部分が存するものに限る

Top PDF 部分が存するものに限る:

丸井吉祥寺店武蔵野市吉祥寺南町 店舗 14 建築物の構造耐力上主要な部分が昭和 56 年 6 月 1 日以降におけるある時点の建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 201 号 ) 並びこれに基づく命令及び条例の規定 ( 構造耐力に係る部分 ( 構造計算にあっては 地震に係る部分に限る )

丸井吉祥寺店武蔵野市吉祥寺南町 店舗 14 建築物の構造耐力上主要な部分が昭和 56 年 6 月 1 日以降におけるある時点の建築基準法 ( 昭和 25 年法律第 201 号 ) 並びこれに基づく命令及び条例の規定 ( 構造耐力に係る部分 ( 構造計算にあっては 地震に係る部分に限る )

Is/Iso 0.65 Ctu・Sd 0.41 Ⅱ 北側低層部分 3-2 一般財団法人日本建築防災協会による「既存鉄骨造建築物の 耐震診断指針」(1996年版、2011年版) Is 0.32 q 1.30 Ⅱ 武蔵野フコク生命ビル 武蔵野市吉祥寺本町2-35-12 事務所・共同住宅 4-1 一般財団法人日本建築防災協会による「既存鉄筋コンクリー ト造建築物の耐震診断基準」定める「第1次診断法」により 想定する地震動に対して所要の耐震性を確保していることを 確認する方法

8 さらに読み込む

178 第 3 章消防用設備等の設置単位 さいたま市消防用設備等に関する審査基準 2016 小規模特定用途複合防火対象物 ( 政令別表第 1⒃ 項イに掲げる防火対象物のうち 特定用途に供される部分の床面積の合計が当該部分が存する防火対象物の延べ面積の10 分の1 以下であり かつ 300m2未満であ

178 第 3 章消防用設備等の設置単位 さいたま市消防用設備等に関する審査基準 2016 小規模特定用途複合防火対象物 ( 政令別表第 1⒃ 項イに掲げる防火対象物のうち 特定用途に供される部分の床面積の合計が当該部分が存する防火対象物の延べ面積の10 分の1 以下であり かつ 300m2未満であ

2 スプリンクラー設備を設置することを要しない部分(省令第13条第1項第2号関係) スプリンクラー設備を設置することを要しない部分として、小規模特定用途複合防火対象物の次に 掲げる部分以外の部分で10階以下の階存するもの(第7-3図参照) ア 政令別表第1⑹項イ⑴及び⑵掲げる防火対象物の用途供される部分 イ 政令別表第1⑹項ロ⑴及び⑶掲げる防火対象物の用途供される部分
さらに見せる

14 さらに読み込む

た後に その賦課した税額が増加したときに限る ) は その追徴すべき不足税額 ( 当該減額更正前に賦課した税額から当該減額更正に基因して変更した税額を控除した金額 ( 還付金の額に相当する税額を含む ) に達するまでの部分に相当する税額に限る 以下この項において同じ ) については 次に掲げる期間

た後に その賦課した税額が増加したときに限る ) は その追徴すべき不足税額 ( 当該減額更正前に賦課した税額から当該減額更正に基因して変更した税額を控除した金額 ( 還付金の額に相当する税額を含む ) に達するまでの部分に相当する税額に限る 以下この項において同じ ) については 次に掲げる期間

4 第2項の場合において、 法第321条の8第22項規定する申告書 (以下この項において 「修 正申告書」という。 )の提出あったとき(当該修正申告書係る市民税について同条第1 項、第2項、第4項又は第19項規定する申告書(以下この項において「当初申告書」と いう。)提出されており、かつ、当該当初申告書の提出により納付すべき税額を減少させ る更正(これ類するものを含む。以下この項において「減額更正」という。)あった後 、当該修正申告書提出されたとき限る。 )は、当該修正申告書の提出により納付すべ き税額(当該当初申告書係る税額(還付金の額相当する税額を含む。)達するまでの 部分相当する税額限る。 )については、次に掲げる期間(詐偽その他不正の行為により 市民税を免れた法人提出した修正申告書係る市民税又は令第48条の15の5第3項規 定する市民税あっては、第1号掲げる期間限る。 )を延滞金の計算の基礎となる期間 から控除する。
さらに見せる

10 さらに読み込む

消防本部等 という ) に報告済みである場合等においては 添付を省略することができるものとする なお ホテル 旅館等の用途に供する部分が存する複合用途防火対象物の表示マークの交付申請については 原則として表示基準のうち建物全体に係る部分 ( 統括防火 ( 防災 ) 管理者選任 ( 解任 ) 届出書や

消防本部等 という ) に報告済みである場合等においては 添付を省略することができるものとする なお ホテル 旅館等の用途に供する部分が存する複合用途防火対象物の表示マークの交付申請については 原則として表示基準のうち建物全体に係る部分 ( 統括防火 ( 防災 ) 管理者選任 ( 解任 ) 届出書や

「消防本部等」という。)報告済みである場合等においては、添付を省略する ことできるものとする。 なお、ホテル・旅館等の用途供する部分存する複合用途防火対象物の表 示マークの交付申請については、原則として表示基準のうち建物全体係る部 分(統括防火(防災)管理者選任(解任)届出書や建物全体についての消防計 画、消防用設備等点検結果報告書や製造所等定期点検記録表等)確認できる 書類により、内容を審査すること必要となることから、関係者に対して、建 物全体係る部分表示基準適合していることを確認できる書類の添付を求 めるほか、消防本部等において既に把握している情報(査察台帳等)を活用す ることなどにより内容の確認を行い、審査するものとする。
さらに見せる

20 さらに読み込む

(3) リフォームに要する費用 ( 居住部分のリフォームに要する費用 ( 国, 県, 市その他公共的団体等の補助金, 交付金等の対象となるものを除く ) のうち工事に係るものに限る 以下同じ ) の額 ( 消費税額及び地方消費税額を除く ) が500,000 円以上であること (4) リフォームが第

(3) リフォームに要する費用 ( 居住部分のリフォームに要する費用 ( 国, 県, 市その他公共的団体等の補助金, 交付金等の対象となるものを除く ) のうち工事に係るものに限る 以下同じ ) の額 ( 消費税額及び地方消費税額を除く ) が500,000 円以上であること (4) リフォームが第

(3) リフォーム要する費用(居住部分のリフォーム要する費用(国,県,市その他公共的 団体等の補助金,交付金等の対象となるものを除く。 )のうち工事係るもの限る。以下同 じ。 )の額(消費税額及び地方消費税額を除く。)500,000円以上であること。 (4) リフォーム第6条の規定による申請をする日の属する年度の末日まで終了する見込み であること。

11 さらに読み込む

(7) 古墳周辺区域 ( 別図 7の斜線で示す区域 ) (8) 岸和田市の区域 ( 一般国道 170 号 ( 大阪外環状線の部分に限る ) 以南の区域及び府道大阪臨海線以西の区域に限る ) (9) 池田市の区域 ( 第 3 号に掲げる区域 一般国道 176 号 ( 兵庫県界から一般国道 171 号と

(7) 古墳周辺区域 ( 別図 7の斜線で示す区域 ) (8) 岸和田市の区域 ( 一般国道 170 号 ( 大阪外環状線の部分に限る ) 以南の区域及び府道大阪臨海線以西の区域に限る ) (9) 池田市の区域 ( 第 3 号に掲げる区域 一般国道 176 号 ( 兵庫県界から一般国道 171 号と

(7) 古墳周辺区域(別図7の斜線で示す区域) (8) 岸和田市の区域(一般国道170号(大阪外環状線の部分限る。)以南の区域及び府道大阪臨海線以 西の区域限る。) (9) 池田市の区域(第3号掲げる区域、一般国道176号(兵庫県界から一般国道171号との池田市井口 堂における交点まで限る。)以南の区域及び一般国道171号(一般国道176号との池田市井口堂おけ る交点から箕面市界まで限る。)以南の区域を除く。)
さらに見せる

11 さらに読み込む

(1) 相続税の納税猶予制度の概要 項目 納税猶予対象資産 ( 特定事業用資産 ) 納税猶予額 被相続人の要件 内容 被相続人の事業 ( 不動産貸付事業等を除く ) の用に供されていた次の資産 1 土地 ( 面積 400 m2までの部分に限る ) 2 建物 ( 床面積 800 m2までの部分に限る

(1) 相続税の納税猶予制度の概要 項目 納税猶予対象資産 ( 特定事業用資産 ) 納税猶予額 被相続人の要件 内容 被相続人の事業 ( 不動産貸付事業等を除く ) の用に供されていた次の資産 1 土地 ( 面積 400 m2までの部分に限る ) 2 建物 ( 床面積 800 m2までの部分に限る

納税猶予額 ① 担保提供を条件、特定事業用資産の課税価格(※2)対応する相続税の 全額 を猶予 ② 猶予税額の計算方法は非上場株式等についての相続税の納税猶予制度の特例と同様 被相続人の要件 相続開始前青色申告の承認を受けていること 相続人の要件 ① 認定相続人(承継計画記載された後継者であって、経営承継円滑化法の認定を受けた者)であること

8 さらに読み込む

5 受入スペース 帰宅困難者等を受入可能なエントランスホール ロビー 多目的ホール 集会場 貸会議室その他これらに類する建築物の部分又は建築物の敷地内の部分 ( 風雨にさら されないよう措置されるものに限る ) をいう 6 備蓄品 災害時に備えた食料 水 ブランケット及び簡易トイレをいう 7 備蓄倉

5 受入スペース 帰宅困難者等を受入可能なエントランスホール ロビー 多目的ホール 集会場 貸会議室その他これらに類する建築物の部分又は建築物の敷地内の部分 ( 風雨にさら されないよう措置されるものに限る ) をいう 6 備蓄品 災害時に備えた食料 水 ブランケット及び簡易トイレをいう 7 備蓄倉

大規模災害時大量発生する帰宅困難者対応するため、この要綱において定め るところに従って実施される事業で、一時滞在施設に関する事業をいう。 2 協定 大規模災害発生時の帰宅困難者の受入れを行う一時滞在施設の所有者又は管理者 と、当該一時滞在施設の存する地方公共団体との間において、帰宅困難者の受入人数 のほか、一時滞在施設であることについての情報提供や帰宅困難者の誘導の方法を含 む帰宅困難者の受入れに関する事項について定めた取決めをいう。
さらに見せる

9 さらに読み込む

2 補助対象住宅について 16 中古住宅の定義は 申請日において新築から 2 年を超えている住宅又は既に人が住んだことがある住宅であり 居住の用に供することを目的として建築した住宅をいいます 17 マンションの定義は 二以上の区分所有者が存する建物で 人の居住の用に供する専有部分のあるものであって

2 補助対象住宅について 16 中古住宅の定義は 申請日において新築から 2 年を超えている住宅又は既に人が住んだことがある住宅であり 居住の用に供することを目的として建築した住宅をいいます 17 マンションの定義は 二以上の区分所有者が存する建物で 人の居住の用に供する専有部分のあるものであって

19 マンションの床面積80㎡以上とは。 全部事項証明書(登記簿)又は売買契約書の専有部分の 床面積80㎡以上であることをいいます。 20 マンションの5室以上とは。 居間、寝室(寝室として利用できる規模の子供部屋等を含 む)の部屋数合計5室以上であることをいいます。

5 さらに読み込む

エ建替え後の建築物の絶対高さ制限を超える建築物の部分の水平投影面積の合計は 現に存する建築物又は現に建築の工事中の建築物の絶対高さ制限を超える建築物の部分の水平投影面積の合計を超えないこと オ建替え後の建築物の絶対高さ制限を超える建築物の部分の水平投影部分の形状は 現に存する建築物又は現に建築の工事

エ建替え後の建築物の絶対高さ制限を超える建築物の部分の水平投影面積の合計は 現に存する建築物又は現に建築の工事中の建築物の絶対高さ制限を超える建築物の部分の水平投影面積の合計を超えないこと オ建替え後の建築物の絶対高さ制限を超える建築物の部分の水平投影部分の形状は 現に存する建築物又は現に建築の工事

⑶ 土地利用上やむを得ない場合の特例 ア 計画書第3項第3号規定する認定の対象となる建築物は、公益・公共施設、教育施設又 は医療施設の用供する建築物で、良好な市街地環境の形成資する建築物とする。 ただし、教育施設又は医療施設の用供する建築物については、原則として、次のア)か らカ)までのいずれも該当するものとする。

7 さらに読み込む

( 純度が明らかで かつ 溶媒その他の共存物質が分析を妨げないことを確認したものに限る ) に替えることができる (3) 試薬に ( ) で標準試薬又はヒ素分析用と付けたものは 工業標準化法 ( 昭和 24 年法律第 185 号 ) に基づく日本工業規格 ( 以下 JIS という ) の容量分析用標

( 純度が明らかで かつ 溶媒その他の共存物質が分析を妨げないことを確認したものに限る ) に替えることができる (3) 試薬に ( ) で標準試薬又はヒ素分析用と付けたものは 工業標準化法 ( 昭和 24 年法律第 185 号 ) に基づく日本工業規格 ( 以下 JIS という ) の容量分析用標

るまで熱水で洗浄し、更に少量のエタノール及びジエチルエーテルで順次 2~3 回ず つ洗浄した後、3~4 時間風乾する。 次に、酸・アルカリ不溶解物をろ紙とともに先のひょう量皿入れ、135±2 °C で 2 時間乾燥し、デシケーター中で放冷後、重さを正確量り、試料中の酸・アルカリ不 溶解物の量を算出する。ひょう量皿内の残留物をるつぼ(あらかじめ 550~600 °C で 2 時間加熱し、デシケーター中で放冷後、重さを正確量っておいたもの入れる。 これを穏やか加熱して炭化させた後、550~600 °C で 2 時間加熱して灰化し、デシ ケーター中で放冷後、重さを正確量って灰分量を求める。
さらに見せる

40 さらに読み込む

きんび利用目的に重点を置き 部分的に僅少の差異が存するときでも土地全体として の状況を観察し認定する ( 評価基準第 1 章第 1 節一 ) ただし 一筆の土地が相 当の規模で二以上全く別個の用途に利用されているときには その利用状況によ って区分し それぞれに地目を定めることができる なお 利用状

きんび利用目的に重点を置き 部分的に僅少の差異が存するときでも土地全体として の状況を観察し認定する ( 評価基準第 1 章第 1 節一 ) ただし 一筆の土地が相 当の規模で二以上全く別個の用途に利用されているときには その利用状況によ って区分し それぞれに地目を定めることができる なお 利用状

評価額の算定に当たっては、過年の評価額については、従前の評価額をその まま据え置くものとする。 なお、一般農地及び一般山林係る現年の評価額は地目凍結の年度の価格 土地区画整理補正を乗じて得た額とし、宅地比準土地係る現年の評価額は「状 類価格×土地区画整理事業補正」を基本価格とし、雑種地は雑種地補正(補 正率0.85)を、農雑は雑種地として雑種地補正及び農地補正(補正率0. 80)を、市街化区域農地及び宅地介在農地は農地補正(補正率0.80) を、宅地介在山林Aは介在山林補正(補正率0.60)を、宅地介在山林B は介在山林補正(補正率0.30)を、高圧線下は高圧線下補正(補正率0. 50又は0.80)をそれぞれ基本価格乗じるものとし、他の補正は一切適 用しないものとする。この場合において、市街化区域農地及び宅地介在農地並 びに宅地介在山林については、造成費を控除するものとする。
さらに見せる

74 さらに読み込む

季節をもっと楽しく! 12 月 2ページ 選び方皮は色つやがよくなめらかで へたに近い部分が赤っぽいものを選びます へたは直径が小さく 色味は茶色から黒みがかっていない 緑色のものがよいです 保存方法にんじんは水分や湿気 高温に弱い野菜です 葉付きのものはすぐに葉を切り落として 水けをよく切りラップ

季節をもっと楽しく! 12 月 2ページ 選び方皮は色つやがよくなめらかで へたに近い部分が赤っぽいものを選びます へたは直径が小さく 色味は茶色から黒みがかっていない 緑色のものがよいです 保存方法にんじんは水分や湿気 高温に弱い野菜です 葉付きのものはすぐに葉を切り落として 水けをよく切りラップ

※(尿:約1,500ml、不感蒸泄(呼気や皮膚から失われる水分):約900ml、便:約100ml) 私たちの身体は、ほぼ0.9%のナトリウムを含んだ血液循環しています。また汗をかいた肌を なめると塩辛い味することからわかるよう、汗はナトリウム含まれています。そのため、大量 汗をかいてナトリウム失われたとき、水だけを飲むと血液のナトリウム濃度薄まり、これ以上
さらに見せる

6 さらに読み込む

事項 分割方法 基準 別表第三の方法により行つたもの 2 牛肉についての法第二条第一項の農林水産省令で定める規格は 次のとおりとする 一牛半丸枝肉 ( 別表第三の二の方法により整形した肉用牛 ( 去勢されたものに限る ) の肉をいう 以下同じ ) 事項 部分肉歩留り 基準 次号に規定する小分割部分肉

事項 分割方法 基準 別表第三の方法により行つたもの 2 牛肉についての法第二条第一項の農林水産省令で定める規格は 次のとおりとする 一牛半丸枝肉 ( 別表第三の二の方法により整形した肉用牛 ( 去勢されたものに限る ) の肉をいう 以下同じ ) 事項 部分肉歩留り 基準 次号に規定する小分割部分肉

14 当する金額を加えて得た額とする。 (準用) 第二十七条 第二十五条の規定は、 法第二十五条第二項の規定による契約基づく指定乳製 品等の機構への売渡し及びその売戻しについて準用する。この場合において、第二十五条 第一項中 「同条第一項」 とあるのは 「法第二十九条において準用する法第二十八条第一項」 と、「告示する金額」とあるのは「告示する金額(消費税及び地方消費税の額相当する 金額を除く。)」と、「、当該指定乳製品等の数量を乗じて得た額」とあるのは「当該指 定乳製品等の数量を乗じて得た額、 消費税及び地方消費税の額相当する金額を加えて 得た額」と、同条第二項中「法第二十五条第三項の申込書の提出の際」とあるのは「当該 指定乳製品等の売渡しの前」と読み替えるものとする。
さらに見せる

17 さらに読み込む

17 類 2 - 粗糖 ( 香味料又は着色料を加えてないものに限る ) てん菜糖 この類の号注 2の甘しゃ糖 その他の甘しゃ糖 -その他のもの 香味料又は着色料を加えたもの その他のもの 甘しゃ糖は 甘しゃ茎

17 類 2 - 粗糖 ( 香味料又は着色料を加えてないものに限る ) てん菜糖 この類の号注 2の甘しゃ糖 その他の甘しゃ糖 -その他のもの 香味料又は着色料を加えたもの その他のもの 甘しゃ糖は 甘しゃ茎

製造方法のいかんによって、乾燥状態で計算した砂糖の含有量多い(通常 90%台)カラメル 化糖(又は糖みつ)から、砂糖の含有量非常少ない着色料カラメルまで一連のもの得られ る。 カラメル化した糖類又は糖みつは、特に甘味のデザート、アイスクリーム又はケーキ類 (Pastry-cooks' products)の製造の際香味付け使用される。着色料カラメルは糖類のかな りの部分メラノイジン(色素)転換しているので、着色料として例えば、ビスケット製造、 醸造及び非アルコール性飲料製造使用される。
さらに見せる

7 さらに読み込む

る暴力団及び暴力団員等 ( 以下 暴力団等 という ) の支配を受けてはならない 5 指定居宅サービス事業者等は 省令の規定 ( 規則で定めるものに限る ) による評価の結果を公表するよう努めなければならない 6 指定居宅サービス事業者等は 省令の規定 ( 規則で定めるものに限る ) に規定する研修

る暴力団及び暴力団員等 ( 以下 暴力団等 という ) の支配を受けてはならない 5 指定居宅サービス事業者等は 省令の規定 ( 規則で定めるものに限る ) による評価の結果を公表するよう努めなければならない 6 指定居宅サービス事業者等は 省令の規定 ( 規則で定めるものに限る ) に規定する研修

第10条 法第78条の2の2第1項第1号の条例で定める基準及び員数並びに同項第2号の条例 で定める基準並びに法第78条の4第1項の条例で定める基準及び員数並びに同条第2項の条例 で定める基準(以下これらを「指定地域密着型サービス事業基準」という。)は、次項及び第3項 規定するもののほか、指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準(平成 18年厚生労働省令第34号。以下この条において「省令」という。)定める基準(省令第3条 第1項規定する基準を除く。以下この条において「人員等基準」という。)(人員等基準の特例 として定められている基準ある場合は、その基準を含む。)のとおりとする。この場合おい て、省令の規定(記録の保存期間係る規定として規則で定めるもの限る。)中「2年間」とあ るのは、「5年間」とする。
さらに見せる

8 さらに読み込む

の権利者が共同権利者になった場合もしくは共同権利者が単独権利者になった場合 ( イ ) 権利の変更権利者に変更はないが, 契約期間, 権利部分の位置, 地積及び区画などについて, 変更があった場合 ただし, 権利部分の位置, 地積等が変わり, 他の権利を侵害するようなものは, 権利の変更として扱うの

の権利者が共同権利者になった場合もしくは共同権利者が単独権利者になった場合 ( イ ) 権利の変更権利者に変更はないが, 契約期間, 権利部分の位置, 地積及び区画などについて, 変更があった場合 ただし, 権利部分の位置, 地積等が変わり, 他の権利を侵害するようなものは, 権利の変更として扱うの

(ア) 権利者の現住所判明し,権利存続する場合は,権利者から住所,氏名変更 届を提出してもらう。 (イ) 権利者の現住所判明せず,かつ,権利の存在認めがたい場合(家屋の所有 者異なるとか別権利を主張する者いるようなとき。)又は権利者の現住所 判明し,権利者権利の消滅について認めている,何らかの事情で連署できない ものについては,土地所有者から次に掲げる書類を添付して権利変動届(権利消滅 の届出)あったときは,この届出書を受理し,当該申告係る権利消滅したも のとして処理する。
さらに見せる

9 さらに読み込む

団法人 ( その設立当初において拠出をされた金額の2 分の1 以上の金額が地方公共団体により拠出をされているものに限る ) であって その定款において その法人が解散した場合にその残余財産が地方公共団体又は当該法人と類似の目的をもつ他の公益を目的とする事業を行う法人に帰属する旨の定めがあるものに限る

団法人 ( その設立当初において拠出をされた金額の2 分の1 以上の金額が地方公共団体により拠出をされているものに限る ) であって その定款において その法人が解散した場合にその残余財産が地方公共団体又は当該法人と類似の目的をもつ他の公益を目的とする事業を行う法人に帰属する旨の定めがあるものに限る

本要綱第五の二の4の(2)基づく通知をいう。) 3 利用権設定等促進事業により農用地等を取得した場合等の所有権の移転登記係る登 録免許税の税率の軽減 (1) 農業を営む者で措置法令第42条の4第1項規定する効率的かつ安定的な農業経営 を行う者としての農林水産大臣定める基準(租税特別措置法施行令第42条の5第1 項の農林水産大臣定める基準を定める件(平成19年3月30日農林水産省告示第399 号)第一号から第四号規定する基準をいう。以下同じ。)を満たすもの、利用権設 定等促進事業により農用地又は法第4条第1項第2号掲げる木竹の生育供され、 併せて耕作又は養畜の事業のための採草又は家畜の放牧の目的供される土地(以下 「混牧林地」という。)若しくは開発して当該農用地とすること適当な土地を取得し た場合(当該農用地又は混牧林地の附帯地として農業用用排水施設、農業用道路その 他これらの土地の保全又は利用上必要な施設の用供される土地を取得した場合を含 む。以下同じ。)の所有権の移転登記について、措置法第77条規定する登録免許税の 税率の軽減措置の適用を受けようとする場合は、登記の申請書又は嘱託の請求書、 当該登記同条の規定該当するものであることについての市町村長の証明書で、そ の者措置法令第42条の4第1項規定する基準を満たす者であること、当該登記 係る土地利用権設定等促進事業により取得されたものであること、当該土地農用 地区域内存すること及び当該土地同条第3項規定する土地該当するものであ ること並びに当該土地の取得係る農用地利用集積計画の公告の日及び当該土地を取 得した日の記載あるもの(別紙様式第12号)を添付しなければならない(措置法第 77条、措置法規則第29条第1項及び第2項)。
さらに見せる

10 さらに読み込む

を修了することを含む ) により 学士の学位に相当する学位を授与された者及び平成 30 年入学月前月までに授与される見込みの者 ( キ ) 専修学校の専門課程 ( 修業年限が 4 年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る ) で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が

を修了することを含む ) により 学士の学位に相当する学位を授与された者及び平成 30 年入学月前月までに授与される見込みの者 ( キ ) 専修学校の専門課程 ( 修業年限が 4 年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る ) で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が

(2) 授業料:(年額予定)535,800 円 〔(半期分予定)267,900 円〕 (ア) 平成 30 年度後期(10 月~翌年 3 月)授業料は 10 月末日まで、平成 31 年度前期(4 月~9 月)授業料は 4 月末日まで納付必要となる。 (イ) 入学料納付の際授業料も併せて納付することできる。納付された授業料は、入学月の 前月末日まで入学辞退の意思を表示した場合限り、返還する。

7 さらに読み込む

LRAの基準 ―他に選択し得る基準が存する場合における本基準のより制限的な利用の勧め―

LRAの基準 ―他に選択し得る基準が存する場合における本基準のより制限的な利用の勧め―

1)発見 で き る 論説 は、田中和夫「『よ り 制限的 で な い 他 の 選択 し う る 手段』(“less restrctvealternatve”)の原則」訟務月報 19 巻3号 87 頁(1973)、芦部信喜「公務員の 政治活動の自由と LRA 基準」同『憲法訴訟の現代的展開』189 頁(有斐閣、1981) (初出、 ジュリスト 569 号(1974))、藤井俊夫「違憲審査における LRA の基準」同『憲法訴訟 の 基礎理論』261 頁(成文堂、1981)[以下、藤井前掲註1)Ⅰ書、と 引用]、同『憲法 訴訟と違憲審査基準』 (成文堂、1985) [以下、藤井前掲註1)Ⅱ書、と引用]、右崎正博「『よ り制限的でない他の選びうる手段』の基準」芦部信喜編『講座憲法訴訟第2巻』197 頁 (有斐閣、1987)、高野敏樹「LRA の基準」中谷実編『憲法訴訟の基本問題』196 頁(法 曹同人、1989)、須藤陽子「LRA の基準と『比例原則』」同『比例原則の現代的意義と機 能』(法律文化社、2010)など限定される。「LRA」での検索では、今や、アフリカ・ ウガンダの武装勢力「神の抵抗軍(theLord’sResstanceArmy)」(詳細は、宮田律『過 激派で読む世界地図』117 頁以下(筑摩書房、2011)など参照)の方上位ヒットす る傾向ある。なお、君塚正臣「公法系第1問解説」LawSchool 演習5号 48 頁、52―53 頁(2011)も参照。
さらに見せる

32 さらに読み込む

Show all 10000 documents...