学生用 小坂研

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)
(2)

目次

1.   Solid works で モ デ ル の 作 成

 ... P2

2. 3Dプリンターでの製品の作成手順 . . .  P3~

P6

3. (注意事項) . . .  P7~

P8

4. 樹脂の取り替え方 ... P9~

P10

(3)

1. Solid worksでモデルの作成

(1) Solid works起動

・自分が作りたいモデルを作成。

(2) 完成したSolid worksのデータをSTLファイルに変換

1 完成した製品のデータを保存する。

2 保存するとき、ファイルの種類をSTLファイルにしてUSBに保 存する。

(図1 を参照)

2. 3Dプリンターでの製品の作成手順

(1) XYZ wareの起動

1 3Dプリンターのプログラムが入ったパソコンを使用する。

(XYZ wareのデータが入ったパソコン)

2 XYZ wareを起動させる。

(図2 を参照)

3 図3の画面が出たら、インポートをクリックして保存した製品

のデータを読み込む。

2

図1

これを起動させる。

図2

(4)

4 ③の手順を終えれば、図3の画面に戻り、印刷をクリックする。

3

図4

ファイル名のところに保存した データを入れる。

開くをクリックする。

図5

図6

詳細をクリックする。

シェル:線の輪郭。 速度 :作成スピード。 品質 :製品の見栄え。

3D密度:単位体積あたりの質量。

     

図7

(5)

5 条件を決めたら印刷をクリックする。

3Dプリンターが起動して、製品を作成する。

3. (注意事項)

・製品を作る前に土台にのりをぬる。 (のりは水のり以外のものを使用する。)

・ 機械の温度が210℃ぐらい上がらないと製品を作成しない。

(温まるまで7分程度かかる。)

・ 作成が完了しても、製品は熱いので、基本は土台が下りてくるま で待つほうがいい。

製品の大きさにもよるが、最低でも、16分程度かかる。

(最小サイズの場合)

・ 製品を取り出す時、ヘラを使うと取りやすい。 ・ 土台のところをきれいにしておくこと。

次に使うために!!

4

・4つの条件の内容

(4) 品質    ・普通    ・良い

   ・非常に良 い

   から選ぶ。 (3) 速度

   ・低速    ・標準    ・高速    から選ぶ。 (2) シェル

・細い ・普通 ・太い から選ぶ。 (1) 3D密度

・最低 ・低 ・中 ・高 ・最高 から選ぶ。

図8

ここにのりをぬる。 図9

ここで、温度を確認する。 また、終了時間もここで確認

できる。 図10

(6)

・ 起動中は電源を落とさない!!

・ 3Dプリンター側のコードがパソコンに繋がっているか、また

は電源は入っているか。

・XYZ wareのデータが入ったディスクは小坂教授が持っている。

(7)

4. 樹脂の取り替え方

(1) 図12に添付されているものの取り替え方

1  ①の部分をはさみで切断する。 使っていた線はきれいに抜く。

2  ②の部分はカードリッチをあげて図12のような樹脂ボックス を出して、自分が好きな色の樹脂ボックスをはめ込んで、カー ドリッチを閉める。

(*)詳しいことは機械にも書いてある。

6

図12

2

図13

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :