• 検索結果がありません。

JAIST Repository: 製薬企業の新製品開発におけるアライアンス戦略の意義

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "JAIST Repository: 製薬企業の新製品開発におけるアライアンス戦略の意義"

Copied!
5
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

JAIST Repository

https://dspace.jaist.ac.jp/ Title 製薬企業の新製品開発におけるアライアンス戦略の意 義 Author(s) 高山, 誠; 渡辺, 千仭; 永松, 陽明; 田上, 貴士; Griffy-Brown, Charla Citation 年次学術大会講演要旨集, 15: 64-67 Issue Date 2000-10-21

Type Conference Paper Text version publisher

URL http://hdl.handle.net/10119/5823

Rights

本著作物は研究・技術計画学会の許可のもとに掲載す るものです。This material is posted here with permission of the Japan Society for Science Policy and Research Management.

(2)

1A14

製薬企業の新製品開発におけるフライアンス 戦略の意義

0 高山 誠 ( 東工大・山之内製薬

),

渡辺千切,永松 陽明 ,田上貴士, ChadlaGriffy-Bfown ( 東工大社会理工学 ) 「. 序 : 新製品開発とアライアンス 戦略 独創的な新製品開発をすることができるような 研究開発能力をもつことの 重要性 が 議論されて久しい。 独創的な新製品開発をすることが 近年殊更必要とされている 理 由は、 の 継続的な経済成長を 実現するためには、 企業が継続的に 発展・成長するため の新製品開発が 必要不可欠であ ること、

②技術革新のスピードと、

新技術による 新製 品 開発のスピードとが 速くなり、 既存製品が早く 置換されるので、 他社には真似でき ない独創的な 新製品開発をすることが 求められていることによる。

(Christensen,

Ⅰ 99 乃 ところが、 独創的な新製品開発とはどのようなものであ るかについて 十分な議論が なされていない。 独創的の中身を 検討してみると、 創造的であ ることと独自的であ る ことが混在して 議論されているよ う であ る。 前者の創造的な 新製品開発については 既 に

多くの先行研究がなされているが、

独自性あ る新製品開発をするコア 能力の重要性 が 十分に認識されているとはいえば ぃ 。 企業がゴ ー イング,コンサーンとして 永続的に存続するためには、 継続的な新製品 開発をすることが 必須であ る。 継続的に新製品開発をすることができるコア 能力が新 製品開発に対して 促進的に作用し、 促進的に作用する 場合とがあ ることを先に 報告し た ( 高山等、 1999,2000) 0

Type@of@product

Superior@point

Differentiated@point

Competition@with@existing@product

Direct@competing

Indirect@competition

O 「 neU す 「 al

Style@of@market@penetration Replace@old@product Produce@new@market

(3)

今回、

日本の製薬企業で 行われている 新製品開発に 関し調査した 結果、 主要企業は 新製品開発の 独自性を維持・ 発展することにより 新製品開発に 継続性をもたせている ことが判明した。 新製品開発では 自社単独で独自性を 維持発展することは 必ずしも 可 能 でない。 自社による新製品開発で 不足する部分を 補 う ための っ なぎとしてアライア ンス戦略がとられていることが 明らかとなった。

2.

製薬企業における 新製品開発の 独自性と継続性

製薬業界は各種業界の 中で研究開発費の 対売上高比率が

最も高いことが 知られて いる。

これは①新製品開発が

必要不可欠な 業種であ ることと、

②新技術をキャッチ

アップ

新製品開発をしないと

既存製品が直に 置換されてしまうためであ る。 将に 現在の新製品開発に 求められている 企業環境が凝縮されてきた 業種であ る。 医薬品業界の 主要市場領域の 推移を分析した 結果、 70 年代はビタミン 剤、 80 年代は抗生剤、 90 年代は循環器領域が 主要領域であ り、 研究開発の主要領域が 次々 と 変遷してきたことが 判明した。 一度、 独創的な新製品により 新領域が開拓される

と、 各企業はそれらの 領域を補完するための

新製品開発を 行っていた。 それぞれの企業が 自社の中心として 際立ったコア 領域をもっていることが 明らか

となった。 更にそれぞれの 企業は自社のコア

領域を維持強化するために、 継続的に 新製品開発を 行ってきたことが 明らかとなった。 即ち 、 激しい新製品開発競争で 自

社の技術基盤と 市場基盤を維持するための 戦略行動として、 独自性と継続性が

必要 であ ることが明らかとなった。 3. 製薬企業におけるアライアンス 戦略 独創的な新製品開発がなされても、 初期の製品よりも 優位性があ る製品開発を 継 続

的に行わなければ 獲得した市場を 維持することは

難しい。 所が、 自社単独で新製

品開発を継続し 続けることは 必ずしもできるものではない。 そこで製薬企業のコア

領域での新製品開発における 自社開発品と 導入品 は ついて調査した。

製薬企業の新製品開発競争には 多くの費用がかかるために、

各企業は自社の 新製 品 開発のコア領域に 対する資源集中を 行っている。 そのために、 一度獲得したコア

(4)

