キーワードの 検 索 バッテリー や インストール などのキーワードを 検 索 して トピックを 見 つけます Adobe Acrobat Reader を 使 用 して 本 書 を 参 照 している 場 合 は Ctrl+F(Windows)または Command+F(Mac)を 押 して 検 索

全文

(1)

ZENMUSE X5

V1.0

2015.09

(2)

本マニュアルの使用方法

凡例

警告 重要 ヒントやコツ 参考

飛行させる前に

Zenmuse X5 をお使いになる前に以下の文書をお読みください。 1. Zenmuse X5 同梱物 2. Zenmuse X5 ユーザーマニュアル 3. Zenmuse X5 安全ガイドラインおよび免責事項 パッケージを開けたらすべてのものが揃っていることをお確かめください。飛ばす前に、DJI ウェブ サイトにあるすべてのチュートリアルビデオを視聴し、免責事項および安全ガイドラインをお読み ください。詳細についてはユーザーマニュアルをご参照ください。

チュートリアルビデオをご覧ください。

以下のリンクで、Zenmuse X5 を安全にご使用いただくための方法を 説明したチュートリアルビデオをご覧ください。 http://www.dji.com/product/zenmuse-x5s/video

 キーワードの検索

「バッテリー」や「インストール」などのキーワードを検索して、トピックを見つけます。 Adobe Acrobat Reader を使用して本書を参照している場合は、Ctrl+F(Windows)または Command+F(Mac)を押して検索を開始します。

 トピックへの移動

目次でトピックの完全な一覧を表示します。トピックをクリックして目的のセクションに移動 します。

(3)

目次

本マニュアルの使用方法 2 凡例 2 飛行させる前に 2 チュートリアルビデオをご覧ください。 2 製品概要 4 概要 4 セット内容 5 オプションのアクセサリー 5 コンポーネント 6 はじめに 7 Zenmuse X5 のセットアップを行う前に下記の情報をよく読んでください 7 サポートされる装置 7 Inspire 1 Pro でサポートされるレンズ 7 サポートされるフィルター 7 サポートされるマイクロ SD カード 7 カメラの取り付け 7 Zenmuse X5 を Inspire 1 に取り付ける 9 Zenmuse X5 の取り付け 10 ジンバルの可動域 10 カメラの操作 11 カメラパネル 11 基本的な撮影 11 写真を撮る 11 ビデオを録画する 11 高度な設定 12 露出モード 12 写真のスタイル s 12 ホワイトバランス 12 設定の一覧 13 写真とビデオの管理 14 再生 14 ファイルのダウンロード 14 付録 14 スペック 14 ステータス LED 16

(4)

製品概要

概要

Zenmuse X5 は、マイクロフォーサーズの交換式レンズを搭載した高性能で堅牢なジンバルとカメ ラを上級カメラマンに提供します。フォーサーズ型 CMOS センサーは、4K の動画録画や 16 メガピ クセルの静止画の撮影に対応しています。Zenmuse X5 は、Inspire 1 などの DJI 専用デバイスに搭 載することができます。

Zenmuse X5 レンズキットには視野角 72°、手動で f/1.7 ~ f/16 まで調整できる絞り範囲を可能に する DJI MFT 15mm f/1.7 ASPH レンズが入っています。カメラは JPEG や DNG RAW でバースト撮影、 AEB 撮影、タイムラプス撮影が可能で、MP4 や MOV の形式での動画出力も可能です。DJI GO アプ リを使用して、カメラからのライブ HD 動画をお使いのモバイルデバイス上で確認することができ ます。

3 軸ジンバルによって非常に安定したカメラのプラットフォームが実現され、高速での操作時にも 鮮明な画像を撮影できます。ジンバルはキャリアーの動作と無関係に、カメラを -90°~ +30°の ピッチ角で傾けられるとともに 360°のパン動作を可能にします。

(5)

ZENMUSE X5 ユーザーマニュアル

セット内容

レンズフード * × 1 マイクロ SD カード× 1 各マニュアル ジンバルおよびカメラ本体× 1 LEICA DG SUMMILUX 15/f1.7 レンズ * × 1 バランシングリング * × 1 ダンピングプレート× 1

