のことをできるようになるために これからも 聞 くこと を 大 切 にした 授 業 を 展 開 していきたい 英 語 の 授 業 がどちらかといえばきらい と 答 えた 児 童 は 4 月 の 時 点 では 英 語 の 授 業 がきらい と 答 えていた 少 しずつ 授 業 内 容 を 理 解 しは

全文

(1)

第6学年 英語科学習指導案

平成27年11月11日(金)第5校時 1 単元名 Lesson6 『 He(She) likes~. {He(She) plays~.} 』

2 単元について これまでの学習では、ことばを使って互いを知ることの楽しさを感じさせることでコミュニケーションへの 意欲が高められると考え、これらの表現を使って、自分のことを伝えたり、相手のことを尋ねたりしながらコ ミュニケーション活動を行ってきた。本単元では、外国語活動をもとに、今までたくさん聞かせて、話せるよ うになってきている音声をReading や Writing で、文字にふれさせていくことで、より一層英語に対する理解 を深められる授業を展開していく。

具体的には、児童は、英語科として、 “I like~.” “I play~.” “I eat~.” “I have~.” “I want~.” “I’m~.” を学習 している。本単元では、 “He(She) likes~.” “He(She) plays~.” を学習する。文法事項としては、三人称単数 現在形をはじめて扱う。これまでの自分と相手との関係での対話活動に第三者が加わることで、言語活動の幅 を大きく広げることが可能である。

第1時では、 “He(She) likes~.”を用いた表現方法に慣れ親しむ。Sit Down Game で自分自身のことを話さ せた後に、友だちが話したことを尋ね、答えさせたことを “○○ likes~.” と英語で聞かせていく。さらには、 Who is he(she)?クイズを行い、彼や彼女を表す言い方に慣れ、理解させる。 第2時では、第1時から扱ってきた好きなスポーツを表す表現に、Reading でふれさせる。今まで繰り返し 聞いて音としてためてきたものを視覚で確認することで、表現方法の理解を深める。 第3時では、友だちのことを話したり、聞いたり、読んだりしたことを、書くことでも表現させる。話すこ と以外にも授業で得た友だちの情報を表現できることに気付かせる。

第4時では、 “He(She) plays~.” を用いた表現活動に慣れ親しむ。Reading では、新しいテキストを用いて、 よくするスポーツを表す表現にふれる。また、テキストでは、否定文 “doesn’t” にもふれることで、自分のこ とを表す場合と、友だちのことを表す場合では、表現方法が異なることに気付かせる。 第5時では、今まで学習してきたことを話す活動を中心に表現させる。自分の好きなことやよくすること、 友だちの好きなことやよくすることなど、クラス全体でコミュニケーションができる授業を展開する。 第6時では、Listening、Singing、Speaking・Listening、Writing の中から3つ学習したいことを選択させ、 内容の定着を図る。 この単元を通して、自分のことを表現する場合と友だちのことを表現する場合とでは、動詞が変化すること などを自ら発見させ、ことばの学びを楽しませたい。 3 児童の実態 本学級の児童の英語に関する実態を把握するために、アンケートを行った。 ≪アンケート結果データ省略≫ 本学級の児童は、昨年の4月より週に2時間、教科化に向けた素地づくりのため、外国語活動の授業を充実 させる中で、特に、「聞くこと」を大事に活動してきた。今年度は週2時間英語科を実施している。これま では聞くことでたくわえてきた音声から、今年度は「話すこと」もできるようになってきている。「自分の 好きなこと(もの)を紹介できる」と全員の児童が答えており、さらには、「英語の文章で話せること」を 望む児童が多い。昨年度の学びが児童の自信と意欲につながり、児童の望むことが高度になってきているこ とを感じる。また、「英語が読めるようになること・書けるようになること」も望んでいる。児童がこれら

(2)

