平成22年度当初予算編成方針

Full text

(1)

成22

度予算編成方針

(2)

成2 月 2日

部 等 長 様

副 市 長

成22 度予算編成方針 依命通達

国経浞 企業収益 減少 や き いるこ 全体 景気 持ち直 き いる 自 性 乏 く 失業率 高水準 ある 依然 厳 い状況 ある

ら 先行き い 景気 持ち直 傾向 続くこ 期待 れる 用情 勢 一層 悪化や海外景気 下振れ懸念 金融資本市場 変動 影響 景気を下押 るリケク 存在 るこ 留意 る必要 ある

た 国 財政状況 これ 国債発行残高 増 より 危機的 状況 あり 国 い 本 9月 議決定 れた 成 平平 度予算編成 方針 い

示 いる り 新規施策を実現 るた 全 予算を組 暶え 既存予算 い ゼロベヴケ 厳 く優先 位を見直 新た 財源を生 出 こ いる

一方 現下 地方財政 昨 秋以降 急激 景気後退 影響 よる税収 大幅 減少 ほ 社会保障関係経費 自然増や公債費 高い水準 推移 るこ より 依然

厳 い状況 あるこ ら 徹底 た行財政改革 取り組 財政体質 健全性 確保 留意 財源 充実確保を図 いく必要 ある

本市 ける 成22 度 財政見通 地方財政対策等 詳細 明ら い 現段階 い 的確 予測 るこ 困難 ある 歳入面 景気後退 影響 依 然 強く残るこ より 市税収入 更 減少 る見通 あるこ 加え 自動車関 係諸税 暫定税率廃止 い た地方 財政運営 大きく影響 る大規模 制度見直 国

い 進 られ り 一般財源 確保 極 厳 い状況 ある

一方 歳出面 少子高齢社会 進行 伴い社会保障関係経費 増加 るこ や 公債費 支出 依然 高い水準 推移 るこ ら 多額 財政需要 見込 れ いる

こ よう こ ら 財政 硬直化 進行 る 大幅 財源不足 直面 るこ り 財政調整基金を た基金を取り崩 対応せ るを得 い状況 い る 昨今 財源不足 対応 た取り崩 より基金残高 大幅 減少 り 今後更 る収支不足 発生 た場合 財政調整基金 枯浝 財政運営 困難 る状況 想定 れ

(3)

これら 状況を踏 え 本市 成22 度予算 中期財政計画 基本理念を実践 る 真 必要 市民ニヴゲ こたえるた 既存事業 い 積極的 事業効 果 検証を行い 事業 選択 集中を推進 限られた財源 暷適投資を追求 る 歳 入規模 見合 た歳出構造へ 転換を引き続き推進 る必要 ある

こ た 歳入面 い 市税等 徴収対策 強化や基金原資取崩 続 よ る自主財源 確保 加え 人件費削減 効果額を償還財源 る退職手当債を引き続き活用

る 財源 確保 努 るこ る

一方 歳出面 い 個性 魅力あふれる ふる ンいわき くりを実現 るた 人口減少 少子高齢化 持続可能 循環型社会 形成 暮ら 安全ン安心 地域経浞 再生 等 的確 対応 た施策を展開 る必要 あるこ ら 各部等 い

ゼロベヴケ 視点 立 た自主的ン主体的 事業 重点ン選別化を更 推進 行財政 簡素ン効率化や経費 節減ン合理化 更 職員数 削減 努 将来 わたり持続可 能 財政基盤を確立 るこ を基本 以下 事 基 い 編成 るよう命 より通達

(4)

予算編成の基本的考え方

成22 度 予算編成 あた 個性 魅力 あふれる ふる ンいわき くりを実現 るた 新ンいわき市総合計画基本計画 基 き 事業及び施策 い

着実 推進 る必要 ある 市税収入 減少 よる影響等 伴い 一般財源 確 保 極 厳 いこ 加え 社会保障関係経費及び公債費 高い水準 推移 るこ

より 厳 い財政状況 続くこ 想定 れるこ ら 行財政 簡素ン効率化 や経費 節減ン合理化 努 歳入規模 見合 た歳出構造へ 転換を図り 将来 わ たり持続可能 財政基盤を確立 るこ を基本 る

