Research Report 台にすぎなかった (Autoconsulting 発表の数字 ) ウクライナの自動車販売関係者の多くは このような極端な不振が1 年を通し続くとみており たとえば プジョー シトロエン ウクライナ社のシブラカ社長は 2015 年のウクライナの新車販売台数は5 万 5,

全文

(1)

特集◆ウクライナ危機後のNIS経済

はじめに

本稿では、NIS諸国のうちウクライナ、ベラ ルーシ、カザフスタン、ウズベキスタンの4ヵ 国を取り上げ、それぞれの乗用車市場の現状と 今後の見通しを紹介する。特に、ウクライナ市 場に関しては、政情不安とグリブナ安が及ぼし た影響に着目しながら、その状況を紹介したい。 また、ベラルーシ市場とカザフスタン市場に関 してはロシア・ルーブル安が及ぼした影響に留 意しながら、その現状と今後の展望を紹介する。 そして、ウズベキスタンに関しては、同国唯一 の乗用車メーカーであるGMウズベキスタン と市場の特殊性に焦点をあてながら、その現状 を紹介する。

1.ウクライナ

(1)市場の状況 概況 ウクライナの新車市場の規模は、ピ ーク時の2008年には62万台以上に達していた が、その後は経済状況の悪化の影響を受け低迷 が続き、2013年の販売台数は前年比10.2%減の 21万3,322台にとどまった。いくつかのメーカ ーが在庫一掃セールに踏み切った関係で2014 年に入ってから新車市場の状況は一時的に好 転し、1月、2月と2ヵ月連続で前年同月の数 字を上回ったが、政情不安の影響でグリブナ安 が急激に進行しグリブナ建ての自動車の販売 価格が急上昇したことや、内戦の影響でウクラ イナ東部の一部地域で自動車販売が事実上停 止されたことなどが影響し、3月以降は輸入車 を中心に極端な販売不振が続き、通年の販売台 数は前年比54.5%減の9万7,020台にとどまっ た1)(図表1)。 図表1 ウクライナの新車乗用車販売台数 (単位 万台) (出所)ASMホールディング 2015年に入ってからも、政情不安を背景とす るグリブナ安に歯止めがかからず(グリブナ建 ての)自動車の価格の高騰が続いている関係で 販売の不振はさらに深刻化しており、1~3月 期の販売台数は前年同期を76%も下回る8,800 26.5 37.1 54.2 62.3 16.2 16.3 20.7 23.8 21.3 9.7 0 10 20 30 40 50 60 70 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014

為替に翻弄されるNISの乗用車市場

―2014年の総括―

ロシアNIS経済研究所 嘱託研究員 坂口 泉 ■ Research Report ■

特 集

ウクライナ危機後のNIS経済

(2)

台にすぎなかった(Autoconsulting発表の数字)。 ウクライナの自動車販売関係者の多くは、この ような極端な不振が1年を通し続くとみてお り、たとえば、プジョー・シトロエン・ウクラ イナ社のシブラカ社長は、「2015年のウクライ ナの新車販売台数は5万5,000台程度にとどま る」と予測している。また、BDオートシティ ーのトカチェンコ社長は、「IMFからの金融支 援の獲得、ならびに、ウクライナ東部の戦闘の 沈静化が現実のものとなったとしても、2015年 の新車販売台数は5万~7万台にとどまるだ ろう。それらが現実のものとならなかった場合 は、数字はそれよりもさらに悪化するだろう」 と予測している(autoconsulting.ua、2015.3.3)。 その他、一部では、販売の不振は2016年も続く との見方も出始めており、ある外国メーカーの ディストリビューターは、「今後、グリブナの レートが安定したとしても、市場が回復するま でには1年半~2年の時間が必要になるであ ろう」との見解を示している(autoconsulting.ua、 2015.1.29)。 ブランド別販売動向 ウクライナの乗用車 市場では伝統的に低価格車を主力とするブラ ンドが圧倒的な強みを発揮していたが、グリブ ナ安が急激に進み(グリブナ建ての)販売価格 が急上昇した関係で価格に敏感な低価格車の 購買層の多くが新車市場から退出したことも あって、2014年は比較的高価なモデルを主力と するブランドの健闘ぶりが目立った。その結果、 市場規模が大幅に縮小したにもかかわらず、新 車1台当たりの外貨建ての販売価格の平均値 の方は前年の約1万8,000ユーロから2万ユー ロ強にまで上昇した。 比較的高価なモデルを主力とするブランド の中でも特に好調だったのはトヨタで、ブラン ド別販売台数ランキングのトップの座を獲得 することに成功した(前年の2013年は4位)。 2位には3年ほど前から急激にウクライナ 市場でのプレゼンスを強化している中国の Geelyが入ったが(前年は3位)、それを可能に した要因としては、①複数の新モデルを市場に 投入したこと、②自動車ローンの金利の一部を Geely側が負担するという措置を講じたこと、 ③販売店の数を増やしたこと、といったことが 考えられる。 国産メーカー「AvtoZAZ(ザポロジエ自動車 工場)」は低価格車の人気低迷の影響を受け苦 戦をし、順位を前年の2位から3位に落とした。 前年1位だった現代は、主力モデルであるロ シア製のアクセント(ロシアではソラリスとい うモデル名で生産・販売されている)の輸入が 困難になったことが響き販売台数を大幅に落 とし、4位にまで順位を落とした。ちなみに、 同じ企業グループに属する起亜も前年の5位 から10位に大きく順位を落としたが、その主因 もまた、ロシア製の主力モデル(リオ、スポー テージ等)の輸入が困難になったことにあると 推測される。 VWの場合も、現代や起亜と同じように、主 力のロシア製低価格車(ポロ・セダン)の輸入 が困難になった関係で販売台数を大きく落と したが、ライバル他社がそれよりもさらに大幅 に販売台数を減少させた関係で、順位そのもの は前年の8位から5位に上昇した。 6位以下で目立ったのは中・高価格帯のモデ ルを主力とする日本ブランドの堅調ぶりであ った。多くのブランドが販売の減少幅をウクラ イナ市場の平均値(▲54.5%)よりも小さく抑 え、順位を上げることに成功した。たとえば、 マツダは前年の21位から12位に、スズキは27位 から23位に、スバルは28位から25位にそれぞれ 順位を上げることに成功した。その他、プレミ アムブランドの堅調ぶりも目立ち、メルセデス ベンツは前年の19位から16位に、アウディは22 位から17位にそれぞれ順位を上げた。

(3)

図表2 ウクライナの新車乗用車市場のブランド別販売台数 (単位 台) (出所)ASMホールディング 台数 シェア 台数 シェア トヨタ 15,436 7.2% 10,296 10.6% ▲ 33.3 Geely 16,436 7.7% 9,365 9.7% ▲ 43.0 ZAZ 17,709 8.3% 7,908 8.2% ▲ 55.3 現代 18,001 8.4% 5,511 5.7% ▲ 69.4 VW 12,851 6.0% 5,419 5.6% ▲ 57.8 ルノー 11,307 5.3% 5,256 5.4% ▲ 53.5 シュコダ 12,285 5.8% 5,219 5.4% ▲ 57.5 日産 11,327 5.3% 4,753 4.9% ▲ 58.0 フォード 10,721 5.0% 4,506 4.6% ▲ 58.0 起亜 13,224 6.2% 3,770 3.9% ▲ 71.5 LADA 9,162 4.3% 2,531 2.6% ▲ 72.4 マツダ 2,632 1.2% 2,440 2.5% ▲ 7.3 三菱自動車 5,298 2.5% 2,193 2.3% ▲ 58.6 プジョー 4,752 2.2% 2,154 2.2% ▲ 54.7 大宇 2,636 1.2% 2,053 2.1% ▲ 22.1 メルセデスベンツ 3,260 1.5% 1,703 1.8% ▲ 47.8 アウディ 2,542 1.2% 1,657 1.7% ▲ 34.8 ボグダン 3,936 1.8% 1,615 1.7% ▲ 59.0 双竜 3,371 1.6% 1,583 1.6% ▲ 53.0 シトロエン 4,047 1.9% 1,543 1.6% ▲ 61.9 ホンダ 3,502 1.6% 1,360 1.4% ▲ 61.2 スズキ 1,763 0.8% 1,344 1.4% ▲ 23.8 スバル 1,543 0.7% 1,206 1.2% ▲ 21.8 レクサス 1,527 0.7% 862 0.9% ▲ 43.5 その他 24,054 11.3% 10,773 11.1% ▲ 55.2 合計 213,322 100% 97,020 100% ▲ 54.5 ブランド名 2013 2014 増減率 (%)

