トップPDF 2009年度ケベックスタージュ報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2009年度ケベックスタージュ報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2009年度ケベックスタージュ報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

2009年度ケベックスタージュ報告 Rapport sur le stage québécois en 2009 太 治 和 子 Nous avons participé au stage intitulé qui s’est déroulé à l’Université de Montréal, du 27 juillet au 14 août en 2009. Nous avons suivi, le matin, le cours de didactique qui nous a permis d’aborder les théories de base et de les mettre en pratique par des activités facilement utilisables dans notre classe de français. Nous avons eu 2 travaux à remettre avant la fi n du stage, un travail individuel centré sur l’exploitation et l’application des documents authentiques et un autre, en équipe, concernant la présentation d’une activité utilisant l’approche coopérative. L’après-midi, le programme socio-culturel était prévu : des conférences à propos de l’histoire et la situation actuelle du Québec, des visites guidées, l’observation d’ateliers des étudiants qui suivaient le cours intensif d’été à l’École de français. Cet article est donc le rapport détaillé de ce stage avec des commentaires.
さらに見せる

13 さらに読み込む

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

学生が効果的に感じる英語発音トレーニングの実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

間と互いに撮影しあう様子も見られ,学生同士交流も意欲を高めることになったであろう。 消極的な学生も,グループワークでは意見を出すことが求められるので,それまでと比較して, 積極的に授業参加しているように見られた。  また,英語歌も学生興味を引いたと考えられる。学生意見にあったが,教科書英語 を読むことには意欲が高まらないが,歌なら印象深く,音が頭に残り,楽しみながら練習でき る。上手に歌うためには,英語リズムや音つながりをマスターしなければならず,その部 分を仲間と何度も歌うことで,英語リズムや音つながりが理解できたと感じたことも窺え る。授業以外でも歌を歌って練習した学生もおり,発音トレーニングが自主学習につながって いる。アンケートを見ても,「 7 .英語歌を歌うことは発音練習ために良い。」が 4 . 7 とい う結果から,学生が歌効果を実感していると考えられる。
さらに見せる

14 さらに読み込む

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ヨーロッパ共通参照枠におけるレベルB1について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

力が定着していなければならない。  「話す」行為について、B 1 になって新しく求められていることは、思いつくままに話す ではなく、物事を相互に関連付け、全体として脈絡通った話をすることができる能力であ る。自分体験や夢や希望を語ることができ、その理由を説明でき、現実に起こった出来事や 想像上出来事を語り、自分読んだ本や見た映画あら筋を順序だてて述べることができ、 物語を語ることもできる。特に、A段階では求められなかった、相手と議論する能力も身につ けている。「書く」行為については、筋通ったテクストを書くことができるようになってお り、A段階ではできなかった短いエッセーや報告書を書くこともできるようになっている。  そのため方略として、正確なが出てこなくても他言葉で言い換えたり、「母国をフランス語風に発音したり綴ってみたり」franciser un mot de sa langue maternelle (p.54)、 会話が途切れても自分ほうから話を再開することができる。また、相手に自分フランス語 を直してもらうことができ、場合に応じてはこちらが会話主導権を握ることもできるように なっている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

『明治字典』における朝鮮語子音‘ㄴ’の片仮名転写について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 次に、転写方法である。まず、母音長音表記は、同じ母音または別母音を重ねるものと、 長音符号‘ー’を用いるものに分けられる。たとえば、 ‘ㅏ、・’場合は‘アア aa’と‘アー a-’である。‘나’では、同じ母音を重ねる方法、すなわち‘ナア naa’という表記は8~ 10巻、 16~ 18巻に58例見られ、長音符号‘ー’を用いる方法、すなわち‘ナー na-’という表記は、 2~4巻、6~9巻、12~ 14巻に80例見られる。また、‘ナアー naa-’という表記も4巻、 10巻、13巻に7例見られる。ところで、‘나’に対して、‘余、儂(2巻)、吾(4巻)、我(12 巻)’は‘ナ na、ナアー naa-、ナア naa’と三通りに転写している。‘ ’では、‘ナア naa’ は10巻、16~ 18巻に、‘ナー na-’は3巻、5~6巻、8巻に、共に8例見られる。
さらに見せる

17 さらに読み込む

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本のスペイン語教育における 授業内容の標準化の必要 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

文化的要素を学習できるようになっていたりと、工夫が凝らされている。たとえば、スペイン とラテンアメリカ諸事情を文法とともに段階的に学んでいくことを主眼とした西川喬『新ス ペインゼミナール』、旅行会話や日常会話だけでなくパソコン、携帯電話などで用いる活きた 表現を取り入れた福嶌教隆『生き活きスペイン』がある。これら教科書は、本文、文法説 明、練習問題によって構成されている。文法事項学習が中心に据えられているが、説明がよ りわかりやすくなっており、練習問題数が増やされるなど工夫がされている。また写真やイ ラストが採用されて見た目も華やかで魅力があるつくりとなっている。近年、旅行や仕事で外 国に出かける日本人が増えるにつれて、実際的な運用能力、コミュニケーション能力を身につ けたいと考える学習者が増加した。そうした欲求を満たすため、石崎優子、フェリサ・レイ『ス ペイン世界へ窓』ように、文法学習を中心とした傾向から実践的コミュニケーション重 視ものへとシフトする教科書が出てきた。このような教科書では、多様な練習問題を組み込 み、学習した文法項目を使用した、教室でペアワークやグループワークといった活動を提案 している。さらには、タスクを用いることにより、文法学習と同時に言語使用意義を学ぶ大 森洋子、四森瑞枝『タスクで作ろう、活気ある教室−初級スペイン授業改善を目指して ― 』 という、初級レベル学習者ためタスク活動を実践報告にまとめた事例集も発行されている。  CEFR については日本学会や雑誌においても多く研究や論文があり、その概念をどう生 かすか盛んに論議されている。しかし、2009年度でも30点以上と多様な教科書が出版されて いるにもかかわらず、現在ところ CEFR を軸にしたスペイン教科書は日本からは出版され ていない。
さらに見せる

14 さらに読み込む

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

高校生用スペイン語教科書作成のための一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 英語以外外国については、改訂前と同様に、地域実情や学校実態に応じ、いっ そう積極的に開設され弾力的な指導ができるようにするため、学習指導要領において特に 規定していない。なお、これらを扱う際には、英語に関する各科目目標及び内容等に準 ずるものとした。 (第一章 第一節 3 ⑧)  つまり英語以外外国は、各学校や個々スペイン担当者に科目目標や内容決定権 があり、それに従って指導が行われているため、実は ELE 教材や大学生用教科書必要な部 分のみを使うという現状でも問題はないと言えないこともない。それでも本来大学授業で用 いられるが前提である教科書が、想定と異なる使い方をされている状況は憂慮すべきであろ う。それでは、高校生用教科書作成ためにはどのような点に注意を払うべきであろうか。
さらに見せる

8 さらに読み込む

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

名詞性並列構造“茶壷茶碗”について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 では,“和”が生起してもしなくてもよい並列構造や,“和”が生起しないが一般的とされ る並列構造に,“和”を生起させるとどのような意味的差異が生じるか。作文や記事タイ トルとしては, “茶壶和茶碗”や“爸爸和妈妈”ようにA和B型を採用するが自然であるが, テクストによっては,“茶壶茶碗”に敢えて“和”を生起させ“茶壶和茶碗”とすると,他に 受け皿なども存在し,そのようないくつか要素中から(ほかでもなく)きゅうすと湯 飲みを取り上げるという意味合いが生じ,“爸爸和妈妈”も,(ほかでもなく)お父さんとお母 さんを選び出し取り上げるというニュアンスを帯びる。下例では,
さらに見せる

9 さらに読み込む

グループ活動を取り入れた初級スペイン語教育の試み 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

グループ活動を取り入れた初級スペイン語教育の試み 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

憶する量多さや日本語で説明されても理解しづらい学習項目であるので、授業中練習問題 や実践だけでは練習量が不足であるように感じられた。 4 . 2 . 3  教員側問題  指導する側問題、教員活動中役割にも注意しなければならない。筆者は学習者自発 的な学習を促すために、グループ活動中にはできる限り、学習者から質問されたり、間違った 表現をしているに気付いたりした時他はこちらから指示しないよう心がけた。日本語をス ペインに訳す時に既習事項を使ってどう表現できるかを考えさせたかったので、文章がで き上がって学習者が添削をして欲しいと申し出るまでこちらからは積極的に間違いを指摘しな かった。間違いを訂正する際にひとつ気を付けた点がある。それはその誤り修正をクラス全 体に周知するということである。個々グループからクラス全体に発表させるときは問題ない が、グループ内で完結する活動ときには訂正仕方に注意が必要である。活動中は教員が各 グループを見回り、学習者表現文法的な誤りに気が付けば、質問を誘導した後、その場で 訂正する。しかし、そのグループ構成員だけが間違いに気付くでは効果が薄い。どのよう な間違いが起こり得るかを確認させるため、板書をしてその間違いをクラス全員に伝える ことが必要である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

動画投稿サイトYouTubeを活用したドイツ語授業 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 予行練習時に見られた動画アップロードが完了しない現象も、設定を調整したことでテス ト時には見られず、全体として概ねスムースに実施することができたと言える。以下で述べる ような個別問題は散見されたが、プロジェクト成否に関わる問題はなかった。  個別的な問題として、予行練習時には顕在化しなかった個人に起因する問題が見受けられ た。第一に、Wi-Fi 申請を行っていない学習者が非常に多かった。発音テストは公平性観点 から、授業時間内に教員に URL を送付するまでを課題としていた。すでに言及した通り、動画 ファイル容量が大きいため 3 G 回線や LTE ではアップロードに時間がかかり、場合によって は授業時間内に完了することが難しい。この点を十分アナウンスした上で Wi-Fi 申請手続きを 行うよう指示したつもりであったが、多く学習者が申請しておらず、最終的に授業時間外に アップロードが完了し URL を送付した。
さらに見せる

12 さらに読み込む

携帯で英語 −携帯サイトを使った英語授業支援の実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

携帯で英語 −携帯サイトを使った英語授業支援の実践報告 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

また、「どこでも使える」機能は、当初予想していたほど魅力的ではなかったようだ。これ は小テスト勉強をする時間(たいてい場合がテスト当日だと推測される)には、教科書も 持っている、ということが理由に考えられる。せいぜい ₅ 分程度勉強は、学校に来るバスで 教科書を見る、または教員が教室に到着するまでに見る、という程度ようだ。右手に携帯電 話、左手に教科書、という状況では、教科書が圧倒的勝利を収めただ。
さらに見せる

8 さらに読み込む

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

韓国語教育の視点からみた「-을게요」の運用に関する一考察 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

5 .おわりに  本稿では、「-을게요」を意志告知という面から運用的な条件を考察し、その条件が「了解求 め」「約束」「申し出」「承諾」における「-을게요」使用に関わりを持つことについて述べた。 これまで「-을게요」説明は、約束や利益を前提にしたものが多く、一方的な宣告や脅しな どに「-을게요」が使えないは当然ようにされているが、本考察では話し手意志決定に 相手と相互行為から得られた理解が反映されているという観点からその理由を探ることがで きた。「-을게요」説明に相手へ配慮という言葉が度々見られるもこのような理由からで あると考えられる。
さらに見せる

13 さらに読み込む

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

第二外国語としての中国語の初級教育に於ける問題と対策 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

(三) 学生は中国文化、歴史、現代事情などについて勉強したいという要望がある。勉強す る教材は教科書だけに頼らず、ビデオなどメディアを利用して授業を行うべきである。 3 .アンケート調査結果に基づく対策  どんな授業も、教える側と学ぶ側両方からなっている。学ぶ側を無視して、一方的に教え る側から授業進行は必ず失敗を招く。学生ことを考えるということは、中国授業 が、学生意志によって左右されるということではなく、学生関心対象に基づいて、学生 中国に対する興味を引き出し、教養中国教育学習効果を引き上げることである。上述 した日本大学における教養中国教育実情や学習途中で見られる問題、学生希望に基づ いて、初級段階教養中国教育に以下ように取り組めば、より良い効果を得られるでは ないかと考えている。
さらに見せる

14 さらに読み込む

国内の絵本美術館・児童文学館を訪ねて―平成20年度国内研究員報告― 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

国内の絵本美術館・児童文学館を訪ねて―平成20年度国内研究員報告― 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 あと二枚は、絵本 (1981)絵である。一枚は表紙で、 もう一枚は、page 1 と書いてあった(と思うがよく覚えていない、それほど絵に圧倒されて いたということだろう)ので、後日家に戻って確かめたが、この絵本どこにも見当たらず、 学芸員さんにお尋ねしたところ、やはり、この一枚は最終的に絵本に用いられなかったという ことである。確かに、ちひろ美術館発行美術館コレクション・カタログ『ちひろと世界絵 本画家たち』(2000)にも、この 1 枚は、この絵本ため習作であったと記されている。  表紙は、くすんだ緑色をベースにアラジン驚いた様子を描いたもの。彼を取り巻いて多く 植物が描かれているが、その描き方はイスラム芸術やインド細密画を思わせ、まさにル・ カイン風である。もう一枚は、アラビアお姫さまを描いたもの。細い三日月ときらめく星、 暮れかかる夜空を背景に、東洋風模様あるじゅうたん上に妖艶さをかもし出しながら座 る、オレンジとピンク衣装を身にまとう王妃。部屋格子だろうか、あるいは、繊細な レース模様掛け物、これら全てを魔法世界ものにするかように、ランプから細い煙 が、右画面下から左画面上方へと漂っている。この絵を囲う羽を描いた縁取り、その色は王妃 衣装色と同調するオレンジである。その色使いや、細かな描写、縁取り妙が、エキ ゾチックなエロティシズムを醸し出している。なんと美しい絵だろう。
さらに見せる

24 さらに読み込む

分離疑問文( Split Questions )のSC 分析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

分離疑問文( Split Questions )のSC 分析 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Camacho(2002)分析で SQ-type1名詞類、あるいは SQ-type3前置詞句、形容詞句など移 動が考慮されない句が基底生成するような例では説明が可能であるに対し、動詞、あるいは CP など単一節を越えた移動が関係する場合は説明することができない。次に Arregi(2010)は 二重節構造を用いて分析されているため SQ-type3など移動が関係したりしなかったりする場 合は説明できるかあいまいではあるがさらに問題になるは SQ-type4中でも焦点句へ CP 全体がどのようにして移動するかその必要性に関して疑問となる。最後に López-Cortina (2007)では確証句を採用する事でイントネーションなど音韻現象と意味論も考慮した上で SQ-type1-3を説明することができるが、同様に SQ-type4派生を考慮した際に否定要素が関連 する時になぜ最終的な派生が成立しないかその定式化が曖昧である事が分かる。
さらに見せる

24 さらに読み込む

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

カルデロンの翻訳から見る鷗外の翻訳論 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

スペイン:《Todos Amen》「皆々アアメン」 独語訳:《Soldaten.' Sistwahr!》「兵卒どもほんとうにそうだ」  鷗外は「独逸も新舊いづれはあれど、基督教民なれば、『アアメン』は『アアメン』なり、 これを邦語に譯して南無阿弥陀佛といひたらむやうなる不都合あるにはあらざるべし。さるを 猶是如く改めたり」(同)と付け加えている。またこれ以外にもシュレーゲル、シェークス ピア翻訳例等も示した。そしてこれ等例が示すように、戲曲翻訳に際しては多少自由が 必要であると説き、さらにその自由を鷗外は哲学書翻訳と比較して、「戲曲はこれを讀み、こ れを聞きて、その幻象直に讀者聴者目前にあらはれざるべからざればなり。故にいはく。戲 曲飜譯は、これを哲學書など飜譯に比すれば頗る自由なるもの」(同:341)と説いた。ま た鷗外は『飜譯に就いて』中で「予飜譯は殆皆誤譯だとして、予に全く飜譯能力がなく、 予飜譯に全く價値がないと言ひ触らしてゐるものもある(中略)予飜譯疵病として指摘 してある箇條を見るに、なる程と頷かれることは極て希である。小説脚本飜譯は博言學的研 究とは違ふ。一字一字に譯して、それを排列したからと云って、それで能事畢ると云ふわけで はない。故らに足したを原文にないと云って難じたり、わざと除いたを原文にあると云っ て責めたりしても、こっちでは痛癢を感じない」(飜譯に就いて:497)、と鷗外は言う。鷗外は カルデロン後、セルバンテス『ドン・キホーテ』と関わりを持つことになるが、『ドン・キ ホーテ』書中、後編第六二章で、ドン・キホーテが立ち寄った印刷所で居合わせた翻訳者と交 わす会話は、鷗外にとって興味深いものとなる。鷗外蔵書中に『ドン・キホーテ』があるこ とは既に指摘したとおりである。
さらに見せる

14 さらに読み込む

日韓における謝罪の「定型表現」の使用について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日韓における謝罪の「定型表現」の使用について 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 例⑵ミニョンと金次長は親しい後輩と先輩関係であるが、会社では後輩ミニョンが上 司にあたる。場面は書類報告で他職員がミニョン部屋を出たあと、ミニョンと金次長が二 人で仕事話を続けている設定となっているが、上司と部下でなく親しい後輩と先輩関係で 打ち解けた会話を進めている。この例「聞き手が被る物理的心理的な損害や迷惑」内容を 具体的にみると、金次長はミニョン指摘により関連業者(ポラリス)に連絡を入れていない ことに気がつくが、金次長台詞では「깜박 다(忘れてた/うっかりしてた)」のみが発話さ れている。ミニョンから秘書へ電話ですぐ事態が収拾できることになり、「聞き手が被る物理 的心理的な損害や迷惑」は程度軽い内容と判断される。事態収拾後、金次長「깜박 어 (忘れてた/うっかりしてた)」発話がくり返されるが、発話とともに「中指と人差し指で右 コメカミ部分を軽く二度たたく」というジェスチャーが見られる。このジェスチャー は、韓国では自分失敗に対する「頭悪い、バカ、ボケ」など自責ジェスチャーとして捉 えることができ、相手に申し訳ないという気持ちを表しているように考えられる。
さらに見せる

16 さらに読み込む

交流授業 ― ドイツ語とロシア語― 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

交流授業 ― ドイツ語とロシア語― 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 つまり今回授業は、教師にとっては、 3 年間授業学生からフィードバック機能を 果たし、授業振り返りとして活用できる授業形態であることがわかった。  また、教師間で授業工夫交換ができた。長年教えていても、この方法が一番というは なかなかない。いつも試行錯誤繰り返しがある。そしてその長年経験から一つだけ確信を 持って言えることは、学生が生身人間なら、教える教師も生身であるということだ。だから あるメソッドがとても良いといわれても、それが有効になるかは学生と教師と相互関係によ るところも大きい。金科玉条としてメソッドにしがみついていると、肝心学生に教えること は何であるかを見失ってしまう。そのような場合に「他人ならどうするだろう」、と情報を 得るもこういった授業形態でできる一つ方法であり、また情報交換可能性一つ場と して考えられるかもしれない。
さらに見せる

11 さらに読み込む

Analyzing an Achievement Test 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Analyzing an Achievement Test 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

29.日本人平均寿命はまだ伸び続けるものとみられる。   In, Japan, the average life expectancy ( 29 ) be further extended. 30.新会社発足祝賀行事が行われている。   Festivities ( 30 ), celebrating the inauguration of the new company. avoid,฀at฀least,฀agree,฀admit,฀accept,฀adopt,฀appoint,฀appreciate,฀at฀least,฀be฀banned,฀ be฀likely฀to,฀be฀anxious฀about,฀be฀available,฀bring฀about,฀be฀concerned฀over,฀ be฀satisfied฀with,฀be฀under฀way,฀be฀ready฀to,฀be฀in฀full฀swing,฀be฀committed฀to,฀ be฀afraid฀of,฀be฀at฀a฀loss,฀call฀on฀~to,฀conclude,฀cope฀with,฀confer,฀do฀without,฀ estimate฀at,฀face฀with,฀facilitate,฀get฀rid฀of,฀give฀rise฀to,฀head฀for,฀in฀line฀with,฀ in฀accordance฀with,฀instead฀of,฀lead฀to,฀lag฀behind,฀mainly,฀manage฀to,฀on฀charges฀of,฀ play฀an฀important฀role,฀persuade,฀pay,฀predict,฀provide,฀result฀in,฀remind฀of,฀reduce,฀ stress,฀stem฀from,฀stick฀to,฀submit,฀share฀with,฀urge฀to,฀warn,฀
さらに見せる

15 さらに読み込む

モチベーションをはぐくむ ― 関西大学ロシア語教室の挑戦 ― 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

モチベーションをはぐくむ ― 関西大学ロシア語教室の挑戦 ― 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Безусловно, проблема мотивации является одной из самых важных не только в области преподавания иностранных языков, но и во всех сферах образования.. Кроме того мы х[r]

14 さらに読み込む

フランス語タンデムコミュニケーションクラスについて 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

フランス語タンデムコミュニケーションクラスについて 外国語教育フォーラム|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

と答えあわせから始まるようにした。これは、学生に自宅で毎回復習する習慣をつけてもらう ためと、週 ₂ 回授業に連続性を持たせるためであった。 ところで、タンデムクラス長所とは何であろうか。授業効率だけを考えてみた場合、同一 担当者クラスが最も効率よく授業を進めていくことができると言えるかもしれない。実際、週 ₂ 回同じ教員がクラスを担当した場合には、最も進度が速く練習問題量も多くこなすことが できた。しかし、授業アンケート結果を見る限り、学生満足度がほか授業形態に比べて 極めて高いとは言えなかった。それはなぜであろうか。教員が ₂ 名いることで、教員お互い 個性と欠点を補い合い、学生にとってより満足度高い授業になる可能性が生まれるでは ないだろうか。その ₂ 名教員が、フランス人教員(もしくはフランス語を母国とする教員) と日本人教員だった場合はどうであろうか。ネイティヴクラスでは、初回授業から実際に ネイティヴ教員話すフランス語に接する機会に恵まれ、学生もフランス語を発話するよう求 められるため、覚えたばかりフランス語でコミュニケーションが成立していく。しかし、疑 問に思った点をそのまま放置することなく、次回、日本人教員クラス中で母国を使って
さらに見せる

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題