トップPDF E in Me05 最近の更新履歴 物理学ノート

E in Me05 最近の更新履歴  物理学ノート

E in Me05 最近の更新履歴 物理学ノート

*2 長さ L ,質量 M ,時間 T ,電荷 Q ,温度 Θ を基本量と考えることで,全て物理量は基本量組み立て単位として表すことがで きる。 SI 単位系における基本量単位はそれぞれ m , kg , s , C , K である。ただし SI 単位系基本単位には,電荷でなく電流 A が採用されている。電流次元は CT −

2 さらに読み込む

E in SMExam2016 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in SMExam2016 ans

E in SMExam2016 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in SMExam2016 ans

今, σ[ ˆ f ] ≪ ˆ f が成り立つならば,測定値分布が極 めて狭いことを意味する。従って 1 回測定値が,ほぼ 確実に f ˆ に一致すると期待される。理論値として,幅 を持たずシャープに f ˆ を予言することになる。

3 さらに読み込む

E in TDExam2016 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in TDExam2016 ans

E in TDExam2016 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in TDExam2016 ans

圧力 P(T; V, N ) 変化,すなわち状態方程式情報を 含んでいない。状態方程式セットになってはじめて U (T; V, N ) 系熱力学的性質を完全に指定できる。つ まり U (T ; V, N ) だけでは,系熱力学的全情報を保有

2 さらに読み込む

E in Me06 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in Me06 ans

E in Me06 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in Me06 ans

このような空気抵抗を Stokes 粘性抵抗力という。速さ v = |v| が比較的小さい時,あるいは物体大きさが比較的小さい時に 実現する。実例は,雲や霧雨水滴,煙突から煙,花粉空中飛行,プランクトン・バクテリア水中泳ぎなど。 *18 ミリカン油滴実験場合,k ∼ 4 × 10 5 s −1

10 さらに読み込む

E in MeExam2009 最近の更新履歴  物理学ノート E in MeExam2009

E in MeExam2009 最近の更新履歴 物理学ノート E in MeExam2009

✎ この平面が xy 平面になるように座標系を選べ。 7-4. 同様に角運動量が保存する場合、質点速度 z 成分 v z が 0 になることを示せ。 7-5. 右図ように、時刻 t で r にあった質点 m が、時刻 (t + t) に r + r に進んだ。時刻 t で速度を v として面積速度を求めよ。

2 さらに読み込む

E in Me03 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in Me03 ans

E in Me03 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in Me03 ans

= R(− sin θ, − cos θ) = R(− sin ωt, − cos ω). (2.68) 11-4. 原点 O から見た点 P 座標 r を求めよ。 【解答】 r = r 0 + r ′ と書ける。 (2.66) と (2.68) ,および v = Rω より r = r 0 + r ′ = (Rωt, R) + R(− sin ωt, − cos ωt) = R(ωt − sin ωt, 1 − cos ωt) (2.69)

3 さらに読み込む

IWFBCA in onv1 最近の更新履歴  GCOEアジア保全生態学 IWFBCA in onv1

IWFBCA in onv1 最近の更新履歴 GCOEアジア保全生態学 IWFBCA in onv1

4 Lake Biwa Environmental Research Institute, Yanagasaki 5-34, Otsu, Shiga 520-0022 Japan While freshwater ecosystems provide ecosystem services essential to human well-being, such as provisioning of water and fishery resources, they are the most vulnerable to human disturbances and have been concerned about their biodiversity loss. We focus on the ancient Lake Biwa because it has been exposed to various severe anthropogenic environmental changes during the last half century though its high biodiversity and endemism. Various past environmental and biota data of the Lake Biwa are recorded during the period of progressing ecosystem deterioration. We can trace back changes in biodiversity and identify human drivers and environmental pressures for the biodiversity loss. This knowledge would provide many insights for conservation of biodiversity not only for the Lake Biwa but also for Asian lake ecosystems. In this study, we focus on a littoral benthic macro-invertebrate fauna because its habitats, located in the interface between aquatic and terrestrial ecosystems, are the most vulnerable to human activities. The archival data revealed that there was a significant trend for the littoral zoobenthos diversity to steadily decrease as time elapsed, especially in shallower area and that the temporal pattern of abundance was quite different among taxa. We found that community structure of the littoral benthic macro-invertebrate was largely affected by environmental factors associated with problems occurred in the Lake Biwa: e.g. eutrophication, warming and massive submerged macrophyte stand. In this talk, we will also introduce other current outcomes and future perspectives for establishing plan of conservation for the biodiversity of lake ecosystems.
さらに見せる

28 さらに読み込む

E in Me04 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in Me04 ans

E in Me04 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in Me04 ans

加速度と糸張力を求めよ。 【解答】運動様子を図示すると右通りである。前問と同様に滑車に対して m 1 下 向き加速度および m 2 上向き加速度を a とする。運動方程式を立てるため慣性系 に対する加速度を求めると, m 1 それは下向きで a − b , m 2 それは上向きで a + b で ある。よって

5 さらに読み込む

E in Me06 最近の更新履歴  物理学ノート

E in Me06 最近の更新履歴 物理学ノート

3-8. この質点が等速運動になる条件およびその終端速度 v ∞ を求めよ。 3-9. 速度 v y (t) をグラフで表せ。 3-10. 下降中高さ y(t) が下ように表されることを確かめよ。 y (t) = − 1 κ log

2 さらに読み込む

E in SM 最近の更新履歴  物理学ノート

E in SM 最近の更新履歴 物理学ノート

3 統計力学基礎 27 (3.77) と比べて第 2 項が加わった。これは量子力学的に不完全な扱いに起因する。多粒子系を扱う際,同種粒子がミ クロに区別できるとしてエネルギー固有値を求め,その代わりに分配関数を N! で割る簡易的な手続きを取った。最 初から同種粒子区別をなくして計算を進める完全な量子統計力学では,この項は現れない。 問題 24. 各エネルギー固有値が E 1 , E 2 である二準位系があり, ∆E = E 2 − E 1 > 0 とする。
さらに見せる

39 さらに読み込む

E in QM 最近の更新履歴  物理学ノート

E in QM 最近の更新履歴 物理学ノート

電球を 1.0 m 離れて見る場合,単位秒当たり瞳に飛び込む光子は何個か ? 瞳断面積は 0.50 cm 2 とする。 問題 4. 人間目が光を感じるには,視細胞内部にある 1 つ原子が約 2.5 × 10 −19 J エネルギーを受け取る必要 がある。視細胞とその内部原子を,それぞれ半径 10 −6 m, 10 −10 m 球とする。 4-1. 0 等星 *4 から光が,断面積 0.50 cm 2 瞳を通して入り, 1 つ視細胞に集められたとする。光を波と考え
さらに見せる

24 さらに読み込む

E in Me 最近の更新履歴  物理学ノート

E in Me 最近の更新履歴 物理学ノート

2 ˙r ˙θ + r ¨ θ ) e θ . (2.39) 8-11. 2 次元極座標では任意ベクトルを A = A r e r + A θ e θ と表すことができる。また,同じベクトルを xy 座標で表すと A = A x e x + A y e y である。 A r , A θ と A x , A y と関係を求めよ。 【解答】 e r と e θ は規格直交系を成すので, A と e r 内積をとれば A r が, A と e θ 内積をとれば A θ が 得られる。従って x, y 座標で表した A と, e r または e θ と内積をとればよい。
さらに見せる

38 さらに読み込む

E in Me05 ans 最近の更新履歴  物理学ノート E in Me05 ans

E in Me05 ans 最近の更新履歴 物理学ノート E in Me05 ans

22-5. y 方向運動方程式を t で積分し,時刻 t で速度 v y (t) を求めよ。 【解答】垂直投げ上げ運動と違いは,初速度が V sin α になっているだけなので v y (t) = −gt + V sin α. (4.22) *15

7 さらに読み込む

E in SM01 最近の更新履歴  物理学ノート

E in SM01 最近の更新履歴 物理学ノート

i=1 p i χ i [A] (1.5) が事象 A が生じる確率である。 確率物理的な意味に関する基本的な仮定 ある事象 A が起きる確率が極めて 1 に近い場合,実際問題とし て事象 A が確実に起きると考えられる。以下, 「実際問題としては確実」という状況を「ほぼ確実に」と表現 する。加えて, 『ある事象 A が起きる確率 Prob p [A] が極めて 1 に近いなら,一度観測において事象 A はほ ぼ確実に起きる。逆に,確率 Prob p [A] が極めて小さいなら,一度観測において事象 A はほぼ確実に起きな い』と仮定する。
さらに見せる

6 さらに読み込む

E in SM02 最近の更新履歴  物理学ノート

E in SM02 最近の更新履歴 物理学ノート

0 ≤ E 1 ≤ E 2 ≤ . . . . (2.3) 最左辺 0 は基底状態エネルギーを表す *7 。このとき,エネルギーが E 以下であるエネルギー固有状態 総数を状態数 Ω(E) という。状態数は Ω(E) := ∑

4 さらに読み込む

E in SM04 最近の更新履歴  物理学ノート

E in SM04 最近の更新履歴 物理学ノート

問題 24. 一様重力下にある理想気体平衡状態を古典近似もとで調べる。位置座標を r = (x, y, z) とし, 0 ≤ x ≤ L, 0 ≤ y ≤ L, 0 ≤ z ≤ H (4.18) を満たす体積 V = L 2 H 箱に閉じ込められた質量 m 単原子分子を考える。それぞれ粒子間に相互作用 はなく,ポテンシャル

5 さらに読み込む

WS2 05 Agda 最近の更新履歴  ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012

WS2 05 Agda 最近の更新履歴 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012

†1 ✹❄ ✼☞✌ ✍✎ ✏ ✑ ✍✒✓ Agda ✔✕✖✺❂✒ ✓✗✘ ✙✚ ✦ ❑✾ ✶✗✔ Agda ✒✓ ✛ ▼✜✢ ✣ ✤ ✥ ✧ ★ ✫✬✕✭❏✮✛ ✯✰ ✱✚✦ ✲✳ ✴ ☞✥ ✵✸✬✕✻✭✿▼❆ ❇✜❈✘ ❖❉ ✚✦ Verification by Agda in script programming

2 さらに読み込む

最近の更新履歴  GCOEアジア保全生態学

最近の更新履歴 GCOEアジア保全生態学

Program Friday, October 25 13:30 -14:20 Jonathan Davies (Department of Biology, McGill University, Canada) Human population density in Africa has been shaped by the evolutionary history of its flora

2 さらに読み込む

最近の更新履歴  関西イタリア学研究会

最近の更新履歴 関西イタリア学研究会

Ci occupiamo della promozione e dello sviluppo degli studi d'italianistica nella regione di Kansai. A questo scopo, è dal luglio 2014 che si tiene ogni mese un incontro di studio: il tema può essere di varia natura. Chiunque fosse interessato a partecipare sarà benvenuto. Kosuke KUNISHI

1 さらに読み込む

最近の更新履歴  関西イタリア学研究会

最近の更新履歴 関西イタリア学研究会

ASIKA - Associazione di Studi Italiani del Kansai Chi siamo Ci occupiamo della promozione e dello sviluppo degli studi d'italianistica nella regione di Kansai. A questo scopo, è dal luglio 2014 che si tiene ogni mese un incontro di studio: il tema può essere di varia natura. Chiunque fosse interessato a partecipare sarà benvenuto.

1 さらに読み込む

Show all 10000 documents...