トップPDF 母の糸遊び―手芸と絵本のゆたかな出会い― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

母の糸遊び―手芸と絵本のゆたかな出会い― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

母の糸遊び―手芸と絵本のゆたかな出会い― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Mr. Wolf ? ]整理する、表現方法も、扱う内容も、また、対象読者も多岐にわたる、いろい ろ絵本に出会っていたことがわかる。  内容面について言えば、民族として歴史や価値観継承が子ども手に託されるというも が、一つ主流をなしているように思われる。そこには、子どもが手にする機会多い絵本 というメディアを通して、道をつないでいこうする大人期待努力がうかがえる。  表現手段として手芸が用いられる場合については、手作りされた作品には、あたたかみやや わらかさがあり読者に威圧感を与えないということ、そして、用いられる素材質感が、絵本 雰囲気を作り出すに大いに関与している、ということが明らかになった。手芸を選択する ことで、絵本作家は、や毛糸、布、紙などさまざま材料を用い創作に挑む。絵筆代わり に選ばれた材料には制限もあるが、他方可能性も大きい。出来上がった作品には、手芸でしか 生み出すことできない効果が見られる。しかし、表現手段が絵であれ手芸であれ、絵本を読 むと、いや絵本に限らず、どんなジャンルであれ真摯に取り組まれた作品には、共通して感じ られることがある。それは、それぞれ作品を作りだすには、膨大時間エネルギーが費や されたであろうこと、そして、それが、作品力になっているということである。制作中に、 その作り手こころなかに去来したさまざま思いが、その作品を深化させているであろ う。それを読み取るには、読者開いた心が必要なる。
さらに見せる

16 さらに読み込む

わたしのくすり箱 絵本の窓から眺めたこと 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

わたしのくすり箱 絵本の窓から眺めたこと 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 妻子供を亡くした後に移り住んだある村で、ジョナサン・トゥーミーは木彫で生計を立て ている。他人付き合いを拒む彼は、村こどもたちから“Mr. Gloomy”(陰気さん)呼 ばれていた。そんな彼ところに、未亡人 McDowell 夫人その息子 Thomas が、クリスマス を祝うために、厩でキリスト誕生場面飾りを彫って欲しい頼みに来る。この依頼を しぶしぶ引き受けたトゥーミーは、羊、牛、天使、賢者、順に彫っていくが、作り手気分 を反映して祝祭趣きに欠ける。その度に、キリスト生誕を祝う彼らは心から喜びに満ち ているはずトーマスに言われ、そのように作っていくことになる。トーマス純真さが、ト ゥーミー心を縛っている鎖を解き放していく。キリストを抱いたマリア像を彫る段にいたっ ては、今まで見ようもしなかった亡き妻子供写真を取り出し、二人をモデルにして、幸 せそう母子像を完成することが出来た。
さらに見せる

24 さらに読み込む

「日本の英文学研究」考 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

「日本の英文学研究」考 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

時中、果敢に執筆活動に勤しんだ桝井迪夫にとっては、敗戦は実に不幸ことであった筆者 には思われる。なぜなら、戦後思想がこれまではすっかり変わってしまったからである。戦 後は「戦争は悪である」という思想一色に染まってしまっただ。第二次世界大戦中は国家 意思に積極的に賛意を表明し、実社会コミットメントを強く希求した桝井迪夫よう英米文学研究者にとって、戦後こうした時代風潮は、非常に居心地が悪かったであろう 推察される。太平洋戦争後時代を一体どういう態度で生きてゆけばいいかを、桝井迪夫は きっと悶絶しないわけにはいかなかっただろう。そうした苦悶を抱えつつ、桝井迪夫は戦後、 名門広島大学英語学教授として広島学派を率い、あまた優れた弟子を日本中大学に送り 込んだ。筆者は、英語学泰斗・桝井迪夫若き日人間味溢れる情動的研究姿勢に、今や 時流なった自然科学的色彩を濃厚に帯びた「evidence-based」的研究法は一味違う迫真 力を感じてしまう。人文学真髄も言える人間痕跡が桝井文章には存在するだ。筆者 は今、「情動的研究姿勢」表現したが、これはまさに、歴史学者・白永瑞が論考「社会人文
さらに見せる

