• 検索結果がありません。

本 章 で は 、「*る→て い る 」、「*て い る→る 」、「*る→た 」、「*た→る 」と い う 四 つ の テ ン ス ・ ア ス ペ ク ト の 誤 用 パ タ ー ン を 中 心 に 、 ね じ れ 誤 用 と 思 わ れ る 誤 用 例 に つ い て 分 析 し た 。 分 析 に あ た っ て 、 各 パ タ ー ン の 誤 用 例 に お い て さ ら に 複 雑 な 要 因 が 含 ま れ 、 そ し て 誤 用 の 要 因 を 全 体 的 に 把 握 す る に は 、 個 別 の 用 例 の 分 析 に と ど ま ら ず 、誤 用 の 要 因 を パ タ ー ン 化 す る こ と が 必 要 で あ る と 思 わ れ る 。

こ れ ま で に 分 析 し て き た 各 パ タ ー ン に お け る 誤 用 の 要 因 を 以 下 図 4に 示 し て パ タ ー ン 化 す る こ と を 試 み た 。

112

4 「 ね じ れ 誤 用 」 の パ タ ー ン 化

図4 の 内 容 に 基 づ き 、「 ね じ れ 誤 用 」 の パ タ ー ン 化 の 内 容 を 次 の よ う に ま と め る こ と が で き る 。

1 ) 誤 用 パ タ ー ン 「*る → て い る 」 の よ う な 単 一 の 要 因 も あ れ ば 、 他 の 誤 用 パ タ ー ン の よ う な 複 数 の 要 因 が 関 係 す る 場 合 も あ る 。 と こ ろ が 、 単 一 の 要 因 と 言 っ て も 、 誤 用 パ タ ー ン 「*る → て い る 」 に 見 ら れ る 誤 用 は 、 母 語 の 負 の 転 移 に よ る 誤 用 で は な く 、 叙 述 す る 事 態 に 対 し て 状 態 と 見 な す か 、 も し く は 結 果 と 見 な す か と い う 捉 え 方 の 相 違 に 起 因 す る 誤 用 で あ る 。 言 わ ば 、 こ の よ う な 誤 用 は 捉 え 方 が ね じ れ て い る こ と が 誤 用 の 要 因 と な っ て い る 。

2 ) 複 数 の 要 因 に よ る 誤 用 が 見 ら れ た 場 合 で も 、 必 ず し も あ る 特 定 の 要 因 が 他 の 要 因 よ り も 重 要 で あ る と は 一 概 に 言 え な い 。 例 え ば 、 誤 用 パ タ ー ン

「*て い る → る 」 の 「 母 語 の 負 の 転 移 + 捉 え 方 の 相 違 」 と い う パ タ ー ン を 見 る と 、 こ こ で い う 「 捉 え 方 の 相 違 」 は 状 態 と 結 果 の 捉 え 方 が 異 な る こ と を 指 し 、 こ の 状 態 と 結 果 の 区 別 が で き て い な い こ と が 主 な 要 因 と な っ て い る 。 そ し て 、 こ の パ タ ー ン に お け る 「 母 語 の 負 の 転 移 」 と は 語 彙 の 選 択 の 際 に 受 け て い る 母 語 の 影 響 の こ と を 指 し 、 誤 用 の 要 因 の 中 で 最

「*る→ている」(4.2)

・(母語の負の転移と違って)

状態と結果の捉え方の相違に起因する

「*ている→る」(4.3)

・母語の負の転移+捉え方の相違

(語彙の選択+状態と結果の捉え方)

・視点の混乱+文法知識の欠如

(事態への観察+可能表現の用法)

「*る→た」(4.4)

・(母語の負の転移と違って)

過去と現在の捉え方の相違に起因する

・捉え方の相違+母語の負の転移

(過去への認識+共起条件が異なる)

「*た→る」(4.5)

