財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準

Top PDF 財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準:

財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準のあり方について

財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準のあり方について

導入又は導入過程ある。 我が国では、平成16年3月期決算から、会社代表者による有価証券報告記載 内容適正性に関する確認書が任意制度として導入されており、その中では財務 報告係る内部統制システムが有効機能していたか確認が求められている。主 要金融機関では、平成15年3月期から前倒しでこの確認書を提出しており、さら 、平成17年3月期決算において、主要金融機関を含めて二百を超える会社から 確認書が提出されている。内部統制充実を図っていくためは、この制度一層 活用を促していくことが重要であり、また、財務報告係る内部統制有効性 関する経営者による評価及び公認会計士等による監査義務化あり方についても 真剣検討していくことが重要な課題となっている。
さらに見せる

30 さらに読み込む

81 内部統制とリスクマネジメント 東京海上日動リスクコンサルティング ( 株 ) 所属リスクコンサルティング室情報グループ主任研究員長嶋潔 1. はじめに 2005 年 7 月 13 日 企業会計審議会内部統制部会より 財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準 ( 公開草案 ) が公表された こ

81 内部統制とリスクマネジメント 東京海上日動リスクコンサルティング ( 株 ) 所属リスクコンサルティング室情報グループ主任研究員長嶋潔 1. はじめに 2005 年 7 月 13 日 企業会計審議会内部統制部会より 財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準 ( 公開草案 ) が公表された こ

このほかも、いくつか別種類限界がある。COSOや公開草案が示しているは、 内部統制枠組みである。枠組みは、内部統制構築不可欠であり、それが無くては、 内部統制構築はできない。しかし、あくまでも枠組みであり、中身が伴わなくては不十 分である。今後規制・ルール整備に関しても、筆者が懸念するは、一律で硬直的な規 制・ルール整備と、企業側形式的な対応である。内部統制基本要素うち最も基礎 となるは図1も示したよう統制環境であるが、これは経営者リーダーシップや経 営理念など整備される。こうしたリーダーシップや経営理念は、一律な規制よっ て成り立ちうるものではない。内部統制は企業自らが取り組むべき問題であり、本来必要 なは、企業が率先して優れた内部統制を構築し、その内容を消費者や投資家などステ ークホルダーが評価できる社会的な仕組みといえるだろう。
さらに見せる

9 さらに読み込む

内部統制報告書

内部統制報告書

1【財務報告係る内部統制基本的枠組みに関する事項】 当社代表取締役社長西島剛志は、当社財務報告係る内部統制整備及び運用責任を有しており、企業会計審 議会公表した「財務報告係る内部統制評価及び監査基準並びに財務報告係る内部統制評価及び監査関 する実施基準設定について(意見書)」示されている内部統制基本的枠組み準拠して財務報告係る内部
さらに見せる

2 さらに読み込む

内部統制報告書 有価証券報告書|IRライブラリ|IR情報|株式会社 グランディーズ 内部統制報告書29.3.24

内部統制報告書 有価証券報告書|IRライブラリ|IR情報|株式会社 グランディーズ 内部統制報告書29.3.24

1【財務報告係る内部統制基本的枠組みに関する事項】 代表取締役社長亀井浩は、当社財務報告係る内部統制整備及び運用責任を有しており、企業会計審議会 公表した「財務報告係る内部統制評価及び監査基準」並び財務報告係る内部統制評価及び監査関す る実施基準示されている内部統制基本的枠組み準拠して、財務報告係る内部統制を整備し、運用しており
さらに見せる

2 さらに読み込む

内部統制報告書

内部統制報告書

1【財務報告係る内部統制基本的枠組みに関する事項】 当社代表取締役社長西島剛志は、当社財務報告係る内部統制整備及び運用責任を有しており、企業会計審 議会公表した「財務報告係る内部統制評価及び監査基準並びに財務報告係る内部統制評価及び監査関 する実施基準設定について(意見書)」示されている内部統制基本的枠組み準拠して財務報告係る内部
さらに見せる

2 さらに読み込む

内部統制報告書 投資家情報

内部統制報告書 投資家情報

1 【財務報告係る内部統制基本的枠組みに関する事項】 代表取締役社長 渡辺 登は、当社財務報告係る内部統制整備及び運用責任を有しており、企業会計審議会 公表した「財務報告係る内部統制評価及び監査基準並びに財務報告係る内部統制評価及び監査に関する 実施基準設定について(意見書)」示されている内部統制基本的枠組み準拠して財務報告係る内部統制を 整備及び運用しております。
さらに見せる

2 さらに読み込む

内部統制報告書

内部統制報告書

1【財務報告係る内部統制基本的枠組みに関する事項】 代表取締役社長俵政美は、当社及び連結子会社(以下「当社グループ」)財務報告係る内部統制整備及び運用 責任を有しており、企業会計審議会公表した「財務報告係る内部統制評価及び監査基準並びに財務報告係る 内部統制評価及び監査に関する実施基準設定について(意見書)」示されている内部統制基本的枠組み準拠し
さらに見せる

2 さらに読み込む

内部統制報告書

内部統制報告書

1【財務報告係る内部統制基本的枠組みに関する事項】 当社代表取締役社長西島剛志は、当社財務報告係る内部統制整備及び運用責任を有しており、企業会計審 議会公表した「財務報告係る内部統制評価及び監査基準並びに財務報告係る内部統制評価及び監査関 する実施基準設定について(意見書)」示されている内部統制基本的枠組み準拠して財務報告係る内部
さらに見せる

2 さらに読み込む

内部統制報告書

内部統制報告書

1【財務報告係る内部統制基本的枠組みに関する事項】 当社代表取締役社長西島剛志は、当社財務報告係る内部統制整備及び運用責任を有しており、企業会計審 議会公表した「財務報告係る内部統制評価及び監査基準並びに財務報告係る内部統制評価及び監査関 する実施基準設定について(意見書)」示されている内部統制基本的枠組み準拠して財務報告係る内部
さらに見せる

2 さらに読み込む

内部統制報告書 2014年 (平成26年) 3月期 (分割版) | 有価証券報告書内部統制報告書 | KDDI株式会社

内部統制報告書 2014年 (平成26年) 3月期 (分割版) | 有価証券報告書内部統制報告書 | KDDI株式会社

1【財務報告係る内部統制基本的枠組みに関する事項】 代表取締役社長である田中孝司は、当社グループ財務報告係る内部統制整備及び運用責任を有してお り、企業会計審議会公表した「財務報告係る内部統制評価及び監査基準並びに財務報告係る内部統制 評価及び監査に関する実施基準設定について(意見書)」示されている内部統制基本的枠組み準拠して財
さらに見せる

2 さらに読み込む

財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準- 公開草案-

財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準- 公開草案-

監査人は、業務プロセス係る不備が発見された場合、不備重要性を判断す るに当たり、当該業務プロセス係る内部統制不備がどの勘定科目どの範囲 で影響を及ぼすか検討する。 例えば、ある事業拠点において、ある商品販売係る業務プロセスで問題が 起きた場合、その問題影響が及ぶ売上高は、当該販売プロセスが当該事業拠点 横断的な場合(例えば、ある事業拠点において、すべて出荷が定型化した販 売手順を経て行われる場合であって、その出荷プロセス不備が発見された場 合)は、当該事業拠点全体売上高影響を及ぼすものと考えられる一方、問 題となった業務プロセスが特定商品係る販売プロセス固有ものである場 合は、当該商品売上高だけ影響を及ぼすものと考えることができる。
さらに見せる

93 さらに読み込む

監査報告書 2014年 (平成26年) 3月期 (分割版) | 有価証券報告書内部統制報告書 | KDDI株式会社

監査報告書 2014年 (平成26年) 3月期 (分割版) | 有価証券報告書内部統制報告書 | KDDI株式会社

内部統 制監査 におい ては 、内 部 統制 報告おけ る財務 報告 係る 内部統 制 評価結果 つい て監 査証拠 を入手 する ため手続が実施される。内部統制監査監査手続は、当監査法人判断により、財務報告信頼性及ぼす影響重要 性基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査は、財務報告係る内部統制評価範囲、評価手続及び評価結 果について経営者が行った記載を含め、全体として内部統制報告表示を検討することが含まれる。
さらに見せる