22 さらに読み込む

ピア・ラーニングに対する学習者の認識と学びのプロセス 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ピア・ラーニングに対する学習者の認識と学びのプロセス 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2 .問題所在研究目的  協同学習教室授業へ導入については、競争的学習や個人的学習に比べ、学習、モチベー ション、コミュニケーション能力、相互調整能力、気づき、幅広い学習転移などに効果があ る報告されている(Palincsar & Brown 1984;佐伯他 1998;Johnson 他 1984;三宅 2005)。  L2 日本語作文指導に協同学習を取り入れた授業効果についても、学習者相互推敲活動 を提案した池田(1998,1999,2004,2007)、松本(1999)、景山(2001)らにより、教師添 削に比べ、読み手立場や視点から作文内容に注意を払うようになるので効果的推敲が可能 になること、また、自律的学習が意識化されるため相互交流場を提供しやすくなること どが指摘されている。また、カンファレンス(教師による個人指導)による作文指導に比べ、 ピア・レスポンスを取り入れた作文学習では、インタラクション多様性(池田 1999)、作文 質的向上、社会的関係構築(池田 2004)が確認されことも報告されている。
さらに見せる

11 さらに読み込む

想い出すことども 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

想い出すことども 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 けれども、腐らずにやっているうちに、京都外大大会で優勝者が出た。経済学部 3 年生だ った大浦公一君が、関大生初偉業をなしとげてくれたである。  彼は、のちに三和銀行(現東京三菱 UFJ 銀行)に就職し、マドリードやバルセロナ支店長 を勤めることになった。マドリード駐在頃は、ちょうどわたしが在外研究員としてアルカラ 大学に派遣されたとき重なった。おかげで、ありがたいことに、マンション手配、電気や ガス会社契約などに手を尽くしてくれた。また、バルセロナ時代には、サグラダ・ファミ リア教会正面ファサード「生誕門」彫刻を担当した、外尾悦郎氏、それにのちに助手に なった大竹志歩さんに引きあわせてくれた。何でも、外尾氏から中央三枚門扉(2015 年末 ぶじ完成)を作る費用を日本企業に打診する役を仰せつかったらしいが、そのとき以来知り 合いだということだった。外尾氏は同じ福岡県出身ということで話が弾んだ。起工以来 144 年目、ガウディ没後 100 周年に当たる 2026 年教会完成が待たれるところである。
さらに見せる

