒十一月二十五日次の/如く改正が行はれ今日\に至ってゐる。 凝 ︵冶︶債格統制 先づ醤油の債格は物品親愛個絡取締規則第一條の親先に依牒督示があり、昭和十四年﹁月三 / 一日に於ける敬愛隠格を超ゆる封憤を以て敬愛するこ上を禁ぜられたが、其の後昭和十蕊取八軒サ七日公定慣 香川解ノの沓油醸造工築と其の庶慣調査 ︵劇九五︶ 三盆

(7)

︵4︶ 原料仕込標準 従来大豆・示穿は同塵を消費してゐたのであるが、東森全図醤油工葵組合聯合倉に於て 地方長官ノ承認チ受ケクル額予蜂徐シ歩ル鶴号俵ルモノド芥 ホ 以下署 ︵′ 本来併給ハ小資業者ノ最高数歯慣格二付テハ昭和十八牛†こ月咄臼ヨリ之チ施行ス ノトス ェ 本葬ノ地溝瞥油緻掛砂防愚詠阪密隊格ルh“音容油統製隊瀾翠小儒者︵小感業者ノ阻紗スル閣髄ヲ含ム以下阻ジ︶叉ハ 質霜者三振資スル賂食′僚攣㌻テ巽東店先波トス但シ地方裔抽統御轢闘ノ定ムル場折渡ノ場今︼於テ芸表慣格幸ワ イ㌧本表贋絡ハ容券代及荷造賛チ含マザル併給ト㌃ 。本表慣格ハ全国督周工集組合聯合骨ノ槍撃古格シ容警腹壁絞染チ貼附シ内容軍産地及製造策者ノ氏彗明示シタ ルモノノ慣格lス ︵以下各︶ ハ 本革£警護者最高阪韓僚格ハ嘗該慧軍功ノ所衣スル訝町朴︵束京都蒜ワテハ区ノ存スル隋域チ市′区域卜者傲ス︶ 内向ノモノこ哀リテハ﹁三三描グル賓爵ノ店兜渡来位階︵﹁こノ但番ノ規定ハ之チ準尉ス︶トシ英ノ他ノ市町紆向ノ モノニ夜空ブハ轟辟箆車乗渡災ハ積出港船側波ノ慣格トス 周箋ノ求メェ俵り製造工場渡トナズ瘍合二於テハ本義製造業沓最高 検 査 等 綾 努十入管 第三鮮 賢製 慣沓 格策 (者

三、三五

疇垂 四、八

地方華油硫射横組最 高坂東僚格二斗常︶ 甜 √ 濫、二七 三、七七 阻.一一一 貸 贋 ワ 二九六︶ 三大 小額築港蜃市販 攣償格︵W列膚ぞ 固 、七〇 、五五 丁叶常十五段テ控除シタル額−︻俵ルモ

(8)

壷豪か完がー今芙規模経営形態のものも出現し、大工欝倣ては凡ゆるエ程を機械化してゐる。日常霊

空隙く嗜好せられる必需品であ曳から、それが筆小穿蔚警原警して懐嘗らると云ふ程度以上に、 \

醸造工程に裁ても知ることは日常生活の料率化の十端として強ち徒爾ではないであらう。

薯意管の仕慧準は雷如是警ゐる。木調蛋登時に於て蒼・一歩は同塵消費してゐたう筈

ふを保たぬ。 ︵こ 濃 口 大 小 琴 ︹〓︶ 淡 口 大 小 埋 .︵三︶ 溜∵衝 大 塊 ︵5︶ 醸造工程 菅川野の筒袖醸造工発と其の原原調賛 浄 滴 貰 蓼 ′しヽ /. 澱 油 常 ∴琴

醤油か醸造▼は古くよサ街はれてぁたエ柴だけに人力による作柴が多く、必ずしも儲率的とは

水 坤ノ 宜 水 蒜藤大京︶ ︵衝 蓼︶ ︵脱脂大・豆︶ ︵薯 蓼︶ ︵脱脂大豆︶ノ 六 当 四 】 一〇水乃至〓ニ水ニノシテ柾氏此藷完度以上二﹂、五渡淑下 四 六 斗 仙○水力至〓ニ水ニシテ母氏比留こ入度以上一二度以下 石 〓U水力至〓ニ水ニシテ母氏比箇二八度以上二山し度以下 \ ︵仙九七︶ 三七

(9)

演口穏油醸造工程 {…■叩00 、、ヽ一 番十入管 第三渋 :・l・−

・・・

∴、−.∴

叉ノ、替蓼 :. 蒸食猪又ノ、灼熱

⋮﹂

食! \ 溶 食 清 1−盟!∼−仁 静 水.茫 \、 十∴

冷ハ如ル 湯) 灼 熱 一Y﹃ノ 試 給 ∼︼hJ −食 欄 漁 最(禦慧最)劉一年さ 葬 ヽ ̄ mてエ汀÷′ 仙 勉料(混如−_ i 輔 飽→製 鞄 盛 込 手 入 深麹 ぎ ー−】∴任.込】−一肌−“ ■ 塘 絆→ 酵 ←聯 母 喜■ 熟成醍 ー 1黎− 浄油油ヰ】一腰 搾−−◆帝油粕 油 生 滞澄→撃引 」 火 入←加エ別 .: 滑 控−→婆 引 卜 空 囁 ! 空 樽 E 沸浪殺菌 .i 印入ヽ鰭絡ヽ印紙貼 ! 楷 詰 」 橋詰懲抽 二九八︶ 言八

・一巨

(10)

法口畢油謂造工綬 .  ̄ l −一一 −−一 一 勘 仕込 枕 許一ヰ 膠 5 熟成酵十一訴味料(馳) 」 踵 搾 ∃ 衝抽坤←生抽 ̄十肇湖瀾 ノ 濁浮−−→壁引 i 火 入 E 滑控→塗引 蓼 、

填詰/印入、櫓絡、印紙貼

九 由 .≡ 包 装 .i 壕詩督油

(11)

想1曹油埋造工程 一策 寸 八 、啓 第 胱 薄一

野卑十軒

撰 ・.叉ハ脱脂大豆 給 漁r熱湯) 授 漁(冷使果ハ渡授) 強 玉 入 麹 −食メ噛− − ∫ ∫ ∫ ▲「 強(盗腎蒜) 強(蒜 ヨ主 麹 願叉ノ、 邦武 茶 味 種麹巨−す製 産 手 摺 (乾燥) 「 仕 込J : 酵 (汲掛) ■■ 熟成膠 「 ̄鵬 ̄−

=こ−=・・.=丁こ、

鞭、火入

別 放置搾汁 各酢 ! .1 越水如月 煮沸後醸省 きダ

型空1亡票当警

(12)

警醤油︵普通啓油︶淡口静油は宏如豊辞賢つで醸造する。ふ下濃口哲油の醸彗梓に就蒜詮する。

イ製 麹心算患⋮つて砕い鷺の漣漂紆蒸して冷却し雷のと最速の仕込棟準に依品封六に混合

し、、別に培養した菌桂富樫麹を加へで約三賽夜放置し成熟せしめる。

ロ製惨︵諸味︶ この警別笹調製しで置いた食盛誉共に大㌣讐は㌻クマ表タンク中に仕込 もろみ

む。麹菌及酵母署する酵素の働是より醗酵作用が起って醤油が熟成するのであ孟、姦酵作用を盛≠苦し

篭め夏季隔日、冬季言凱き位敷は臥搾簑萎臥するル牒の醗酵及執成慮化、サルコ︰−ル肇

蛋白質の分解、酸琶の嘉し盗めて複雑な作約に依る鳶で蜜。其の慧に鱒約∵年む塵する。斯く笹軌

の醸碧極警長警要し、資本め回樽率毒しふからしむる笈て、姦油の熟成期間を短縮する速醸法が研

警告ゐる。叉醸造にょらや比率的に合成せ〟とする方淀も賢c執れも経費の節減に大空長所を有すぢ もヽ未だ風味の瓢忙於て劣るとてろがある。\ ?庭 搾..、熟成し姦策豊実れて搾好評筐して警沈警せ、表面に浮ぷ穿寡離せしめる。油 /

﹂ 分は掛軸独と解して切削油及石鹸の製造其の他の原料虹供せられる。

める。斯くして生揚と讐る上等替地が得られる。搾和は通常飼凧叉造料に用ひら灯るが、麓の搾粕に違・ 今あげ

漁分を凌してゐる告妄慧孟へ環七郡僚油島る。これ特色が淡く味某艮で雪から、カラメル等

︵こ〇一︶ 讐

曹川願の繁抽醸造Ⅱ策と其の原僚訴軋

(13)

