目次 まえがき 3 本技術参考資料の記述に関する留意事項 4 第 Ⅰ 編用語の説明 用語の説明 5 第 Ⅱ 編サービス概要 1 サービス概要 1.1 概要 サービス品目の種類とインタフェース UNI2 重化 Ethernet 品目のインタフェース共用 13 2

72  Download (0)

Full text

(1)

技術参考資料

禁無断転載複写

高速ディジタル伝送サービス

(SONET/SDH/Ethernet インタフェース)の

技術参考資料

<ギガデータリンク>

第 3.2 版

2016 年 12 月

西日本電信電話株式会社

本資料の内容は、機能追加等により追加・変更されることがあります。 なお、内容についての問い合わせは、下記宛にお願い致します。 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 ア ラ イ ア ン ス 営 業 本 部 ビ ジ ネ ス デ ザ イ ン 部 business-tech-hq@west.ntt.co.jp

(2)

目 次 まえがき ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3 本技術参考資料の記述に関する留意事項 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 第Ⅰ編 用語の説明 用語の説明 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5 第Ⅱ編 サービス概要 1 サービス概要 1.1 概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8 1.2 サービス品目の種類とインタフェース ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9 1.3 UNI2重化・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12 1.4 Ethernet 品目のインタフェース共用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13 2 回線構成 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14 3 電気通信回線設備と端末設備との分界点 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14 第Ⅲ編 ユーザ・網インタフェース(UNI) 1 光インタフェース 1.1 概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15 1.2 物理的条件 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15 1.2.1 配線形態 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16 1.2.2 光ファイバケーブル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16 1.2.3 コネクタ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16 1.3 光学的条件 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16 1.3.1 主要緒元 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16 1.3.2 光出力条件 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16 1.3.3 光入力条件 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16 1.4 論理的条件 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20 1.4.1 フレーム構成 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20 1.4.2 オーバヘッド ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・28 1.5 同期 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・43 1.5.1 フレーム同期 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・43 1.5.2 網同期 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・43 1.6 スクランブラ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・43 1.7 ユーザ網インタフェース上の保守・運用情報 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・44 1.7.1 警報転送図 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・44 1.7.2 符号誤り監視 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・45 1.7.3 故障情報の検出・発出条件・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・48 1.8 多重収容する場合のタイムスロット指定方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・49

(3)

2 電気インタフェース 2.1 概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・52 2.2 物理的条件 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・52 2.2.1 配線形態 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・52 2.2.2 コネクタ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・52 2.3 電気的条件 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・53 2.4 論理的条件 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・53 2.4.1 フレーム構成 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・53 2.4.2 オーバヘッド ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・53 2.5 同期 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・54 2.6 ユーザ網インタフェース上の保守・運用情報 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・54 2.6.1 警報転送図・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・54 2.6.2 故障情報 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・54 3 イーサネットインタフェース 3.1 概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・55 3.2 物理的条件 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・56 3.2.1 インタフェース条件(100BASE-TX)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・57 3.2.2 インタフェース条件(1000BASE-SX/LX)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・58 3.3 論理的条件 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・59 3.3.1 フレーム構造 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・59 3.4 ユーザ網インタフェース上の保守・運用情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・61 3.4.1 警報転送図(100BASE-TX)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・61 3.4.2 故障情報(100BASE-TX)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・62 3.4.3 警報転送図(1000BASE-SX/LX)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・63 3.4.4 故障情報(1000BASE-SX/LX)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・64 第Ⅳ編 回線終端装置の仕様概要 1 装置仕様及び設置条件概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・65 2 19インチラックへの搭載条件 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・67 3 光ケーブルの配線について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・67 4 電源コンバータ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・67 5 コネクタ着脱方法について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・68 5.1 MUコネクタケーブルの取り付け方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・68 5.2 MUコネクタケーブルの抜去方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・70 第Ⅴ編 本資料と勧告/標準との関係 1 本資料と勧告/標準との関係・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・71

(4)

まえがき この技術参考資料は、『ギガデータリンク』とこれに接続される端末設備とのインタフェース条件について説明したもの で、端末設備等を設計、準備する際に参考となる技術的情報を提供するものです。西日本電信電話株式会社(以下「NTT 西日本」といいます)は、本資料によって、お客様が接続する端末設備を含めた通信システムとしての品質を保証するも のではありません。 なお、NTT 西日本の『ギガデータリンク』に接続する端末設備等が必ず適合していなければならない技術的条件は、「端 末設備等規則」に定められています。 今後、本資料は、インタフェース条件等の追加、変更に合わせて、予告なく変更される場合があります。

(5)

本技術参考資料の記述に関する留意事項

.参照規格一覧

本インタフェースは以下の規格、勧告又は標準を参照している。

DIX規格

・DIX仕様 Ethernet Ver.2

IEEE規格

・IEEE802.3

ITU-T勧告

・G.707 (03/96) Network node interface for the synchronous digital hierarchy(SDH)

・G.957 (06/99) Optical interface for equipments and system relating synchronous digital hierarchy

・G.841(10/98) Types and characteristics of SDH network protection architectures

・G.813 (08/96) Timing characteristics of SDH equipment slave clocks

Telcordia Technologies

・GR-253-CORE issue3 / September 2000

Synchronous Optical Network(SONET) Transport System : Common Generic Criteria

・Bellcore(注)勧告 GR-253-CORE issue2 /December 1995

Synchronous Optical Network(SONET) Transport System : Common Generic Criteria

(注)現在の名称は、 Telcordia Technologies

・GR-499(TR-NWT-000499)

Transport Systems Generic Requirements(TSGR) Common Requirements

・GR-820

OTGR Section 5.1:Generic Digital Tranmission Surveillance

JIS規格

・JIS C 6835 石英系シングルモード光ファイバ素線 1999

・JIS C 5973 (F04形単心光ファイバコネクタ) 1998

・JIS C 5983 (F14 形単心光ファイバコネクタ) 1997

(6)

第Ⅰ編 用語の説明

用語の説明

(1) 100BASE-TX

IEEE802.3u で規定されている非シールドより対線ケーブルを伝送媒体とする100Mbit/s のLAN インタフェース 仕様。

(2) 1000BASE-SX/LX

IEEE802.3z で規定されている光ファイバケーブルを伝送媒体とする 1Gbit/s の LAN インタフェース仕様。

(3) DIX 規格

DEC(Digital Equipment Corp.)、Intel、Xerox の 3 社共同開発による Ethernet の規格。

(4) IEEE( Institute of Electrical and Electronics Engineers)

米国電気・電子技術者協会。1884 年に設立された世界的な電気・電子情報分野の学会で、LAN 等の標準化を行っ ている。

(5) ISO(International Organization for Standardization)

国際標準化機構。1946 年に設置された工業製品に関する国際標準をつくることを目的とした国際的機関

(6) ITU-T(International Telecommunication Union-Telecommunication Standardization Sector) 国際電気通信連合・電気通信標準化部門。国際間の電気通信を支障なく行うことを目的とした通信網所有者側の標 準化委員会。

(7) LT(Line Termination)

専用回線の専用サービス取扱所内における終端装置。

(8) MAC(Media Access Control)

媒体アクセス制御。データリンク層のフレーム送出方法、フレームフォーマット、誤り検出等を規定するレイヤ。

(9) MAC アドレス(MAC Address)

