長野市やまざと振興計画について

Top PDF 長野市やまざと振興計画について:

「第二次長野市やまざと振興計画(案)」に対する意見等の募集結果について

「第二次長野市やまざと振興計画(案)」に対する意見等の募集結果について

2 募集期間 3 募集方法  中山間地域の振興を目的した「第二次長野まざ振興計画」(計画年:平成29 年度∼33年度)を策定するにあたり、中山間地域住民から意見等を聴取し、計画に反映 させるため、意見募集を実施したもの。

2 さらに読み込む

第二次長野市文化芸術振興計画(概要版)

第二次長野市文化芸術振興計画(概要版)

計画策定の趣旨 1 2 文化芸術は、すべての市民が心のゆとり潤いを実感し、活力ある社会を実現していく上で非常 に大切なものです。特に次代を担う子どもの思いやりいつくしみの心を育むとともに、豊かな感 性人間が持っている本来の優しさ温もりを育みます。市民行政の協働により、文化芸術及び 伝統文化等の新たな発展振興を図るための指針として、第二次長野文化芸術振興計画を策定す るものです。
さらに見せる

7 さらに読み込む

資料3 長野市やまざと振興計画の進捗状況 「平成23年度長野市中山間地域市民会議」を開催しました  長野市ホームページ

資料3 長野市やまざと振興計画の進捗状況 「平成23年度長野市中山間地域市民会議」を開催しました 長野市ホームページ

⑥熊イノシシ等の危険動物が発見された集落数 ⑦不法投棄が常時されている集落数 調査の項目 まざ振興計画の推進に当たっては、中山間地域の住民の皆さんが自分たち の住んでいる集落地区の現状をどう捉えているかを把握するために各地区の 活性化推進員が中心なり、集落点検活動を実施しておりますので、その内容及 び成果について報告します。

20 さらに読み込む

第二次長野市やまざと振興計画

第二次長野市やまざと振興計画

Ⅲ 主要施策の展開 4 暮らし続けられる生活環境の維持 ∼ 安全安心な暮らしの確保 ∼ 中山間地域の生活を守るために、引き続き生活基盤を維持していくことが必要です。 生活に欠かせない道路は、急峻な地形を縫うように通っており、カーブ見通しの悪い 箇所幅員が狭い部分が多く、自動車の円滑な通行の支障なっています。また、地質が ぜい弱なところも多く、降雨融雪による土砂災害が発生しやすい地域なっています。 バス乗合タクシーなどの公共交通機関の利用者は、人口の減少自家用車の普及等に より減少傾向なっていますが、学生の通学高齢者をはじめした交通弱者の通院、買 物など、日常生活に必要な交通手段を維持・確保していく必要があります。
さらに見せる

88 さらに読み込む

長野市観光振興計画

長野市観光振興計画

Lonely planet 、 M ichelin 、 CHUBU ( タ イ)等  「善光寺」「戸隠神社」が主に紹介されていた。  「 善 光 寺 」 は 、 M ichelin で 三 つ 星 の 評 価 を 得 て お り 、 Lonely Planetで もしっ かり 紹介されている 。特に 、歴史 お戒 壇巡 り 、お 朝事 など 他に は な い体験 、お 土 産 飲 食店が 並ぶ 仲 見 世通りが評価されている。

55 さらに読み込む

長野市観光振興計画【概要版】

長野市観光振興計画【概要版】

地域資源 磨 多様 観光 ン ン 創出 ン 増  ン ン 推進  観光 業者観光関連団体 連携強化 地域 観光 業者 主体的 活動 い仕組 く 観光客 ニ 捉え サ 開発 提供体制整備 行い 観光消費額 向 目指

11 さらに読み込む

中間報告 長野市都市計画マスタープランの改定に伴う中間報告の公表について  長野市ホームページ

中間報告 長野市都市計画マスタープランの改定に伴う中間報告の公表について 長野市ホームページ

「都市軸」は、歩いて暮らせる生活圏の形成公共交通の活用、移動による環境負荷の 低減の観点から、鉄道沿線拠点間の相互連携を促進する位置に設定する。公共交通を基 本し、さまざまな拠点、地域を結びつけ、活発な都市活動交流を支える軸である。 「交流軸」 は、 周辺地域の拠点市内に点在する歴史的な街を結び、 歴史文化の交流、 観光の周遊性を高める「歴史交流軸」、道路を基本として、市内の地域拠点自然観光 拠点を結び、都市機能の連携広域的な観光ネットワークの形成を高める「地域交流軸」 の2種類の軸に区分する。
さらに見せる

60 さらに読み込む

H18年度実施状況 第6次長野市行政改革大綱及び実施計画について  長野市ホームページ

H18年度実施状況 第6次長野市行政改革大綱及び実施計画について 長野市ホームページ

職員定数・ 人員 配置の適正化の 推進  定員適正化計画に基づき、新規採 用を抑制しながら、事務事業の見直 し、簡素化、行政改革的手法により 人員減を図るとともに行政需要に見 合う柔軟な任用形態を検討、導入、 非常勤職員の効果的任用を図る。  国においてH 18. 4. 1から実施され る地場賃金を反映した給与制度の導 入について労働団体協議し、給与 条例の改正を図る。また現在試行中 の人事評価制度連動した職務・職 責に応じた給与制度について研究 し、導入を図る
さらに見せる

15 さらに読み込む

第4章 文化振興の基本方針 佐久市文化振興計画の策定について | 佐久市ホームページ

第4章 文化振興の基本方針 佐久市文化振興計画の策定について | 佐久市ホームページ

 現在まで受け継がれてきた伝統ある祭り・行事、建物風景などの文化的財産は、文化芸術の 向上・発展の基礎なります。  このため、これらの貴重な文化的財産を保存・調査を行い、将来へつたえます。  第一次佐久総合計画では「たくましく心豊かな人材の育成地域文化の保存・継承発祥」 が基本構想の柱の一つなっています。個別の計画なる佐久文化振興計画では、文化芸術に 関する施策の方針として、次の4つの方針により事業の推進を図ります。
さらに見せる

2 さらに読み込む

H22年度実施状況 第6次長野市行政改革大綱及び実施計画について  長野市ホームページ

H22年度実施状況 第6次長野市行政改革大綱及び実施計画について 長野市ホームページ

滞納者の生活状況を把握し 、 電話催告、 訪問徴収を定期的に実施し 、 過年度滞納額の減少 を図る も に、 新規滞納者の早期対応によ り 、 滞納繰越額を抑制し 、 償還率の向上を図る 。 ま た、 支払い督促など法的手続き の導入について、 引き 続き 検討を行う 。 平成18年度∼22年度の滞納繰越分収入額  15, 000千円( 年3, 000千円) ( ※ 過去5年間の滞納繰越分収入額約10, 000千円の1. 5倍を目標に設定)

18 さらに読み込む

H23年度実施状況 第6次長野市行政改革大綱及び実施計画について  長野市ホームページ

H23年度実施状況 第6次長野市行政改革大綱及び実施計画について 長野市ホームページ

  環境部  生活環境課 完了 7 鬼無里ふるさ 体験施設の民間譲渡 民営化 産業振興部  商工振興課 除外 8 定時制高校生 対する奨学金制度の見直し 教育委員会  学校教育課 完了 9 公民館成人学校の利用者 担の見直し 教育委員会  生涯学習課 完了 10

12 さらに読み込む

(仮称)浦添市観光振興計画 素案180216 (仮称)浦添市観光振興計画に関するご意見及びキャッチフレーズ募集について(パブリックコメント) | 浦添市

(仮称)浦添市観光振興計画 素案180216 (仮称)浦添市観光振興計画に関するご意見及びキャッチフレーズ募集について(パブリックコメント) | 浦添市

沖縄県観光振興基本計画 い MICE 振興 ー 沖縄観光 新機軸 位置付 観光分野 中心 MICE 振興 取組強化 図 い い 計画等 示 沖縄県 MICE 振興 関 施策 体系的 整理 取 MICE 推進・活用 県経済 発展及 国際的 MICE 開催地 地位確立 向 基本的 考え方施策 展開方向等 具体的 示 沖縄 MICE 振興戦略 平成 29 年 策定

80 さらに読み込む

広域相互応援・自衛隊災害派遣関係 長野市地域防災計画・長野市水防計画  長野市ホームページ

広域相互応援・自衛隊災害派遣関係 長野市地域防災計画・長野市水防計画 長野市ホームページ

資料 5-3 中核災害相互応援協定 中核災害相互応援協定 中 各 協 いう い 域 い 災害 発生 被害 都 被災 いう 独自 十 応急措置 実施 い場 被災 要請 え 当 災害 被害 い い 愛的精神 基 相互 応援協力 被災 災害 応急対策 災害復 び災害 復興 滑 遂行 次 協 締結

36 さらに読み込む

保健衛生・廃棄物関係 長野市地域防災計画・長野市水防計画  長野市ホームページ

保健衛生・廃棄物関係 長野市地域防災計画・長野市水防計画 長野市ホームページ

従量によるもの し尿収集業務委託契約書第3条の規定に準じるものする。 第6 委託者は、長野契約規則第40条第10号の規定により、受託者が納付すべき契約保証金を 免除する。 第7 この協定の期間は、平成29年4月1日から平成30年3月31日までする。

8 さらに読み込む

H17年度実施状況 第6次長野市行政改革大綱及び実施計画について  長野市ホームページ

H17年度実施状況 第6次長野市行政改革大綱及び実施計画について 長野市ホームページ

 実行委員会の開催(12月21日) 研修会のまとめ。会費制の導入により参加者   の激減が懸念されたが、137人の参加者数を評   価する意見多数。講演・分科会も充実してい   た。これ以上の参加費値上げには疑問の発言。   決算報告。【収入】参加費13, 700円、補助金   60, 000円 【支出】講師謝礼他 73, 043円  補助金の確定 60, 000円(12月28日)

14 さらに読み込む

要配慮者関係 長野市地域防災計画・長野市水防計画  長野市ホームページ

要配慮者関係 長野市地域防災計画・長野市水防計画 長野市ホームページ

5 避難行動要支援者支援における「互助・共助」の重要性 災害発生時に最も重要なるのは、自らの身を守る「自助」であり、このことは、避難行動 要支援者及びその家族にも当てはまるものである。 しかし、避難行動要支援者は、その身体的な特性等により、 「自助」が困難である場合が想定 されることから、避難行動要支援者支援においては、自主防災組織行政連絡区、近隣住民等 の地域における支援活動 (= 「互助・共助」 ) が特に重要なるものであり、 この 「互助・共助」 の取組を促進させるためには、行政連絡区内の小地域を単位として、日頃から訪問活動諸行 事の案内などを通じた一層の地域交流を図り、緊急時には遠慮なく連絡ができるといった日常 生活における関係づくりが大切である。
さらに見せる

55 さらに読み込む

第2章 佐久市の文化の現状と課題 佐久市文化振興計画の策定について | 佐久市ホームページ

第2章 佐久市の文化の現状と課題 佐久市文化振興計画の策定について | 佐久市ホームページ

 また、幕末には学才見識ともにすぐれた藩主 により、稜堡式築城法を採用した我が国に2つしかない星形稜堡の洋式城郭として「龍岡城五稜 郭」が築城されました。  近代には擬洋風建築の「旧中込学校」が地域 の人々の寄付により建設され、その中央の八角 塔の天井には、子どもたちの目を海外に向けさ せたいの思いから、世界地図が描かれています。  このように、佐久には豊かな風土貴重な文 化財が残されるとともに、国の重要無形民俗文 化財に指定されている「跡部の踊り念仏」を始 めした、いくつもの個性豊かな祭り伝統行 事が、各地に受け継がれています。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成23年度重点施策について 第四次長野市総合計画(平成19年度~28年度)  長野市ホームページ

平成23年度重点施策について 第四次長野市総合計画(平成19年度~28年度) 長野市ホームページ

・農業生産を支える人づくり、組織づくりとして、新規就農後1年以上経過した農業者 に奨励金を交付する、就農促進奨励金支給事業に加え、H23年度から、新たに、新 規就農者支援事業を創設し、市内外の新規就農希望者に、就農前に長野県農業 大学校等で研修を受けること、市内で10年以上営農を継続すること等を条件し て、研修費営農資金を一定期間助成するとともに、助成対象者を受け入れる里 親にも指導謝金を支給することし、モデル的に助成対象者を3年間募集する。 ・H21年9月に制定した文化芸術及びスポーツの振興による文化力あふれるまちづく
さらに見せる

13 さらに読み込む

計画全体版 長野市歴史的風致維持向上計画  長野市ホームページ

計画全体版 長野市歴史的風致維持向上計画 長野市ホームページ

(4)長野中心市街地活性化基本計画  ①第二期長野中心市街地活性化基本計画 長野の中心市街地は、JR長野駅及びその真北に位置する善光寺を含む区域で、面積 にして約 200ha ほどある。また、この区域の中央を南北に延びているのが中央通り(善光 寺表参道)で、 JR長野駅方面からほぼまっすぐに善光寺まで延びている。その沿道には、 江戸時代から続く商家が残るとともに、 伝統的な祭礼等の営みも数多くみることができる。 しかし、この地域は、市街地の郊外化によって居住者人口が大きく減少するとともに、相 次ぐ大型店の郊外出店に伴って商店数が減少傾向にあった。これを受け、本市では、平成 19 年(2007)5 月 に 長 野 中 心 街 地 活 性 化 基 本 計 画 の 第 一 期 計 画 を 策 定 し、 平 成 23 年 度までの 5 ヵ年、この計画に基づいて重点的に各種事業を展開してきた。これにより、居 住者人口の減少に歯止めがかかるなど、中心市街地の活性化に一定の成果をおさめた。 は い え、 ま ち の 賑 わ い の 創 出 空 洞 化 し た 商 店 街 の 再 生 等、 道 半 ば の 事 業 も 多 い こ 、 平 成 27 年(2015) 3 月 に は 北 陸 新 幹 線 の 金 沢 延 伸 も 予 定 さ れ て い る こ か ら、 こ れ ま で の事業を継続的に推進するとともに、新規事業も追加することによって、さらなる「交流 人口の増加」 及び 「定住人口の増加」 を目指していく必要性が求められていた。以上より、 本市では、平成 24 年(2012)3 月に、一期基本計画に引き続き、平成 24 年度から平成 28 年度までの 5 ヵ年を期間する第二期長野中心市街地活性化基本計画を策定し、国の認 定を受けている。
さらに見せる

337 さらに読み込む

長野市農業振興アクションプラン(本編)

長野市農業振興アクションプラン(本編)

・グリーン長野農業協同組合では、りんごを平成 13 年∼21 年まで、桃を平 成 16 年∼20 年まで輸出していた。現在は、青果卸会社に輸出向けの桃を 出荷している。 ・ながの農業協同組合では、平成 19 年∼24 年まで台湾へりんごの輸出を行 っていた。現在は、台湾への輸出再開に向けて、管内の「長野平フルーツ センター」が「選果こん包施設」として植物検疫所の登録を受けている。 また、米穀の卸会社にシンガポール向けの米を、平成 24 年以降出荷して いる。
さらに見せる

105 さらに読み込む

Show all 10000 documents...