巻名- - 1桐壺[解題]場面は 高麗の人相見に源氏が対面するところ 向きは逆だが 京都国立博物館蔵 源氏物語画帖 にも同じ場面があり 桐壺巻を絵画化するときには よく見られる構図である 画面右が右大弁 左から二番目が光源氏 そのとなりが高麗の相人 右手下には車と従者二人が描かれている 光源氏の装束

全文

(1)

中下段には、 画面が取材したと思われる本文、 および画面についての解説を、 [該当本文]   源氏物語』 (新潮社)を用いた。 =  =

(2)

1 

桐 

[解題]   場 面 は、 高 麗 の 人 相 見 に 源 氏 が 対 面 す る と こ ろ。 向 き は 逆 だ が、 京 都 国 立 博 物 館 蔵『 源 氏 物 語 画 帖 』 にも同じ場面があり、 桐壺巻を絵画化するときには、 よ く 見 ら れ る 構 図 で あ る。 画 面 右 が 右 大 弁、 左 か ら 二 番 目 が 光 源 氏、 そ の と な り が 高 麗 の 相 人。 右 手 下 には車と従者二人が描かれている。   光源氏の装束は、 雲立湧を模したものと思われる。 「 立 湧 」 は、 蒸 気 が 立 ち 上 る 様 子 を か た ど っ た と さ れ る め で た い 文 様 で あ り、 そ の た め、 関 白 の 袍 や 親 王 の 袴 な ど に 用 い ら れ る。 縦 方 向 に 湾 曲 し た 曲 線 が 連 続 し、 ふ く ら み の 部 分 に 様 々 な デ ザ イ ン が 描 か れ る。 当 絵 巻 に お け る 源 氏 の 装 束 に は、 よ く み ら れ る 文様である。 [該当本文]   そ の こ ろ、 高 麗 人 の 参 れ る な か に、 か し こ き 相 人 あ り け る を き こ し め し て、 宮 の 内 に 召 さ む こ と は、 宇 多 の 帝 の 御 誡 あ れ ば、 い み じ う 忍 び て、 こ の 御 子 を 鴻 臚 館 に つ か は し た り。 御 後 見 だ ち て つ か う ま つ る 右 大 弁 の 子 の や う に 思 は せ て 率 て た て ま つ る に、 相 人 お ど ろ き て、 あ ま た た び 傾 き あ や し ぶ。 「 国 の 親 と な り て、 帝 王 の 上 かみ な き 位 に の ぼ る べ き 相 お は し ま す 人 の、 そ な た に て 見 れ ば、 乱 れ 憂 ふ る こ と や あ ら む。 お ほ や け の か た め と な り て、 天 下 を 輔 く る か た に て 見 れ ば、 ま た そ の 相 違 ふ べ し 」 と 言 ふ。 弁 も い と 才 か し こ き 博 士 に て、 言 ひ か は し た る こ と ど も な む、 い と 興 あ り け る。 文 な ど 作 り か は し て、 今 日 明 日 帰 り 去 り な む と す る に、 か く あ り が た き 人 に 対 面 し た る よ ろ こ び、 か へ り て は 悲 し か る べ き 心 ば へ を、 お も し ろ く 作 り た る に、 御 子 も い と あ は れ な る 句 を 作 り た ま へ る を、 限 り な う め で た て ま つ り て、 い み じ き 贈 り 物 ど も を 棒 げ た て ま つ る。 朝 おほ 廷 やけ よ り も 多 く の 物 賜 は す。 お の づ か ら こ と ひ ろ ご り て、 漏 ら さ せ た ま は ね ど、 春 宮 の 祖 お ほ ぢ 父 大 臣 な ど、 い か な る こ とにかとおぼし疑ひてなむありける。

(3)

2 

帚 

[該当本文]   つ れ づ れ と 降 り 暮 ら し て、 し め や か な る 宵 の 雨 に、 殿 上 に も を さ を さ 人 少 な に、 御 との 宿 ゐ 直 どころ 所 も 例 よ り は の ど や か な る こ こ ち す る に、 大 殿 油 近 く て、 書 ど も な ど 見 た ま ふ。 近 き 御 厨 子 な る、 い ろ い ろ の 紙 な る 文 ど も を 引 き 出 で て、 中 将 わ り な く ゆ か し が れ ば、 「 さ り ぬ べ き、 す こ し は 見 せ む。 か た は な る べ き も こ そ 」 と、 許 し た ま は ね ば、 「 そ の う ち と け て、 か た は ら い た し と お ぼ さ れ む こ そ ゆ か し け れ。 お し なべたるおほかたのは、 数ならねど、 程々につけて、 書 き か は し つ つ も 見 は べ り な む。 お の が じ し、 う ら め し き を り を り、 待 ち 顔 な ら む 夕 暮 れ な ど の こ そ、 見所はあらめ」と怨ずれば、 (中略) 「 そ の 品 々 や い か に。 い づ れ を 三 つ の 品 に 置 き て か 分 く べ き。 も と の 品 高 く 生 ま れ な が ら、 身 は 沈 み、 位 み じ か く て、 人 げ な き、 ま た 直 人 の 上 達 部 な ど ま で な り の ぼ り、 我 は 顔 に て 家 の う ち を 飾 り、 人 に 劣 ら じ と 思 へ る、 そ の け ぢ め を ば い か が 分 く べ き 」 と 問 ひ た ま ふ ほ ど に、 左 の 馬 の 頭、 藤 式 部 の 丞、 御 物 忌 に こ も ら む と て 参 れ り。 世 の す き も の に て、 も の よ く 言 ひ 通 れ る を、 中 将 待 ち と り て、 こ の 品 々 を わ きまへ定めあらそふ。いと聞きにくきこと多かり。 [解題]   帚 木 巻 の 物 語 冒 頭、 源 氏、 頭 中 将、 左 馬 頭、 藤 式 部 丞 が 女 性 談 義 に 花 を さ か せ る 雨 夜 の 品 定 め の 場 面 で あ る。 よ く 絵 画 化 さ れ る 場 面 で あ る が、 源 氏、 頭 中 将 の 二 人 の パ タ ー ン と、 当 該 場 面 の よ う に 四 人 の パターンがある。   画 面 中 央 の 奥、 灯 台 の 左 に 位 置 す る の が 源 氏、 そ の 右 側 が 頭 中 将 で あ ろ う。 画 面 手 前 左 の 赤 袍 の 人 物 の 冠 が 巻 纓 と し て 描 か れ て い る。 文 官 は、 二 枚 の 纓 を 垂 ら す が( 垂 纓 )、 武 官 は、 活 動 の 便 を 図 っ て 上 に 巻 き 上 げ( 巻 纓 )、 こ の 四 人 の な か で、 武 官 に 相 当 す る の は 左 馬 頭 で あ る。 よ っ て、 残 る 青 い 衣 の 人 物が、藤式部丞である。

(4)

3  空  蝉 [該当本文]   人 見 ぬ か た よ り 引 き 入 れ て、 お ろ し た て ま つ る。 童 な れ ば、 宿 直 人 な ど も、 こ と に 見 入 れ 追 従 せ ず、 心 や す し。 東 の 妻 戸 に 立 て た て ま つ り て、 わ れ は 南 の 隅 の 間 よ り、 格 子 た た き の の し り て 入 り ぬ。 御 達 「 あ ら は な り 」 と 言 ふ な り。 ( 中 略 ) さ て 向 か ひ ゐ た ら む を 見 ば や、 と 思 ひ て、 や を ら 歩 み 出 で て、 簾 の はさまに入りたまひぬ。   こ の 入 り つ る 格 子 は ま だ さ さ ね ば、 隙 見 ゆ る に、 寄 り て 西 ざ ま に 見 通 し た ま へ ば、 こ の 際 に 立 て た る 屏 風 も、 端 の か た お し 畳 ま れ た る に、 ま ぎ る べ き 几 帳 な ど も、 暑 け れ ば に や、 う ち 掛 け て、 い と よ く 見 入 れ ら る。 火、 近 う と も し た り。 母 屋 の 中 柱 に そ ば め る 人 や わ が 心 か く る と、 ま づ 目 と ど め た ま へ ば、 濃 き 綾 の 単 襲 な め り、 何 に か あ ら む 上 に 着 て、 頭 つ き ほ そ や か に、 ち ひ さ き 人 の、 も の げ な き 姿 ぞ し た る。 顔 な ど は、 さ し 向 か ひ た ら む 人 な ど に も、 わ ざ と 見 ゆ ま じ う も て な し た り。 手 つ き 痩 せ 痩 せ に て、 い た う ひ き 隠 し た め り。 今 一 人 は、 東 向 き に て、 残 る と こ ろ な く 見 ゆ。 白 き 羅 の 単 襲、 二 藍 の 小 袿 だ つ も の、 な い が し ろ に 着 な し て、 紅 の 腰 ひ き 結 へ る 際 ま で 胸 あ ら は に、 ば う ぞ く な る も て な し な り。 い と 白 う を か し げ に、 つ ぶ つ ぶ と 肥 え て、 そ ぞ ろ か な る 人 の、 頭 つ き 額 つ き も の あ ざ や か に、 ま み 口 つ き い と 愛 敬 づ き、 は な や か な る 容 貌 な り。 髪 は い と ふ さ や か に て、 長 く は あ ら ね ど、 さ が り ば、 肩 の ほ ど き よ げ に、 す べ て い と ね ぢ け た る と こ ろ な く、 を か し げ な る 人 と 見 え た り。 む べ こ そ、 親 の 世 に な く は 思 ふ ら め と、 を か し く 見 た ま ふ。 こ こ ち ぞ、 な ほ 静 か な る け を そ へ ば や と、 ふ と 見 ゆ る。 か ど な き に は あ る ま じ、 碁 打 ち 果 て て、 闕 さ す わ た り、 心 と げ に 見 え て、 き は き は と さ う ど け ば、 奥 の 人 は い と 静 か に の ど め て、 「 侍 ち た ま へ や。 そ こ は 持 に こ そ あ ら め。 こ の わ た り の 劫 を こ そ 」 な ど 言 へ ど、 「 い で、 こ の たびは負けにけり。 隅のところどころ、 いでいで」 と、 指 を か が め て、 「 十、 二 十、 三 十、 四 十 」 な ど か ぞ ふ る さ ま、 伊 予 の 湯 桁 も た ど た ど し か る ま じ う 見 ゆ。 す こ し 品 お く れ た り。 た と し へ な く 口 お ほ ひ て、 さ や か に も 見 せ ね ど、 目 を し つ と つ け た ま へ れ ば、 お の づからそば目に見ゆ。 目すこし腫れたるここちして、 鼻 な ど も あ ざ や か な る と こ ろ な う ね び れ て、 に ほ は し き と こ ろ も 見 え ず、 言 ひ 立 つ れ ば、 わ ろ き に よ れ る 容 貌 を、 い と い た う も て つ け て、 こ の ま さ れ る 人 よりは心あらむと、目とどめつべきさましたり。 [解題]   場 面 は、 空 蝉 と そ の 継 娘 の 軒 端 の 荻 が 碁 を 打 つ と こ ろ。 人 物 の 配 置 と し て は、 画 面 中 央 正 面 を 向 い て い る が 軒 端 の 荻、 後 姿 が 空 蝉、 碁 盤 の 脇 に い る の が 空 蝉 の 弟 の 小 君、 画 面 手 前 の 御 簾 と 格 子 の 間 で 垣 間 見するのが源氏である。   空 蝉 巻 で は よ く 絵 画 化 さ れ る 有 名 な 場 面 で あ る。 人 物 の 配 置 や 向 き な ど に よ り、 パ タ ー ン が 分 か れ る が、 原文に「まぎるべき几帳なども、 暑ければにや、 う ち 掛 け て 」 と あ る と お り、 几 帳 が ま き あ げ ら れ て い る 様 子 が 描 か れ て い る も の が 多 く、 当 絵 巻 も そ れ を 踏 襲 し て い る。 た だ し、 全 体 的 に、 簀 子 の 位 置 や 部屋の形など、 ややゆがみのある構図となっている。