オプションのアクセサリー

Zenmuse X5 は、以下のアクセサリーと共に Inspire 1 の機体に取り付けることができ、アクセサリ ーは DJI ストアでご購入いただけます。 《同梱物》 《ZENMUSE X5免責条項およびセーフティガイドラン》 * オリジナルのレンズ、バランスリング、レンズフードは、Zenmuse X5 レンズキットにのみ含まれています。

(6)

ZENMUSE X5 ユーザーマニュアル

コンポーネント

ZENMUSE X5 云台相机 パン軸モーター ロール軸モーター チルト軸モーター ジンバルコネクター マイクロ SD カードスロット / マイクロ USB ポート レンズロック レンズマウントインデックス レンズマウント リリースボタン ステータス LED ダストカバー 46mm レンズフィルタースレッド レンズフードスレッド 焦点リング アパーチャリング DJI MFT 15mm f/1.7 ASPH レンズ レンズマウントインデックス AF/MF ボタン

(7)

マイクロ SD カードスロット / マイクロ USB ポート

はじめに

Zenmuse X5 のセットアップを行う前に下記の情報をよく読んでください

サポートされる装置

Zenmuse X5 は以下の装置に取り付けることができます。 DJI Inspire 1

Inspire 1 Pro でサポートされるレンズ

現時点では Zenmuse X5 は以下のレンズに対応しており、今後はさらに対応レンズを増やす予定で す。 DJI MFT 15mm f/1.7 ASPH   

Panasonic Lumix G Leica DG Summilux 15mm f/1.7 ASPH Olympus M.Zuiko Digital ED 12mm f/2.0

Olympus M.Zuiko 17mm f1.8 ( バランスリングは、間もなく DJI ストアでご購入いただけます )

サポートされるフィルター

フィルターはサイズ 46mm、重量 7 ~ 11 g でなければならず、重量 10 ~ 11 g のものが最も高い性 能を発揮します。この範囲外のフィルターは、ジンバルの性能を低下させます。 フィルターを使用しない場合は、カメラレンズにバランシングリングを取り付ける必要があります。

サポートされるマイクロ SD カード

Zenmuse X5 には 16GB のマイクロ SD カード 1 枚が付属していますが、最大 64GB までのマイクロ SD カードがサポートされています。高解像度ビデオデータの読み取りや書き込みを行うときは、 UHS-1 マイクロ SD カードを使用して遅延を最小限に抑えることをお勧めします。 Zenmuse X5 の電源がオンになっているときには、マイクロ SD カードを取り出さないでください。

カメラの取り付け

以下の手順では、DJI MFT 15mm f/1.7 ASPH を使用してレンズをカメラ本体に取り付ける方法を示 しています。取り付ける前にバッテリーの電源を切るよう注意してください。 1. カメラ本体のキャップを取り外します。 2. リリースボタンを押しながら、レンズロックを時計回りに回してロックを解除します。 3. レンズキャップとリヤキャップを取り外します。 ステータス LED 1 2 3

(8)

ZENMUSE X5 ユーザーマニュアル 4. 2 つのレンズマウントインデックスをカメラ本体およびカメラレンズに合わせ、カメラレンズを カメラの本体に挿入します。 5. カメラレンズを、カチッと音がするまで時計回りに回します。 6. レンズロックを反時計回りに回してロックします。 7. バランスリング(またはフィルター)とレンズフードを取り付けます。 8. マイクロ SD カードを挿入します。 カメラレンズを取り外すには、以下の手順に従います。 1. レンズ取り外しボタンを押したまま、レンズロックを時計回りに回転させてロックを解除します。 2. リリースボタンを押しながら、カメラレンズを反時計回りに回して取り外します。 ステータス LED  空撮に使用する場合、ダストカバーでレンズを包むことをお勧めします。DJI 指定のダス トカバーは、DJI MFT 15mm f/1.7 ASPH と Panasonic Lumix G Leica DG Summilux 15mm f/1.7 ASPH に取り付けることができます。必要に応じて、Olympus M.Zuiko Digital ED 12mm f/2.0 に適したダストカバーをご購入ください。  カメラレンズを取り付けてからレンズロックを締めることが重要です。こうすることによ って、機体が空中を移動している時のレンズの振動を低減することができます。レンズを 取り付けたり取り外したりする前に、必ずレンズロックを緩めてください。  フィルターは、カメラバランスリングの代わりに取り付けることができます。必ず重量の 要件を満たすフィルターを使用してください。

