トップPDF sot10 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot10 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot10 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

• V字型前半部分は「品質を埋め込む段階」、後半は「品 質を確認・検証する段階」と位置付けられ、対応関係がV 字型になるので「V字型モデル」と呼ぶ。 – 「要件定義」フェーズ結果は「運用テスト」フェーズで検証 – 「外部設計」フェーズ結果は「総合テスト」フェーズ検証 – 「内部設計」フェーズ結果は「結合テスト」フェーズで検証

23 さらに読み込む

sot05 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot05 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– フローチャートで用いられる主な記号は後述する • フローチャートは,プログラムソースを作成する前段階, すなわち,設計段階で作成する。 • フローチャートを作成する理由としては,以下ようなものが あげられる。

19 さらに読み込む

sot03 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot03 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– 概念設計結果として得られる記述を「概念モデル (conceptual model)」という • 論理設計(logical design) – 概念モデルからデータベース管理システムデータモデルに よって、対象世界写像を記述し直す(変換作業を行う) – 記述し直した結果を「論理モデル(logical model)」という

24 さらに読み込む

sot04 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot04 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

トランザクションがデータベース処理単位であり、トランザク ションデータ操作(読み込み、書き込み)は、すべて確定 したものとしてデータベースに反映される(コミット)か、すべて 取り消されてトランザクション開始状態に戻される(ア ボート)かいずれかである

24 さらに読み込む

sot07 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot07 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

• コンピュータメモリ上に、データを扱うため世 界を構築し、その中で与えられたデータを様々 に操作し、必要な結果を出すことである。 • データ構造(Data Structure)は、コンピュータで計 算処理を行う際に、複数データ集まりをある形 式に整理して格納する形式

23 さらに読み込む

sot02 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot02 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

データベースシステム • 大規模データを取り扱う要求を満足させるために、生まれた がデータベースシステム(database system, DBS)である • 各種固有目的を持ったシステムが利用したいデータ群を、 有機的に統合して蓄積管理し、複数システムで効率的共有と、 高度な利用を行うために存在する

24 さらに読み込む

sot01 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot01 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

• それと同時に、この授業は「基本情報処理技術者試験」最初段 階である「ITパスポート試験」を受験する準備にもなります • この授業で、「ITパスポート試験」で出題される情報技術基礎知識、 ITマネジメント基礎知識ほぼ30-40%程度をカバーしています • 本学部では、在学中に最低限、「ITパスポート試験」に合格し、さらに

24 さらに読み込む

アジャイルpdf 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

アジャイルpdf 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

ಊࣻ͢ᇋ෫֪ʁʃʐʪʨʗʂʫʽʒ ಊࣻ͢ᇋʋɱʽʂʝʂʱʽ 「つながる時代」が到来し、新たな知識を獲得しながらシステム開発を進めるアジャイル開発有効性が注目され ている。要求事前固定が難しい開発、新技術を含みトライ&エラーを必要とする開発、使いながらユーザ要求を 発掘していく開発などに適した手法として認知を得てきた。欧米手法輸入と考えられがちであるが、リーン 源流である TPS(トヨタ生産方式)、スクラムオリジナルコンセプトである 80 年代日本新製品開発手法など、 アジャイル開発には日本発考え方も多く入っている。本稿ではアジャイル開発概要や求められる背景、スクラ ムを例とした開発手法などを紹介する。
さらに見せる

4 さらに読み込む

sot08 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot08 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– PR(プログラムレジスタ : Program Register) • 次に実行すべき命令語先頭アドレスを保持している。 – FR(フラグレジスタ : Flag Register) • OF(Overflow Flag)、SF(Sign Flag)、ZF(Zero Flag)と呼ぶ3個ビットからな り、演算命令など実行によって次値が設定される

24 さらに読み込む

sot14 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot14 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

プロジェクトスケジュールダイヤグラム (2) アローダイヤグラムとその表記法 以下ダイヤグラム中で、「A,B…E」はアクティビティ(作業単位)表現している。 ・アローは矢印こと。アローダイヤグラムでは、○(ノード)間矢印(アロー)がアク ティビティを示しており、ノードはアクティビティ間節目こと。ダミーアクティビティはC とD作業が両方終了しないと、次E作業に取り掛かれないことを示している。
さらに見せる

