システムのアップグレード

In document HPE Hyper Converged 250 System for VMware vSphere® ユーザーガイド (Page 68-90)

ノード 1 での管理 VM のインストール

4 システムのアップグレード

5. [Recovery (Entitlement Required)] の下で、[HP CS 200–HC StoreVirtual Recovery Suite]

を選択します。

6. [Obtain software] をクリックして、次に進みます。

7. プロンプトが表示されたら、HP パスポートの認証情報を入力します。

8. リンクおよび指示に従って Recovery Suite ソフトウェアのコンテンツに移動します。ダウ ンロードする ESXi 6.0 イメージを選択してください。

Service Pack for Proliant ( SPP )

Service Pack for Proliant(SPP)には、ソフトウェア(ファームウェア、ドライバー、エー ジェント、ユーティリティ)がまとめられており、単一のダウンロードで入手できます。SPP は、単一のダウンロードとして提供されるシステムソフトウェアおよびファームウェアソリュー ションです。このソリューションは展開ツールとして Smart Update Manager(SUM)を使用 し、サポートされる HP ProLiant サーバーでテストされています。SPP バージョン 2015.06.0 以降では、ProLiant サーバー全体でのファームウェア、ドライバー、およびツールのアップ デートをサポートしています。SPP は、http://www.hpe.com/jp/spp で入手できます。

Smart Update(http://www.hpe.com/info/smartupdate (英語))は、SUM と SPP 両方を含 む、複数の製品で構成される包括的なテクノロジー名です。SPP、および展開エンジンとして の SUM は、ファームウェアおよびシステムソフトウェアのメンテナンスの包括的なアプロー チを提供します。

SPP のリリースノートおよび関連ドキュメントは http://www.hpe.com/info/spp/documentation にあります。

注記: このセクションでは、SPP をオフラインモードで使用する方法について説明します。

オフラインモードでは、サーバーは自動モードを使用して ISO にブートされ、ユーザーが操作 しなくても、ファームウェアコンポーネントをアップグレードします。対話型モードは、iLO 接続が失われる可能性があるため推奨しません。

SPP のインストール

展開時にシステムへのアクセスを構成するために使用したノートパソコンまたはワークステー ションに SPP ISO をダウンロードしたら、SPP を使用して iLO 経由でシステムファームウェ アをアップデートできます。

注記: 各ホストサーバーを 1 台ずつ順次アップデートして、StoreVirtual 内のクォーラムを失 わないようにする必要があります。クォーラムを失うと、データにアクセスできなくなる可能 性があります。

1. 管理 VM で、vSphere Client を起動してアップデートする構成を選択します。

2. ESXi ホストをメンテナンスモードにする前に、アップデート対象の ESXi ホスト上にある

VSA をシャットダウンします。

3. ESXi ホストをメンテナンスモードにします。[Confirm Maintenance Mode] ダイアログボッ

クスが表示されます。[Move powered off and suspended virtual machines to other hosts in the cluster] チェックボックスのチェックが付いていないことを確認し、[Yes]

をクリックします。

Service Pack for Proliant(SPP) 69

図 83 [Confirm Maintenance Mode]

4. ブラウザーを使用して iLO にログインします。左のナビゲーションペインで、[Remote Console] を選択し、[Launch] をクリックします。

注記: ノード 1 から、各システムノードでこの手順を完了します。

図 84 iLO での [Remote Console] の選択

[Remote Console] ウィンドウが表示されます。

70 システムのアップグレード

図 85 [Remote Console] ウィンドウ

5. ご使用のワークステーションまたはノートパソコンにダウンロードした SPP を選択しま す。選択するには、[Virtual Drives]→[Image File CD-ROM/DVD] を選択し、SPP ISO ファイルを選択します。