(5)

夕  顔 れ た る 遣 戸 口 に、 黄 な る 生 絹 の 単 袴、 長 く 着 な し た る 童 の、 を か し げ な る、 出 で 来 て、 う ち 招 く。 白 き 扇 の、 い た う こ が し た る を、 「 こ れ に 置 き て 参 ら せ よ。 枝 も な さ け な げ な め る 花 を 」 と て、 取 ら せ た れ ば、 門あけて惟光の朝臣出で来たるして、 奉らす。 「鍵 を置きまどはしはべりて、 いと不便なるわざなりや。 も の の あ や め 見 た ま へ 分 く べ き 人 も は べ ら ぬ わ た り なれど、 らうがはしき大路に立ちおはしまして」と、 かしこまり申す。引き入れて下りたまふ。 [解題]   夕 顔 巻 冒 頭、 乳 母 の 見 舞 い に 訪 れ た 源 氏 が 隣 家 の 垣 根 に 咲 く 白 い 夕 顔 の 花 に 目 を 留 め、 随 身 に 命 じ て 一 枝 所 望 す る。 場 面 は、 随 身 が そ の 家 の 女 童 か ら、 扇 に の せ た 夕 顔 を 受 け 取 る と こ ろ。 源 氏 自 身 は、 画 面左手前の車の中にいるため、描かれていない。   夕顔を渡した女童の装束について、 原文では、 「黄 な る 生 絹 の 単 袴、 長 く 着 な し た る 童 」 と あ る が、 全 体 の 色 の コ ン ト ラ ス ト の た め か、 黄 色 で は な く 薄 紅 の小袿に紅袴で描かれている。   画 面 中 央 奥 に 御 簾 の 中 に 二 人 の 女 性 が 描 か れ て い る の は、 「 上 は、 半 蔀 四 五 間 ば か り あ げ わ た し て、 簾 な ど も い と 白 う 涼 し げ な る に、 を か し き 額 つ き の 透 影、 あ ま た 見 え て の ぞ く 」 と い う 夕 顔 の 君 の 邸 内 の様子を描いたものである。 [該当本文]   御 車 入 る べ き 門 は 鎖 し た り け れ ば、 人 し て 惟 光 召 さ せ て、 侍 た せ た ま ひ け る ほ ど、 む つ か し げ な る 大 路 の さ ま を 見 わ た し た ま へ る に、 こ の 家 の か た は ら に、 桧 垣 と い ふ も の 新 し う し て、 上 は、 半 蔀 四 五 間 ば か り あ げ わ た し て、 簾 な ど も い と 白 う 涼 し げ な る に、 を か し き 額 つ き の 透 影、 あ ま た 見 え て の ぞ く。 た ち さ ま よ ふ ら む 下 つ か た 思 ひ や る に、 あ な が ち に た け 高 き こ こ ち ぞ す る。 い か な る 者 の 集 へ る な ら む と、 や う か は り て お ぼ さ る。 御 車 も い た く や つ し た ま へ り、 前 駆 も 追 は せ た ま は ず、 誰 と か 知 ら む と う ち と け た ま ひ て、 す こ し さ し の ぞ き た ま へ れ ば、 門 は 蔀 の や う な る、 押 し あ げ た る、 見 い れ の ほ ど な く、 ものはかなき住ひを、 あはれに、 何処かさして、 と、 思 ほ し な せ ば、 玉 の 台 も 同 じ こ と な り。 き り か け だ つ 物 に、 い と 青 や か な る か づ ら の、 こ こ ち よ げ に は ひ か か れ る に、 白 き 花 ぞ、 お の れ ひ と り 笑 の 眉 ひ ら け た る。 「 遠 方 人 に も の 申 す 」 と、 ひ と り ご ち た ま ふ を、 御 随 身 つ い ゐ て、 「 か の 白 く 咲 け る を な む、 夕 顔 と 申 し は べ る。 花 の 名 は 人 め き て、 か う あ や し き 垣 根 に な む、 咲 き は べ り け る 」 と、 申 す。 げ に い と 小 家 が ち に、 む つ か し げ な る わ た り の、 こ の も か の も、 あ や し く う ち よ ろ ぼ ひ て、 む ね む ね し か ら ぬ 軒 の つ ま な ど に、 は ひ ま つ は れ た る を、 「 く ち を し の 花 の 契 り や。 一 ふ さ 折 り て 参 れ 」 と の た ま へ ば、 こ の 押 し あ げ た る 門 に 入 り て 折 る。 さ す が に さ

(6)

若  紫 [解題]   瘧 病 に な っ た 源 氏 が、 祈 祷 の た め 訪 れ た 北 山 か ら 帰 京 す る と き、 迎 え に や っ て き た 頭 中 将 た ち と、 野 外で宴をする場面。   人 物 配 置 と し て は、 場 面 中 央 に 白 い 冠 直 衣 姿 で 描 か れ て い る の が 源 氏。 源 氏 の 手 前 の 岩 は、 原 文 に、 「 岩 に 寄 り ゐ た ま へ る は 」 と あ る の を 描 い た も の で あ ろ う。 源 氏 の 右 手 で 笛 を 吹 く の が 頭 中 将、 そ の 手 前 に、 琴 を 前 に し て い る の が 北 山 の 僧 都 で、 源 氏 に 演 奏 を 勧 め て い る。 画 面 の 右 に は「 篳 篥 吹 く 随 身 」、 左 側 の 緑 の 衣 が「 笙 の 笛 持 た せ た る す き も の な ど あ り 」 と あ る 人 物 で、 そ の 左 の 何 も 楽 器 を 演 奏 し て い な い 人 物 は、 催 馬 楽「 葛 城 」 を 歌 っ た 弁 の 君 と 思 わ れ る。 原 文 に は、 「 扇 は か な う う ち 鳴 ら し て 」 と あ るが、扇は描かれていない。   若 紫 巻 の 絵 画 化 と し て は、 源 氏 が 幼 い 紫 の 上 を 垣 間 見 す る 場 面 が、 も っ と も 有 名 で あ り、 多 数 の 作 例 が あ る が、 当 絵 巻 の よ う に、 北 山 で の 宴 の 様 子 を 描 いたものも、 天理大学附属図書館蔵『源氏物語絵巻』 の若紫第三段をはじめ、少なからず残っている。 [該当本文]   御 車 に た て ま つ る ほ ど、 大 殿 よ り、 「 何 方 と も な く て お は し ま し に け る こ と 」 と て、 御 迎 へ の 人 々、 君 達 な ど あ ま た 参 り た ま へ り。 頭 の 中 将、 左 中 弁、 さ ら ぬ 君 達 も し た ひ き こ え て、 「 か う や う の 御 供 は、 つ か う ま つ り は べ ら む、 と 思 ひ た ま ふ る を、 あ さ ま しくおくらさせたまへること」と、 うらみきこえて、 「 い と い み じ き 花 の 蔭 に、 し ば し も や す ら は ず、 立 ち 帰 り は べ ら む は、 飽 か ぬ わ ざ か な 」 と の た ま ふ。 岩 隠 れ の 苔 の 上 に 並 み ゐ て、 土 器 参 る。 落 ち 来 る 水 の さ ま な ど、 ゆ ゑ あ る 滝 の も と な り。 頭 の 中 将、 懐 な り け る 笛 取 り 出 で て、 吹 き す ま し た り。 弁 の 君、 扇 は か な う う ち 鳴 ら し て、 「 豊 浦 の 寺 の 西 な る や 」 と 歌 ふ。 人 よ り は 異 な る 君 達 を、 源 氏 の 君、 い と い た う う ち な や み て、 岩 に 寄 り ゐ た ま へ る は、 た ぐ ひ な く ゆ ゆ し き 御 あ り さ ま に ぞ、 何 ご と に も 目 移 る ま じ か り け る。 例 の、 篳 篥 吹 く 随 身、 笙 の 笛 持 た せ た る す き も の な ど あ り。 僧 都、 琴 を み づ か ら 持 て 参 り て、 「 こ れ、 た だ 御 手 一 つ あ そ ば し て、 同 じ う は、 山 の 鳥 も お ど ろ か し は べ ら む 」 と、 切 に 聞 こ え た ま へ ば、 「 乱 り ご こ ち い と 堪 へ が た き も の を 」 と 聞 こ え た ま へ ど、 け に く か ら ず か き 鳴 ら し て、 皆 立 ち た ま ひ ぬ。 飽 か ず く ち を し と、 い ふ か ひ な き 法 師、 わ ら は べ も、 涙 を 落 と し あ へ り。 ま し て 内 に は、 年 老 い た る 尼 君 た ち な ど、 ま だ さ ら に か か る 人 の 御 あ り さ ま を 見 ざ り つ れ ば、 こ の 世 の も の と も お ぼ え た ま はずと聞こえあへり。