3 さらに読み込む

野村資本市場研究所|米国における内部統制報告制度の見直し-日本における実施基準との比較を中心に-(PDF)

野村資本市場研究所|米国における内部統制報告制度の見直し-日本における実施基準との比較を中心に-(PDF)

Ⅱ.米国内部統制報告制度見直し 1.内部統制報告制度相次ぐ適用延期 米国では、2002 年 7 月サーベンス・ オックスレー法(Sarbanes-Oxley Act of 2002、 企 業 改 革 法 ) が 成 立 し た 。 こ 法 律 は 、 2001 年エンロンを始めとして不正会計事 件が次々と明るみなったことを受け、コー ポレート・ガバナンス強化や上場企業よ るディスクロージャー向上を図ることを目 的として制定されたものである。同法 404 条 において、上場企業など SEC 登録を行っ ている証券発行者(登録投資会社を除く)は、 財務報告を行うため適切な内部統制態勢 と手続きを構築し維持することに関して経営 者責任を表明するとともに、直近財務報 告係る内部統制態勢と手続き有効性 関する経営者評価報告することを求めら れることなり、その実施ため SEC が 規則を制定することが規定された(同条(a) 項)。一方、監査人は経営者による内部統制 評価について監査を行い、監査報告書を作 成することが規定された(同条(b)項)。
さらに見せる

16 さらに読み込む

公開草案平成 18 年 10 月 10 日 監査 保証実務委員会研究報告第号 重要な虚偽表示のリスクの評価手法 目次 頁 Ⅰ はじめに Ⅱ 監査の基本的な方針の策定 Ⅲ 内部統制を含む 企業及び企業環境の理解並びに財務諸表全体レベルでの重要な虚偽表示のリスクに関す

公開草案平成 18 年 10 月 10 日 監査 保証実務委員会研究報告第号 重要な虚偽表示のリスクの評価手法 目次 頁 Ⅰ はじめに Ⅱ 監査の基本的な方針の策定 Ⅲ 内部統制を含む 企業及び企業環境の理解並びに財務諸表全体レベルでの重要な虚偽表示のリスクに関す

この監査手続決定に当たって考慮事項として監査基準委員会報告書第 31 号第 11 項で 「企業が作成した情報を監査人が監査手続利用する場合、 監査人は、 情報正確性及び網羅性に関する監査証拠を入手しなければならない。証明力 ある監査証拠を入手するためは、監査手続で利用する情報は正確で、かつ、網 羅的である必要がある。例えば、標準価格販売数量を掛け合わせて売上高監 査を行う場合、監査人は、価格情報が正確であること及び販売数量データが正確 かつ網羅的であることを考慮する。企業情報システムによって作成された情報 正確性及び網羅性に関する監査証拠入手、並びにその情報を利用して実施す る監査手続による監査証拠入手は、ある監査手続を実施することによって同時 可能となることがある。また、監査人は、情報作成及び保存係る内部統制 テストによって、情報正確性及び網羅性に関する監査証拠を入手できること がある。しかし、監査人は、状況応じて監査手続を追加して実施することが必 要であると判断する場合もある。例えば、このような手続は情報再計算た めコンピュータ利用監査技法(CAAT)利用が含まれる。 」としている。 ② リスク応じた手続
さらに見せる

28 さらに読み込む

内部監査基準実践要綱

内部監査基準実践要綱

内部監査部門長は、取締役会またはその他適切と認められる経営者層と、直接的なコミ ュニケーション機会を持つべきである。これら機関と定例的なコミュニケーションは、 取締役会と内部監査部門共通関心事について情報を共有する場として機能する。 ③ 直接的なコミュニケーションは、取締役会またはその他適切と認められる経営者層会 議内部監査部門長が参加することにより実現される。ここでいう会議とは、内部監査 部門長が有している財務報告、リスク・マネジメントガバナンスおよびコントロール関 する監査責任と関連ある会議である。内部監査部門長が、これら会議参加すること により、戦略的経営および業務展開について評価を行い、高いレベルリスク、システ ム、手続またはコントロールあり方について問題を、初期段階で把握する機会が得 られる。こうした機会は、また、内部監査活動計画および活動内容に関する情報を交換 することも役立つ。内部監査部門長は、少なくとも年 1 回、取締役会またはその他適 切と認められる経営者層と非公式な会合機会を持つべきである。
さらに見せる