MAC 層のアドレス。インタフェースの ROM に書き込まれた固有のアドレス。 (10) NT(Network Termination) TEからのデータ信号を伝送に適した信号に変換して回線へ送出し、また回線を通して伝送されてきた信号を元の データ信号に変換してTEへ伝える装置。 (11) OC-n(Optical Carrier) 北米のデジタルハイアラーキー(SONET)の伝送レート系列。ANSI(米国規格協会)が標準化した。SO NETの基本伝送レートである51.84Mビット/秒をOC-1と呼び、51.84Mビット/秒のn倍の伝送 速度をOC-nと表記する。

(12) OSI(Open System Interconnection) 開放型システム間相互接続

(7)

(13) SDH(Synchronous Digital Hierarchy)

同期光ファイバネットワーク。日本ではSDH、北米では SONET と呼んでいる。1988 年に CCITT(現 ITU-T) で標準化された。155.52Mbit/s を基本速度とし、その整数倍すなわち 155.52×N(N:整数)を伝送すべき速度と している。日本でもTTC(電気通信技術委員会)は日本独自の標準として 51.84Mbit/s を規定しており、後に ITU-T (旧CCITT)でも 51.84Mbit/s のフレーム構成が追加された。

(14) POH(Path over Head)

バーチャルコンテナ(VC)が生成される点と終端される点との間を、パス運用情報を転送するために用意されて おり、VCパスの運用状態表示、アラーム情報表示、保守用信号の収容、多重構造の表示等の機能を搭載している

(15) RJ-45

ISO IS 8877 で規定される 8 ピンモジュラージャック仕様。

(16) SOH(Section over Head)

バーチャルコンテナ(VC)に付加される保守・運用のための情報バイトで、パスやセクションの運用状態表示や 誤り監視等の保守・操作上の情報を転送し、STMを分解せずに加えたり修正したりすることができる。SDHで は中継セクションオーバヘッド(RSOH)、端局セクションオーバーヘッド(MSOH)の2種類のSOHがある。 また、SONETではセクションオーバーヘッド(SOH*)、ラインオーバヘッド(LOH)の2種類のオーバヘ ッドがありこれらをトランスポートオーバヘッド(TOH)と呼んでいる。 *:SDHのSOHとの混同に注意。機能については本文を参照のこと。

(17) SONET(Synchronous Optical Network)

米同期伝送網。米国の3次群の回線(45Mビット/秒)を光ファイバ伝送路に効率よく収容し、経済的なディジ タル・ネットワークを形成する為に、1980年代半ばにANSI(米国規格協会)が標準化した。基本の同期転 送モジュールとして、51.84Mビット/秒のビットレートを持つOC-1を採用している。

(18) STM-n(Synchronous Transport Module)

同期転送モジュール。同期ディジタル・ハイアラーキ(SDH)では、125マイクロ秒の周期で同期転送モード のフレームを多重して伝送する。SDHの基本多重単位は、155.52Mビット/秒の同期転送モジュールで、 これをSTM-1と呼ぶ。さらにSTM-1のn倍(nは4の倍数)の速度のものをSTM―nと呼ぶ。

(19)STS-1(Synchronous Transport Signal level 1)

SONET では SDH の VC-3 相当を STS-1 と呼ぶ。厳密には STS-1 SPE(Synchronous Payload Envelope)。

(20)STS-3c(Concatenated Synchronous Transport Signal level 3)

SONET では SDH の VC-4相当を STS-3c と呼ぶ。厳密には STS-3c SPE(Synchronous Payload Envelope)。

(21)STS-12c(Concatenated Synchronous Transport signal level 12)

SONET では SDH の VC-4-4c 相当を STS-12c と呼ぶ。厳密には STS-12c SPE(Synchronous Payload Envelope)。

(22)STS-48c(Concatenated Synchronous Transport signal level 48)

SONET では SDH の VC-4-12c 相当を STS-12c と呼ぶ。厳密には STS-48c SPE(Synchronous Payload Envelope)。

(23)TE(Terminal Equipment)

回線の一端に接続し、データの送受信を行う装置。

(24)Telcordia

米AT&T分割で地域電話 7 社が共同で設立した研究開発会社。米国のベンダの間では、Telcordia 規格が電気通 信分野の標準規格として広く参照されている。旧称は Bellcore。

(8)

(25)TTC(the Telecommunication Technology Committee) 電信電話技術委員会。電気通信の公正な競争市場を確保しキャリア、メーカー、ユーザ間の信頼を維持するため、 国内に電気通信に関する民間標準を策定し、電気通信分野における標準化に貢献する機関。 (26)VC-3(Virtual Container-3) 情報を運ぶための規格された器。VCは情報信号(箱:コンテナ)と、この情報信号を管理する為のパスオーバー ヘッドで構成される。 (27)VC-4(Virtual Container-4) 情報を運ぶための規格された器。VCは情報信号(箱:コンテナ)と、この情報信号を管理する為のパスオーバー ヘッドで構成される。

(28)VC-4-4c(Virtual Container-4 concatenation)

ハイオーダパスである VC-4 のペイロード部の連結動作(コンカチ)。

(29)VC-4-12c(Virtual Container-12 concatenation) ハイオーダパスである VC-4 のペイロード部の連結動作(コンカチ)。

(30)VLAN タグ(Virtual LAN tag)

VLAN を利用して通信を行う際の一方式としてデータの先頭に付与される IEEE802.1Q にて規格化された 4 オク テット長の制御用データ。VLAN 識別子やプライオリティ等の情報が格納されている。 (31)回線速度 TE相互間で伝送可能な情報(データ、音声、画像等の情報)の速度をいいます。 (32)専用サービス取扱所 専用サービスの業務を行う NTT 西日本の事業所をいいます。 (33)端末区間 専用サービス取扱所に設置された伝送装置のお客様ビル内側の切替端子盤等からお客様ビル内の分界点までの区 間をいいます。 (34)端末設備 専用回線の一端(NTT西日本の線路設備から最短距離にある配線盤又は保安器)に接続される電気通信設備(電 気通信を行うための機械、器具、線路その他の電気設備)であって、その設置場所が同一構内(これに準ずるもの を含みます)又は、同一建物内であるものをいいます。 (35)電気通信回線設備 電気通信回線を提供するための機械、器具、線路、その他の電気的設備です。 (36)中継区間 専用サービス取扱所に設置された伝送装置のお客様ビル内側の切替端子盤等の相互間をいいます。 (37)分界点 専用回線の一端と端末設備との接続点をいいます。(工事及び保全上の境界を示すものではありません。)

(38)ユーザ・網インタフェース(User Network Interface:UNI)

利用者(ユーザ)と通信事業者のネットワーク(網)との間のインタフェース

(39)より対線ケーブル

(9)

第Ⅱ編 サービス概要

1 サービス概要

1.1

概要

本サービスは、超高速 SONET リングをお客様が占有して利用できる超高速専用サービスです。本サービスの主 な特徴は以下のとおりです。 [本サービスの特徴] (1) SONET リング内の自動切替機能により、回線故障等の際に瞬時に異なったルートに切り替えることがで き信頼性の高いネットワークを実現

(2) 収容ビル間において2.4Gbit/s、10Gbit/sのSONETリング網を構築し、45Mbit/s、50Mbit/s~1050Mbit/s、 2.4Gbit/s のパスを設定することにより、複数の拠点間において高速の回線で通信が可能 (提供インタフェースによっては利用可能なパスに制限があります。詳細は表1.1、表1.2を参照 下さい) (3) リング容量の範囲で、回線の増速・増設などに柔軟に対応する事が可能 リング型ネットワークを構築し、収容する端末回線を一括して提供 お客さまビル お客さまビル お客さまビル

ギガデータリンク

2.4Gbit/s、10Gbit/s

回線終端装置 回線終端装置 回線終端装置 収容ビル装置 収容ビル装置 収容ビル装置

600Mbit/s

600Mbit/s 150Mbit/s 図1.1 サービス提供イメージ

(10)

1.2 サービス品目の種類と提供インタフェース

サービス品目の種類を表1.1および表1.2に、中継回線(リング)の容量を表1.3に、端末回線の容量 と提供パターンを表1.4に、提供インタフェースを表1.5に示します。 表1.1 サービス品目(SONET/SDH品目) 表1.2 サービス品目(Ethernet品目) 品目 内容 フレーム長 64byte の場合(参考値) フレーム長 1518byte の場合(参考値) 50Mbps 44.744Mbit/s の符号伝送が可能 48.004Mbit/s の符号伝送が可能 100Mbps 81.487Mbit/s の符号伝送が可能 96.007Mbit/s の符号伝送が可能 150Mbps 122.231Mbit/s の符号伝送が可能 144.011Mbit/s の符号伝送が可能 200Mbps 162.974Mbit/s の符号伝送が可能 192.014Mbit/s の符号伝送が可能 250Mbps 203.718Mbit/s の符号伝送が可能 240.018Mbit/s の符号伝送が可能 300Mbps 244.462Mbit/s の符号伝送が可能 288.021Mbit/s の符号伝送が可能 350Mbps 285.205Mbit/s の符号伝送が可能 336.025Mbit/s の符号伝送が可能 400Mbps 325.949Mbit/s の符号伝送が可能 384.028Mbit/s の符号伝送が可能 450Mbps 366.692Mbit/s の符号伝送が可能 432.032Mbit/s の符号伝送が可能 500Mbps 407.436Mbit/s の符号伝送が可能 480.036Mbit/s の符号伝送が可能 550Mbps 448.180Mbit/s の符号伝送が可能 528.039Mbit/s の符号伝送が可能 600Mbps 488.923Mbit/s の符号伝送が可能 576.043Mbit/s の符号伝送が可能 650Mbps 529.667Mbit/s の符号伝送が可能 624.046Mbit/s の符号伝送が可能 700Mbps 570.410Mbit/s の符号伝送が可能 672.050Mbit/s の符号伝送が可能 750Mbps 611.154Mbit/s の符号伝送が可能 720.053Mbit/s の符号伝送が可能 800Mbps 651.898Mbit/s の符号伝送が可能 768.057Mbit/s の符号伝送が可能 850Mbps 692.641Mbit/s の符号伝送が可能 816.060Mbit/s の符号伝送が可能 900Mbps 733.385Mbit/s の符号伝送が可能 864.064Mbit/s の符号伝送が可能 950Mbps 774.129Mbit/s の符号伝送が可能 912.068Mbit/s の符号伝送が可能 1.0Gbps 814.872Mbit/s の符号伝送が可能 960.071Mbit/s の符号伝送が可能 1.05Gbps 855.616Mbit/s の符号伝送が可能 1,008.075Mbit/s の符号伝送が可能 ※イーサフレームの伝送容量(ヘッダ(インタフレームギャップ、プリアンブル等)は、含んでいません。) 品目 内容 45Mbit/s 600Mbit/s 44.210Mbit/sの符号伝送が可能なもの。 149.760Mbit/sの符号伝送が可能なもの。 50Mbit/s 48.384Mbit/sの符号伝送が可能なもの。 2.4Gbit/s 2.39616Gbit/sの符号伝送が可能なもの。 599.040Mbit/sの符号伝送が可能なもの。 150Mbit/s プリアンブル (PA) SFD 宛先アドレス (DA) 送信元アドレス (SA) データ FCS レン グス インタフレーム ギャップ (IFG) イーサフレームの伝送容量の範囲

(11)

表1.3 中継回線の容量 表1.4 端末回線の容量と提供パターン 表1.5 提供インタフェース 品目 インタフェース種別 インタフェース速度 SONET/SDH品目 DS-3 44.736Mbit/s STM-1/OC-3 155.520Mbit/s STM-4/OC-12 622.080Mbit/s STM-16/OC-48 2.48832Gbit/s Ethernet品目 100BASE-TX 100Mbit/s 1000BASE-SX/LX 1Gbit/s 種別 内容 2.39616Gbit/sまでの符号伝送が可能なもの。 9.58464Gbit/sまでの符号伝送が可能なもの。 2.4Gbit/s 10Gbit/s 種別 2.4Gbit/s 2.39616Gbit/sまでの符号伝送が可能なもの。

600Mbit/s 599.040Mbit/sまでの符号伝送が可能なもの。 中継回線2.4Gbit/sのみ提供 baai

中継回線10G及び2.4Gbit/sにて提供 baai

(12)

本サービスでは、図1.2のように、UNI にて多重して利用する形態も可能です。 P K G UNI: 600Mbps(STM-4)←VC4×3 インタフェース速度 サービス品目 インタフェースパッケージ UNI:150Mbps(STM-1)←VC4×1 品目:150Mbps×3 図1.2 UNI にて多重する場合の利用例 収容ビル 収容ビル装置 収容ビル装置 装置 お客様ビル お客様ビル 回線終端装置 回線終端装置 回線終端装置 回線終端装置 端末区間 端末区間 端末区間 収容ビル装置 端末区間 UNI:150Mbps(STM-1)←VC4×1 UNI:150Mbps(STM-1)←VC4×1

(13)

1.3 UNI2重化(UNI パッケージ自動切替機能)

回線終端装置(ONU)に搭載する UNI パッケージを二重化構成(予備パッケージの搭載)とすることにより、UNI パッケージの故障発生時の自動切替を行うことができます。 UNI2 重化を行う場合の論理条件は第Ⅲ編 表 1.3、表 1.4、表 1.7、表 1.8、表 1.11、表 1.12 を参照してください。 UNI2 重化が可能な UNI パッケージ種別は以下の通りです。 表1 UNI2 重化が可能なパッケージ種別 UNI パッケージ種 別 STM-1/OC-3 STM-4/OC-12 STM-16/OC-48 〔通常の提供形態〕 ユーザ端末 ONU 切替 障害発生 UNIパッケージ 一重化構成 二重化区間 収容ビル装置 〔UNI二重化の提供形態〕 ユーザ端末 ONU 切替 障害発生 UNIパッケージ 二重化構成 二重化区間 (SONETリングプロテクション機能保証区間) 収容ビル装置 1+1による 切替方式 障害発生 切替 図1.3 UNI二重化のサービス提供イメージ

(14)

1.4 Ethernet 品目のインタフェース共用 本サービスのEthernet 品目では、1つの速度品目を複数のイーサネットインタフェースで共用することが可能です。 ※1 ・Ethernet 品目の設定には、両端の回線終端装置にイーサパッケージが必要です。 ・1のイーサパッケージから最大4対地へのEthernet 品目の設定が可能です。 (この場合、対地毎にイーサパッケージが必要となります。) ※2 ・Ethernet 品目では、Ethernet 品目が収容されたイーサパッケージ内の特定のイーサインタフェース (イーサポート)間でのポイントトゥポイント通信が可能です。 ・パス単位での帯域制御は不可となります。(Ethernet 品目の設定速度を複数のパスで共用) お客さまビル お客さまビル お客さまビル

ギガデータリンク

2.4Gbit/s、10Gbit/s

回線終端装置 回線終端装置 回線終端装置 収容ビル装置 収容ビル装置 収容ビル装置

600Mbit/s

600Mbit/s 150Mbit/s Ethernet 品目(600Mbit/s)※1 イーサインタフェース(イーサポート) 毎の仮想パス※2 図1.4 Ethernet 品目のサービス提供イメージ

(15)

2 回線構成

本サービスの回線構成例を図2.1に示します。 図2.1 回線構成例

3 電気通信回線設備と端末設備との分界点

本サービスの電気通信回線設備と端末設備との分界点は、NTのTE側となります。分界点、施工・保守上に おける接続及び責任範囲例を図3.1に示します。 図3.1 分界点及び施工・保守上の責任範囲 光配線盤 光配線盤 NTT西日本ビル NTT西日本ビル LT LT TE TE お客様ビル お客様ビル (注1) ▼:電気通信回線設備と端末設備との分界点 ▼(注1) ▼(注1) 電気通信回線設備 LT TE 光ファイバケーブル 光配線盤 (PD/PT) 施工・保守上の責任範囲 電気通信回線設備 端末設備 光ファイバケーブル または、同軸ケーブル NT 分界点 コネクタ NT NT LT NTT西日本ビル 光配線盤 TE お客様ビル NT ▼(注1)

(16)

第Ⅲ編

ユーザ・網インタフェース(UNI)

1 光インタフェース

1.1 概要

光インタフェース(STM-1/4/16、OC-3/12/48)の規定点を図1.1に示します。 (1)物理的条件 光ファイバの仕様及び電気通信回線設備と端末設備を接続するためのコネクタ等の規格 (2)光学的条件 電気通信回線設備と端末設備を接続するための信号レベルの規格等 (3)論理的条件 電気通信回線設備と端末設備の間で信号を送受信するための伝送フレーム構成等

1.2 物理的条件

表1.1にユーザ・網インタフェースの主要諸元を示します。 表1.1 主要諸元 項目 STM-1 OC-3 STM-4 OC-12 STM-16 OC-48 配線形態 1対(上り下り各方向1本) 伝送媒体 光ファイバケーブル コネクタ F14単心光ファイバコネクタ (JIS C 5983) F04形単心光ファイバコネクタ (JIS C 5973)

伝送速度 155.520 Mbit/s 622.080 Mbit/s 2488.320 Mbit/s

クロック精度 ±20ppm 伝送符号 スクランブルド2値NRZ符号(※1) 入出力特性 表1.2参照 LT 光学的条件規定点 物理条件規定点 図1.1 ユーザ・網インタフェース規定点 規定点: TE NT UNI

(17)

1.2.1 配線形態 伝送媒体には2本の光ファイバケーブルを適用します。 (1対:上り下り各方向1本) 1.2.2 光ファイバケーブル ユーザ・網インタフェースに適用される光ファイバケーブルは、SM型光ファイバケーブル(以下「SMケ ーブル」)です。なお、SMケーブルは、JIS C 6835 SSMA-9.5/125(注)に相当する光ファイバケーブルで す。 (注)ITU-T勧告 G.652、またはIEC規格 793-2 B1.1 に相当します。 1.2.3 コネクタ

光送受信用コネクタとして、STM-1/OC-3 及び STM-4/OC-12 についてはF14 形単心光ファイバコネクタ(JIS C 5983)2個(OPT OUT及びOPT IN)で接続します。また、STM-16/OC48 についてはF04 形単心光 ファイバコネクタ(JIS C 5973)2個(OPT OUT及びOPT IN)

1.3 光学的条件

1.3.1 主要緒元 本サービスの光学的条件は下記の光パラメータ条件についてSTM-1/4/16 はITU-T 勧告G.957 に、OC-3/12/48 はTelcordia GR-253-CORE に準拠します。各インタフェースの光パラメータ条件を表1.2に示します。 表1.2 光パラメータ条件 項目 STM-1/OC-3 STM-4/OC-12 STM-16/OC-48

インタフェース速度 155.520 Mbit/s 622.080 Mbit/s 2488.320 Mbit/s

適用伝送路コード I-1/SR-1 I-4/SR-1 I-16/SR-1 波長範囲(nm) 1260~1360 1261~1360 1266~1360 送信電力 * -15~-8dBm -15~-8dBm -10~-3dBm 光出力波形 図1.2参照 図1.3参照 消光比 8.2dB 最大受信電力(平均値)* -8dBm -8dBm -3dBm 最小受信電力(平均値)* -23dBm -23dBm -18dBm パワーペナルティ(※2) 1dB 符号誤り率 10-10 * ITU-T 勧告 G.957 相当 1.3.2 光出力条件 NTからTEに送出する信号の条件を表1.2 ・送信電力 ・パワーペナルティ ・符号誤り率 に示します。 なお、スクランブラによって変調されたマーク率1/2の信号での特性です。 1.3.3 光入力条件 NTがTEから受信する信号の条件を表1.2の ・最大受信電力(平均値) ・最小受信電力(平均値) ・光出力波形 ・消光比 に示します。

(18)

図1.2 パルスマスク 測定系 被試験インタフェース 出力 光ATT * 変換器 (光電気変換 4 次トムソンフィルタ** 波形測定器 *:光ATTは必要に応じて用います。 **:カットオフ周波数(-3dB 減衰点)が入力公称ビットレートの0.75倍です。 〔測定系〕 1+Y1 1 Y2 0.5 Y1 0 -Y1 0 X1 X2 X3 X4 1 振 幅 論理“1”のレベル 論理“0”のレベル 時間[UI] OC-3・STM-1 OC-12・STM-4 X1/X4 X2/X3 Y1/Y2 0.15/0.85 0.35/0.65 0.20/0.80 0.25/0.75 0.40/0.60 0.20/0.80

(19)

図1.3 パルスマスク

(※1)スクランブルド2値NRZ符号

NRZ(Non Return to Zero)符号は図1.3に示すように論理値‘0’の場合は‘Low’、論理値‘1’の 測定系 被試験インタフェース 出力 光ATT * 変換器 (光電気変換 4 次トムソンフィルタ** 波形測定器 *:光ATTは必要に応じて用います。 **:カットオフ周波数(-3dB 減衰点)が入力公称ビットレートの0.75倍です。 〔測定系〕 1+Y1 1 Y2 0.5 Y1 0 -Y1 0 X1 X2 X3 X4 1 振 幅 論理“1”のレベル 論理“0”のレベル 時間[UI] OC-48・STM-16 X3-X2 Y1/Y2 0.20 0.25/0.75

(20)

場合には‘High’とする符号形式をいいます。 論理値 ‘0’ ‘1’ 波形 High――― High――― Low ――― T Low ――― T 1 0 1 0 0 1 1 0 1 0 (注1)論理規定は正論理です。すなわちNRZ符号‘H’時に光ON、NRZ符号‘L’時に光OFFとします。 (注2)T=(1/155.520)×10-6 〔s〕 図1.4 NRZ符号の説明 (※2)パワーペナルティ 送信スクラムの拡がり及びファイバの波長分散に起因する受信劣化等、特性が劣化し、それによって受信電力 の低下を招くことをいいます。 (150M の場合)

(21)

1.4 論理的条件

1.4.1 フレーム構成

STM-1/STM-4/STM-16 のフレームフォーマットとこれらにマッピングされる VC-3/VC-4/ VC-4-4c/ VC-4-16cの フレームフォーマットは ITU-T G.707 に準拠します。

OC-3 / OC-12 及 び OC-48 の フ レ ー ム フ ォ ー マ ッ ト と こ れ ら に マ ッ ピ ン グ グ さ れ る STS-1 SPE/STS-3cSPE/STS-12cSPE/STS-48cSPE は Telcordia GR-253-CORE に準拠します。

それぞれのフレーム構成を図1.5~図1.18に示します。 (1) STM-1/OC-3フレーム構成 STM-1 のペイロードには 3 個の VC-3 または 1 個の VC-4 を収容する。OC-3 のペイロードには 3 個の STS-1 SPE また は 1 個の STS-3c SPE を収容する。 A1 A1 A1 A2 A2 A2 J0 * * B1 E1 F1 D1 D2 D3 H1 H1 H1 H2 H2 H2 H3 H3 H3 B2 B2 B2 K1 K2 D4 D5 D6 D7 D8 D9 D10 D11 D12 S1 M1 E2 9バイト 261バイト 9 行 図1.5 STM-1フレーム構成 <STM-1フレーム> * =同符号が連続しないこと H1 = 1001ss11 H2 = 11111111 s:未定義ビット * * * * * * * 270バイト 本領域には3個のVC-3、または1個のVC-4が収 容される。 AU-4ポインタの場合、最初のポインタ以外の残りのポインタに ついてのビット割付を以下に示す AUポインタ 中継セクションオーバヘッド(RSOH) 端局セクションオーバヘッド(MSOH) =未使用バイト(ALL"1")

(22)

(2) STM-4/OC-12フレーム構成 STM-4のペイロードには最大12個のVC-3または最大4個のVC-4または1個のVC-4-4cを収容する。また、VC-3/VC-4 の混在収容が可能である。OC-12のペイロードには最大12個のSTS-1 SPEまたは最大4個のSTS-3cまたは1個のSTS-12c SPE を収容する。また、STS-1 SPE/STS-3cの混在収容が可能である。 A1 A1 A1 A2 A2 A2 J0 Z0 Z0 B1 E1 F1 D1 D2 D3 H1 H1 H1 H2 H2 H2 H3 H3 H3 B2 B2 B2 K1 K2 D4 D5 D6 D7 D8 D9 D10 D11 D12 S1 Z1 Z1 Z2 Z2 M1 E2 9バイト 261バイト 270バイト 9 行 図1.6 OC-3フレーム構成 * * * * H1 = 1001xx11 H2 = 11111111 ×:未定義ビット * * <OC-3フレーム> A1 A1 ... A1 A2 A2 ... A2 J0 B1 E1 F1 D1 D2 D3 H1 H1 ... H1 H2 H2 ... H2 H3 B2 B2 ... B2 K1 K2 D4 D5 D6 D7 D8 D9 D10 D11 D12 S1 E2 12バイト 1080バイト 1044バイト 9 行 Z0 Z0 Z0 H3 ... H3 M1 ... * * ... H3 H3 ... H3 12バイト 4バイト 8バイト * <STM-4フレーム> * =同符号が連続しないこと . . . =同左 H1 = 1001ss11 H2 = 11111111 s:未定義ビット * * * * * * 図1.7 STM-4フレーム構成 1080バイト * ... =未使用バイト(ALL"0") 本領域には3個のSTS-1 SPE、または 1個のSTS-3c SPEが収容される。 セクションオーバヘッド(SOH) ラインオーバヘッド(LOH) STS-3cポインタの場合、最初のポインタ以外の残りのポインタ についてのビット割付を以下に示す 本領域には最大12個のVC-3、また は最大4個のVC-4、または1個の VC-4-4cが収容される。 また、VC-3及びVC-4の混在収容が 可能である。 AU-4/4-4cポインタの場合、それぞれ最初のポインタ以外の残りのポ インタについてのビット割付を以下に示す AUポインタ 中継セクションオーバヘッド(RSOH) 端局セクションオーバヘッド(MSOH) =未使用バイト(ALL"1")

(23)

(3) STM-16/OC-48フレーム構成

STM-16のペイロードには最大48個のVC-3または最大16個のVC-4または最大4個のVC-4-4cまたは1個のVC-4-16cを 収容する。また、VC-3/VC-4/VC-4-4cの混在収容が可能である。OC-48のペイロードには最大48個のSTS-1 SPEまたは最 大16個のSTS-3cまたは最大4個のSTS-12cまたは1個のSTS-48cを収容する。また、STS-1 SPE/STS-3c SPE/STS-12c SPE

の混在収容が可能である。 A1 A1 ... A1 A2 A2 A2 B1 E1 D1 D2 H1 H1 ... H1 H2 H2 H2 B2 B2 ... B2 K1 D4 D5 D7 D8 D10 D11 S1 M1 12バイト 1044バイト 9 行 J0 Z0 Z0 F1 D3 H3 H3 K2 D6 D9 D12 E2 Z0 * ... ... H3 12バイト 12バイト * * . . . =同左 ... ... =同符号が連続しない事 Z1 ... Z1 Z2 Z2 Z2 ... Z2 <OC-12フレーム> * * * ... ... * ... ... ... ... ... H1 = 1001xx11 H2 = 11111111 ×:未定義ビット * * 図1.8 OC-12フレーム構成 * ... セクションオーバヘッド(SOH) ラインオーバヘッド(LOH) 本領域には最大12個のSTS-1 SPE、 または最大4個のSTS-3c SPE、また は1個のSTS-12c SPEが収容される。 また、STS-1 SPE及びSTS-3c SPEの 混在収容が可能である。 STS-3c/12cポインタの場合、それぞれ最初のポインタ以外の残り のポインタについてのビット割付を以下に示す =未使用バイト(ALL"0") A1 A1 ... A1 A2 A2 ... A2 J0 B1 E1 F1 D1 D2 D3 H1 H1 ... H1 H2 H2 ... H2 H3 B2 B2 ... B2 K1 K2 D4 D5 D6 D7 D8 D9 D10 D11 D12 S1 E2 48バイト 4320バイト 4176バイト 9 行 Z0 Z0 H3 ... H3 M1 ... * * ... H3 H3 ... H3 48バイト 16バイ ト 32バイ ト * <STM-16フレーム> * =同符号が連続しないこと . . . =同左 H1 = 1001ss11 H2 = 11111111 s:未定義ビット * * * * * * 図1.9 STM-16フレーム構成 * ... AUポインタ 中継セクションオーバヘッド(RSOH) 端局セクションオーバヘッド(MSOH) =未使用バイト(ALL"1") ... 本領域には最大48個のVC-3、または最大16 個のVC-4、または4個のVC-4-4c、または1 個のVC-4-16cが収容される。 また、VC-3、VC-4フレーム及びVC-4-4cの混在収 容が可能である。 AU-4/4-4c/4-16cポインタの場合、それぞれ最初のポインタ以外の残 りのポインタについてのビット割付を以下に示す

(24)

(4)VC-3/STS-1フレーム構成 A1 A1 ... A1 A2 A2 A2 B1 E1 D1 D2 H1 H1 ... H1 H2 H2 H2 B2 B2 ... B2 K1 D4 D5 D7 D8 D10 D11 S1 M1 48バイト 4176バイト 4320バイト 9 行 J0 Z0 F1 D3 H3 H3 K2 D6 D9 D12 E2 Z0 * ... ... H3 48バイト 48バイト * * . . . =同左 ... ... =同符号が連続しない事 Z1 ... Z1 Z2 Z2 Z2 ... Z2 <OC-48フレーム> * * * ... * ... ... ... ... ... ... H1 = 1001xx11 H2 = 11111111 ×:未定義ビット * * 図1.10 OC-48フレーム構成 * ... セクションオーバヘッド(SOH) ラインオーバヘッド(LOH) =未使用バイト(ALL"0") ... 本領域には最大48個のSTS-1 SPE、また は最大16個のSTS-3c SPE、または最大4 個のSTS-12c SPE、または1個のSTS-48c SPEが収容される。 また、STS-1 SPE 、STS-3c SPE 及び STS-12c SPEの混在収容が可能である。 STS-3c/12c/48cポインタの場合、それぞれ最初のポインタ以外の残 りのポインタについてのビット割付を以下に示す =固定スタッフバイト(同一値であること) =VC-3ペイロード 図1.11 VC-3フレーム構成 9 行 パスオーバヘッド(POH) 86バイト 1バイト 1 2… 30 59 87 J 1 J1 B3 C2 G1 F2 H4 F3 K3 N1

(25)

(5)VC-4/STS―3cフレーム構成 9 行 パスオーバヘッド(POH) 86バイト 1バイト =固定スタッフバイト(同一値であること) =STS-1ペイロード 図1.12 STS-1 SPEフレーム構成 1 2… 30 59 87 J1 B3 C2 G1 F2 H4 Z3 Z4 Z5 図1.13 VC-4フレーム構成 260バイト 1バイト =VC-4ペイロード 9 行 パスオーバヘッド(POH) J1 B3 C2 G1 F2 H4 F3 K3 N1

(26)

(6)VC-4-4c/STS-12cフレーム構成 図1.14 STS-3c SPEフレーム構成 260バイト 1バイト =STS-3cペイロード 9 行 パスオーバヘッド(POH) J1 B3 C2 G1 F2 H4 Z3 Z4 Z5 1040バイト 1バイト 3バイト 図1.15 VC-4-4cフレーム構成 =固定スタッフバイト(同一値であること) =VC-4-4cペイロード パスオーバヘッド(POH) 9 行 J1 B3 C2 G1 F2 H4 F3 K3 N1

(27)

(7)VC-4-16c/STS-48cフレーム構成 図1.17 VC-4-16cフレーム構成 図1.16 STS-12c SPEフレーム構成 1040バイト 1バイト 3バイト =固定スタッフバイト(同一値であること) =STS-12cペイロード パスオーバヘッド(POH) 9 行 J1 B3 C2 G1 F2 H4 Z3 Z4 Z5 4160バイト 15バイト =固定スタッフバイト(同一値であること) =VC-4-16cペイロード 1バイト 9 行 パスオーバヘッド(POH) J1 B3 C2 G1 F2 H4 F3 K3 N1

(28)

図1.18 STS-48c SPEフレーム構成 4160バイト 15バイト =固定スタッフバイト(同一値であること) =STS-48cペイロード 1バイト 9 行 パスオーバヘッド(POH) J1 B3 C2 G1 F2 H4 Z3 Z4 Z5

(29)

1.4.2 オーバヘッド (1)STM-1/OC-3 ・オーバヘッドの種類 ① STM-1/STM-1cOC-3/OC-3cのセクションオーバヘッド(SOH) ②VC-3/VC-4、STS-1/STS-3cのパスオーバヘッド(POH) ・オーバヘッドの詳細 図1.19 STM-1のオーバヘッド配置 図1.20 OC-3のオーバヘッド配置 A1 A1 A1 A2 A2 A2 J0 * * B1 E1 F1 D1 D2 D3 H1 H1 H1 H2 H2 H2 H3 H3 H3 B2 B2 B2 K1 K2 D4 D5 D6 D7 D8 D9 D1 0 D1 1 D1 2 S1 M1 E2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 2 3 4 5 6 7 8 9 RSOH MSOH AUポインタ J1 B3 C2 G1 F2 H4 F3 K4 N1 POH 1 2 3 4 5 6 7 8 9 バイト SDH系 ① STM-1 の中継セクションオーバヘッド(RSOH)、端局セクションオーバヘッド(MSOH) ② VC-3/VC-4のパスオーバヘッド(POH) SONET系 ① OC-3のセクションオーバヘッド(SOH)、ラインオーバヘッド(LOH) ② STS-1/STS-3cのパスオーバヘッド(POH) STM-1のオーバヘッドの配置を図1.19に示します。 OC-3のオーバヘッドの配置を図1.20に示します。 A1 A1 A1 A2 A2 A2 J0 Z0 Z0 B1 E1 F1 D1 D2 D3 H1 H1 H1 H2 H2 H2 H3 H3 H3 B2 B2 B2 K1 K2 D4 D5 D6 D7 D8 D9 D1 0 D1 1 D1 2 S1 M1 E2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 2 3 4 5 6 7 8 9 SOH LOH STS ポインタ J1 B3 C2 G1 F2 H4 Z3 Z4 Z5 POH 1 2 3 4 5 6 7 8 9 バイト Z1 Z1 Z2 Z2

(30)

①オーバヘッドのバイト定義 STM-1のRSOH及びMSOHのバイト定義を表1.3に、OC-3のSOH及びLOHのバイト 定義を表1.4に示します。VC-3/VC-4のPOHバイト定義を表1.5に、STS-1/STS -3cのPOHバイト定義を表1.6に示します ②ポインタの定義 ポインタ値及びポインタ動作は、STM-1/STM-1cは ITU-T G.707 に、OC-3は Telcordia GR-253-CORE に準拠します。

(31)

表1.3 STM-1のRSOH・MSOHバイト定義 *1 切替方式は ITU-T 勧告 G.783 の 1+1,Uni-directional,nonrevertive に準拠 本ビットの値 主信号伝送用 A1:”11110110”,A2:”00101000” 送信:”00000001”,受信:無視 前フレームの全ビットのBIP-8演算結果 送信:"01111111", 受信:無視 送信:ALL"0", 受信:無視 送信:ALL"0", 受信:無視 前フレームの第1行から3行のRSOHを除く 全ビットのBIP-24演算結果 正常:”000” AIS:”111”,RDI:”110” 送信:ALL"0", 受信:無視 ITU-T勧告G.707に準拠 送信:"01111111", 受信:無視 normal:"0110",set:"1001" 送信:”10”,受信:無視 VC-3 VC-4先頭位相 スタッフ制御等 負スタッフ時、ペイロード収容 切替要求要因、切替元伝送路等 (切替方式:1+1Unidirectional *1) 本IFの用途 ITU-T勧告G.707に準拠 ITU-T勧告G.707に準拠 未定義 未定義 ITU-T勧告G.707に準拠 ITU-T勧告G.707に準拠 ITU-T勧告G.707に準拠 未定義 未定義 未定義 ITU-T勧告G.707に準拠 ITU-T勧告G.707に準拠 ITU-T勧告G.707に準拠 ITU-T勧告G.707に準拠 未定義 ペイロード 記号 A1,A2 B1 E1 F1 D1~D3 B2 K1, K2(b1~b5) K2(b6~b8) D4~D12 S1 E2 AU ポインタ b1~b4 H 1 b5,b6 b7,b8 H2 H3 中継 セクション オーバ ヘッド (RSOH) J0 VC3/4信号を格納 ITU-T勧告G.707上の用途 フレーム同期 中継セクションの誤り監視 端局セクションの誤り監視 端局セクション切替系の制御 端局セクション状態の転送 NDF AUタイプ表示 VC-3/VC-4先頭位相指示 正負スタッフ指示 負スタッフ用バイト 中継セクションオーダワイヤ ユーザチャネル 端局セクションDCC 同期状態メッセージ 端局セクションオーダワイヤ 中継セクショントレース 中継セクションDCC 対局誤り表示 M1 ITU-T勧告G.707に準拠 送信/受信:対局B2の演算結果 未定義 ITU-T勧告G.707に準拠 H1 端局 セクション オーバ ヘッド (MSOH)

(32)

表1.4 OC-3のSOH・LOHバイト定義

*1 J0,Z0 の送信内容

*2 切替方式は Telcordia 勧告 GR-253-CORE の 1+1,Uni-directional,nonrevertive に準拠

本ビットの値 主信号伝送用 A1:”11110110”,A2:”00101000” 送信:”*1”,受信:無視 前フレームの全ビットのBIP-8演算結果 送信: "01111111", 受信:無視 送信:ALL "0", 受信:無視 送信:ALL "0", 受信:無視 前フレームの第1行から3行のSOHを除く 全ビットのBIP-24演算結果 正常:”100” (Uni) AIS:”111”,RDI:”110”の検出 送信:ALL "0", 受信:無視 Telcordia勧告GR-253-CORE準拠 送信:"01111111", 受信:無視 normal:"0110",set:"1001" 送信:”00”,受信:無視 STS-1,STS-3C先頭位相 スタッフ制御等 負スタッフ時、ペイロード収容 切替要求要因、切替元伝送路等 (切替方式:1+1Unidirectional *2) 本IFの用途 未定義 未定義 未定義 未定義 未定義 ペイロード 記号 A1,A2 B1 E1 F1 D1~D3 B2 K1, K2(b1~b5) K2(b6~b8) D4~D12 S1 E2 STS ポインタ b1~b4 H 1 b5,b6 b7,b8 H2 H3 セクション オーバ ヘッド (SOH) J0 STS-1,STS-3C信号を格納 Telcordia勧告 GR-253-COREの用途 フレーム同期 セクションの誤り監視 ライン誤り監視 ライン切替系制御 ライン状態の転送 NDF 未定義 STS先頭位相指示 正負スタッフ指示 負スタッフ用バイト セクションオーダワイヤ セクションユーザチャネル ラインデータ通信チャネル 同期状態メッセージ ラインオーダワイヤ セクショントレース セクションデータ通信チャネル 対局誤り表示 M1 送信/受信:対局B2 の演算結果 未定義 Telcordia勧告GR-253-CORE準拠 H1 Z0 予約 未定義 送信:”*1”,受信:無視 Z1,Z2 Telcordia勧告GR-253-CORE準拠 予約 未定義 送信:ALL "0", 受信:無視 J0 Z0 Z0 00000001 00000010 00000011 ライン オーバ ヘッド (LOH) Telcordia勧告GR-253-CORE準拠 Telcordia勧告GR-253-CORE準拠 Telcordia勧告GR-253-CORE準拠 Telcordia勧告GR\253-CORE準拠 Telcordia勧告GR-253-CORE準拠 Telcordia勧告GR-253-CORE準拠 Telcordia勧告GR-253-CORE準拠 Telcordia勧告GR-253-CORE準拠 Telcordia勧告GR-253-CORE準拠 未定義

(33)

表1.5 VC-3/VC-4のPOHバイト定義 ※1:POH については当社網においてはすべてトランスペアレントに透過します。 ※2:B3 バイトについて当社網においては透過するが、ITU-T 勧告 G.707 の規定以外のバイトを当社網にて受信した場合、 当社網内の冗長切替機能に影響を与えます。このため TE⇒LT の方向では、ITU-T 勧告 G.707 の規定に従ったバイト を送信する必要があります。 ※3:C2 バイトについて当社網においては透過するが、C2=“00”を当社網にて受信した場合、当社網内の冗長切替機能に 影響を与えます。このため TE⇒LT の方向では正常時に C2=“00”を送信しないようにする必要があります。 表1.6 STS-1/STS-3cのPOHバイト定義 ※1:POH については当社網においてはすべてトランスペアレントに透過します。 ※2:B3 バイトについて当社網においては透過するが、Telcordia GR-253-CORE の規定以外のバイトを当社網にて受信し た場合、当社網内の冗長切替機能に影響を与えます。このため TE⇒LT の方向では、Telcordia GR-253-CORE の規定に 従ったバイトを送信する必要があります。 ※3:C2 バイトについて当社網においては透過するが、C2=“00”を当社網にて受信した場合、当社網内の冗長切替機能に 影響を与えます。このため TE⇒LT の方向では正常時に C2=“00”を送信しないようにする必要があります。 (2)STM-4/OC-12 本ビットの値 LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare パス誤り監視(前フレームのVC3/VC4 前ビットのBIP-8演算結果) ※2 LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare

LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare 本IFでの用途 未定義 未定義 未定義 未定義 記号 J1 G1(b1~b4) G1(b5) G1(b6~b8) F2 H4 F3 K3 N1 パス オーバ ヘッド (POH) ※1 B3 ITU-T G.707の用途 パストレース パス対局誤り表示 位置表示 パスユーザチャネル APSチャネル 送信パス状態の転送 未使用 網運用者バイト パス誤り監視 パスユーザチャネル ITU-T G.707に準拠 未定義 C2 シグナルレベル 未定義 “00”以外 3 未定義 未定義 未定義 未定義 ※3 LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare 本IFの内容

LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare パス誤り監視(前フレームのSTS1/STS3c 前ビットのBIP-8演算結果) ※2

LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare 本IFでの用途 未定義 未定義 未定義 未定義 記号 J1 G1(b1~b4) G1(b5) G1(b6~b8) F2 H4 Z3 Z4 Z5 パス オーバ ヘッド (POH) ※1 B3 Telcordia勧告 GR-253- CORE上の用途 パストレース パス対局誤り表示 位置表示 予約 予約 送信パス状態の転送 未使用 タンデムコネクション パス誤り監視 パスユーザチャネル Telcordia GR-253 -CORE に準拠 未定義 C2 シグナルレベル 未定義 “00”以外 3 未定義 未定義 未定義 未定義 ※3 LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare LT→TE:規定せず TE→LT:don’tcare

(34)

・オーバヘッドの種類 ・オーバヘッドの詳細 STM-4のオーバヘッドの配置を図1.21に示します。 OC-12のオーバヘッドの配置を図1.22に示します。 図1.21 オーバヘッド配置 図1.22 オーバヘッド配置 A1 A1 ... A1 A2 A2 A2 A2 A2 B1 D1 H1 B2 D4 D7 D10 S1 J0 Z0 Z0 Z0 * ... * ... E1 D2 H1 ... H1 H2 H2 H2 H2 H2 B2 ... B2 K1 D5 D8 D11 M1 F1 D3 H3 ... H3 K2 D6 D9 D12 E2 H3 H3 ... H3 ... ... 1 2 3 4 5 6 7 8 9 RSOH MSOH AUポインタ 1 2 12 13 14 15 16 24 25 26 27 28 バイト 7 29 ... ... ... 36 J1 B3 C2 G1 F2 H4 F3 K3 N1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 POH SDH系 ③ STM-4の中継セクションオーバヘッド(RSOH)、端局セクションオーバヘッド(MSOH) ④ VC-3、VC-4、VC-4-4cのパスオーバヘッド(POH) SONET系 ③ OC-12のセクションオーバヘッド(ROH)、ラインオーバヘッド(LOH) ④ STS-1、STS-3c、STS-12cのパスオーバヘッド(POH) A1 A1 ... A1 A2 A2 A2 A2 A2 B1 D1 H1 B2 D4 D7 D10 S1 J0 Z0 Z0 Z0 * ... * ... E1 D2 H1 ... H1 H2 H2 H2 H2 H2 B2 ... B2 K1 D5 D8 D11 M1 F1 D3 H3 ... H3 K2 D6 D9 D12 E2 H3 H3 ... H3 ... ... 1 2 3 4 5 6 7 8 9 SOH LOH STS ポインタ 25 12 13 14 15 16 24 26 27 28 バイト 7 29 36 J1 B3 C2 G1 F2 H4 Z3 Z4 Z5 1 2 3 4 5 6 7 8 9 POH Z1 Z1 Z1 Z2 Z2 Z2 Z2

(35)

①SOHオーバヘッド

STM-4のRSOH及びMSOHのバイト定義を表1.7に、OC-12のSOH及びLOHのバイ ト定義を表1.8に示します。VC-3、VC-4、VC-4-4cのPOHバイト定義を表1.9に、 STS-1、STS-3c、STS-12cのPOHバイト定義を表1.10に示します

②ポインタ

ポインタ値及びポインタ動作は、STM-4はITU-T勧告G.707に、OC-12はTelcordia GR-253-CORE に準拠します。

(36)

表1.7 STM-4のRSOH・MSOHバイト定義 *1 J0,Z0 の送信内容 *2 切替方式は ITU-T 勧告 G.783 の 1+1,Uni-directional,nonrevertive に準拠) J 0 Z 0 Z 0 Z 0 00000001 00000010 00000011 00000100 J0 Z0 0 Z0 0 Z0 0 本ビットの値 主信号伝送用 A1:”11110110”,A2:”00101000” 送信:”*1”,受信:無視 前フレームの全ビットのBIP-8演算結果 送信: "01111111", 受信:無視 送信:ALL"0", 受信:無視 送信:ALL"0", 受信:無視 前フレームの第1行から3行のRSOHを除く 全ビットのBIP-96演算結果 正常:“000” AIS:"111",RDI:"110" 送信:ALL"0", 受信:無視 ITU-T勧告G.707に準拠 送信:"01111111", 受信:無視 normal:"0110",set:"1001" 送信:”10”,受信:無視 VC-3,VC-4 ,VC-4-4c先頭位相 スタッフ制御等 負スタッフ時、ペイロード収容 切替要求要因、切替元伝送路等 (切替方式:1+1Unidirectional *2) 本IFの用途 ITU-T勧告G.707に準拠 未定義 未定義 未定義 未定義 未定義 ペイロード 記号 A1,A2 B1 E1 F1 D1~D3 B2 K1, K2(b1~b5) K2(b6~b8) D4~D12 S1 E2 AU ポインタ b1~b4 H 1 b5,b6 b7,b8 H2 H3 中継 セクション 管理 情報 (RSOH) J0 VC-3,VC-4,VC-4-4c 信号を格納 ITU-T勧告G.707上 の用途 フレーム同期 中継セクションの誤り監視 端局セクションの誤り監視 端局セクション切替系の制御 端局セクション状態の転送 NDF AUタイプ表示 負スタッフ用バイト 中継セクションオーダワイヤ ユーザチャネル 端局セクションDCC 同期状態メッセージ 端局セクションオーダワイヤ 中継セクショントレース 中継セクションDCC 対局誤り表示 M1 ITU-T勧告G.707に準拠 送信/受信:対局B2の演算結果 未定義 ITU-T勧告G.707に準拠 H1 未定義 Z0 予約 未定義 送信:”*1”,受信:無視 ITU-T勧告G.707に準拠 ITU-T勧告G.707に準拠 ITU-T勧告G.707に準拠 ITU-T勧告G.707に準拠 ITU-T勧告G.707に準拠 ITU-T勧告G.707に準拠 ITU-T勧告G.707に準拠 ITU-T勧告G.707に準拠 VC-3,VC-4,VC-4-4c 先頭位相指示 正負スタッフ指示 端局 セクション 管理 情報 (MSOH) 未使用

(37)

表1.8 OC-12のSOH・LOHバイト定義

*1 J0,Z0 の送信内容

*2 切替方式は Telcordia 勧告 GR-253-CORE の 1+1,Uni-directional,nonrevertive に準拠

本ビットの値 主信号伝送用 A1:”11110110”,A2:”00101000” 送信:”*1”,受信:無視 前フレームの全ビットのBIP-8演算結果 送信: "01111111", 受信:無視 送信:ALL "0", 受信:無視 送信:ALL "0", 受信:無視 前フレームの第1行から3行のSOHを除く 全ビットのBIP-96演算結果 正常:”100” (Uni) AIS:”111”,RDI:”110”の検出 送信:ALL "0", 受信:無視 Telcordia GR-253-CORE準拠 送信: "01111111", 受信:無視 normal:"0110",set:"1001" 送信:”00”,受信:無視 STS-1,STS-3c,STS-12c 先頭位相 スタッフ制御等 負スタッフ時、ペイロード収容 切替要求要因、切替元伝送路等 (切替方式:1+1Unidirectional *2) 本IFの用途 未定義 未定義 未定義 未定義 未定義 ペイロード 記号 A1,A2 B1 E1 F1 D1~D3 B2 K1, K2(b1~b5) K2(b6~b8) D4~D12 S1 E2 STS ポインタ b1~b4 H 1 b5,b6 b7,b8 H2 H3 セクション オーバ ヘッド (SOH) J0 STS-1,STS-3c,STS-12c 信号を格納 Telcordia勧告 GR-253-COREの用途 フレーム同期 セクションの誤り監視 ライン誤り監視 ライン切替系の制御 ライン状態の転送 NDF 未定義 負スタッフ用バイト セクションオーダワイヤ セクションユーザチャネル ラインデータ通信チャネル 同期状態メッセージ ラインオーダワイヤ セクショントレース セクションデータ通信チャネル 対局誤り表示 M1 未定義 Telcordia GR-253-CORE準拠 H1 未定義 Z0 予約 未定義 送信:”*1”,受信:無視 Z1,Z2 Telcordia GR-253-CORE準拠 予約 未定義 送信:ALL "0", 受信:無視 STS-1,STS-3c,STS-12c 先頭位相指示 正負スタッフ指示 J 0 Z 0 Z 0 Z 0 00000001 00000010 00000011 00000100 J0 Z0 0 Z0 0 Z0 0 ライン オーバ ヘッド (LOH) 送信/受信:対局B2 の演算結果 Telcordia GR-253-CORE準拠 Telcordia GR-253-CORE準拠 Telcordia GR-253-CORE準拠 Telcordia GR-253-CORE準拠 Telcordia GR-253-CORE準拠 Telcordia GR-253-CORE準拠 Telcordia GR-253-CORE準拠 Telcordia GR-253-CORE準拠 Telcordia GR-253-CORE準拠

Figure

図 1.2      IEEE 802.3 と DIX 規格 Ethernet ver.2 のフレームフォーマット

図 1.2

IEEE 802.3 と DIX 規格 Ethernet ver.2 のフレームフォーマット p.60

References