のことをできるようになるために、これからも「聞くこと」を大切にした授業を展開していきたい。 「英語の授業がどちらかといえばきらい」と答えた児童は、4月の時点では、「英語の授業がきらい」と 答えていた。少しずつ、授業内容を理解しはじめ、英語を学習することに対しての抵抗感が薄れてきている。 英語の学習を通して、「クラスの友だちの好きなことや好きなものを知りたい」という児童の想いが強く なっている。生きたことばを使うことで互いを知ることの楽しさを味わうことができる授業を目指し、コミ ュニケーション活動を中心とした授業展開を工夫していきたい。 4 研究主題との関連 研究主題「ことばの学びを楽しみ、進んでコミュニケーションしようとする児童の育成」~「聞くこと・「話 すこと」を大切にし、コミュニケーションにつなげる授業の工夫~を受け、高学年では、目指す児童像を「こ とばへの気付きを楽しみ、英語の音声や表現に慣れ親しみながら進んで表現しようとする子」として研究を進 めている。

そのために本単元では、これまで学習してきた “I like~.” や “ I play~.” といった表現を使いながら、自分 のことを音声や文字で伝え合う活動を行う。そして、得た友だちの情報を第3三者に “He(She) likes~.” や “ He(She) plays~.”といった表現を使い、音声や文字で伝える活動に発展させる。英語科として学習する言語 材料は、「Hi, friends! 1・2」で一度扱っているもので構成されている。英語科の授業は、「昨年度外国語活動 でたくわえてきた音声を繰り返し聞かせ、更に文字で表すとどうなるか」という視点で構成している。文章で 書く活動を通して、文の始めは大文字で表すこと、単語と単語の間は空けること、複数のものを表すときは表 記の仕方が変わること(s,es など)、ローマ字書きと単語の綴りは違うことなどに気付くことができた。本単元 では更に動詞の変化にも気付くことを期待している。また、Reading でふれた文章をもとに、自分のことや友 だちのことを話す活動も取り入れていく。自然なコミュニケーションの場で英語を使う機会を設け、生きたこと ばを使い合えるように授業を構成していきたい。 5 単元のねらいと評価の計画(6時間扱い) (1)単元のねらい ・積極的に言語活動を行い、自分のことについて話し、相手のことについてを聞き、友だちを紹介し、コミュ ニケーションを図ろうとする。 【コミュニケーションへの関心・意欲・態度】 ・“I like~.”, “He(She) likes~.” “I play~.”, “He(She) plays~.”を使って、自分のことや友だちのことを話したり、

書いたりして表現することができる。 【外国語表現の能力】 ・“I like~.”, “He(She) likes~.” “I play~.”, “ He(She) plays~.”の表現の会話を聞いたり、文章を読んだりして、

話の内容を理解することができる。 【外国語理解の能力】 ・日本語と英語の単語や文章の表記の違いを理解している。 【言語や文化についての知識・理解】 (2)評価の計画 (◎本時で重点的に行う評価・〇単元を通して可能な限り見取り積み重ねていく評価) 時 間 ◆ねらい ・学習活動 コミュニケーシ ョンへの関心・ 意欲・態度 表現の能力 理解の能力 言語・文化 についての 知識・理解 1 ◆“He(She) likes~.”を用いた表現方法を理解 する。 ・友だちのことについて答えることを通して、 “He(She) likes~.”の表現方法を理解する。 〇 ◎ 2 ◆“He(She) likes~.”を用いた表現方法を理解 〇 ◎

(3)

する。 ・Reading で文字にふれることを通して、 “He(She) likes~.”の表現方法を理解する。 3 ◆“He(She) likes~.”を用いて話す。 ◆話したことばを用いて“He(She) likes~.”を 文で書く。 〇 ◎ ◎ 4 本 時 ◆“He(She) plays~.”を用いた表現方法を理解 する。 ・友だちのことについて答えることを通して、 “He(She) plays~.”の表現方法を理解する。 ・Reading で文字にふれることを通して、 “He(She) plays~.”の表現方法を理解する。 〇 ◎

5 ◆“He(She) likes~.” “He(She) plays~.”を用 いて、コミュニケーションを図ろうとする 態度を育てる。 ◎ 6 ◆選択学習(Listening、Singing、Speaking・ Listening、Writing)を行い、内容の定着を 図る。 〇 〇 〇 〇 6 指導の計画(6時間扱い)

Lesson6 He(She) likes~. {He(She) plays~.}

単時 1 2 3 4(本時) 5 6 学習過程 活 動 例 ウ ォ ー ム ・ ア ッ プ あいさつ Sit Down Game

「好きな動物は?」 Sit Down Game 「好きなスポー ツは?」

Sit Down Game 「好きな食べ物

は?」

Sit Down Game 「演奏する楽器

は?」

Sit Down Game 「遊びたい乗り 物は?」 選択学習12’ ×3 Listening DVD を 観 る。 ( 興 味 あ る 話) Singing CD を歌った り、聞いたり する。 Speaking・ Listening ALT ・ JTE と会話する。 Writing プ リ ン ト で 学習する。 Writing パ ソ コ ン に 文字を打つ。 Song 「This Old Man」

レ ッ ス ン ・ チ ャ レ ン ジ Main-1 「Who is he (she)? ク イ ズ この友だ ちは誰?」 Main-1 「Who is he (she)?クイ ズ この友だ ちは誰?」 Main-1 Reading Lesson6-1 Main-1 Reading Lesson6-2 Main-1 Reading Lesson6-2 Main-2 Talking 「 好 き な 動 物 を話そう」 I like~. He(She) likes~. Main-2 Reading Lesson6-1 Main-2 Talking 「 好 き な 食 べ 物を話そう」 I like~. He(She) likes~. Main-2 Talking 「 好き なこ とや よ く す る ス ポ ー ツ を話そう」 I like~.I play~. He(She) likes~. He(She) plays~. Main-2 Talking 「 好き なこ とや よ く す る ス ポ ー ツ などを話そう」 I like~. I play~. He(She) likes~. He(She) plays~. Main-3 Talking 「 好 き な ス ポ ー ツ を 話 そ う」 I like~. He(She) likes~. Main-3 Writing 自 分 と 友 だ ち の 好 き な こ と を書く Main-3 Writing 自分と友だちの 好きなことやよ くするスポーツ を書く Main-3 Writing 自分と友だちの 好きなことやよ くするスポーツ などを書く

(4)

文字遊び(アルファベットに慣れる活動) カードとり・WORD BOOK を使って・文字に注目して ト ッ プ ・ オ フ ふり返り・アルファベットの聞き取り あいさつ 表 現 例 He likes cats. She doesn’t like rabbits.

Does he like dogs?

What sport do you like the best?

I like basketball. Do you like basketball? Yes, I do.

I like basketball, too. Takeshi likes basketball.

What sport do you play? I play soccer.

Do you play soccer?

No, I don’t. I don’t play soccer. I play tennis.

Kaoru doesn’t play soccer. But she plays tennis. 語

彙 例

スポーツ(tennis, soccer, baseball, basketball, volleyball, badminton, table tennis, gymnastics, judo, kendo, ice-skating, track and field, horse riding)etc.

食べ物(spaghetti, pizza, hamburger steak, sushi, cake, pudding, ice-cream, juice,)etc. 7 本時のねらいと評価規準

◆“He(She) plays~.”を用いた表現方法を理解する。

〇自分のことについて話し、相手のことを聞いて積極的に伝えようとしている。

【コミュニケーションへの関心・意欲・態度】 ◎“I play~.”, “He(She) plays~.”の表現の会話を聞いたり、読んだりすることで尋ねられたことや話の内容を理

解することができる。 【外国語理解の能力】 8 授業改善の視点

①たくさんの英語を自然なコミュニケーションの場で聞かせるための工夫をする。

毎時間行っている「Sit Down Game」では、児童が答えたことに対して、周りの児童に尋ねることで、友 だちの考えと自分の考えを比べさせ、しっかり聞かせることで自分の好きなことを答えられるように指導し ていく。「You like~.」だけでなく、「She likes~.」や「He likes~.」、「○○ likes~.」などを用い、必ず2~

3回繰り返し、聞かせるようにする。ALT や JTE と一緒に授業を行う場合には、交互にテンポよく尋ねる

ことで、たくさんの英語を児童に聞かせられるようにする。また、授業の中で児童にたくさんの英語にふれ させるために、教師の指示もなるべく英語を用いて行う。授業そのものを英語の世界にしていくことで、児 童に類推する力をつけさせる授業展開を目指す。

②自分のことと友だちのことを文章で表す活動を取り入れる。

この単元では、友だちのことを “He(She) likes~.” や“ He(She) plays~.”を使って伝え合う活動を行う。 文章を見ることで、自分のことを表現する場合と、友だちのことを表現する場合では、表現方法が異なるこ とを明確に気付かせていくことができると考える。そのために、 “I like .” “名前 likes .”のような 形で単語を書き入れる学習を行う。児童が無理なく文章に表すための工夫である。また、書いて表現する時 間を授業の終末に位置づけることで、授業の中で得た友だちの情報を文字で表せるようにする。繰り返し行 うことで、一人でも多くの友だちのことを表現できるようになれば、児童に意欲や自信をもたせることがで きると考える。 9 本時の展開(第4時/6時間) 活動内容 (時間) 児童の活動 ティームティーチング ○指導上の留意点 ◎教材・教具 ◆本時で重点的に行う 評価と評価方法 ◇単元を通して可能な 限り見取り積み重ね ていく評価と評価方 法 担任の活動 英語専科の活動

(5)

1 あいさつ (1分) 2 Sit Down Game 「演奏する楽 器は?」 (15分) ・児童全員を立たせ、 担任と英語専科が児 童一人一人に、演奏 する楽器を尋ねる。 ・演奏する楽器を答え ら れ た 児 童 か ら 座 る。周りの児童に、 その楽器を演奏する かどうか尋ねる。 ・全員が答え終わった ら、誰がどの楽器を 演奏するか尋ね、答 えられた児童から座 る。 ・英語専科と分担し、 児童一人一人に、演 奏 す る 楽 器 を 尋 ね る。 ・演奏する楽器を答え られた児童から座ら せる。 ・英語専科の表現を聞 かせられるように、 英語専科と交互に尋 ねていく。 ・誰がどの楽器を演奏 するか尋ね、答えら れた児童から座らせ る。 ・担任と分担し、児童 一人一人に、演奏す る楽器を尋ねる。 ・演奏する楽器を答え られた児童から座ら せる。 ・周りの児童に、その 楽器を演奏するかど うか尋ねる。 ・誰がどの楽器を演奏 するか尋ね、答えら れた児童から座らせ る。 ○一つの文章を繰 り返し、何度も 聞かせる。 ◎楽器カード ◇演奏する楽器に ついて、積極的 に伝えようとす る。【コミュニケ ーションへの関 心・意欲・態度】 〈行動観察〉 ◆演奏する楽器に ついて、尋ねら れた内容を理解 することができ る。【外国語理解 の能力】 〈行動観察〉 3 Song 「 This Old Man」 (5分) ・楽しく英語の歌を歌 う。 ・CDに合わせて歌え る部分を歌う。 ・児童とともに楽しく 歌う。児童の表情を よく観察する。 ・絵やジェスチャーな どで歌の大体の意味 が わ か る よ う に す る。 ・児童とともに楽しく 歌う。 ・児童に歌を聞かせる。 ○日本語を介さず に、英語を理解 させるために、 歌の意味は「直 訳」しないで、 絵やジェスチャ ーなどで大体の 意味を理解させ る。 ◎CD 4 Main-1 Reading Lesson6-2 (6分) ・プリントを見ながら、 よくするスポーツの 尋 ね 方 や 、 友 だ ち (彼、彼女)のよく するスポーツの伝え 方を文字で認識させ る。 ・プリントを見ながら、 担任や英語専科と一 緒に読む。 ・児童と一緒に声に出 して読む。 ・プリントを見せなが ら、よくするスポー ツの尋ね方や、友だ ち(彼、彼女)のよ くするスポーツを読 み上げ、文字で認識 させる。 〇担任と英語専科 が役割分担し、 書かれているこ とを読み上げる ことで話の内容 を理解させる。 ◎プリント ◆自 分 が よ く す る ス ポ ー ツ や 友 だ ち の よ く 担 任:“Let’s start today’s English lesson.”

