トップPDF 第1章 調査の概要 資料シリーズ No31 ハローワークにおける職業分類の運用に関する調査報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第1章 調査の概要 資料シリーズ No31 ハローワークにおける職業分類の運用に関する調査報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第1章 調査の概要 資料シリーズ No31 ハローワークにおける職業分類の運用に関する調査報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

5 本調査位置づけ 本調査は労働省編職業分類改訂に向けて利用者視点から問題点を洗い出すために実施 した。労働省編職業分類は図表 2 通り大・中・小・細分類 4 階層で構成された分類体系 である。このうち上位 3 階層(大・中・小分類)は日本標準職業分類整合性を確保して いる。最下層細分類レベルに設定された項目は労働省編職業分類独自ものであり、職 業紹介業務に用いられているはこのレベル職業である。職業分類改訂作業では分類 体系枠組みと実務で実際に用いられる項目両者について検討が行われる。分類枠組み に関しては、日本標準職業分類整合性と職業安定法 15 条規定をめぐる問題点と課 題について既に報告書をとりまとめている 。実務で利用については本調査を通じて細分 *3
さらに見せる

3 さらに読み込む

資料シリーズNo31 全文 資料シリーズ No31 ハローワークにおける職業分類の運用に関する調査報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料シリーズNo31 全文 資料シリーズ No31 ハローワークにおける職業分類の運用に関する調査報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

各種通信手段を使った営業/販売関連仕事は、構造化することも並列に配置すること もできる。構造化する場合には、各種通信手段(電話、インターネット等)を使った営業・ 販売関連事務仕事を集約職業レベルに新設して、その特掲職業に発信と受信仕事に分 けてそれぞれ位置づけることになる。項目を並列に配置する場合には、現在ように受信と 発信仕事に分けてそれぞれを集約コードに設定することになる。後者形にすると、受信 と発信両方仕事を兼務する人位置づけが難しくなり、受発信両方を含む仕事名を採 録できなくなるという問題がある。たとえばコールセンターには受信と発信両方機能が ある。コールセンター受付係という仕事は受信仕事であることが明白であるが、一般的に 広く用いられているコールセンターオペレーターという名称は受発信担当者全体を指す用 語であるため、受発信にそれぞれに対応した項目を設定するとどちらにも位置づけられなく なる。なお、コールセンター受発信担当者については、上述したふたつ名称以外にコ ールセンター担当者、ヘルプデスク、コールセンタースタッフなどが用いられている。
さらに見せる

144 さらに読み込む

表紙・まえがき・執筆担当者・目次 資料シリーズ No31 ハローワークにおける職業分類の運用に関する調査報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

表紙・まえがき・執筆担当者・目次 資料シリーズ No31 ハローワークにおける職業分類の運用に関する調査報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

付属資料 資料 1 公共職業安定所求人業務担当者用調査票 .............................. 109 資料 2 公共職業安定所求職者業務担当者用調査票 ............................ 120 資料 3 労働大学校研修生用調査票 .......................................... 124

6 さらに読み込む

第2章 現実の職業と職業分類表の項目 資料シリーズ No31 ハローワークにおける職業分類の運用に関する調査報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第2章 現実の職業と職業分類表の項目 資料シリーズ No31 ハローワークにおける職業分類の運用に関する調査報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

各種通信手段を使った営業/販売関連仕事は、構造化することも並列に配置すること もできる。構造化する場合には、各種通信手段(電話、インターネット等)を使った営業・ 販売関連事務仕事を集約職業レベルに新設して、その特掲職業に発信と受信仕事に分 けてそれぞれ位置づけることになる。項目を並列に配置する場合には、現在ように受信と 発信仕事に分けてそれぞれを集約コードに設定することになる。後者形にすると、受信 と発信両方仕事を兼務する人位置づけが難しくなり、受発信両方を含む仕事名を採 録できなくなるという問題がある。たとえばコールセンターには受信と発信両方機能が ある。コールセンター受付係という仕事は受信仕事であることが明白であるが、一般的に 広く用いられているコールセンターオペレーターという名称は受発信担当者全体を指す用 語であるため、受発信にそれぞれに対応した項目を設定するとどちらにも位置づけられなく なる。なお、コールセンター受発信担当者については、上述したふたつ名称以外にコ ールセンター担当者、ヘルプデスク、コールセンタースタッフなどが用いられている。
さらに見せる

87 さらに読み込む

付属資料 資料シリーズ No31 ハローワークにおける職業分類の運用に関する調査報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

付属資料 資料シリーズ No31 ハローワークにおける職業分類の運用に関する調査報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