(4)

以上ご紹介したのは販売台数によるランキ ン グ で あ る が 、 ウ ク ラ イ ナ の 調 査 会 社 「Autoconsulting」が発表している2014年の金 額ベースのブランド別販売ランキングによれ ば、2億9,620万ユーロの販売を記録したトヨ タがトップの座を獲得したことになっている。 以下、メルセデスベンツ(1億1,810万ユーロ)、 VW(1億1,300万ユーロ)、現代(8,600万ユー ロ)、ランドローバー(8,490万ユーロ)、シュコ ダ(8,410万ユーロ)、アウディ(8,210万ユーロ)、 日産(8,170万ユーロ)、Geely(7,750万ユーロ)、 フォード(6,820万ユーロ)と続いており、プレ ミアムブランドのプレゼンスが強いことがわ かる。 モデル別販売動向 2013年と2014年の乗用 車のモデル別販売ランキングを比較してみて も、比較的高価な車のプレゼンス強化の傾向が 見て取れる。たとえば、2013年には低価格車が 上位10位までを独占していたものが、2014年の ランキングでは7~10位を比較的価格の高い 4モデルが占めている。その他、2013年と2014 年の主要な相違点としては、2013年にベスト10 に入っていたロシア製の低価格3モデル(現代 アクセント、起亜リオ、VWポロ)が、ロシア とウクライナの関係悪化の影響を受け、2014年 には圏外となったという点を指摘することが できる。 一方、2013年と2014年の共通点としては、国 産車(2013年は6モデル、2014年は7モデルが ベスト10に入っている)のプレゼンスが強いと いう点をあげることができる。 2014年のウクライナ市場で最も人気が高か った小型商用車(LCV)はフィアットのDoblo で、944台の販売を記録することに成功した。 以下、ルノーDokker(689台)、VW Caddy(432 台)、GAZ3302(394台)、VW Transporter(378 台)と続いている。 図表3 ウクライナ新車乗用車市場のモデル別販売台数 (単位 台) (出所)ウクルアフトプロム 順位 モデル名 販売台数 順位 モデル名 販売台数 1 ZAZセンス 6,611 1 ZAZセンス 3,291 2 現代アクセント 5,611 2 Geely Emgrand 3,152 3 Geely CK 4,961 3 ルノー・ロガン 2,680 4 Geely Emgrand EC7 4,673 4 ZAZ VIDA 2,186 5 Geely MK 4,600 5 ZAZラノス 2,096 6 起亜リオ 4,563 6 Geely CK 2,082 7 ルノー・ロガン 4,495 7 トヨタ・カローラ 2,079 8 VWポロ 4,486 8 トヨタRAV4 1,896 9 ZAZ VIDA 4,027 9 シュコダ・ラピッド 1,820 10 ZAZラノス 3,947 10 シュコダ・オクタヴィア 1,809 2013年 2014年

(5)

(2)特別関税とリサイクル税の導入・見直し 特別関税の導入 WTO加盟に伴い、ウクラ イナでは2008年5月中旬より移行期間が設け られることなく、新車の輸入関税率が25%から 10%に一挙に引き下げられた。しかし、乗用車 市場の状況が悪化し始めた2008年秋ごろから、 ウクライナの国内メーカーが新車の輸入関税 率を引き上げることを求めるロビー活動を開 始した。このロビー活動は奏功し、2009年3月 6日から6ヵ月間、新車に対し23%の暫定輸入 関税率が適用されることとなった。ただ、国内 メーカー側の狙い通り新車の輸入はこの間ほ ぼ全面的にストップしたものの、景気の悪さも あいまって、そのことが乗用車の国内生産の活 性化につながることはなかった。国内メーカー 側は、2009年9月以降も23%の関税率の適用を 継続することを要望していたが、WTOによる 是正勧告もあり再び10%の関税率が適用され ることとなった。 暫定輸入関税率失効後もウクライナの国内 メーカーは執拗にロビー活動を続けていたが、 その結果、2011年夏になり、省庁間貿易委員会 (担当省庁は経済発展・商業省)が、1,000~ 1,500ccの車については33.4%、1,500~2,200cc の車については47%の特別関税を最長で4年 間導入することを視野に入れた特別調査を開 始するという事態が生じた。その後、この特別 調査に関する情報はほとんど出ていなかった が、2013年3月中旬になり省庁間貿易委員会は、 2013年4月15日より3年間、1,000~1,500ccの ガソリン車には6.46%、1,500~2,200ccのガソ リン車には12.95%の特別関税(追加関税)をそ れぞれ課すことを公式発表した(『ヴェードモ スチ』紙、2013.3.15)2) リサイクル税の導入 2013年7月初旬にウク ライナの最高会議は、①リサイクル税をウクラ イナから輸入される車にも課すという方針を 打ち出したロシアに対抗すること、②中古車の 輸入量をさらに減らすこと、③ウクライナ国内 でのCKD方式での車の生産(組立てラインの 他に、塗装、溶接ラインを装備した生産施設で の生産)を促進することなどを目的として、輸 入車にリサイクル税を課すことを規定した法 案「税法典とリサイクル税に関する複数の法規 の変更について」を採択した。その後、8月初 旬に当時のヤヌコーヴィチ大統領が法案に署 名し、9月1日より輸入車にリサイクル税が課 せられることが決定した。 乗用車の基本税額は5,500グリブナに設定さ れ、それに排気量により異なる係数(新車の場 合は0.86~5.5、中古車の場合は5.3~19.25)を 乗じることにより最終的な税額が導き出され ることになった。また、トラックとバスの場合 は基本税額が1万1,000グリブナで、それに総 重量により異なる係数(新車の場合は0.5~2.9、 中古車の場合は0.88~11.8)を乗じることによ り最終的な税額が導き出されることとなった。 特別関税とリサイクル税の見直し 特別関税 もリサイクル税も輸入車の価格の高騰につな がり、一般市民や輸入業者には不評であったた め、ウクライナ政府は2013年秋ごろよりそれら を廃止する方向での検討を開始した。そして、 特別関税に関しては、2014年2月になり省庁間 貿易委員会が、「2014年4月14日よりそれまで の税率の3分の2に軽減し、さらに2015年4月 からは(2014年4月14日以前の水準の)3分の 1に軽減すること」を発表した。 また、リサイクル税に関しては、2014年4月 初旬にウクライナ最高会議がその廃止を決定 した。しかし、ほぼ同時期にウクライナ最高会 議が新車の物品税を2014年4月1日より倍に することを規定した法律を採択したことや、グ リブナ安が急激に進んだことなどが影響し、特 別関税の軽減措置とリサイクル税の廃止措置

(6)

