トップPDF project 2012 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室) project 2012

project 2012 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室) project 2012

project 2012 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室) project 2012

Datastore からオブジェクト取得: プロパティによる検索場合 1. DatastoreService 型オブジェクト ds を生成 2. Query 型オブジェクトを生成(取得 Entity Kind を指定) Query q = new Query(“Member”);

24 さらに読み込む

biochem 120612 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120612 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 末梢(脂肪組織、筋肉など)で TAG はリポプロテインリ パーゼによって分解される • キロミクロン場合と同様 • 脂肪肝:肝臓で作り出す TAG 量と、 VLDL で運び 出す量とがバランスがとれず、肝臓に脂肪がたまる 状態

74 さらに読み込む

biochem 120508 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120508 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

TCA 回路まとめ(1) 1 周する間に、 1 分子アセチル CoA から 3 分子 NADH, 1 分子 FADH2 ができる。また、 1 分子 GTP ができる。アセチル CoA 炭素は2分子 CO2 として 消滅する。

29 さらに読み込む

biochem 120529 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120529 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 炭素骨格→あるものはクエン酸回路中間 代謝物に、あるものはアセチル CoA になる。 – 前者を糖原性、後者をケト原性という。 – クエン酸回路に投入されたものは糖新生に利用 できる。

44 さらに読み込む

biochem 120605 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120605 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– UDP- ヘキソース 4- エピメラーゼ(逆反応もおこなう) • UDP- グルコース用途 – グリコーゲン合成 – グルコース-1リン酸→グルコース6-リン酸(ホスホグ ルコムターゼによる)

40 さらに読み込む

biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• ④解糖系は、簡単にいえば6炭糖を2分子3炭糖(ピルビン酸)に分割 する過程であること、その過程で1分子から2分子 ATP と2分子 NADH を生じることを解説する。ピルビン酸をこれからどう処理することに なるかについて概略を説明する。解糖系調節について、フルクトー ス 2,6- ビスリン酸などはたらきを解説する。

53 さらに読み込む

biochem 120619 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120619 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

56 アラニンから糖新生 血液 肝臓では、アラニンアミノトランスフェラーゼによって、アラ ニンとα - ケトグルタル酸からグルタミン酸とピルビン酸をつ くる。ピルビン酸は糖新生によってグルコースになり、血液 に放出され、筋肉で利用される。グルタミン酸はグルタミン 酸デヒドロゲナーゼによってα - ケトグルタル酸とアンモニア を生じる。

66 さらに読み込む

biochem 120626 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120626 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

リボース 5- リン酸 5- ホスホリボシル -1- ピロリン酸 PRPP シンターゼ. ATP 、マグネシウムイオン[r]

73 さらに読み込む

biochem 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 原料供給↑による(キロミクロン、VLDL) – グリセロール3-リン酸は解糖系から得る • インスリンがないと、グルコースを脂肪細胞にとりこめ ないのでTAG合成もできない

58 さらに読み込む

biochem 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 腹部(上半身)肥満ともいう – ウエスト / ヒップ比:女性では 0.8 以上、男性では 1.0 以上 – 高血圧症、インスリン抵抗性、糖尿病、血中脂質異常、冠 動脈性心疾患危険性が増す。

33 さらに読み込む

medinfo 120925 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 120925 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 第 2 項 「宗教、祈祷若しくは祭祀職にある者又 はこれら職にあった者が、正当な理由がない のに、その業務上取り扱ったことについて知り得 た人秘密を漏らしたときも、前項と同様とす

50 さらに読み込む

medinfo 111115 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 111115 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• K 異常高 / 低値(とくに高値)→心停止につながる – 腎機能低下(腎不全) → K 上昇 – 利尿薬使用や下痢・嘔吐 → K 低下 • Ca: 大分は骨と歯に存在。血中濃度は副甲状腺ホ

50 さらに読み込む

medinfo 111213 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 111213 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 中途半端な IT 化は運用フロー二重化を生み出し、統一 性がとれず、メッセンジャーや保管庫を必要とし、将来に 完全 IT 化したときに無駄な投資となる。 – 開院時経費が膨らんでも、この先 5 年は対応しうるシス テムを導入するほうが、最終的に経営的にも有利。

33 さらに読み込む

molbio 20111115 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111115 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• The present invention further relates to somatic mutations in the BRCA1 gene in human breast and ovarian cancer and their use in the diagnosis and prognosis of human breast and ovar[r]

38 さらに読み込む

molbio 20111122 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111122 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

人種 分類 社会的 も [1] F. James Davis. Who is Black? One Nation's Definition (1991) Penn State University Press http://www.pbs.org/wgbh/pages/frontline/shows/jefferson/mixed/onedrop.html →One Drop Rule 裏返 祖 共 いう け 親 戚 意識 も ? 次 枚 本書 直接関係 い

31 さらに読み込む

medinfo 111122 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 111122 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

Aspects of the Patient-centered Medical Home currently in place: initial findings from preparing the. personal physician for practice.[r]

49 さらに読み込む

medinfo 111129 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 111129 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

質問 5 • システム開発におけるテストについて、次記述 うち適切でないはどれか – 1) システムテストは、結合テストが済んだ後テストで、 外部設計フェーズに関する検証をおこなう。

48 さらに読み込む

molbio 20111129 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111129 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

…We transplanted stem cells from a donor who was homozygous for CCR5 delta32 in a patient with acute myeloid leukemia and HIV-1 infection.. The patient remained without viral rebound 20[r]

45 さらに読み込む

molbio 20111213 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111213 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

c, Demonstration of the abnormal splice product using RT – PCR, showing an abnormal product of 489 bp in the two HGPS probands due to activation of the cryptic splice site.. Alternati[r]

27 さらに読み込む

biochem 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 燃料電池は方式ごとに水素や水素原料となる化石燃料等利用が検討 されている。直接水素を用いる場合は化石燃料を改質することにより取 り出した水素を利用する。 • 水素を反応させ電気を取り出す仕組みとしては水電気分解逆反応 である 2H 2 + O 2 → 2H 2 O による場合が多い。反応時に熱を伴うだけで なく、発電効率高いものほど反応に高温を必要とする傾向があり、 1,000 ℃近く環境を必要とする方式もある。反応によってできる物質は 水であるが、生成されるが高熱環境下であるため実際に排出される は水蒸気または温水である。
さらに見せる

26 さらに読み込む

Show all 10000 documents...