(7)

末  摘  花  [解題]   当 該 場 面 は、 男 女 が 対 面 し て い る 場 面 で あ る が、 ど こ を 描 い た も の な の か 判 然 と し な い。 左 手 の 男 が 源 氏 で あ る こ と は 確 か で あ る が、 右 手 の 女 性 に つ い ては確定できない。   た だ し、 源 氏 の 鼻 の 部 分 を み る と、 か す か に 赤 い 筋 が つ い て い る た め、 末 摘 花 の 巻 末 に て、 平 中 の ま ね を し て 鼻 を 赤 く 塗 り、 若 紫 と 戯 れ て い る 場 面 か と も 考 え ら れ る。 そ の 場 面 で あ れ ば、 右 手 前 の 女 性 は 若紫となる。   し か し、 源 氏 が 白 い 紙 の よ う な も の を 手 に し て い る。 場 合 に よ っ て は、 末 摘 花 に 手 引 き を し た 大 輔 の 命婦と対面し、 手紙を託している、 あるいは受け取っ て い る 場 面 と い う 可 能 性 も あ る。 い ず れ に し て も、 手前の女性は、末摘花ではないことは確かである。   源 氏 の 着 衣 に つ い て は、 冬 の 装 束 で あ る 白 い 直 衣 を 着 て お り、 桐 壺 で 述 べ た よ う に、 立 涌 と お ぼ し き 模様が描かれている。 [該当本文]   二 条 の 院 に お は し た れ ば、 紫 の 君、 い と も う つ く し き 片 生 ひ に て、 紅 は か う な つ か し き も あ り け り と 見 ゆ る に、 無 文 の 桜 の 細 長、 な よ よ か に 着 な し て、 何心もなくてものしたまふさま、 いみじうらうたし。 古 代 の 祖 母 君 の 御 な ご り に て、 歯 黒 め も ま だ し か り け る を、 ひ き つ く ろ は せ た ま へ れ ば、 眉 の け ざ や か に な り た る も、 う つ く し う き よ ら な り。 心 か ら、 な ど か、 か う 憂 き 世 を 見 あ つ か ふ ら む、 か く 心 苦 し き も の を も 見 て ゐ た ら で と、 お ぼ し つ つ、 例 の、 も ろ ともに雛遊びしたまふ。 絵などかきて色どりたまふ。 よ ろ づ に を か し う す さ び 散 ら し た ま ひ け り。 我 も か き 添 へ た ま ふ。 髪 い と 長 き 女 を か き た ま ひ て、 鼻 に 紅 を つ け て 見 た ま ふ に、 画 に か き て も 見 ま 憂 き さ ま し た り。 わ が 御 影 の 鏡 台 に う つ れ る が、 い と き よ ら な る を 見 た ま ひ て、 手 づ か ら こ の あ か ば な を か き つ け に ほ は し て 見 た ま ふ に、 か く よ き 顔 だ に、 さ て ま じ れ ら む は 見 苦 し か る べ か り け り。 姫 君 見 て、 い み じ く 笑 ひ た ま ふ。 「 ま ろ が、 か く か た は に な り な む 時、 いかならむ」とのたまへば、 「うたてこそあらめ」 とて、 さもや染みつかむと、 あやふく思ひたまへり。 空 の ご ひ を し て、 「 さ ら に こ そ 白 ま ね。 用 な き す さ び わ ざ な り や。 内 裏 に い か に の た ま は む と す ら む 」 と、 い と ま め や か に の た ま ふ を、 い と い と ほ し と お ぼ し て、 寄 り て、 の ご ひ た ま へ ば、 「 平 中 が や う に 色 ど り 添 へ た ま ふ な。 赤 か ら む は あ へ な む 」 と 戯 れ たまふさま、いとをかしき妹背と見えたまへり。

(8)

紅  葉  賀   木 高 き 紅 葉 の か げ に、 四 十 人 の 垣 代、 言 ひ 知 ら ず 吹 き 立 て た る も の の 音 ど も に あ ひ た る 松 風、 ま こ と の 深 山 お ろ し と 聞 こ え て 吹 き ま よ ひ、 色 々 に 散 り 交 ふ 木 の 葉 の な か よ り、 青 海 波 の か か や き 出 で た る さ ま、 い と 恐 ろ し き ま で 見 ゆ。 か ざ し の 紅 葉 い た う 散 り過ぎて、 顔のにほひにけおされたるここちすれば、 御 前 な る 菊 を 折 り て、 左 大 将 さ し か へ た ま ふ。 日 暮 れ か か る ほ ど に、 け し き ば か り う ち し ぐ れ て、 空 の け し き さ へ 見 知 り 顔 な る に、 さ る い み じ き 姿 に、 菊 の 色 々 う つ ろ ひ、 え な ら ぬ を か ざ し て、 今 日 は ま た な き 手 を 尽 く し た る 入 いり 綾 あや の ほ ど、 そ ぞ ろ 寒 く、 こ の 世 の こ と と も お ぼ え ず。 も の 見 知 る ま じ き 下 しも 人 びと な ど の、 木 の も と、 岩 が く れ、 山 の 木 の 葉 に う づ も れ た るさへ、すこしものの心知るは涙おとしけり。 [解題]   紅 葉 賀 冒 頭、 源 氏 と 頭 中 将 が 青 海 波 を 舞 う 場 面 で あ る。 青 海 波 は、 袍 を 着 け、 波 の 寄 せ 返 す 様 子 を、 袖 の 振 り で 表 す は な や か な 舞 で あ る。 紅 葉 賀 巻 に お い て の み な ら ず、 源 氏 物 語 を 絵 画 化 す る 場 面 と し て も、もっとも有名な場面の一つである。   通 常 青 海 波 の 舞 い 人 は、 鳥 甲 を か ぶ る が、 こ こ で は 冠 に 紅 葉 の か ざ し を 挿 し て い る。 「 か ざ し の 紅 葉 い た う 散 り 過 ぎ て、 顔 の に ほ ひ に け お さ れ た る こ こ ち す れ ば、 御 前 な る 菊 を 折 り て、 左 大 将 さ し か へ た ま ふ 」 と あ る の で、 手 前 の 菊 を 挿 し て い る ほ う が 源 氏 と な る が、 描 か れ て い る 顔 を み る と、 や や 貧 弱 な 印象がある。 [該当本文]   朱 雀 院 の 行 幸 は 神 無 月 の 十 日 あ ま り な り。 世 の 常 な ら ず、 お も し ろ か る べ き た び の こ と な り け れ ば、 御 方 々、 物 見 た ま は ぬ こ と を く ち を し が り た ま ふ。 上 も、 藤 壺 の 見 た ま は ざ ら む を、 飽 か ず お ぼ さ る れ ば、 試 楽 を 御 前 に て せ さ せ た ま ふ。 源 氏 の 中 将 は、 青 海 波 を ぞ 舞 ひ た ま ひ け る。 片 手 に は 大 殿 の 頭 の 中 将、 容貌、 用意、 人にはことなるを、 立ち並びては、 なほ花のかたはらの深山木なり。 入りかたの日かげ、 さ や か に さ し た る に、 楽 の 声 ま さ り、 も の の お も し ろ き ほ ど に、 同 じ 舞 の 足 踏 み、 お も も ち、 世 に 見 え ぬ さ ま な り。 詠 な ど し た ま へ る は、 こ れ や、 仏 の 御 迦 陵 頻 伽 の 声 な ら む と 聞 こ ゆ。 お も し ろ く あ は れ な るに、 帝、 涙をのごひたまひ、 上達部、 親王たちも、 み な 泣 き た ま ひ ぬ。 詠 果 て て、 袖 う ち な ほ し た ま へ る に、 待 ち と り た る 楽 の に ぎ は は し き に、 顔 の 色 あ ひまさりて、常よりも光ると見えたまふ。 (中略)   行 幸 に は、 親 王 た ち な ど、 世 に 残 る 人 な く つ か う ま つ り た ま へ り。 春 宮 も お は し ま す。 例 の、 楽 の 船 ど も 漕 ぎ め ぐ り て、 唐 土 高 こ 麗 ま と 尽 く し た る 舞 ど も、 種 くさ 多 か り。 楽 の 声、 鼓 の 音、 世 を ひ び か す。 一 日 の 源氏の御夕影、 ゆゆしうおぼされて、 御誦経など所々 に せ さ せ た ま ふ を、 聞 く 人 も こ と わ り と あ は れ が り き こ ゆ る に、 春 宮 の 女 御 は、 あ な が ち な り と 憎 み き こ え た ま ふ。 垣 かい 代 しろ な ど、 殿 上 人、 地 下 も、 心 異 な り と 世 人 に 思 は れ た る 有 職 の 限 り と と の へ さ せ た ま へ り。 (中略)

(9)

