• 検索結果がありません。

OA スキルアップ Access2013 基礎データの入力と抽出 1 / 8 Access2013 基礎データの入力と抽出 1. フォームでのデータ入力 1-1 フォームビューの画面構成 Access では フォームビューからデータを入力します 入力したデータは テーブルに保存されます フォームビュ

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2022

シェア "OA スキルアップ Access2013 基礎データの入力と抽出 1 / 8 Access2013 基礎データの入力と抽出 1. フォームでのデータ入力 1-1 フォームビューの画面構成 Access では フォームビューからデータを入力します 入力したデータは テーブルに保存されます フォームビュ"

Copied!
8
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

Access2013 基礎 データの入力と抽出

. フォームでのデータ入力

1-1 フォームビューの画面構成

Access

では、フォームビューからデータを入力します。入力したデータは、テーブルに保存されます。

■フォームビューの画面構成

Access

では、1件分のデータをレコードといい、入力用のフォームでは、一画面に

1

件分のすべての

フィールドが表示される、単票形式のフォームが一般的に使用されます。

フィールド間の移動は、[TAB]キー、[ENTER]キーを押すか、マウスでクリックします。

レコードの移動は、レコード移動ボタンを使います。

1-2 新規レコードの追加

新規にデータを追加するには、[新しい(空の)レコード]ボタンをクリックします。

操作

フォーム「F入力用」を開きましょう。

①ナビゲーションウィンドウのフォームの一覧から、「F入力用」を ダブルクリックします。

「F入力用」フォームが開き、1件目のデータが表示されます。

編集中のレコード 保存されているレコード レコードセレクター

フィールド

レコード移動ボタン

【移動ボタン】

先頭レコード 前のレコード

レコード番号

次のレコード 最終レコード 新しい(空の)レコード 総レコード数

カレントレコードボックス

レコードセレクターは、レコードを選択する時に 使います。

レコードセレクターの表示されるアイコンは、

状態によって異なります。

(2)

操作 新規レコードを入力しましょう。

①[新しい(空の)レコード]ボタンをクリックします。

新規レコードの入力画面が表示されます。

②「受講者番号」ボックスにカーソルを置いて入力すると、ステータスバーにメッセージが表示されます。

POINT!

「オートナンバー型」のデータ型が設定されている

「受講者番号」フィールドには、ユーザーがデータ を入力できないため、メッセージが表示されます。

③[Tab]キーを押して、「受講者区分」に「C」と入力します。

④[Tab]キーを押して、「氏名」に「斉藤千佳」と入力します。

「ふりがな」ボックスに、ふりがなが自動的に表示されます。

⑤[Tab]キーを2回押して、「1510053」とハイフンを省き入力します。

「都道府県」ボックスに「東京都」、「住所」ボックスに「渋谷区代々木」と表示されます。

⑥[Tab]キーを2回押して、[F2]キーを押します。「1-1-1」と番地を入力します。

⑦「受講日」に「20131110」と日付をスラッシュを省き、入力します。

⑧[Tab]キーを押して、チケット有無のチェックを解除します。

[ Space ]

キーを押します。

POINT!

フィールド間の移動は、[Tab]キーを 使用します。

(3)

1-3 レコードの保存

Access

では、データ入力後、次のタイミングで自動的に保存されます。

1.レコードセレクターをクリック 2.別のレコードにカーソルを移動 3.ウィンドウを閉じる 4.データベースを閉じる 5.Access

を終了する

操作 レコードを保存しましょう。

①レコードセレクターをクリックします。

レコードセレクターのアイコンが、鉛筆のアイコンから、

保存されたことを表す、三角マークのアイコンに 変わります。フォームで入力したデータは、

テーブルに格納されます。

POINT!