42 さらに読み込む

受託会社の内部統制に係る保証報告書の枠組み

受託会社の内部統制に係る保証報告書の枠組み

はじめ コアビジネスへ集中、コスト削減、新システム迅速な開発といった取組みを進める中 で、企業(委託会社)はシステム/ビジネスプロセス/データ処理一部または全てを外部 委託業者(受託会社)委託することを選択し、その数は増加一途を辿っています。その 結果、委託会社は受託会社に対するモニタリングプロセスを構築し、受託会社に対しても リスク管理することが必要となりました。これまで多く委託会社は、外部委託した業務 評価ため財務報告関わる受託企業内部統制係る保証報告書」を利用してき ました。しかしながら当該報告書は財務報告関連するリスク焦点を当てており、システ ム可用性やセキュリティといった財務報告以外目的は焦点が当てられていませんでし た。そこで、米国では、2011年SOC(Service Organization Controls:受託会社内部 統制)保証報告体系をSOC1、SOC2、SOC33種類整理し、また日本ではSOC2 該当する基準として、2013年IT7号 1 を公表しました。これにより、既存財務報告 係る内部統制報告加え、受託会社が提供する財務報告以外サービス係る内部 統制焦点を当てた保証報告提供が可能となり、委託会社ニーズにより広く対応す ることができるようなりました。
さらに見せる

20 さらに読み込む

第49期有価証券報告書、内部統制報告書及び確認書 会社情報 | 日本ハウスHD  檜の注文住宅

第49期有価証券報告書、内部統制報告書及び確認書 会社情報 | 日本ハウスHD 檜の注文住宅

内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告係る内部統制評価結果について監査証拠を入手する ため手続が実施される。内部統制監査監査手続は、当監査法人判断により、財務報告信頼性及ぼす影響重 要性基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査は、財務報告係る内部統制評価範囲、評価手続及び評 価結果について経営者が行った記載を含め、全体として内部統制報告表示を検討することが含まれる。
さらに見せる

96 さらに読み込む

内部統制報告制度に関する要望・意見

内部統制報告制度に関する要望・意見

取り込 現実的 難 評価対象 ら持分法適用会社 削 を検討 い 中堅ン中 ン 持分法対象会社 評価方法 い 実施 基準 関連会社 暼 る 諸表 対 る影響 重要性を 案 評価対象を決 定 る され いる わら 監 査人 ら ク ルーフ 全体 当期利益 占 る当 会社 割合 %を超え 場合

7 さらに読み込む

目次 1. 一般 目的 適用範囲 参照文書 用語及び定義 内部監査 一般 内部監査における観点 内部監査の機会 監査室

目次 1. 一般 目的 適用範囲 参照文書 用語及び定義 内部監査 一般 内部監査における観点 内部監査の機会 監査室

- 連携プログラム技術評価制度基本規程、独立行政法人 情報処理推進機構 - 同規程附属書 A:連携プログラム技術要件および技術評価要件 - JIS Q 17000:2005 (ISO/IEC 17000:2004):適合性評価-用語及び一般原則 - JIS Q 9000:2006(ISO/IEC 9000:2005):品質マネジメントシステム―基本及び用語 また、本文書は、連携プログラム技術評価機関組織及び業務運営に関する規程手順書であ る、次文書を参照する。
さらに見せる

9 さらに読み込む

内部監査基準

内部監査基準

組織体がその経営目標を効果的達成するためは、経営管理体制を確立し、事業活 動効率的推進を図るとともに、 組織体所属する人々規律保持と士気高揚を促し、 あわせて社会的な信頼性を確保していくことが必要である。内部監査は、これら状況 を検討・評価し、必要応じて、組織体発展にとって最も有効な改善策を助言・勧告 するとともに、その実現を支援する機能として、その重要性を認識することができる。 また一方、組織体はその大規模化や活動範囲分散化等程度が大きくなるしたが い、権限委譲基づく分権管理度合いが高くなる。この分権管理が組織体目標達成 向けて効果的行われるようするためは、内部監査によるその検討・評価が一層 必要となってくる。
さらに見せる

22 さらに読み込む

Show all 10000 documents...