図 86 SPP ISO ファイルの選択

6. iLO をリセットして、SPP ISO からブートし、ファームウェアのダウンロードが開始され

るようにします。リブートするには、[Power Switch] タブの [Reset] を選択します。

自動または対話型のアップデートモードの選択を求められます。自動がデフォルトの選択 となります。選択すると、残りのノードでの SPP のアップグレードも同じモードで行わ れます。

SPP のインストール 71

注記: 対話型モードではアップグレード中に iLO 接続が失われる可能性があるため、自 動モードをお勧めします。

選択すると、ノードがリブートされ、アップグレードプロセスが開始されます。これ以降 は、このノードでアップグレードが完了するまでユーザー操作は必要ありません。

図 87 自動または対話型のアップデートモードの選択

注記: アップグレードの進行状況が画面に表示されます。アップグレードの状態は、イ ンベントリ、レビュー、または展開のいずれかになります。

アップグレードが完了すると、iLO のログインプロンプトが表示されます。iLO の [Remote Console] ウィンドウからはログアウトされます。

7. アップグレードされたノードをメンテナンスモードから削除します。StoreVirtual VSA が 自動的に再起動するはずです。

8. StoreVirtual VSA が再起動したことを確認します。しない場合は手動で再起動します。

9. 管理 VM で CMC を開き、管理 VM ボリュームのステータスが [Normal] であることを [Details] タブで確認します。図 88 (73 ページ) では、[Status] フィールドにボリュームが まだ再ストライプ中であることが表示されています。

72 システムのアップグレード

図 88 CMC で管理 VM ボリュームを表示

10. ボリュームに [Normal] が表示されて再ストライプ化が発生しなくなったら、残りのシステ ムノードでこの手順を繰り返します。

11. もう一度 iLO にログインし、[System Information]→[Firmware] を選択し、アップグレー ドされたファームウェアを確認します。

図 89 ファームウェア情報の表示

OneView for VMware vCenter のアップグレード

1. ラップトップまたはワークステーションを使用して、管理 VM にログインします。

2. 管理 VM にダウンロードしたファイルをコピーします。

3. vSphere Web Client に現在ログインしている場合は、ログアウトします。

4. ダウンロードした VMware vCenter の実行可能ファイルをダブルクリックします。インス トールウィザードが表示されます。

5. [Introduction] ウィンドウで、[次へ]をクリックします。

6. EULA を読んで同意し、[次へ]をクリックします。

7. インストールのタイプを求めるメッセージが表示されたら、[通常]を選択して [次へ]をク リックします。

8. [HP OneView for VMware vCenter] モジュールを選択して、[次へ]をクリックします。

注記: HPE 3PAR RMV リモートサービスを選択しないでください。

9. サポートデータライセンス契約を読んで同意してから、[次へ]をクリックします。

10. FTP プロキシサーバーの設定でいいえを選択して、[次へ]をクリックします。

OneView for VMware vCenter のアップグレード 73

11. [Allow all vSphere User] オプションを選択して、[次へ]をクリックします。

12. パスワードを求めるメッセージが表示されたら、以下を入力します。

hpcs200HC!

注記: vCenter サーバー名はhpcs200hc-sv-mg にしてください。vCenter ユーザー名

はadministrator@vsphere.local にしてください。

13. [Summary] ウィンドウで、[Next] をクリックします。

インストールが開始し、完了すると指示メッセージが表示されます。

VMware vSphere Client のアップグレード

1. ISO をマウントするには、イメージを右クリックして、[Mount] を選択します。ISO は、

ご使用のコンピューターに別のドライブとしてマウントされます。

2. Windows エクスプローラーを開いて、新しいドライブを選択します。[autorun](VMware

アプリケーション)を見つけ、ダブルクリックして開始します。[VMware vCenter Installer]

ウィンドウが表示されます。

3. [vSphere Client]、[Install] の順に選択します。

図 90 VMware vCenter インストーラー(vSphere Client)