8  花  宴 たりとも、 なんでふことかあらむ。ただ忍びてこそ」 と の た ま ふ 声 に、 こ の 君 な り け り と 聞 き 定 め て、 い さ さ か な ぐ さ め け り。 わ び し と 思 へ る も の か ら、 な さ け な く こ は ご は し う は 見 え じ、 と 思 へ り。 酔 ひ ご こ ち や 例 な ら ざ り け む、 ゆ る さ む こ と は く ち を し き に、 女も若うたをやぎて、 強き心も知らぬなるべし。 ら う た し と 見 た ま ふ に、 ほ ど な く 明 け ゆ け ば、 心 あ わたたし。 [解題]   春 の 宵、 ほ ろ 酔 い 加 減 の 源 氏 が、 「 朧 月 夜 に 似 る も の ぞ な き 」 と、 口 ず さ み な が ら や っ て き た 美 女 朧 月 夜 を 見 初 め る 場 面 で あ る。 こ の 花 宴 巻 の 場 面 も、 源 氏 物 語 の 絵 画 化 で は 有 名 な 場 面 で あ る。   こ の と き ま だ 源 氏 は、 こ の 女 性 が 政 敵 で あ る 右 大 臣 家 の 六 の姫とは知らずに、一夜の契りを交わした。   画 面 左 の 男 性 が 源 氏、 扇 を 持 ち、 外 の 桜 を 愛 で な が ら や っ て く る 女 性 が 朧 月 夜 で あ る。 こ こ に お い て も、 源 氏 は 冠 直 衣 姿 で 描 か れ て い る が、 立 湧 で は な く、丸紋の模様である。 [該当本文]   上 達 部 お の お の あ か れ、 后、 春 宮 帰 ら せ た ま ひ ぬ れ ば、 の ど や か に な り ぬ る に、 月 い と 明 う さ し い で て を か し き を、 源 氏 の 君、 酔 ひ ご こ ち に、 見 過 ぐ し がたくおぼえたまひければ、 上の人々もうち休みて、 か や う に 思 ひ か け ぬ ほ ど に、 も し さ り ぬ べ き 隙 も や あ る と、 藤 壺 わ た り を、 わ り な う 忍 び て う か が ひ あ り け ど、 か た ら ふ べ き 戸 口 も 鎖 し て け れ ば、 う ち 嘆 き て、 な ほ あ ら じ に、 弘 徽 殿 の 細 殿 に 立 ち 寄 り た ま へ れ ば、 三 の 口 あ き た り。 女 御 は、 上 の 御 局 に や が て ま う の ぼ り た ま ひ に け れ ば、 人 少 な な る け は ひ な り。 奥 の 枢 戸 も あ き て、 人 音 も せ ず。 か や う に て、 世 の 中 の あ や ま ち は す る ぞ か し、 と 思 ひ て、 や を ら の ぼ り て の ぞ き た ま ふ。 人 は 皆 寝 た る べ し。 い と 若 うをかしげなる声の、 なべての人とは聞こえぬ、 「朧 月 夜 に 似 る も の ぞ な き 」 と、 う ち 誦 じ て、 こ な た ざ ま に は 来 る も の か。 い と う れ し く て、 ふ と 袖 を と ら へ た ま ふ。 女、 恐 ろ し と 思 へ る け し き に て、 「 あ な、 む く つ け。 こ は 誰 そ 」 と の た ま へ ど、 「 何 か う と ま しき」とて、     深き夜のあはれを知るも入る月の     おぼろけならぬ契りとぞ思ふ と て、 や を ら 抱 き お ろ し て、 戸 は 押 し 立 て つ。 あ さ ま し き に あ き れ た る さ ま、 い と な つ か し う を か し げ な り。 わ な な く わ な な く「 こ こ に、 人 」 と、 の た ま へ ど、 「 ま ろ は、 皆 人 に ゆ る さ れ た れ ば、 召 し 寄 せ

(10)

葵 た な う 人 わ ろ く、 く や し う、 何 に 来 つ ら む と 思 ふ に か ひ な し。 も の も 見 で 帰 ら む と し た ま へ ど、 通 り 出 で む 隙 も な き に、 「 事 な り ぬ 」 と 言 へ ば、 さ す が に、 つ ら き 人 の 御 前 わ た り の 待 た る る も、 心 弱 し や。 笹 の 隈 に だ に あ ら ね ば に や、 つ れ な く 過 ぎ た ま ふ に つ けても、なかなか御心づくしなり。 [解題]   源 氏 の 正 妻 葵 の 上 と、 愛 人 の 六 条 御 息 所 が、 車 争 い を す る 場 面 で あ る。 賀 茂 の 祭 の 御 禊 の 日、 行 列 に 供 奉 す る 源 氏 の 姿 を 一 目 見 た い と 姿 を や つ し て や っ て き た 御 息 所 の 一 行 が、 同 じ く 見 物 に や っ て き た 葵 の上方と、 車の場所を求めて争いとなる。葵巻では、 よく絵画化される場面である。   右 側 の 車 の 車 輪 が は ず れ て い る の か、 斜 め に な っ て 下 人 が 支 え て い る よ う に 見 受 け ら れ る の で、 こ ち らが六条御息所の一行であろう。   こ の 場 面 は、 絵 師 に よ っ て は そ の 争 い の さ ま が 激 し く 描 か れ る こ と も あ る が、 当 絵 巻 に お い て は、 や やのんびりした印象の絵となっている。 [該当本文]   日 た け ゆ き て、 儀 式 も わ ざ と な ら ぬ さ ま に て 出 で た ま へ り。 隙 も な う 立 ち わ た り た る に、 よ そ ほ し う 引 き 続 き て 立 ち わ づ ら ふ。 よ き 女 房 車 多 く て、 雑 々 の 人 な き 隙 を 思 ひ 定 め て、 皆 さ し 退 け さ す る な か に、 網 代 の す こ し な れ た る が、 下 簾 の さ ま な ど よ し ば め る に、 い た う 引 き 入 り て、 ほ の か な る 袖 口、 裳 の 裾、 汗 杉 な ど、 も の の 色 い と き よ ら に て、 こ と さ らにやつれたるけはひしるく見ゆる車二つあり。 「こ れ は、 さ ら に、 さ や う に さ し 退 け な ど す べ き 御 車 に も あ ら ず 」 と、 口 ご は く て、 手 触 れ さ せ ず。 い づ か た に も、 若 き 者 ど も 酔 ひ 過 ぎ 立 ち 騒 ぎ た る ほ ど の こ と は、 え し た た め あ へ ず。 お と な お と な し き 御 前 の 人 々 は「 か く な 」 な ど 言 へ ど、 え と ど め あ へ ず。 斎 宮 の 御 母 御 息 所、 も の お ぼ し 乱 る る な ぐ さ め に も や と、 忍 び て 出 で た ま へ る な り け り。 つ れ な し つ く れ ど、 お の づ か ら 見 知 り ぬ。 「 さ ば か り に て は、 さ な 言 は せ そ。 大 将 殿 を ぞ 豪 家 に は 思 ひ き こ ゆ ら む 」 な ど 言 ふ を、 そ の 御 方 の 人 も ま じ れ れ ば、 い と ほ し と 見 な が ら、 用 意 せ む も わ づ ら は し け れ ば、 知 ら ず 顔 をつくる。   つ ひ に 御 車 ど も 立 て 続 け つ れ ば、 ひ と だ ま ひ の 奥 に お し や ら れ て、 も の も 見 え ず。 心 や ま し き を ば さ る も の に て、 か か る や つ れ を そ れ と 知 ら れ ぬ る が、 い み じ う ね た き こ と 限 り な し。 榻 な ど も み な 押 し 折 ら れ て、 す ず ろ な る 車 の 筒 に う ち か け た れ ば、 ま

(11)

10 賢  木 と聞こえたまへば、    少女子があたりと思へば榊葉の      香をなつかしみとめてこそ折れ お ほ か た の け は ひ わ づ ら は し け れ ど、 御 簾 ば か り は ひき着て、長押におしかかりてゐたまへり。 [解題]   娘 と と も に 伊 勢 へ 下 る 決 意 を し て 野 の 宮 に い る 六 条 御 息 所 を、 源 氏 が 訪 れ る 場 面。 賢 木 巻 の 絵 画 化 と してはポピュラーな場面である。   邸 内 の 几 帳 に 囲 ま れ て い る の が 御 息 所 で 中 央 が 源 氏。 画 面 左 に は、 野 の 宮 の「 黒 木 の 鳥 居 」 が 描 か れ て い る。 「 榊 を い さ さ か 折 り て 持 た ま へ り け る を、 さ し 入 れ て 」 と あ る よ う に、 源 氏 は 榊 の 葉 を 手 に し ている。   他 の 絵 巻 や 画 帖 な ど で は、 「 御 簾 ば か り は ひ き 着 て、 長 押 に お し か か り て ゐ た ま へ り 」 と あ る の を 踏 ま え て、 御 簾 を か ぶ っ て 部 屋 の 中 に 半 身 が 入 っ て い る源氏の様子が描かれているのもある。 当絵巻では、 そ こ ま で の 画 力 が な か っ た の か、 御 簾 の 位 置 が や や ゆ が み、 源 氏 が の し か か っ て い る よ う に 見 え る か た ちとなってしまっている。 [該当本文]   北 の 対 の さ る べ き 所 に 立 ち 隠 れ た ま ひ て、 御 消 息 聞 こ え た ま ふ に、 遊 び は み な や め て、 心 に く き け は ひ あ ま た 聞 こ ゆ。 何 く れ の 人 づ て の 御 消 息 ば か り に て、 みづからは対面したまふべきさまにもあらねば、 い と も の し と お ぼ し て、 「 か う や う の あ り き も、 今 は つ き な き ほ ど に な り に て は べ る を 思 ほ し 知 ら ば、 か う 注 連 の ほ か に は も て な し た ま は で、 い ぶ せ う は べ る こ と を も あ き ら め は べ り に し が な 」 と、 ま め や か に 聞 こ え た ま へ ば、 人 々、 「 げ に、 い と か た は ら いたう、 立ちわづらはせたまふに、 いとほしう」 など、 あ つ か ひ き こ ゆ れ ば、 い さ や、 こ こ の 人 目 も 見 苦 し う、 か の お ぼ さ む こ と も 若 々 し う、 出 で ゐ む が 今 さ らにつつましきこととおぼすに、 いともの憂けれど、 情 な う も て な さ む に も た け か ら ね ば、 と か く う ち 嘆 き、 や す ら ひ て、 ゐ ざ り 出 で た ま へ る 御 け は ひ、 い と 心 に く し。 「 こ な た は、 簀 子 ば か り の 許 さ れ は は べ り や 」 と て、 上 り ゐ た ま へ り。 は な や か に さ し 出 で た る 夕 月 夜 に、 う ち ふ る ま ひ た ま へ る さ ま、 に ほ ひ 似 る も の な く め で た し。 月 ご ろ の つ も り を、 つ き づ き し う 聞 こ え た ま は む も、 ま ば ゆ き ほ ど に な り に け れ ば、 榊 を い さ さ か 折 り て 持 た ま へ り け る を、 さ し 入 れ て、 「 変 ら ぬ 色 を し る べ に て こ そ、 斎 垣 も 越 えはべりにけれ。さも心憂く」と聞こえたまへば、    神垣はしるしの杉もなきものを      いかにまがへて折れる榊ぞ

(12)

11 花  散  里 [解題]   花 散 里 巻 は、 政 治 的 な 立 場 が 危 う く な る な か で、 源 氏 が、 父 桐 壺 院 の 女 御 で あ っ た 麗 景 殿 の 女 御 の 妹 で、 花 散 里 の 君 と 呼 ば れ る 女 性 を 訪 れ る こ と が 語 ら れている短い巻である。   当 画 面 左 の 柳 と お ぼ し き 木 の 上 に 描 き こ ま れ て い る の は、 「 郭 ほと 公 とぎす 、 あ り つ る 垣 根 の に や、 同 じ 声 に う ち 鳴 く。 し た ひ 来 に け る よ と お ぼ さ る る 」 と あ る よ うに、ほととぎすの飛ぶ姿である。   イ メ ー ジ と し て は、 こ の 場 面 に お け る 男 女 は、 源 氏 と 花 散 里 と と ら え ら れ て し ま い が ち で あ る。 し か し、 物 語 の 中 に お い て は、 花 散 里 よ り も 麗 景 殿 の 女 御 と の 昔 語 り に 筆 が 費 や さ れ て い る。 そ の 上、 前 述 の ほ と と ぎ す を も と に し て、 巻 名 の 由 来 と な る 源 氏 の 和 歌 が 詠 ま れ、 そ れ に 対 し て 麗 景 殿 の 女 御 が 返 歌 を す る こ と か ら す れ ば、 こ の 場 面 は、 実 際 に は 源 氏 と麗景殿の女御とみるべきである。 [該当本文]   か の 本 意 の 所 は、 お ぼ し や り つ る も し る く、 人 目 な く、 静 か に て お は す る あ り さ ま を 見 た ま ふ も、 い と あ は れ な り。 ま づ 女 御 の 御 方 に て、 昔 の 御 物 語 な ど 聞 こ え た ま ふ に、 夜 ふ け に け り。 二 十 日 の 月 さ し 出 づ る ほ ど に、 い と ど 木 高 き か げ ど も 木 暗 く 見 え わ た り て、 近 き 橘 の 薫 り な つ か し く に ほ ひ て、 女 御 の 御 け は ひ、 ね び に た れ ど、 あ く ま で 用 意 あ り、 あ て に ら う た げ な り。 す ぐ れ て は な や か な る 御 お ぼ え こ そ な か り し か ど、 む つ ま し う な つ か し き か た に は お ぼ し た り し も の を、 な ど 思 ひ 出 で き こ え た ま ふ に つ け て も、 昔 の こ と か き つ ら ね お ぼ さ れ て、 う ち 泣 き たまふ。   郭 ほと 公 とぎす 、 あ り つ る 垣 根 の に や、 同 じ 声 に う ち 鳴 く。 したひ来にけるよとおぼさるるほども、 艶なりかし。 「いかに知りてか」 など、 忍びやかにうち誦じたまふ。    「橘の香をなつかしみ 郭 ほと 公 とぎす      花散里をたづねてぞとふ い に し へ の 忘 れ が た き な ぐ さ め に は、 な ほ 参 り は べ り ぬ べ か り け り。 こ よ な う こ そ、 ま ぎ る る こ と も、 数 添 ふ こ と も は べ り け れ。 お ほ か た の 世 に 従 ふ も の な れ ば、 昔 語 も か き く づ す べ き 人 す く な う な り ゆ く を、 ま し て、 つ れ づ れ も ま ぎ れ な く お ぼ さ る ら む 」 と 聞 こ え た ま ふ に、 い と さ ら な る 世 な れ ど、 も の を い と あ は れ に お ぼ し 続 け た る 御 け し き の 浅 か ら ぬ も、 人の御さまからにや、 多くあはれぞ添ひにける。

(13)

12 須  磨 そ の 夜、 上 の い と な つ か し う 昔 物 語 な ど し た ま ひ し 御 さ ま の、 院 に 似 た て ま つ り た ま へ り し も、 恋 し く 思 ひ 出 で き こ え た ま ひ て、 「 恩 賜 の 御 衣 は 今 こ こ に あ り 」 と 誦 じ つ つ 入 り た ま ひ ぬ。 御 衣 は ま こ と に 身 放たず、かたはらに置きたまへり。    憂しとのみひとへにものは思ほえで      ひだりみぎにもぬるる袖かな [解題]   京 を 去 り、 須 磨 へ と 謫 居 し た 源 氏 の わ び 住 い の 様 子 を 描 い た 場 面。 須 磨 巻 で は、 よ く 絵 画 化 の 題 材 と さ れ て い る。 三 重 襷 の 烏 帽 子 直 衣 姿 で 立 っ て い る の が源氏であるが、 原文では、 「白き綾のなよよかなる、 紫 苑 色 な ど た て ま つ り て、 こ ま や か な る 御 直 衣、 帯 し ど け な く う ち 乱 れ た ま へ る 御 さ ま 」 と い う 描 写 で あ る。 風 折 烏 帽 子 を つ け て、 座 し て い る の が 従 者 の 惟 光 と 良 清 で あ ろ う。 次 の 明 石、 澪 標 巻 に 描 か れ た も の と あ わ せ て 考 え る と、 緑 の 衣 を 着 て い る の が 惟 光であろう。   「 沖 よ り 舟 ど も の 歌 ひ の の し り て 漕 ぎ 行 く な ど も 聞 こ ゆ。 ほ の か に、 た だ 小 さ き 鳥 の 浮 べ る と 見 や ら る る も、 心 細 げ な る に、 雁 の 連 ね て 鳴 く 声、 楫 の 音 に ま が へ る を、 う ち な が め た ま ひ て 」 と、 遠 く 沖 に 舟 が 行 く の が 描 か れ、 そ の 横 に は、 雁 が 連 な っ て 飛 ん で い る の が 描 き こ ま れ て い る。 こ の 様 子 を 見 な が ら、源氏たちが和歌の唱和をする。 [該当本文]   前 栽 の 花、 色 々 咲 き 乱 れ、 お も し ろ き 夕 暮 れ に、 海 見 や ら る る 廊 に 出 で た ま ひ て、 た た ず み た ま ふ 御 さ ま の、 ゆ ゆ し う き よ ら な る こ と、 所 か ら は、 ま し て こ の 世 の も の と 見 え た ま は ず。 白 き 綾 の な よ よ か な る、 紫 苑 色 な ど た て ま つ り て、 こ ま や か な る 御 直 衣、 帯しどけなくうち乱れたまへる御さまにて、 「釈 迦 牟 尼 仏 弟 子 」 と 名 の り て、 ゆ る る か に よ み た ま へ る、 ま た 世 に 知 ら ず 聞 こ ゆ。 沖 よ り 舟 ど も の 歌 ひ の の し り て 漕 ぎ 行 く な ど も 聞 こ ゆ。 ほ の か に、 た だ 小 さ き 鳥 の 浮 べ る と 見 や ら る る も、 心 細 げ な る に、 雁 の 連 ね て 鳴 く 声、 楫 の 音 に ま が へ る を、 う ち な が め た ま ひ て、 涙 の こ ぼ る る を か き 払 ひ た ま へ る 御 手 つ き、 黒 き 御 数 珠 に 映 え た ま へ る は、 故 里 の 女 恋 し き 人々の心、皆なぐさみにけり。 (中略)   月 の い と は な や か に さ し 出 で た る に、 今 宵 は 十 五 夜 な り け り と お ぼ し 出 で て、 殿 上 の 御 遊 び 恋 し く、 所 々 な が め た ま ふ ら む か し と 思 ひ や り た ま ふ に つ け ても、 月の顔のみまもられたまふ。 「二千里外故人心」 と 誦 じ た ま へ る、 例 の、 涙 も と ど め ら れ ず。 入 道 の 宮 の、 「 霧 や 隔 つ る 」 と の た ま は せ し ほ ど、 言 は む かたなく恋しく、 をりをりのこと思ひ出でたまふに、 よ よ と 泣 か れ た ま ふ。 「 夜 ふ け は べ り ぬ 」 と 聞 こ ゆ れど、なほ入りたまはず。    見るほどぞしばしなぐさむめぐりあはむ      月の都は遥かなれども

(14)

13 明  石 [解題]   須 磨 か ら 明 石 に 移 り 住 ん だ 源 氏 が、 明 石 の 入 道 の 娘 の も と へ と 向 う 場 面 で あ る。 「 御 車 は 二 な く 作 り た れ ど、 所 狭 し と て、 御 馬 に て 出 で た ま ふ 」 と、 明 石 の 入 道 が 車 を 用 意 し た が、 大 げ さ に な る か ら と、 数 人 の 家 来 を 連 れ て 馬 で で か け、 浜 辺 を 行 く と こ ろ である。   馬 に 乗 っ て い る の が 源 氏 で、 「 惟 光 な ど ば か り を さ ぶ ら は せ た ま ふ 」 と あ る の で、 そ の 右 ど な り の 緑 の 衣 が 惟 光 で あ ろ う。 「 道 の ほ ど も、 四 方 の 浦 々 見 わ た し た ま ひ て、 思 ふ ど ち 見 ま ほ し き 入 江 の 月 影 に も 」 と 原 文 に あ る と お り、 広 々 と し た 構 図 で 海 を 描 き、左上に八月十三夜の月を配している。 [該当本文]   忍 び て よ ろ し き 日 見 て、 母 君 の と か く 思 ひ わ づ ら ふ を 聞 き 入 れ ず、 弟 子 ど も な ど に だ に 知 ら せ ず、 心 一 つ に 立 ち ゐ、 か か や く ば か り し つ ら ひ て、 十 三 日 の 月 の は な や か に さ し 出 で た る に、 た だ「 あ た ら 夜 の」と聞こえたり。君は、 好きのさまやとおぼせど、 御 直 衣 た て ま つ り ひ き つ く ろ ひ て、 夜 ふ か し て 出 で た ま ふ。 御 車 は 二 な く 作 り た れ ど、 所 狭 し と て、 御 馬 に て 出 で た ま ふ。 惟 光 な ど ば か り を さ ぶ ら は せ た ま ふ。 や や 遠 く 入 る 所 な り け り。 道 の ほ ど も、 四 方 の 浦 々 見 わ た し た ま ひ て、 思 ふ ど ち 見 ま ほ し き 入 江 の 月 影 に も、 ま づ 恋 し き 人 の 御 こ と を 思 ひ 出 で き こ え た ま ふ に、 や が て 馬 引 き 過 ぎ て お も む き ぬ べ く お ぼす。   秋の夜のつきげの駒よわが恋ふる     雲居を翔れ時の間も見む と、うちひとりごたれたまふ。   造 れ る さ ま、 木 深 く、 い た き と こ ろ ま さ り て、 見 ど こ ろ あ る 住 ひ な り。 海 の つ ら は い か め し う お も し ろ く、 こ れ は 心 細 く 住 み た る さ ま、 こ こ に ゐ て、 思 ひ残すことはあらじとすらむと、 おぼしやらるるに、 も の あ は れ な り。 三 昧 堂 近 く て、 鐘 の 声、 松 風 に 響 きあひて、 もの悲しう、 岩に生ひたる松の根ざしも、 心 ば へ あ る さ ま な り。 前 栽 ど も に 虫 の 声 を 尽 く し た り。 こ こ か し こ の あ り さ ま な ど 御 覧 ず。 娘 住 ま せ た るかたは、 心ことに磨きて、 月入れたる真木の戸口、 けしきばかりおしあけたり。

