トップPDF homework biochem 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.炭素数が3アルデヒドとケトン例を挙げ、それぞれ構造式を書け。また、それ ら化学式を書け。 5.グルコースとフルクトースように、化学式が同じだが構造式が異なるものどうしを 何というか?

1 さらに読み込む

biochem 100713 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100713 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– イ ンスリ ン低下→脂肪組織で脂肪酸動員が増加 →肝臓で脂肪酸β 酸化、 ケト ン塩( 3 −ヒ ド ロキシ酪 酸塩、 アセト 酢酸塩) 産生促進→ケト ーシス • 2 5 ∼4 0 %に糖尿病性ケト アシド ーシスが生じ る

26 さらに読み込む

biochem 110406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• エンタルピー:反応中に放出または吸収される熱 • エントロピー:乱雑さ目安 • 原子間結合力がエネルギー源 – 電子は原子間腕としてしばしば描かれる。実際には電子所在: 軌道(原子軌道、分子軌道)どこか

26 さらに読み込む

biochem 100622 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100622 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 精神発達遅滞( スク リ ーニングプログラ ム普及結果、 典型的な症状を有する患者は激減し た) • 色素減少症 – チロシンを原料と し てメ ラ ニン( 色素) がつく ら れる。

69 さらに読み込む

biochem 110412 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110412 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 過剰摂取と過小摂取リスク合計が最小になる点 • タンパク質: 60g (男性)、 50g (女性) ( いずれも推奨量 ) • 総脂質:  20-30 % 総エネルギー ( 男女 , 18-29 歳)(目 標量)

55 さらに読み込む

biochem 100615 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100615 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

体を構成するたんぱく 質量 • 7 0 k g 男性でおよそ1 2 k g • 「 アミ ノ 酸プール」 へ主要な供給源 • 1 日におよそ4 0 0 g タ ンパク が分解さ れ、 同 じ 量が合成さ れている

63 さらに読み込む

biochem 110419 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110419 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 還元糖は発色試薬(例えばベネディクト試薬 やフェーリング溶液)と反応して試薬を還元し 発色させ、自らアノマー炭素は酸化される。 • 比色試験:尿中に還元糖が存在するかどうか

61 さらに読み込む

biochem 110426 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110426 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• ②小腸粘膜細胞が単糖を取り込む方法について解説する。門脈につい て解説する。 • ③細胞へ取り込み機構について解説する。肝細胞と他細胞と 糖取り込み機構違いについて解説する。

53 さらに読み込む

biochem 110510 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110510 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体調節 リン酸化→不活性化 脱リン酸化→活性化 プロテインホスファターゼを活性 化(ピルビン酸デヒドロゲナーゼ を活性化):カルシウムイオン

29 さらに読み込む

biochem 110517 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110517 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 炭素骨格→あるものはクエン酸回路中間 代謝物に、あるものはアセチル CoA になる。 – 前者を糖原性、後者をケト原性という。 – クエン酸回路に投入されたものは糖新生に利用 できる。

44 さらに読み込む

biochem 100608 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100608 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 脂肪細胞で貯蔵 – 筋肉でエネルギー源 – 遊離脂肪酸と し てアルブミ ンに結合し て血流で運ばれる • グリ セロール: 肝臓に運ばれ、 T A G 合成やエネルギー源になる • リ ポプロテイ ン  リ パーゼまたは Apo C-II 欠損症では:

52 さらに読み込む

homework medicine 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.体液が酸・塩基平衡を保つ仕組みについて述べよ。 5.代謝性アシドーシス主な原因を挙げよ。 6.血液組成について述べよ。 7. ~10.赤血球、白血球、血小板について説明せよ。 11.骨髄性幹細胞が分化してできる血球はどれか。 12.血漿とは何か。血清とは何か。

1 さらに読み込む

biochem 100427 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100427 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

21 TCA 回路まと め( 1 ) 1 周する間に、 1 分子アセチル CoA から 3 分子 NADH, 1 分子 FADH2 ができる。 また、 1 分子 GTP ができる。 アセチル CoA 炭素は2 分子 CO2 と し て 消滅する。

35 さらに読み込む

biochem 100420 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100420 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

乳酸デヒ ド ロゲナーゼ 血管に乏し い、 あるいはミ ト コ ン ド リ アを欠く 組織では、 ピルビン 酸多く は最終的に乳酸になる。 たと えば、 眼レンズと 角膜、 腎 臓髄質、 精巣、 白血球、 赤血 球など。

43 さらに読み込む

biochem 100406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

PTE ) • 主に下肢深部静脈( 大腿静脈・ 膝窩静脈など、 体深 部にある静脈) に形成さ れた血栓が遊離し て血流に乗っ て肺に運ばれ、 肺動脈を閉塞し て急性呼吸循環障害を

33 さらに読み込む

biochem 100518 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100518 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

④グリ コ ーゲンシンタ ーゼによるα (1 → 4) グリ コ シド 結合による鎖延長 ④ ⑤ ⑤分岐酵素( 4:6 ト ラ ンスフ ェ ラ ーゼ) によっ て鎖末端が鎖途中にα (1 → 6) 結合さ れる ④

36 さらに読み込む

homework medicine 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.網膜黄斑ならびに視神経円盤(乳頭)について説明せよ。 5.視細胞種類と機能を説明せよ。 6.遠視、近視、乱視成り立ちについて説明せよ 7.右視索損傷、視交叉左右切断では、それぞれどのような視野異常がみられる か。

1 さらに読み込む

homework medicine 120626 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework medicine 120626 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.脳神経と脊髄神経は何がちがうか。また、脳脊髄神経と自律神経は中枢から末梢まで 経路がどのように違うか。 5.交感神経経路を説明せよ。 6.終脳ことを何とも呼ぶか。

1 さらに読み込む

biochem 100601 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100601 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

炭素長4 ∼1 0 脂肪酸: 牛乳に多く 含まれる 炭素数: 二重結合数( 位置) 細胞膜を構成する脂質やト リ アシルグリ セロール を構成する脂肪酸長さ は原則と し て1 6 ( 個 炭素) 以上

55 さらに読み込む

biochem 100525 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100525 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 多く 組織がこ 酵素をも つ • UDP- ガラ ク ト ースに変換さ れる – ガラ ク ト ース 1- リ ン酸ウリ ジルト ラ ンスフ ェ ラ ーゼ • UDP- グルコ ースに変換さ れ、 グリ コ ーゲン分 解系に入る

35 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題