資料3 労働大学校研修生用調査ハローワークにおける職業分類運用に関する調査 調査協力お願い 職業相談・紹介業務を行うにあたっては、的確な求人・求職者情報収集は欠か せません。現在、求人・求職職種区分には「労働省編職業分類(平成11年)」 (以下、職業分類という )が用いられています(この「職業分類改訂は厚生 。 労働省要請を受けて日本労働研究機構(現 労働政策研究研修機構)が実施し ました 。) 。しかし、産業構造変化に伴って求人・求職者求める職種と「職業 分類」と間にギャップのみられる分野もあります。このため、労働政策研究・研 修機構では、公共職業安定機関における職業分類運用実態と課題を明らか にするために本調査を実施することといたしました。研修期間中お忙しいなか恐 縮ですが、上記をご理解うえ、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
さらに見せる

32 さらに読み込む

第3章 職業分類の運用 資料シリーズ No31 ハローワークにおける職業分類の運用に関する調査報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第3章 職業分類の運用 資料シリーズ No31 ハローワークにおける職業分類の運用に関する調査報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

求人職種位置づけ判断が難しいとき、過半者がとる行動はふたつに分かれる。ひと つは職業分類表や職業名索引で職業定義・類似職業名をチェックすること、もうひとつは過 去求人票をチェックすることである。前者については類似職業名が索引に採録されていな いことがある。そのときには「その他」回答として欄外に記してあるように求人者に相談 して分類番号を決めるなど方法を採ることもあると思われる。過去求人票については、 参考程度に止めるべきである。それは過去に同じ求人職種を処理した職員も判断に迷いなが ら分類番号を決めたものと考えられるからである。これ以外方法は図表 10 とおりであ る。
さらに見せる

16 さらに読み込む

調査の概要 第1章 イギリス 第2章 ドイツ 資料シリーズNo147「諸外国における電気事業の争議規制に関する調査―イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ、韓国―」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

調査の概要 第1章 イギリス 第2章 ドイツ 資料シリーズNo147「諸外国における電気事業の争議規制に関する調査―イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ、韓国―」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

地方レベルで緊急事態へ対応に関連して、同法附則が定義する必要不可欠なサービ ス提供機関は大きく 2 つに区分される。市民保護観点から、より必要度高い 1 カテ ゴリ(Category 1)には地方自治体ほか警察、消防、医療が、また 2 カテゴリ(Category 2)には電気、ガス、上下水道、電話、交通(鉄道等)がそれぞれ含まれる。 1 カテゴリ に属する機関、すなわち 1 カテゴリ対応者(Category 1 responder)には、緊急事態また はその可能性ある状況下において、リスク評価と対応ため計画策定が義務付けられ る。また、 2 カテゴリ対応者(Category 2 responder)、すなわち電気事業者を含む公益事 業者等には、 1 カテゴリ対応者に協力して情報提供などを行うことが求められる。 同法は「緊急事態」について、国内で厚生または環境に深刻な被害を及ぼす可能性ある 事件や状況、あるいは国安全保障を深刻に脅かす戦争・テロリズムと定義し、このうち厚
さらに見せる

14 さらに読み込む

調査の概要 第1章 イギリス 資料シリーズNo.201「諸外国における副業・兼業の実態調査―イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ―」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

調査の概要 第1章 イギリス 資料シリーズNo.201「諸外国における副業・兼業の実態調査―イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ―」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

認 で き な い も 、 上 記 業 種 別 ・ 職 種 別 特 徴 か ら も 、 女 性 で は 引 き 続 き 、 相 対 的 に 賃 金 水 準 低 い 層 が 複 数 就 業 者 に 多 く 含 ま れ る こ と が 推 測 さ れ る 。 ま た 、 Office for National Statistics (2007) に よ れ ば 、 2006 年 時 点 で 、 主 業 が フ ル タ イ ム 労 働 者 に お け る 複 数 就 業 者 比 率 は 3 % 、 主 業 が パ ー ト タ イ ム 場 合 は 7 % で あ っ た 。 こ こ で も 、 男 女 別 ・ 職 種 毎 に 複 数 就 業 者 比 率 を み る と 、 フ ル タ イ ム で は 男 女 間 傾 向 に ほ ぼ 差 が な い が 、 パ ー ト タ イ ム で は 、男 性 経 営 管 理 職 、専 門 職 、準 専 門 職 各 職 種 従 事 者 に お け る 複 数 就 業 比 率 が 高 く 、 男 性 で は 、 こ う し た 職 種 パ ー ト タ イ ム 労 働 者 に よ る 副 業 が 女 性 に 比 し て 多 い 傾 向 に あ る こ と が 確 認 さ れ る 。 統 計 局 デ ー タ か ら は 、 副 業 を 行 う 理 由 に 関 す る 情 報 は 得 ら れ な い も 、 上 記 Resolution Foundation に よ る 分 析 か ら も 、 主 と し て 経 済 的 な 理 由 に よ る こ と が 推 測 さ れ る 。 こ ほ か 、 技 能 向 上 や 、 よ り 良 い 条 件 仕 事 へ 転 職 と い っ た 動 機 存 在 可 能 性 も 指 摘 さ れ て い る
さらに見せる