23 さらに読み込む

sot13 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot13 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

https://sites.google.com/site/jiusaedasoshikiron2017/ プロジェクトとは • 定まった目標達成ために、一定期間と 与えられた資源範囲で行う独自仕事。同じもの は複数存在しない。(類似・反復性は多少あるが) • 実施する主体は企業、組織、個人、政府など

24 さらに読み込む

sot12 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot12 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

https://sites.google.com/site/jiusaedasoshikiron2017/ 共通フレームとは • 共通フレームは、ソフトウェアを中心としたシステム 「ライフサイクル全般」について、「共通物差し」を定 義し、ソフトウェアとシステムに関連する企業間で、 「取引あり方」について誤解ない共通理解がさ れることを目的としたものである

24 さらに読み込む

sot15 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot15 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

9.4 プロジェクトチームマネジメント プロジェクトチームマネジメント プロジェクトチームマネジメント プロジェクトチームマネジメント コンフリクトマネジメント • コンフリクトマネジメント種類 – 競争的: 相手を犠牲に(説得)して自分利益を中心に解決。 – 受容的: 自分要求を抑えて相手要求を受け入れること

27 さらに読み込む

sot09 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot09 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

情報システムに求められる性能やセキュリティ要件、標準化動向、技 術将来性などから、その企業が採用する「技術標準」を設定する • 利用するサーバー、PCなどハードウェア技術 • 利用するネットワーク技術、モバイル技術、セキュリティー技術など • 利用するデータベース技術、プログラム言語、ソフトウェア開発手法など

23 さらに読み込む

sot11 最近の更新履歴  城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

sot11 最近の更新履歴 城西国際大学_経営情報学部_組織情報論2017

– 現在、企業が業務ソフトウェアパッケージを利用する場合が多く、ソフ トウェアパッケージ利用はこの考え方に基づく • ソフトウェア開発手法として「データ中心アプローチ」は、対象物 (データ)構造に従って処理(プログラム)を導くという点で、「オブ ジェクト指向アプローチ」と同様視点に立つものである

23 さらに読み込む

米国経済論:講義(第15回) 最近の更新履歴  藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

米国経済論:講義(第15回) 最近の更新履歴 藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

講義を振り返る≪2≫ 第 7 回: IT 産業成長と国際展開(1) (11/8) ≪ 3章≫   1990 年代米国経済を活性化させた IT 革命とは?   第 8 回: IT 産業成長と国際展開(2) (11/15) ≪ 3章≫

8 さらに読み込む

金融論B:講義(第15回) 最近の更新履歴  藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

金融論B:講義(第15回) 最近の更新履歴 藤田輔(上武大学ビジネス情報学部講師)のサイト

国際収支と外国為替取引,為替相場メカニズム, 為替介入,国際通貨体制等知識 に加え, 経済・金 融危機,新興国台頭 等,近年注目されている時事 問題についても触れていく。

9 さらに読み込む

2017香川大会開催要項pdf 最近の更新履歴

2017香川大会開催要項pdf 最近の更新履歴

3) 競技 オープンダブルス 501ベストオブ3 エニースタート ダブルフィニッシュ リミット45 レディースシングルス 501ベストオブ3 エニースタート ダブルフィニッシュ リミット45 メンズシングルス 501ベストオブ3 エニースタート ダブルフィニッシュ リミット45 ※メンズシングルス決勝はベストオブ5予定です

1 さらに読み込む

chapter 10 最近の更新履歴  Hideo Fujiwara

chapter 10 最近の更新履歴 Hideo Fujiwara

10.4 非スキャン設計 スキャン設計によるテスト容易化設計は、その有効性が確かめられ 実用化されているが、つぎに述べるような欠点がある 1. 論理合成後回路に対して変更を加えるので

25 さらに読み込む

Amami2017 最近の更新履歴  Water Beetles of Japan

Amami2017 最近の更新履歴 Water Beetles of Japan

[AM6] Akatsuchi-yama, Uken-son, Amami-Oshima, Kagoshima Pref., Japan, 28.151853, 129.195539, ca 107 m, 23. IV. 2017, H. Yoshitomi leg. Environment: 二 次 林 、 渓 流 . Collecting methods: looking. [AM2] Toguchi, Tatsugo-cho, Amami-Oshima, Kagoshima Pref., Japan, 28.212774, 129.325887, ca 82 m, 23. IV. 2017, H. Yoshitomi leg. Environment: 二次林、戸口川、渓

1 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題