[Esc]キーを1回押すと、フィールドの入力取り消し、更

に[Esc]キーを押すと、レコードの入力取り消しとなります。

②もう1件、新規レコードを入力しましょう。

1-4 レコードの編集

既存のレコードを編集するには、「カレントレコードボックス」から該当レコードに移動します。

操作 既存レコードの編集操作を確認しましょう。

①2件目のレコードを表示します。「カレントレコードボックス」に「2」と入力し、[Enter]キーを押します。

②受講者区分フィールドを「B」に変更します。

③レコードセレクターをクリックし、レコードを保存します。

受講者区分

A

氏名 木村花子 郵便番号

165-0022

住所 中野区江古田

2-2-2

受講日

2013/11/11

(4)

1-5 レコードの削除

レコードを削除するには、対象レコードを表示して、レコードセレクターをクリックし、[Delete]キーを押すか、

[ホーム]タブ[レコード]グループの[削除]ボタンをクリックします。

 操作 削除の操作を確認しましょう。

①[最終レコード]ボタンをクリックし、最終レコードを表示します。

②レコードセレクターを選択し[Delete]キーを押します。

③確認のダイアログボックスが表示されます。「はい」を選択します。

④フォームウィンドウの「’F入力用’を閉じる」ボタンをクリックします。

POINT!

削除したレコードは元に戻せません。オートナンバー型が設定されたレコードを削除すると、

そのレコード番号は欠番になります。

 操作 テーブル「T 受講者」を開き、データの入力を確認しましょう。

①ナビゲーションウィンドウのフォームの一覧から「T受講者」をダブルクリックし開き、2件目のレコードの受講 区分が、「B」に変更されているのを確認します。

②[最終レコード]ボタンをクリックし、131番目に新規レコードが、追加されているのを確認します。

(5)

. フィルター

2-1 フィルターとは

フィルターとは、フォームまたはテーブルやクエリのデータシートビューで、条件に一致するレコードを一時的に 表示する機能です。同じ条件で何度も抽出を行う場合は、抽出条件を保存できるクエリを使用します。

主なフィルターには、「フォームフィルター」と「選択フィルター」があります。

2-2 フォームフィルター

フォームフィルターは、条件入力フォームに、複数の抽出条件を指定することができるフィルター機能です。

操作 「受講者区分」が「A」で「埼玉県」在住の人を抽出しましょう。

「T受講者」テーブルを元にレコードを抽出をします。

①[ホーム]タブ[並べ替えとフィルター]

グループの[詳細設定][フォーム フィルター]をクリックします。

空の条件入力用の、データシートが表示されます。条件を指定します。

②「受講者区分」のセルをクリックし、▼をクリックし、一覧から「A」をクリックします。

③「都道府県」のセルをクリックし、一覧から「埼玉県」をクリックします。

「受講者区分」が「A」で、かつ「都道府県」が「埼玉県」という条件を設定できました。

④[並べ替えとフィルター]グループの[フィルターの実行]ボタンをクリックします。

抽出結果が表示されます。

⑤ウィンドウの左下に、抽出レコード件数 と「フィルター適用」と表示されている ことを確認します。

 操作 フィルターを解除しましょう。

①[フィルターの実行]ボタンをポイントします。

「フィルターの解除」と表示されることを確認し、

クリックします。

(6)

 操作 「受講者区分」が「A」または「埼玉県」在住の人を抽出しましょう。

①[ホーム]タブ[並べ替えとフィルター]グループの[詳細設定][フォームフィルター]をクリックします。

「都道府県」に表示されている「埼玉県」を削除します。

②ウィンドウの左下、[または]タブをクリックし、「都道府県」のセルのから「埼玉県」をクリックします。

これで、「受講者区分」が「A」、または「都道府県」が「埼玉県」という、条件を設定できました。

③[フィルターの実行]ボタンをクリックします。抽出結果が表示されました。

④[フィルターの実行]ボタンをクリックして、フィルターを解除します。

2-3 選択フィルター

選択フィルターは、レコードの文字列を範囲選択し、その文字列を抽出の条件とすることができます。

完全一致の条件で抽出したり、部分一致の条件で抽出することができます。

操作 「都道府県」が「東京都」のレコードを抽出しましょう。

①「都道府県」フィールドの「東京都」を選択します。

②[並べ替えとフィルター]グループの[選択]ボタンから「"東京都"に等しい」をクリックします。

③[フィルターの実行]をクリックします。「都道府県」が「東京都」のレコードが抽出されました。

④[フィルターの実行]をクリックして、条件を解除します。

(7)

