トップPDF molbio 20111213 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111213 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111213 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

c, Demonstration of the abnormal splice product using RT – PCR, showing an abnormal product of 489 bp in the two HGPS probands due to activation of the cryptic splice site.. Alternati[r]

27 さらに読み込む

medinfo 121002 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 121002 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 列車信号装置 – 輸液ポンプ内ルートに気泡を感知したら、ポンプ動 作を止めてアラームで知らせる • フールプルーフ:知識や経験がない人が作業をおこ なってもミスが起きにくい、あるいは起きても大丈夫 なようにシステムをつくること

48 さらに読み込む

biochem 120619 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120619 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

50 グルタミン酸デヒドロゲナーゼ調節 • 1.基質・生成物濃度関係による – タンパク質を含む食餌を摂取したあとは、肝臓で グルタミン酸濃度が高いので、アミノ基を外 す方向にすすむ

66 さらに読み込む

biochem 120626 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120626 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

リボース 5- リン酸 5- ホスホリボシル -1- ピロリン酸 PRPP シンターゼ. ATP 、マグネシウムイオン[r]

73 さらに読み込む

biochem 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 原料供給↑による(キロミクロン、VLDL) – グリセロール3-リン酸は解糖系から得る • インスリンがないと、グルコースを脂肪細胞にとりこめ ないのでTAG合成もできない

58 さらに読み込む

biochem 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 腹部(上半身)肥満ともいう – ウエスト / ヒップ比:女性では 0.8 以上、男性では 1.0 以上 – 高血圧症、インスリン抵抗性、糖尿病、血中脂質異常、冠 動脈性心疾患危険性が増す。

33 さらに読み込む

medinfo 120925 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 120925 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 第 2 項 「宗教、祈祷若しくは祭祀職にある者又 はこれら職にあった者が、正当な理由がない のに、その業務上取り扱ったことについて知り得 た人秘密を漏らしたときも、前項と同様とす

50 さらに読み込む

medinfo 121009 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 121009 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

施設サービス • 要支援場合、利用できない。 • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) – 常時介護を必要とし、居宅において介護を受けること が困難な場合に入所し、入浴・排泄・食事など日常生活 上介護や機能訓練などを行う。

36 さらに読み込む

medinfo 121016 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 121016 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

I 院内感染 疑わ 病棟 回診 抗生物質 使い方 指導.[r]

42 さらに読み込む

medinfo 121023 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 121023 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

チ 院 感染 疑わ 病棟 回診 生物質 使い方 指導.[r]

33 さらに読み込む

medinfo 121030 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 121030 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

DPC導入により発生した医事業務 • DPC適用除外となる患者特定 • DPC導入病院厚生労働省へ報告義務 – 毎年7月から10月まで、DPC点数改定および 病院係数を決める目的で出来高払いによる詳細 な情報を含む多く情報を提出

49 さらに読み込む

medinfo 121127 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 121127 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 開院時経費が膨らんでも、この先 5 年は対応しうるシス テムを導入するほうが、最終的に経営的にも有利。 I. 新築病院であるため、建物設計、システム設計をすべて運用に合わ せることが可能→運用フローを徹底的に検討

33 さらに読み込む

medinfo 121204 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 121204 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• POMR ( Problem-Oriented Medical Record, 問題 志向型診療記録)一部として、問題ごとにSOAP 形式で記載される(例:#1 糖尿病、#2 高血圧)。 • POMR は POS(Problem Oriented System, 問題指

28 さらに読み込む

biochem 120612 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120612 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

未熟キロミクロン生成 • キロミクロン構成:90%以上がトリアシル グリセロール(TAG) • 小腸粘膜細胞で吸収されたTAG、コレステ ロール、脂溶性ビタミン、コレステリルエステ ルを末梢に運ぶ

74 さらに読み込む

biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 2. PFK-2/FBP-2 複合体リン酸化反応は脱 リン酸化されるほうに平衡が移動する • 3. 脱リン酸化された PFK-2 は活性化されるが、 FBP-2 は不活性化される。それで、フルクトー ス 2,6 ビスリン酸が生成される

53 さらに読み込む

medinfo 111213 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 111213 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 中途半端な IT 化は運用フロー二重化を生み出し、統一 性がとれず、メッセンジャーや保管庫を必要とし、将来に 完全 IT 化したときに無駄な投資となる。 – 開院時経費が膨らんでも、この先 5 年は対応しうるシス テムを導入するほうが、最終的に経営的にも有利。

33 さらに読み込む

biochem 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 燃料電池は方式ごとに水素や水素原料となる化石燃料等利用が検討 されている。直接水素を用いる場合は化石燃料を改質することにより取 り出した水素を利用する。 • 水素を反応させ電気を取り出す仕組みとしては水電気分解逆反応 である 2H 2 + O 2 → 2H 2 O による場合が多い。反応時に熱を伴うだけで なく、発電効率高いものほど反応に高温を必要とする傾向があり、 1,000 ℃近く環境を必要とする方式もある。反応によってできる物質は 水であるが、生成されるが高熱環境下であるため実際に排出される は水蒸気または温水である。
さらに見せる

26 さらに読み込む

biochem 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 還元糖は発色試薬(例えばベネディクト試薬 やフェーリング溶液)と反応して試薬を還元し 発色させ、自らアノマー炭素は酸化される。 • 比色試験:尿中に還元糖が存在するかどうか

61 さらに読み込む

biochem 120508 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120508 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体調節 リン酸化→不活性化 脱リン酸化→活性化 プロテインホスファターゼを活性 化(ピルビン酸デヒドロゲナーゼ を活性化):カルシウムイオン

29 さらに読み込む

biochem 120529 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120529 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 炭素骨格→あるものはクエン酸回路中間 代謝物に、あるものはアセチル CoA になる。 – 前者を糖原性、後者をケト原性という。 – クエン酸回路に投入されたものは糖新生に利用 できる。

44 さらに読み込む

Show all 10000 documents...