・文法知識の欠如+母語の負の転移+捉え方

(日本語の用法+中国語の各用法の相違

+事態への認識)

ねじれ誤用

113

も 重 要 な 要 因 で は な い 。 そ れ に 対 し 、「*る → た 」 の 誤 用 パ タ ー ン を 見 る と 、「 捉 え 方 の 相 違 + 母 語 の 負 の 転 移 」 と い う パ タ ー ン の 「 捉 え 方 の 相 違 」 は 事 態 に 対 し て 過 去 の こ と を 表 し て い る と い う 認 識 が 薄 い と い う 学 習 者 の 傾 向 を 指 し て い る 。 と こ ろ が 、 こ の パ タ ー ン で 使 っ て い る 「 母 語 の 負 の 転 移 」 と い う の は 中 国 語 の テ ン ス ・ ア ス ペ ク ト の マ ー カ ー と 述 語 と の 共 起 条 件 が 文 体 お よ び 文 脈 ( 副 詞 的 修 飾 成 分 、 品 詞 の 相 違 な ど ) に よ っ て 、 変 化 す る こ と を 指 し て い る 。 そ の た め 、 こ の 場 合 の 「 母 語 の 負 の 転 移 」 は 複 雑 な 要 因 と な り 、 他 の 要 因 と 同 時 に 存 在 し て い る た め 、 ど ち ら か が よ り 重 要 な 要 因 で あ る か に つ い て 判 断 が で き な い 。

3 ) 異 な る パ タ ー ン に 見 ら れ る 三 つ の 共 通 点 を ま と め る と 次 の 通 り で あ る 。

① 誤 用 パ タ ー ン 「*る → て い る 」 と 「*て い る → る 」 に 見 ら れ る 誤 用 が 、 状 態 と 結 果 の 捉 え 方 の 相 違 に 起 因 す る こ と が 重 要 な 共 通 点 で あ る 。

② 誤 用 パ タ ー ン 「*る → た 」 と 「*た → る 」 に 見 ら れ る 誤 用 は 、 母 語 の 負 の 転 移 に 起 因 す る と い う 点 で 共 通 し て い る 。 そ れ は 単 に 母 語 の 影 響 で 誤 用 が 生 じ た わ け で は な く 、 複 数 の 要 因 が 絡 み 合 う 中 で 、 特 に 日 本 語 の 表 現 に 対 応 す る 中 国 語 の テ ン ス ・ ア ス ペ ク ト の マ ー カ ー が 存 在 す る 場 合 、 文 体 や 文 脈 に 応 じ て ど の よ う に 使 い 分 け る か の 問 題 と な る 。

③ い ず れ の 誤 用 の パ タ ー ン に お い て も 、事 象 の「 捉 え 方 」は 共 通 し て 見 ら れ る 要 因 で あ り 、 重 要 な キ ー ワ ー ド で あ る と 考 え ら れ る 。「 捉 え 方 」 に つ い て は 主 に 次 の 三 つ の 意 味 が 含 ま れ て い る と 考 え ら れ る 。

a 結 果 状 態 の 捉 え 方

b 過 去 テ ン ス と 現 在 テ ン ス の 捉 え 方 c 叙 述 す る 事 態 に 対 す る 認 識

こ れ は 対 象 で あ る 事 態 に 対 し て 、 ど の よ う に 認 識 す る か 、 ま た は ど の テ ン ス ・ ア ス ペ ク ト の マ ー カ ー を 使 っ て 記 述 す る か に よ る も の で あ る 。 テ ン ス ・ ア ス ペ ク ト の マ ー カ ー の 用 法 と も 深 く 関 連 す る が 、 あ る 意 味 で は 基 本 的 な 用 法 を 越 え た 総 合 的 な 運 用 力 に も 関 わ っ て く る も の で あ る と 考 え ら れ る 。

114

第 5 章 中国語 母語 話者に よ るテ ンス・ アスペク トの 誤用の 傾向 と

関連したドキュメント