が実施された後も、輸入車のグリブナ建ての販 売価格は高騰し続けた。たとえば、大宇のマチ スの場合、2014年2月時点では5万5,000グリ ブナで購入できたものが、2015年1月時点では 10万グリブナ以上を出さないと購入ができな くなっていた。また、同じ大宇のジェントラの 場合も、2014年2月時点で9万9,000グリブナ ~であった販売価格が、2015年1月時点では21 万6,000グリブナに達していた。 (3)ウクライナの主要乗用車メーカー ウクライナの乗用車生産部門は1990年代後 半から2001年ごろまで輸入中古車の攻勢に苦 しみ瀕死の状態にあったが、中古車の輸入関税 率が大幅に引き上げられたことなどもあって 2002年ごろから急激に活性化し、2008年には生 産台数が40万台を突破した(図表4)。しかし、 2009年に入り経済危機の影響が色濃く出始め、 同年の生産台数は2002~2003年の水準にまで 落ち込んだ。その後、生産の低迷は現在に至る まで続いているが、特に2014年夏以降は不振の 度合いが危機的な様相を示し始めており、7~ 12月期の生産台数はわずか3,380台にとどまっ た(1~6月期の生産台数は前年同期比34.7% 増の2万2,561台と比較的好調であった)。その 結果、2014年の通年の数字も前年比43.3%減の 2万5,941台にとどまることになった。危機的 状況は2015年に入ってからも続いており、第1 四半期の生産台数は前年同期比96.1%減のわ ずか535台にすぎなかった。 存亡の危機に直面しているといっても過言 ではないウクライナの主要な乗用車メーカー の概要は以下の通りとなっている(各メーカー の生産台数は図表5に示してある)。 図表4 ウクライナの乗用車生産台数の推移 (単位 万台) (出所)2000~2008年はウクライナ統計国家委員会、2008~2014年はASMホールディング

1.7 2.6

4.4

9.8

17.4

19.2

26.7

38.0

40.6

6.4 7.5

9.8

7.0

4.6

2.6

0

5

10

15

20

25

30

35

40

45

2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014

(7)

図表5 ウクライナ主要メーカー別乗用車生産台数 (単位 台) (出所)ASMホールディング ウクルアフト 1969年に設立された会社で、 AvtoZAZ、イリチョフスクの自動車組立工場 (年間生産能力4万台。現在はAvtoZAZの支部 という位置づけになっている)、多数の自動車 部品工場、200近くのサービスセンター等を傘 下におさめている。 AvtoZAZでは、かつて複数のオリジナルモデ ルが生産されていたが、乗用車に関しては、 2007年にタヴリアというモデルの生産が中止 されたのを皮切りに、2010年末までにすべての オリジナルモデルの生産が中止された。2014年 時点では、シボレーのラノス、ラノスをベース とするZAZセンス、ZAZチャンス3)、旧型のシ ボレー・アベオをベースとするZAZ VIDA、中 国のCheryのA13をベースとするZAZ Forzaが 生産されていたが、国内販売の不振とロシアへ の輸出台数の大幅減少の影響を受け7月と8 月に生産を休止することを余儀なくされたこ とが響き、通年の生産台数は前年比33.6%減の 1万2,779台にとどまった。その結果、業績も悪 化し、2014年の最終損益は29億グリブナの赤字 となった(2013年は261万ルーブルの黒字を出 すことに成功していた)。 ボグダン 企業グループ「ウクルプロムイン ヴェスト」4)の総帥であったポロシェンコ現ウ クライナ大統領(現在は、同氏の父親がウクル プロムインヴェストの総帥となっている模様) と同氏のビジネスパートナーであったスヴィ ナルチュクが2005年に設立した会社だが、ポロ シェンコはボグダンの業績が悪化した2009年 に保有する同社の株式をすべてスヴィナルチ ュクに売却しており、現時点ではスヴィナルチ ュクがボグダンの株式の100%を保有している (ただし、今もスヴィナルチュクとポロシェン コ一族は良好な関係にあるといわれている)。 ボグダンは、第1自動車工場(旧ルツク自動 車工場)、第2自動車工場、第3自動車工場を 傘下におさめているが、それらの工場の現状は 以下の通りである。 第1自動車工場はソ連時代から存在する工 場で、元々はオリジナルの小型SUVを生産して いた。ボグダンの傘下に入った2000年ごろから ロシアのUAZ(ウリヤノフスク自動車工場)と LADAのモデルのSKD方式での生産(組立てラ インだけを装備した生産施設での生産)を開始 し、その後現代車と起亜車のSKD生産も開始し た。さらに、2005年からはバスとトロリーバス の生産も開始した。2007年時点の同工場での乗 用車の生産台数は5万3,919台で、ブランド別 の内訳は起亜車が1万7,990台、現代車が1万 6,348台、LADA車が1万9,581台となっていた。 2008年6月に下記の第2工場が稼動を開始し た後、第1工場では乗用車の生産が中止され、 メーカー名 2010 2011 2012 2013 2014 AvtoZAZ 42,336 59,355 39,917 19,257 12,779 ボグダン 19,190 20,240 12,034 5,958 1,999 KrASZ 6,341 6,329 3,180 9,049 7,514 ユーロカー 7,464 11,656 14,556 11,494 3,649 合計 75,331 97,580 69,687 45,758 25,941

(8)

現在はバスとトロリーバスだけが生産されて いる(年間生産能力は8,000台だが、2014年のバ ス生産台数はわずか64台にとどまった)。 第2自動車工場は2008年6月より稼動を開 始した年間生産能力10万台以上の新しい工場 で、チェルカッスィに所在する。同工場では、 LADA2110をベースとしたボグダン・ブランド のモデルの生産が行われていたが(その他、一 時は、LADA車や起亜車の生産も行われてい た)、ロシアとの関係悪化の影響を受け、2014 年秋に生産が中止された。その関係で、通年の 生産台数は1,999台にとどまった。ボグダンの 幹部によれば、同工場の採算ラインは年産6万 台ということなので、現時点では同工場の操業 は完全に赤字ということになる。ちなみに、 2013年時点では中国のLifanとJACのモデルの SKD方式での生産を第2工場で開始するとい う計画も浮上していたが、市場の状況が悪化し たため、実現には至らなかったようである。 第3自動車工場も2008年9月から稼動を開 始した新しい工場で、やはりチェルカッスィに 所在する。年間生産能力1万5,000台の同工場 では、いすゞの小型および中型トラック、現代 のトラック等のSKD方式での生産が行われて いる。ロシアのASMホールディング発表の数 字によれば、2014年の同工場でのトラックの生 産台数は122台となっている。この数字から判 断して、同工場の操業も赤字なのではないかと 推察される。 非公開株式会社「ユーロカー」 オレグ・ボヤ リンという人物が率いる持ち株会社「アトル・ ホールディング」の傘下に入っている会社。同 社が保有する工場は、2001年にドイツのVWの 技術支援を受けて完成した近代的な工場で、ス ロバキアおよびハンガリーとの国境近くのザ カルパチエ州ソロモノヴォ村の自由経済ゾー ン「ザカルパチエ」に所在する。同工場では、 2001年末にシュコダ車の試験生産が開始され、 2002年春から量産に移行した。その後、一時、 VW車やセアト車の生産も行われていたが、 2010年からはシュコダのモデルしか生産され ておらず、2014年には、オクタヴィア、ファビ アFL、イエティ、スペルブ、ラピッドが合計で 3,649台生産された AIS(アフトインヴェストストロイ) 国会議員 のドミトリー・スヴャタシとワシーリー・ポリ ャコフが事実上のオーナーだとされている企 業グループで、KrASZ(クレメンチュグ自動車 組立工場)の他、UAZをはじめとするロシアの 複数のブランド、双竜、Geely等の輸入・販売 会社や、シトロエン、アウディ、現代、シボレ ー、ルノーの販売会社などを傘下におさめてい る。 KrASZでは、かつては、LADA、GAZ、UAZ、 中国のGreat Wall、FAW等の車が生産されてい たが、2014年上半期の時点ではGeelyのモデル (CK2、MK2等)と双竜のモデル(Actyon、Kyron、 Rexton等)だけが生産されていた(いずれも SKD方式での生産)。生産台数は2004年から 2008年までは2万台前後で推移していたが、 2009年に3,738台にまで激減し、それ以降、2010 年:6,341台、2011年:6,329台、2012年:3,180 台、2013年:9,049台と低迷が続いていた。2014 年は年前半の販売が非常に好調だったことも あって、1~7月期の生産台数は前年同期の約 3倍に達した。しかし、7月ごろから販売が急 激に落ち込んだことを受け8月から年末まで 生産が中止されたため、通年の生産台数は結局、 前年の数字を約1,500台下回る7,500台強にとど まった。ちなみに、KrAZの親会社のAISはGeely と双竜に関しては当面輸入モデルだけを販売 する意向を表明しており、2015年に入ってから もそれらのブランドのモデルの現地生産は中 止されたままとなっている。

