トップPDF 구성원소 이론으로 보는 한국어 'ㄷ' 불규칙의 음운현상 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

구성원소 이론으로 보는 한국어 'ㄷ' 불규칙의 음운현상 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

구성원소 이론으로 보는 한국어 'ㄷ' 불규칙의 음운현상 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 朝鮮いわゆる 変則活用では、語幹末子音//[t,d]が母音で始まる語尾前で/ㄹ/ [ ]に変化する音韻現象が見られるが、語幹末に//がありながら変則が起こらない用言もあ る。本稿ではエレメント理論をもとに、[t,d]が[ ]に変化する現象を、すべて言語に普遍的 に適用される仕組みと照らし合わせて解析する。まず、[t,d]は内部構造として[ ]と同じ構成 要素を持っているため、弱化結果が必然的に[ ]になることを示す。また、弱化を起こす環 境は音節強弱関係性に依存することを根拠に、[t,d]から[ ]へ変化を引き起こす動因を 解明すると同時に、いわゆる変則活用と正則活用違いを明らかにする。
さらに見せる

11 さらに読み込む

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

このような答案が大多数を占める。複合過去を正確に使うことができても、これでは、手紙や レポートを書くことにはつながらない。「メッセージを発し、相手に理解してもらうために脈 絡あるテクストを書く」という視点が欠けているからである。  前章でも触れたとおり、B 1 段階においては、まだ文法項目は習得中である。それでも、過 去出来事を語ったり、夢や希望を語ったり、理由を述べて説得を試みたりする能力はすでに 獲得されるべきである。そのためには、「メッセージを発するために必要な表現」として文法 項目を習得することが重要である。依頼表現 Je voudrais ... は、条件法を学習する前に習得 されねばならない。複合過去を学んだ際には、必要であれば、半過去も同時に取り上げる必要 もあるだろう(たとえば、J’étais ...)。
さらに見せる

12 さらに読み込む

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

5 . 4 .スペインに触れる機会を増やす  学習者はスペインに直接触れる機会が多くなく、スペイン圏について知識が希薄であ ると先述した。学習者が言語に触れる機会が少ないという問題を解消し、文化的知識を獲得さ せるためにも、教科書に CD や DVD といった視聴覚教材が添付されていることが望ましい。課 外に鑑賞させることで、授業総時間数制約で教科書内容から省くことにしたものだが、 実際スペイン国や文化がどのようなものなかを効果的に示すことができる。またイ ンターネット環境が整備された学校ではそれを利用することが可能である。実際に会話が交わ される場面や現地生活様子が分かる映像ないし音声を提示することにより、生きた教材と して触れさせることができる。このことも言語に触れる機会を増やすために有効である。
さらに見せる

8 さらに読み込む

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 次に、流音化と鼻音化表記である。流音化を発音通りに転写している例は3巻刀部から4 巻、6~7巻、9~ 12巻、16巻、18巻に見られ、24例ある。鼻音化場合は‘ㅅ+ㄴ’例で、 17巻火部にのみ14例ある。また、この17巻には、‘熾불니러날 pu-ruiro-naaru’ように発音 通りに転写し、‘니러날’‘ㄴ’脱落を表わす例も見られる。一方、各音節発音に忠実に 転写している例は、流音化場合、出版期間前半に出された1~4巻に13例ある。2巻‘佽 날 narunairu’は18巻では‘猤날 narurairu’と発音通りに転写しており、他にも同様例 が見られる。鼻音化例は1~3巻、6巻、13巻、17巻に9例ある。‘ㄱ+ㄴ’例は13例で、 2~3巻、5巻、8巻、12~ 13巻、18巻に、‘ㅂ+ㄴ’は13巻に1例のみある。流音化と鼻 音化についても、傾向を異にしはするが、文字通りに転写しているものが多い。そして、最終 回に出版された17巻に実際発音通りに転写したものが多数あることから、初期に出版され た巻と違いが現われていることがわかる。
さらに見せる

17 さらに読み込む

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

文化的要素を学習できるようになっていたりと、工夫が凝らされている。たとえば、スペイン とラテンアメリカ諸事情を文法とともに段階的に学んでいくことを主眼とした西川喬『新ス ペインゼミナール』、旅行会話や日常会話だけでなくパソコン、携帯電話などで用いる活きた 表現を取り入れた福嶌教隆『生き活きスペイン』がある。これら教科書は、本文、文法説 明、練習問題によって構成されている。文法事項学習が中心に据えられているが、説明がよ りわかりやすくなっており、練習問題数が増やされるなど工夫がされている。また写真やイ ラストが採用されて見た目も華やかで魅力があるつくりとなっている。近年、旅行や仕事で外 国に出かける日本人が増えるにつれて、実際的な運用能力、コミュニケーション能力を身につ けたいと考える学習者が増加した。そうした欲求を満たすため、石崎優子、フェリサ・レイ『ス ペイン世界へ窓』ように、文法学習を中心とした傾向から実践的コミュニケーション重 視ものへとシフトする教科書が出てきた。このような教科書では、多様な練習問題を組み込 み、学習した文法項目を使用した、教室でペアワークやグループワークといった活動を提案 している。さらには、タスクを用いることにより、文法学習と同時に言語使用意義を学ぶ大 森洋子、四森瑞枝『タスクで作ろう、活気ある教室−初級スペイン授業改善を目指して ― 』 という、初級レベル学習者ためタスク活動を実践報告にまとめた事例集も発行されている。  CEFR については日本学会や雑誌においても多く研究や論文があり、その概念をどう生 かすか盛んに論議されている。しかし、2009年度でも30点以上と多様な教科書が出版されて いるにもかかわらず、現在ところ CEFR を軸にしたスペイン教科書は日本からは出版され ていない。
さらに見せる

14 さらに読み込む

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 以上ように,並列要素が動詞性ものでも,形式的にはAB型,A、B型,A和B型とい う三タイプがある。さらに,動詞性並列構造には“而”や“又”などが生起するものもあるが, 動詞性並列構造各タイプ意味的差異はどのようなものなだろうか。また,それは名詞性 並列構造各タイプにおける意味的差異と並行する対応関係があるか。あるとしたら,それ は中国文法しくみ中でどのような位置づけを得るか。このような視点から形容詞性 並列要素からなる並列構造を含めた各種並列構造を観察してみると,中国に対する一歩掘 り下げた認識を得られるかもしれない。
さらに見せる

9 さらに読み込む

グループ活動を取り入れた初級スペイン語教育の試み 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

グループ活動を取り入れた初級スペイン語教育の試み 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 実際、グループ活動については外国教育に限らず様々な分野において先行研究がなされて おり、たとえば英語教育についてものだが(高橋、2008)では、グループによる学習は学ん だ内容理解を深めるだけでなく、学習者が活気づき高い意欲を持って授業に取り組むと報告 されている。多く場合、授業に参加する学生は互いに知らないため、緊張していることが多 い。ところがグループ活動をとおせば他学生と壁が取り払われることによってリラックス した状態で授業に参加できる。そこから学習意欲が刺激されることが期待される。
さらに見せる

10 さらに読み込む

分離疑問文( Split Questions )のSC 分析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

分離疑問文( Split Questions )のSC 分析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

(39) a. Sharing-Confirmation Analysis (1)-Structure b. Sharing-Confirmation Analysis (2)-Operation (39a)は主に 3 種類からなる確証句を仮定しており、それぞれ下から説明すると下部位置確証 句(ConfP1)では SQtype1と3に対処するよう設定されている。そして確証を行う対象は DP と PP 空範疇(pro)である。次に中位置確証句(ConfP2)では SQtype2に対処するよう設定 されている。最後に上位確証句(ConfP3)では SQtype4に対処するためその付与される確証 素性は CP 指定部である。このようにして SQ 4 タイプをそれぞれ生起位置で範疇ごとに認可 する事が可能となる。次に(39b)において具体的な派生過程を説明すると [+WH] 素性を持つ WH 要素が確証句指定部へと移動する事で ProXP と同一指標付けされ [+confi rm] 素性を付与され る。このことで確証を受けるため [+WH] 素性は満たされ複合体(Wh[-WH]-[+confi rm])が形成 される。この複合体は最終的に CP 指定部へと移動する事によって WH 虚辞(WHAT)として 具現化されるである。
さらに見せる

24 さらに読み込む

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

だろうか。 4 .おわりに  学習意欲は学習効果に重要なかかわりを持っている。小論では、日本における初級段階教 養中国教育現場から、まず、今大学生学習における問題点を着目し、教育現場にいる 教育者にとっては、初級段階課題は、学生にひたすら学問を教えることより学生中国に 対する学習意欲を引き出すことがもっとも大切であることを指摘した。その上で、学生学習 という立場から、学生中国学習に対する興味、不満、希望などに対して、アンケート調 査を行い、その結果に基づいて、学生学習意欲引き出すには、中国初級段階における指導 が、文法偏重ではなく、会話中心授業にし、学生に話しをさせる(単純に読む、暗誦という ことではなく)機会を多く与えること、文法勉強においては、文法事項はできるだけ公式で 表示し、文法事項によって、異なる教授法導入が必要となる。この段階においては、学生が 文法に勉強に対する不安を無くすことも大事であること、最後に、授業中、写真、雑誌、ビデ オなどを使って、中国文化に関する内容も触れる必要があることを提案した。
さらに見せる

14 さらに読み込む

双字格合成动词构词模式探略 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

双字格合成动词构词模式探略 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

13)参见胡裕树、范晓  1994 《动词形容词的“名物化”和“名词化” 》 , 《中国语文》第2期。这篇文章 指出 :“如果从不同平面来分析主宾语位置上的动词形容词性词语,我们以为可将‘名物化’和‘名 词化’这两个术语给予适当的分工, ‘名物化’是专指动词形容词的‘述谓’义在语义平面转化为‘名 ’ (或‘事物’ )义, ‘名词化’则是专指动词形容词在句法平面转化成名词的现象。 ‘名物化’和‘名 词化’既有联系,也有区别,把它们分开来,就能比较容易分析主宾语位置上动词形容词在不同平面 的性质,有助于解决动词形容词性词语跟名词性词语的划界。 ”
さらに見せる

17 さらに読み込む

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

間と互いに撮影しあう様子も見られ,学生同士交流も意欲を高めることになったであろう。 消極的な学生も,グループワークでは意見を出すことが求められるので,それまでと比較して, 積極的に授業参加しているように見られた。  また,英語歌も学生興味を引いたと考えられる。学生意見にあったが,教科書英語 を読むことには意欲が高まらないが,歌なら印象深く,音が頭に残り,楽しみながら練習でき る。上手に歌うためには,英語リズムや音つながりをマスターしなければならず,その部 分を仲間と何度も歌うことで,英語リズムや音つながりが理解できたと感じたことも窺え る。授業以外でも歌を歌って練習した学生もおり,発音トレーニングが自主学習につながって いる。アンケートを見ても,「 7 .英語歌を歌うことは発音練習ために良い。」が 4 . 7 とい う結果から,学生が歌効果を実感していると考えられる。
さらに見せる

14 さらに読み込む

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 先行研究では⑤ように、「-을게요」意味的な特徴は主として約束と分析されており、한 (1991)では「그만 갈게요(もう帰ります)」ような例について告知意味があると言及され ているものの、告知に約束意味がまったくないわけではないと説明されている。また、韓国 教育立場から分析した이(2003)では話し手意図を知らせ、聞き手に直接的、間接的に 準備をさせるため特殊な例として「그만 갈게요(もう帰ります)」が挙げられている。この ように先行研究では「約束」意味に重点を置き、「-을게요」が把握されているため、「그만
さらに見せる

13 さらに読み込む

レクサイル指標の位置づけと計測方法 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

レクサイル指標の位置づけと計測方法 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

号がつくが本来使い方だが省略されている場合もある。  メタメトリクス社によるとレクサイル指標が与えられている書籍は2014年現在13万 5 千冊ほ どだが、新聞記事やウェブ・サイトを含めると総数は 1 億部を超えており、オンライン資料 検索サービスである ProQuest ではほぼすべて記事・資料に対してレクサイル指標が示され ているという(MetaMetrics offi cial web site 2015)。また先にも示した通り全米50州にわたる 計3,500万人生徒がレクサイル指標を与えられ、世界180か国でレクサイル指標が何らかの形 で使われているという。日本でも amazon.co.jp はレクサイル指標を子供たち英語読み物指 標として積極的に取り上げている。また「はじめに」において示したように、いわゆる「読み・ 書き・そろばん」を中心的な内容とする各州共通基盤スタンダード(CCSS)において、読書に おける読みやすさ指標位置づけ利用が拡大され続けている。今後ともレクサイル指標は教 育場でますます活用されてゆく可能性が高いと言わなければならない。
さらに見せる

15 さらに読み込む

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ところで演劇改良運動目的は、取り敢えずは新劇場建設と脚本改良にあった。しかし これはあまり活動しないままに、後身として明治21年(1888) 7 月、日本演芸矯風会が作られ、 翌年 9 月には日本演劇協会と改称された。これ等運動は、結果的には西洋風劇場を建設 することだけが先行してしまって、実を挙げることができなかった。しかし「脚本改良」と いう点からみれば、「明治二十二年当時状況は、言い換へれば遅れてそこに参加した鷗外にも 尚十分の活躍余地を残しておいてくれた、と見ることができるものであつた。鷗外は演劇改 良運動に対する己寄與を、差当つては翻訳を通じて新しい脚本提供と、雑誌『柵草紙』 紙上で演劇論発表といふ形を以て果していった。演劇改良枢軸となるべきは脚本改良 であり、即ち優秀なる戲曲を制作してこれを演劇界に提供することである、というが彼持 論であり、また事実機会ある毎に彼提唱した」(小堀:259-260)ことであった。だから鷗外 先ず出来得た事は、上演を目的とする革新的な改良脚本作成にあった。そこで思い付いた が、カルデロン『サラメア村長』である。ドレスデンで反応、留学中に観劇した カルデロン戲曲、鷗外は、「ギョオテ嘗て以爲らく。カルデロン戲曲は其舞臺に宜きことシ エクスピイヤ戲曲上に出づ」(「再び劇を論じて世評家に答ふ」:47)とし、カルデロン 方がシェークスピアより、日本舞台にあっていると考えた。またカルデロンは、1760年代ド イツで演劇改良を行ったレッシングが絶讃し独訳しようとして果せなかった作家であってみれ ば、日本でその運動に身を置こうとする鷗外にとって、『サラメア村長』は改良脚本としてま たと無い作品であった。鷗外は「新たに編輯する演藝文書等は、最も優美なるを要すと雖、漫 りに歴史、文法、事實に抱泥して、我演藝を無味境に陥らしむべからず(中略)作者目中 には現代看客あるべきこと」(演劇場裏詩人:110-111)を旨とし、「独 ど い つ 逸巨 ギョーテ 垤、英 い ぎ り す 吉利
さらに見せる

14 さらに読み込む

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ったということは、何らかの理由があると判断せざるを得ない。次節において再度検討したい。 4 :実施面課題  以上 YouTube を活用した授業プロジェクトについて、実施準備と問題点を中心に概観し てきた。全体としてプロジェクト実施に大きな問題はなかったが、予行練習を 2 回実施するな ど十分な準備期間を設けたにもかかわらず、Wi-Fi 申請漏れやアカウント未取得など学習者個 人問題が見受けられた。また、プロジェクト内における発音改善について、学習者において も教員においても改善すべき点が明らかとなった。今後も YouTube を用いた発音プロジェク トを授業に取り入れていくことを視野に、本項ではこうした問題防止策などに言及する。  第一に Wi-Fi 申請漏れやアカウント未取得について、アナウンス回数よりもアナウンス方法に 気を配るべきであったと考えている。筆者は授業毎に口頭でアナウンスを行うと同時に、授業 支援システムに掲示することで周知徹底を図ってきた。しかし、授業支援システムを活用して
さらに見せる

12 さらに読み込む

日韓における謝罪の「定型表現」の使用について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日韓における謝罪の「定型表現」の使用について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 期待に添えないことで聞き手に心理的な迷惑をかける恐れがあるものや依頼で聞き手に負担 をかける恐れがあるものは、謝罪「定型表現」が向けられる off ense 存在が比較的に明確で あると言えるが、エチケット違反や挨拶では off ense がほとんど存在しない場合もある。  では、このような状況を韓国と比較した場合、両言語にどのような相違が見られるだろう か。生越(1993)では日本語と韓国謝罪について「悪いことを相手にしてしまったり、迷 惑をかけたり、勘違い、人を借りたり、人に何かを依頼したり、人期待にそえなかった り、こういった場面で謝罪するは日韓共通である」(p.34)と述べ、問題になるは「呼びか け」「挨拶」「感謝」と分析している。
さらに見せる

16 さらに読み込む

2009年度ケベックスタージュ報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2009年度ケベックスタージュ報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

8 月 7 日(金曜日) 8:30∼11:30:教授法(第 9 回目)。ヒヤリングについて。「大まかな理解を目指して聞く」、「詳 細を聞く」、「言外意味をくみとる」 3 つヒヤリングについて説明をうけた。その後、実 際にケベックフランス語聞き取り授業を受けた。聞き取り練習問題に入る前にキーワードを黒 板に板書し、「誰が話しているか」、「職業は何か」、「年齢はいくつか」など諸情報を与える ことがいかにその後内容理解を助けるか、また、具体的に何を聞きとらなければならない か、その情報を使って何をするかを明確にすることがいかに重要であるかを実際に体験する ことができた。内容を聞き取れたかどうか評価は多く場合、「書く行為や話す行為」でなさ れることが多いが、正確に聞きとれていても、それを言葉で再現すること方にむしろ問題が あることが多いので、絵や動作を使って評価するなど、評価方法に工夫が必要なことも学んだ。 午後 1:30∼ 4:30:講演「ケベック文学について」(講演者:Marc Rochette)。前半は、今日
さらに見せる

13 さらに読み込む

“得”字補語文について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

“得”字補語文について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 中国教育において、初級教科書で扱われる文法事項中で、学生にわかりにくい(教師が 教えにくい)用語は「主述述語文」と「補語」ではないかと思われる。中国ほとんど教 科書、文法書では、形容詞述語文 1 種と思われる文を「主述述語文」と呼ぶ。また、補語に ついては、 回去 回 は動詞であるが、 走回去 回 は補語であると言われ、可能補 には結果補語と方向補語が含まれる、つまり、補語中に補語があるという状況である。   得 字補語文呼称、構造についてもさまざまな議論がある。例えば教科書では、「日中い ぶこみ広場(朝日出版社)」は 得 字補語文を「様態補語」と呼び、「大学生ため初級中 国語24回(白帝社)」は「状態補語」と呼んでいる。文法書では、「現代中国総説(三省堂)」 は「程度補語」と呼び、李 1993は「 得 字補語文」と呼んでいる。本稿は、この 得 字補語 文(以下 得 字文)構造について考察するとともに、新たな分析を提示し、中国教育 一助としたい。
さらに見せる

9 さらに読み込む

交流授業 ― ドイツ語とロシア語― 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

交流授業 ― ドイツ語とロシア語― 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

8 - 2 .教師側から  学生がドイツ、ロシアを互いに教え合う姿から、教師は、自身がどのような授業を展開 してきたかを知ることになった。  たとえば、ロシア学生がアルファベットを紹介するのに、А, Б, В, Г, Д …とアルフ ァベット順で文字名称を紹介するではなく、文字音価を発音し、「自分名前を書いて みましょう」と日本語五十音順で「あいうえお」をキリル文字で書いたものを配布したり、 単語を覚えるのにことば遊びを活用してきた授業形をそのままに再現する。まさに、教師自 身がどのような授業を行なってきたかを目前で見せられる形となった。ドイツ場合も文 を読んだり発音したりする場面でとても自信なさそうなを見せられ、発音課題を再認識し た。
さらに見せる

11 さらに読み込む

モチベーションをはぐくむ ― 関西大学ロシア語教室の挑戦 ― 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

モチベーションをはぐくむ ― 関西大学ロシア語教室の挑戦 ― 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Безусловно, проблема мотивации является одной из самых важных не только в области преподавания иностранных языков, но и во всех сферах образования.. Кроме того мы х[r]

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題