陸上自衛隊第4師団司令部

Top PDF 陸上自衛隊第4師団司令部:

朝鮮半島 図表 Ⅰ 朝鮮半島における軍事力の対峙 漁郎 総参謀部海軍司令部平壌防衛司令部 空軍司令部 价川平壌中和南浦黄州 徳山遮湖馬養島退潮 国連軍司令部米韓連合軍司令部在韓米軍司令部 沙串 議政府 ソウル水原 米第 2 歩兵師団 平沢烏山米第 7 空軍司令部 群山 光州 大邱 釜山

朝鮮半島 図表 Ⅰ 朝鮮半島における軍事力の対峙 漁郎 総参謀部海軍司令部平壌防衛司令部 空軍司令部 价川平壌中和南浦黄州 徳山遮湖馬養島退潮 国連軍司令部米韓連合軍司令部在韓米軍司令部 沙串 議政府 ソウル水原 米第 2 歩兵師団 平沢烏山米第 7 空軍司令部 群山 光州 大邱 釜山

器を改良することにより、化学兵器を使用できる可能性がある」と指摘している。 27 北朝鮮は自ら、 「外貨稼ぎを目的」に弾道ミサイルを輸出していると認めている。 (98(平成10)年6月16日「朝鮮中央通信」論評、02(同14)年12月13 日北朝鮮外務省報道官談話) 28 14(平成26)年および15(同27)年の北朝鮮による弾道ミサイル発射事案の概要は次のとおり。①14(平成26)年3月3日午前6時20分頃および午前6 時30分頃、朝鮮半島東岸の元 ウォンサン 山付近から、スカッドと推定される弾道ミサイルを2発、東北東に向けて発射した。いずれも約500km飛翔し、日本海上に落 下したものと推定される。②同月26日午前2時30分頃から午前2時40分頃にかけて、朝鮮半島西岸の粛 スクチョン 川付近から、ノドンと推定される弾道ミサイルを 2発、東方に向けて発射した。いずれも約650km飛翔し、日本海上に落下したものと推定される。③6月29日午前5時頃、朝鮮半島東岸の元 ウォンサン 山付近から、 スカッドと推定される弾道ミサイルを2発、東方に向けて発射した。発射された弾道ミサイルは最大で約500km飛翔し、いずれも日本海上に落下したもの と推定される。④7月9日午前4時頃から4時20分頃にかけて、北朝鮮南西(平壌の南方約100km)から、スカッドと推定される弾道ミサイルを2発、北 東に向けて発射した。発射された弾道ミサイルはいずれも約500km飛翔し、日本海上に落下したものと推定される。⑤7月13日午前1時20分頃から1時 30分頃にかけて、北朝鮮南部の開 ケ ソ ン 城付近から、スカッドと推定される弾道ミサイルを2発、北東に向けて発射した。発射された弾道ミサイルはいずれも約 500km飛翔し、日本海上に落下したものと推定される。⑥7月26日午後21時35分頃、北朝鮮西岸(海 ヘ ジ ュ 州の西方約100㎞)から、スカッドと推定される弾 道ミサイルを1発、東方に向けて発射した。発射された弾道ミサイルは約500km飛翔し、日本海上に落下したものと推定される。⑦15(同27)年3月2日 午前6時30分頃および6時40分頃、北朝鮮西岸南浦(ナンポ)付近から、スカッドと推定される弾道ミサイルを2発、東北東に向けて発射した。発射され た弾道ミサイルはいずれも約500km飛翔し、日本海上に落下したものと推定される。
さらに見せる

18 さらに読み込む

陸上自衛隊の福利厚生に関する達

陸上自衛隊の福利厚生に関する達

9条 部隊等の長は、常に隊員及び隊員家族の希望、要求及び心理状態に留 意し、適切な福利厚生を行わなければならない。 (方面総監の責任) 10条 方面総監は、常に警備区域内に所在する駐屯部隊等における福利厚 生業務の適正な実施について、駐屯地司令及び駐屯地業務隊等に関する訓令 (昭和34年陸上自衛隊訓令44号)11条2項の規定に基づき、駐 屯地業務隊等の長を指揮監督しなければならない。
さらに見せる

7 さらに読み込む

平成 26 年 9 月 30 日第 55 号防衛山口 ⑵ 本日は 山口県防衛協会第五十一回定期総会のご案内を申し上げましたところ 山口県総務部長渡邉繁樹殿をはじめ 関係自治体 海上自衛隊第三十一航空群司令眞木信政殿 陸 海 空自衛隊の主要幹部及び県下陸海空自衛隊各基地司令他多くのご来賓のご臨席を賜り