10 さらに読み込む

アディナ ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

アディナ ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

念につきまとわれた。ついにその疑念があまりにも大きくのしかかってきたので、私は小型 馬車を雇い再びアルバーノに戻った。午後遅く宿に到着したが、スクロープたちに宿で会える かどうか分からなかった。実際、彼らは散歩に出かけていて、宿主人も彼ら行先を知ら かった。彼らが帰って来るまでその小さな汚い町をぶらぶらする以外にすることがなかった。 アルバーノ湖ほとりカプチン派修道院を覚えておられるだろうか?私はそこまで歩いて 行った。教会入り口がまだ開いていたので、私は中に入って行った。夕暮れが教会隅に忍 び寄っていたが、何か信仰上儀礼か、多くろうそく灯りで祭壇は明々照らされていた。 薄暗い中で、ろうそく灯りは絵ようにきらきら輝いていた。あちらこちらでひざまづい た人影がぼんやり自ら存在を示していた。それは組み合わされた明暗が織りなすちょっと した作品だった。私は座ってそれを楽しんでいた。しばらくして、私近くに座っている若い 女性が熱心に祈っている姿に気がついた。手は膝上に組んで置かれていた。顔は上を向き、 奇妙に開いた目は光輝く祭壇を見つめていた。ご存知とおり、私たちは家庭暖炉輝き 中で様々ことを想像するものだ。この若い女性はろうそく中で恍惚するよう啓示 を読み取っているように見えた。彼女表情がとても特異で、それが彼女正体を偽装してい たので、自分がアディナ・ワディントンを見ているだという認識は突然衝撃とともにやっ て来た。私は彼女同行者を探したが、彼女は一人ようだった。彼女をこっそり観察する権 利は私にはないように思えたが、彼女に声をかける気にも黙って立ち去る気にもなれなかった。 夕闇がせまっていた。彼女に連れがいないはどういうことだろう?彼女は残り人たち を待っている私は結論づけた。多分スクロープは、ご婦人たちには許されない特権、つ まり、修道院テラスから夕日を見るために中に入って行き、ワディントン夫人はスケッ チためメモをとるために教会外をぶらぶらしているだろう。私は向きを変え教会側 壁に沿って反対側にいるその若い女性に近づいた。今度は私が近づいてくることに彼女が気づ いた。祭壇から目を離して私方を向き、しばらく私顔を見つめていたが、どうやら私だ 気がつかなかったようである。しかし、ついに彼女がゆっくり立ち上がったとき、彼女が私 に気づいたことが分かった。彼女はカトリック教徒になり異端者である友人たち袂を分かつ 準備をしているだろうか?
さらに見せる

37 さらに読み込む

母音梯形と母音三角形 ─ 発音指導と評価 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

母音梯形と母音三角形 ─ 発音指導と評価 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 伝統的教授法時代に出版された教科書は、正書法から始まり、文字から発音記号へ、そ して発音記号を「読む」ため発音解説があり、母音発音解説には母音相互関係図が使 われていた。コミュニカティヴ・アプローチに基づいたフランス語教科書として日本で初め て制作された『フランス語 ’90』(1990)は、口頭運用能力養成を主眼した教科書だ。しかし 口頭運用基礎であるはず発音に関する記述はまったくない。この教科書は、文法授業 平行して使用されることを想定して書かれ、発音は文法授業で扱われることが前提なって いる。この時期以降数多く出版された口頭運用ため教科書大半は、発音練習を簡略化ま たは完全に省略している。発音が文法に委譲された顕著例は、Manuel pratique de langue française(1991)、Grammaire Lecture 2 巻で構成された教科書で発音位置づけに 見られる。Lecture は日本語では「講読編」なっているが、19 課中 17 課まで会話、つまり口 頭運用を中心に構成されている。ところが発音解説は、Lecture ではなく Grammaire 冒頭 にあり、アルファベットを含め、5 ページが割かれている。
さらに見せる

20 さらに読み込む

福井先生との翻訳の仕事 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

福井先生との翻訳の仕事 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 『外国学部紀要』に翻訳を載せるたびに書いているが、福井先生一緒に翻訳しているは ルース・ベネディクトアンソロジーもいうべき Anthropologist at Work : Writings of Ruth Benedict 『文化人類学者仕事』(仮題)である。この本はベネディクトが 1948 年に死亡して 10 年後に彼女さまざま意味で関係があったマーガレット・ミードによってまとめられたも である。ベネディクトが書いた論文だけでなく、日記、詩、そして彼女に宛てられた、ある いは彼女が書いた書簡も含まれている。全体で 600 ページ近くある膨大本である。幸い論文、 日記、手紙などいくつも部分に分かれているので、授業合間をぬって翻訳することがで きる。現在ところ、440 ページまで訳し終わった。あとは論文を 4 本訳せば終わる。翻訳書 出版社はすでに決まっている。ミネルヴァ書店である。ミネルヴァ堀川編集長は福井先 生が時々会って進捗状況を知らせている。来年には仕上げる予定だ。
さらに見せる

3 さらに読み込む

通訳の仕事 ―通訳者に必要な資質と能力の養成 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

通訳の仕事 ―通訳者に必要な資質と能力の養成 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

チーム数を揃えたりします。英語で大学通訳訓練コースを終了して、B クラスで仕事を 始めているならば、会議通訳者としてデビューチャンスです。 5 . 2 . エージェント通訳養成校  サイマルインターナショナル、インターグループ、日本コンベンションサービスなどは国際 会議や記念行事など企画から実施まで全体運営一環として通訳派遣をしていますが、専 属英語や中国通訳者がいます。このよう大手エージェントが提供している通訳者養 成コースで通訳訓練を受けることが出来ます。英語や中国では上級英語・中国レベル から本格的同時通訳訓練まで一貫したコースで訓練を受け、専属になり、会議通訳者し て仕事を始めることが可能です。英語以外外国場合は、受講生レベル人数問題が つきまといます。エージェントや語学学校通訳という名ついた授業はせいぜい週一回授 業しかありませんので、自分知識や外国不足部分などに気づくきっかけや練習方法発 見にはなりますが、そこで訓練を受けて技術を磨く練習は充分には出来ません。
さらに見せる

13 さらに読み込む

オズボーンの復讐 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

オズボーンの復讐 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

し、頭はコングリーブ嬢ことでいっぱいで、目は絶えず彼女顔を見ていた。ときどき彼女 視線合うときがあった。激しい嫌悪感がふつふつ胸にわき起こった。ヘンリエッタ・コ ングリーブに必要は、彼女が他人を利用した同じように彼女も人に利用されることだ 彼は独り言を言った。明らかに今牧師を利用している同じように。水流中ほどで空し く底を手探りしながら、耳まですっぽり彼は恋に落ちていた。その間、乾いた靴を履いたまま 彼女は水辺に座っているだった。彼女は教訓を学ぶ必要があった。しかし、誰がそれを彼女 に与えることができるだろうか?彼女すべて師が知っている以上ことを彼女は知ってい るだ。男性は彼女に近づき、魅了され虜になるだけだった。もし彼女が、自分同じほど明 晰頭脳、活発想像力、不屈意志を持つ者、あるいは師仰ぐ者に出会いさえすれば!テ ーブルをひっくり返し、彼女出先をくじき、彼女を虜にし、そして突然時計を見て別れ挨 拶をする、そんな男性に出会いさえすれば!そうすれば恐らくグラハムも安心して眠りにつく ことができるだろう。人心をもてあそぶということがどういうことか彼女にも分かるであろ う。というのも、彼女心は、まるでブロンズに対するガラスようものだからである。オ ズボーンはテーブルを見まわした。しかし、カーペンター夫人招待客には、彼が心に描く ― ブロンズ水晶頭を持つ ― 英雄にほんのわずかでも似ている男性はいなかった。彼ら はまさに、若い女性をそばにはべらせるが似合う若者たちに過ぎなかった。しかし、ヘンリ エッタ・コングリーブはそのよう女性一人ではなかった。彼女は舞踏会にいる単に軽薄 女性ではなかった。彼女しぐさにはどこか真剣で高貴何かがあった。それは知的喜びで あった。誠実男性心を最後一滴まで飲み干し、恐ろしい食品に白い花を咲かせるだっ た。オズボーンが辺りを見わたす、周囲存在、サンドウィッチやシャンパンことを 一瞬忘れてしまったかように見える若い女性に目がとまった。彼が彼女ことを見ている に気がつく、もちろん、その女性はすぐに目皿に視線を落とした。しかしオズボーン は彼女視線意味を読み取った。それ ― まだ清純さ残る乙女視線 ― は、容易に翻訳 できる言葉で、「あなたこそ私が探し求めていた男性です!」語っているように思われた。つ まり簡単に言う、オズボーンさん、あなたは何て素敵んでしょう、ということである。 オズボーンは脈が速くなるを感じた。彼計画は始まっただ。彼際立った容姿がコング リーブ嬢心を傷つけるに十分装備だというわけではなかったが、少なくともそれは彼 任務を外に向かって表現するものだった。
さらに見せる