中期財政計画目標の達成

~将来 わた 持続可能 財政運営への取 組み~

厳 い財政環境を乗り越えるた 将来を的確 見据えた計画性 高い財政運 営を実現 るこ 極 重要 ある

特 成 平平 度 い 将来 わたり持続可能 財政運営 た 指針 あ る現行 中期財政計画 暷終 度を迎えるこ ら そ 目標達成 向け 各種計画

連携を図り ら 予算編成 取り組 こ る

財政の健全化の推進

~行財政改革の着実 推進 財政の健全化~

景気後退 影響 依然 強く残るこ よる市税収入 減少や 原資 る国 税収入 大幅 減収 よる 地方交付税 先行き不透明感 高い状況 あり 引き続 き多額 財源不足 見込 れるこ ら 行財政改革行動計画 基 く行財政改革を 着実 推進 職員数 削減 努 るほ 行財政 簡素ン効率化 より経費 節減 ン合理化を図り 財政 健全化を推進 る

た 時代 即 た市民サヴビケ水準を確保 るた 市税等 徴収対策 強化等 より自主財源 充実ン確保 努 る 一時的 財源補 ん措置 行 財政改革 効果額を償還財源 行政改革推進債や 人件費削減 効果額を償還財 源 る退職手当債を引き続き活用を図るこ る

事業の選択と集中の推進 ~限 た財源の最適投資~

厳 い財政状況 い 市民福祉 向上を図る いう中期財政計画 掲 る 行政経営理念 基 き 真 必要 市民ニヴゲ こたえるた 既存事業 い

積極的 事業効果 検証を行い 事業 選択 集中を推進 限られた財源 暷適 投資を追求 る

た 成2 度 引き続き 基金 一部 い そ 原資取崩 より自 主財源を確保 るこ 基金 目的 合致 る施策を確実 推進 る

⑷ 各部の主体的 取組みの推進

~市民サービス現場か の選択と集中~

(5)

別化を推進 る

予算編成の原則 通年予算の編成

予算 編成 度間 見通 立 た通 予算 る た 予算編成後 制度改正や災害対応等 緊急性 ある や 度途中 国ン県補 確定ン内 定及び事業計画 変更等 真 や を得 い を除き 原則 補正措置 行わ

いこ る

経費の区分

経費 区 るこ る

義務的経費

人件費 扶 費 公債費 る

経常的経費

2 経費 る

ン 一般事業 係る経費 他 い れ 経費 属 い経費

ン 運営費等補 金 行財政計画行動計画 基 く見直 対象 いる 補 金

政策的経費

新ンいわき市総合計画実施計画事業 大規模等事業 一般事業) 係る経費 る

臨時的経費

新ンいわき市総合計画実施計画 位置 け い投資的事業及び指定事業 要 る経費 る

予算要求基準

各経費区 要求基準 市税収入 減少等 伴う大幅 財源不足を踏 えた経費 削減 及び時代 即 た市民サヴビケ水準 確保 努 るこ を基本

り る

義務的経費 所要額 る

人件費 い 定員適正化計画 基 き職員数 削減を図るこ る

た 扶 費 い 過去 実績を踏 える 制度改正等 今後 見 通 を十 検討 映 せ 過大 見積り ら いよう 適正 見積 るこ

経常的経費

ら 合計を部等 枠配 額 要求 上限 る

一般事業 係る経費 うち 債務 担行 を設定 いる経費 成2 度 当初予算計上額 同額 それ以外 経費 成2 度当初予算計上額 ら % 削減 た額 い れ 一般財源ベヴケ

(6)

増加 見込 れる経費 い 事務事業 積極的 見直 よる経費節減や部 等内 事務事業間 経費 組 暶えを積極的 行い 枠配 内 要求を達成 るこ

維持補修費 い 市民サヴビケ水準 確保 配慮 ら 実態 応 た適 要求 るこ

政策的経費

枠配 方式 より 各部等 ける自主的ン主体的 事業 重点ン選別化 歳出 抑制を図るこ 新ンいわき市総合計画実施計画 基 く一般財源を枠配 額

臨時的経費

所要額 る

要求 あた 事業 必要性 緊急性及び投資効果等を十 検討 経費 節 減ン合理化等を図り 事業費 縮減 努 るこ

特別会計及び企業会計 特別会計

各会計内 経常的 経費 い 成2 度当初予算 総額 ら %削減 た額 要求 るこ

それ以外 経費 い 所要額 る 経費全般 わたる節減ン合理化を図 る 適正運営 努 安易 一般会計 ら 繰入金 依存 るこ いよう るこ

企業会計

企業会計原則 立脚 設置目的や趣旨を十 踏 え 独立採算を基本 収入 確 保 経費節減 努 経営健全化 向けた各種方策を講 るこ

その他

各部等 示 た来 度 予算枠 い 現時点 ける暷大限 歳入を見込ん うえ 各部等 配 る あり 配 た枠を超える要求 認 られ い 必 枠内 要求 るこ

要求内容 他 部等 関連 る事業 い 予算要求前 必 十 連絡調整 を図り 整合性を くこ いよう留意 るこ

Figure

Updating...

References

Updating...

Download now (6 pages)