(9)

2.ベラルーシ

(1)新車市場の状況 概況 まず過去の経緯から振り返ると、 2013年の正規ディーラー経由の新車販売は非 常に好調で、通年の数字は前年比39.5%増の2 万8,810台に達した(小型商用車を含めた数字)。 2013年のベラルーシの経済状況が突出してよ かったわけでもなく、同年の新車市場の好調さ を牽引した要因は正直よくわからないが、考え られうる要因としては、①付加価値税が事実上 値上がりした関係で5) 2012年は車の買い控え 現象が生じたが、そのことと関連する繰越需要 が2013年に顕在化した可能性、②秋ごろから 2014年にリサイクル税が導入されるとの情報 が出始め駆け込み需要が生じた(リサイクル税 は2014年3月に導入された)、③VWポロ・セダ ン、ルノー・サンデロ、ルノー・ダスターとい ったロシア製の低価格外国ブランド車の販売 台数が急激に伸び、そのことが市場全体の活性 化につながった、等を挙げることができる。 その根拠は不明だが、2013年末時点では、 「(正規ディーラー経由の)新車販売の好調さ は続き、2014年の数字は乗用車だけで3万 3,000~3万5,000台に達する」との見方が業界 内では優勢となっていた6)。実際、2014年秋ま では好調な状態が続いていたが、10月半ばごろ から正規ディーラー経由の新車の販売台数が 急激に落ち込み、小型商用車分を含めた通年の 数字は前年比2.6%増の2万9,552台(乗用車が 2万5,044台、小型商用車が4,508台)にとどま った。秋口から正規ディーラー経由の新車販売 台数が落ち込んだ理由は、ロシアでルーブル安 が急激に進行したことを受け、ベラルーシの運 び屋によりロシアから並行輸入される車の数 が急増したことにある。その背景には、ベラル ーシ・ルーブルのレートが比較的安定していた ため、ロシア・ルーブルに対して強くなり、ロ シアで車を購入しベラルーシで転売すると大 幅な利益を得ることができるようになったと いう事情が存在した。一説によれば、10月から 12月末までに、ロシアから合計で2万台以上の 新車が運び屋によりベラルーシに持ち込まれ たといわれている(中古車を含めると12月だけ で5万台近くの車がロシアから持ち込まれた との説も存在する)。 ロシアから運び屋により持ち込まれた新車 の販売価格は正規ディーラーが設定した価格 よりも安かったため非常によく売れたが(一説 によれば、12月にベラルーシで登録された新車 の8割が並行輸入車だったといわれている)、 市場全体からみれば、それは需要の先取りとほ ぼ同義であった。実際、その反動で、2015年に 入ってから(正規ディーラー経由の)新車販売 台数はさらに大幅に落ち込んでおり、1月の数 字は前年同月の数字を22.4%下回った。各ディ ーラーは、運び屋が扇動した2014年10月から12 月までの新車購買意欲の異常な高まりの反動 は2015年末まで続くと見ており、通年の販売台 数は前年を20~30%程度下回ると予測してい る。 ブランド別販売状況 2014年の新車乗用車 ブランド別販売ランキングでトップに立った のはサンデロとダスターの売れ行きが好調で あったルノーで、前年比22.5%増の4,048台の販 売を記録した。VWはベラルーシで根強い人気 を誇っており、常にトップの座を争っているが、 2014年の販売台数は前年比6.4%減の2,738台に とどまり、2位の座に甘んじることとなった。 3位には、主力モデルのリオの販売が好調で前 年比12.9%増の2,438台の販売を記録した起亜 が入った。2012年の時点でトップであったロシ アのLADAは、ルノーやVWの低価格車の攻勢 を受け年々プレゼンスを低下させており、2014 年の販売台数は前年比31%減の1,869台にとど

(10)

まった。その結果、順位も前年の3位から4位 に下降した。 以下10位までの顔ぶれは、日産:1,866台、 Geely:1,841台、シュコダ:1,504台、トヨタ: 1,452台、現代:920台、アウディ:566台となっ ている。トヨタと日産以外の日本メーカーでは、 三菱自動車が13位に(454台)、スズキが16位に (432台)、マツダが19位に(304台)それぞれ 入っている。 新車小型商用車ブランド別販売ランキング でトップに立ったのは価格の安さを武器に安 定した人気を誇るロシアのGAZ(ゴーリキー 自動車工場)で、2014年には1,947台の販売を記 録した(小型商用車市場におけるシェアは 43.19%)。以下、VW:894台(19.83%)、UAZ: 526台(11.67%)、ルノー:452台(10.03%)、 プジョー:241台(5.35%)、フォード:238台 (5.28%)、シトロエン:70(1.55%)、トヨタ: 52台(1.15%)、メルセデスベンツ:51台(1.13%) と続いている。 モデル別販売動向 ベラルーシでも他の CIS諸国同様に低価格乗用車の人気が高く、 2014年に最もよく売れたモデルはVWのロシ ア製低価格車「ポロ・セダン」であった(販売 台数は2,247台)。以下、2位から15位までの顔 ぶれを見てみても、起亜リオ:1,438台、ルノー・ サンデロ:1,317台、Geely SC7:1,238台、ルノ ー・ダスター:1,153台、日産アルメーラ:852 台、ルノー・ロガン:830台、LADA2121:619 台、LADAラルグス:607台、現代アクセント: 592台、シュコダ・オクタヴィア:534台、起亜 スポーテージ:501台、日産キャシュカイ:456 台、Geely Emgrand X7:453台となっており、や はりロシア製の低価格車のプレゼンスが圧倒 的に強いことがわかる。 車体タイプ別の状況を見ると、Bセグメント カーの人気が最も高くそのシェアは41.5%に 達した。最も人気の高いBセグメントカーは VWポロ・セダンであるが、その他、起亜リオ、 ルノー・サンデロ、日産アルメーラ(Cセグメ ントに分類されることもある)、ルノー・ロガ ン、シュコダ・ラピッド、LADAラルグス、現 代アクセント等の人気も高くなっている。 Bセグメントカーに次いで人気が高かった のはSUVで、そのシェアは32.6%であった。最 も人気の高いSUVはルノー・ダスターであるが、 その他、LADA2121、起亜スポーテージ、日産 キャシュカイ、Geely Emgrand X7、シボレー NIVA、トヨタRAV4、UAZパトリオット、日産 ジューク、スズキSX4、三菱ASX、VWティグ アン、三菱アウトランダー、トヨタ・ランドク ルーザープラド、トヨタ・ハイランダー等の人 気も高くなっている。 Cセグメントカーの人気も安定しており、そ のシェアは17.0%となっている。ベラルーシで 人気の高いCセグメントカーとしては、Geely SC7、シュコダ・オクタヴィア、トヨタ・カロ ーラ、プジョー408、シトロエンC4、起亜シー ド、フォード・フォーカス、ルノー・メガーヌ、 ルノー・フルエンス、オペル・アストラ等の名 を挙げることができる。 ちなみに、他のCIS諸国同様にベラルーシで もAセグメントカーの人気は低く、大宇マチス 以外のモデルはほとんど売れておらず(マチス の2014年の販売台数は255台であった)、そのシ ェアは1.7%と非常に小さくなっている。 (2)生産の状況 ベラルーシではトラックおよびバスの生産 部門は比較的発達しており、MAZ(ミンスク自 動車工場)の他、MAKT(ミンスク・トレーラ ーヘッド工場)、BelAZ(ベラルーシ自動車工 場)、MOAZ(モギリョフ自動車工場:BelAZの 支社という位置づけになっている)等の複数の メーカーがトラックもしくはバスの生産を行

(11)