操作 「住所」が「品川」で始まるレコードを抽出しましょう。

①部分一致の条件で抽出します。「住所」フィールドの東京都の「品川」を範囲選択します。

②[選択]ボタンをクリックし、「"品川"で始まる」をクリックします。

③[フィルターの実行]ボタンをクリックします。「住所」が「品川」で始まる、レコードが抽出されました。

④[フィルターの実行]ボタンをクリックして 条件を解除します。

操作

「氏名」に「村」を含む人を抽出しましょう。

①部分一致の条件で抽出します。「氏名」フィールドの東京都の「村」を範囲選択します。

②[選択]ボタンをクリックし、「"村"を含む」をクリックして、[フィルターの実行]ボタンをクリックします。

「氏名」に「村」を含む、レコードが抽出されました。

③[フィルターの実行]ボタンをクリックして 条件を解除します。

④テーブルウィンドウの「T受講者を閉じる」ボタンをクリックします。

⑤保存の確認のメッセージでは、「いいえ」ボタンをクリックします。

POINT!

フィルター操作の後、保存せずにテーブルを閉じると、保存の確認のメッセージが表示されます。「はい」をクリックすると、

最後に実行したフィルターの条件が保存されます。次にテーブルを開いたときに、[フィルターの実行]ボタンをクリックすると、

(8)

その他のデータシートでの操作

3-1 並べ替え

データシートビューでは、名前など特定のフィールドを基準に昇順、降順にレコードを並べ替えができます。

操作 「ふりがな」フィールドを基準に昇順(あ~ん)にレコードを並べ替えましょう。

①「ふりがな」フィールド名の右の▼をクリックし、[昇順で並べ替え]をクリックします。

「ふりがな」の

50

音順(あ~んの順)にレコードが並べ替えられました。

並べ替えを解除します。

②[ホーム]タブ[並べ替えとフィルター]グループの[並べ替えの解除]ボタンをクリックします。

3-2 列の固定

フィールド項目が多い場合は、常に表示させたい列を固定して表示させることができます。

操作 「氏名」と「ふりがな」のフィールドを固定して表示しましょう。

①「氏名」と「ふりがな」の列をドラッグして選択します。

②[ホーム]タブ[レコード]グループの[その他]ボタンから[フィールドの固定]をクリックします。

固定された列は先頭に移動し、右にスクロールしても常に表示されるようになります。

列の固定の設定を解除するには、[その他]ボタンから[すべてのフィールドの固定解除]をクリックします。

3-3 列の表示・非表示

特定の列を非表示にするには、対象列を選択し、[ホーム]タブ[レコード]グループ の[その他]ボタンから[フィールドの非表示]をクリックします。再表示するには

[フィールドの再表示]をクリックして、表示する項目を選択します。

列が固定

参照

関連したドキュメント

サンプル 入力列 A、B、C、D のいずれかに指定した値「東京」が含まれている場合、「含む判定」フラグに True を

パキロビッドパックを処方入力の上、 F8特殊指示 →「(治)」 の列に 「1:する」 を入力して F9更新 を押下してください。.. 備考欄に「治」と登録されます。

・カメラには、日付 / 時刻などの設定を保持するためのリチ ウム充電池が内蔵されています。カメラにバッテリーを入

・電源投入直後の MPIO は出力状態に設定されているため全ての S/PDIF 信号を入力する前に MPSEL レジスタで MPIO を入力状態に設定する必要がある。MPSEL

基準の電力は,原則として次のいずれかを基準として決定するも

Dual I/O リードコマンドは、SI/SIO0、SO/SIO1 のピン機能が入出力に切り替わり、アドレス入力 とデータ出力の両方を x2

 本資料作成データは、 平成24年上半期の輸出「確報値」、輸入「9桁速報値」を使用

 本資料作成データは、 平成26年上半期の輸出「確報値」、輸入「9桁速報値」を使用