トップPDF 「日本の英文学研究」考 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

「日本の英文学研究」考 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

「日本の英文学研究」考 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Another is for there to be more ‘original’ or ‘creative’ writing. English continues to focus on enabling you to respond to the world around you. (Robert Eaglestone 133 )  私たち日本文学専攻者にとって有意義だと思われる箇所を、本稿論旨である実践知性 として文学研究視点からまず引用したが、実は著者ロバート・イーグルストンは第 1 部 第 1 章 ‘Where did English come from?’ 中で、文学という学科目がどのような歴史的背景 もとでイギリスに設置されるに至ったかを詳述している。文学本家であるイギリス事 情を知っておくことも大切であろうから、以下に、簡潔にまとめてみる:「元々文学研究なる ものはイギリス大学では受け入れられず、特に古典学教授たちにとっては無用長物であ った。ところがこの英文学は 1835 年、一つ正式な学科目としてインドにおいて誕生した。当 時インドを統治していたイギリスは、文学研究を通して現地インド人をイギリス化させよ うと目論んだである。そしてやがてこれがイギリスに逆輸入されることになる。そうした逆 輸入者代表的人物が、詩人・思想家マシュー・アーノルド(Matthew Arnold)であり、 彼は当時イギリス人に文学的教養を身につけさせようと思ったである。具体的には、有益 で文明的な道徳的価値観修得が目標とされた。これに対して、文学研究してもほとんど 意味がないと考える一派も存在し、彼らは、教養ではなく、むしろ言語研究として文学を 志向した。こうしたせめぎあい中、1893 年オクスフォード大学に文学学位コースが導入 されたが、文学専攻は主としてフィロロジー研究を意味した。この流れが変わるは 1917 年 以降である。ケンブリッジ大学講師たちが中心となって、主としてフィロロジーから成り立 っている英語専攻コース抜本的改革を進め、やがて言語研究だけではない、今日私たちが 知っている豊潤な文学基礎が作られたである」。
さらに見せる

22 さらに読み込む

英語的な表現と日本語的な表現 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

英語的な表現と日本語的な表現 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 さらに、日本語では「頭が痛い」という現象も、英語では I have a headache と言い、頭痛と いう生理的現象までもが「モノ」化され、所有対象としてとらえられている。日本語では、 「頭痛を持っている」と表現するはかなり不自然である。  「コートに染みがついている」という日本語場合、省略されている主語「あなた」は、「コ ート染み」が「存在」する場所的な枠に過ぎないが、英語表現では、文は明確な「所有」 形式をとっており、主語「You」は「染み」を支配下に収めた所有者として提示される。こ ような意味で、英語は「HAVE」的な言語、日本語は「BE」的な言語だと言える。
さらに見せる

7 さらに読み込む

日本語「ノンネイティブ」教師の専門性とアイデンティティに関する一考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本語「ノンネイティブ」教師の専門性とアイデンティティに関する一考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 大平( 2001 )は、従来先行研究において、言語的側面や社会言語的側面から「ネイティ ブ・スピーカー」がどのように定義されてきたかを概観し、その定義を「当該言語と接触開 始時期に着目した時間説、当該言語使用における有能さに着目した能力説、現実諸要素を捨 象し、完全な能力を有する理想的な話者を想定した理想説」(p.99)に分類している。そして、 そのように様々に定義可能な「ネイティブ・スピーカー」という概念自体が、その規範から逸 脱したものとして「ノンネイティブ・スピーカー」という属性を形成していることを指摘し ている。また、ネイティブ・スピーカーとノンネイティブ・スピーカー接触場面において、 コミュニケーション上何らかの問題原因をノンネイティブ・スピーカー言語能力不足に 起因していると見る限り、こうした属性は継続的に維持され続けることになってしまうと主張 している。
さらに見せる