領域におけるコア 能力を維持するために 新製品開発をすることとなる。

自社品の新製品開発と 他社よりの尊人品の 新製品開発とを 調査した結果、

導入品 は

①自社

が一定期間

(5

年程度 )

開発されない 場合や②自社品の 発売前に発売し

自社品の上市の 準備のための 前段階として 開発されていることが 明らかとなった。

このような知見から、 製薬企業のアライアンス 戦略では、 尊人品は自社品の

補完 材 料と

ポジショニンバされていることが 判明した。 即ち、 自社のみでは 新製品開発が

十分にできない 場合や、 新製品が不足する 場合に、 自社の製品パイプラインを

補完 し、

次の自社品を 開発するための「

なぎ製品」として 製品パイプラインにポジシ

ョ ニンバされているのであ る。 4. 結論 : 製品開発スパイラルにおける 競争優位の源泉としての 独自性

他社に対し優位性のあ

る新製品開発を

継続的に遂行するコア 能力はどのようなも

のかを本論では 検討した。

筆者は研究開発開発に

対する差別化能力こそが

重要であ る

ことを昨年度報告した。

(

高山等,

2000)

創造的新製品の

開発 期

においては、 新製品の価値や 新領域をどの 程度開拓するか

が 明らかでない。 しかし一度、 新領域が開拓され 市場形成がされると、 当該領域を

維持強化するための 新製品開発が 継続的に行われる。 開拓された製品領域をコア

領 域 として他社に

対して競争優位を 維持するためには、 新製品開発を 継続的にできる

コア能力をもつことが 競争優位の源泉であ る。 そのためにはコア 領域への資源の

集 中 化が行われている。 く 製品開発スパイラル ノ 環境適応 事業進化 経営戦略 経営組織 イノベーション 新領域の開拓 Latent 新事業開発 ト 、 ソプの支持 創造的イノベーション 領域への集中 GroMh 事業強化 組織間連携 継続的イノベーション 領域の維持・ 保護

Stationa

Ⅳ 規模の経済惰性 プロセス,イノベーション の 追求

(5)

以上のように 製品開発には 新しい製品領域の 開拓期から始まり、 当該領域をコア 領域とするための 集中期、 そしてコア領域を 維持・保護する 時期へ至り、 更に次の

新領域を開拓するための 時期へ移行するという「製品開発スパイラル」が

存在する ことを明らかにした。 日本を代表する 業種であ

る自動車産業や

電気産業のようなアセンブリ

一型産業で

の 継続的製品開発の 特徴と成功要因については 既に多くの先行研究がなされている。 ( 野中 & 永田,

1999

;

M. Po

ter&

竹内,

2000)

これに対し、 医薬品のような 素材型 産 業の新製品開発の

特徴と成功要因は 相違している。

根木的な相違点は 製品領域が常に 変遷して、 新製品開発がスパイラル 構造に従って 継続的に遂行されることであ る。 医薬品に代表される

産業のように、

製品開発スパイラルがあ る製品開発では、 製品 領域に資源を 集中するために 製品開発のコア 領域をもち、 そこで獲得されたコア 能力

を維持・強化するために、 製品領域の独自性をもつこととなる。

そして、 継続的競争に 適応するために、 フライ ア ンス戦略がとられ、 自社単独での 新製品開発のリスクを 回避し、 自社の新製品開発にたいし「 っ なぎ戦略戦略」をとる ことにより、 継続的新製品開発を 可能ならしめていることが 本研究により 明らかとな った 。 参考文献 :

・ Cla Ⅵ on M.Christensen (l997) 、 @nnovator,sDilemma

・ Michael 日・ Po 「 ner, 竹内応 高 (2000) 、 " 日本の競争戦略 " ( ダイヤモンドネ 上 )

・野中郁次郎、 永田あ き 也 編著 (1999) " 日本型イノベーションシステム " ( 白桃 ネ上 )

@@Makoto@ Takayama@ &@ Chihiro@ Watanabe@ (2000)@ , Myth@ of@ Product@ Innovation , Techonovation 投稿 中

参照

関連したドキュメント

研究開発活動の状況につきましては、新型コロナウイルス感染症に対する治療薬、ワクチンの研究開発を最優先で

市場を拡大していくことを求めているはずであ るので、1だけではなく、2、3、4の戦略も

今回発売する新製品は、大人気ハンティングアクションゲーム「モンスターハンター フロンティア

 医薬品医療機器等法(以下「法」という。)第 14 条第1項に規定する医薬品

2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017

我が国においては、まだ食べることができる食品が、生産、製造、販売、消費 等の各段階において日常的に廃棄され、大量の食品ロス 1 が発生している。食品

製品開発者は、 JPCERT/CC から脆弱性関連情報を受け取ったら、ソフトウエア 製品への影響を調査し、脆弱性検証を行い、その結果を

1.2020年・12月期決算概要 2.食パン部門の製品施策・営業戦略