トップPDF media life 100721 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

media life 100721 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

media life 100721 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

16 病理医不足 • 2002 年度保険医療費に基づき概算すると , 日本 全体で組織診断は 1,176 万件, 迅速診断は 17.6 万 件, 細胞診は 1,569 万件( 婦人科約 1,235 万件, そ 他 334 万件) , 剖検症例数は 25,984 件と なる。 日

43 さらに読み込む

molbio 20111213 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111213 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

Kenyon, C., et al. C. elegans mutant that lives twice as long as wild type. Nature 366, 461 –464 (1993) Tatar, M. et al. A mutant Drosophila insulin receptor homolog that extends life-span and impairs neuroendocrine function. Science 292, 107 –110 (2001)

27 さらに読み込む

molbio 20111018 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111018 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

Redox-sensitive intermediates mediate angiotensin II-induced p38 MAP kinase activation, AP-1 binding activity, and TGF-ß expression in adult ventricular cardiomyocytes.. Possibilities [r]

32 さらに読み込む

media life 120612 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

media life 120612 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

医療情報 設計 業務知識 記述法 形式的検証 高木理 第 8回.[r]

24 さらに読み込む

molbio 20111129 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111129 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

…We transplanted stem cells from a donor who was homozygous for CCR5 delta32 in a patient with acute myeloid leukemia and HIV-1 infection.. The patient remained without viral rebound 20[r]

45 さらに読み込む

medinfo 111213 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 111213 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

I. 新築病院であるため、建物設計、システム設計をすべて運用に合わ せることが可能→運用フローを徹底的に検討 II. 中途半端な IT 化は非効率 →すべてを IT 化 画像診断部門など将来像を踏まえた上で、無駄ない設計・設備投資を

33 さらに読み込む

biochem 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 燃料電池は方式ごとに水素や水素原料となる化石燃料等利用が検討 されている。直接水素を用いる場合は化石燃料を改質することにより取 り出した水素を利用する。 • 水素を反応させ電気を取り出す仕組みとしては水電気分解逆反応 である 2H 2 + O 2 → 2H 2 O による場合が多い。反応時に熱を伴うだけで なく、発電効率高いものほど反応に高温を必要とする傾向があり、 1,000 ℃近く環境を必要とする方式もある。反応によってできる物質は 水であるが、生成されるが高熱環境下であるため実際に排出される は水蒸気または温水である。
さらに見せる

26 さらに読み込む

biochem 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 還元糖は発色試薬(例えばベネディクト試薬 やフェーリング溶液)と反応して試薬を還元し 発色させ、自らアノマー炭素は酸化される。 • 比色試験:尿中に還元糖が存在するかどうか

61 さらに読み込む

medinfo 111129 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 111129 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– システム担当者は、要望内容が現実システムで対応で きるかを判断しながら不可能と思われる要求を調整する。 • 相反する要求調整 – 診療現場(情報入力)と情報利用者 – 現場と管理者

48 さらに読み込む

biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• ②小腸粘膜細胞が単糖を取り込む方法について解説する。門脈につい て解説する。 • ③細胞へ取り込み機構について解説する。肝細胞と他細胞と 糖取り込み機構違いについて解説する。

53 さらに読み込む

biochem 120508 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120508 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体調節 リン酸化→不活性化 脱リン酸化→活性化 プロテインホスファターゼを活性 化(ピルビン酸デヒドロゲナーゼ を活性化):カルシウムイオン

29 さらに読み込む

medinfo 111122 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 111122 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

Aspects of the Patient-centered Medical Home currently in place: initial findings from preparing the. personal physician for practice.[r]

49 さらに読み込む

biochem 110517 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110517 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

② UDP- グルコースからグルコースを受け取るためプライマー として、既存グリコーゲンまたはグリコゲニンタンパクを利用 ③グリコゲニン自身によって最初数分子グルコース鎖延長がおこなわれる ③

44 さらに読み込む

molbio 20110927 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20110927 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

is dedicated to helping the nearly 30 million Americans with rare diseases, and the. organizations that serve them, through[r]

29 さらに読み込む

medinfo 111004 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 111004 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

3日前に2人患者顔を確認 していたが、患者Aに対し「Bさん、 よく眠れましたか」と声をかけ、患 者Aは「はい」と答えた。そのため、 患者と面識ないもう1人手術 室看護師は、患者Aを患者Bだと 思い込んだ

48 さらに読み込む

molbio 20111101 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111101 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• PAR= (相対的な)リスク減少:変異がない場合に、変異があるよりも病気 を有する割合がどのくらい減るか。 • ある変異で説明できないリスク割合:1- PAR • Combined PAR: 11個遺伝子変異で説明できるリスク割合

36 さらに読み込む

medinfo 111101 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 111101 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

Ashley Montagu "On the Distinction Between Disease and Disorder" JAMA March pp826 1962.. 四徴症 心臓[r]

54 さらに読み込む

medinfo 111115 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 111115 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• K 異常高 / 低値(とくに高値)→心停止につながる – 腎機能低下(腎不全) → K 上昇 – 利尿薬使用や下痢・嘔吐 → K 低下 • Ca: 大分は骨と歯に存在。血中濃度は副甲状腺ホ

50 さらに読み込む

Show all 10000 documents...