っている。2014年のベラルーシのトラックの生 産台数は前年比33.3%減の1万2,187台(うち、 1万528台がMAZで生産された)、バスは30.8% 減の1,453台となっている。 乗用車部門では、ベラルーシ・英国合弁企業 「ユニゾン」(旧フォード・ユニオン)7)、およ び、ベラルーシのBelAZと中国のGeelyの合弁 企業であるBelGeがSKD方式での生産を行っ ている。ユニゾンでは2006年よりイランのホド ロ社のサマンドというプジョー405をベースと したモデルのSKDが開始されているが、2014年 時点ではその他に、プジョー301、プジョー3008、 中国のZotye のZ300のSKDも行われていた。た だ、どのモデルも少量生産にとどまっており、 2014年の生産台数は4モデル合計で217台にす ぎなかった。 BelGeはボリソフの「アフトギドロウシリチ ェリ」という工場の敷地内に建設した年間生産 能力3万台の組立工場において中国のGeely車 のSKD方式での生産を2013年より開始してお り、2014年にはSC7、EX7、LC CROSSの3モデ ルを合計で9,133台生産した(そのうちの約 7,000台がロシアとカザフスタンに輸出され た)。その他、BelGeはボリソフとジョジノの境 界付近に確保した約120haの敷地に、溶接ライ ンと塗装ラインを装備した年間生産能力12万 台の新工場を建設することも計画しており、 2015年中にも工事が開始される見込みになっ ている。新工場の建設は2段階に分け実施され る予定で、1期工事分(年間生産能力6万台/ 年)は2017年までに、2期工事分は2019年以降 にそれぞれ完成することになっている。

3.カザフスタンの乗用車市場

(1)新車市場の状況 概況 カザフスタンの自動車市場ではつい 最近まで中古車のプレゼンスが非常に強く新 車の販売台数は低迷していたが、個人に適用さ れる中古車の輸入関税率が2011年7月1日以 降大幅に引き上げられたことを契機に、市場で の中古車のプレゼンスが低下する一方で、新車 の販売台数が急激に増加し、2011年時点で4万 5,302台だったものが、2013年には16万5,730台 に達した(カザフスタン自動車ビジネス協会発 表の商用車を含む数字:図表6)。 図表6 カザフスタン新車販売台数の推移 (単位 万台) *小型商用車含む (出所)カザフスタン自動車ビジネス協会 2014年に入ってからもしばらくは販売の好 調さが続き、第1四半期の販売台数は前年同期 を23%上回る3万1,213台に達したが、2月11 日に実施されたカザフスタンの通貨「テンゲ」 の切り下げ8)の影響を受け、輸入車を中心に価 格が上昇し、切り下げ前に輸入された車の在庫 が切れた4月以降は販売が低迷するようにな った。それでも、8月ごろまではほぼ前年同月 並みの水準を維持していたが、①秋口から石油 の国際価格が急落したこと(周知の通り、カザ フスタンはロシアに次ぐ旧ソ連諸国第2位の 産油国である)、②不良債権問題に起因する流 動性不足の影響で多くの銀行が自動車ローン の貸し出し条件を厳格化したこと、③ロシア・ ルーブル安の急激な進行に伴いテンゲがルー 0.8 1.3 1.9 3.3 2.3 1.6 2.2 4.5 9.8 16.6 16.4 0 2 4 6 8 10 12 14 16 18 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014

(12)

ブルに対し強くなったことを受け、カザフスタ ンの人々がロシアに出向き同地の自動車販売 店で新車を購入するケースが急増したこと(秋 以降、中古車を含めると5万台以上の車が個人 によりロシアから持ち込まれたといわれてい る)などが逆風となり9)、10月から12月までの 3ヵ月連続で月間販売台数が前年同月の数字 を10%以上も下回るという状況が続いた。その 結果、2014年通年の販売台数は前年比1.31%減 の16万3,561台にとどまった(うち、15万1,424 台が乗用車であった)。 2015年に入ってからも販売の不振は続いて おり、1~2月期の販売台数は前年同期比23% 減の1万7,016台にとどまった。販売価格差(も ともと、同一のモデルを比較した場合、カザフ スタンの販売店のドル建ての販売価格の方が ロシアの販売店のそれよりも高かったが、ルー ブル安の影響でその傾向がさらに強まった)が 原因でロシアの自動車販売店に客を奪われる という状況や自動車ローンの利用が難しいと いった状況は当面続くとみられており、カザフ スタン自動車ビジネス協会は2015年の新車販 売台数は前年を30~40%下回るとの予測を行 っている(365info.kz、2015.2.23)。 ブランド別販売動向 カザフスタンの新車 市場(乗用車市場)では、数年にわたりLADA が販売台数トップの座に君臨している。2009年 こそ経済危機の直撃を受け販売台数が前年の 約3分の1まで落ち込んだが、2010年は年初か ら遠い外国から輸入される車の関税率が引き 上げられたため、無関税で輸入されるLADA車 の価格競争力が強まり、販売台数が前年比 41.1%増の5,058台にまで回復した。2011年夏以 降はライバルである輸入中古車のプレゼンス の急激な低下という要因が加わった関係で LADA車の販売の伸びはさらに加速し、2013年 の販売台数は前年比63.6%増の5万7,478台に 達した。人気モデル「サマラ」の生産が中止さ れたことなどが響き2014年の数字は前年比 21.4%減の4万5,162台にとどまったが、ブラン ド別販売ランキング1位の座を死守すること には成功した。 2位には、リオとスポーテージの販売が好調 で、前年比で48.7%も販売台数を伸ばした韓国 の起亜が食い込んだ。 3位には、前年比14%増の1万3,961台の販 売を記録した韓国の現代が入った。同社の主力 はロシア製のアクセント(ロシアでの名称はソ ラリス)で、全体の約7割を占めた。 4位には、以前よりカザフスタンで安定した 人気を維持しているトヨタが食い込んだ。なお、 トヨタは販売台数の点では1位のLADAに大 きく水をあけられているが、高価格帯のモデル を主力としている関係で販売額は同社の方が 大きく、2014年の数字は2位のLADAよりも約 8,000万ドル多い6億618万ドルであった(カザ フスタン自動車ビジネス協会発表の数字)10) 5位には、NIVAやクルーズを主力とするシ ボレーが前年比17.2%増の1万1,764台の販売 を記録して食い込んだ。 2013年時点で2位であったGMウズベキス タン(ブランド名は大宇)は、カザフスタンの 車の安全基準が厳格化された関係で、2014年1 月1日より主力の低価格車「ネクシア」と「マ チス」の販売が困難となったことの影響を受け、 順位を6位まで落とした。 7位以下 に目を転じると、ルノー(7位)、 シュコダ(9位)、VW(10位)といった、カザ フスタンもしくはその他の旧ソ連諸国で生産 されている低価格車を主力とするメーカーが 目立つが、日本メーカーも健闘しており、8位 に日産が、13位に三菱自動車がそれぞれ入って いる。その他、日本ブランドでは、16位にスバ ル、18位にレクサス、19位にホンダ、22位にス ズキ、25位にマツダがそれぞれ入っている。

(13)