22 さらに読み込む

序章 調査の概要 第1章 イギリス 資料シリーズNo153「諸外国における外国人受け入れ制度の概要と影響をめぐる各種議論に関する調査」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

序章 調査の概要 第1章 イギリス 資料シリーズNo153「諸外国における外国人受け入れ制度の概要と影響をめぐる各種議論に関する調査」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

iv)GDPギャップがゼロ以下時期について、非EU出身者人口比率増加が国内労働 就業率低下に関連しており、人数換算では外国人100人増加に対して国内労働者27人 分雇用が減少している。 EU出身者については、期間に関する全て区分を通じて、統計的に有意な結果は得られ なかったとしている。また滞在期間長短別による分析でも、有意な結果は得られなかっ たものの、国内労働雇用と関連はいずれもマイナスで、相対的には短期外国人に関 する統計的な関連度が高かった。報告書はこれら結果から、1995~2010年間に入国した とみられる外国人210万人うち、最後 5 年(2005~2010年)分にあたる70万人23%、 すなわち16万人分国内労働雇用が外国人労働者によって置き換えられたとする可能 性を指摘している。このほか、既存研究結果などを踏まえ、国内労働者に対する外国人労
さらに見せる

38 さらに読み込む

第4章 職業分類の共有化をめぐる問題と課題 資料シリーズ No35 職業分類研究会報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第4章 職業分類の共有化をめぐる問題と課題 資料シリーズ No35 職業分類研究会報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

職業安定法 15 条標準職業名・職業解説・職業分類表という文言については、誤って解 釈されないように補足説明が必要である(ポイント 9 (注))。標準職業名・職業解説・職 業分類表は職業分類を構成する三本柱である。この考え方に則って作成されたものが昭和 28 年職業辞典』である。これは当時労働省が全国一律職業紹介を実施するために地域 ・事業所等でそれぞれ独自に使用されていた名称を標準的な名称もとに整理し、標準職業 名に含まれる職務内容を明らかにし、更にそれら職業を体系化したものである。つまり職 業名とその解説、及びそれを体系化したもの(分類表)は三位一体と考えられていた。しか し、その後行政上諸事情によって三位一体職業分類を作成することが困難な状況にな り、昭和 40 年以降改訂では分類体系上位レベルは日本標準職業分類に準拠し、標準職業 名に準じるものとして下位レベル項目が設定されている。標準職業名に準じる項目につい ては職業解説が付されることが望ましいが、現実には仕事内容が記述されているは、その 一部にとどまっている。
さらに見せる

28 さらに読み込む

第3章 安定所における職業分類の運用、分類のあり方 資料シリーズNo191「官・民・諸外国の職業分類等の現状と比較」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第3章 安定所における職業分類の運用、分類のあり方 資料シリーズNo191「官・民・諸外国の職業分類等の現状と比較」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

H 生産工程職業 11 105 340 教育・研究職業 2 19 運転・配達・通信職業 11 建築・土木・電気工事 8 情報処理 3 輸送(運転・配達・リフト等) 6   T P    D P T  T   T T   T   T D      P T  T   T I 輸送・機械運転職業 5 23 48 運輸職業 2 27 製造・技能職業 14 製造・修理・製図・印刷 13 事務 11 警備・管理人・ビル施設管理 3    P T  T P T T   T T   T   T   T D P P      P     T
さらに見せる

18 さらに読み込む

第1章 調査の概要 第2章 調査結果の概要 第3章 資格を取得したときの状況 調査シリーズ No129 職業資格の取得とキャリア形成に関する調査 (WEB調査結果の概要)|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第1章 調査の概要 第2章 調査結果の概要 第3章 資格を取得したときの状況 調査シリーズ No129 職業資格の取得とキャリア形成に関する調査 (WEB調査結果の概要)|労働政策研究・研修機構(JILPT)

