LT 利得2、650MHzトリプル・ビデオ・アンプ

12 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

1

6553f 15 2 5V 16 1 –5V –5V – + 14 370Ω 370Ω 75Ω + – 12 370Ω 370Ω 75Ω + – 10 9 5V 11 –5V 13 8 7 6 5 4 3 370Ω 370Ω 75Ω RIN GIN BIN 75Ω 75Ω 75Ω 75Ω 75Ω 75Ω LT6553 6553 TA01a

利得2の650MHz

トリプル・ビデオ・アンプ

トリプル・ビデオ・ライン・ドライバ TIME (ns) OUTPUT (V) 1.5 1.0 0.5 0 –0.5 –1.0 –1.5 4 8 12 16 6553 TA01b 20 2 0 6 10 14 18 VIN = 1VP–P VS = ±5V RL = 15OΩ TA = 25°C 大信号過渡応答

特長

−3dB小信号帯域幅:650MHz−3dB、2V P-P大信号帯域幅:400MHz±0.1dB帯域幅:150MHz高いスルーレート:2500V/µs2の固定利得により、外付け抵抗不要チャネル分離:10MHzで75dBチャネル分離:100MHzで50dB2次高調波歪:10MHz、2V P-Pで−82dB ■ 3次高調波歪:10MHz、2V P-Pで−72dB ■ 低消費電流:8mA/アンプ0.1%へのセトリング時間(2Vステップ):6nsTTL互換のイネーブル、ディスエーブル時はI SS≤100µA ■ 微分利得:0.022%、微分位相:0.006°広い電源電圧範囲:±2.25V(4.5V)∼±6V(12V)16ピンSSOPパッケージ

アプリケーション

RGBアンプ同軸ケーブル・ドライバLCDプロジェクタ

概要

LT®6553は内部で利得を2に固定した高速トリプル・ビ デオ・アンプです。各アンプは二重終端の75Ωビデオ負 荷での動作に対して最適化されており、2VP-Pのフル信 号帯域幅が400MHzあるので、非常に高分解能のビデオ 信号をドライブするのに最適です。LT6553は各アンプ ごとに個別の電源ピンを備えているので、チャネル分離 が 75dBまで改善されており、多くの高速アプリケー ションに適しています。 LT6553の性能は両電源動作向けに最適化されています が、最低4.5Vの単一電源でも動作可能です。5Vの両電 源を使用する場合、各アンプの消費電流はわずか8mAで す。ディスエーブル時、これらのアンプの消費電流は 100µA以下で、出力ピンは高インピーダンスになりま す。さらに、これらのアンプは50ns以内にオンできるの で、多重化アプリケーションや携帯機器のアプリケー ションに最適です。 LT6553はリニアテクノロジー社独自の低電圧コンプリ メンタリ・バイポーラ・プロセスを使用して製造され、 SO-8パッケージと同じPCボードスペースに収まる16ピ ンSSOPパッケージで供給されます。 、LTC、LTはリニアテクノロジー社の登録商標です。

標準的応用例

(2)