︵三︶溜幣油ノ製成ニ、ハ瞥慧卜同僚ノモノテ使用スル阜Jチ待ヤ他シ、ア、、、ノ酸︵富来這%ニ贋シタル予︶ン \ 使用畳ハ、製成石数ノ内、乳ノ二剖以内トス。 ∴6︶諾決定琴曲の規格咤昭加斗丑年八月J初めて公定倍格決喜賢、壷級二義級・三等級に分れ 渡口昏油の規格に裁て云へ蝶次の如くである。

の着色剤、其他砂脾・アキノ酸・糖蜜・甘草等を加へる。

次に袈威梗準を示す。

︵こ響慧ノ崇ニハ、窒ノ欒慧豪ノ内、英ノ三割以内ノアミJ酸︵金蔓コ%ニ換警クルモノ︶、砂糖

及其ノ他ノ甘療料、カラメル、〟儲酸及防傲剤乳喧用スルコトチ樽。

︵ニ︶淡口紫蘭ノ腰こハ、元石嘉蒜、誉升以上ヲ以テ守クル警儲賢ルヲトヲ琴ズ。其ノ他、之二倍用、姦ル モノハ浪口浄油品汐。但シ、ア、、ン酸︵遷束○、九五%蒜換算シタルモノフ使用讐慧一石敷ノ内、其ノニ潮以内

トス。

四 三 二二 等 等ナ一等 等 級轡 駿級予 第十八巻 第二両班 ︵備考︸ 比重−ハ傲氏比竃計二俵り抹環十五度ノ時二於ケル指度チ謂フ仇 一■∧・■ヽ 二二=比 嘉d 三等級ノ規格二達セザル竃′ 仙七、○以上 九、○‖上 以 未 覇止 頚 鈍エキス 叫四、0以上 叫七、○未滞 ﹁﹁○以上 八、○以上 〓ハ、○以上 七 九八 ヽ ヽ ヽ 0 00∴儲 必一束以 上 満上 分 ︵ニ○ニ︶ 四二 仝、空漠分 叫、00以上 て二五菜繍 ○、七五以上 ○、富○以上

(14)
(15)

次に参考とし子等級笹油此護封重畳封児表を示す針 / 〓︶ 濃 口 替 油 上 等 級 並 等 級 \ 鶉 ︵三︶ ′ 、 ) 淡 日 笹 抽 母 氏 比 翼 並上並五 溜 啓/等 等 等 級 政 務 級 飯 第†八森 ∼ 二㌻○ こ丁三 二叫●芳 一〓・八 二二・〇 こ二・三 抽 こ﹁五以上 仙八、五以上 一八、五以上 〓血、○以上 電 こ叫、○以上 則八、五以上 ヽ 懲油二 升璽盈 叔 五大二・四九三 五六三・八八七 嘉六四●八〇〇 患六六二九四、 五六七・一〇七 五六八・五〇叫 純エキス 〓ニ、○以上 八、五以上 〓ニ、五以上 加W 九、○以上 〓ニ、○以上 八、五日上 食 感 分 脚八、○以上 山九、玉来満 仙七、○以上 劇八、五以上 ニQ、○未満 ヤ七、露見上 ﹁八、○以上 仙九、五未満 一七、○以上 常抽三斗九升立合ノ蚤盈 ヱ 叔. 二二・ニ仙八一四七 二二・二七三・五四 こニュニ〇九・六β 二二芸〓ハ四・六六 二二・四〇〇・七三 こ二。四五五・七九 ︵二〇四︶ 四四 ○、八五以上 ○、六以上 二東以上 ○、九以上 全璧乗分 て○以上 ○、七以上

(16)

重水素ノ日誉郎ノ時賢○匁六由○ト掌計繋ス 一 .1

\ \

︵㌢︶鑑別迭醤油の良否姦別する荒嘲味は、専門の技術に威すペき、ものであ影、︵6︶規格決定陀於

箪示した如く香り・晩り色聖二滋に目安を置く必嬰がある。即ち

︵イ︶香 気食管唆るが如嘉納驚のノ香気と嘉すべき二櫻凄現し難い芳しさ篭つものが良く、恵

臭あるもの例へば徴兵いもの、移り香のあるものは不昏等ある。

二こ風 味甘味と誠味とが自警誓った旨味のきくものが慧で警。加篭れてゐるものは、決し

︷ハ︶色∴樺色簑色の自由なるも雷雲かチ凝封的基準には音符禦が、適度の亀津驚混濁蒐

をのが良く、雷に過ぎるもの蒜して不良品で祭。其の道の熟練者は少時莞に味富賢にてぞ賢

露粧し、∴科畏鑑別の結果と芸喜入碑の軌義輝すると云ふ璧如恵三侯件の調和こそ、品質の皮膚虻

放す略鎗と秘し徹るであらう。

三 本調蛮寮施の主目的

本悪霊の壷品は、香川願に於ける醤油醸造工柴の蓋及誓の憲を計数的に把捉して、莞指標た

て訝和した味健を感じ\得計いものであるひ 帯川解併営油醸造工凝と其の凍贋調資 ニ=・四九て八五 空ハ九・警四 三㌻嵐 ︵二〇五︶四五

(17)

第†八懸 第三況

︵こ〇六︶望ハ るペき基礎資料を蒐集し、斯くして賢〆る1激写資料畳礎と姦の比餃分析に依り≠斯柴の動向蛋極め今

後に重要なる示唆を輿へ、以て染着の索考に資せんとするにある。

別紙調森要飯岡記入芸を発着陀配布、記入を乞ひねる急に警、主として経営比較の観警少之計仔細に

検討せ

去邦に於ける統遠雷欝度の葺姦るに、比掛的新しく、昭和毒頃芸の科諾管琵・猫逸窟糞

食器露等に刺誉れ、漸ぐ鼻の必要性が∵部に認警れるに過ぎなかつたわである。爾後商妄臨時葉合

理局に設置の財務管理費鼻骨に於て﹁製造際倍計欝準則﹂の決淀を見富も、異の重要性への認識が普週給した

みは、壷く孟轟の段階町衆入しでからと云ふも過音で漂い。昭和十娩年に﹁陸軍々需品工柴場貰計芸

網﹂、芸知十毒・﹁彗蒜璧場裏場原慣計訝準則﹂、警て昭和十七隼ぬ首﹁僚慣計算規封﹂同規則則雄

壷警柴原欝嘗綱﹂甲公布、更に昭和十八若月原慣計芸別の改正這規則儲﹁鍍糞尿隠計纂網﹂の公

布告、各種菜種別原債募準則も逐次制誉れつ1告こと慮知の、如意雪、。璧故近︵賢十八年十凡

主音財務諸準則撃協議禽決盤蒜の靡償婁制度を以て、√混の際生産の能率を急速に甲上せしめ、特時政雁

畳屋奪等の爵鷲津姦保惹き綜合痩術の議として之農学るこ㌣菅、﹁原倍計農産の刷新

廟素澄攣濾﹂として其の要領が情儲局せ重苦軒そとは注目すべき事層であ易

如く焼債計算制度の賓施が戦時常於て著しく蚤蟄密を過遺するに雪たのは、此の制度の驚薙が従来の如き私

(18)

基柴的意義を蝉況して﹂酪豪的性格を帝ぷ滝に至った瓢に蹄せられるであらうJか、る原償計算制度の図表的使 命への欒移は∵公賓員鰹転封競る閣家性へあ軋省に藤阪するものと断定し得る。企業は自由鮭臍下に於て、私企 廃と云はれ、営利経済の形態を採り蟹展し釆つ誓jと,は番驚である。而して統制脛臍下の今日﹂此の営利経済的 性格に勤し修正乃至香定の腎利な批判が加ヘムれたことも番鸞でぁる。ノ然し乍ら本葬企菜は単なる私・企東でな ぐ、′寧ろ関東的なものであり、企柴が企業としで圃民経掛の申に存立し億劫t得る横線は、その同家的任務の達 成以外紅軋あり得ない奮で卒る。斯く企償が国民経済の分肢である以キ企菜は常然閣衆意思に従事し、囲家臣 的笹意識的に帥厳して行かなければならぬ′。薫るに従来これが、屈曲され、紛もすれば企柴の本質から確離しバ営 利贋臍的自由奔放なる慈意的活動虹堕せんとしたこ 意思の企柴に対する港透が嬰諭されるに至つたのは寓然と云は痩ければなちぬ。此の囲疲的意思の漆透を確催せ ん思するものが、嘗脇士肯十七日より管施され訂虹至った軍需食酢漁灯見られる稜々の方策であそ軍需倉敷

漂か意響の慧に基義盛し誓もの/であるが、その趣旨許そ吹賢鮎に荒する⋮が出来即ち

\ ︵○ 全集の固象性Ⅵ明確化 ご首 √ 野請に應へ、重力計教授し∵蟄任を以て軍需寄集の途行妃常るバきことを法律上明かにすると共に、重要金堂庭 従事す為所の役職農其の他の従発着は専心国家に奉仕し、筍くも僻怠あらば薗腐に封して其の賓を負ふべき旨を 昏川麻の替油性造‡業と其の涙原調喪 ︵〓〇七︶四七

(19)

明かにし、以て職捧の国家性を明確にしたⅥである。 ︵二︶ 生産費任制の確立 金柴に垂寄られた囲家的賀紛を具憾的に発途せしめる薦め忙は、資任を以でむれが途行の任に常るべき生産 二貢住着を定町費任の所在を明かにしたのである。而して生産香住者の任務途行を確保する鵠めには、これに封 して企柴に於軋る軍帯革栄達行の金棒を斌興し、其の地位を確鼓すると共に、数務執行上必要漆る場合に於ては 南洋等め法令の特例をも認めて、強力に企葉蓮沓を虚し得ることとしたのJでぁる。叉工協専業場の生産現場の宋 端虹喜る虻で、企彙の国家性を湊透せしめセ、遠速艶歌なる生産増強を期する篭め、必要に應じ之等の生産現場 に生慮塘富者を置き、生産習住着の指導の言明確簡素なる命令系統を磯立すること髪還して居るのでぁる。 ︵三︶ 企業行政の刷新 豪儀に卦する行政運営の方観を刷新すをことである。壷経費任制を透徹せしめ、且其の効力を強力に昂揚する

革めにはY企柴に乱する頗壌な統制法令及び取締令等の静用を魔力排除∵又は綬和する外、現場虚理を通常とす る行政事務貯蔵ては、魔力魂場即決を為し得るが如く措記すかと共に、安任生産の進行に傭ふ金堂鹿面上∨の不安 を除をし、以誕生慶安住着をLて叫老生塵の骨張紅専念せしむるこLゝしたのであか。 賃之尤太な物質カを悼む兼英の執拗な反攻を蓼推す早速は、者達把軍需生産α飛躍的増強を腐る′こと以外には 嘉ル得ない。而してその成否は終に軍需生産そのものを櫓督する生産活動如何に懸つてゐるのであり、その馬め ノ 昇†八魯︸ 第.三鮮 ︵二〇八︶四八

(20)

漉憬生産第意義に徹し七企発Ⅵ道営を園ることが焦眉の急務である。軍慧日計法の狙かは飽くまで企柴をtで

雷患て戦争箪求に應へ・篭る‡に雪♂彼らに過去に囚牒れ∵荏薄給議に賛すべき秋に灘ず、﹂廟、∴艦

でも多く二院の遅滞なく戦線に造らねばならぬ硯妖にあつて企発に封する蘭豪性、安住制の強調﹂阻豪富心の

ので一あ驚 ノ 恥 各隆産発む通じ資材・資金・恕力等が愈浩題迫し七ゐる現段階に於ては、高能率企業を中心とす︵る企柴の審理 統合を促屈し、全産業の毅術と澄螢を現在に於ける最高水準にまで引上げ、効率的経営紅よつて生産の飛躍的檜 ・▼ 強を殴ることは現下最大の要請であ告時局の進展は更に原慣計訝制度の訂梗が翠に経営自隠の貨幣慣億計算の 老亨、生産及脛皆の驚鰐盈計遜他に把捉する七あるこL、斯くで生産能率の増進に指棟を輿へ、且つ衰裔愈 ■・ ︵こQ九︶ 田丸 犀川靡の衝油魅惑工葵と其の原僚調鷺

み決旋及経営能率増進の基礎たちしむることを眉的とす﹂と瀧定して蘭や所以藩、亦這般の事情を明か紅するも

厳達は遅凝遼巡するを許零れないのでぁ誇W檻 廟蓮の如き企業性格の新規濫鷹癒し″も原憤計算制凄も亦常然性格の欒統を免れ得なかつたのである。免爽療慣 計箪そのものは自由主義経済時代の響渦紋要務∵重義から出費したもの、即ち寄ら加警m原偶の合理的引下げに点 る販贋輝張といふ蛍慣政策に出敬したものでみるが、か∼る経魔擁護の螢札意識に基く原債計算贋施の目的は、 戦時†幽寂の至上命令たる生産性の高揚い並にこれと不即不離め関係にあを倍格改発の親鮎より殆んと妹滑還れ ′ 肯了つ妄のである。製造原憤計算蟄綱に﹁原慣計算は製造工柴に於ける正確なる原債を計算し以て蘭正なる償格

(21)

元来、琉中原慣計算制度は適正物慣算定の蔑めに全韓柴にこれを贋賭する方針であサ、党づむの根本規定とも 云ふペき原像計算嬰鰍を制定し、東に之が分派し七饗施上の準則が数十に上る製鴇発に制定せられたのである。 も 而してこれに依少各関係者柴に夫々此の防備計浄の鸞施を命ずる撃警なつてゐたもの驚今回の簡素化に於て 読閲係工場寄菜場を剖蒜に決定せや、その選定に常りて喰決戦下最も革質なるものに限ることとし、菜種及ユ 場事乗場の管情脅充分解約し七此の制度を饗碓することゝし篭﹁政も重螢なるもの﹂は、単に′経営規模の大小に 依少決せられるものセなくr小放線経営にても其の土場の生産品が重野なりと政府に於て認め寵慧琵は、之を ■ 由足するの、である。、下請工場もその範園内ぬ包含せられる。 こ主を明確ならしめる咋窒つたのである 敢挙兵器等輿治審菜特別助成法等に依る生産命令の基準を輿へると共湛、併せて債格形成を目的去するにあ渇 斯く膀慣計算制度の目的の明確化を観り、強力なる琶魔を陶ると共に、従来の経験に敬し、 カ簡素ならしむることヽし、.左記紅依り之を造用するこ占1なつたのである。 _ 碓氷と錐も、、原債甘算は物量計琴と原憤灘欝4を綜合した計算餞系誹あつたのであるが、鹿角償棒形成の側面

に囚はれ、塀額部潮を重税し密使向が革つ跨が、朗魂原簿位計算が筆硯されつぐある最近の寄情を充分考慮に容

三川′物免許算の重税 一■虜痕計算驚施工場啓発場の選定に弾力性を附興すること。 第十八巻 第三渋 ○〓○︶・鼠○

(22)

れて、働畢計算の吾漫雷撃やうに畳字るこせゝし琴即ち物思算への義持向は、毒物の貸簡約表現

1

から生底力表現への偏慣計慕則の意味帖換言るや疲憤計算の新し怒性格を聞明レ漂わと云ふべ草で警、。

三、腰慣計算は其の目的に照し七之を塵鮎拡指牒し計賃の簡素化及び迅速化を潤そと。孟が蔑め、

︵イ︶∴原慣質素の分類は可及的之哲包括的ならし心ると共に複食費を認む、る範囲を瑞犬すること。

∴鱒黎複合費を顔格に醸定してゐ雷を揆和し、去の範囲窟雷静思とと、即養生形態に依る分瞥義軍

エ冗化すること。 虹依凍上目的分類丈依ることを認めんとするⅥであるぺ ︵占︶′原像部門の区分は可及弥之を大分頼に止むること。 ︵へ︶エ鷹合計の勘定及汎帳簿書類庭可及的少数を以で足るも・牒とし、必ずし鼠原慣計算の過程せき壌せ しむるを要せぎること1すること。

原厳計算とエ菜食計よは、勿冷姦的開聯をも溌なけれ虻ならぬが、絶、て魔倍計傍退蔵を、勘定にご反映せ

しむることは必要でなく、統計表其阻他を以て飛電せしめ得る如く改めるのセある。

︵ハ︶ 生曹提供の計算方法を可及的簡単ならしむるLと。 ︵﹂こ 筆先計算の鷹儲を療養するどど。 ︵ホ、︶報豊甲に付てぼ其の隠類を簡素ならしあ、徴求′の慶傲及び救数を極力滅すると共に徴求計署を可及的﹁ 香川願の督抽醸造工業と夷の猥慣調萱 二二 こ 正一