スク ニ ン 調査 年 月 ~ 日 本 調査 年 月 ~ 日 実 施し 回 答 総数 資格 所持 者 , 取 得希 望 未所 持者 , 合計 , た こ 中 自由 記述 資 格 基 い 今 回 調 査対象 外 資格 や内 容 不明 を除 いた 結 果 資格所 持者 有 効回 答 , 件 さ 資格 別 プロ フ ル を作 成す た スク ニ ン 時 一 覧 選択 さ た資 格 自由 記述 欄 回答 者 記述 した 資格 一 致 したサ ンプ ル 限定 し 資格 別集 計を 行う こ し た

23 さらに読み込む

第1章 研究の概要 資料シリーズ No54 職業分類の改訂に関する研究Ⅰ ―細分類項目の見直しを中心にして―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第1章 研究の概要 資料シリーズ No54 職業分類の改訂に関する研究Ⅰ ―細分類項目の見直しを中心にして―|労働政策研究・研修機構(JILPT)

今回改訂では、厚生労働職業分類を構成する大・中・小・細分類 4 階層うち最 下層細分類レベルは部分改訂を行い、分類体系骨組みを形成する上位階層項目は日本 標準職業分類に準拠して設定することとしている。つまり実務に使用する細分類レベル項 目は自前で改訂するが、体系骨組みは日本標準職業分類に依存するということになる。こ ような形改訂にならざるを得ないは、厚生労働職業分類特徴に由来している。 その特徴とは、 1 に日本標準職業分類に準拠して大・中分類項目が設定されていること、 2 に日本標準職業分類には設定されていない細分類レベルを設けて、そこに設定された項 目を職業紹介等業務に使用していることである。
さらに見せる

4 さらに読み込む

調査の概要 資料シリーズNo181「諸外国における最低賃金制度の運用に関する調査―イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ―」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

調査の概要 資料シリーズNo181「諸外国における最低賃金制度の運用に関する調査―イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ―」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

警察員)として犯罪捜査と被疑者逮捕、送検を行う権限を行使する。日本では近年、最低 賃金違反、残業代未払い、長時間労働などが常態化した企業が問題となっている。最低賃 金遵守に当たっては、最低賃金額や制度に関する広報や違反取締りが非常に重要である。  そのため本調査では、諸外国最低賃金制度及び同制度効果的な周知・広報について調

6 さらに読み込む

第1部 調査概要 調査シリーズ No78 人材派遣会社におけるキャリア管理に関する調査(派遣元調査)|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第1部 調査概要 調査シリーズ No78 人材派遣会社におけるキャリア管理に関する調査(派遣元調査)|労働政策研究・研修機構(JILPT)

(2) 講 対 象 者 と 無 料 研 修 そ 制 度 が あ し た 事 業 所 を ー ス そ 運 用 状 況 を み み 表 Ⅱ 受 講 対 象 者 い 登 録 い う 概 念 が 特 定 派 遣 合 わ い た 一 般 派 遣 み 限 定 し 計 し た こ を み 稼 働 者 み 受 講 対 象 し い 研 修 割 合 が 高 い ネ ス ・ ス キ ル 研 修 . % ネ ス ・ マ ー 研 修 . % 情 報 保 護 関 す 研 修 . % コ ン プ ラ イ ア ン ス 研 修 9. % 派 遣 前 研 修 . % あ 派 遣 先 が 決 ま っ ら 受 け 場 合 研 修 が 多 い い わ ゆ フ リ ー ラ イ 型 登 録 す 誰 も 対 象 携 ス ク ー ル 割 引 制 度 . % キ ャ リ ア カ ウ ン セ リ ン キ ャ リ ア セ ー .9% あ A ス キ ル や 語 学 研 修 職 能 別 研 修 関 し 割 合 が 拮 抗 す 登 録 型 派 遣 い う 形 態 派 遣 労 働 者 が 派 遣 会 社 ら 派 遣 さ
さらに見せる

59 さらに読み込む

調査シリーズNo39 全文 調査シリーズ No39 ハローワーク来所者の求職行動に関する調査|労働政策研究・研修機構(JILPT)

調査シリーズNo39 全文 調査シリーズ No39 ハローワーク来所者の求職行動に関する調査|労働政策研究・研修機構(JILPT)