(15)

14 澪  標 た ま ふ。 難 波 の 御 祓 へ な ど、 こ と に よ そ ほ し う つ か う ま つ る。 堀 江 の わ た り を 御 覧 じ て、 「 今 は た 同 じ 難波なる」と、 御心にもあらでうち誦じたまへるを、 御 車 の も と 近 き 惟 光、 う け た ま は り や し つ ら む、 さ る 召 し も や と、 例 に な ら ひ て 懐 に ま う け た る 柄 短 き 筆 な ど、 御 車 と ど む る 所 に て た て ま つ れ り。 を か し とおぼして、畳紙に、    みをつくし恋ふるしるしにここまでも      めぐり逢ひけるえには深しな と て、 た ま へ れ ば、 か し こ の 心 知 れ る 下 人 し て や り けり。   [解題]   場 面 は、 住 吉 詣 で に 来 た 源 氏 が、 時 同 じ く し て 参 詣 に や っ て き て い た 明 石 の 上 の 一 行 の こ と を、 従 者 の 惟 光 か ら 知 ら さ れ て 文 を 贈 る と こ ろ。 画 面 右 手 に 小 さ く 描 か れ て い る の が 明 石 の 一 行 の 船。 緑 の 衣 を 着 て 車 の 右 側 に い る の が 惟 光、 車 か ら 少 し 顔 を の ぞ かせているのが源氏である。   「 御 車 の も と 近 き 惟 光、 う け た ま は り や し つ ら む、 さ る 召 し も や と、 例 に な ら ひ て 懐 に ま う け た る 柄 短 き 筆 な ど、 御 車 と ど む る 所 に て た て ま つ れ り 」 と、 機 転 を 利 か せ た 惟 光 が 源 氏 に 筆 を 差 し 出 し て い る 様 子が描かれている。 [該当本文]   そ の 秋、 住 吉 に 詣 で た ま ふ。 ( 中 略 ) を り し も、 か の 明 石 の 人、 年 ご と の 例 の こ と に て 詣 づ る を、 去 年 今 年 は さ は る こ と あ り て お こ た り け る か し こ ま り 取 り 重 ね て、 思 ひ 立 ち け り。 舟 に て 詣 で た り。 岸 に さ し 着 く る ほ ど 見 れ ば、 の の し り て 詣 で た ま ふ 人 の け は ひ、 渚 に 満 ち て、 い つ く し き 神 宝 を 持 て 続 け た り。 (中略) 「誰が詣でたまへるぞ」 と問ふめれば、 「内 大 臣 殿 の 御 願 果 た し に 詣 で た ま ふ を、 知 ら ぬ 人 も あ り け り 」 と て、 は か な き ほ ど の 下 衆 だ に、 こ こ ち よ げ に う ち 笑 ふ。 げ に あ さ ま し う、 月 日 も こ そ あ れ、 な か な か こ の 御 あ り さ ま を 遥 か に 見 る も、 身 の ほ ど く ち を し う お ぼ ゆ。 ( 中 略 ) 今 日 は 難 波 に 舟 さ し と めて、祓へをだにせむとて、漕ぎ渡りぬ。   君 は 夢 に も 知 り た ま は ず、 夜 一 夜 い ろ い ろ の こ と を せ さ せ た ま ふ。 ま こ と に 神 の よ ろ こ び た ま ふ べ き こ と を し 尽 く し て、 来 し か た の 御 願 に も う ち 添 へ、 あ り が た き ま で 遊 び の の し り 明 か し た ま ふ。 惟 光 や う の 人 は、 心 の う ち に 神 の 御 徳 を あ は れ に め で た し と 思 ふ。 あ か ら さ ま に 立 ち 出 で た ま へ る に さ ぶ ら ひ て、 聞 こ え 出 で た り。 ( 中 略 )  か の 明 石 の 舟、 こ の 響 き に お さ れ て 過 ぎ ぬ る こ と も 聞 こ ゆ れ ば、 知 ら ざ り け る よ と、 あ は れ に お ぼ す。 神 の 御 し る べ を お ぼ し 出 づ る も お ろ か な ら ね ば、 い さ さ か な る 消 息 を だ に し て 心 な ぐ さ め ば や、 な か な か に 思 ふ ら む か し、 と お ぼ す。 御 社 立 ち た ま ひ て、 所 々 に 逍 遥 を 尽 く し

(16)

15 蓬  生 の 裾 は、 い た う そ ほ ち ぬ め り。 昔 だ に あ る か な き か な り し 中 門 な ど、 ま し て 形 も な く な り て、 入 り た ま ふ に つ け て も、 い と 無 徳 な る を、 立 ち ま じ り 見 る 人 なきぞ心やすかりける。 [解題]   蓬 生 巻 は、 須 磨 か ら 帰 京 し た 後 に 源 氏 が 末 摘 花 と 再 会 を 果 た す こ と が 語 ら れ る 巻 で あ る。 場 面 は、 花 散 里 の も と へ と 向 う 途 中、 偶 然 に も 末 摘 花 が ま だ 朽 ち 果 て た 邸 に 住 ん で お り、 自 分 を 待 ち 続 け て い る こ と を 知 っ た 源 氏 が、 そ の 荒 れ 果 て た 邸 へ 足 を 踏 み 入 れたところ。   向 き は 逆 だ が、 『 国 宝 源 氏 物 語 絵 巻 』 蓬 生 巻 に も 同 様 の 場 面 が 描 か れ て お り、 よ く 絵 画 化 さ れ る 場 面 と い え る。 「 日 ご ろ 降 り つ る 名 残 の 雨 す こ し そ そ き て 」 と、 雨 が 降 っ て い る た め、 従 者 が 源 氏 に 傘 を 差 し か け て い る。 源 氏 の 前 に い る の が 惟 光 で、 深 く 生 い 茂 っ た 庭 の 露 払 い を し て い る。 従 者 た ち は そ れ ぞ れ 風 折 烏 帽 子、 源 氏 は 普 通 の 烏 帽 子 と い う 描 き 分 け が見てとれる。 [該当本文]   卯月ばかりに、 花散里を思ひ出できこえたまひて、 忍 び て 対 の 上 に 御 暇 聞 こ え て 出 で た ま ふ。 日 ご ろ 降 り つ る 名 残 の 雨 す こ し そ そ き て、 を か し き ほ ど に 月 さ し 出 で た り。 昔 の 御 あ り き お ぼ し 出 で ら れ て、 艶 な る ほ ど の 夕 月 夜 に、 道 の ほ ど よ ろ づ の こ と お ぼ し 出 で て お は す る に、 形 も な く 荒 れ た る 家 の、 木 立 し げ く 森 の や う な る を 過 ぎ た ま ふ。 お ほ き な る 松 に 藤 の 咲 き か か り て、 月 影 に な よ び た る、 風 に つ き て さ と 匂 ふ が な つ か し く、 そ こ は か と な き か を り な り。 橘 に か は り て を か し け れ ば、 さ し 出 で た ま へ る に、 柳 も い た う し だ り て、 築 地 も さ は ら ね ば、 乱 れ 伏 し た り。 見 し こ こ ち す る 木 立 か な と お ぼ す は、 早 う こ の 宮 な り け り。 ( 中 略 ) ふ と 入 り た ま は む こ と、 な ほ つ つ ま し う お ぼ さ る。 ゆ ゑ あ る 御 消 息 も い と 聞 こ え ま ほ し け れ ど、 見 た ま ひ し ほ ど の 口 遅 さ も ま だ 変 ら ず は、 御 使 の 立 ち わ づ ら は む も い と ほ し う、 お ぼ し と ど め つ。 惟 光 も、 「 さ ら に え 分 け さ せ た ま ふ ま じ き 蓬 の 露 け さ に な む は べ る。 露 す こ し 払 は せ て な む、入らせたまふべき」と聞こゆれば、    尋ねてもわれこそとはめ道もなく      深き蓬のもとの心を とひとりごちて、 なほ下りたまへば、 御さきの露を、 馬 の 鞭 し て 払 ひ つ つ 入 れ た て ま つ る。 雨 そ そ き も、 な ほ 秋 の 時 雨 め き て う ち そ そ け ば、 「 御 傘 さ ぶ ら ふ。 げ に 木 の 下 露 は、 雨 に ま さ り て 」 と 聞 こ ゆ。 御 指 貫

(17)