 レンズフードは、DJI MFT 15mm f/1.7 ASPH または Panasonic Lumix G Leica DG Summilux 15mm f/1.7 ASPH にのみ取り付けることができます。

Lens Hood Balancing Ring (or Filter) 6 7 Micro-SD クリック 5 4

(9)

ZENMUSE X5 ユーザーマニュアル

Zenmuse X5 を Inspire 1 に取り付ける

(動画をご覧ください:http://www.dji.com/product/inspire-1/video) 機体がランディングギアライザーと一緒に取り付けられていることを確認してください。 Inspire 1 ジンバル取付けプレートを交換します。 1. 前面の2つの黒ダンバーを取り外します。 2. 10 ピンケーブルと 8 ピンケーブルを順番に外します。ジンバルケーブルに損傷を与えないよう注 意してください。 3. 他の2つの黒ダンバーを取り外します。 4. 以下に示すように新しいジンバル取り付けプレートを取り付けます。平らな面を外側に向け、後 部取付けプレートを後部ブラケットのネジ穴に合わせをます。ドライバーでネジを締め付けます。 5. 8 ピンケーブルと 10 ピンケーブルを順番に接続します。 6. 溝付き面を内側に向け、前面取り付けブラケットを前面ブラケットに取付けます。8 ピンケーブ ルと 10 ピンケーブルをはみ出さないよう調整してからネジを締め付けます。  必ずレンズを AF モードに設定してください。  レンズロックを回転させてロックを解除する前に、必ずレンズ取り外しボタンを長押しし てください。 取付け位置 前面取付けプレート 後部取付けプレート

(10)

ZENMUSE X5 ユーザーマニュアル  機体の電源がオンになっているときには、Zenmuse X5 の取り付けや取り外しを行わない でください。  平らで開けた地面から離陸を行い、起動後はジンバルを保護してください。

Zenmuse X5 の取り付け

1. 機体の電源を切ります。 2. ダンピングプレートのレバーを片側に押し、ジンバルロックを回して解除位置に合わせます。 3. ジンバルコネクターの白い線をジンバルロックと合わせて、ジンバルコネクターを挿入します。 4. ジンバルロックを回してロック位置に合わせ、ダンピングプレートのレバーを中央にスライドさ せます。 +320° -320° +30° -90° 0° 地表

2

4

Key Slot

3

1

Zenmuse X5 の取り付けや保管を行うときは、ジンバルコネクターとその金属端子を傷つけ ないように注意してください。ダンピングプレートのレバーのねじは定期的に点検し、緩 んでいないことを確認してください。

ジンバルの可動域

3 軸ジンバルにより、カメラシステムが完璧に滑らかな映像や動画を撮影することができる非常に 安定した携帯型プラットフォームが実現しました。ジンバルは、カメラを最大 120 度チルトするこ とができ、どちらの方向にも 320 度パンすることができるので、640 度のヨー回転が可能になって います。

(11)

カメラの操作

カメラパネル

カメラの操作はすべて、DJI GO アプリのカメラビューにあるカメラパネルで行います。 [1] メニュー [2] 写真 / ビデオ切り替えスイッチ [3] シャッター / 録画ボタン [4] 設定 [5] 再生 カメラレンズは常に AF モードに設定してください。焦点およびアパーチャは DJI GO アプ リによってデジタルに制御されます。

基本的な撮影

写真を撮る

写真 / ビデオ切り替えスイッチを の位置に合わせます。 ボタンまたはリモートコントローラーの シャッターボタンをタップして、1 枚の写真を撮影します。“MENU” -> -> “Photo” をタップして、 いずれかの撮影モードを選択します。 1. バーストモード 3/5/7 枚の写真を連続で撮影します。 2. AEB ( オートエクスポージャーブラケティング ) 露出補正のため 3/5 ブラケットフレームを± 0.7EV ステップで撮影します。 3. タイムラプス 写真を 5/7/10/20/30 秒の間隔で撮影します。