7.求職活動における障害 職種・仕事や技術・経験といった職業能力に関する求人とミスマッチが最も大きな問題 となっており、これらは男性求職者により顕著なものとなっている。これら問題を解決す るためには、求人情報をより拡大・充実させるか、職業訓練を受講して未充足求人多い職 種に就職できるようにする必要がある。職業能力以外では、年齢制限厳しさ回答率が高 くなっている。求人情報に年齢制限を設けることは法律によって規制されているが、採用選 考現場では相変わらず年齢制限がまかり通っているようである。なお、賃金に関する指摘 は、それほど多くないという意外な回答結果となっているが、求職者が希望条件を下げてい ることが影響しているものと思われる。また、女性に関しては、労働時間・休日、勤務地・ 通勤時間問題が、求人とミスマッチとして顕在化している。
さらに見せる

95 さらに読み込む

付属資料 資料シリーズ No35 職業分類研究会報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

付属資料 資料シリーズ No35 職業分類研究会報告|労働政策研究・研修機構(JILPT)

職種分類に対する取り組みは、同一事業中で事業者間に違いが見られるだけではなく、 事業間で違いも大きい。職業紹介事業では職種分類利用は大まかに見ると 2 つに分かれ る。マッチング効率を重視する事業者とマッチング精度を重視する事業者である。前者 はシステム上でマッチング効率を重視して詳細な分類項目を設定している。他方、後者は 相対的に粗い分類を利用しているが、コンサルタント等求職者業務担当者が分類粗さを 補って全体としてマッチング精度を向上させることが業務運営基本になっている。 求人広告事業において職業分類内容を規定する主な要因はメディア編集方針や媒体 種類である。たとえばインターネットで求人情報を提供する事業者場合、情報検索に優れ た点を利用してやや細かな職種分類を利用する傾向にある。他方、情報一覧性に優れた求 人情報誌場合、やや粗い分類が使われる傾向にある。
さらに見せる

21 さらに読み込む

第4章 アメリカ 資料シリーズNo181「諸外国における最低賃金制度の運用に関する調査―イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ―」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第4章 アメリカ 資料シリーズNo181「諸外国における最低賃金制度の運用に関する調査―イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ―」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

 連邦最低賃金は、 1938 年公正労働基準法( Fair Labor Standard Act )によって規定される。 対象となるは、①州を越えて営業する企業又は州を越えて流通する商品を製造する企業、 ②連邦、州、地方自治体、病院、学校、③年商 50 万ドル以上事業所等で雇われて働く労働 者である。管理職、専門職等は適用が除外されるほか、 20 歳未満労働者と、チップ収入が ある労働者や障害者、学生を一般労働者と別立てにしている。 20 歳未満労働者は、雇い 始めから 90 日間は賃金が 4. 25 ドルに据え置かれる。チップ収入ある者最低賃金はチップ 抜きで 2. 13 ドルである。チップとあわせて連邦最低賃金以上であれば合法だが、チップを労 働者に分配しない経営者が後を絶たない。障害者や学生最低賃金は通常労働者よりも減
さらに見せる

23 さらに読み込む

第3章 フランス 資料シリーズNo181「諸外国における最低賃金制度の運用に関する調査―イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ―」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第3章 フランス 資料シリーズNo181「諸外国における最低賃金制度の運用に関する調査―イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ―」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

注: 2013 年報告では、 SMIC 及び賃金は「労働契約」に区分されており、 2014 年報告では「労働時間・報酬」という区分になっている。   2014 年統計によると、 DIRECCTE による監督行政によって、年間 61 万 2, 207 件法令違 反が確認できた。そのうち SMIC に関する法令違反は 445 件、監督件数全体に占める割合では 0. 07 %であり、小さな割合となっている。さらに、そのうち 4 件について、調書を検察側 に 送 る 措 置 が と ら れ た。 ま た、 2013 年 に は 年 間 88 万 5, 207 件 法 令 違 反 が 見 つ か り、 SMIC に関する法令違反は 471 件(同: 0. 05 %)で、そのうち 36 件が、調書を検察側に送る措置 が取られている
さらに見せる

18 さらに読み込む

第2章 ドイツ 資料シリーズNo181「諸外国における最低賃金制度の運用に関する調査―イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ―」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第2章 ドイツ 資料シリーズNo181「諸外国における最低賃金制度の運用に関する調査―イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ―」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

金は一部存在していたが、全産業に適用される法定最低賃金はなかったため、新しい制度と い う こ と で 様 々 な 問 合 せ が 寄 せ ら れ た。 例 え ば、 レ ス ト ラ ン や 民 宿 な ど か ら は、 「 チ ッ プ ( Trinkgeld )は最低賃金に含んで良いか」など細かい質問が多く寄せられた。その中で最 も問合せが多かったは、 「実習生( Praktikant ) 」や「職業訓練生( Auszubildende, Azubi ) 」

20 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題