図表7 カザフスタンブランド別新車販売台数 (単位 台) (出所)カザフスタン自動車ビジネス協会 なお、日本ブランドの場合、モデルの価格が 全般的に高いので、販売額によるランキングの 順位が台数ベースの順位を上回るケースが多 くなっており、上位15位以内にトヨタの他、日 産(6位、2014年の販売額は1億7,305万ドル)、 レクサス(11位、9,929万ドル)、三菱自動車(14 位、7,306万ドル)の3ブランドが入っている。 カザフスタンの商用車市場(2014年の市場規 台数 シェア 台数 シェア LADA 57,478 34.7% 45,162 27.6% ▲ 21.4 起亜 11,913 7.2% 17,709 10.8% 48.7 現代 12,250 7.4% 13,961 8.5% 14.0 トヨタ 12,132 7.3% 12,455 7.6% 2.7 シボレー 10,041 6.1% 11,764 7.2% 17.2 大宇 13,371 8.1% 11,118 6.8% ▲ 16.8 ルノー 4,921 3.0% 8,173 5.0% 66.1 日産 6,392 3.9% 5,759 3.5% ▲ 9.9 シュコダ 4,703 2.8% 5,573 3.4% 18.5 VW 2,491 1.5% 4,054 2.5% 62.7 双竜 3,800 2.3% 2,248 1.4% ▲ 40.8 Geely 0 0.0% 2,182 1.3% -三菱自動車 3,477 2.1% 2,050 1.3% ▲ 41.0 UAZ 1,668 1.0% 1,906 1.2% 14.3 プジョー 238 0.1% 1,111 0.7% 366.8 スバル 1,192 0.7% 1,033 0.6% ▲ 13.3 ZAZ 3,180 1.9% 1,007 0.6% ▲ 68.3 レクサス 1,237 0.7% 882 0.5% ▲ 28.7 ホンダ 534 0.3% 425 0.3% ▲ 20.4 メルセデスベンツ 374 0.2% 420 0.3% 12.3 その他 14,338 8.7% 14,569 8.9% 1.6 合計 165,730 100% 163,561 100% ▲ 1.3 ブランド名 2013 2014 増減率 (%)

(14)

模は前年比1%増の1万2,137台:但し、この数 字にはKAMAZの販売台数は含まれていない) では、低価格を武器とするロシアのGAZと UAZが圧倒的な強さを発揮しており、2014年 には順に6,987台と2,497台の販売を記録した。 カザフスタンの商用車市場におけるその他の 主要なプレーヤーとしては、中国のFAW(2014 年の販売台数は836台)、現代(520台)、DAF(346 台)、IVECO(294台)、スカニア(140台)等の 名前を挙げることができる。 モデル別販売動向 2014年のモデル別の販 売台数は図表8の通りだが、この表からもわか る通り、ロシア、ウズベキスタン、ウクライナ およびカザフスタンで生産されている低価格 車が市場の核を形成している。その一方で、日 本ブランドのセダンやSUVの人気も根強く、ト ヨタのカムリ、ランドクルーザープラド、カロ ーラ(24位)、日産アルメーラ(25位)などが 上位に食い込んでいる。 車体タイプ別の状況をみると、最も人気が高 いのはBセグメントカーで、全体の48.34%を占 める。以下、SUV:26.56%、Cセグメントカー: 17.78%、Eセグメントカー:2.61%等となって いる。他のCIS諸国同様カザフスタンでもAセ グメントカーの人気は低く、そのシェアは 1.48%にとどまっている。 価格帯別の販売状況を見ると、最も人気が高 いのは1万~1万5,000ドルの価格帯のモデル で、全体の33%を占めている。以下、1万5,000 ~2万ドル:25%、2万5,000~4万ドル:14%、 2万~2万5,000ドル:11%、1万ドル未満: 8%、4万~8万ドル:6%、8万ドル以上: 3%となっている。 輸入の状況 新車の最大の輸入相手国はロ シアで、2014年にカザフスタンの正規ディーラ ーはロシアから合計で9万1,277台の新車(外 国ブランド車を含む)を輸入した。以下、日本: 1万4,314台、ウズベキスタン:1万3,707台、 英国:6,015台、韓国:4,528台、トルコ:1,922 台、タイ:1,099台と続いている。 図表8 カザフスタンモデル別新車販売台数 (単位 台) *大宇ジェントラは2014年より販売開始 (出所)カザフスタン自動車ビジネス協会 主要都市別販売状況 2014年に新車乗用車 の販売台数が最も多かった都市はアルマトィ で、全体の約25%に相当する約38,000台が売れ た。同市で最もよく売れたモデルは、現代のア クセントで、販売台数は約3,000台に達した。以 下、LADAプリオラ:約1,800台、起亜リオ:約 1,700台、LADAグランタ:約1,500台、VWポロ: 2014 台数 LADAプリオラ 15,382 ±0 LADAグランタ 12,006 2 現代アクセント 10,113 3 起亜リオ 8,290 3 LADAラルグス 6,881 3 大宇ジェントラ 5,009 -LADAカリーナ 4,731 37 大宇ネクシア 4,635 ▲ 5 ルノー・ダスター 4,558 2 LADA4×4 3,895 ▲ 5 VWポロ 3,375 6 シュコダ・ラピッド 3,333 12 シボレーNIVA 3,260 1 起亜スポーテージ 3,223 8 トヨタ・カムリ 3,071 ▲ 5 シボレー・クルーズ 2,733 ▲ 7 トヨタ・ランドクルーザープラド 2,339 ▲ 1 LADAサマラ 2,256 ▲ 16 起亜セラト 2,205 ±0 現代エラントラ 1,808 5 ブランド名 増減率 (%)

(15)

約1,300台と続いている。日本車では、トヨタ・ カムリ、トヨタ・ランドクルーザープラド、日 産アルメーラ、トヨタ・カローラ、日産キャシ ュカイ、日産ジューク、トヨタ・ランドクルー ザー200、トヨタRAV4の人気が高く、同市のラ ンキングの20位以内に入っている。 2番目に販売台数が多かったのはアスタナ で、市場規模はほぼ前年並みの2万6,238台で あった。人気の高いモデルはアルマトィとほぼ 同じで、1位:現代アクセント(1,866台)、2 位:起亜リオ(1,827台)、3位:LADAプリオ ラ(1,720)、4位:LADAグランタ(1,328台)、 5位:ルノー・ダスター(1,186台)など。 3番目に販売台数が多かったのはアティラ ウで、前年比9%減の1万893台の販売を記録 した。同市でもやはりLADAのプリオラとグラ ンタの人気が高くなっており、1位と2位を占 めた(販売台数は順に1,373台と1,273台)。以下、 起亜リオ(895台)、現代アクセント(741台)、 LADAラルグス(586台)と続いている。 4番目に販売台数が多かった都市はシムケ ントであったが(2014年の新車乗用車の販売台 数は9,561台)、同市で最も人気が高かったモデ ルは大宇のネクシアで1,405台の販売を記録し た。以下、LADAプリオラ(1,389台)、大宇ジ ェントラ(1,285台)、現代アクセント(822台)、 LADAグランタ(464台)と続いている。 (2)生産の状況 現在カザフスタンではアジア・アフト、アグ ロマシホールディング、サリアルカ・アフトプ ロムの3社が乗用車の現地生産を行っている が、それら3社の概要は以下の通りとなってい る。 アジア・アフト カザフスタン最大の自動車 販売会社であるBIPEK-Avto傘下のメーカーで、 2002年よりウスチカメノゴルスク市に所在す る設計生産能力4万5,000台/年の工場で現地生 産を開始した。当初はLADAの1モデル(4× 4)だけを生産していたが、その後生産モデル を大幅に増やし、2014年の段階では4×4の他 に、起亜の13モデル(ソレント、セラト、スポ ーテージ等)、シボレーの6モデル(キャプテ ィバ、アベオ、クルーズ等)、シュコダの4モ デル(ラピッド、オクタヴィア、イエティ等) をSKD方式で生産していた。アジア・アフトの 年間生産台数に占める各ブランドのシェアは、 起亜:41.0%、シュコダ:22.3%、シボレー: 22.2%、LADA:14.5%となっている(2014年時 点)。 生産台数の方は、2007年:6,000台強、2009年: 1,000台弱、2010年:3,099台、2011年:7,326台 と伸び悩んでいたが、2012年は市場の急激な拡 大という追い風を受け前年比125.4%増の1万 6,513台を記録することに成功した。2013年も 急激な拡大フェーズが続き、生産台数は前年比 87.8%増の3万1,005台に達したが、2014年はシ ボレー車とLADA車の生産が不振であったこ とが響き、前年比7.1%減の2万8,803台にとど まった。 アジア・アフトは現時点ではSKD方式での生 産しか行っていないが、CKD方式での生産へ の移行を視野に入れ、戦略的パートナーである AvtoVAZ お よ び カ ザ フ ス タ ン の 政 府 系 企 業 「Eptic」と共同で、プレス、塗装、溶接の各ラ インを装備した新工場の建設プロジェクトに 取り組んでいる。1期工事は2017年に完成し、 年産6万台規模でLADAのベスタとXRAYなど の生産が開始される予定となっている。さらに、 2020年ごろには2期工事が完成し、生産能力が 12万台/年に達する見込みとなっている。2期 工事の完成後に生産モデルを増やすことが検 討されており、ルノーおよび日産のモデルが生 産される可能性もあるとされている。新工場で 生産される車はカザフスタン国内で販売され

(16)

る他、ロシアのシベリア地方や他の中央アジア 諸国等に輸出される見込みとなっている。現在 の計画では、2020年時点で生産される12万台の うち半分以上がロシアに輸出される予定とな っている(国内市場への供給量は4~5万台程 度になる見込み)。 なお、アジア・アフトは2010年6月に工業ア センブリ措置に関する協定をカザフスタン政 府 と の 間 で 締 結 し て お り ( auto.gazeta.kz 、 2010.6.29)、上記の新工場建設プロジェクトは 同措置の適用を受けた上で実施される予定と なっている。当該の協定ではローカルコンテン ツ30%の達成が義務付けられているので、新工 場の周辺に複数の部品工場が建設され、2017年 ころより生産が開始される見込みs。 アグロマシホールディング 2009年12月に、ア グロマシホールディング・カザフスタン社、自 動車販売会社「Allur Auto」、および、韓国の自 動車メーカー「双竜」の3社は、アグロマシホ ールディングが保有するコスタナイのディー ゼル・エンジン工場に1,600万ドル以上を投下 して年間生産能力2万5,000台の乗用車組立ラ インを設置し、双竜のSUV4モデル(Kyron、 Acyton、Acyton Sports、Rexton)のSKD方式の 生産を開始するという計画を発表した(『エク スペルト・カザフスタン』誌、2011.1.31)。そ して、2010年8月より試験生産が開始され、年 末までに合計で77台の双竜車が組立てられた。 当初の計画では2011年には、約1,500台が生産 されることになっていたが、実際の生産台数は 869台にとどまった。2012年からは、双竜車の 他にウクライナのZAZチャンスのSKD方式で の生産も開始され、同年の生産台数は2,581台 に達した。さらに、2013年は春からZAZ VIDA の生産が、夏からプジョーの複数のモデル(301、 3008、508等)の生産がそれぞれSKD方式で開 始され、ZAZ、双竜、プジョーの3ブランド合 計で前年の倍以上の6,464台生産された。2014 年の生産台数については情報を入手できなか ったが、夏にZAZ車の生産が中止されたことが 影響し、前年の数字を下回った可能性が高い。 アグロマシホールディングは政情不安が続 くウクライナのZAZのモデルのかわりに、中国 のGeelyの5モデルの生産を開始することを 2014年秋に発表し、現時点ではSKD方式でそれ らのモデルの生産を行っているが、早ければ 2015年秋にもCKD方式での生産に移行する予 定となっている。 サリアルカ・アフトプロム 日本のトヨタは 2013年2月に、コスタナイのサリアルカ・アフ トプロム(上記のコスタナイ自動車工場の主要 株主であるAllur Autoと政府系企業であるサリ アルカの合弁企業)で2014年春からSUV「フォ ーチュナー」のCKD方式での生産を開始する という計画を発表した。生産は2014年6月より 開始されているが(工場の生産能力は3,000台/ 年)、生産されるフォーチュナーは当面すべて カザフスタン国内で販売される予定となって いる。

4.ウズベキスタン

(1)生産の状況 ウズベキスタン唯一の乗用車メーカーであ るGMウズベキスタンは、1996年にウズベキス タンの「ウズアフトサノアト(ウズベキスタン 自動車協会)」と韓国の大宇自動車の対等出資 で設立された(当時の名称はUZ-Daewoo)。大 宇破綻後はウズアフトサノアトが大宇側のシ ェアを買い取り株式の100%を保有していたが、 2007年末にGMがそのうちの25%を買い取る という形で新会社「GMウズベキスタン」が設 立され現在に至っている。GMウズベキスタン の自動車組立工場(年間生産能力25万台)はア

(17)

クサイ市に所在するが、その周辺には合弁の部 品工場が20以上存在し、組立工場に部品を供給 している。モデルによりローカルコンテンツの 値は異なるが、一部のモデルでは6~8割程度 に達している。残りの部品は輸入されているが、 その多くにつき特恵的な輸入関税率が適用さ れている。 GMウズベキスタンの生産台数は2003年ま では3~5万台前後で推移していたが、2004年 以降に生産台数が急激に増加し始め、2009年に はついに年産20万台を突破した。その後も高い 生産水準が維持されており、2014年にはほぼ前 年並みの24万5,660台が生産された。生産され るモデルの数も年々増加しており2014年には 合計で9モデルが生産されたが(6モデルが CKD方式で、3モデルがSKD方式で生産され ている)、最も生産台数が多かったのはコバル トで、その値は6万1,189台に達した。以下、ネ クシア:5万8,751台、ラセッティ(ジェント ラ):4万6,734台、スパーク:2万9,226台、ダ マス:2万790台、マチス:1万8,377台となっ ている(いずれもCKD方式の生産)。その他、 エピカ、キャプティバ、マリブの3モデルが合 計で1万593台、SKD方式で生産された。 (2)輸出の状況 ウズベキスタン政府はGMウズベキスタン の自動車を貴重な外貨獲得源と位置付けてお り、国内販売よりも輸出を重視している(輸出 の約8割はロシア向け)。その関係で、GMウズ ベキスタンで生産されるモデルの輸出価格は 国内価格よりも低く設定されている。たとえば、 2014年3月時点でのネクシアのロシアでの販 売価格は約8,000ドル~となっていたが、国内 価格の方は2013年末時点で1万7,000ドル近く に達していた。また、マチスもロシアでの販売 価格が7,000ドル~であるのに対し、国内での 販売価格は1万800ドルに達していた。 ただ、破格の安値にもかかわらず、GMウズ ベキスタンのモデルの外国市場での人気は低 迷し始めており、2014年の輸出台数は前年比 39.2%減の5万5,207台にとどまった(ASMホ ールディング発表の数字)。主力モデル別の状 況を見ると、陳腐化の傾向が顕著であるマチス の落ち込みが最も大きく、輸出台数は前年比 61.8%減の7,735台にとどまった。また、同様に 陳腐化の傾向が強いネクシアの輸出も不振で、 前年比55.4%減の1万3,712台となった。さらに、 2012年に生産が開始されたばかりのコバルト の輸出も早くも不振に陥っており、2014年の輸 出台数は前年比61.6%減の9,904台にとどまっ た。主力モデルの中で唯一輸出が好調だったの は新型ラセッティで(外国ではジェントラとい うモデル名で販売されている)、輸出台数は前 年比138.5%増の2万2,903台に達した。 (3)国内市場の状況 ウズベキスタンではGMウズベキスタンを 保護するために極端に高い輸入関税率が導入 されている。排気量2,000ccの新車を例にとれ ば、関税額は通関価格の20%+1cc当たり2ド ルに設定されている(ドル建て部分の値は排気 量により異なっており、最大で3ドル/ccに達 する)。その他、物品税、付加価値税、通関手 数料を支払う必要があり、実質の関税率は 100%を超えてしまう。中古車にも同様の関税 が課せられることになっており(中古車の関税 率は30%+1cc当たり3ドル)、いわゆる「遠い 外国」製の乗用車を輸入することは極めて困難 となっている。政府間協定に従い、ロシアの LADAの車だけは無関税で輸入できることに なっているが(ロシア製の外国ブランド車は高 い 輸 入 関 税 率 の 対 象 と な っ て い る 模 様 )、 LADAの輸入業者による決済用の外貨購入額 を制限するといった措置をウズベキスタン政 府が講じている関係で、LADA車の輸入も少量

(18)

にとどまっている。その他、輸入車に関しては、 国産車と比較して車検が通り難いという噂も 存在する。 以上のような事情が存在するため、同国の新 車市場における輸入車(その大半がLADA車) のシェアは5~6%程度で、残りはすべてGM ウズベキスタン社の車により占められている。 ASMホールディングのデータによれば、2014 年のGMウズベキスタンの国内販売台数は16 万5,172台とされているが、その数字を信じれ ば、同年のウズベキスタンの新車市場の規模は 17万台強だったということになる。しかし、ウ ズベキスタンの新車乗用車に対する実際の需 要はそれよりも大きく、GMウズベキスタン製 の新車を購入するには通常1年もしくはそれ 以上待つ必要があるといわれている。また、順 番待ちをせずに新車を購入したければ、販売店 に対し「追加料金」を支払う必要があるといわ れている11)。もっとも、「追加料金」を支払っ ても多少は待たされるので、それよりも急ぐ客 は中古車市場で1~2年落ちの中古車を購入 することが多くなっている。このため、ウズベ キスタンでは1~2年落ちの中古車の価格が 新車の正規販売価格(「追加料金」を考慮しな い価格)を上回ることが珍しくないといわれて いる。 もっとも、2014年後半ごろから、以上のよう な状況に変化がみられるようになっている。 GMウズベキスタンのモデルの外国市場での 販売が不振なため、国内市場に供給される同社 の新車の台数が増加傾向にあることや、以前と 比較すると新車に対する需要が減少している ことなどもあって、新車の順番待ちの期間がか なり顕著に短縮されつつあるのだ。その結果、 中古車の価格も下落傾向にあり、新車価格を上 回るケースはほとんどなくなっているといわ れている。 ちなみに、ウズベキスタンでは新車の購入規 則も特異なものとなっており、GMウズベキス タン製の新車を購入する際には、原則的に、銀 行に決済用の口座を開設し販売価格の85%に 相当する資金を振り込むことが必要となって いる。その約1年後に新車を獲得できるわけだ が、その間に新車価格が上昇した場合は、その 分を追加で当該の口座に振り込むことが必要 となっている。

おわりに

一時急激な伸びを示し日本企業にも注目さ れていたウクライナ市場だが、リーマンショッ ク以降、市場規模の縮小傾向に歯止めがかかっ ておらず、2014年の新車販売台数はついに10万 の大台を割ってしまった。政情不安を背景とす る販売不振からの脱却の兆しは全く見えてお らず、2015年も市場の縮小傾向が続くのは確実 とみられている。政情不安が長期化するような ことがあれば、ウクライナの乗用車市場ならび に自動車産業は文字通り壊滅的な打撃を受け ることになるかもしれない。そのような状況で あるから、少なくとも当面はウクライナ市場に 多くを期待することはできないであろう。幸い 今のところ中高価格帯のモデルの販売は比較 的安定しているので、日本メーカーの場合は、 そのブランド力を活かし利幅の大きな中高価 格帯のモデルを少量であっても確実に販売す るという戦略をとることが最適な対応策とな るかもしれない。 ベラルーシの乗用車市場は安定しているも のの市場規模は3万台未満と小さく、同国の経 済状況を勘案すると、今後、劇的に拡大する可 能性も低い。したがって、日本メーカーの同市 場への関心は全般的に低いと判断されるが、関 税同盟に加盟している国なので、ロシアで現地 生産しているモデルの販売先として一応視野 にいれておくべきであろう。その他、もし BelGeの現地生産プロジェクトが成功すれば、

(19)

ロシアの低価格車市場にも影響が及ぶ可能性 があるので、当該プロジェクトの動向にも注目 する必要があるだろう。 カザフスタンの2014年の新車販売台数は16 万台以上に達したが、これは、旧ソ連諸国の中 ではロシアに次ぐ事実上2番目の数字である (ウズベキスタン市場は特殊すぎて比較の対 象とはなり難い)。同国も産油国であるため経 済状況が悪化しており、2015年は市場規模がか なり大幅に縮小する可能性が高いとみられて いるが、ウクライナの凋落振りが著しいので、 恐らく、今後も旧ソ連諸国第2位の座は維持し 続けるであろう。ただ、カザフスタンの石油生 産量が伸び悩んでいることを勘案すると、油価 が回復し高値で安定するという状況が再現さ れない限り、同国市場がかつてのような勢いを 取り戻す可能性は低いと判断される。その他、 同国市場に関し筆者が注目しているのは、今の ところ24%にとどまっているSUVの市場シェ アが今後どの程度伸びるのかという点である。 カザフスタンの人々の購買力が上昇し、中高価 格帯のSUVの市場でのプレゼンスが強まれば、 同国市場の日本メーカーにとっての魅力はさ らに高まることになるであろう。 ウズベキスタンの自動車市場は非常に特殊 なので、現時点では日本メーカーにとっての魅 力は乏しいといえるが、同国は人口が多く潜在 的なポテンシャルが大きな市場であるし、正常 化の兆しもわずかとはいえ見え始めているの で、その動向を注意深くウォッチする必要があ るのではなかろうか。

【注】

1)ASMホールディング以外の調査機関も乗用車の 販売台数の数字を発表しているが、それらの数 字の間には微妙な差異が存在する。たとえば、 ウクライナの調査機関「Autoconsulting」によれ ば、2014年の新車市場の規模は前年比54%減の 9万2,400台だったとされている。 2)この特別関税の導入は、輸入車の価格の高騰と いう現象の他、課税対象から外されたディーゼ ル車のプレゼンスの強化という現象も生んだ。 調査会社「Autoconsulting」によれば、2013年3 月の時点で14%程度であったディーゼル車の 市場シェアが6月には20%を超え、さらに2014 年上半期には30%近くに達した。ちなみに、デ ィーゼル車の他に、排気量1,000cc未満の車と 2,200ccを超える車も特別関税の対象外となっ たが、該当するモデルの販売台数が顕著に伸び ることはなかった。 3)ZAZチャンスは、センスの輸出仕様車である。 4)自動車部品生産部門(ウクルアフトザプチャス チという会社が統括)、農業部門(アグロプロド インヴェスト社が統括)、造船・機械製造部門 (レーニンスカヤ・クズニャ社が統括)、製菓部 門(ROSHEN社が統括)等で構成されている。 5)すなわち、それまで車の小売価格と卸売価格の 差額分(つまり、小売店の利益分)だけが付加 価値税(税率は20%)の課税対象となっていた ものが、車の小売価格全体が課税対象になった。 その結果、車購入時の消費者の負担額は16~ 20%増加した。 6)多くのディーラーが、この3万3,000~3万5,000 台という強気の市場予測を信じ仕入れを行っ たため、2015年初頭時点での2014年製の車の在 庫はベラルーシ全体で1万台を超えていた。 7)フォード・ユニオンでは1997年春よりフォード・ トランジットとエスコートの生産が開始され たが、販売の伸び悩みなどもあり2001年にフォ ードはこのプロジェクトから撤退した。 8)カザフスタン中央銀行は2014年2月11日に、自 国通貨テンゲの対ドル為替レートを10日時点 より約20%安い1ドル=約185テンゲに切り下 げると発表した。 9)その他、ロシアのマンションやアパートを購入 するカザフスタン人も多かったといわれてい る。これは、本来であればカザフスタンの自動 車市場に投下されたかもしれない資金が、ロシ アの不動産市場に流出したことを意味し、カザ フスタンの自動車市場に否定的影響を及ぼし た可能性が考えられる。 10)3位以下の顔ぶれは、起亜:4億2,285万ドル、 現代:2億9,713万ドル、シボレー:2億4,438万 ドル、日産:1億7,305万ドル、ルノー:1億4,643 万ドル、GAZ:1億2,830万ドル、シュコダ:1 億2,046万ドル、大宇:1億1,742万ドルとなって いる。 11)ウズベキスタンの自動車販売店のマージンは平 均で2%程度にすぎないが、この「追加料金」 のおかげでどの販売店も巨額の利益をあげて いるといわれている。

Updating...

参照

Updating...

Scan and read on 1LIB APP