36 さらに読み込む

ある肖像画の物語 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ある肖像画の物語 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 どのようにその週が過ぎたか上手く説明できない。今彼顔を正面から見つめている冷徹 結びつきよりも死方が好ましいかように、そして、唯一可能選択は彼財産をマリア ンに譲り自分存在を終わらせることであるかように感じられる瞬間がレノックスにはあっ た。また、それなりに自分運命折り合いをつけているかよう瞬間もあった。彼はただ 自分が持っていた古い夢や幻想を集めて、膝上で折ってしまいさえすればそれでよかった だ。それでことは済むだ。しかしそうはせずに、合理的かつ適度期待こもった立派束 を集めて、それを結婚式白いリボンで束ねることはできないだろうか?彼愛は死んでし まった。彼若さも死んでしまった。それですべてお終いだった。そこから悲劇を生みだす必 要などなかった。彼生命力は弱く短命であることが宿命であったので、消えてしまう なら結婚後よりも前方が良かった。結婚に関していうなら、それは予定どおり執り行われ るべきだった。なぜなら、それは必ずしも愛問題ではないからだ。彼にはマリアン将来を 奪ってしまうために必要残酷首尾一貫性に欠けていた。もし彼が誤って彼女を過大評価し たしたら、その責任は彼にあり、その罰を彼女が支払わなければならないすればそれ は残酷ことであっただろう。彼女に問題があったとしてもそれは意図的ものではまったく なく、彼自身に関するかぎり、彼女意図が善意にもとづくものであることは明らかであった。 彼女一心同体はいかなくても、少なくとも彼女は誠実妻であり続けるであろう。  この暗澹した理屈力を借りて、レノックスは結婚式前夜にまで漕ぎつけた。これに先 立つ週、エベレットに対する彼振る舞いは一貫して優しく親切であった。彼愛を失うこと によって彼女はとても大切宝物を失ってしまった彼は感じた。その代わりに彼は、尽 きることない忠誠を彼女に捧げるであった。マリアンは彼元気さや何かに心を奪わ れているよう感じについて聞いてみたが、調子が良くないんだ答えるだけだった。水曜日 午後、彼は馬に乗って長時間外出した。陽が沈むころ帰宅し、古くからいる家政婦に玄関で 会った。
さらに見せる

30 さらに読み込む

国際交流におけるコンフリクトの解決スキル 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

国際交流におけるコンフリクトの解決スキル 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

5)最終意思決定結果として本番プレゼンテーション内容決定方法 8 .おわりに  重要ことは、ファシリテーターが両グループへ向けて、アイデア要約、意見、提案、感 情(公正に手続きが進められているか、次ステップを把握しているか確認)というフィー ドバック(report-backs)を常に行うことである。一方、避けるべきことは拙速に物事を決め ることによる不満であり、せっかく国際交流が国際紛争にならないためにも、十分時間的 余裕をもって、事前交流、現地交流国際協同プレゼンテーション、事後交流を企画運営して いくことである思われる。その結果、ASEP「で」ではなく「でしか」できない学習環境(国 際ファシリテータースキル育成など)を創出して、それを後輩へ繋いで行くことにより、「人 びとが、国や民族を越えて異なった文化や思想を理解し、相互に認め尊重し、協力しあうよう 、共に生きる平和地球社会(UNESCO 憲章)」を作ることができれば、ASEP 実践意義 が更に高まるであろう。
さらに見せる

7 さらに読み込む

ファーゴー教授 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ファーゴー教授 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 「皆さん」彼は叫んだ。「私が主に大切だ考えているは、亡くなった人々に及ぼす私 特異影響力ではないです。というも、結局ところ、幽霊は幽霊です。いずれにせよ大し たこはできないです。触ることはできないし、一日うち半分は見えないです。もしそ れが小さい娘霊だったら、気がおかしくなってしまうでしょう。大切ことは、それが生き ているものに不思議影響を与えることができるということです。皆さんはそれを目を使って することができますし、声を使ってすることができますし、ある種動きですることもで きます ― ここまで皆さんがご覧になったように。ただそれに心を向けるだけで何も使わなく てもできるです。もちろんそれは、できる人がいるということです。あまり多くはいません ― 皆さんがときどき出会うある種お金持ち、権力を持った人、共感する力強い人たちで す。それは磁力呼ばれます。それについてはさまざまことが書かれました。さまざま説 明試みもありました。しかし大した成果をもたらしませんでした。言えることはただそれが 磁力ということであって、人はそれを持っているか持っていないかどちらかです。神は それを私に授けることを適切だお考えになったです。これは大きな責任ですが、私はそれ を正しく使うつもりでいます。私はあらゆる類ことができます。何かを見つけ出すこともで きますし、人が心中で思っていることを語らせることもできます。人を病に伏せることもで きますし、健康にすることもできます。恋をさせることもできます ― どうです?再び恋から 目を覚まさせることもできます。そして、割に合わなければ、もう二度と好き結婚なん てしない誓わせることもできるです。正直に言いますが、どういう風にそれをするかは 皆さんにお話しすることはできません。ただ自分に『さあ教授、これを治そう、あれを治そう』 言うだけでいいんです。ただで与えられた才能です。つまり、磁力ということです。そ れを動物的磁力呼ぶ人もありますが、私はそれを霊的磁力呼んでいるです」
さらに見せる

28 さらに読み込む

日本語教育における学習者コーパスの構築とICLEAJ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本語教育における学習者コーパスの構築とICLEAJ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

に特徴的言語使用特性、ならびに日本語学習者苦手する言語領域など、そこに見られる 発見が日本語教育教材作成に資することにもなる。 3 . 2  CIA( Contrastive Interlanguage Analysis 対照中間言語分析)  1960 年代を通じて CA(Contrastive Analysis 対照分析)が一世を風靡し、母語外国 類似点相違点を比較して習得難易度や誤りを予測することが重視された。しかし、学習者 エラーを分析した結果、対照分析が予測するエラー実際に生じるエラーに矛盾が見られ、2 言語間違いに基づいて習得難易度を決定することにも問題があることがわかり批判にさら されることになった。
さらに見せる

9 さらに読み込む

関西大学図書館所蔵ちりめん本の整理 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

関西大学図書館所蔵ちりめん本の整理 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ちりめん本は、縮緬布ように細かい皺を施した紙を用い、欧文に訳した日本昔話などに 浮世絵画家たち絵をもとにした多色刷り挿絵を添えて印刷した本で、明治半ば、長谷川 武次郎により刊行されたものが、その中心をなしている。なつかしい昔話という題材はもとよ り、そのしんなり手になじむ布ようやわらかさ、そして一流絵師による美しい多色 挿絵が相まって、ちりめん本はいまも読者こころを捉えて離さない。もとは、日本国内 人びと、特にこどもたちが外国を学ぶため教科書として意図されたが、その美しさ異国 情緒により、日本にやってきた外国おみやげとして人気を得ることになったようである。  ちりめん本については、石澤小枝子氏が深く研究されており、その著書『ちりめん本すべ て 明治欧文挿絵本』を参考にさせていただき、本学図書館所蔵ちりめん本整理を試み た。石澤氏による、ちりめん本としてもっともよく知られている「日本昔噺」シリーズは 20 冊からなるが、No. 16 に重複があるので 21 冊なっており、また、同じタイトル平紙本も 出版されていた、ということである。さらに、“Enlarged English Edition”として Nos. 21∼25 出版が続き、そのうち、Nos. 23, 24, 25 は、ラフカディオ・ハーンが訳したもので、後に、こ れに二冊が加えられ、箱入りで売り出されることになった。この加えられた二冊うち一冊は、 「日本昔噺」セカンド・シリーズ(第二弾)五冊うち一冊であったようであるが、本学は
さらに見せる