2

6553f 1 2 3 4 5 6 7 8 TOP VIEW GN PACKAGE 16-LEAD PLASTIC SSOP

16 15 14 13 12 11 10 9 EN DGND INR AGND ING AGND INB V– V+ V+ OUTR V– OUTG V+ OUTB V– G = +2 G = +2 G = +2

ORDER PART

NUMBER

GN PART

MARKING

TJMAX = 150°C, θJA = 135°C/W より広い動作温度範囲で規定されるデバイスについては、弊社へお問い合わせ ください。

6553

6553I

LT6553CGN

LT6553IGN

SYMBOL PARAMETER CONDITIONS MIN TYP MAX UNITS

VOS Input Referred Offset Voltage VIN = 0V, VOS = VOUT/2 3 ±10 mV

● ±20 mV

IIN Input Current ● –17 ±50 µA

RIN Input Resistance VIN = ±1V ● 150 400 kΩ

CIN Input Capacitance f = 100kHz 1 pF

PSRR Power Supply Rejection Ratio VS (Total) = 4.5V to 12V (Note 6) ● 56 62 dB

IPSRR Input Current Power Supply VS (Total) = 4.5V to 12V (Note 6) ● 1 ±4 µA/V

Rejection

AV ERR Gain Error VOUT = ±2V ● –1.2 ±5 %

AV MATCH Gain Matching Any One Channel to Another ±1 %

VOUT Maximum Output Voltage Swing ±3.25 ±3.5 V

● ±3.1 V

IS Supply Current, Per Amplifier 8 11 mA

● 14 mA

Supply Current, Disabled, Total VEN = 4V ● 22 100 µA

VEN = Open ● 0.5 100 µA

IEN Enable Pin Current VEN = 0.4V ● –200 –95 µA

VEN = V+ ● 0.5 50 µA

ISC Output Short-Circuit Current RL = 0Ω, VIN = ±1V ● ±50 ±105 mA

SR Slew Rate ±1V on ±2V Output Step (Note 9) 1700 2500 V/µs

–3dB BW Small Signal –3dB Bandwidth VOUT = 200mVP-P 650 MHz

0.1dB BW Gain Flatness ±0.1dB Bandwidth VOUT = 200mVP-P 150 MHz

絶対最大定格

(Note 1) 全電源電圧(V+ ∼ V) ... 13.2V 入力電流 (Note 2) ... ±10mA 出力電流(連続)... ±70mA ENからDGNDへの電圧 (Note 2) ... 5.5V 出力短絡時間 (Note 3) ... 無期限 動作温度範囲 (Note 4) ... −40℃∼85℃ 規定温度範囲 (Note 5) ... −40℃∼85℃ 保存温度範囲 ... −65℃∼150℃ 接合部温度 ... 150℃ リード温度 (半田付け、10秒) ... 300℃

パッケージ/発注情報

電気的特性

は全動作温度範囲の規格値を意味する。それ以外はTA=25℃での値。VS = ±5V、RL = 150Ω、CL = 1.5pF、VEN = 0.4V、 VAGND、VDGND = 0V。

(3)

3

6553f

FPBW Full Power Bandwidth 2V VOUT = 2VP-P (Note 7) 270 400 MHz

FPBW Full Power Bandwidth 4V VOUT = 4VP-P (Note 7) 200 MHz

All-Hostile Crosstalk f = 10MHz, VOUT = 2VP-P –75 dB

f = 100MHz, VOUT = 2VP-P –50 dB

tS Settling Time 0.1% of VFINAL, VSTEP = 2V 6 ns

tR,tF Small-Signal Rise and Fall Time 10% to 90%, VOUT = 200mVP-P 550 ps

dG Differential Gain (Note 8) 0.022 %

dP Differential Phase (Note 8) 0.006 Deg

HD2 2nd Harmonic Distortion f = 10MHz, VOUT = 2VP-P –82 dBc

HD3 3rd Harmonic Distortion f = 10MHz, VOUT = 2VP-P –72 dBc

SYMBOL PARAMETER CONDITIONS MIN TYP MAX UNITS

電気的特性

は全動作温度範囲の規格値を意味する。それ以外はTA=25℃での値。VS = ±5V、RL = 150Ω、CL = 1.5pF、VEN = 0.4V、 VAGND、VDGND = 0V。 Note 1:絶対最大定格はそれを超えるとデバイスの寿命に影響を及ぼす値。 Note 2:このパラメータは設計および特性評価により性能仕様に適合すること が保証されている。製造時にはテストされない。 Note 3:出力電流と接合部温度が絶対最大定格より下に保たれている限り、デ バイスは損傷を受けない。電源電圧に依存して、ヒートシンクが必要になるこ とがある。 Note 4:LT6553Cは−40℃∼85℃の動作温度範囲で動作することが保証されて いる。 Note 5:LT6553Cは、0℃∼70℃の温度範囲で性能仕様に適合することが保証 されている。LT6553Cは−40℃∼85℃の拡張温度範囲で性能仕様に適合するよ うに設計され、特性が評価されており、性能仕様に適合すると予想されるが、 これらの温度ではテストされないし、QAサンプリングもおこなわれない。 LT6553Iは−40℃∼85℃の温度範囲で性能仕様に適合することが保証されてい る。 Note 6:電源除去測定のための2つの電源電圧の設定点は、テストを簡単にす るため、標準的な±VSポイントからシフトされている。最初の測定はV+ = 3V、V− = −1.5Vでおこなわれ、EN、DGND、AGNDおよびすべての入力が0V に接続された状態でイネーブル回路が機能するのに必要な3Vのオーバーヘッド が与えられる。2番目の測定はV+ = 8V、V = −4Vでおこなわれる。 Note 7:フルパワー帯域幅はスルーレートから計算される。 FPBW = SR/(π • VP-P) Note 8:差動利得と位相はTektronix社のTSG120YC/NTSC信号発生器と同社の 1780Rビデオ測定セットを使って測定される。この装置の分解能は0.05%およ び 0.05度 よ り も 高 い 。 同 じ ア ン プ を 9段 カ ス ケ ー ド 接 続 し て 、 0.0056%と 0.0056度の実効分解能が得られた。 Note 9:スルーレートはGチャネルを使って全数テストされる。RチャネルとB チャネルのスルーレートは設計と特性評価によって保証されている。

(4)

4

6553f

INPUT VOLTAGE (V) –2.5

INPUT BIAS CURRENT (

µ A) –20 0 1.5 6553 G05 –40 –60 –1.5 –0.5 0.5 2.5 20 VS = ±5V TA = –55°C TA = 25°C TA = 125°C EN PIN VOLTAGE (V) 0 EN PIN CURRENT ( µ A) 0 –20 –40 –60 –80 –100 –120 –140 6553 G06 2 5 1 3 4 VS = ±5V VDGND = 0V TA = –55°C TA = 25°C TA = 125°C TEMPERATURE (°C) –55

SUPPLY CURRENT (mA)

–15 25 45 125 6553 G01 –35 5 65 85 105 12 10 8 6 4 2 0

TOTAL SUPPLY VOLTAGE (V)

0 4

6553 G02

1 2 3 5 6 7 8 9 10 11 12

SUPPLY CURRENT (mA)

12 10 8 6 4 2 0 EN PIN VOLTAGE (V)

SUPPLY CURRENT (mA)

6553 G03 12 10 8 6 4 2 0 0 0.5 1.0 1.5 2.0 2.5 3.0 3.5 4.0 VS = ±5V RL = ∞ VIN = 0V VS = ±5V VDGND = 0V VIN = 0V VEN = 0V VEN = 0.4V V– = –V+ VEN, VDGND, VIN = 0V TA = 25°C TA = –55°C TA = 25°C TA = 125°C INPUT VOLTAGE (V) –2.5 –1.5 –0.5 0.5 1.5 2.5 5 4 3 2 1 0 –1 –2 –3 –4 –5 OUTPUT VOLTAGE (V) 6553 G07 VS = ±5V RL = 150Ω TA = 125°C TA = 25°C TA = –55°C

SOURCE CURRENT (mA) 0 OUTPUT VOLTAGE (V) 5 4 3 2 1 0 40 6553 G08 10 20 30 50 60 70 80 90 100 VS = ±5V VIN = 2V TA = 125°C TA = –55°C TA = 25°C 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

SINK CURRENT (mA)

OUTPUT VOLTAGE (V) 0 –1 –2 –3 –4 –5 6553 G09 VS = ±5V VIN = –2V TA = 125°C TA = –55°C TA = 25°C TEMPERATURE (°C) OFFSET VOLTAGE (mV) 6553 G04 10.0 7.5 5.0 2.5 0 –2.5 –5.0 –7.5 –10.0 VS = ±5V VIN = 0V –55–35 –15 5 25 45 65 85 105 125 出力電圧振幅とILOAD (出力は“H”) 出力電圧振幅とILOAD (出力は“L”) 入力バイアス電流と入力電圧 出力電圧と入力電圧 ENピン電流とENピン電圧 入力を基準としたオフセット 電圧と温度 アンプ1個あたりの電源電流と 温度 アンプ1個あたりの電源電流と 電源電圧 アンプ1個あたりの電源電流と ENピンの電圧

標準的性能特性

(5)

5

6553f 6553 G11 6553 G10 FREQUENCY (kHz) INPUT NOISE (nV/ √ Hz OR pA/ √ Hz) 0.001 0.01 0.1 1 10 100 1000 100 10 1 6553 G12 FREQUENCY (MHz) REJECTION RATIO (dB) 0.001 0.01 0.1 1 10 100 FREQUENCY (MHz) INPUT IMPEDANCE (k Ω ) 0.01 0.1 1 10 100 1000 1000 100 10 1 0.1 70 60 50 40 30 20 10 0 VS = ±5V TA = 25°C FREQUENCY (MHz) 0.1 AMPLITUDE (dB) 10 1000 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 6553 G13 1 100 FREQUENCY (MHz) 0.1 AMPLITUDE (dB) 1000 6553 G14 1 10 100 0.5 0.4 0.3 0.2 0.1 0 – 0.1 – 0.2 – 0.3 – 0.4 – 0.5 FREQUENCY (MHz) 0.1 AMPLITUDE (dB) 0 – 20 – 40 – 60 – 80 – 100 – 120 1 10 100 1000 6553 G15 VS = ±5V VOUT = 2VP-P RL = 150Ω TA = 25°C ALL-HOSTILE WORST ADJACENT FREQUENCY (MHz) AMPLITUDE (dB) 18 16 14 12 10 8 6 4 2 0 – 2 – 4 – 6 6553 G16 FREQUENCY (MHz) 0.01 DISTORTION (dBc) 0 – 10 – 20 – 30 – 40 – 50 – 60 – 70 – 80 – 90 – 100 – 110 – 120 0.1 1 10 6553 G17 6553 G18 100 0.1 1 10 100 1000 VS = ±5V VOUT = 2VP-P RL = 150Ω TA = 25°C VS = ±5V VOUT = 2VP-P RL = 150Ω TA = 25°C in –PSRR FREQUENCY (MHz) 0.01 OUTPUT IMPEDANCE ( Ω ) 10 100 100 1 0.1 0.1 1 10 1000 1000 VS = ±5V RL = 150Ω TA = 25°C DISABLED VEN = 4V ENABLED VEN = 0.4V +PSRR CL = 10pF CL = 4.7pF CL = 0pF ±PSRR VS = ±5V RL = 150Ω TA = 25°C VS = ±5V VOUT = 200mVP-P RL = 150Ω TA = 25°C TYPICAL PART G-CHANNEL R-CHANNEL B-CHANNEL VOUT = 2VP-P VOUT = 4VP-P VOUT = 200mVP-P HD3 HD2 VS = ±5V TA = 25°C VS = ±5V VIN = 0V TA = 25°C en 周波数応答と出力振幅 利得平坦性と周波数 クロストークと周波数 容量性負荷と周波数応答 高調波歪みと周波数 出力インピーダンスと周波数 入力ノイズ・スペクトル密度 入力インピーダンスと周波数 PSRR と周波数

標準的性能特性

(6)

6

6553f

GAIN ERROR–INDIVIDUAL CHANNEL (%)

–3.0 0 45 40 35 30 25 20 15 10 5 0 6553 G23 –2.5–2.0 –1.5 –1.0 – 0.5 0.5 1.0 1.5 –3.0 –2.0 –1.0 0 1.0 2.0 3.0

GAIN ERROR–BETWEEN CHANNELS (%)

PERCENT OF UNITS (%) PERCENT OF UNITS (%) 35 30 25 20 15 10 5 0 6553 G24 TIME (ns) OUTPUT (V) 0.15 0.10 0.05 0 –0.05 –0.10 –0.15 4 8 12 16 6553 G19 20 2 0 6 10 14 18 VIN = 100mVP–P VS = ±5V RL = 150Ω TA = 25°C VS = ±5V VOUT = ±2V RL = 150Ω TA = 25°C VS = ±5V VOUT = ±2V RL = 150Ω TA = 25°C TIME (ns) OUTPUT (V) 4 2 0 –1 –3 3 1 –2 –4 4 8 12 16 6553 G21 26 24 22 20 2 0 6 10 14 18 VOUT = 5VP–P VS = ±5V RL = 150Ω TA = 25°C TIME (ns) OUTPUT (V) 1.5 1.0 0.5 0 –0.5 –1.0 –1.5 4 8 12 16 6553 G22 20 2 0 6 10 14 18 VIN = 1VP–P VS = ±5V RL = 150Ω TA = 25°C TIME (ns) OUTPUT (V) 0.9 0.7 0.5 0.3 0.2 0 0.8 0.6 0.4 0.1 –0.1 4 8 12 16 6553 G20 20 2 0 6 10 14 18 VOUT = 700mVP–P VS = ±5V RL = 150Ω TA = 25°C 大信号過渡応答 利得誤差の分布 利得誤差マッチングの分布 小信号過渡応答 ビデオ振幅の過渡応答 大信号過渡応答

標準的性能特性

(7)