英語専科 : “Good morning(Hello), everyone. How are you ?” 児 童:“I’m fine, thank you . And you ?”

英語専科 : “I’m fine, too, thank you. ”

“What instrument do you play?” “You play the piano.”

“I play the piano, too.” “OK!Please, sit down.” “Do you play the piano?”

(6)

す る ス ポ ー ツ の 表 現 方 法 を 理解する。 【外国語理解の 能力】 〈行動観察〉 5 Main-2 Talking 「 好 き な こ と や よ く す る ス ポ ー ツ を 話そう」 (8分) ・Reading に書かれてい ることを発展させ好 きなことやよくする スポーツをテーマに 話す。 ・ペアになって、好きな ことやスポーツについ て自由に話す。 ・いくつかのペアの1人 を指名し、友だちにつ いてわかったことをみ んなに話して伝える。 ・教師は、児童と児童の 活動をつなぐ。 ・児童を指名する。 ・児童が日本語で言っ たことばを英語で繰 り返す。 〇ペアで自由に話 すことで、「話し た内容をみんな は知らない」と いう場を設定す る。 6 Main-3 Writing 「 自 分 と 友 だ ち の 好 き な こ と や よ く す る ス ポ ー ツを書こう」 (5分) ・自分と友だちの好きな ことやよくするスポ ーツを “I like~.” “〇 〇likes~.”や “I play~.” “〇〇plays~.” と書く。 ・中学校で学ぶアルファ ベットの書き方を見 せる。 ・書き終えた児童のとこ ろで、その文を読む み、英語の音声を聞か せていく。 ・児童の書いた文字を確 認しながら読み、英語 の音声を聞かせてい く。 〇アルファベット の書き順表を手 元に置かせ、適 宜確認すること ができるように する。 ◎4線黒板 ◎プリント ◎WORDBOOK ◎辞書 7 振り返り (4分) ・英語専科の英語また はアルファベットを 聞き取りプリントに 記入する。 ・振り返りカードで今 日の活動を自己評価 する。 ・気付いたこと・慣れ てきたこと等で自己 評価させる。 ・今まで学習したこと のある、英語または アルファベットを読 み上げる。 ○次時の意欲につ ながるように、 具体的に児童の よかった点を評 価する。 〇聞き取ったアル ファベットが単 語と結びついて いることに気付 く 児 童 が い れ ば、綴りと音の 関係も体感させ る。 ◎振り返りカード ”What sport do you play?”

“I play soccer.” “Do you play soccer?”

“No, I don’t. I don’t play soccer.” “I play tennis.”

“Kaoru doesn’t play soccer. But she plays tennis.”

”What sport do you play?”

“I like soccer. So, I play soccer. ” “Do you play soccer?”

“No, I don’t. I play tennis. But, I like soccer.”

“〇〇 likes soccer. 〇〇 plays tennis.”

(7)

8 あいさつ

(1分) 担任:児童:“That’s all for today’s lesson !” “Thank you , Ms. ○○.” 担任:“Thank you, too.”

児童:“Thank you , Ms. ○○.”

Updating...

参照

Updating...