(23)

︵入︶ 物資節約の属地よサ魔釆慶庵別原慣計欝準則によつて原債計算を質施せしむる場合は、官報に菅示し恕 も、訂を、今後濾これを渡して歯に雷該工場啓発場に藩知するだけにしたこと 渾である。 以上は原億計節制度が我掛の魔寧経済秩序に封する”支柱と心て導入せられ、国家的な制度硯系の一γ顔を形成 吏るに室クた経済と其め畢要性を∵一般的に詮述したものであるが /控欄勧学仙北するもめと科し得るのである滝本願に於ける鯨油醸造工柴に於ても、今日生産忠の各稜藩侯弾を韮 / ‘

糎しゼ歯家の要諦に億つる途は、経簡の合理化以外に有効適切な封黄ば見出し得ないであらう。望酢従来と雉も

廃贋の食埋化ほ強調きれたが、妄動祓斬謂自由経済軌夢の下で街はれたものぬして、今日の如く高度計喜辟潜の ノ

キに於てはへ饉豪の萱上命令として軽骨合理化は翠請されるところであ少、同じ合理化と科するもそのぁつ意義

癖を作成んそ良工場事典場に備へ付け普くを以て足るものとし尭。

慮僻計算の刷新簡素化rに封する法規的指定として、塀慣計算規則も改正して、 ︵ィ︶ 従来業種別準則によつて自工場寄柴場の原償計算賢確乎箆を制定する輩があつたが、之を柴盛別準則に 逼らヂ、幽造土英原慣計算蓼綱・鍍紫原償計算潜網により得ることゝ七た。大餞に、於て準則主義から嬰網主義へ の、復路を示すものと云ふことが出来る、 ∴㌣︶エ余事兼場が蟄施手疲を制定するとこれを法務大臣に儲瀾の嬰があったが、此の事績を省略し、襟砲手 策サ八稔 第ニー紋 〓二こ︶ 鼠二

(24)

原傾のみを取材するとと1し喪のである。以下記入夢項疫就て順次僻盆する。 弟∵∴﹂ 曹州顆の啓抽醸謹工業と其の原偵調鷺

に於セその間太なる痙庭が存す肇現段階にぬては恩納絶琴表管絃、表に偲る薯黍をぬし一、徹底し東軍知的経

潜に移行せぎ㌃得ないの甘警。金糸串備は好むと好まざると本拘らサ必至と見なけれぼならぬ。凡ゆ藩情勢

にも何等遅疑すること忽く、封腐心捲る蔑め陀、本′調査ほ企掛︳れ歴と解しても警芸はないであらう。加之皆 宥元取上げられたものセある。 二誰︶ 英彼﹁帝抽醸造工業振慣計算準則=略和十入牢八月七日陸目撃大赦・農林霊長第表サ以テ督示 − ﹁原慣計算規則別汲璧空茶原慣計算奨鯛及肇琴原慣計算蓼鯛﹂∴相和1九年五月十お日閏令陸・準軍需省令第 二節チ以テ改正

周 業者湛配布L簸る恩償調愛野滋陶記あ贋領に灘て

本調査電機に雷つて嫁菜態、経常規模の如何に開せや、臼昭和ヤ六竺月青空同年十二月末日⊥ケ年間に製 造したる醤油の賓際原慣密計算する七とゝし鷲別に現有設備智最大限に利用する場合即ち完全繰償庶の場合ゐ 原憤も調璽去ことゝtて調奄票め記入を求めたが、か1る見禎計算偲贋際原債よ少の偏俺甚しくハ蒐簸資料 + に 拳音義することば極めて危険且殆んと不可能に近い番鷺計後見した。従つて韮では寄ら﹂ケ年間に於ける賓際 傲過遠謀慣計算準則の恐表を接へ、本調査は少くとも柴卦に警還啓蒙的意味杏葉者の磯備的心棒の問題と / ︵こ〓ニ︶ 五言

(25)

滞十八替第三既

︵三田︶ 五四 ÷︶塵資材料費及補助材料費 昭和十六年に生産せる儲砂の仕込に要したる原材料費を記入することゝL

甘兼﹁ た。結局主嬰材料費に就ては昭和十五年に滑資したるものセ計上し、補助材料費に裁ては昭和十六年に消費した

るものを計上することゝなる。

︵草消雪兵器具備品費聖像事務用消耗品静昭和十六年の購入額を計上すそと1し票、繰誉れた 教と、繰攣ペき浩との驚際上の倍額轢略や伺⊥−恋敵し・理論的ならぎるも周く決空雷で警。 号︶∵傍蘭費及製造軽費 昭和十大年の支出額密計上するととゝしたが、朱雀過を接除し末彿を計上する手数

を省きたることも、理論的ならざるむ簡便法を探つたまでゞあぁ。

︵4︶ 表管理及販資費昭和十六年の支出儲を計上すること

ユ軍内に殆んど全部斯療病となる管状に願じ斯く決定したのである。

豆︶ 湖底物故入及雑収入 金叔此餃的僅少、なると昭和‡ハ年に後生した副産物は、失憤同年内に版責臍とな る贋状よりして、〟般管理及販慶安同様昭利十六年の収入額を計上すること1したリ ノ

葬 〓

︵1︶該皆項目なき鯉由虹依り基自偶の比較的に多かゎしは、河隠の鹿理が精密明瞭ならざる許左と断定出奔

る〇

︵2︶義堂の峯㈲は指定通筍換節して記入せぎりレもの抄からず、之が修正に掛からす手数紅紫したβ

(26)

︵3︶ 溝要材料費及補助材料費 買入代慣のみを記入し﹁引取運賃﹂友﹁配給手数料其他諸掛﹂・は各別に之を 嘉し肯上すること∴ゝし莞墓材料の購入宗は材料の眉大代偶に買入手数邪、針取饗・荷役費∴保険料 開祝等質入叱要したる引取費用を加等したるもので拳るが、柴膚虻於て引取運賃及配給手数料は買入代憤に加算 せす†各糾に之をヤ結虚理し居る贋秋に應じ斯く匪定したもので透る。 ︵ヰ︶ 消耗工具器具備品 耐用年数一年未満叉腰僚格三〇瀾未満の工兵器具備品透謂ふことゝした。〟年以上 の耐用年魔記者するもの埠減債償却のカ港北依るこ ﹁ こを憬専務上煩額で、ある故之を消耗扱ひとしたも 周を金額に守り淀めてゐる。エ兵辞典備品の確たる常分数準は通常の観念又は慣習に依って定まる鴻Ⅵである。 ニす︶ ☆磯工兵せは機械又は器填に取付けて作業虻なす造兵であり、辞典棟それ白身に於て成城能を有するエ乗用わ道 悩 具でみ少∵備品は事務所又はエ場の現場作業に周ひざる造兵を指すハ ‡場番務用消耗品﹂由示の程度にて潮へて訟明の必蚤闇ないであらう。 人6︶ ﹁賃 金十絶べて盈本質愈の外、時間外勤務の簸めに受給する時間外割増金、′作柴奨励の蔑めに女給サ j奨勘加金、乳は特殊件蔑に優等する特殊作柴加給金等藍網 ﹁給朋﹂杜氏及工場事務農に封する支沸額を紛ふめであるが︰小規磯経営に於義務貞の給料は贋際土塊何 を製洩㌍費坐して廃理し∵幾何学M般管理及駁貸費に黎入すべきや、決定に困難を感じたものが少くなかつたも 菅川膵の浄油醸遭工染と其の原慣調香㌻ ︵ニ二五︶ 五五

(27)

の\如くである。

度及工場事務員粧しで∵欝又は賓届償貸付等現物飴輿と目すべき性質甲給輿ある場合籠、之を轟に

豪警、霊叉速習加掌ること■1したじ蛮間警して、童形禦個人若しく誉れに若のものが多

く、封塵酌膚傭摘係ぬみるもの変らず∵その雷に現物給輿鼻然芸濃た意琶右の如く記警求め

たので参るが∴

︵ヱ軍著者工場蜜月の入学′旛窄膝徴中に嘉する給料意琴晶ふので空。﹁澄工費原質

塞痢﹂に孟の晋芙くも表種別準賢に凝れも此の項目違加し、箕景撃手首の内、特に憲

の必要蒜義孝る給料二子軍及び篤に関係し′て警する給料妄雷分離してゐる。右の如基質従つ

、たまセゞある

︵8︶靂席傑贋負抵寧⋮場訟︵明凛十琴二月二十九日汲蛋苧六既︶健康保険法︵歪十蒜

m軍字音窟警十放題職警金及義手芝義和†壷ハ空目窟莞十二眈︶富者年倉賢 ノ 恵

美空軍是律禦姦︶等による魚層警従蓋の負祭る戊のと番盤幸の負祭るものとが譲

る。而レてそ還董に封する墓室の負樟警計着るのノで考菜種別準欝於て警れ、霊定稿利費﹂せ

禰′してゐる。

を﹁栗野∵工場賃貞の諾衛竿保険・翠修葦の慧に斎ふ費用嘉讐製造工選管鼠

︵こ〓ハ︶ 五六

(28)

