Red Hat 仮想化機能

Top PDF Red Hat 仮想化機能:

ストレージ仮想化の展望

ストレージ仮想化の展望

本稿では,そのようなストレージ仮想全般の動きについて述べ,今後を展望する。ま た身近で分かりやすい実現例としてファイルレベルのストレージ仮想について述べる。 Abstract In recent years, it has not been unusual for enterprise IT systems to have utilization rates of about 10% or less for their disk units. So we can expect that storage virtualization will be effective for cost reduction as well as server virtualization. The term “storage virtualization” has recently been used in contexts such as the one mentioned above. But it originally meant a disconnection of storage’s physical topology from a logical view, and mapping the physical resources for a logical view of applications. Storage systems carry out such disconnection and mapping in an invisible manner. This paper explains virtualization in a block access layer and file aggregation layer as an example of how virtualization is adopted in an operational system.
さらに見せる

6 さらに読み込む

Pacemaker + KVMで仮想化クラスタリング ~仮想化連携機能のご紹介~ OSC2011Tokyo/Fall

Pacemaker + KVMで仮想化クラスタリング ~仮想化連携機能のご紹介~ OSC2011Tokyo/Fall

付録 B:ゲストのSTONITH設定(4/4)  暗号したゲストリソース名の作成  仮想ホスト上で、以下のコマンドを実行します hostA# echo "prmVMCTL_guest1" | openssl des-ede3 -e -base64 -k vmstonith U2FsdGVkX18Gh0VsgX6ze9TaOkigwXAyX3weRM8q2HFG+ppSGNhUqg== hostA# echo "prmVMCTL_guest2" | openssl des-ede3 -e -base64 -k vmstonith U2FsdGVkX19OO1zVKCGneLBCaGTaGLZ7gLQiNnpLxRAcmJUOjnZrYg==

70 さらに読み込む

仮想化を現場でどう使っていく?

仮想化を現場でどう使っていく?

をアプリケーションサイズのリモートデスクトップとして提供している  Windows Client OS には、標準でリモートデスクトップを提供する機能がつ いている  XP ModeのアプリケーションはRemoteAppテクノロジーで提供されている。

57 さらに読み込む

データ仮想化と NOSQL データ ストア

データ仮想化と NOSQL データ ストア

Java API を使用する特定の NOSQL XML ドキュメント ストアの場合は、少なくとも 2 つの CJP プロシージャが必要です。どちらの CJP も、いずれかのアップストリーム XML 操作機能(XSLT 変換など)でさらに操作できる XML ドキュメントを返します。1 つ 目の CJP は唯一の入力引数としてドキュメント ハンドル(一意の識別子)を受け取り、 API を使用してそのドキュメントを取得し、返します。2 つ目の CJP は唯一の入力引数 として XQuery の指定を受け取り、API を使用してクエリを実行し、結果を 1 つのドキュ メントとして返します。もちろん、さらに詳細なパラメータを受け取る追加の CJP を実装 することもでき、複数のビューへの統合が容易になります。
さらに見せる

7 さらに読み込む

今から間にあう仮想化入門とXenについて

今から間にあう仮想化入門とXenについて

39 平成 19年10月1日 機能比較 その2 こちらに掲載している対応 OSは ベンダーがサポートする OSとは異なる場合がありますのでご注意ください VMware Infrastructure 3 Xen 3.0.3 Microsoft Virtual Server 2005 R2

49 さらに読み込む

仮想化ソリューション Nutanix ESXi 設定事例 (SC21)

仮想化ソリューション Nutanix ESXi 設定事例 (SC21)

・本書の利用条件や記載内容は予告なしに変更することがあります。 ・本書は、当社が把握・確認した内容を基に作成したものであり、お客様環境における製品機能の仕様や動作について 担保・保証するものではありません。 ・本書の記載内容は、本書発行時点の情報であり、製品のバージョンアップ等による機能拡張によって実際の操作手順 や画面構成、機能動作等が変更される場合があります。

19 さらに読み込む

Oracle Solarisの仮想化技術

Oracle Solarisの仮想化技術

さらに,Solaris OSでは,ストレージ仮想機能 としてSolaris ZFSを標準提供している。ZFSファ イルシステムは,複数の物理ディスクをストレージ プールで管理する。ストレージプールから必要な領 域を切り出すことで,仮想されたボリュームを作 成できる。ZFSは,堅ろう性と拡張性を実現しなが ら容易な管理を可能とするファイルシステムである。 以降では,Solaris OSの仮想機能について説明 する。
さらに見せる

6 さらに読み込む

デスクトップ仮想化の理解

デスクトップ仮想化の理解

理コンソールの 3 つの主なコンポーネントで構成されます。接続ブロー カー機能やコンポーネントのプロビジョニングを含むすべての管理作 業は、管理コンソールから実行されます。 クライアントの電源をオンにすると、クライアントは内蔵の iSCSI ブート・ テクノロジーを使用して、リモート・ストレージ・アプライアンスに接続し ます。ここで、 Xen* に基づくタイプ 1 ハイパーバイザーがリモートスト レージからコピーされてクライアントのメモリーにロードされ、管理コン ソールへの接続が確立されます。管理コンソールは、クライアントの資 格情報に基づいて、クライアントとリモートストレージ間の接続を仲介
さらに見せる

20 さらに読み込む

MidoNet は 2014 年 11 月よりオープンソースに Apache2 ライセンス 機能 : 分散仮想スイッチ 分散仮想ルーター 分散仮想 L4 ロードバランサー 分散仮想 L4 ファイヤーウォール 分散 NAT ドキュメント CLI デプロイメントツール ドキュメント類 オープンソースに含

MidoNet は 2014 年 11 月よりオープンソースに Apache2 ライセンス 機能 : 分散仮想スイッチ 分散仮想ルーター 分散仮想 L4 ロードバランサー 分散仮想 L4 ファイヤーウォール 分散 NAT ドキュメント CLI デプロイメントツール ドキュメント類 オープンソースに含

•  ITサービス企業が商用環境で利用できるパブリッククラウドを ノルウェーで提供 •  全機能が自動され、ユーザーによるセルフサービスが可能 •  MidoNetを使い、仮想ネットワークサービス(L2, L3, FW, LB)を提供

32 さらに読み込む

はじめての仮想化サーバ編

はじめての仮想化サーバ編

VMware VMware *1 SASモデルのみVMware® 認証サーバ 次の場合は、Hyper-V™機能は未サポートです。TX100 S1でインテル® Pentium® プロセッサー E5200またはインテル® Celeron® プロセッサー 430搭載時、TX120 S2でインテル® Celeron® プロセッサー 575搭載時、 TX150 S6でインテル® Core™2 Duoプロセッサー E7400搭載時、RX100 S5でインテル® Core™2 Duo プロセッサー E7400またはインテル® Celeron® プロセッサー 430搭載時。

16 さらに読み込む

Heartbeat + Xenで仮想化クラスタリングしてみよう!

Heartbeat + Xenで仮想化クラスタリングしてみよう!

デバイス一括監視機能は、ホストOSのDomain-0 にディスクや ping監視機能を搭載する事が可能なため、故障検出をより確実 に行うことが可能になります。 Linux-HA-Japanプロジェクトより 3月公開予定!!

79 さらに読み込む

サーバ仮想化システムにおけるiStorage活用のポイント

サーバ仮想化システムにおけるiStorage活用のポイント

(5) ストレージ仮想 ◆ 統合ストレージの適切な利用を実現するシンプロビジョニング機能 iStorage D シリーズのシンプロビジョニング機能は、ウィザード形式の簡単な手順を通して、スト レージの物理容量に関わらず、業務サーバに対して論理容量の割り当てを可能にします(図11)。 業務サーバは見かけの論理容量を、利用可能なストレージ容量として認識し、物理容量はストレ ージプールから必要に応じて割り当てられるため、ストレージ管理者は容量拡張の作業から解放 されます。物理容量が不足したときは監視機能によりストレージ管理者に通知されるため、ストレ ージ プ ール にデ ィス クドラ イブを 追 加 する だけで 、 業 務 無 停 止 で 容 量 を 拡 張 で きま す。 また 、 WebSAM Storage PerforMate(オプション製品)と連携することによって、将来にわたる容量の増 加傾向を分析できます。
さらに見せる

14 さらに読み込む

仮想化環境のクライアントとしてのChromebook

仮想化環境のクライアントとしてのChromebook

この Chrome OS 搭載端末をクライアント仮想環境への接続端末として検討する企業が増 えてきています。 1. はじめに Chrome OS は端末にローカルストレージを必要としますが、OS の格納以外はキャッシュに 使用されるのみであり、データの格納先はオンラインストレージを利用します。端末自体に データが保存されないことから、Chrome OS 搭載の端末を“シンクライアント”と位置づ け、クライアント仮想環境へ接続する端末として活用できることが考えられます。 ここでは Chrome OS を搭載した HP Chromebook 11 G3 Notebook PC を使って Citrix や VMware の仮想環境における接続端末として利用する手順や機能・制限について紹介します。
さらに見せる

13 さらに読み込む

仮想デスクトップによる院内セキュリティ強靭化

仮想デスクトップによる院内セキュリティ強靭化

パワーポイント、53ページ、ファイルサイズ1.67MB Virtual Printing 不使用 218MB Virtual Printing 使用 2.21MB  仮想プリンタ機能にて、プリンタ構成や種別に依存せず、印刷が可能に  トラフィックを圧縮することにより、帯域消費や印刷待ち時間も削減

27 さらに読み込む

マイクロソフトのネットワーク仮想化を強化する F5 の連携機能 F5 ネットワークスジャパン株式会社ビジネス開発部部長宮崎佑一

マイクロソフトのネットワーク仮想化を強化する F5 の連携機能 F5 ネットワークスジャパン株式会社ビジネス開発部部長宮崎佑一

まとめ • 仮想マシンの自由な移動と、マルチテナントに対応した ネットワークをつくることで、ITインフラの柔軟性と効率性が 向上し、アプリケーション側のニーズに対応したインフラが できます

17 さらに読み込む

ネットワーク基盤の仮想化と活用事例

ネットワーク基盤の仮想化と活用事例

• BCP発動時は同じ名前に対して、BCP用IPアドレスへ切替 • 前提:BCP発動時に管理者がDNSレコード更新 BCP対策への解答例 ~物理ネットワークの世界~ 「BCP用システムは、NW基盤範囲も人手により切替えなければ使えない」 →「有事の際に機能しないリスク有り」

22 さらに読み込む

PRIMEQUEST(1000シリーズ) RHEL5-Xen 仮想マシン機能ユーザーズマニュアル

PRIMEQUEST(1000シリーズ) RHEL5-Xen 仮想マシン機能ユーザーズマニュアル

1.1.3 ハードウェア仮想支援機能 ソフトウェアによる仮想マシンの実装では、ソフトウェアで論理的な仮想マシンを作成します。そのため、ハー ドウェアによるパーティションと比較してどうしてもオーバヘッドが大きくなります。しかし、 「 1.1.2 ソフト ウェアによる仮想マシンの実現」 で述べた優位性などが認められ、ハードウェア(主に CPU)で、仮想を実 現するための支援機能も取り込まれつつあります。この支援機能を使うことにより、ソフトウェアの実装が比 較的簡素し、かつ性能劣化のオーバヘッドも少なくなります。
さらに見せる

395 さらに読み込む

SSC 小規模仮想化運用パック

SSC 小規模仮想化運用パック

2. インストール前の準備 SSCをインストールする前に行う準備を説明します。SSCをインストールする前の準備には、大きく分けて 「管理サーバの準備」、「管理対象(物理サーバと仮想マシン)の準備」の二種類の準備があります。 また、「SSC 小規模仮想運用パック」では同梱のDeploymentManager(DPM)の機能を利用しないため、 DPMを利用するための説明は省略しています。ただし、別にDPMを利用する予定がある場合は、管理サー バと同一のネットワーク内にDHCPサーバを用意してください。
さらに見せる

83 さらに読み込む

SSC 小規模仮想化運用パック

SSC 小規模仮想化運用パック

2. インストール前の準備 SSCをインストールする前に行う準備を説明します。SSCをインストールする前の準備には、大きく分けて 「管理サーバの準備」、「管理対象(物理サーバと仮想マシン)の準備」の二種類の準備があります。 また、「SSC 小規模仮想運用パック」では同梱のDeploymentManager(DPM)の機能を利用しないため、 DPMを利用するための説明は省略しています。ただし、別にDPMを利用する予定がある場合は、管理サー バと同一のネットワーク内にDHCPサーバを用意してください。
さらに見せる

77 さらに読み込む

Show all 10000 documents...