4. インストーラーで使用する言語を選択し、[OK] をクリックします。

74 システムのアップグレード

図 91 インストーラー言語の選択

5. ようこそウィンドウで、[Next] をクリックします。

図 92 VMware vSphere Client インストーラーのようこそウィンドウ

6. [End User License Agreement] ウィンドウで、[I accept the terms of the license agreement] を選択し、[Next] をクリックします。

7. [Destination Folder] ウィンドウで、インストールのデフォルト場所を受け入れてから、

[Next] をクリックします。

VMware vSphere Client のアップグレード 75

図 93 [Destination Folder] ウィンドウ

8. [Ready to Install the Program] ウィンドウで、[Install] をクリックします。

図 94 [Ready to Install the Program] ウィンドウ

9. 完了すると、[Installation Completed] ウィンドウが表示されます。[Finish] をクリックし ます。

76 システムのアップグレード

図 95 [Installation Completed] ウィンドウ

[VMware vCenter Installer] ウィンドウ(図 90 (74 ページ) を参照)で、[Exit] をクリックして autorun を終了します。

VMware vCenter Server のアップグレード

重要: ホストサーバーをアップグレードする前に、管理 VM の VMware vCenter をバージョ ン 6.0 にアップグレードする必要があります。

1. ISO をマウントするには、イメージを右クリックして、[Mount] を選択します。ISO は、

ご使用のコンピューターに別のドライブとしてマウントされます。

2. Windows エクスプローラーを開いて、新しいドライブを選択します。autorun(VMware

アプリケーション)を見つけ、ダブルクリックして開始します。[VMware vCenter Installer]

ウィンドウが表示されます。

3. [インストール]を選択します。

VMware vCenter Server のアップグレード 77

図 96 [VMware vCenter Installer]

4. ようこそウィンドウで、[Next] をクリックします。

図 97 VMware vCenter Server インストーラーのようこそウィンドウ

5. [End User License Agreement] ウィンドウで、[I accept the terms of the license agreement] を選択し、[Next] をクリックします。

6. VCenter の認証情報を入力し、[Next] をクリックします。この例では、Hyper Converged

システムのデフォルトの vCenter の認証情報を使用します。

78 システムのアップグレード

図 98 VCenter の認証情報の入力

アップグレード前のチェックに関するメッセージが表示されます。これらのチェックは完 了するまでに数分かかる場合があります。

図 99 アップグレード前のチェック

7. お使いの構成が条件に該当する場合は、VMware vPostgres への Microsoft SQL データベー スの移行に関する警告メッセージが表示されます。[OK] をクリックして次に進みます。

VMware vCenter Server のアップグレード 79

図 100 SQL に関する警告

8. [Configure Ports] ウィンドウで、デフォルトのポートを受け入れ、[Next] をクリックしま

す。

図 101 [Configure Ports] ウィンドウ

9. [Destination Directory] ウィンドウで、デフォルト値を受け入れ、[Next] をクリックしま

す。

80 システムのアップグレード

図 102 [Destination Directory] ウィンドウ

10. [Ready to upgrade] ウィンドウで、vCenter Server および Microsoft SQL Server Express データベースがバックアップされていることを確認するチェックボックスにチェックを付 け、[Upgrade] をクリックします。

注記: チェックボックスにチェックを付けるまで先に進むことはできません。

図 103 [Ready to upgrade] ウィンドウ

アップグレードのステータスを示す進行状況ウィンドウが表示されます。

VMware vCenter Server のアップグレード 81

図 104 進行状況ウィンドウ

アップグレードが完了したら、[Setup Completed] ウィンドウが表示され、アップグレー ド後の手順が示されます。必ず 6.0 vCenter と vSphere のライセンスを追加します。

図 105 [Setup Completed] ウィンドウ

vSphere ( ESXi )のアップグレード

管理 VM で vSphere Client を使用している場合は、アップグレードを開始する前に別のノード に管理 VM を移行する必要があります。

82 システムのアップグレード

In document HPE Hyper Converged 250 System for VMware vSphere® ユーザーガイド (Page 68-90)

Related documents