24 さらに読み込む

北村 裕先生との四半世紀 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

北村 裕先生との四半世紀 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

竹 内   理  我々が敬愛する北村 裕先生が、65 歳定年を迎え、本学をご退職になられる。言葉では言 い表せない、強い寂しさを感じずにはいられない。  北村先生は、お互い前任校時代から数えて、もう 25 年を越えるおつきあいなる。私が まだ 20 代後半、先生が 40 代前半時であった。学会でお会いしたが初めてであったが、そ 素晴らしい英語力には感服するしかない、印象を覚えた。その後、先生が長期留学経 験を一切持たず、日本でのみ英語を学んできたという話を聞き、ふたたび驚いた次第である。 また、ご研究面でも、パソコンという言葉がまだ一般化していない時代に UNIX ワークス テーションを駆使して、まさに外国教育工学という言葉にふさわしい業績を打ち立てられて いた。その後も、ベルギー著名心理学者 G. d’Ydewalle 先生共著で眼球運動に関する認 知心理学的研究を行われたり、米国 CNN 社契約して英語教育教材を開発されたり、常に フロントランナーとして、面目躍如たる活躍を続けられていた。これらに加えて、恩師大西 昭男先生(関西大学元学長・理事長)薫陶を十分に受け、幅広い分野で深い教養をお持ちで もあった(更にフルート名手でもある)。このように、私からすれば、北村先生は真に仰ぎ見 るよう存在であった。その先生、国際研究大会実行委員会メンバーとして、またその後 は、(先生が愛してやまない)関西大学同僚としてご一緒させていただき、間近に接する機会 が持てたことは、後研究者・教育者として人生に大きな影響を与えたことは言うまで もない。
さらに見せる

2 さらに読み込む

at Workにみるルース・ベネディクトの肖像 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

at Workにみるルース・ベネディクトの肖像 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

意味で共通悩みではないか思っている。ベネディクトが抗い難い時代軋轢に悩み がら、いうならば当時社会絶対的基準や常識考えられていたことに対してどのように 対応し、諸問題をいかにして切り崩していこうしたか、彼女底知れぬ強さ忍耐過程 は猛烈模索期間であるとともに、彼女個を求めていくことに繋がっていくことでもあった。  マーガレット・ミードベネディクトは一時期、同性愛関係にあったことは事実である。 しかし、その関係は長くは続かなかった。本著を翻訳している過程で、私たちは何度も同性愛 やフェミニズムについて討論した。同性愛という観点からベネディクトをとらえ、書かれた著 書もある。それも研究として可能かもしれない。しかし、ベネディクト書いたものに触れて いる、そのように結論を出すは少し短絡的ではないか感じさせられる。ベネディクトは 理屈っぽく、幼いころには自分自身をコントロールできず、激しい癇癪に悩まされていた。自 分気持ちを理解してくれる相手を希求していた。ミードは違い、ベネディクトは自分気 持ちを率直に外に出すタイプ人ではなく、内にこもっていくタイプ女性であった。肉体的 ハンディ、つまり片方聴力が極端に悪かったことも一因かもしれない。しかし、それだか らこそ、一時期ミードがベネディクトに果たした大きな役割は、重要ものであったことも想 像に難くない。聞き取れない講義をミード援助によってハンディを軽減されたも大きな助 けなったであろう。性格においてもミードは異なるが故に、惹かれるものがあったも事 実であろう。ミードにとっても、ベネディクトは魅力ある人間であった。
さらに見せる

28 さらに読み込む

社会科学の目的と「自由」に関する考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

社会科学の目的と「自由」に関する考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ここから得る教訓は、戦争が人間にとって欠かせないものだということではなく、戦争時に おいて得られる人間悦びは、社会秩序によって平和には奪われているということである。そ れに比してミシシッピ大平原多くインディアン部族状況は、平和時戦争時状況が 逆である。平和時部族同士やりとりは共同出資会社同じように利益を共有し、義務も 分散されている。敵は人間も見なされず、その敵を犠牲にして難なく個人利益を手に入れ ることができるである。ダコタ族は勇敢で根っから戦争好きであった。彼らは近隣部族 から恐れられていた。しかし国は彼ら功績には全く無関心であった。政治的目的で軍隊が 派遣されることもなく、彼らには他部族を支配するという考えは思いもしないことであった。 戦争に加わっている若い青年たちは手柄をどんどん増やしていった。例えばキャンプ先にいた 敵馬を盗み、倒れた敵がまだ生きている間に触れ、頭皮を剥ぎ、敵陣地から傷ついたり、 殺された部族を助け出したりした。これら手柄は加算され、仲間張り合う時に使われた。 戦争それにともなうことは競争であった。戦争部隊に入隊する理由は愛国心からではなく、 一旗揚げたいために入隊した。戦闘部隊が敵地に入る、隊員はそれぞれ一番りっぱ服装を して羽根飾りをつけた。羽根一本いっぽんは彼が過去に成し遂げた手柄を表していた。隊員 たちが本拠地に帰る、英雄なった人たち家族や彼何らかのつながりがある人たちが集 まり、彼功績を称えた。兵隊たちは死ぬまで競い合って自分たち成し遂げた手柄を自慢し あうである。集会場には 100 以上数え棒が置いてあり、誰が一番多く棒を手に入れ、自 分たち手柄話しができるかということを競い合った。
さらに見せる

16 さらに読み込む

トーマス・ロッカー絵本の整理と展望 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

トーマス・ロッカー絵本の整理と展望 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

  , by Thomas Locker. New York: Harcourt, Inc., 2001.  「大自然が踊る」というテーマ第三弾で、前二作構成を踏襲している。テキストは三人称 視点から書かれおり、様々偉大山々姿を映し出している。巻末に載せられたクリスチ ャンセン、および地理学者ドナルド・フィッシャー(Donald Fisher)による科学的説明に助け られ、それら山々がどのように作られたか、また変化していくかを読者は知る。アメリカ合 衆国内よく知られた山々が例として挙げられており、地学、地理テキストとしても読める、 面白い趣向絵本である。短い時間で変化する水は異なり、山々が何万年かけてダンスを踊 っている捉えられているところがユニークである。最後見開きでは、たくさん星がきら めく群青色空を背景にした山々姿を描き、“Beneath the stars, / mountains dance their slow dance / that goes on and on / in the endless beauty of the universe.” というテキストが配され ている。読者を悠久彼方へ誘い、宇宙神秘を感じさせる。
さらに見せる

23 さらに読み込む

岐路に立つルクセンブルクの3言語主義 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

岐路に立つルクセンブルクの3言語主義 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

はドイツフランス語を積極的に「公用」 (Amtssprache)ないしは「国語」 (Landessprache) 規定することをせず、ドイツフランス語使用を憲法が保障することを示しているもの だ。これだけでは、司法 ・ 立法・行政に関わる公文書ドイツフランス語で発行を義務 付けるという拘束力が直ちに発生するまではいえない。したがって、この条文を根拠に 1848 年以来、ドイツフランス語はルクセンブルクで公用地位を得たいえるかは検討余 地がある。例えば Fröhlich(1996:468 f.)は、「フランス語ドイツが対等関係で使用さ れることなったが、フランス語は法律言語として効力を持ち、ドイツは下級行政レベ ルで使用されることが 1848 年に確定された」指摘しているが、同条文は使用領域を規定する ものではないので、当時状況を承認する規定 Fröhlich が解釈しているに過ぎない。さらに、 同条文は第 2 章「ルクセンブルク人その権利について」(Von den Luxemburgern und ihren Rechten)に含まれているので、基本的人権一部位置づけられ、公用規定いうよりは 言語権を保障する規定解釈するが妥当考えられる。公用位置づけについては、むし ろ「ドイツフランス語使用に関する 1834 年 2 月 22 日大公命令」 4) (以下、大公命令)
さらに見せる

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題