平成 26 年 9 月 30 日第 55 号防衛山口 ⑵ 本日は 山口県防衛協会第五十一回定期総会のご案内を申し上げましたところ 山口県総務部長渡邉繁樹殿をはじめ 関係自治体 海上自衛隊第三十一航空群司令眞木信政殿 陸 海 空自衛隊の主要幹部及び県下陸海空自衛隊各基地司令他多くのご来賓のご臨席を賜り

自衛官等募集  防衛協会会員募集について  ■目  的   本会は、我が国の独立と平和、国民の生命と財産を守ることを基本に防衛意識の普及を図り 自衛隊及び関係団体の健全な育成発展に協力することを目的に昭和39年に設立以来、県民に対 する防衛思想の普及、防衛の最前線を担う自衛隊に対する激励支援等幅広い協力支援活動を推 進しています。

8 さらに読み込む

陸上自衛隊における感染症対策に関する達

陸上自衛隊における感染症対策に関する達

(2) 感染症発生月報 感染症が発生したときは、感染症発生月報(別紙6)を、翌月 20 日 までに報告する。(衛定 24 号) 2 駐屯地司令並びに外国の領域で活動する部隊の長は、感染症が発生し、か つ、訓令感染症である場合には(ただし後天性免疫不全症候群は別示)、訓 令6条及び 11 条の規定により、順序を経て防衛大臣に報告するものとす る。

14 さらに読み込む

陸上自衛隊の教育訓練実施に関する達

陸上自衛隊の教育訓練実施に関する達

2 方面隊(中央即応集団を含む。) 、防衛大臣直轄部隊及び機関ごと一括集計して作成するほか、方面隊(中央即応集団を含む。 )においては、 師団(空挺団、混成団を含む。 ) 、方面直轄部隊等グループごと一括集計したもの及び普通科連隊、対戦車隊、偵察隊(後者2つは 106 ㎜無 反動砲のみ)で作成したもの、富士学校においては、普通科教導連隊及び偵察教導隊(106 ㎜無反動砲のみ)で作成したものを添付する。 3 対象人員は、別冊4「射撃教育訓練基準」に定められた各火器ごとの対象者区分による。この際、男性自衛官と女性自衛官は別表に記
さらに見せる

103 さらに読み込む

陸上自衛隊の情報保証に関する達

陸上自衛隊の情報保証に関する達

する。 4章 可搬記憶媒体に係る対策 (可搬記憶媒体の管理) 28条 部隊等情報保証責任者は、訓令43条の規定に基づき、防衛省の 可搬記憶媒体について、使用者名等を記載した可搬記憶媒体登録簿(基準) (別紙12)を設けるとともに、集中保管を行わなければならない。ただ し、特定秘密を保存した場合は特定秘密の保護に関する達(陸上自衛隊 41-8号)、秘密及び指定前秘密を保存した場合については、秘密保全に 関する達(陸上自衛隊41-2号)によるものとする。
さらに見せる

27 さらに読み込む

05.陸上自衛隊セット版

05.陸上自衛隊セット版

104不発弾処理隊長(2等陸佐) ・陸上自衛隊関東補給処吉井弾薬支処勤務 (2等陸佐) ・陸上自衛隊北海道補給処多田弾薬支処長  (兼)多田分屯地司令(2等陸佐) ・陸上自衛隊補給統制本部勤務(2等陸佐) ・陸上自衛隊補給統制本部付(2等陸佐)

25 さらに読み込む

陸上自衛隊の礼式に関する達

陸上自衛隊の礼式に関する達

2 用務を終わり、室を去る場合は、前項の逆の順序により敬礼を行う。 (敬礼を行うべき上級者が居室等又は事務室等に入ってきた場合の敬礼の要 領) 9条 訓令 12 条2項各号に掲げる者のほか、指揮系統上の部隊等の長又 は駐屯地司令が下位者の居室等(寝室、自習室、娯楽室等をいう。以下同じ。) 又は事務室等(事務室、作業室等をいう。以下同じ。)に入ってきた場合に は、最初に認めた者が「敬礼」と呼び、在室者は起立して敬礼を行った後、 直接応答する者を除き各自の動作に復する。受礼者が居室等又は事務室等を 去る場合もおおむね同様とする。ただし、一般に就寝を許可されている寝室 においては、これを認めた者のみが敬礼を行うものとする。
さらに見せる

29 さらに読み込む

2 添付書類 : 別冊海上自衛隊の部隊等の大規模災害派遣時の基準 写送付先 : 運用局長 陸上幕僚長 海上幕僚長 航空幕僚長 各方面総監 航空 総隊司令官 航空支援集団司令官

2 添付書類 : 別冊海上自衛隊の部隊等の大規模災害派遣時の基準 写送付先 : 運用局長 陸上幕僚長 海上幕僚長 航空幕僚長 各方面総監 航空 総隊司令官 航空支援集団司令官

(7)災害時における航空機運航上の保安については、災害時における救援航空機等 の安全対策マニュアル(8.1.26)による。 (8)災害派遣活動における航空法(昭和27年法律231号)81条の2(捜 索又は救助のための特例)の解釈については、災害派遣活動における回転翼航空 機の場外離着陸について(通知)(海幕運5357号。7.12.25)によ る。

11 さらに読み込む

陸上自衛隊補給管理規則

陸上自衛隊補給管理規則

52条 学校、教育訓練研究本部、中央情報隊(基礎情報隊に限る。)、病院及び中央 業務支援隊(以下「学校等」という。)が保有する図書には、防衛省の図書管理に 関する訓令(昭和34年防衛庁訓 令60号。以下「図書訓令」という。)に定め る登録番号及び請求記号を背表紙等にラベル(別紙24)により表示するとともに、 図書蔵書印(別紙23)を適宜の個所に押印し所要の記入を行うものとする。ただ し、図書訓令に定める乙種図書のうち防衛省発行の図書・雑誌・教範類及び100ペ ージ以下の図書並びに厚生用の図書については、受入れの表示(別紙24)のみと することができる。
さらに見せる

172 さらに読み込む

米空軍演習レッド フラッグ アラスカ参加を激励 5 月 25 日 ( 金 ) 織田 長島 山本( 康 ) 理事が航空支援集団司令部を訪れ 航空支援集団司令官彌田清空将 ( 当時 ) に 5 月 28 日 ( 月 ) 永岩理事長 上田 渡部理事が中部航空方面隊司令部を訪れ 中部航空方面隊司令官石野次男

米空軍演習レッド フラッグ アラスカ参加を激励 5 月 25 日 ( 金 ) 織田 長島 山本( 康 ) 理事が航空支援集団司令部を訪れ 航空支援集団司令官彌田清空将 ( 当時 ) に 5 月 28 日 ( 月 ) 永岩理事長 上田 渡部理事が中部航空方面隊司令部を訪れ 中部航空方面隊司令官石野次男

 その後、オフィサーズ・クラブで米軍側は5空 軍司令官アンジェレラ空軍中将、同副司令官ハリス 空軍准将、374空輸航空団司令マーク・オーガス ト空軍大佐等、空自側は航空総隊司令官齊藤治和空 将、同副司令官秦啓次郎空将、同司令幕僚長國分 雅宏空将補、同防衛部長山田真史空将補、防空指揮 群司令日吉章夫1等空佐等と、まさに日米の基地の 主要メンバーが出席し、JAAGA 主催の昼食会が開 かれた。日米双方の司令官から JAAGA の横田基 地訪問に対する歓迎の言葉とともに、JAAGA の諸 活動への謝辞があった。この両司令官の挨拶や会食 中の懇談を通じて、米空軍と空自の関係が極めて緊 密かつ信頼感溢れるものになっていることを感じた。  午後から374空輸航空団司令兼米軍横田基地司 令のオーガスト大佐の挨拶及び概況説明、基地内バ ス・ツアー及び36空輸飛行隊での C−130型機見 学が実施された。米国内の街並み然とした PX、映 画館、レストラン等の施設、グローバルな米軍空輸 網の拠点機能としての航空機や各種施設を見聞し、 米軍横田基地の重要性を実感した。
さらに見せる

16 さらに読み込む

第 7 通信大隊 千歳市祝梅 1016 ( 東千歳駐屯地 ) TEL (0123) 第 5 旅団司令部 帯広市南町南 7 線 31 番地 ( 帯広駐屯地 ) TEL (0155) 第 4 普通科連隊 同 上 第 6 普通科連隊 092-

第 7 通信大隊 千歳市祝梅 1016 ( 東千歳駐屯地 ) TEL (0123) 第 5 旅団司令部 帯広市南町南 7 線 31 番地 ( 帯広駐屯地 ) TEL (0155) 第 4 普通科連隊 同 上 第 6 普通科連隊 092-

自衛隊旭川地方協力本部 旭川市、留萌市、稚内市、士別市、名寄市、紋別市、深川市、富良野市、上 川総合振興局管内、宗谷総合振興局管内、留萌振興局管内、空知総合振興局 管内(雨竜郡に限る。)、オホーツク総合振興局管内(紋別郡及び常呂郡佐 呂間町に限る。)

21 さらに読み込む

1 東北方面隊 第9戦車大隊 第9師団 第9特科連隊 岩手駐屯地 第3特科大隊 第9高射特科大隊 航空自衛隊山田分屯基地 第9戦車大隊 情報中隊 第9高射特科大隊 第2特科大隊 第1特科大隊 図1-1 発災当日の岩手駐屯地各部隊の展開状況 2 東北方面隊 第26普通科連隊 留萌 第9師団 岩手県庁

1 東北方面隊 第9戦車大隊 第9師団 第9特科連隊 岩手駐屯地 第3特科大隊 第9高射特科大隊 航空自衛隊山田分屯基地 第9戦車大隊 情報中隊 第9高射特科大隊 第2特科大隊 第1特科大隊 図1-1 発災当日の岩手駐屯地各部隊の展開状況 2 東北方面隊 第26普通科連隊 留萌 第9師団 岩手県庁

・ ただし、田老地区を走る国道 45 号線の状況については以下の通りであった。 「13 日、災害派遣で活動していた岩手駐屯地の 387 施設中隊が宮古から田 老に向け道路を啓開し、それに併せて岩泉方向から田老に向けては、民間 企業が道路を啓開したため、国道 45 号線については、既に車両1両分が通 過出来る状態にあった。」(陸上自衛隊師団司令総務課広報室) 『道路の啓開』   

36 さらに読み込む

(84.阿蘇山) 写真 阿蘇山中央火口丘群 2009 年 1 月 20 日 北から撮影 中岳第一火口 陸上自衛隊第 8 師団撮影 2011 年 8 月 10 日 火口縁南西側から気象庁撮影 火 口 底 赤 熱 (5 割 ) 1989 年 5 月 30 日 火口縁南西側から気象庁撮影 ス ト ロ ン

(84.阿蘇山) 写真 阿蘇山中央火口丘群 2009 年 1 月 20 日 北から撮影 中岳第一火口 陸上自衛隊第 8 師団撮影 2011 年 8 月 10 日 火口縁南西側から気象庁撮影 火 口 底 赤 熱 (5 割 ) 1989 年 5 月 30 日 火口縁南西側から気象庁撮影 ス ト ロ ン

▲ 1815(文 化 12)年 噴 火 降 灰 多 量 、 噴 石 、 田 畑 荒 廃 。 ▲ 1816(文 化 13)年 噴 火 6 月 12 日 。 2: 00 頃 鳴 動 が 始 ま り 、 そ の 後 、 水 蒸 気 噴 火 。 新 湯 小 屋 に 大 小 の 噴 石 、熱 い 砂 、泥 、泥 湯 を 連 続 的 に 噴 出 。 4: 30 頃 新 湯 の 東 脇 の 2 箇 所 の 火 口 か ら 白 煙 。 10: 00 頃 火 を 噴 い て い た 火 口 に 土 砂 が 流 れ 込 み 、 埋 没 。 そ の 後 、 谷 を 隔 て た 反 対 側 の 斜 面 で 白 煙 が 上 が る 。12:30 頃 火 炎 、黒 煙 な く な る 。反 対 側 の 斜 面 で 白 煙 。夜 、2 箇 所 の 火 口 、土 砂 で 埋 没 、地 響 き あ り 。13 日 。煙 減 少 。夕 方 地 響 き 。14 日 。白 煙 さ ら に 減 少 。 15 日 。 白 煙 時 々 上 が る が 、 ほ ぼ な く な る 。 7 月 。 噴 石 で 死 亡 1 名 。
さらに見せる

39 さらに読み込む

(2) 北関東防衛局広報 特集! 陸上自衛隊第 12 ヘリコプター隊 第 12 旅団の機動力の源 空中機動性を高めた旅団の航空部隊 陸上自衛隊第 12ヘリコプター隊は 平成 13 年 3 月の部隊改編により 全国の陸上自衛隊で唯一の 空中機動旅団 として それまでの第 12 師団から生まれ変わった第

(2) 北関東防衛局広報 特集! 陸上自衛隊第 12 ヘリコプター隊 第 12 旅団の機動力の源 空中機動性を高めた旅団の航空部隊 陸上自衛隊第 12ヘリコプター隊は 平成 13 年 3 月の部隊改編により 全国の陸上自衛隊で唯一の 空中機動旅団 として それまでの第 12 師団から生まれ変わった第

 陸上自衛隊12ヘリコプター隊は、平成13年3月の部隊改編により、全国の陸上自衛隊で唯一 の「空中機動旅団」として、それまでの12師団から生まれ変わった12旅団と同時に新しく編 成された部隊です。12旅団は群馬県榛東村の相馬原駐屯地に司令を置き、その担任範囲は群 馬、栃木、新潟、長野4県にわたります。12旅団が司令を置く相馬原駐屯地は北関東という 我が国のほぼ中央に位置し、全国各地への機動的な支援活動に適するという地域特性を有してお り、同旅団は有事の際は必要に応じて空中機動力を生かし全国に展開し任務を行います。また、平 時においては災害派遣や国際社会の一員として
さらに見せる

6 さらに読み込む

米海軍 海上自衛隊 陸上自衛隊

米海軍 海上自衛隊 陸上自衛隊

2006年までは佐世保にほとんど寄港することがなかった音響測定艦が2010米会計年度 以降に増加した背景には、外洋から大陸沿岸の水深が比較的浅い海域を任務海域にするという米海 軍の潜水艦の運用の変更と合わせ、中国海軍の急速な海洋進出と関係があると思われる。 情報収集艦は西太平洋補給運用司令(COMLOGWESTPAC 事務所はシンガポール)の指揮 下にあり、南シナ海および東シナ海、フィリピン海、日本海で任務にあたっているようで、佐世保 や沖縄への寄港は休養や補給、連絡のためだろう。
さらに見せる

8 さらに読み込む

陸上自衛隊服務細則

陸上自衛隊服務細則

(1) 当直勤務に関する規定を除き、部隊(長)又は連隊(長)等に関する規定 を陸上総隊司令陸上総隊司令官) 、方面総監(方面総監) 、師団司令(師 団長) 、旅団司令(旅団長) 、団本部(団長)及び機関(機関の長)に関する 規定として準用するほか、駐屯地(司令)に関する規定を自衛隊中央病院(長) 、 陸上幕僚長の監督を受ける自衛隊地区病院(長)及び自衛隊地方協力本部(駐 屯地に所在するものを除く。 ) (長)に関する規定として準用する。ただし、自 衛隊地方協力本部(長)については、警衛勤務及び営外巡察勤務に関する規定 を除く。
さらに見せる

59 さらに読み込む

陸上自衛隊文書管理規則

陸上自衛隊文書管理規則

下「総隊司令等」という。 ) 、団、連隊、群、大隊、中隊、隊(別紙5に 掲げる部隊をいう。 ) 、自衛隊情報保全隊(隷下部隊を含む。 ) 、国際緊急援助 活動等を行う部隊、国際平和協力活動業務を行う部隊、学校(自衛隊体育学 校を含む。 )、分校、教育訓練研究本部、補給統制本部、補給処、補給処支処、 補給処出張所、自衛隊中央病院、陸上幕僚長の監督を受ける自衛隊地区病院 (以下「病院」という。 ) 、自衛隊地方協力本部及び自衛隊地方協力本部出張 所をいう。
さらに見せる

55 さらに読み込む

2. 大規模津波防災総合訓練実行委員会設立準備会 日 場 時 : 平成 29 年 12 月 19 日 ( 火 ) 午後 1 時 30 分 ~ 午後 3 時 所 : 四日市市役所 6F 本部員会議室 準備会参加機関 : 中部管区警察局 陸上自衛隊第 10 師団海上自衛隊横須賀地方総監部 航空自衛隊中部

2. 大規模津波防災総合訓練実行委員会設立準備会 日 場 時 : 平成 29 年 12 月 19 日 ( 火 ) 午後 1 時 30 分 ~ 午後 3 時 所 : 四日市市役所 6F 本部員会議室 準備会参加機関 : 中部管区警察局 陸上自衛隊第 10 師団海上自衛隊横須賀地方総監部 航空自衛隊中部

海上自衛隊横須賀地方総監 ・ 航空自衛隊中部航空方面隊 四管区海上保安本部 ・ 四日市海上保安 三重県警察本部 ・ 四日市市消防本部 ・ 三重県 四日市市 ・ 鳥羽市 ・ 四日市港管理組合 ・ 中部地方整備局

7 さらに読み込む

中学校部活動における陸上競技指導の手引き 陸上競技用語集 101

中学校部活動における陸上競技指導の手引き 陸上競技用語集 101

砲丸投の技術。サークル内で長い距離にわたって、大 きな力を砲丸に加えることを目的として行われる。 ●クラウチングスタート 両手で地面を支え、身体をかがめた状態で行うスター トの方法。400m以下の距離の短距離走やリレー(1 走者のみ)で用いられる。

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...