ビデオを録画する

写真 / 録画切り替えスイッチを の位置に合わせます。アイコンまたはリモートコントローラーの 録画ボタンをタップすると、ビデオの録画を開始または停止できます。 [1] [2] [3] [4] [5]

(12)

ZENMUSE X5 ユーザーマニュアル

高度な設定

露出モード

をタップして、以下のいずれかの露出モードを選択します 1. AUTO シャッター速度とアパーチャは、適正な露出を得られるよう自動的に設定されます。 2. S ( シャッター優先 ) 任意のシャッター速度を設定し、アパーチャはカメラに自動的に選択させます。このモードはフ リーズ操作に最適で、モーションブラーや微光写真を撮影できます。 3. A ( アパーチャ優先 ) 任意のアパーチャを設定し、シャッター速度はカメラに自動的に選択させます。このモードでは より広い被写界深度を得ることができるため、背景のブラーアウトに使用できます。 4. M ( マニュアル露出 ) 周辺光のレベルに合わせて任意の ISO を設定します。通常、微光環境では ISO を上げ、周囲が非 常に明るいときは ISO を下げます。

写真のスタイル s

"MENU" -> -> "Style" をタップして、以下のいずれかのスタイルを選択します。 1. Standard 大半の情景に適合する汎用スタイルです。 2. Landscape カメラは大きな被写界深度を使用して、情景のできるだけ多くに焦点を合わせます。 3. Soft 自然色または柔らかい色彩の情景に適しています。 4. Custom (Sharpness/Contrast/Saturation) 値の範囲は +3 ~ -3 です。

ホワイトバランス

"MENU" -> -> "White Balance" をタップして、以下のいずれかのモードを選択します。 1. Auto ホワイトバランスは自動で調整されます。 2. Sunny / Cloudy / Incandescent / Neon 写真スタイルで自然な色調が得られない場合は、このいずれかのモードを選択します。 3. Custom (2000K ~ 10000K) 2000K ~ 10000K の値を設定して、特定の光源を補正します。

(13)

ZENMUSE X5 ユーザーマニュアル

設定の一覧

写真 撮影モード シングル撮影、バーストモード、AEB (3/5 ブラケットフレーム )、タイムラプス。 画像形式 JPEG、DNG、JPEG+DNG 画像サイズ 4:3、16:9 ホワイトバランス Auto、Sunny、Cloudy、Incandescent、Neon、Custom (2000K ~ 10000K)。

スタイル Standard、Landscape、Soft、User Define (Sharpness/Contrast/ Saturation)。 カラー LOG、None、Vivid、Black White、Art、Film、Beach、Dream、Classic、Nostalgia ビデオ ビデオサイズ 4096x2160 24 (4K)、3840x2160 24/30 (4K)、1920x1080 24/30/48/60 (1080P)、1280x720 24/30/48/60 (720P) ビデオ形式 MOV、MP4 NTSC/ PAL PAL、NTSC ホワイトバランス Auto、Sunny、Cloudy、Incandescent、Neon、Custom (2000K ~ 10000K)。

スタイル Standard、Landscape、Soft、Custom (Sharpness/Contrast/ Saturation)。

カラー LOG、None、Vivid、Black White、Art、Film、Beach、Dream、

Classic、Nostalgia 一般

クイックプレビュー Off、1s、2s、3s、4s、5s、6s、7s、8s、9s、10s

アンチフリッカー Auto、60Hz、50Hz

グリッド表示 Off、Grid Line、Grid + Diagonal、Center Point

ファイルインデック

スモード Reset、Continuous

(14)

ZENMUSE X5 ユーザーマニュアル

写真とビデオの管理

再生

DJI GO アプリの をタップするか、またはリモートコントローラーの再生ボタンを押すと、撮影 した写真やビデオをレビューできます。画像の撮影に戻るには、同じボタンを再度クリックします。