14 さらに読み込む

北村 裕先生との四半世紀 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

北村 裕先生との四半世紀 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

竹 内   理  我々が敬愛する北村 裕先生が、65 歳定年を迎え、本学をご退職になられる。言葉では言 い表せない、強い寂しさを感じずにはいられない。  北村先生とは、お互い前任校時代から数えて、もう 25 年を越えるおつきあいとなる。私が まだ 20 代後半、先生が 40 代前半時であった。学会でお会いしたが初めてであったが、そ 素晴らしい英語力には感服するしかない、と印象を覚えた。その後、先生が長期留学経 験を一切持たず、日本でのみ英語を学んできたという話を聞き、ふたたび驚いた次第である。 また、ご研究面でも、パソコンという言葉がまだ一般化していない時代に UNIX ワークス テーションを駆使して、まさに外国教育工学という言葉にふさわしい業績を打ち立てられて いた。その後も、ベルギー著名な心理学者 G. d’Ydewalle 先生と共著で眼球運動に関する認 知心理学的研究を行われたり、米国 CNN 社と契約して英語教育教材を開発されたりと、常に フロントランナーとして、面目躍如たる活躍を続けられていた。これらに加えて、恩師大西 昭男先生(関西大学元学長・理事長)薫陶を十分に受け、幅広い分野で深い教養をお持ちで もあった(更にフルート名手でもある)。このように、私からすれば、北村先生は真に仰ぎ見 るような存在であった。その先生と、国際研究大会実行委員会メンバーとして、またその後 は、(先生が愛してやまない)関西大学同僚としてご一緒させていただき、間近に接する機会 が持てたことは、後研究者・教育者として人生に大きな影響を与えたことは言うまで もない。
さらに見せる

2 さらに読み込む

吉田健一と英文学 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

吉田健一と英文学 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

……祖父牧野伸顕もとで育てられ、幼少頃から身近にこの明治気概を持つ祖父を見 ながら成長した十八歳日本人留学生吉田健一は、異国にあって美しいケンブリッジ空 気に安穏にひたっていることに居たたまれない何か別な衝動に駆られていたではないか。 ………………………………………………………………………………………………………… 成人後に英国に留学した夏目漱石が文明開化を外から眺めて苦々しく思ったとは裏腹に、 吉田健一が常に文明開化を内から眺めて苦々しい思いを噛み締めなければならない位置に いたということである。…………………………………………………………………………… ………………………………………………………………………………………………………… 外国人として自己―小学校以来、英語という「第一母国」で何不自由なくやってき た吉田健一は、ケンブリッジに来て初めてアウトサイダー位置に立たされた。………… ………………………………………………………………………………………………………… 圧倒的な過去が実在するケンブリッジ近代に感染することによって、生まれて初めて が自分「第一母国」でないことを痛切に意識したに違いない。その母国を生ん だ過去深みにはまればはまるほど、否応なくその彼ら「文化」から自分がアウトサイ ダー位置にいることに気づくこと―なん因果か「中途半端付焼刃」でないがゆえに、 まさにそれゆえにこそ吉田健一は自分拠って立つ根幹が揺らぐほど窮地に立たされた と言っていい。
さらに見せる

19 さらに読み込む

関西大学図書館所蔵ちりめん本の整理 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

関西大学図書館所蔵ちりめん本の整理 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

9  THE CHILDREN’S JAPAN 『子どもたち日本』 *  なお、上記リスト内[ * ]ついたものに関しては、関西大学ホームページ内「電子図 書館」で公開されており、オンラインで閲覧が可能である。  以上に加え、関西大学図書館は、スペインに訳された「西文日本昔噺(1∼10)」、「西文日 本昔噺 第二輯(1∼10)」と「葡文日本昔噺(4∼8)」を収蔵している。ほかに、『普魯利安諺 解選集』『普魯利安諺解選集続編』ちりめん本(1895)と平紙本(1895)、Choix de Fables
さらに見せる

24 さらに読み込む

博識無双の凛然たる人、北村裕教授 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

博識無双の凛然たる人、北村裕教授 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

外国学部紀要 第 10 号(2014 年 3 月) 4  北村氏は、いっさい海外留学はせず、日本英語教育環境下で完璧な英語運用能力を修得 された。また、パソコンなどといった言葉すら誰も知らず、IT 関連機器が日本でほとんど普及 していなかった時点で、北村氏は独学で果断にコンピュータと格闘し、敢為精神でみごとに 日本英語教育工学界権威となられた。孤独森に入り、自らと真摯に向き合い、苦難を窮 めた英傑に、私は研究原点を見る思いがする。
さらに見せる

3 さらに読み込む

稀代の目利き、福井七子先生へ贈る言葉 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

稀代の目利き、福井七子先生へ贈る言葉 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 先生は稀代目利きである。たとえば、研究テーマを例にとると、先生選ばれた日本文化 論テーマは、年月を重ねるにつれて、今日性が増しているように思える。通常ならば、歳月 とともに時代性を失い輝きを減ずるものだが、先生テーマをそうではない(ここでは紙幅 関係でたった 1 - 2 行で表現しているが、とても希有なことであり、驚きに値する)。先生目 利きぶりは、何も学問話だけではない。ちょっとした小物でも、お店でも、食べ物でも、普 遍的で価値高いものを選ばれているように思う。先生にお薦め頂いたものに外れはない。  人を見る目も同じである。先生人物評は端的にして、的を射ている。その時は分からなく ても、そして表面的には見えていなくても、後になって「じんわり」とその意味がわかってく る。時にその慧眼ぶりに、「怖い」と思うことすらあった。しかし、決して相手を貶めるような 評ではなく、そこに先生持つ上品さを感じる。
さらに見せる