聾綱﹂の﹁厚生費﹂に該督する。

表造工業原慣計揺要綱一読は蒜利施設負拾攣警項目雷、辟校・病院等稿利魔警慧愈計と焉し雷

繋昔於ける工場名揺警謂ふので雪が、今回翠の雷に於てぎれに管する与抄なく、琴孟の項

恩恵戟し往かつた。徹し音量校姦讐警ところ賢の費用を﹁隔利費﹂ヰ蒜上すべきとと、した。

︵1。︺憂彿地代家賃﹂竜の数軋及建物の貸借潮のみを計上することゝした。。の場合後述するが如嘉由

に依り、本調漂藤吉切減債償却費意上せざることゝした以上、遠・麿警自家所有する啓発童易し、

邁億庭る賃構料を見税少、とれを原慣陪賓入することを認むる′完成度慣此攻上常戯の穏混ま′はなければなら

ぬ。讐乍本調奄の結果に敬するに、敷地・建物荒ん基層家貿望もの1如く∵文横地代∴家賃の習 滋簡裁するもの殆んど見常竃、給って見横顔の計上は毎に乞れを避けた。Lま

︵‖︶■修繕料・翳潮・轟代・水賃・√保欝﹂等造て外部の著に封する義額のみを計上する㍉と

⋮凌。㌧誉牒、﹁修魔費﹂に警は象修経の場合も墓悪される替ろで雪が、そ象合に彗大蒜料

軍勢潜饗等に包含泳をそ潔、保管料も支彿保管料の竃計意、/自家倉庫に保管の場合には保管料へ

庭無税されること∼なき東力料・茸斯代・水道料﹂は計数器に依り滑費畳を測定し、測定して得たる消費量に 壷き文殊額を家計負捺琴︵個人経潜の場含と工場経費、這管理及販愛数負槍額に夫々分割負癒せしむること

ゝするので鱒る。然し驚際上諌く朋確笹之を分割することは不可能の如くであつた。

管州騎の輝油醸造工業と其の瀾慣瀾魔 二二七︶ 五七/

(29)

︵13︶﹁ニ鱒管珊及等費﹂は裏金般の雷管琴並に販昏︵翼賛︶晶する費望計着るものにして、上

層の経費項目笹準じ瀧入するのでぁる。

侶し贋課金は既蓑造夢中や御挽に計上蒙る完の高富警計上すること1したのであるが、莞

学業慧同附加撃臨時利備富農賢慮空相益が諜宗警雷、芸利羞分と見るべきもので

透るから、これを原慣計算から除外したのせある。

し′

倫笠に掌る費用!般菅笠笠に閲する嘗と最澄別する㌢の困凝な署も、小規模富農て

多いこと蛋然慧せ鳶るところで雷よ壱場合に遺骨配望準掟よつてこれ易警ることを雀 ト虜′晋1 とす姦である。尤もか∼る配璧準の誓忙督つて偲、時に晋警葦寛出し経き場合鳴響際上ある、であ

らろノつ

︵14︶副倭物ぼ外部に蘭し資却すること、にまソ得廃る昭和十六年の収入額を計上するととゝ空。

︵軍報攻入も何機昭和去年の収入警計苦るこ、

如上概略嵩調董記入憲に閲し解詮し宗、特覧の記入要項叱放て盲慮って置かなければ誉ぬま

がある。

︵十︶ 膚喪主報酬 第十八容第三折 ︵甘 ︵二叫八︶ 五八 ノ

(30)

個人事魔の虜合事業主報酬を見梯少▼、これ黎際偲に食入するを讐囲と考へた釘も、これは原偵に加へぜること

立た?誓還る兄桜の困難に警ものである。因み意義財務管芸農禽﹁製造原慣婁準則∵ハ十に﹁事

︵二Y利 刺子偲理論上原慣に潜入する哲通常と思はれるが、興造耳柴原惰計塔要綱︵第二十義憤に常人し得ざる項目

睾に於ける長じく、これ最慣かち除い雷である。それは贋計讐簡農及び膵雷比較可能性附斯の

蔑めで誓っ利子を原慣に瀞入す牒ことゝすれば、他人資本の利子のみならず、白玉層本の利子をも考慮Cなけ

ればならや、女利子は財務凝理の掛係にて利率に廟常差違が生ずる。斯か鳩智芸薦に関係の應小食融的費用は

原債北開係なY、且つ計算的利子を加算するこ之は原偶の比較可能性を阻碍し∵叉痴情計算事務を繁雑ならしむ

渇こと↓光るところより靂原風勢索かう除くこきゝし準のである。

製魔工柴原頃計算穿網に・議慣償却費とば投下贋本の回収を為すことを謂ふ﹂とあり、斯く減債償却費が投下

資本の回聴なることを胡定したの′はこれを以豆囁矢とする。と弟に依り我周の減債償却費に封する概念が確定さ

観たものと云ふことが湖東宜。原償計黎上減領償却費の寛箪なること救へて異説するまでぁなく∵製造工業原償

す﹂との規定がある。 管川解の僻地醸造式策と其の原償調賓 \ 二〓九︶ 五九

(31)

し 庭ヰ八管藩主紋 三ニ○ニハ○ 計算贅糾に於でも∵原偶に常入すべき減債償却額の計算に関して、由定登崖の阪倍、固定資産の耐用年数、減債 償却贋患昇の姦、空費産欝慣格、減債償却費計算の方法等晶じ詳細規誉てゐるこ孟、此の腰墳が特 ′ 〃 に澄螢であるのみならず、表の理解が撤廃して打払いので、啓蒙的意味を有つものである。本調奄に常っても 原憤償却費の重要性に鑑み、可及的精湾に算出すべく建物機械装置、車輌罵搬真、エ兵籍具備品等灯閲し、﹁別 議定依り取得慣椿、同年度の記載を乞ひ、叉既に決黎諸表を作成しある柴者に埋提示を求めたのであるが、壷 ︵1︶ 父組の代に創菓したる業者も紗かちず、固定資産の購入乳は塵設年次及慣格は皆目本明なるもの、縦し 償格か判明しでも右原慣を時頗と殆んど比較の芳綾なきことU ︵こ 彼釆の償却観の推知が全く不可能なるもの砂からざること。

発着の鷺耽を推測するに減債償却費を空風識的に或は意識的に探偵に欝入せぎりしもの、′之を意識的に奴披ふ

/ 場合針利鈴鹿分の壷として考へられてゐたかの如くであ、る。鷺際笹愈計上之を利茶庭分として傲放つでかたこ とは∵我閏に於ける最近までの驚情であつた。徹令計上したるものも多くは確たる方針、⋮蓋したるカ.法に姦草

野庖し五るものと服腐し難く、従つて見椅傲字愚計上する密通常宜して秤乍方洪を考慮したるも、結局極めで不

正確なる数字恕計上するよク.も、仝︿一棟に之を除く¢勝れること智思ひ、計上せざること紅決定したのぞあ

る。く本調療が公定慣格の基礎数字を算出するものでなく、眈忙本調療の、ま肩的に於て述べたる如き目的を有する

腰上之を算出するこ上ば乍造憾極めて周雉否不可蘭甘少との結論収到達したのである。旨の理由は

(32)

が如く配意したものであることを諒とせられたい。 し

好慣調査業記入要項

棟簡便淡に惑ったまでゞあ渇。 費之本調奄柴は発着の立場も大いに考慮し、時に多少理論的ならサとしても、力めて本館柴界の賓情笹即する ︵拘︶ 未経過費用、未彿費用の取扱を比較的寛大に取扱ひ、昭和土ハ年の嘗際真珠覇畝みを計上することゝし 以上、減債償却費の撫硯底∴應許さるペきことであちう。 \第 第 二 原価調資質持孤内ノ数字卜封照シ記入スルコト / 管川解の僚油醸邁工発と其の鳳凰調奄 ︵五︶、仕梯品は原隊計算外に匿て慶應を採った職場.々の数盤が奄期略等しき場食登別捉とし、前記︵囲︶と同 ことも、理論的安富の塘諒と科し難きも、兼界の撃欺に即し簡便法を採ったまでゞある。

﹁米讐如何三周セズ銅醐和†篭霜翫叫箸竪警シ定常油ノ叢富チ蔓スルモノトス徒ツテ大健太記

★如ス記入サルルコト、ナル

1 主要材料簡及補助材料簡

㌢離

3.一労務嚢乱製革経費 4、血 般管理及坂野褒 5ノ.副産物収入及頼政ん 昭和†六年二製造シタル蓉油ノ仕込三軍シタル原材料賓 昭和、†六年ノ購入駁 昭和十未年ノ支出額 昭和†大牢ノ支出駁 昭和サ六年ノ収入額 ︵二二こ 六一 /

(33)

m 簗態如何二冒り該雷事項ナキモノハ空自トナシオクコ.卜 脚 数盈ノ蚤位ハ指定通サ換算シテ記入′コト 拘﹁蓑君夏雷材料笥︰買入代償ノ、、、チ実シ﹁引取適昏﹂ト﹁配筆数翼ノ他諸掛﹂エ急こ之三 拝シテ計上スルコー ㈹﹁滑空鼻糞備品﹂よ耐用郎数ニ讐準備叉ハ感蕗蔓○図表繊ノ1具凝風儀品チ謂7、例へど搾盛、蓬、杓、増補 等ノ如シ \ 勒﹁エ場事務用酒耗品﹂ト︿用紙、偉業ハ文房具等ノエ嗟事務ノ馬磯用スル滑雑品蒜フ / ㈱ ﹁貸金﹂、ハ線ベテ基本資金ノ外時間外其ノ他劃啓金チ含ム ﹁給料﹂徴氏及工藤事務長三野スル支撰額チ謂フ 食軍等現物給輿アル時ハ之チ金攣森野シ質康男パ魔料テ加フルコト 明﹁軍軍手笛﹂エ場従黄旦ノ入替、努口及應撒こ支給スル給料、手嘗等チ計上スル、コト 閏﹁健康保険料展塘金等﹂ノ境目⋮サ違法、健康保険法、ノ退職葡墓及迭警常按1労働者年金保険法等テデル凝㌻料 米ま爵塘額ニシテエ場′従業革遍スルモノサ計上スルコト 勒﹁脂利賛﹂トハエ場徒楽長ノ皆済腐生保鹿慰安傷薬教科︵野卑学校︶邸ノ彗支学費月号謂ア ︶ 口2)(‖)(10 夢†入野 第三沸 ﹁支排地代家蟹﹂ノ晋三土地、家警備受ケ ﹁修稽料、電力料、瓦斯代、水道料、遠管料j辱蒜−舟部ノ勢至封スル支耕額ノミ ﹁租税談金﹂ハ地租家屋税、直禰親等ノ亜税及嘉納合憲食其ノ他公共的萬硬クル課金−妄言彗俄警ラ′レ クル毛ノチ劉止ス‘ルコト ﹂ ︵′二二二︶ 六二

(34)

但シ租税課金蒜鴇製造経費坤ノ租税蒜←訂ル以外ノ扇ノ租税チ計上スルコト一芸人碗、轡筆硯及同附加税、 所得税、臨時利樽税等利金チ嬰ア菱餅スベキ性質ノ毛ノ蒜上セズ︶課金ハ層工曾議析費其ノ他替葦ニ班係アルヲ チ許卜言ルコ品動議二由ネル欝卜蒜野球叢撃繭スル蜃用卜酢議サY宗田サ由1妄沸ハ一レ′ル瘍今二之 チ漉嘗ナル基準二俵り賢邁鮭讐1魔スル分上肢管理及阪淡雪感スル分三尾分計上スルコト 例ヘバ地代家栗ノ ふキハ警部卜議管理及臥藁ノ占メル憲二言テ接写保険料ノ警ハ豊芸ノ恩チ横準妄蒜判定 ガ如シ 、′ 14、副産物ハ外部二封シ褒潮スルコモーヨワ砕身ル額サ計上ス、ルコ.ト 均 幾枚入ハ吠、電、音便等不用物停チ蘭却スルノコヱ;サヮ待クル額テ計上スル。ト し \

㈹±股管慧蛋讐ハ壷二慮芸ル議憲叢葛三縄スル男チ計上スルモノ。テ由豊悪日一重ジ記

菅川弊の衝細線法王琴と其の原償訊登 入スルコト ︵二〓三︶ 六三 \

(35)

醤油原償繭査稟 第山 材 料 登 日 名 十八億 第三鮨 (3)ま要原料署 英 軍見参蓼独腱他質料 丸錮 丸虚小裸糠級硬食虞以上飽 いノ ■㌻−−=・ − −■−− −−−■一 主賓族/料彗小計 (3)繍瀞材料費 \ r−J−−ぎ・ぎーきーーー一1r■−1−1−!きTll一 石肝肝 醜

脱脂大豆 飽 暫達灰其ハ苛 性ノー.々、’ 其 ノ 他

袈 サノ■l ノ鞍 サ ン用 旦麟﹂噺新野惣竹J禦急昔静 封 買入 ァ監開署 せ療剰.機 燃 料 ・ ノ ブ其 、、、 ∫一l −/レ 他

抽 鯛僧撞喋械僧ほl買用 カラメル 糖革糖飴他 抽炭炭■他

萄 ノ

ノ遅軋

二﹁ニ四︶ 六四 以以/ 璧 其 料 数 補助材料簡づ、計 袋 ラ針∵ ∴刺 拇 桶 滴桶其′砲 用紙鰭票文房具其ノ他 舶 料 費′計

(36)

鹿 目二卜摘 賓 義徳 \風 教 金蘭‡備 考 (6)常備ユニ農貸金 (6)給 (6)‘臨時傭工員質金 料

‡ 璽

労 務饗 計 昏州願の啓治醸造工染と其の魔償調香 現 員 ≧ 摘  ̄一 ̄丁 ̄ ̄ ̄ ̄+ ̄+ 従業直覚奥手償 (7)軍 事 事

(8)保

(9)福 利 革料等肇 (10)支耕地代家賃 (11)支撰修繕料 (11)支蹄電力料 金 署 栗 饗 (1ざ)租 税 誅 通 交 借 費 放逸∴粍 其 ︵こ二元︶ 六五 第四 容 静 闇 署 日 摘

畢 ・畢慣 豪、畢仁傘姦 傍考

‘ ・

蓋蓋蓋

呈■ 呈ぎ E 毒 、l P

容 藩、畢 i・!

(37)

第五(74ノ副産.物◆収 入 葦六(13)−澱管理及版籍竃(エ場以列ノ労う 貸 日

奨丁中計可金奉f′腐言

診森島

販計

如入、

︵二二大︶ 六六 費

目i揃

東卜畢償仁敬遠 金 恕 傭考

警 澄す 墓プ琵

難ノ収入計 I◆

「二」」

(38)
(39)

//﹂

五慧慧工発雷計量則嘉原償調藁との封比

︵一︶﹁準則﹂︵第重義油璧工警豊と七警醤油・淡晶油J醤油の羞毒む藁嘉ふ﹂

と規定してゐるが、木調雲霞於けるもめは警醤油の芸ある。

周知の如く替油には濃璧・淡島潮・溜慧の種別が票、欝腰簑て生産せられるもの墓部が警 ∴ 慧で

雪。これ羞図的にみ昔警醤油が産の大部分霊め、奮慧は苦して兵感特に瀧野地夢 甘心に、痙

油は違地方特蓋願雷撃三善差せられる放である。淡蓋は責石、小 蛮石、禁裏

三着昏蓋卜手芸もの長竿輿成に菅琴驚︶衰封し戯∴

○%去雷撃て製する。而して之等急別慧の相思、瞥儲油はこ琴家庭用として巷間靡ぐ用ひ亮 ㌣

憂苦、淡口慧遷灯して料警綺麗に豊る望として薬路用に、慧は憤周上或特嘗 最遠好せ

らる1ものである?然し乍統制贋の進展蒜墓琴買規格の疏感化濱至とする今羞∴ 姦表

口慧のみ鱒統⊥せら葱機雷漕。

一 室︶﹁準則﹂︵第九條︶に規挙る材料警本訴裏芸の欝費囁分む封比すれば其の聞多少差異が存を

由下粛停解詭㌢加へる。

第十入管、第宇野 ︵ニ二八︶ 六八

(40)

汁如l′欝苛汁圃■ウ戦′ 嘩靭■抑搭J剋歯J、藤 澤算■溶蟄♂義認ノヾ 川\露■ せ刃lゝ、て 半汁囲ン語恵嘉由ンヰ 戦■馨協■叢■浄一品 蓉ナ砂塵磯 殴打竺浄新開 泣h莞葦竹野繋淋\露 払聾 香川脂の帝泊醸過三栄と其の原償調衰

サ敵軍翠塵 ﹂

涜肇■商務適荘翠■ 霜義漁添 パ畢 碍 祷適 肇 賛 意 塗罪車 軸翠憩払 ヾ〟\ヰY固㌢ 泣卜望野新補 泣卜讐葦朝野肇耕\詠識聾

覇芯轟鳶滅蒔読蛋

三野 ︷酬≠㍉酢 識 密 弦 肇 語義・汁∴圃 憩 洛 嘲淋浮沖、ノ胡薄ヾ−戦 旗 \ 轟 辻Ⅷ\、て ヽ戯 評滴旨 露語希頒轟 爵 欝鈷淘涌い楓ン 封、て帝ノ法事淵 噂瀬畑ノ恋仲サ 畠廟ニュ羊頭=−奪 取汗 痴■、酷■裔 牙翁■き琴詰診 轟ノ薄声■欝ノー 彗ノ平静■蜘■葡 き■てえ、てノ川部 隷紬■世署経亜 ー欝噸縫地軸鷺 彿感 鶉闘弦澄雄 ︵二こ九︶エハ九 聾適磯野1瀾妙 義 醤両国+国沖義 解雨へ出藍妙義 諒 蟄適桶野一億沖 義 郎 鰯 議辟H脚神妙 ‖ −  ̄− ̄−

こ..二主

償野 し

(41)

︵イ︶﹁アミノ軒ン﹂の消費盈政審川願に於ては比較・的少要るものと考へ、之品物材料費中に記載した。若

し此の滑稽が相溜曹賢るに於てはそ靂質上よ己ても、準則の如く童材料費申に記警るを通常とする

で雷う。調賓の結兼に敬する広、黎成軍数に射し多きは三七%平均的嘉%荒めてゐる。讐て、アミノサ

〆 ンの肴つ重要性よりして、木調埜柴に於ても準則の如く之牢豪原料費申蒜戟するを通常とし雷雲㌣ア

、、、ノ酸の消費多雷管れぼ勢慧路に姦笈懲、他府願警九州地方に警は従警アミノサン﹂藍竃 ′

凝晶石教庭封し相瞥高密左耳しと云ふⅦ硯雷富哲彗撃親合聯合愈に於て袈成梗警示し警箇油に在つて

云笥袈成石数の内慧=6讃内のア、う酸︵金繁華・完に資し富もの︶を使用し得ることに雪、てゐる。 ︵普皆瀬に衣つて蜂全窒素D・九亮に換閲したるもゐ其のニ○%以内、醤油に在つては金芸∵閻%姦 瞥た㌃の其の∵○%虜︶レム ∴P・︶﹁準則﹂に掲載の常警は小穿の澱粉質の議長却しをるもの霊網ふので雪。従票警陳又は盤 ㌃

混合して警憲へ・此の誓混賢慧㌃比し小穿富農齢し得る薦め昭和★入年腰よ晶

給を見る富農るもので警。讐て昭和十五年申に費滑し磨るも扮嶺蕃†寄る本調査票の壷袈費晋服

はこれ轟く。賢暦苧配給せられず表胎雷は嘗小翠恕苦み冨る。

執 ぺハ︶﹁準即蕪威容﹂の宗なく本調聴覚たこれ嘉警意理由は・、原料不足の折柄本願特産とも細ナベき

優の恩要塞雷雲が慧である。廃し乍調査の結漂苧滑警羞ぎることが管し駕裸努鼠

第十八巻 第三教 ○血三〇︶ 七〇

(42)

めやあらう。

吏︶壷則彗警禦の習最くは、前述のサ\現禁警昧叉遠の篤窒警が配給となり、﹁糠﹂

﹁讐は仝Y配給せられざるに重つ一た蔑めである∵

意ナ恕別に﹁苛性豊﹂の習裳ぐ嘉川願に於ては現品給あ′サJ忘ぶ苛性蓬笛達警そ鼠誓

蜜く同じぐする霞て﹁準則﹂は之を﹁常連空に凰嘩せしむる趣旨か怠は篭 ′ゝ

︵七二弦轡忘砂攣警・飴・昔エ◆キス苦味剤豊叢料費中に記警るに、凄藁に警之姦助

材料費申乾記載し富簑調査が比較的中小規模粒警封警し墓︰小琴篭豊質荒硯する挺慧慣行

“ ヽ/

¢従ったまででぁる。

怒丁則に㍉栴讐の項目ぬるも本調毒にこれ姦き叉﹁準則﹂・に\﹁篭旗﹂め項目む放く基調藁に′これ

怠戟の理由は一基闊的賢へば準蓋戟の加鳶贋﹂の凄毘羞筍糖の滑琴慧るも、本腰に於ては ≠

繭者を併用セゐる′せ臥蒜柴濱の富成一より右の如く決定し転も葦ある。

︵こ﹁準則﹂に﹁昧勝越潮・酒精﹂姦載し篭、哀調貰にこれ急くは、香川願に於ては之等失手す

ること凝にして贋の事贋骨る凝る。澱警浅規模靂纂ては之昌衆生嵐㌔味膏畠好な1

ニ芸ニ

香川麻、の醤油酸聖楽と其の偲慣調賓′

料と麦小蓼紅劣サ製品とし姦合色合も好しからや従来共億面赤られ祭ったの芸るっ準則窟晶驚き ノ

彗莞消費なき孟→の食慧情よりして裸葦寄を棋院し、今後醸造鰯として配給の可能性全く窒盛

、■

(43)

しむる蔑め滑資してゐるが、慣格公定の今甘特定範囲の需夢を目橡とする高級品の幾度はその必要なく、搾欝上

ようして牒今日之等の消費は殆どなきものと思はるる。

︵チγ﹁準則﹂には補助材料費をイ、燃料ミ修躇尉材料 ハ、工場蒜滑耗晶に細分してゐるっ右の中修繕

用材料に就て云へぽ長の輿造工費原慣計欝要綱草案には補助材料の例示の申にこれが記載せられてゎたが、原償

要素の分類は形態分類であり、従って修繕用材料費と云へぼ目的分類成せられるを以て要綱確定築にはこれを糾

僚せられたのである。煮ちに﹁準則﹂に於て鮮落工柴原債計常要綱藩痙と同じく修繕射材料を記載しあるは紫穆

の性資上補助材料費中に此の項目を深くるを樽常とした馬めであやっ。

1叉義則﹂虹﹁エ場蒜滑耗品﹂の項目あるも本調奄栄転な身長、本項目が比較的少額覆るを見越し特に項目む

若之姦芸、該常苦笑愕姦憲宗耗晶費文は製造経費申﹁兼愛﹂に計上す

︵ヱ﹁準則・山材料費申竺感器費﹂なる項目あゎ、椅・療・学徒の消費慣倍藍網ふのであるが、本調査悪態 ポ. 華ては財制費中把此の項眉を記載せや、泰熊襲が饗晶の性質上相常頗を占むネ槻鮎よりして、材料軍勢務軍、り 軽費と切り離し別個に、而もこれ脅何故・庵亨修籍た介ち記蘭を求め駕而して議に容器費︵又は包装費︸は

販感受と目される場合が多いであらうが、本調布纂に於・て容軍費は製造原備に堺入することゝした。即ち化粧品

東予輿追啓の如き場合と同じく、㌣定の容器︵又は包装︶に入れたものを響mと考へるを受賞とするからセあ るヅ香川辟の管状を述べんに、層㍉壕︵大部分増︶挨共に従来より所謂ワンク制を採用し、回収したる樽の不足 藤十八巻.′第三駿 ︵二三ニ︸ 七二

(44)

の象品急て慧しっ去るぺ昭和十五隼八月初め芸宗格決蛋時宗て芸宗格中鱒容器費七包含し

芸つ宗、去る昭和十八苦蒜公議格改正点磯舟、公定償格申よ農芸造き、悪意訝し得るこ

とノ苓なつた。

急︶

及販安静に包含すること1し、驚⋮将に宴する荷造費は凡ノそ次の如くセある。

樽洗ひ・弼常・樽栓合し、七ツテ窓・蛮・無品撃朋張以姦約吾姦、槍奪驚三斗八草鱒

表芸慧豪欝聯暮十霊攣明解︵嘉金二斉錦︶願皆油土索敵合破線位妄組富姦鳥′ハ各嘉十

乳銀︶・合計約七千施鐙となる?

六ル∵﹁準則﹂と本調芸記驚耗工差異備品め真に馨酋園、後者三十讐雷、誓の問に葺偶の

藁が寄るせ、哀調藁に於雪有償警せるは予覚恕の意向姦し三意志嘗せる蚤にて格別の偶感

はない。

︵ヲ︶忘則し︵讐低空項︶に﹁孟宗の姿警之最澄る畠とす﹂′と雷審給材翼の他隻主

よりの支給材料の姿状況晶示する、矯め這の材料産別して1その菜箸記録する必要がある褒めであ る。本調査に於て、これに該督すHるものは見懲らなかった。

︵ワ㌣本翌票﹁労務費L申﹁驚僻工養金﹂鷺習芙餞義則﹂記載﹁敷給︵人夫箕の他之に警

管川麻の衝抽醸造工発と其の尿償調査 ︵二三三︶ 七三

(45)

曇︶本粥杏凛警棚卸露費﹂の項月を紋︿ことは、非確論的育との警諾ざるべきもよ雷蔑称 ノ\

減耗賛の賃困難誉による。本願業界の鷺猷は諸味造成期間中の城警躁め見込み、慣習上夫霞込遠

九そ二十四石五井と推警てゐる。︵仕込元手六石溝は琵石警十宕六斗姦られる︶ / ︵カ︶原憤婁上、貿償却費は特豊慧雪のみ吾す∵般の理解が徹底せざる雷、辟蒙的意味也あ り、﹁製造工悪賢芸綱﹂に詳細露明が輿へちれ雷の.で雷と露する。﹁準則﹂に品楼、詳細姦定

があるが、本調藁の集計巷警常っては、既述の如き巳む澤理由に管、苧之纂響ることゝしたので

警。・木調露魔の畏が公富格の蔑資料孟供するものでなく、個別蛋に警、日常姦的関心の昂綾

教求ぬ、筈の讐此警倍量慧等の憲に解れ′て、新発の動向を観察せん掌る意警りして、これも

許きかべ㌢ことかと恩給るC

ふ夕三蛮﹂製造経費中重器損費﹂望雷雲も、嘉芸にこれ急くは、慧歪潜の響⋮が慧

せ㌻∼が如、き⋮絶繁る業の震蒜しねる盛衰で雷。間よ番屋還した後、警不良品なるとさ

姦誉れて、、蓋塞けるが如き署には、その慧の原慣を低減して、そ蕗城し姦姦費に計上するこ /

と題普戯探ろなけれぼならぬ廃置である。

︵レ≡準則﹂魂蒜費中﹁外注聖賢の欝あ孟、他人に材料農給して加工せしめ、年驚として之を 壷十入管 第三腐 るもの︶k該歯すか1。 ︵二三四︶ 七四

(46)

引警場合警姦想し蔑めで警。他府幣転於て、吏同空選、華同製剤施警寄る例乏しからす、香 /

謎に於ても、現に中書璧巣鷹に於て、共同艶莞設憲⋮も、哀調毒施の昭和十六憲時には.完

だか1る磯設なく、廠つで﹁卦注加工費﹂・なを項目を蘇我し′なかったのであ驚 ヽ ︵ソ︶本調香の業者は概船庫小規模笹にして、墓斯柴は寓ノェ警り逐次敬展し露草宕し、現悪賢 恕制度亀施七1あるエ場は唯、三雲のみである。従って、製造原慣芸雰禦﹁密則﹂規定の如く精警 一 雰するこ意票に副は.ぎ㌢と驚く、義蒜恩の経費は可及的之を包括的苦しめ、或は莞原慣婁 要綱窟謂複合費︵材料琴労務撃経費と誉べ澄ものが複合しで義経費科賢示されるこ浸潤ふ︶的の琴

壷を串軍して、手警要せやして、崩瞭に魔琶雪が如く、磁力簡素化晶らなければ監禁管状に誓。

参考として本調査中原偵計軍を行ふ唯三場の原慣部門を次に表示する。 .し

製造弥門に於ける部門内謬

一日 塞経轡部門

︵イ︶製勉部 ;︶仕込部 ︵ご膵搾部 ⋮︶製成部 ︵ホ︶包装部

こ、繭 へエ汽確、部 ︵ロ︶動力部 云ハ︶用水部,︵三修繕部 ﹂ホ︶袋修軽部、︵へ︶迩殿部 の 訃経営部門 /汐 へイ︶油 化 部 Åロ︶製/函 部 ︵こ製 構 部1 香川解の薄綿醸造工策と其の原慣調奄 ︵こ三五︶、七茄

(47)

六、調 査、結 果 報 昏

本調膚は既に三 本調教腎臓の主目的﹂に於で詳説した如き意陶の下に、蒐集数字蟄料を基礎とし、草野比 較分析に依り経営の贋解任を比較測定し十経済性増進の璃めの客観的指標を得るを目的とし1菅甑の成果を期待 し、ノ着手したものである。∵般的には経営比駁は ︵J︶ 経営能率を向上し︵材料能率・労務能攣・療費蘭傘の向上︶ ︵2﹁Y経営の線条度を最適ならしめ︵療臍性の最も大なる換柴慶︶ ︵3t︶姪螢硝造ゑ還化し︵最適粧螢規模・経営立地の選滋︶

︵4︶1嘩発会般の紳紙駒合理化を園り︵産弟部門に於ける経営凋立間の組織的合理化︶ 5一 ︵︶幽の慣格政繁︵適正凍る公澄侶格、調耕偵路次定の姦讐 〟

憲︸雷に封す孟計慧の革めめ客観的梗輩を把癒し、以亮園防蛋雷濁造営に野富有力警手

段を供するに凍ること瀕﹁陸軍々蟄工東耗努比較蓼綱﹂陀も強調七てゐるところである。 痙螢比較を響魔せんが篤めには、比較せらるべき経営数値が比較可能性を有することむ前提とするも∵今回封 三、工場管理部門 へイ高 科部′ ︵ロ鼻務 部 ︵ハ︶蔵 華部 ︵ニ義験研究部 ノ︵ホ︶エ箪事務部 ノ√一. 第†八魯 第三睨 ︵二ニ〓ハ︶ 七ハ ㌔I、 折‰

(48)

象と潅ゆたる経螢媒擬し七、中小規磯堰麗し、其の問、食葉形皆の蓋兵、経営規模︵単に経麿の畳的天与のみな 一≠

らや■生産試囁・生産傍準浄の相違皇最す︶等比故障掃となる鮎働からぎると∵中小規償金発とし

そとで嘗1が、従来?財産計算上損森計算華完全笹宿煉れ幸一解雇∴丁場以外呟原慣計賓凌饗施し居らざる。

そ射そ祖調査票記入姿項の不備に基く資料不足等の薦め、拍理論的には幾多議論の故地包有すべきも、輿へ

られたる数字資料はカ⑬てこれを活用し、合目的光る結論を見出すべく取わ旗⑬た櫓りである。調薬結果に由

心、批判する

壷∵︻表﹂靂料数を集計したもゐである。療油雌迫工莫の療債計欝に於て、材料魔の占むる割合が如何に大 数るかば、木調杏第七儀の粛料費■潜務撃経贋中卒均八十三解に汲んでゐ・る事鸞が如鸞に示し■でゐる。それだ け東部分の材料が配給制とな勺、債榛も公定されてゐる今田せ躍牒、疲慣考慮右する材料費能率の向上に、特に 留意し孜断れぼなら頑?材料費能率は渦費慣埠の側面と、\消費敬愛の渕面檻於て観察しなければならぬが、時箇 衝、軍資篭るは後者の耐であるノ。虹の外、材料准高能率を調恋し、材料に対する肇本傾用の節約性を見る七と針 必螢であるのであるが、本儲春美澱ては、共た資料の関係上これを劇愛し駕 義〓整鱒表罫出の材料腰に労務撃腰費針加算し軋もの、で診う、製造膀債の主要部分豪占むることは ︵二三七︶ 七七 昏州顆の常抽醸造工発と其の渡僚調査 の動向は凡そ洞察し得られるものと侶ずる。 ′ 次に調査の綜巣たる各衣を摘ば、炎々簡潔に解改する。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :