X3256_FWD医療パンフレット_2022年7月改訂.indd

17  Download (0)

Full text

(1)

W2272 登録 No.FLI-A20369-2208

「FWD医療」

募集時交付資料

2022 年 8 月 18 日

FWD 医療における一部特約の販売休止のご案内

FWD 生命保険株式会社

謹啓 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

2022 年 8 月 18 日現在、『FWD 医療[正式名称:無解約返戻金型医療保険]』

における次の特約につきましては、販売を休止しております。

・生活支援特約

・メンタル障害支援特約

重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)、ご契約のしおり・約款、パンフレ ット等の一部の資料および申込書等において上記特約に関する記載があります が、上記特約は現在お取扱いができません。また、各種資料において上記特約を 含むプランの記載がある場合、当該プランのお申込みはできませんのでご注意 ください。

本件に関しまして、ご不明な点等がございましたら、お手数をおかけしますが、

以下の弊社「総合サービスセンター」までご連絡ください。

今後とも、かわらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

謹白

FWD 生命保険株式会社 総合サービスセンター 0120-211-901 (通話料無料)

受付時間:月-金(祝日・年末年始を除く)9:00-18:00

(2)

この保険は上記の保障を希望されるお客さまにおすすめの保険です。保障内容がお客さまのご希望(ご意向)に沿っているかご確認ください。

※上記以外の主契約の保障内容や特約等の保障内容等に関しては、募集代理店にお問い合わせください。

病気やケガに備える保障

無解約返戻金型医療保険

3大疾病だけじゃない。未知の感染症もトータルサポート

FWD 医療

給付金額等の範囲

終 身 保険期間

終 身 60歳 65歳 70歳 10年

0歳~85歳 0歳~50歳 0歳~55歳 0歳~60歳 0歳~85歳

※契約年齢0歳は、生後15日以上を対象とします。

保険料払込期間 契約年齢範囲

●このパンフレットは、2022年7月2日現在のお取扱い内容に基づき作成しています。

●このパンフレットに記載している各種お取扱いの内容は、年齢・職業・他の保険への加入状況・契約条件・申込方法等によっては、実際の お取扱いと異なる場合があります。詳細につきましては、募集代理店または下欄の「総合サービスセンター」までお問い合わせください。

●このパンフレットに記載している社会保険制度に関する内容については、2022年4月1日現在施行中の制度によります。今後の制度改正 によって変更となる場合がありますのでご注意ください。

●FWD生命のお手続きに関する事項や保険契約の諸利率等の各種情報につきましては、FWD生命のホームページをご覧ください。

●ご契約の際には「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。

 「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款」はご契約についての大切な事項、必要な保険の知識等につ いて説明しています。必ず、ご一読のうえ、大切に保管してください。

●法人をご契約者とする場合には、別途交付する資料「法人向け保険商品のご検討に際してご留意いただきたいこと」および「保険設 計書」を参照いただき、税務取扱について留意すべき事項をご確認ください。

●生命保険募集人について

 生命保険の募集は、保険業法に基づき登録された生命保険募集人のみが行うことができます。引受保険会社における生命保険募集 人は、お客さまと引受保険会社の保険契約締結の媒介を行う者で、保険契約締結の代理権はありません。したがいまして、保険契 約は、お客さまからの保険契約のお申込みに対して引受保険会社が承諾したときに有効に成立します。また、ご契約の成立後にご 契約内容の変更等をされる場合にも、原則としてご契約内容の変更等に関する引受保険会社の承諾が必要になります。生命保険募集人 の権限等に関するご確認を希望される場合には、下欄の「総合サービスセンター」までご連絡願います。

●当社委託の生命保険募集人がお客さまから現金または小切手をお預かりすることは一切ありません。また、個人名義の口座等、保 険会社名義以外の口座にお振込みを依頼することは一切ありません。

●この商品は、FWD生命を引受保険会社とする生命保険商品であり預貯金ではありません。したがって、預金保険機構の対象商品とはなり ません。

主契約・特約・特則 主契約

特定3大疾病入院無制限特則 特定8大疾病入院無制限特則

先進医療特約 入院一時金特約

通院特約 女性総合医療特約 特定3大疾病保険料払込免除特約

特定3大疾病給付金特約 がん診断給付金特約 抗がん剤治療給付金特約

生活支援特約 メンタル障害支援特約

特定損傷特約 特定感染症診断一時金特約 終身死亡保障特約(低解約返戻金型)

健康給付金特則

最低 最高 単位

入院給付金日額 ー ー ー 入院一時金額 通院給付金日額 女性入院給付金日額

特定3大疾病給付金額 がん診断給付金額 抗がん剤治療給付金額

生活支援年金月額 メンタル障害支援年金月額

特定損傷給付金額 特定感染症診断一時金額

保険金額 ー

1,000円

5万円 1,000円 1,000円 10万円 10万円 5万円 5万円 5万円 5万円 5万円 10万円

20,000円

20万円 10,000円 20,000円

ー 300万円 300万円 30万円 15万円 15万円 10万円 10万円 200万円

500円

1万円 1,000円 1,000円 10万円 10万円 1万円 5万円 5万円 5万円 5万円 10万円 ー

ー ー

引受保険会社 募集代理店

103-0023

 東京都中央区日本橋本町

2-2-5

日本橋本町二丁目ビル ホームページ

fwdlife.co.jp

総合サービスセンター

0120-211-901

(通話料無料)

受付時間:月-金(祝日・年末年始を除く)

9:00-18:00

FWD 生命保険株式会社

2022年

7 2

リニューアル

(3)

■日本国内における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の性別・

 年代別陽性者数(累積)

■退院後に通院した患者数の推移

■入院時の自己負担費用

 (直近の入院時の入院日数別)

■平均在院日数の推移(一般病床)

■傷病別平均在院日数

入院・通院

1 2 3大疾病 3 感染症

10歳未満 10歳代 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳代 70歳代 80歳代 90歳以上

男性 女性

(人)

(人)

出典:厚生労働省「平成20・23・26・29年 患者調査」よりFWD生命にて作成 出典:厚生労働省「平成29年 患者調査」より  FWD生命にて作成

入院日数は短期化の傾向にあります

短期入院でも、自己負担費用が高額になることが あります

出典:厚生労働省「平成11年・21年・令和元年 医療施設(動態)調査・病院報告の概況」

よりFWD生命にて作成

※治療費、食事代、差額ベッド代に加え、交通費や衣類、日用品等を含みます。高額療養 費制度を利用した場合は、利用後の金額です。

出典:(公財)生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」よりFWD生命 にて作成

3大疾病(がん・心疾患・ 脳血管疾患)の総患者数は 約464万人

がんの治療期間や、心疾 患・脳血管疾患での 入院日数は長くなる場合  があります

新型コロナウイルス感染症について、治療費は公費 により負担されることもありますが、治療費以外に も自身で準備が必要になるものがあります

新型コロナウイルス感染症は50歳代までの方が 多く罹患しています

※性別・年代不明・非公表等を除く

出典: 厚生労働省 「データからわかる-新型コロナウイルス感染症情報-」

自宅療養の場合

長期間外出ができなかったり、体調不良 により通常より出費がかさむことも

入院の場合

入院中の着替えや日用品、また個人の選択 により費用が発生することも

デリバリー費用

マスクやウェットティッシュ等の 衛生用品

がん(悪性新生物)

脳梗塞 急性心筋梗塞 心不全

脳内出血 くも膜下出血

パジャマや下着 入院が長期化

しがちな病気も あります

常備食・飲料水

タオル・スリッパ等 78.3

17.1

16.8

46.5

107.3

104.2

この保険のポイント保障内容FWD健康サービスQ&A保険料表

5日未満の短期入院でも、約半 数が10万円以上負担しています

■ 5万円未満 ■ 5~10万円未満 ■ 10~20万円未満 

■ 20~30万円未満 ■ 30~50万円未満 ■ 50~100万円未満 ■ 100万円以上

がん

179.5 万人

心疾患

173.2 万人

脳血管疾患

111.5 万人

出典:厚生労働省 「平成29年 患者調査」

※高血圧  性のものを除く

■がん治療期間

調査委託先:株式会社マクロミル 回答者:  がん罹患経験者20~60代の男女1,030人 調査期間:令和2年2月17日~令和2年2月  18日

10年以上

5年以上10年未満 3年以上5年未満 2年以上3年未満 1年以上2年未満 1年未満

A :B : C :D : E :F :

10.7% A

28.4%F

14.3% E 11.1% D

15.9%C

19.6% B

7 割の人が 1 年以上の治療

を経験

主契約︵本則︶・特約・特則プラン例

平成11 令和元年

27 .2日

平成21

18 .5日 16 .0日

5日未満

5~7日

8~14日

知っておきたい最近の医療事情

令和4年4月5日時点

14.5%

10.5% 37.9%

22.1%

37.5%

13.5% 11.5% 7.7%

26.3%

12.6%

7.4%

38.2%

34.2%

11.8%

4.8%

1.3%

3.2%

2.1%

2.9%

0 250,000

500,000 0 250,000 500,000

知 っ て お き た い 最 近 の 医 療 事 情

退院後の通院は増加傾向にあります

平成20年

98.9

万人

102.1

万人

107.7

万人

115.5

万人

平成23年 平成26年 平成29年

(4)

入院日数に応じて入院給付金を受け取れます 日帰り入院から保障の対象です

1

保障内容Q&A保険料表FWD健康サービス ておきたいの医療事情

入院給付金の支払限度の型は       の3種類から選択できます。

特定3大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)等に 手厚く備えられます

2

新型コロナウイルス感染症等の所定の感染症と 診断されたら、入院の有無にかかわらず、

最高10万円を受け取れます

3

入院時の一時金や退院後の通院、

抗がん剤治療等、各種特約・特則を付加することで さらに保障を充実させることができます

4

◆特定3大疾病・特定8大疾病の入院保障が無制限に

※特定3大疾病入院無制限特則・特定8大疾病入院無制限特則を付加した場合。

◆特定3大疾病により所定の状態になったら、以後の保険料の払込みを免除

※特定3大疾病保険料払込免除特約を付加した場合。

◆特定3大疾病により所定の状態になったら、一時金をお支払い

※特定3大疾病給付金特約を付加した場合。

※特定感染症診断一時金特約を付加した場合。

プラン例

30日型 60日型 120日型 5

健康状態および身体状 態が当社の引受基準に おいて良好であると認め られること

血 圧 値 が 最 大 血 圧 140mmHg未満/最小 血圧90mmHg未満 の 範囲内であること

肝機能検査(肝機能を 調 べ る た め の 血 液 検 査)においてAST(GOT) の数値が36U/L(IU/L)未 満であること

20.7% 割安 優良体保険料率

標準体保険料率

3,476 2,754

標準体保険料率

3,266

※告知事項の詳細につきましては、「告知書(一般用)」をご確認ください。

※ご職業、FWD生命の他の保険への加入状況や過去の給付歴等によってはご契約をお引受けできないこともあります。

※一部、適用料率区分のない特約があります。詳細につきましては、「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。

20.6% 割安 優良体保険料率

2,593

上記は一例です。割安となる程度は契約内容(契約年齢・性別等を含む)により異なります。

所定の3つの条件をすべて満たしていれば、

保険料が割安になる優良体保険料率で お申込みいただけます

この保険のポイント

この保険における 用語の説明

「日帰り入院」とは 入院日と退院日が同一の日である入院をいい、入院基本料の支払いの有無等をもと に判断します

「がん」とは 悪性新生物・上皮内新生物を指します

「特定3大疾病」とは がん・心疾患・脳血管疾患を指します

「特定8大疾病」とは がん・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧性疾患および大動脈瘤等・腎疾患・肝疾患・ 膵疾患を指します

「全期払」「短期払」とは 保険期間と保険料払込期間が同じものを「全期払」といい、保険料払込期間が保険期間 より短いものを「短期払」といいます

25歳以上の方で、15か月以内に健康診断・人間ドックを受けている方

35歳男性

35歳女性 詳細は10ページ

詳細は15ページ

詳細は15ページ

詳細は21ページ

主契約︵本則︶・特約・特則

ご契約例

■主契約(本則):10,000円(入院給付金の支払限度の型:    /手術給付金等の給付倍率の型:   )

■保険期間・保険料払込期間:終身 ■保険料払込方法:月払(口座振替扱)60日型 3型

こ の 保 険 の ポ イ ン ト

(5)

Q&A保険料表この保険のポイント

女性疾病

女性総合医療特約

※女性のみ付加できます

入院一時金

入院一時金特約

通院

通院特約

抗がん剤・ホルモン剤治療

抗がん剤治療給付金特約

がん

がん診断給付金特約

特定3大疾病(一時金)

特定3大疾病給付金特約

身体の障害・介護

生活支援特約

精神の障害

メンタル障害支援特約

※生活支援特約を付加した場合のみ付加できます

ケガ

特定損傷特約

感染症

特定感染症診断一時金特約

死亡・高度障害

終身死亡保障特約(低解約返戻金型)

※主契約(本則)が全期払の場合のみ付加できます

健康ボーナス

健康給付金特則

入院 病気やケガによる入院を 日帰り入院 から保障

特定3大疾病入院無制限特則

病気やケガによる所定の 手術 を保障

放射線治療、骨髄移植術、臓器移植術、

骨髄幹細胞の採取術を保障

先進医療 による療養を保障

技術料(全額自己負担)と同額の給付金 に加  えて 技術料の10%相当額の一時金 をお支払い

所定の女性疾病による入院・手術、乳房再建、がんの  治療による脱毛を手厚く保障

女性特有のがん罹患リスクを低減するための  手術 も保障

病気やケガによる入院を 日帰り入院 から 一時金  で上乗せ保障

退院後の 通院 を保障

がん と診断されたら、 一時金 で保障

がん・心疾患・脳血管疾患 で所定の状態になっ  たら、 一時金 で保障

がん・心疾患・脳血管疾患 で所定の状態になったら、以後の保険料 の払込みが免除されます。

詳細は15ページ

所定の身体障害状態・要介護状態になったら、 毎月 の年金で生活費をカバー 精神障害の状態 になったら、 2年間の年金 や  一時金 で保障

所定の 特定感染症 にかかったら、 一時金 で保障 死亡 または 高度障害状態 を保障

健康に過ごせたら、5年ごとに 給付金 をお支払い

9~10

ページ

13~14

ページ

11

ページ

15

ページ

17

ページ

19

ページ

21

ページ

22

ページ

手術

放射線治療 骨髄・臓器移植 骨髄ドナー

終身

60・65・70歳 終身/

(10年以上)/

10年

主契約(本則)と

終身 同じ

特 長 保険期間 保険料払込期間 詳細ページ

自動更新*

自動更新*

特定8大疾病入院無制限特則

または を付加可能

30 日型 60 日型 120 日型

から選択

1

(保障なし)

2 3

から選択

*更新後の保険期間は、更新前の保険期間と同一となります。更新後の保険料は、更新日時点の年齢・保険料率等によって計算されます。なお、次の①②のいず れかに該当する場合には更新を取り扱いません。①更新後の特約・特則の保険期間満了日の翌日における被保険者の年齢が99歳をこえるとき。②更新後の特 約・特則の保険期間満了日が主契約(本則)の保険料払込期間満了日をこえるとき。

※主契約(本則)が短期払の場合、保険料払込期間満了後に死亡したときには死亡給付金を、保険料払込期間満了後に解約したときには解約返戻金をお支払い します。

※生活支援特約・メンタル障害支援特約・特定損傷特約のいずれかを同時に付加する場合、各特約の保険期間・保険料払込期間は同一となります。なお、主契約 (本則)が短期払の場合、これらの特約の保険期間・保険料払込期間は主契約(本則)の保険料払込期間と同一となります。

保険診療の対象となる 抗がん剤・ホルモン剤治療   を保障

骨折、関節脱臼、腱の断裂 等を保障

骨粗しょう症による骨折、き裂骨折(ひび)、疲労骨折等も保障

60・65・70・75・80歳

(10年以上) 10年 更新なし

FWD健康サービス 知っておきたい最近の医療事情 プラン例

保障内容

主契約︵本則︶・特約・特則

60・65・70歳 更新なし

(10年以上) 10年

5年

終身

10年

保 障 内 容

3大 感染症

入院 手術等

無解約返戻金型 医療保険

先進医療

先進医療特約

保険料払込免除

特定3大疾病保険料払込免除特約

おすすめ

大きな病気になったときの保険料負担が心配な方には

手術給付金等の給付倍率は0倍~60倍

※給付倍率の型等によって異なります

がん・心疾患・脳血管疾患による通院は 退院後5年間、支払日数無制限

脳血管疾患によるリハビリ費用 もサポート

新型コロナウイルス感染症も保障

※2022年4月1日現在 支払回数無制限

(同一月に1回を限度)

再発予防目的や経口投与の抗がん剤・

ホルモン剤治療も対象

2回目以降は入院・通院等も保障

(6)

Q&A保険料表この保険のポイント保障内容

シンプルプラン がん治療重点プラン プレミアムプラン 女性プラン

詳細ページ 概 要

契約年齢 保険料率優良体

ー ー

ー ー

ー ー ー

ー ー

ー ー

ー ー ー

ー ー

ー ー

ー ー

ー ー

6,663

4,864

4,715

3,945

3,394

3,218

2,913

2,895

9,694

6,265

3,830

3,849

3,288

3,472

5,321

4,678

7,552

5,687

11,007

7,094

30

25 40 50 60

男性

女性

10 万円 10 万円

5 万円 10 万円

5 万円 10 万円 10 万円

10 万円 10 万円

30

25 40 50 60

6,657

6,563

7,816

7,415

10,890

9,069

15,161

11,079

4,977

6,083

7,653

9,767

30

25 40 50 60

4,469

ー ー ー

ー ー ー ー

30

25 40 50 60

9~10

ページ

13~14

ページ

11

ページ

17

ページ

15

ページ

19

ページ

月払保険料

(口座振替扱)

死亡、所定の高度障害状態 に該当

先進医療

先進医療特約

■入院給付金の支払限度の型:

■手術給付金等の給付倍率の型:

■特定3大疾病入院無制限特則:付加

入院・手術等

無解約返戻金型医療保険

10 万円 30 万円 5 万円

1日につき

5,000 5,000

1日につき

5・10・30 万円 2 . 5 万円 10 万円 30 万円 5 万円

1回につき 1回につき

10 万円

1回につき

10 万円

保険期間満了まで 毎月

10 万円

50 万円

1回につき 1回につき 1回につき

5・10・30 万円 2 . 5 万円

1回につき 1回につき

1回につき 1回につき

1回につき 1回につき

20 万円 60 万円 10 万円

1日につき

10,000

1回につき

10・20・60 万円 5 万円

1回につき

1回につき

1回につき

5,000

1日につき 1日につき

5,000

5,000

1日につき

10 万円 30 万円 5 万円

1日につき

5,000

1回につき

5・10・30 万円 2.5 万円

1回につき

1回につき

1回につき

先進医療給付金  先進医療にかかる技術料と同額 / 先進医療一時金 先進医療給付金×10%相当額

女性疾病入院給付金 1日につき

5,000

女性特定手術給付金 1回につき

5・15

万円

乳房再建術給付金 1回につき

50

万円

がん外見ケア給付金

2.5

万円

10 万円 5 万円

FWD健康サービス ておきたいの医療事情

5年ごとの対象期間中、

継続10日以上の入院がない場合 病気やケガ

による手術

病気やケガによる放射線治療 病気やケガによる骨髄移植術・

臓器移植術

骨髄幹細胞の採取術

先進医療による療養

病気やケガによる入院

退院後の通院 病気やケガによる入院

女性疾病による入院や手術、

乳房再建や外見ケア 特定3大疾病により所定の 事由に該当

がんにより所定の 事由に該当

がんによる抗がん剤・

ホルモン剤治療 所定の障害状態・

要介護状態に該当

所定の精神障害の状態に該当

骨折、関節脱臼、腱や靭帯の 断裂等

所定の特定感染症と診断

■保険期間・保険料払込期間:終身

 (特定感染症診断一時金特約は5年、プレミアムプランにおける生活支援特約・

  メンタル障害支援特約は65歳、女性プランにおける特定損傷特約は80歳)

■特定3大疾病保険料払込免除特約:付加なし

プラン例

3型 60日型

入院中 入院中以外

主契約︵本則︶・特約・特則

がん診断給付金

50

万円

心疾患給付金

50

万円

脳血管疾患給付金

50

万円

リハビリ給付金

25

万円

がん診断給付金

50

万円

心疾患給付金

50

万円

脳血管疾患給付金

50

万円

リハビリ給付金

25

万円

メンタル障害年金 毎月10万円(24回)

初期メンタル障害一時金 20万円

がん診断給付金

50

万円

心疾患給付金

50

万円

脳血管疾患給付金

50

万円

リハビリ給付金

25

万円

プ ラ ン 例

女性疾病

女性総合医療特約

※女性のみ付加できます

入院一時金

入院一時金特約

通院

通院特約

特定3大疾病(一時金)

特定3大疾病給付金特約

がん

がん診断給付金特約

抗がん剤・ホルモン剤治療

抗がん剤治療給付金特約

身体の障害・介護

生活支援特約

精神の障害

メンタル障害支援特約

※生活支援特約を付加した場合のみ付加できます

ケガ

特定損傷特約

感染症

特定感染症診断一時金特約

死亡・高度障害

終身死亡保障特約(低解約返戻金型)

※主契約(本則)が全期払の場合のみ付加できます

健康ボーナス

健康給付金特則

21

ページ

22

ページ

3大

おすすめ

(7)

Q&A保険料表この保険のポイント保障内容

手術給付金等の給付倍率の型は

■疾病入院給付金の支払限度について(支払限度の型が    の場合)

■手術給付金等の受取額

1型 2型 3型

× 10

手術給付金等 の 保障 は あ り ま せ ん

手術給付金

入院中

特定3大疾病 による手術

特定3大疾病以外 による手術

入院中以外の手術 放射線治療

骨髄幹細胞の採取術 骨髄移植術、心臓・肺・肝臓・膵臓・

小腸・腎臓の移植術 受取額例

5,000

×入院日数

[入院給付金日額5,000円の場合]

支払限度

回数無制限(30日に1回)

支払限度

回数無制限

受取額例

支払限度

回数無制限

支払限度

1回

支払限度 1回の入院につき

30

日・

60

日・

120

日/疾病・災害入院給付金それぞれ通算

1,095

特定8大疾病

がん・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧性疾患および 大動脈瘤等・腎疾患・肝疾患・膵疾患による入院

特定3大疾病 がん・心疾患・脳血管疾患による入院

※特定3大疾病入院無制限特則・特定8大疾病入院無制限特則を付加しないプランも選択できます。

*穿頭器・胸腔鏡・腹腔鏡を使用した手術を含みます。

病気による 入院1回につき

60日限度

(通算1,095日限度)

特定3大疾病 入院無制限特則

を付加した場合

特定8大疾病 入院無制限特則

を付加した場合 疾病入院給付金

入 院

災害入院給付金

病気やケガで入院をしたとき、給付金を受け取れます 日帰り入院も保障の対象です

手 術

手術給付金

放射線治療

放射線治療給付金

骨髄・臓器移植

移植術給付金

骨髄ドナー

骨髄ドナー給付金

病気やケガで所定の骨髄移植術または臓器移植術を受けたとき、

給付金を受け取れます

責任開始日から1年経過後に、 所定の骨髄幹細胞の採取術を受けたとき、

給付金を受け取れます

病気やケガで所定の手術を受けたとき、給付金を受け取れます

病気やケガで所定の放射線治療を受けたとき、給付金を受け取れます

主契約(本則)

× 60

× 20

× 20

× 10

× 5

× 20

× 60

× 10

× 5

× 10

× 10

× 10

開頭術・開胸術・開腹術

上記以外 上記以外 開頭術・開胸術・開腹術

1型(保障なし) 2型 3型

●契約年齢:0~85歳 ●保険期間:終身 ●保険料払込期間:終身/60・65・70歳(10年以上)/10年

●入院給付金日額:1,000円~20,000円(500円単位)

入院給付金の支払限度の型は

放射線治療給付金 移植術給付金 骨髄ドナー給付金

※支払対象外となる手術があります。詳細はQ&A(25ページ)をご確認ください。

60日型

FWD健康サービス 知っておきたい最近の医療事情 プラン例

から選択できます

特定3大疾病または特定8大疾病による入院の場合、疾病入院給付金の          にすることができます

※特定3大疾病入院無制限特則または特定8大疾病入院無制限特則を付加した場合

支払日数を無制限

支払日数無制限

支払日数無制限 30日型 60日型 120日型

から選択できます

※短期払の場合、保険料払込期間満了後に死亡したときは、入院給付金日額の10倍の死亡給付金をお支払いします。

※ご契約後に入院給付金日額の増額、指定代理請求人特約を除く特約・特則の中途付加、型の変更および特定3大疾病入院無制限特則・特定8大疾病 入院無制限特則のみの解約はできません。

の場合、     

5・10・30

万円       

2.5

万円

(5,000円×右表記載の給付倍率)[入院給付金日額5,000円の場合]

3型

入院中 入院中以外

受取額例

3型

の場合、

10

万円 (5,000円×20)[入院給付金日額5,000円の場合]

受取額例

3型

の場合、

30

万円 (5,000円×60)[入院給付金日額5,000円の場合]

受取額例

3型

の場合、

5

万円 (5,000円×10)[入院給付金日額5,000円の場合]

差額ベッド代(全体)の1日あたりの平均額 約

6,500

出典:厚生労働省「第488回 中央社会保険医療協議会 主な選定療養に係る報告状況」

たとえば、個室や少人数部屋に入院した際の差額ベッド代は全額自己負担となります

1人室 2人室 3人室 4人室 全体の平均額 8,221円 3,122円 2,851円 2,641円 6,527円

主 契 約︵ 本 則 ︶・ 特 約・ 特 則

■入院を複数回した場合の取扱いについて

退院後、再度入院した場合、病気による入院、ケガによる入院、それぞれについて退院日の翌日から起算して90日 経過していれば新たな入院として取り扱います。入院を複数回した場合の取扱いにつきましては、Q&A(24ページ)

をご確認ください。

入院給付金日額 入院給付金日額

参考

(8)

通院特約

受取額例

10

万円 [入院一時金額10万円の場合]

受取額例

5,000

×通院日数

[通院給付金日額5,000円の場合]

疾病入院一時金

入 院

災害入院一時金

主契約の疾病入院給付金・災害入院給付金が支払われる入院をしたとき、

一時金を受け取れます

通 院

通院給付金

病気やケガで入院をした後、所定の対象期間中に所定の通院をしたとき、

給付金を受け取れます

●契約年齢:0~85歳 ●保険期間:終身 ●保険料払込期間:主契約(本則)と同じ

●通院給付金日額:1,000円~10,000円(1,000円単位)※主契約(本則)の入院給付金日額の同額以下

入院一時金特約

●契約年齢:0~85歳 ●保険期間:終身 ●保険料払込期間:主契約(本則)と同じ

●入院一時金額:5万円~20万円(1万円単位)

入院すると治療費以外にもさまざまな費用が必要になります

入院・通院の原因 通院対象期間 支払限度

通算 支払日数無制限 退院後180日間

退院後5年間

特定3大疾病以外

特定3大疾病

(がん・心疾患・脳血管疾患)

■通院対象期間と通院給付金の受取りのイメージ 入院・通院の原因

が、特定3大疾病 の場合

特定3大疾病

による入院 給付金通院 退院▲

入院▲ ▲

通院

給付金通院 通院▲

給付金通院 ……

入院・通院の原因 が、特定3大疾病 以外の場合

特定3大疾病

による入院以外 給付金通院 退院▲ ▲

通院

給付金通院 通院▲

給付金通院 通院▲

給付金通院 通院▲ 入院▲

通院▲

給付金通院 通院

給付金 通院 給付金 通院▲ ▲

通院 ▲ 通院

※複数回入院したときの受取例につきましては、Q&A(24ページ)をご確認ださい。

1回の通院対象期間中

1,095日 30日

Q&A保険料表この保険のポイント保障内容

も同額保障

FWD健康サービス ておきたいの医療事情 プラン例

日帰り入院

特定3大疾病

先進医療特約

先進医療による療養を受けたとき、給付金を受け取れます 先進医療における費用例

出典:厚生労働省 「令和3年度 先進医療技術の実績報告等について」をもとにFWD生命にて作成

出典:厚生労働省「平成29年 患者調査」よりFWD生命にて作成 技術名

重粒子線治療 陽子線治療

約319万円 約265万円 約3万円

683件 1,285件 614件

1件あたりの費用 年間実施件数

●契約年齢:0~85歳 ●保険期間:終身

●保険料払込期間:主契約(本則)と同じ

先 進 医 療

先進医療給付金

先進医療給付金 受取額

先進医療にかかる技術料と同額

受取額

先進医療給付金× 10%

相当額

支払限度 通算:

2,000

万円

所定の先進医療による療養を受けたとき

先進医療給付金が支払われる療養を受けたとき

先進医療一時金

先進医療一時金

入院時の食事代

(一部負担) 入退院時の交通費

(電車・タクシー代等) 入院中の日用品代

(パジャマ・タオル等) 入院中の テレビ視聴費用

見舞時の家族の

交通費・食事代 お見舞い返し費用 サプリメントの購入代 入院前の

検査費用

主 契 約︵ 本 則 ︶・ 特 約・ 特 則

を原因とした通院は      でお支払い

退院後5年間、日数無制限

通院対象期間 退院後 5年間(支払日数無制限)

通院対象期間 退院後 180日間(支払限度30日)

参考

参考

参考

退院した人の多くは通院で治療を続けています がんや心疾患での通院は5人に4人です

79.2% 83.8% 81.2% 53.3%

69.8%

■退院後に通院した割合(傷病別)

■退院後の通院・入院・入所先等

他の病院・診療所に入院

6.1%

介護施設・福祉施設に入所

4.5%

その他(死亡・不明等)

5.6%

(訪問診療・訪問看護等)在宅医療

4.6%

がん(悪性新生物)や 心疾患では 8 割超

全体 がん(悪性新生物)

脳血管疾患 骨折

(高血圧性のものを除く)心疾患

退院時と同じ病院に通院

67.1%

他の病院・診療所に通院

12.1%

79.2%が退院後も、

通院で治療を続け ています

ウイルスに起因する難治性の眼感染疾患に

対する迅速診断(PCR法)

(9)

Q&A保険料表この保険のポイント保障内容 受取額例

5,000

× 入院日数

[女性入院給付金日額5,000円の場合]

支払限度 1回の入院につき

30

日・

60

日・

120

(主契約と同一)/通算

1,095

受取額例

支払限度 片側1乳房につき

1

女性疾病入院給付金

入 院

所定の女性疾病により入院をしたとき、給付金を受け取れます

手 術

女性特定手術給付金

以下の手術を受けたとき、給付金を受け取れます

女性総合医療特約

※女性のみ付加できます 

●契約年齢:0~85歳 ●保険期間:終身 ●保険料払込期間:主契約(本則)と同じ

●女性入院給付金日額:1,000円~20,000円(1,000円単位)

乳房再建

乳房再建術給付金

女性特定手術給付金が支払われる乳房観血切除術を受けた乳房について 乳房再建術を受けたとき、給付金を受け取れます

受取額例

支払限度

1

外見ケア

がん外見ケア給付金

がんの治療により、頭髪に脱毛の症状が生じたと診断されたとき、

給付金を受け取れます

対象の手術 支払事由の概要 受取額例*1 支払限度

片側1乳房 につき1回

15

万円

(5,000円×30)

女性特有の病気 ・子宮筋腫

・閉経周辺期障害

・卵管留膿症

・子宮内膜症

・卵巣機能障害

・乳腺症

・月経不順

・女性不妊症

・乳房の良性新生物

・卵巣のう腫

・乳腺炎・子宮の良性新生物

・子宮脱・卵巣出血

・卵巣の良性新生物 等

・妊娠高血圧症候群

・甲状腺腫

・膀胱炎・若年性関節炎

・アレルギー性紫斑病

・骨粗しょう症 等

・重症妊娠悪阻

・産科的感染症 等

・橋本病・腎結石

・大動脈炎症候群

・クッシング症候群

・全身性強皮症

・卵巣がん

・大腸がん

・喉頭がん

・肝臓がん

・卵管がん

・甲状腺がん

・食道がん

・舌がん 等

・子宮外妊娠

・多胎分娩

・バセドウ病

・尿路結石

・腹圧性尿失禁

・ネフローゼ症候群

・全身性エリテマトーデス

・子宮体がん

・肺がん・咽頭がん

・腎臓がん

・(切迫)流産

・妊娠糖尿病 ・(切迫)早産

・帝王切開

・低血圧症

・胆のう炎

・腎盂腎炎

・メニエール病

・シェーグレン症候群

・子宮頸がん

・胃がん・白血病

・膵(すい)臓がん

・鉄欠乏性貧血

・胆石症・糸球体腎炎

・リウマチ

・膠原病

・乳がん・膣がん

・悪性リンパ腫

・骨肉腫

総患者数

年代別総患者数 乳がん 22.9 万人

乳がんは30歳代 から増加します

(千人)60 50 40 30 20 10 0

(千人)60 50 40 30 20 10

10歳代 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳代 70歳代 80歳代 0 10歳代 20歳代 30歳代40歳代 50歳代60歳代 70歳代80歳代

総患者数

年代別総患者数 子宮筋腫 11.6 万人

子宮内膜症 6.7万人 卵巣の良性新生物(卵巣のう腫等) 3.2万人 子宮頚がん 2.6万人 子宮体がん 3.0万人 卵巣がん 2.5万人

妊娠・出産に かかわる症状

その他

(上皮内新生物を含む)がん

15

万円

(5,000円×30)

15

万円

(5,000円×30)

5

万円

(5,000円×10)

5

万円

(5,000円×10)

2回

1回

回数無制限

回数無制限 乳房観血切除術

卵巣観血切除術

子宮観血切除術

乳房にかかわる手術 子宮または子宮附属器

にかかわる手術

女性疾病入院給付金の支払対象となる女性疾病の例

がん がん以外の病気

50

万円(5,000円×100) [女性入院給付金日額5,000円の場合]

2.5

万円(5,000円×5) [女性入院給付金日額5,000円の場合]

乳がん   子宮頚がん   子宮体がん   卵巣がん

子宮筋腫子宮内膜症 卵巣の良性新生物

出典:厚生労働省「平成29年 患者調査」よりFWD生命にて作成

監修:株式会社セールス手帖社保険FPS研究所 (1) 乳がん等で所定の乳房観血切除術

を受けたとき

(2) 所定の卵巣観血切除術を 受けたとき

(3) 所定の子宮観血切除術を 受けたとき

(4) 乳がんで乳房にかかわる 所定の手術*2を受けたとき (5)子宮または子宮附属器にかかわる 所定の手術*3を受けたとき

*1 女性入院給付金日額5,000円の場合

*2 女性特定手術給付金の支払事由の概要(1)に該当する手術を除きます。

*3 女性特定手術給付金の支払事由の概要(2)、(3)に該当する手術を除きます。

※支払事由に該当する手術を同一の日に複数回受けた場合、お支払いする女性特定手術給付金は1回分となる場合があります。

がんは、遺伝により罹患する事があります。遺伝性乳がん卵巣がん(Hereditary Breast and Ovarian Cancer:HBOC)は遺伝子の変異に代表される遺伝性疾患です。

特定のがんに罹患し、その後遺伝子パネル検査を受けた結果、HBOCだとわかる事が あります。がんが発症していない部位についてあらかじめ切除する手術を「がんの罹患 リスク低減のための手術」といいます。

遺伝性乳がん卵巣がん症候群  (HBOCの疑い)

卵巣がん患者 乳がん

患者 卵巣がん

患者 がんが発症していない部位

対側乳房切除 卵巣等切除 両側乳房切除 乳がん患者

FWD健康サービス 知っておきたい最近の医療事情 プラン例

がんによる入院は、支払限度にかかわらず日数無制限

でも、入院1日あたりの保障は同額

日帰り入院

でお支払い

乳がん・卵巣がんの罹患リスク低減のための手術

も保障

自由診療

による乳房再建も保障

女性特定手術給付金・がん外見ケア給付金のがんに対する保障は、この特約の責任開始日から91日目に開始するものもあり ます。詳細につきましては、重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)をご確認ください。

子宮筋腫は30歳 代から増加します 子宮内膜症 は20歳代か ら増加します

主 契 約︵ 本 則 ︶・ 特 約・ 特 則

女性特有の病気の総患者数と年代別総患者数

がんの予防を目的とする手術(罹患リスク低減のための手術)について

参考

(10)

Q&A保険料表この保険のポイント保障内容

脳血管疾患により、初診日から180日以上、言語障害、運動失調、麻痺等の後遺症が 継続したと診断されたとき

支払限度

回数無制限(1年に1回)

受取額例

50

万円 [特定3大疾病給付金額50万円の場合]

支払限度

回数無制限(1年に1回)

支払限度

回数無制限(1年に1回)

支払限度

1回

受取額例

50

万円 [特定3大疾病給付金額50万円の場合]

受取額例

50

万円 [特定3大疾病給付金額50万円の場合]

受取額例

25

万円(50万円×50%)[特定3大疾病給付金額50万円の場合]

特定3大疾病保険料払込免除特約

●契約年齢:0~85歳

●保険期間・保険料払込期間:

主契約(本則)の保険料払込期間と同じ

特定3大疾病給付金特約

(1) がんと診断確定されたとき、またはがんの再発・転移が認められたとき

(2) がんにより所定の治療*1のため入院または通院*2をしたとき(入院を継続しているときを含む)

初めてがんと診断確定されたとき

(1) 心疾患により、所定の手術を受けたとき (2) 急性心筋梗塞により、1日以上の入院をしたとき

(3) 急性心筋梗塞以外の心疾患により、継続して15日以上の入院をしたとき (1) 脳血管疾患により、所定の手術を受けたとき

(2) 脳卒中により、1日以上の入院をしたとき

(3) 脳卒中以外の脳血管疾患により、継続して15日以上の入院をしたとき

がん診断給付金

が ん

(1) 心疾患により、所定の手術を受けたとき (2) 急性心筋梗塞により、1日以上の入院をしたとき

(3) 急性心筋梗塞以外の心疾患により、継続して15日以上の入院をしたとき

心疾患

心疾患給付金

(1) 脳血管疾患により、所定の手術を受けたとき (2) 脳卒中により、1日以上の入院をしたとき

(3) 脳卒中以外の脳血管疾患により、継続して15日以上の入院をしたとき

脳血管疾患

脳血管疾患給付金

リハビリ給付金 脳血管疾患 給付金

リハビリ給付金

●契約年齢:0~85歳

●保険期間:終身 ●保険料払込期間:主契約(本則)と同じ

●特定3大疾病給付金額:10万円~300万円(10万円単位)

この特約のがんに関する保障は、この特約の責任開始日から91日目に開始します。

この特約のがんに関する保障は、この特約の責任開始日から91日目に開始します。

*1 再発予防のための治療は含まれません。 *2 ホルモン剤治療のみを受ける通院は含まれません。

特定3大疾病により以下のいずれかに該当したとき、給付金を受け取れます

が ん

心疾患 脳血管疾患

特定3大疾病により以下のいずれかに該当したとき、以後の保険料の払込みが免除されます

※主契約においても保険料払込免除が適用される場合があります。詳細は重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)をご確認ください。

※がん診断給付金・心疾患給付金・脳血管疾患給付金のお支払いは、

それぞれ1年に1回を限度とします。

FWD健康サービス ておきたいの医療事情 プラン例

上皮内新生物

も対象

上皮内新生物

も対象 2回目以降は       でも受け取れます

通院治療

*2

主 契 約︵ 本 則 ︶・ 特 約・ 特 則

脳卒中 不整脈及び伝導障害

31.1% 脳内出血

13.0%

くも膜下出血 3.8%

その他の脳血管疾患 12.9%

狭心症29.4%

心不全 19.3%

出典:厚生労働省「平成29年 患者調査」よりFWD生命にて作成 心筋症 2.5%

その他の心疾患 15.0%

急性心筋梗塞 2.7%

胃がん 13.9%

胃がん 7.4%

大腸がん 15.1%

肺がん 8.2%

乳がん 28.0%

子宮がん 7.1%

悪性リンパ腫 4.3%

その他のがん 29.9%

大腸がん 16.9%

肝臓がん 3.9%

肺がん 10.5%

悪性リンパ腫 3.6%

その他のがん 51.2%

心疾患

がん

男性 女性

脳血管疾患

脳梗塞70.3%

■脳卒中発症後の回復状況

■性別・年齢別 脳血管疾患患者数

45歳未満

(n=371)

45~54歳

(n=996)

55~64歳

(n=2,438)

65~74歳

(n=3,555)

75~84歳

(n=5,759)

85歳以上

(n=3,200)

※2008年から2012年のあいだに発症した初回脳卒中の方の退院 時の自立度を示す。

※完全自立:症状がないか、症状はあっても日常生活や社会生活 に問題がない状態、自立:麻痺等があっても自立している状態 出典: 厚生労働省「事業場における治療と仕事の両立支援のため

のガイドライン 令和4年3月改訂版」よりFWD生命にて作成

(%)

0 39歳以下 40~

49歳 50~

59歳 60~

64歳 65~

69歳 70~

74歳 75~

79歳 80~

84歳 85~

89歳 90歳以上

50 100

完全自立 自立 部分介助

出典:厚生労働省「平成29年 患者調査」よりFWD生命にて作成

■ 男 性

■ 女 性

0 20 40 60 80 100

(千人)120

【リハビリの段階と主な内容】

【公的医療保険と公的介護保険の比較】

公的医療保険

対象年齢 0歳~

年齢・所得に応じて

1割~3割 年齢・所得に応じて 1割~3割

あり なし

40歳~

自己負担割合 リハビリでの 適用限度日数

公的介護保険

急性期

公的医療保険 公的介護保険

脳血管疾患の発症から入院~リハビリまでの流れは、期間 や治療状況に応じて「急性期」「回復期」「生活期(維持期)」

に分かれます(下図参照)。

脳血管疾患のリハビリで公的医療保険が適用となるのは、

発症から約半年間(180日間)となります。

場所:発症時に入院した病院 期間の目安:発症から1か月程度 リハビリ内容:起立、車椅子への 乗り移り、着替え、嚥下、発声等

回復期

場所:リハビリテーション病院 期間の目安:発症後180日まで リハビリ内容:歩行、食事等の日常生活 動作の回復、公共交通機関の利用等

生活期(維持期)

場所:自宅・施設

期間の目安:発症後181日目以降 リハビリ内容:生活機能の向上、行動 範囲の拡大、訪問・通所リハビリ等

180日

対 象 原則対象外

対 象

監修:株式会社セールス手帖社保険FPS研究所

▲脳血管疾患発症

*一定期間経過後に要介護認定の更新申請を行う必要があります。

※公的医療保険と公的介護保険では、自己負担割合を決定するため の基準が異なります。

3大疾病の疾患別総患者数の内訳

脳血管疾患と後遺症について

脳血管疾患の「180日ルール」とは?

参考

(11)

Q & A 保 険 料 表 こ の 保 険 の ポ イ ン ト 保 障 内 容

がん診断給付金特約

抗がん剤治療給付金特約

●契約年齢:0~85歳

●保険期間:終身 ●保険料払込期間:主契約(本則)と同じ

●抗がん剤治療給付金額:5万円~30万円(1万円単位)

●契約年齢:0~85歳

●保険期間:終身 ●保険料払込期間:主契約(本則)と同じ

●がん診断給付金額:10万円~300万円(10万円単位)

この特約は、主契約の責任開始日から91日目(この特約の責任開始日)に保障を開始します。

この特約は、主契約の責任開始日から91日目(この特約の責任開始日)に保障を開始します。

抗がん剤・

ホルモン剤

抗がん剤治療給付金

治療

がんと診断確定され、所定の抗がん剤・ホルモン剤治療のために 入院または通院をしたとき、給付金を受け取れます

以下のいずれかに該当したとき、給付金を受け取れます

支払限度

回数無制限(同一月に1回)

受取額例

10

万円 [抗がん剤治療給付金額10万円の場合]

F W D 健 康 サ ー ビ ス 知 っ て お き た い 最 近 の 医 療 事 情 プ ラ ン 例

を目的とする所定の抗がん剤・ホルモン剤の投与や処方を受けた場合も保障

経口投与の抗がん剤・ホルモン剤による治療

も対象

再発予防

支払限度

回数無制限(1年に1回)

受取額例

50

万円 [がん診断給付金額50万円の場合]

(1) がんと診断確定されたとき、またはがんの再発・転移が認められたとき

(2) がんにより所定の治療*1のため入院または通院*2をしたとき(入院を継続しているときを含む)

がん診断給付金

が ん

*1 再発予防のための治療は含まれません。 *2 ホルモン剤治療のみを受ける通院は含まれません。

上皮内新生物

も対象 2回目以降は       でも受け取れます

通院治療

*2

主契約︵本則︶・特約・特則

■抗がん剤治療給付金の受取例

[抗がん剤治療給付金額10万円の場合]

給付金の受取は 同一月に1回を限度

治療が続く限り 同一月に1回を限度に 回数無制限でお支払い

抗がん剤治療

4月 5月 6月

・・・・・・

入院 通院

10

万円

抗がん剤治療 給付金の受取は

同一月に1回を限度

抗がん剤治療

10

万円

抗がん剤治療

10

万円

抗がん剤治療

支払いなし 支払い

なし

通院 通院

10

万円

※再発率は術式(どのような手術、処置をしたか)等により大きく異なります。

出典:新日本保険新聞社「2020年12月版こんなにかかる医療費」

乳がん等の治療において、手術でがんを取り除いた後でも、体の中に微細ながんが残っている場合があります。微細ながんが増殖 することで起こる再発リスクを減らすために、長期にわたる術後補助化学療法を行うことがあります。

13%

胃がん(Ⅱ期)

再発率

11%

肺がん(Ⅱ期)

5%

再発率 乳がん再発率

(乳房部分切除施行例)

※手術全体では  10年以内に22%

8%

子宮体がん(Ⅱ期)

43%

再発率 肝臓がん再発率

6%

大腸がん(Ⅱ期)

再発率 監修:株式会社セールス手帖社保険FPS研究所

監修:株式会社セールス手帖社保険FPS研究所 がんには、がん細胞が臓器の表面

を覆う上 皮 内 に留まっている

「上皮内新生物(上皮内がん)」と 呼ばれるものもあります。体の深い ところまでは広がっていない状態 のため、切除すればほとんどが 治ります。

■大腸がんのイメージ図

粘膜上皮 粘膜筋板粘膜下層 固有筋層 漿膜漿膜下層

粘膜 粘膜固有層 浸潤 進行大腸がん

悪性新生物

しょうまく

上皮内新生物(上皮内がん)

大腸がんの場合、イメージ図のように、粘膜筋板をこえていなければ他組織に 浸潤していない状態といえ、「上皮内新生物」ということになります。

悪性新生物(がん)の入院・外来受療率の推移

* ここでいう「受療率」とは、人口10万人に対する推計患者数(調査日 に全国の医療施設で受療した患者の推計数)のことをいいます。

出典:厚生労働省「平成29年 患者調査」よりFWD生命にて作成

(人口10万対)

がん治療における入院有無の推移

(%)

90 105 120 135 150

通院(外来)は増加傾向

入院は減少傾向

1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 0

20 40 60 80 100

109 113

123

130 135

102

145

100 107

94

110

111

※回答から「治療が完了した(寛解した)」を除いて集計しています。

調査委託先:株式会社マクロミル 回答者:がん罹患経験者20~60代 の男女1,030人 調査期間:2020年2月17日~2020年2月18日 平成14年 平成17年 平成20年 平成23年 平成26年 平成29年

入院受療率   外来受療率 入院を伴う治療   通院治療のみ(入院なし)

61.6%

83.9%

11.0%

63.5% 61.5% 58.1%

19.1% 14.7% 10.1% 8.2%

がんの治療は「入院」から「通院」に

抗がん剤・ホルモン剤を使用した治療(化学療法)について

がんの再発率(術後3年以内の再発率)

上皮内新生物(上皮内がん)とは

抗がん剤の投与

ホルモン剤の投与

治療期間は?

5年~10年程度

治療期間は?

6か月~1年程度

ホルモン剤を定期的に内服し、乳がんの増殖の原因となる女性ホルモンの働きを抑える方法。

副作用が少ない一方、治療期間が長くなる傾向があります。

抗がん剤を投与し、がん細胞を死滅させる方法。強い副作用がでることがあります。

参考

Figure

Updating...

References

Related subjects :