1 さらに読み込む

福井先生との翻訳の仕事 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

福井先生との翻訳の仕事 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ベネディクトが生きた第二次世界大戦前後アメリカ社会は、黒人、ユダヤ人、女性に対す る偏見ばかりでなく、少数民族、敵国民、性的マイノリティーに対する偏見が充満している社 会だった。そのような偏見に対してベネディクトは感情に流されることなく、あくまでもアカ デミックな手法で、偏見は社会が作り出すもので、一つグループ人間が別グループ人 間に勝るとは言えないことを淡々と論じている。それは、ベネディクトネイティヴ・アメリ カン研究においても、日本研究においても、一貫して保っている姿勢である。そして、ベネ ディクトは自分考えを証明するため努力を惜しまなかった。戦争足音が刻々と近づいて いる中、ボアズは懸命にユダヤ人へ差別無意味さを説き、ベネディクトは戦争を引き起こ す社会構造を分析した。彼ら努力もむなしく、アメリカが戦争に突入した時落胆は大き かったに違いない。戦争が終わりに近づくと、ベネディクトはアメリカ政府を説得するために よりいっそう科学的な手法で日本人行動パターンを分析し、それを悪と決めつけられない理 由を明確にした。当時アメリカ政府がベネディクトやボアズような研究者に耳を傾け、彼 ら意見を少なからず尊重したことは、歴史において幸いなことだと言える。
さらに見せる

3 さらに読み込む

ゴードン・スコット・ジョンソン教授 略歴及び主要業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ゴードン・スコット・ジョンソン教授 略歴及び主要業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

単著  昭和 60 年  Lotus(日本フェノロサ学会)第 5 号 pp. 4-9. “The Artists Stretch Their Legs: the “Sketch-tour” books and Other Developments in Japanese Graphic-Arts of the Early Twentieth Century” 単著  昭和 61 年 3 月  関西大学東西学術研究所紀要 第 19 輯 pp. 21-39. “Kanao Tanejiro and the development of Meiji-Taisho “sketch-tour” books”

5 さらに読み込む

杉谷眞佐子教授 略歴及び主要研究業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

杉谷眞佐子教授 略歴及び主要研究業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

1999 年 「言語コミュニケーション教育と価値観変容」日本コミュニケーション研究者会議 (岡部朗一 編) 『1998 年日本コミュニケーション会議プロシーディング 9 』pp.81 133. (単著) 2000 年 Deutschunterricht und Germanistik in Japan. L. Götze/G. Helbig/H. Anz/G. Henrici/ H.-J. Krumm/W. Veit (eds.): Deutsch als Fremdsprache. Ein internationales Handbuch

3 さらに読み込む

中国語と近代─ 東アジアの言語環境における思考─ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

中国語と近代─ 東アジアの言語環境における思考─ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

タームが使用されているが、New Idea and New Terms(1913)著者 A. H. Matter(著名な 宣教師狄未亡人)も認めているように宣教師が作成した文法関係タームは 1913 年時点 では一般に認められなかった 13) 。西洋人によって西洋言語で著された著作や辞書などは、西洋 言語学枠組み中で中国音韻、文法、語彙について記述することでは一応成功を収め たと言ってよいであろう。しかしその中国で書かれた著作は、中国読者に言語に関する研 究において新たな道筋を示すには十分ではなかった。馬建忠『馬氏文通』(1898)や厳復 『英文漢詁』(1904)はいずれも直接西洋文献から知識を受容したものである。西洋言語学に関 する知識多くが日本語を学習する過程で導入されたことはこれまでに指摘されていなかった 事実である。言語学タームは、その大多数を日本語から借用したということがこの点を如実 に物語っている。言語「科学」的研究は、明治期日本学者も目指した目標であることを 付け加えておきたい。中国を含む言語研究近代化過程において、外国、特に日本影響 等について解明しなければならない点が多々ある。
さらに見せる

10 さらに読み込む

福井七子教授 略歴および主要研究業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

福井七子教授 略歴および主要研究業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

「日本人行動パターン」共著 山折哲雄、ポーリン・ケント(1997)NHK 出版 1-172 “Background Research for The Chrysanthemum and Sword Dialectical Anthropology”   共著 Pauline Kent(1999)Kluwer Academic Publishers 173-180 “The Lady of the Chrysanthemum: Ruth Benedict and the Origins of the Chrysanthemum and the Sword” 共著(2004)The Johns Hopkins University Press

4 さらに読み込む

国際交流におけるコンフリクトの解決スキル 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

国際交流におけるコンフリクトの解決スキル 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Key words international collaboration, conflict resolution, facilitation skills 1 .ASEP 教育効果  毎年 12 月最終週、中華民国高雄市において、AJET (Advanced Joint English Tele commu- nication)と WYMC (World Youth Meeting Committee)が主催し、高雄市政府、國立中山大学、 高雄高級中学、他後援により ASEP (Asian Student Exchange Program)が開催されている。 そこでは、アジア各国(台湾、日本、韓国、インドネシア、マレーシア)から中学・高校・大 学生が集い、ICT を活用した事前交流、2 カ国協同英語プレゼンテーション、対面交流を通じ た国際交流活動が行われている。(昨年度で 11 回目:[http://www.kageto.jp/asep/2010/]参照)  この ASEP による教育効果とは、一言でいうと「実践による学び奥深さ」である。このこ とは、ネイティブ・アメリカンが遙か昔に気づいており、次ような諺として先祖代々語り継 がれている:
さらに見せる

7 さらに読み込む

想い出すことども 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

想い出すことども 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 原稿用紙使い方も知らない学生が混じる中、まず教室で自己紹介を書かせた。それぞれ 生年、出身地、性格長所、将来希望進路について取り上げるように伝えた。くれぐれも、 暗く湿っぽい内容ではなく、明るいさわやかな印象をめざすようにとも言った。  この段階では、まだ学生はあまり気乗りがしていない。自分文章に朱を入れられた経験が ない学生は、反撥こそすれ、あまりいい気持ちがしていないが表情から見てとれる。けれど も、字数制限があるので、むだな言葉を削ぎ落としていくうちに、文章がきりりと締まってく るが何となく分かるだろう、「ふむ、なるほど」とぐらいは思い始めるにちがいない。  身辺雑事をあつかう随筆では、どうしても学生はありきたり、誰もが知っているようなこ とを主題にしがちである。そこで、芥川賞作家、村田喜代子『名文を書かない文章講座』(朝日 文庫)や、井上ひさし『日本語観察ノート』(中公文庫)を引きあいに出して、文章基本は、 「自分にしか書けないことを誰にも分かるように書くこと」だと伝える。そして、思いついた題
さらに見せる

10 さらに読み込む

アントニー・スティーヴン・ギブズ先生 ―仰ぎ見る存在として― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

アントニー・スティーヴン・ギブズ先生 ―仰ぎ見る存在として― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

外国学部紀要 第 14 号(2016 年 3 月) 2  先生は、遠州流茶道直門上席師範を経て、家元師範代という高い立場に昇られており、茶 道に関する論考や、茶道語彙に関する研究も多数発表されてこられた。また、日本語日本 文学についても、その分野で修士学位( Oxon )を取得されて以来、継続して研究を続けら れている。しかし何よりも私個人印象に残るは、その英文法教授に関する論考である。全 10 章からなるこの一連論文群と、それを発展させた書籍ドラフトを先生から数年前に見せ て頂いた時には、そのユニークなアプローチに大いに感銘を受けた。40 年にわたり、日本大 学生と向き合った経験があるからこそ、生まれてきた考え方だと思われる。日本人にとって痒 いところに手が届くようなこの論考さらなる充実と、早い出版が待たれるところである。ま た先生は、発音や韻律教授法に関しても一家言をお持ちであり、90 年代にはこの分野でも一 連論文を書かれている。陳腐な言葉かもしれないが、マルチな才能とは彼ような人物こ とを言うであろう。まさに仰ぎ見る存在と言わざるを得ない。
さらに見せる

2 さらに読み込む

フランス語教育に必要とされる文法知識 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

フランス語教育に必要とされる文法知識 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

在形誤用が 1.8%であったと比べるとかなり確率で完了用法に現在形誤用が見られ、イ ンフォーマントにとっては複合過去形が現在時事象とは結び付きにくいことを窺がわせる。  以上研究報告から日本語を第一言語とする学習者が作り上げる複合過去形学習文法一 例をまとめてみよう。複合過去形役割は事行で表される出来事を終了局面から捉え、完結し た事柄として表すことにあったが、学習者文法知識中では、事行から想起される「長さ/ 短さ」という概念を指標として構造化されている。半過去形誤用と対照的に複合過去形は事 行が表す事柄短さと結び付いて概念化される。「短さ」を想起させる文要素指摘はない が、半過去形誤用例から類推すると、動詞(句)、時間表現などが考えられるだろう。動詞に ついて言えば、半過去形と結びつきやすい状態動詞対局にある動詞、すなわち動詞意味内 容に完了点を含む完了動詞、到達動詞は「短さ」を想起させ、複合過去形と結び付きやすいと 言える。複合過去形を概念化するもう一つ指標は時間軸である。複合過去形は「過去」とい う概念と密接に結び付いている。過去事に成立した事行結果が現在時において確認される完 了用法、特に結果相は「過去」という時間軸上指標から外れており、学習者が考える複合過 去イメージとは強く結び付いていない。
さらに見せる

25 さらに読み込む

碩学 平田 渡先生へ感謝を込めて 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

碩学 平田 渡先生へ感謝を込めて 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 先生碩学ぶりは尋常でなく、ご専門であるイスパニア文学・文化話はもちろんこと、 日本文学・文化話、言語や教育話、さらには趣味海釣話や車、ワイン話まで、周り にいるものを圧倒する。読書量はおそらく大変なものだと推察される。ただ、先生は読書に使 われる時間と同じくらいに、若い教員と話す時間も大切にされた。その中で、文学面白さに 気づいたもの、日本語意識を高めたもの、新たな視点を得たものがいることを見ると、人 を育てる際「対話大切さ」を、他誰よりも認識されていたではないかと思えてくる。  また、先生は人に感謝する言葉を惜しまない方でもある。作業をご一緒させていただいた 8 年前外国学部開設にかかる各種行事で、自ら様々に差配を振るわれたにも関わらず、「我 が勲なきがごとく」振る舞われ、下支えしたものに感謝をされていた。その姿を思い出すと、 ともすれば自らことばかり考えがちな大学教員中にあって、周りへ配慮を欠かさない先 生存在は希有なものであり、そして見習うべきものであると感じる。
さらに見せる

1 さらに読み込む

大学における翻訳教育の位置づけとその目標 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

大学における翻訳教育の位置づけとその目標 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

“school”=「学校」、 “lessons in things like music, dance, and tea ceremony”=「音楽や踊り、茶 道など授業」、“training”=「訓練」といった、単に辞書的な意味をそのままあてはめただけ 、「文脈」を無視した訳語選択にある。  “school”は「学校」でよいだろうか。たしかに、辞書的な意味では「学校」(と一般的にわ れわれが呼んでいるところもの)でよいだが、ことばはそれが使われるコンテクスト ― この場合は対象文化や時代背景等「小説世界」という枠組み ― 中で考え、再分析しない と適切な「意味」(したがって訳語)を与えることはできない。上記例も、そういう視点から 見れば“training”は「(日本「習いごと」について一般的な用語である)お稽古」であ り、“lessons in things like music, dance, and tea ceremony”は「(芸者が基本的な教養として 身につけるべき)三味線やお囃子、踊り、お茶作法など」「お稽古」ということになる。 “school” はそういうお稽古を受ける場所を指す。
さらに見せる

30 さらに読み込む

社会科学の目的と「自由」に関する考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

社会科学の目的と「自由」に関する考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

比較データからみえる諸々イデオロギー *  現在二つイデオロギーが対立している。対立する価値観やイデオロギーによって国々が戦 う争いはそれほど多くはなく、両サイドが同じものを得ようとする戦いが多い。しかし枢軸国 は自分価値観を広めることに対してあからさまで極端であった。そのため民主主義国家は一 般的な書籍や新聞を通して自由イデオロギーを熱烈に掲げてそれに反論した。ナチス国家は このような軟弱な自由に対するイデオロギーを否定した。指導者へ服従と「新しい秩序」 ため自己犠牲を掲げ、そこではより劣った人種が奴隷となり、支配者と能力ある者に服従す る。両者こうした価値観衝突なかにあって、文化人類学者として私たちは、文化相対主 義プロとしてスタンスを保ち、市民として関わっているにしても懐疑論者であるべきな だろうか。そうすることが私たち伝統的なやり方だった。そして私たちが自覚しなければな らないことは、一般市民が文化人類学から学んだ最初で最も重要なレッスンは、すべてこと が相対的であるということである。「文化相対主義」という言葉は一般的に使われ、文化という ものが何なかを全く知らないような人にまで使われている。「相対主義」は今日、心理学や社 会学教科書にも表れている。極端な例として教科書 William Graham Sumner, Folkways 1) (ボ
さらに見せる

16 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題