16 関  屋    行くと来とせきとめがたき涙をや      絶えぬ清水と人は見るらむ え知りたまはじかしと思ふに、いとかひなし。 [解題]   願 果 し に 石 山 詣 で を す る 源 氏 と 任 国 か ら 帰 京 す る 常 陸 の 守 一 行 に 同 行 す る 空 蝉 と が、 逢 坂 の 関 に て 邂 逅を果たす場面である。   短 い 巻 の た め、 こ の 巻 を 絵 画 化 す る 場 合 に は、 ほ ぼ こ の 場 面 が 選 ば れ る が、 絵 師 に よ っ て は 趣 向 が 凝 らされているものもある。   画 面 左 の 牛 車 の 一 行 が お そ ら く 源 氏 で、 右 手 が 空 蝉 の 一 行 と 推 定 さ れ る。 原 文 か ら は、 「 車 十 ば か り ぞ、 袖口、 ものの色あひなども漏り出でて見えたる、 田 舎 び ず、 よ し あ り て、 斎 宮 の 御 下 り な に ぞ や う の をりの物見車おぼし出でらる」と、 常陸の守一行は、 か な り 大 所 帯 で あ り、 は な や か な 様 子 で あ っ た こ と が 知 れ る が、 当 画 面 で は、 荷 物 を 担 い で 運 ぶ 下 人 た ちが五人ほど描かれているにすぎない。   関 入 る 日 し も、 こ の 殿、 石 山 に 御 願 果 し に 詣 で た まひけり。京より、 かの紀伊の守などいひし子ども、 迎 へ に 来 た る 人 々、 こ の 殿 か く 詣 で た ま ふ べ し と 告 げ け れ ば、 道 の ほ ど 騒 が し か り な む も の ぞ と て、 ま だ 暁 よ り 急 ぎ け る を、 女 車 多 く、 所 狭 う ゆ る ぎ 来 る に、 日 た け ぬ。 打 出 の 浜 来 る ほ ど に、 殿 は 粟 田 山 越 え た ま ひ ぬ と て、 御 前 の 人 々、 道 も さ り あ へ ず 来 こ み ぬ れ ば、 関 山 に 皆 下 り ゐ て、 こ こ か し こ の 杉 の 下 に 車 ど も か き お ろ し、 木 隠 れ に ゐ か し こ ま り て 過 ぐ し た て ま つ る。 車 な ど、 か た へ は 後 ら か し、 先 に 立 てなどしたれど、 なほ類ひろく見ゆ。車十ばかりぞ、 袖 口、 も の の 色 あ ひ な ど も 漏 り 出 で て 見 え た る、 田 舎 び ず、 よ し あ り て、 斎 宮 の 御 下 り な に ぞ や う の を り の 物 見 車 お ぼ し 出 で ら る。 殿 も か く 世 に 栄 え 出 で た ま ふ め づ ら し さ に、 数 も な き 御 前 ど も、 皆 目 と ど めたり。   九 月 晦 日 な れ ば、 紅 葉 の 色 々 こ き ま ぜ、 霜 枯 れ の 草、 む ら む ら を か し う 見 え わ た る に、 関 屋 よ り、 さ と は づ れ 出 で た る 旅 姿 ど も の、 色 々 の 襖 の つ き づ き し き 縫 物、 括 り 染 め の さ ま も、 さ る か た に を か し う 見 ゆ。 御 車 は 簾 お ろ し た ま ひ て、 か の 昔 の 小 君、 今 は 衛 門 の 佐 な る を 召 し 奇 せ て、 「 今 日 の 御 関 迎 へ は、 え 思 ひ 捨 て た ま は じ 」 な ど の た ま ふ 御 心 の う ち、 い と あ は れ に お ぼ し 出 づ る こ と 多 か れ ど、 お ほ ぞ う に て か ひ な し。 女 も、 人 知 れ ず 昔 の こ と 忘 れ ね ば、 と りかへしてものあはれなり。

(18)

17 絵  合 く、 に ぎ は は し く、 あ な お も し ろ と 見 ゆ る 筋 は ま さ り て、 多 く の あ ら そ ひ ど も、 今 日 は か た が た に 興 あ ることも多かり。 [解題]   源 氏 が 養 女 と し て 引 き 取 り、 後 見 を す る 六 条 御 息 所 の 遺 児 で あ る 斎 宮 の 女 御( 後 の 秋 好 中 宮 ) と、 権 中 納 言( 昔 の 頭 中 将 ) の 娘 の 弘 徽 殿 の 女 御 が、 冷 泉 帝の御前で絵合を催す場面である。   向 っ て 左 が 源 氏、 右 が 権 中 納 言 で あ る。 奥 の 中 央 に は 冷 泉 帝、 両 脇 に は そ の 女 御 た ち と 思 わ れ る 三 人 が 描 か れ て い る が、 い ず れ も 御 簾 で 隠 し、 顔 を 描 か な い 手 法 を と っ て い る。 手 前 に は、 そ れ ぞ れ を 贔 屓 に す る 女 房 達 が 描 か れ、 画 面 を は な や か な も の と し て い る。 画 面 左 端 に い る 人 物 は、 源 氏 の 弟 で、 当 日 の判者をつとめた螢兵部卿の宮であろう。 [該当本文]   そ の 日 と 定 め て、 に は か な る や う な れ ど、 を か し き さ ま に は か な う し な し て、 左 右 の 御 絵 ど も 参 ら せ た ま ふ。 女 房 の 侍 に 御 座 よ そ は せ て、 北 南 か た が た 別 れ て さ ぶ ら ふ。 殿 上 人 は、 後 涼 殿 の 簀 子 に、 お の お の 心 寄 せ つ つ さ ぶ ら ふ。 左 は、 紫 檀 の 箱 に 蘇 芳 の 花 足、 敷 物 に は 紫 地 の 唐 の 錦、 打 敷 は 葡 萄 染 の 唐 の 綺 な り。 童 六 人、 赤 色 に 桜 襲 の 汗 衫、 衵 は 紅 に 藤 襲 の織物なり。 姿、 用意など、 なべてならず見ゆ。 右は、 沈 の 箱 に 浅 香 の 下 机、 打 敷 は 青 地 の 高 麗 の 錦、 あ し ゆ ひ の 組、 花 足 の 心 ば へ な ど、 今 め か し。 童、 青 色 に柳の汗衫、 山吹襲の衵着たり。 皆、 御前に舁き立つ。 上の女房、前後と装束き分けたり。   召 し あ り て、 内 の 大 臣、 権 中 納 言、 参 り た ま ふ。 そ の 日、 帥 の 宮 も 参 り た ま へ り。 い と よ し あ り て お は す る う ち に、 絵 を こ の み た ま へ ば、 大 臣 の、 下 に す す め た ま へ る や う や あ ら む、 こ と こ と し き 召 し に は あ ら で、 殿 上 に お は す る を、 仰 せ 言 あ り て、 御 前 に 参 り た ま ふ。 こ の 判 つ か う ま つ り た ま ふ。 い み じ う、 げ に 描 き 尽 く し た る 絵 ど も あ り。 さ ら に え 定 め や り た ま は ず。 例 の 四 季 の 絵 も、 い に し へ の 上 手 ど も の お も し ろ き こ と ど も を 選 び つ つ、 筆 と ど こ ほ ら ず描きながしたるさま、 たとへむかたなしと見るに、 紙 絵 は 限 り あ り て、 山 水 の ゆ た か な る 心 ば へ を え 見 せ 尽 く さ ぬ も の な れ ば、 た だ 筆 の 飾 り、 人 の 心 に 作 り 立 て ら れ て、 今 の あ さ は か な る も、 昔 の あ と 恥 な

(19)

18 松  風 [該当本文]   思 ふ か た の 風 に て、 限 り け る 日 違 へ ず 入 り た ま ひ ぬ。 人 に 見 と が め ら れ じ の 心 も あ れ ば、 道 の ほ ど も 軽 ら か に し な し た り。 家 の さ ま も お も し ろ う て、 年 ご ろ 経 つ る 海 づ ら に お ぼ え た れ ば、 所 か へ た る こ こ ち も せ ず。 昔 の こ と 思 ひ 出 で ら れ て、 あ は れ な る こ と 多 か り。 造 り 添 へ た る 廊 な ど、 ゆ ゑ あ る さ ま に、 水 の 流 れ も を か し う し な し た り。 ま だ こ ま や か な る に は あ ら ね ど も、 住 み つ か ば さ て も あ り ぬ べ し。 親 し き 家 司 に 仰 せ 賜 ひ て、 御 ま う け の こ と せ さ せ た ま ひ け り。 わ た り た ま は む こ と は、 と か う お ぼ し た ば かるほどに、日ごろ経ぬ。   な か な か も の 思 ひ 続 け ら れ て、 捨 て し 家 居 も 恋 し う、 つ れ づ れ な れ ば、 か の 御 か た み の 琴 を 掻 き 鳴 ら す。 を り の い み じ う 忍 び が た け れ ば、 人 離 れ た る か た に う ち と け て す こ し 弾 く に、 松 風 は し た な く 響 き あ ひ た り。 尼 君、 も の 悲 し げ に て 寄 り 臥 し た ま へ る に、起きあがりて、    身をかへてひとり帰れる山里に      聞きしに似たる松風ぞ吹く 御方、    故里に見し世の友を恋ひわびて      さへづることを誰か分くらむ     かやうにものはかなくて明かし暮らす。 [解題]   明 石 の 浦 か ら 大 井 に 移 り 住 ん だ 明 石 の 上 が、 源 氏 の 訪 れ を 待 ち わ び て 形 見 の 琴 を か き 鳴 ら す 場 面 で あ る。 琴 を 弾 い て い る の が 明 石 の 上、 そ の 横 に は、 幼 い明石の姫君、襖の奥に明石の尼君が描かれる。   庭 に は、 松 の 木 が 配 さ れ、 「 人 離 れ た る か た に う ち と け て す こ し 弾 く に、 松 風 は し た な く 響 き あ ひ た り 」 と、 松 風 と 琴 の 音 が 響 き あ う 様 子 を 描 い た も の と 思 わ れ る。 こ の 情 景 を 踏 ま え て、 巻 名 の 由 来 と な る「 松 風 」 を 詠 み こ ん だ 尼 君 の 歌 が 詠 ま れ、 そ れ に 明 石 の 上 が 返 歌 を す る。 こ の 絵 も ま た 簀 子 の 位 置 な どが、ややゆがみのある構図となっている。

(20)

19 薄  雲 [該当本文]   こ の 雪 す こ し 解 け て わ た り た ま へ り。 例 は 待 ち き こ ゆ る に、 さ な ら む と お ぼ ゆ る こ と に よ り、 胸 う ち つ ぶ れ て、 人 や り な ら ず お ぼ ゆ。 わ が 心 に こ そ あ ら め、 い な び き こ え む を し ひ て や は、 あ ぢ き な、 と お ぼ ゆ れ ど、 軽 々 し き や う な り と、 せ め て 思 ひ か へ す。 い と う つ く し げ に て、 前 に ゐ た ま へ る を 見 た ま ふ に、 お ろ か に は 思 ひ が た か り け る 人 の 宿 世 か な と 思ほす。この春より生ほす御髪、 尼そぎのほどにて、 ゆ ら ゆ ら と め で た く、 つ ら つ き、 ま み の 薫 れ る ほ ど な ど、 言 へ ば さ ら な り。 よ そ の も の に 思 ひ や ら む ほ どの心の闇おしはかりたまふに、 いと心苦しければ、 う ち 返 し の た ま ひ 明 か す。 「 何 か、 か く く ち を し き 身 の ほ ど な ら ず だ に も て な し た ま は ば 」 と 聞 こ ゆ る ものから、 念じあへずうち泣くけはひ、 あはれなり。   姫 君 は、 何 心 も な く、 御 車 に 乗 ら む こ と を 急 ぎ た ま ふ。 寄 せ た る 所 に、 母 君 み づ か ら 抱 き て 出 で た ま へり。 片言の、 声はいとうつくしうて、 袖をとらへて、 「乗りたまへ」と引くも、いみじうおぼえて、    末遠き二葉の松に引き別れ      いつか木高きかげを見るべき え も 言 ひ や ら ず、 い み じ う 泣 け ば、 さ り や、 あ な 苦 しとおぼして、    「生ひそめし根も深ければ武隈の     松に小松の千代をならべむ の ど か に を 」 と、 な ぐ さ め た ま ふ。 さ る こ と と は 思 ひ 静 む れ ど、 え な む 堪 へ ざ り け る。 乳 母、 少 将 と て あ て や か な る 人 ば か り、 御 佩 刀、 天 児 や う の 物 取 り て乗る。人だまひによろしき若人、 童女など乗せて、 御送りに参らす。 [解題]   薄 雲 巻 の 前 半 の 山 場 で あ る 明 石 の 上 と 明 石 の 姫 君 の 別 れ の 場 面 で あ る。 明 石 の 上 は、 身 分 の 低 い 自 分 の と こ ろ で 育 て て は 姫 君 の 瑕 に な る と、 そ の 将 来 を 思 い、 紫 の 上 に 託 す こ と を 決 め た。 画 面 は、 ち ょ う ど源氏が姫を迎えにやってきたところである。   直 衣 の 男 性 が 源 氏、 そ の 隣 が、 「 母 君 み づ か ら 抱 き て 出 で た ま へ り 」 と、 明 石 の 姫 君 を 抱 い て 別 れ が た い 様 子 の 明 石 の 上 で あ る。 後 姿 で 描 か れ て い る の は、 明 石 の 姫 君 の 乳 母 か。 画 面 の 手 前 に は、 迎 え の 車 が 描 か れ て い る。 薄 雲 巻 の 絵 画 化 と し て は、 著 名 な場面である。

(21)

20 朝  顔 [該当本文]   雪 の い た う 降 り 積 り た る 上 に、 今 も 散 り つ つ、 松 と 竹 と の け ぢ め を か し う 見 ゆ る 夕 暮 に、 人 の 御 容 貌 も 光 ま さ り て 見 ゆ。 「 時 々 に つ け て も、 人 の 心 を 移 す め る 花 紅 葉 の 盛 り よ り も、 冬 の 夜 の 澄 め る 月 に 雪 の 光 り あ ひ た る 空 こ そ、 あ や し う、 色 な き も の の 身 に し み て、 こ の 世 の ほ か の こ と ま で 思 ひ 流 さ れ、 お も し ろ さ も あ は れ さ も 残 ら ぬ を り な れ。 す さ ま じ き 例 に 言 ひ 置 き け む 人 の 心 浅 さ よ 」 と て、 御 簾 巻 き あ げ さ せ た ま ふ。 月 は 隈 な く さ し 出 で て、 ひ と つ 色 に 見えわたされたるに、 しをれたる前栽の蔭心苦しう、 遣 水 も い と い た う む せ び て、 池 の 水 も え も い は ず す ご き に、 童 女 お ろ し て、 雪 ま ろ ば し せ さ せ た ま ふ。 を か し げ な る 姿、 頭 つ き ど も、 月 に 映 え て、 大 き や か に 馴 れ た る が、 さ ま ざ ま の 衵 乱 れ 着、 帯 し ど け な き宿直姿なまめいたるに、 こよなうあまれる髪の末、 白きにはましてもてはやしたる、 いとけざやかなり。 ち ひ さ き は、 童 げ て よ ろ こ び 走 る に、 扇 な ど も 落 し て、 う ち と け 顔 を か し げ な り。 い と 多 う ま ろ ば さ む と、 ふ く つ け が れ ど、 え も 押 し 動 か さ で わ ぶ め り。 か た へ は、 東 の つ ま な ど に 出 で ゐ て、 心 も と な げ に 笑ふ。 [解題]   こ の 場 面 は、 雪 の 降 り 積 も っ た 二 条 院 の 庭 に 童 女 た ち を お ろ し て、 雪 こ ろ が し を さ せ る と こ ろ。 朝 顔 巻 を 絵 画 化 す る に あ た っ て よ く 題 材 と さ れ る 場 面 で ある。   三 人 の 童 女 が 雪 だ る ま を 作 っ て い る 様 子 と、 そ れ を 眺 め る 源 氏 と 紫 の 上、 二 人 の 間 に は 火 桶 が 置 か れ る、 と い う 構 図 は、 他 の 源 氏 物 語 画 帖 な ど に も よ く 見 受 け ら れ、 す で に パ タ ー ン 化 し て い た も の と 思 わ れる。   源 氏 が や や 紫 の 上 の ほ う を 向 い て 描 か れ て い る が、 こ れ は、 源 氏 が 朝 顔 の 斎 院 に 求 愛 し て い る 間、 夜 離 れ が つ づ い た た め、 紫 の 上 を 慰 め て い る 様 子 を 表している。

(22)

21 少  女 [該当本文]   大 学 の 君、 胸 の み ふ た が り て、 も の な ど も 見 入 れ ら れ ず、 屈 じ い た く て、 書 も 読 ま で な が め 臥 し た ま へ る を、 心 も や な ぐ さ む と 立 ち 出 で て、 ま ぎ れ あ り き た ま ふ。 さ ま、 容 貌 は め で た く を か し げ に て、 静 や か に な ま め い た ま へ れ ば、 若 き 女 房 な ど は、 い と を か し と 見 た て ま つ る。 ( 中 略 ) 舞 姫 か し づ き お ろ し て、 妻 戸 の 間 に 屏 風 な ど 立 て て、 か り そ め の し つ ら ひ な る に、 や を ら 寄 り て の ぞ き た ま へ ば、 な や ま し げ に て 添 ひ 臥 し た り。 た だ か の 人 の 御 ほ ど と 見 え て、 今 す こ し そ び や か に、 様 体 な ど の こ と さ ら び、 を か し き と こ ろ は ま さ り て さ へ 見 ゆ。 暗 け れ ば、 こ ま か に は 見 え ね ど、 ほ ど の い と よ く 思 ひ 出 で ら る る さ ま に、 心 移 る と は な け れ ど、 た だ に も あ ら で、 衣 の 裾 を 引 き 鳴 ら い た ま ふ。 何 心 も な く、 あ や し と 思 ふに、    「あめにますとよをかびめの宮人も     わが心ざすしめを忘るな み づ が き の 」 と の た ま ふ ぞ、 う ち つ け な り け る。 若 う を か し き 声 な れ ど、 誰 と も え 思 ひ た ど ら れ ず、 な ま む つ か し き に、 化 粧 じ 添 ふ と て 騒 ぎ つ る 後 見 も、 近 う 寄 り て 人 騒 が し う な れ ば、 い と く ち を し う て、 立ち去りたまひぬ。   浅 葱 の 心 や ま し け れ ば、 内 裏 へ 参 る こ と も せ ず、 もの憂がりたまふを、 五節にことづけて、 直衣など、 さ ま か は れ る 色 ゆ る さ れ て 参 り た ま ふ。 き び は に き よ ら な る も の か ら、 ま だ き に お よ す け て、 さ れ あ り き た ま ふ。 帝 よ り は じ め た て ま つ り て、 お ぼ し た る さまなべてならず、世にめづらしき御おぼえなり。   五 節 の 参 る 儀 式 は、 い づ れ と も な く、 心 々 に 二 な く し た ま へ る を、 舞 姫 の 容 貌、 大 殿 と 大 納 言 殿 と は す ぐ れ た り と、 め で の の し る。 げ に い と を か し げ な れ ど、 こ こ し う う つ く し げ な る こ と は、 な ほ 大 殿 の には、 え及ぶまじかりけり。ものきよげに今めきて、 そ の も の と も 見 ゆ ま じ う し た て た る 様 体 な ど の、 あ り が た う を か し げ な る を、 か う 誉 め ら る る な め り。 例 の 舞 姫 ど も よ り は、 皆 す こ し お と な び つ つ、 げ に 心 こ と な る 年 な り。 殿 参 り た ま ひ て 御 覧 ず る に、 昔 御 目 と ま り た ま ひ し 少 女 の 姿 を お ぼ し 出 づ。 辰 の 日 の暮つ方つかはす。御文のうち思ひやるべし。 [解題]   少 女 巻 の 巻 名 の 由 来 と な っ た 五 節 の 舞 姫 の 場 面 の 絵 画 し た も の で あ ろ う。 画 面 右 手 に は、 五 節 の 舞 姫 が 二 人、 左 手 に は、 三 人 の 男 性 が 描 か れ て い る。 奥 に 位 置 す る 白 い 直 衣 姿 の 男 性 は、 お そ ら く 夕 霧 で あ ろ う。 若 年 者 の 冬 の 装 束 で あ る 桜 襲( 表 白、 裏 赤 ) の直衣とおぼしい。   源氏の配慮により六位とさせられた夕霧は、 日頃、 六 位 を あ ら わ す 浅 葱 の 袍 を 着 て 参 内 す る こ と を 物 憂 く 思 っ て い る。 し か し、 五 節 の 際 に は、 太 政 大 臣 の 子 息 と し て 位 階 に よ る 色 目 の 差 が な い 直 衣 で の 参 内 を特に許されるため、白い直衣姿で描かれている。

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP