3. [ 送 信 ]をクリックすると パスワード 作 成 画 面 が 表 示 されます 4. [パスワードを 作 成 ]フィールドにパスワードを 入 力 します パスワードを 入 力 すると プライベートなファイルが 保 護 されます パスワードの 強 度 は 選 択 した 基 準 によ って 決

全文

(1)

EncryptStick Lite セキュリティソフトウェア用 Lexar クイックスタートガイド

EncryptStick Lite スタートアップガイド

1. Lexar フラッシュドライブを PC または Mac コンピューターに挿入します。[EncryptStick Lite –

登録]ページが表示されます。

EncryptStick が自動的に起動します。自動的に起動しない場合は、フラッシュドライブを参照 し、encryptstick.exe(PC の場合)か encryptstick.app(Mac の場合)をダブルクリックしてプロ グラムを起動します。

2. [ドライブの使用を開始(Start using my drive)]をクリックします。

(2)

3. [送信]をクリックすると、パスワード作成画面が表示されます。 4. [パスワードを作成]フィールドにパスワードを入力します。 パスワードを入力すると、プライベートなファイルが保護されます。パスワードの強度は選択した基準によ って決まります。 5. [パスワードを確認]フィールドに同じパスワードを入力します(コピーアンドペーストしないでください)。 入力したパスワードが基準設定(赤色で示されているもの)を満たしていない場合は、[OK]をクリックでき ません。 強度の基準に合うようにパスワードを変更するか(推奨)、オプションをオフにします(非推奨)。 *パスワードの基準設定は 4 種類あります。 A:6 文字以上使用して下さい。 B:大文字と小文字両方を使用してくさい。 C:数字とアルファベットを使用して下さい。 D:括弧内の特殊文字を使用して下さい。 ※パスワードはログインや、データの復元をする際に必要になるので忘れないようにして下さい。

(3)

6. [OK]をクリックすると、アプリケーションが開き、次のようなメイン操作画面が表示されます。 6-2. 日本語で使用したい場合は、一度プログラムを終了し encryptstick.exe(PC の場合)か encryptstick.app(Mac の場合)をダブルクリックしてプログラムを起動します。下記の画面が表示 されたら、日本語を選択し、設定したパスワードを入力します。 6-3. メイン画面で操作をしないまま長時間放置すると自動的にログイン画面に切り替わります。 タイムアウトの時間設定は[ツール] > [オプション] > [パスワードのタイムアウト]で設定できます。

(4)

7. プログラムを操作する [保護ファイル]の保管庫アイコン[Flash Drive]をダブルクリックし、保管庫を開いてフォルダ ーとファイルを追加します。 8. 新規フォルダーを作成する メニューバーの新規フォルダー(+)アイコンをクリックし、新しいフォルダーの名前を入力します。 デフォルトでは、新しいフォルダーは[保護ファイル]に配置されます。

(5)

9. 保管庫フォルダーにファイルを追加する 保管庫内の該当するフォルダーを開きます。 メニューバーのファイルの追加アイコンをクリックします。 ウィンドウが開き、コンピューター上のすべてのドライブとフォルダーが表示されます。 暗号化するファイルをクリックします。 [暗号化]ボタンをクリックして、保管庫フォルダーにファイルを追加します。 10. ドラッグアンドドロップ機能 保管庫にファイルをコピー、移動したり、保管庫からコピー、移動することができます。 コピーまたは移動するファイルをクリックし、マウスのボタンを押したままファイルをドラッグし て、対象のフォルダーにドロップします。

(6)

11. EncryptStick Lite 保管庫に関する注意事項 フラッシュドライブのルートディレクトリにはファイルを移動したりコピーすることができますが、フ ラッシュドライブの EncryptStick Lite 保管庫にファイルを直接追加することはできません。 ソフトウェアを実行して保管庫を開いているときは、コンピューターからフラッシュドライブの EncryptStick Lite 保管庫に直接移動またはコピーするファイルにはアクセスできません。 EncryptStick Lite 保管庫にファイルを直接追加した場合、コンピューターや他のストレージデ バイスから移動したファイルが完全に失われることがあります。

(7)

12. フラッシュドライブの保管庫データのバックアップ 保管庫データを定期的にバックアップすることは大変重要です。アプリケーションを閉じる前にフ ラッシュドライブの保管庫データをご使用のコンピューターにバックアップする習慣を付けてくだ さい。 保管庫を開き、[ツール] > [バックアップ金庫データ]をクリックします。 バックアップが完了すると次の画面が表示されます。 注:定期的なバックアップは非常に重要です。フラッシュドライブを紛失したり、破損したりした場 合も、コンピューターにバックアップした保管庫データを修復して復元するだけで済みます。パ スワードを新たに設定した場合は、バックアップを作成したときに使用していたパスワードを用 いることで、バックアップ保管庫から代替のドライブの新しい保管庫にデータを修復できます。 ※バックアップ先の設定は[ツール] > [オプション] > [場所] > [バックアップオプション]から選べます。初期設定 は[アプリケーションデータ]になっていますが、PC にバックアップをしたい場合は[マイドキュメント]選んで下さ い。[マイドキュメント]を選択すると PC の[ドキュメント]に[encryptsticklite]フォルダが作成され、そこにバックア ップが保存されます。

(8)

13. 紛失したフラッシュドライブの保管庫データの復元手順 コンテンツに何らかの破損が生じたり、Lexar フラッシュドライブを破損または紛失してしまった場合、バッ クアップ保管庫から保管庫データを復元し、破損した保管庫や代替の Lexar フラッシュドライブにデータを 修復できます。 既存のドライブの保管庫を修復するには、次の手順に従います。(破損または紛失したドライブを置き換 える場合は、最初に Lexar 製のドライブを USB ポートに挿入してから次の手順を実行します。) [ツール] > [金庫データを修復]をクリックします。修復ウィザードが開いたら、[修復]をクリックします。 [他のリストされていない金庫]を選択し、[次へ]をクリックします。 ※通常の復元をする場合は、[Flash Drive]を選択して下さい。 最新のフラッシュドライブのバックアップを選択し、[次へ]をクリックします。

(9)

選択したバックアップを作成したときに使用したパスワードを入力します。

フラッシュドライブ保管庫のデータをバックアップのデータで置き換えることを確認するウィンドウが開きま す。[修復]をクリックします。

データの修復が成功したことを示すウィンドウが開きます。 [閉じる]をクリックし、保管庫と復元したデータにアクセスします。

(10)

14. 表示[枠]のサイズを変更する パネル間の区切り線をクリックしたまま、区切り線を上下にドラッグして、2 つの[枠]の割合を変更します。 15. 保管庫をロックする 保管庫をロックするにはロックアイコンをクリックします。これによりログイン画面に戻ります。プログラム に戻るにはパスワードの入力が必要になります。 16. EncryptStick プログラムを終了する プログラムを完全に終了するには、[ファイル] > [終了する] をクリックします。これにより保管庫が自動的 にロックされます。 17. ドライブを取り出す/マウントを解除する フラッシュドライブのデータの整合性を確保するため、USB ポートからドライブを取り出す前に、フラッシュ ドライブを取り出すコマンド(Windows の場合)またはアンマウントするコマンド(Mac の場合)を使用する ことをお勧めします。ドライブを取り出したりアンマウントする前に、必ずアプリケーションを終了してくださ い。 18. EncryptStick Lite アプリケーションを再起動する Lexar ドライブを挿入し、ログイン画面でパスワードを入力して保管庫のロックを解除し、プログラムを実 行します。コンピューターへの侵入が懸念される場合は、セキュリティを強化するために、下の画面に表 示されている仮想キーボードを使用してパスワードを入力できます。

(11)

19. アップグレードアイコン EncryptStick Lite をお使いであれば、その他のセキュリティ機能も利用できます。 アップグレードアイコンをクリックすると、EncryptStick 6.0(Windows、Mac、Linux 用)の完全 版 にアップグレードすることで得られる機能とメリットを確認できます。 [完全版]にアップグレード]をクリックすると、Lexar をご利用のお客様がアップグレードを注文さ れた際に利用できる特別ディスカウントの詳細をご覧いただけます。 [このセキュリティソフトを提供している ENCRYPTSTICK 社のホームページに移動します。完全 版へのアップグレードは有料となっています]

Updating...

参照