ファイルのダウンロード

写真やビデオファイルは、マイクロ USB ポートを介して、またはマイクロ SD カードリーダーを使 用して PC にダウンロードできます。 ファイルにアクセスするにはカメラの電源をオンにする必要があります。

付録

スペック

一般 名称 Zenmuse X5 寸法 120mm (W) x 135mm (H) x 140mm (D) 重量 526 g ( 標準レンズ、バランシングリング、レンズフード、マ イクロ SD カードを含む ) 動作温度 14°~ 104° F (-10°~ 40° C)

(15)

ZENMUSE X5 ユーザーマニュアル カメラ レンズ 交換可能レンズ オートフォーカス対応 M43 マウント サポートされるレンズ Leica DG Summilux 15mm f/1.7 Olympus M. ED 12mm f/2.0 センサー フォーサーズ型 CMOS センサー 有効画素数 16.4 M 最大解像度 4672×3504 ISO レンジ 100 ~ 25600 電子シャッター速度 30 ~ 1/8000 s FOV ( 視野角 ) 15/F1.7: 72° 12mm f2.0: 84 スチール写真モード シングルショット 連写撮影 : 3/5/7 フレーム オートエクスポージャーブラケティング (AEB): 0.7EV バイアス での 3/5 ブラケットフレーム タイムラプス ビデオ解像度 UHD: 4096×2160 (24/25p); 3840×2160 (25/30p) FHD: 1920×1080 (24/25/30/48/50/60p) 最大ビデオビットレート 60 Mbps サポートされるファイル形式 FAT32 / exFAT 写真 : JPEG、DNG ビデオ : MP4、MOV (MPEG-4/AVC/H.264F) サポートされるストレージデバ イス クラス 10 または UHS-1 以上のマイクロ SD カード 最大容量 64 GB 原点レンズ 名称 LEICA DG SUMMILUX 15/f1.7 焦点長 f=15 mm (35 mm フィルムカメラに相当 : 30 mm) アパーチャタイプ ダイヤフラムブレード 7 個 / 円形開口ダイヤフラム 最大アパーチャ F1.7 最小アパーチャ値 F16 レンズ構造 9 エレメント、7 グループ ( 非球面レンズ 3 枚 ) 焦点距離 0.2 m ~∞ ( 焦点距離基準線から ) マウント 72° 最大直径 約 57.5 mm 全長 約 36 mm 質量 約 115 g

(16)

ZENMUSE X5 ユーザーマニュアル ジンバル 角振動範囲 ± 0.03° マウント 取り外し可能 操作可能範囲 ピッチ : -90°~ +30° パン : ± 320° 最大操作可能速度 ピッチ : 120° /s パン : 180° /s

ステータス LED

ステータス LED はカメラの動作ステータスを説明します。 ステータス LED カメラのステータス —— 緑点灯 電源オン。システムはスタンバイ状態です。 緑の速い点滅 (0.1 秒オン、0.2 秒オフ ) システムはウォームアップ中です。 緑の 1 回点滅 (0.2 秒オフ ) 単一の写真を撮影しています。 × 3 緑の 3 回点滅 (0.2 秒オン、0.2 秒オフ ) 3 ~ 5 枚の写真のバースト撮影を行っています。 赤でゆっくり点滅 (0.8 秒オン、0.8 秒オフ ) ビデオの録画中です。 緑と赤の交互点滅 (0.8 秒緑、0.8 秒赤 ) ファームウェアのアップデート中です。 赤の速い点滅 (0.2 秒オン、0.3 秒オフ ) SD カードのエラーです。 —— 赤点灯 ファームウェアのアップデートが失敗しまし た。 赤の 2 回点滅 (0.1 秒オン、0.1 秒オフ ) カメラがオーバーヒートしています。

(17)

本内容は変更されることがあります。 最新版は下記よりダウンロードしてください。

www.dji.com/support

本ユーザーマニュアルについてご質問がある場合は、DocSupport@dji.com 宛にメッセージを送信し DJI にお問い合わせください。

Updating...

参照

Updating...

Scan and read on 1LIB APP