トップPDF homework biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

基礎生化学 復習資料 (第1回 生体内エネルギー産生 2012/04/10 ) 1.イラストレイテッド生化学第6章「生体エネルギー学と酸化的リン酸化」をよく読み、 次に示す生体内エネルギー産生と利用について文章に対して、空欄にあてはまる言 葉を答えよ。

1 さらに読み込む

biochem 110412 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110412 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

40 日本国民栄養調査(平成 19(2007) 年) にみる成人主要栄養素摂取量 ただし、 BMI 18.5 未満がやせ、 BMI25 以上 が肥満。米国と基準違いに注意。女性 やせ割合増加傾向、男性「肥満」 割合急増に注意。

55 さらに読み込む

biochem 110406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

酸化炭素と水(とエネルギー) – 火力発電:燃焼(急激な酸化)によって高温を発生さ せる。 • 高温高圧ガスそのもので、あるいは高温によって高温高 圧水蒸気を作りタービンを回して電気を作る。

26 さらに読み込む

biochem 100713 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100713 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 初期段階: 遺伝的素因を持つ人がウイ ルスや毒素 にさ ら さ れるこ と でβ 細胞崩壊が始まる • ゆっ く り と し たβ 細胞破壊段階: • 臨床的な糖尿病段階: イ ンスリ ン分泌能力が閾値以

26 さらに読み込む

biochem 100622 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100622 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 精神発達遅滞( スク リ ーニングプログラ ム普及結果、 典型的な症状を有する患者は激減し た) • 色素減少症 – チロシンを原料と し てメ ラ ニン( 色素) がつく ら れる。

69 さらに読み込む

biochem 110419 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110419 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 還元糖は発色試薬(例えばベネディクト試薬 やフェーリング溶液)と反応して試薬を還元し 発色させ、自らアノマー炭素は酸化される。 • 比色試験:尿中に還元糖が存在するかどうか

61 さらに読み込む

biochem 110426 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110426 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• ②小腸粘膜細胞が単糖を取り込む方法について解説する。門脈につい て解説する。 • ③細胞へ取り込み機構について解説する。肝細胞と他細胞と 糖取り込み機構違いについて解説する。

53 さらに読み込む

biochem 110510 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110510 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体調節 リン酸化→不活性化 脱リン酸化→活性化 プロテインホスファターゼを活性 化(ピルビン酸デヒドロゲナーゼ を活性化):カルシウムイオン

29 さらに読み込む

biochem 110517 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110517 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 炭素骨格→あるものはクエン酸回路中間 代謝物に、あるものはアセチル CoA になる。 – 前者を糖原性、後者をケト原性という。 – クエン酸回路に投入されたものは糖新生に利用 できる。

44 さらに読み込む

biochem 100518 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100518 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 脳、 赤血球、 腎髄質、 レンズ、 角膜、 精巣、 運動 時筋肉 • グルコ ースは肝臓にグリ コ ーゲンと し て貯蔵 さ れるが、 炭水化物を摂取し ないと 10-18 時 間後には、 不足するよう になる。

36 さらに読み込む

homework medicine 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.網膜黄斑ならびに視神経円盤(乳頭)について説明せよ。 5.視細胞種類と機能を説明せよ。 6.遠視、近視、乱視成り立ちについて説明せよ 7.右視索損傷、視交叉左右切断では、それぞれどのような視野異常がみられる か。

1 さらに読み込む

homework medicine 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

19. ABO 血液型における凝集源、凝集素について説明せよ。 20. Rh 血液型について説明せよ。 21.下肢深部静脈血栓症について説明せよ。 22.ビタミン K とワーファリンと関係を説明せよ。

1 さらに読み込む

biochem 100406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

生化学知識を薬剤感受性遺伝的 要因探索に利用する 生化学的知見 パスウェ イ ( 代謝物質 受け渡し に重点を 置いた、 遺伝子・ タ ン パク 質・ 物質相互 関係) と し て統合的に 表現する

33 さらに読み込む

biochem 100420 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100420 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

値は 13.5g/dL 以上) であっ た。 患者から 採取し た赤 血球では乳酸産生が異常に低下し ていた。 どの代 謝経路異常が考えら れるか? • 以下酵素のう ち、 どの酵素欠損がこ 患者 貧血原因である可能性がも っ と も 高いか?

43 さらに読み込む

biochem 100427 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100427 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

21 TCA 回路まと め( 1 ) 1 周する間に、 1 分子アセチル CoA から 3 分子 NADH, 1 分子 FADH2 ができる。 また、 1 分子 GTP ができる。 アセチル CoA 炭素は2 分子 CO2 と し て 消滅する。

35 さらに読み込む

biochem 100525 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100525 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– ステロイ ド 環水酸化: 疎水性→可溶性に • コ レステロール水酸化によっ て、 ステロイ ド ホルモン生成中 間体をつく る: 胎盤、 卵巣、 精巣、 副腎皮質 • 胆汁酸合成: 肝臓

35 さらに読み込む

biochem 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 還元糖は発色試薬(例えばベネディクト試薬 やフェーリング溶液)と反応して試薬を還元し 発色させ、自らアノマー炭素は酸化される。 • 比色試験:尿中に還元糖が存在するかどうか

61 さらに読み込む

biochem 100608 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100608 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– キロミ ク ロンレムナント 、 IDL, LDL • HMG-CoA リ ダク タ ーゼ活性を低下さ せる – その結果、 コ レステロール新規合成が低下する。 • LDL レセプタ ータ ンパク が作ら れる量を低下さ せる

52 さらに読み込む

biochem 100615 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100615 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

体を構成するたんぱく 質量 • 7 0 k g 男性でおよそ1 2 k g • 「 アミ ノ 酸プール」 へ主要な供給源 • 1 日におよそ4 0 0 g タ ンパク が分解さ れ、 同 じ 量が合成さ れている

63 さらに読み込む

biochem 100601 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100601 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 遊離脂肪酸2 分子と 1 分子 2- モノ アシルグルセロール • C-2. コ レステロールエステル( コ レステロールと 脂肪 酸と がエステル結合し たも 分解 – コ レステロールエステラ ーゼ

55 さらに読み込む

Show all 10000 documents...