7

6553f

ピン機能

EN (ピン1):イネーブル制御ピン。46kの内部プルアッ プ抵抗によりピンのインピーダンスが定まり、ピンが未 接続だとデバイスをオフします。このピンが“L”に引き 下げられると、デバイスはイネーブルされます。 DGND (ピン2):イネーブル・ピンの基準となるデジタ ル・グランド。このピンは通常グランドに接続されま す。 INR (ピン3):赤色チャネルの入力。このピンの公称イ ンピーダンスは400kΩで、内部終端抵抗は備えていませ ん。 AGND (ピン4):赤色チャネル用アンプの370Ω利得抵抗 のアナログ・グランド。 ING (ピン5):緑色チャネルの入力。このピンの公称イ ンピーダンスは400kΩで、内部終端抵抗は備えていませ ん。 AGND (ピン6):緑色チャネルのアンプと青色チャネル のアンプの両方の370kΩ利得抵抗が共有しているアナロ グ・グランド。このピンに抵抗を追加すると緑色チャネ ルと青色チャネル間のクロストークが増加します。 INB (ピン7):青色チャネルの入力。このピンの公称イ ンピーダンスは400kΩで、内部終端抵抗は備えていませ ん。 V− (ピン8):負電源電圧。Vピンは内部で相互に接続 されていないので、すべて外部で接続する必要がありま す。最高性能を実現するには電源を適切にバイパスする 必要があります。「アプリケーション情報」のセクション を参照してください。 V− (ピン9):青色チャネルの出力段用の負電源電圧。 V−ピンは内部で相互に接続されていないので、すべて 外部で接続する必要があります。最高性能を実現するに は電源を適切にバイパスする必要があります。「アプリ ケーション情報」のセクションを参照してください。 OUTB (ピン10):青色チャネルの出力。青色チャネルの 入力の2倍で、150Ωの負荷(二重終端された75Ωケーブ ル)に対して最適動作します。 V+ (ピン11):アンプBとアンプGの出力段用の正電源電 圧。V+ピンは内部で相互に接続されていないので、す べて外部で接続する必要があります。最高性能を実現す るには電源を適切にバイパスする必要があります。「ア プリケーション情報」のセクションを参照してくださ い。 OUTG (ピン12):緑色チャネルの出力。緑色チャネルの 入力の2倍で、150Ωの負荷(二重終端された75Ωケーブ ル)に対して最適動作します。 V− (ピン13):アンプGとアンプRの出力段用の負電源電 圧。V−ピンは内部で相互に接続されていないので、す べて外部で接続する必要があります。最高性能を実現す るには電源を適切にバイパスする必要があります。「ア プリケーション情報」のセクションを参照してくださ い。 OUTR (ピン14):赤色チャネルの出力。赤色チャネルの 入力の2倍で、150Ωの負荷(二重終端された75Ωケーブ ル)に対して最適動作します。 V+ (ピン15):出力段R用の正電源電圧。Vピンは内部 で相互に接続されていないので、すべて外部で接続する 必要があります。最高性能を実現するには電源を適切に バイパスする必要があります。「アプリケーション情報」 のセクションを参照してください。 V+ (ピン16):正電源電圧。Vピンは内部で相互に接続 されていないので、すべて外部で接続する必要がありま す。最高性能を実現するには電源を適切にバイパスする 必要があります。「アプリケーション情報」のセクション を参照してください。

(8)

8

6553f

アプリケーション情報

電源 LT6553は±5V電源に対して最適化されていますが、最 小±2.25Vまたは単一4.5V電源で動作可能で、さらに最 大±6Vまたは単一12V電源で動作可能です。チャネル間 をよく分離するため、内部では各電源は独立しています。 どの電源ピンも未接続のままにしないでください。未接 続ではデバイスが正しく機能しないことがあります! イネーブル/シャットダウン LT6553に は TTL互 換 の シ ャ ッ ト ダ ウ ン ・ モ ー ド が 備 わっており、これはENピンで制御され、DGNDピンを 基準にしています。アンプを常時イネーブルする場合は ENピ ン を 直 接 DGNDに 接 続 す る こ と が で き ま す 。 イ ネーブル機能を使いたい場合、このピンを2Vより上に ドライブするか、または内部46kプルアップ抵抗で上側の レールにプルアップするとアンプはディスエーブルされ ます。ディスエーブルされると、DC出力のインピーダン スは内部帰還抵抗と利得抵抗により約700Ωに増加しま す。ディスエーブル状態でアンプに流れ込む電源電流は 主にV+から流れ、約(V−V EN)/46kに等しくなります。 DGNDピンとENピンに対する以下の2つの制限を常に守 ることが重要です。 V+ – VDGND ≥ 3V VEN – VDGND ≤ 5.5V ±3V∼±5.5Vの両電源はDGNDを0Vに接続した状態で これらの要件を満たします。 5.5Vを超す単電源のアプリケーションでは、ENピンが フロート状態にされることがある場合、ENピンから DGNDに追加の抵抗が必要になることがあります。たと えば、12Vの単電源では、33kの追加抵抗を使えば、こ のピンが高くフロートし過ぎるのを防ぎながら、同時に 内部プルアップ抵抗でデバイスをディスエーブルするこ とができるでしょう。 ±2.25Vの両電源では、ENピンとDGNDピンをV−に接 続すると、簡単にV+ ∼ V DGNDを3Vより大きく保つこと ができます。 DGNDピンをENピンより上に引き上げるとESD保護ダ イオードがオンするので、そうしないでください。EN ピンがDGNDピンよりダイオードの電圧降下分だけ下に 強制される場合、電流を10mA以下に制限してください。 LT6553のイネーブル時間/ディスエーブル時間はロジック 入力でドライブされるとき高速です。標準で50ns未満で ターンオンします(50%EN入力から50%出力まで)。ター ンオフはもっと遅いのですが、それでも300ns未満です。 入力の検討 LT6553の入力電圧範囲はV−+1V ∼ V−1Vです。した がって、両電源では、LT6553の入力範囲は常に出力振 幅より大きくなります。ただし、単一正電源では、入力 範囲により、出力振幅の下端が2V(1Vに内部利得の2を 掛けたもの)に制限されます。 入力電流が±10mA未満に制限されている限り、出力が クリップされるポイントを超して入力をドライブするこ とができます。出力のリミットを超して入力をドライブ し続けると電流ドライブが増加し、振幅がわずかに増加 することがありますが、電源電流も増加し、オーバード ライブの程度が大きくなると過渡応答に遅延が生じるこ とがあります。 レイアウトと接地 LT6553の高速動作と低クロストークの特性を生かすに はPCBのレイアウトに注意を払うことが不可欠です。個 別の電源プレーンとグランド・プレーンを強く推奨しま す。トレース長はできるだけ短くします。数センチを超 す入力トレースや出力トレースが必要な場合、整合した 直列抵抗とシャント抵抗(通常75Ω)を使ってインピーダ ンスを調整し、信号の忠実度を維持します。 直列終端抵抗は出力ピンにできるだけ近づけて配置し、 出力容量を最小に抑えます。いくつかの出力容量に対す る周波数応答のプロットについては「標準的性能特性」の セクションを参照してください(わずか10pFの寄生出力 容量でも周波数応答に6dBのピークが生じます!)。 低ESL/ESRのバイパス・コンデンサを正電源ピンと負電 源ピンのできるだけ近くに配置します。V+とVの両方 に、1個の4700pFのセラミック・コンデンサを推奨しま す。各電源ピンに470pFのセラミック・コンデンサを最 小のトレース長で追加すると、チャネルの分離だけでな く、AC特性と過渡応答がさらに改善されます。高電流 ドライブおよび大信号過渡をともなうアプリケーション では、各電源に1µF∼10µFのタンタル・コンデンサを追 加します。値が最も小さいコンデンサをパッケージの最 も近くに配置します。

(9)

9

6553f 図1.DC714デモボードの回路図 V– V– J4 BANANA JACK 10 11 12 13 14 15 16 R6 75Ω R5 75Ω R4 75Ω R1 75Ω R2 75Ω R3 75Ω Z = 75 Z = 75 Z = 75 Z = 75 C1 4700pF 9 INB AGND ING AGND INR DGND EN V– V+ V+ 8 7 6 5 4 3 2 1 V– OUTB V+ OUTG V– OUTR V+ V+ LT6553 6553 F01 C2 470pF C3 4700pF C4 10µF, 16V 1210 J2 BANANA JACK J9 5 1 4 OUTR 3 2 C5 470pF DUAL SINGLE C6 1000pF C7 470pF C8 4700pF C9 10µF, 16V 1210 J10 5 J12 BNC NOTE 5 BNC x3 5 1 4 CAL 3 2 1 4 OUTG 3 2 J11 5 1 4 OUTB 3 2 J8 BNC 5 1 J3 BANANA JACK E3 AGND E1 EN E2 DGND CAL AGND 4 3 2 1 2 3 JP3 SUPPLY ENABLE EXT 3 1 2 JP1 CONTROL J5 5 1 INR 4 3 2 J6 5 BNC × 3 1 ING 4 3 2 J7 5 1 Z = 75 Z = 75 Z = 75 INB 4 3 2 AGND FLOAT 3 1 2 JP2 DGND J1 50Ω BNC EN 5 4 3 2 1

アプリケーション情報

AGNDピンが低インピーダンスのグランド・プレーンに 直接接続されない場合、これらのピンを注意深くバイパ スして、全周波数範囲にわたってインピーダンスを低く 保つ必要があります。ピン6にはチャネルGとチャネルB の両方の利得抵抗が共通に接続されているので、この ノードの外部のどんな抵抗もチャネル間の分離を大きく 低下させることがあります。クロストークはボードのレ イアウトに大きく依存しますが、出発点として、1個の 4700pFのバイパス・コンデンサに並列に470pFのコンデ ンサを各AGNDピンにできるだけ近づけて配置すること を推奨します。 LT6553のチャネル間の分離を確実にするため、グラン ド・プレーンや電源のトレースを利用して入力や出力の 並列トレースをシールドすると効果があります。多数の トレースが集中するデバイスの近くのグランドのインダ クタンスを低く抑えるため、表側と裏側のメタル間にビ ア孔が必要かもしれません。 ESD保護 LT6553のすべてのピンにはESD保護用逆バイアス・ダ イオードが備わっています。どのピンでも正電圧よりダ イオードの電圧降下分だけ上に強制されるか、あるいは 負電源よりダイオードの電圧降下分だけ下に強制される と、これらのダイオードを通って大きな電流が流れるこ とがあります。この電流が過渡的なもので、10mA未満 に制限されていればデバイスは損傷を受けません。

標準的応用例

RGBバッファのデモ用ボード DC714デ モ ボ ー ド は 、 LT6553を 使 っ た RGBビ デ オ ・ バッファの最適の配線、バイパス、および終端を示して います。その回路図を図1に示します。すべての入力と 出力は75Ωの特性インピーダンスをもつように配線さ れ、入力の75Ωシャント終端抵抗および出力の75Ω直列 終端抵抗はできるだけデバイスの近くに接続されていま す。理想的な動作のためには、75Ωの負荷終端抵抗を出 力側に接続します。LT6553は2倍の利得を与えるので、 直列終端抵抗と負荷終端抵抗間に生じる分割器の影響を 補償します。

(10)

10

6553f 図2.単電源の構成(1チャネルのみ示されている) + 7V TO 12V 80.6Ω 75Ω 75Ω 1/3 LT6553 OUT IN 6.8k 22µF* 220µF** INPUT 2.2k 6553 F02 * ** AVX 12066D226MAT SANYO 6TPB220ML AGND

標準的応用例

寸法が他のチャネルの入力と出力を合わせたものに等し い4番目の信号トレースが、DC714デモボードの下端に 与えられています。このトレースは電気的遅延やイン ピーダンスの不整合の影響を校正するのに利用すること ができますが、エンドユーザーのアプリケーションには 不要です。いくつかのジャンパや追加のコネクタも備 わっており、イネーブル機能や単電源動作のテストをお こなうことができます。 単電源RGBバッファのデモボード DC743Aデモボードでは、AC結合した入力と出力を備え た単電源アプリケーションにLT6553が使用されていま す。これはRGBバッファのDC714デモ用ボードとほとん ど同じですが、AC結合と入力のDCバイアス・ポイント の設定に必要な部品が追加されています。1本のチャネ ルの回路を図2に示します。示されている単電源アプリ ケーションのLT6553のAC性能は両電源の性能とほぼ同 じです。 入力の6.8kと2.2kのバイアス抵抗により入力の公称DC電 圧が設定され、ビデオ信号をデバイスの入力と出力の同 相範囲内に保ちます。9Vの単電源では、入力は2.2V DC に設定され、出力は4.4Vに設定されます。 出力に220µFのカップリング・コンデンサが使われてい るので、正の出力電圧による追加の電力消費は帰還抵抗 と利得抵抗によるものだけです。これらの抵抗は直列で 約740Ωなので、追加の消費電流はチャネルあたりわず か6mAです。 RGBビデオ・セレクタ/ケーブル・ドライバ 図3に示されているように、並列接続したLT6553のEN ピンを使ってビデオ・マルチプレクサを実装することが できます。このアプリケーションでは、すべての出力が 一緒に結合されており、片方のLT6553がオンしている とき、他方はオフしています。高速のインバータが相反 する信号を与えるので、必ず一組のR、G、およびBの チャネルだけがバッファされます。示されているよう に、ディスエーブルされているLT6553の無限大ではな い出力インピーダンスによって生じる可能性のあるDC 減衰を減らすため、出力は75Ωの直列終端抵抗の直前で 結合されています。

(11)

11

6553f GN16 (SSOP) 0502 1 2 3 4 5 6 7 8 .229 – .244 (5.817 – 6.198) .150 – .157** (3.810 – 3.988) 16 15 14 13 .189 – .196* (4.801 – 4.978) 12 11 10 9 .016 – .050 (0.406 – 1.270) .015 ± .004 (0.38 ± 0.10)× 45° 0° – 8° TYP .007 – .0098 (0.178 – 0.249) .053 – .068 (1.351 – 1.727) .008 – .012 (0.203 – 0.305) .004 – .0098 (0.102 – 0.249) .0250 (0.635) BSC .009 (0.229) REF .254 MIN

RECOMMENDED SOLDER PAD LAYOUT .150 – .165

.0250 TYP .0165 ± .0015

.045 ±.005

*DIMENSION DOES NOT INCLUDE MOLD FLASH. MOLD FLASH SHALL NOT EXCEED 0.006" (0.152mm) PER SIDE

**DIMENSION DOES NOT INCLUDE INTERLEAD FLASH. INTERLEAD FLASH SHALL NOT EXCEED 0.010" (0.254mm) PER SIDE

INCHES (MILLIMETERS) NOTE:

1. CONTROLLING DIMENSION: INCHES 2. DIMENSIONS ARE IN

3. DRAWING NOT TO SCALE

GNパッケージ 16ピン・プラスチックSSOP(細型.150インチ) (Reference LTC DWG # 05-08-1641) V+ V+ AGND OUT V– V+ EN DGND V– V– TO OTHER AMPLIFIERS BIAS IN 46k 1k 370Ω 370Ω 150Ω 6553 SS

簡略回路図

パッケージ寸法

リニアテクノロジー・コーポレーションがここで提供する情報は正確かつ信頼できるものと考えておりますが、その使用に関する責務は一切 負いません。また、ここに記載された回路結線と既存特許とのいかなる関連についても一切関知いたしません。なお、日本語の資料はあくまで も参考資料です。訂正、変更、改版に追従していない場合があります。最終的な確認は必ず最新の英語版データシートでお願いいたします。 推奨半田パッド・レイアウト NOTE: 1. 標準寸法:インチ 2. 寸法は 3. 図は実寸とは異なる *寸法にはモールドのバリを含まない。モールドのバリは 各サイドで0.006"(0.152mm)を超えないこと * *寸法にはリード間のバリを含まない。リード間のバリは 各サイドで0.010"(0.254mm)を超えないこと インチ (ミリメートル)

(12)

12

6553f

 LINEAR TECHNOLOGY CORPORATION 2004 0304 0.2K • PRINTED IN JAPAN

図3.RGBビデオ・セレクタ/ケーブル・ドライバ

NOTE:

POWER SUPPLY BYPASS

CAPACITORS NOT SHOWN FOR CLARITY 16 15 14 13 12 11 10 9 1 2 3 4 5 6 7 8 LT6553 R0 SEL G0 B0 75Ω 16 3.3V –3.3V 15 14 13 12 11 10 9 1 2 3 4 5 6 7 8 LT6553 NC7SZ14 R1 G1 B1 R G B 75Ω 75Ω 75Ω 75Ω 75Ω 6553 F03 75Ω 75Ω 75Ω ×2 ×2 ×2 ×2 ×2 ×2

標準的応用例

NOTE: 見やすくするため、電源のバイパ ス・コンデンサは示されていない

関連製品

製品番号 説明 注釈 LT1259/LT1260 デュアル/トリプル130MHz電流帰還アンプ シャットダウン、±15Vまで動作 LT1395/LT1396/LT1397 シングル/デュアル/クワッドの400MHz電流帰還アンプ スルーレート:800V/µs LT1398/LT1399 デュアル/トリプル300MHz電流帰還アンプ 利得平坦性:150MHzまで0.1dB、シャットダウン LT1675/LT1675-1 電流帰還アンプ付き、トリプルおよびシングルの 100MHzピクセル切り替え、−3dB帯域幅: 250MHz RGBマルチプレクサ 250MHz、スルーレート:1100V/µs LT1809/LT1810 シングル/デュアル、180MHz、レール・トゥー・レールの スルーレート:350V/µs、シャットダウン、 入力および出力のアンプ 低歪み:5MHzで−90dBc LT6550/LT6551 3.3Vトリプルとクワッドのビデオ・バッファ 利得が2の110MHzバッファ、MSパッケージ

リニアテクノロジー株式会社

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-6秀和紀尾井町パークビル8F TEL 03-5226-7291• FAX 03-5226-0268 • www.linear-tech.co.jp

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :