調査審議:区域設定 基本的 考え方

Top PDF 調査審議:区域設定 基本的 考え方:

審査の基本的考え方

審査の基本的考え方

独立行政法人日本学術振興会が行う科学研究費助成事業において、科学研究費補助金(以 下「補助金」という。)及び学術研究助成基金助成金(以下「助成金」という。)を交付 するにあたって、独立行政法人日本学術振興会の「中期目標」(平成25年3月28日) に基づき定められた「中期計画」(平成25年3月29日認可)により、科学技術・学術 審議会が示すこととされている、独立行政法人日本学術振興会が行う科学研究費助成事業 の審査の基本考え方(以下、「基本考え方」という。)は、以下のとおりとする。 Ⅰ この基本考え方において、「研究課題」とは、科学研究費、特別研究員奨励費及び
さらに見せる

17 さらに読み込む

基本的考え方ver2.0

基本的考え方ver2.0

【本書の位置づけ】 「道路の区間 ID を活用した位置参照方式の基本考え方」 (以下、 「本書」と 言う。 )は、多様な道路情報を流通させる基盤の一部として、道路網の更新の影 響を受けず、道路との相対位置関係を表現することが可能な道路の区間 ID 方式 の基本考え方となる背景・目的や利用イメージ、要件を整理したものであ る。また、他の道路の位置を参照する方式との関係、交換する情報の形式も整 理している。
さらに見せる

24 さらに読み込む

基本的な考え方の案

基本的な考え方の案

➣ こうしたことを踏まえ、東京都では、都民の健康増進の観点から、また、オリンピック・パラリンピッ クのホストシティとして、受動喫煙防止対策をより一層推進していくため、「東京都受動喫煙防止条例 (仮称)」を定めることを検討しています。 ➣ 以下、条例制定にあたっての、都の基本考え方をお示しします。

10 さらに読み込む

目 次 はじめに 経緯 1 第 1 章使用料について Ⅰ 使用料設定の基本的考え方 2 1 使用料設定に関する基本的考え方 2 Ⅱ 原価の算定 3 1 原価算定の基本的考え方 3 2 使用料算定の方法 4 Ⅲ 施設の性質別分類と負担割合 8 1 性質別分類に関する基本的考え方 8 2 性質別分類と負

目 次 はじめに 経緯 1 第 1 章使用料について Ⅰ 使用料設定の基本的考え方 2 1 使用料設定に関する基本的考え方 2 Ⅱ 原価の算定 3 1 原価算定の基本的考え方 3 2 使用料算定の方法 4 Ⅲ 施設の性質別分類と負担割合 8 1 性質別分類に関する基本的考え方 8 2 性質別分類と負

Ⅰ 減額・免除制度の基本考え方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 14 1 減額・免除制度に関する基本考え方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 14 Ⅱ 減額・免除基準と適用 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15 1 減額・免除基準の概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15 2 適用対象施設 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16 3 免除規定の適用 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16 4 減額規定の適用 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18 5 「区長または教育委員会が特に必要と認めるとき」の適用 ・・・・・・・・・・ 19 6 その他の取り扱い ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19 第3章 その他の使用料関連項目および今後の主な検討課題について
さらに見せる

41 さらに読み込む

市の基本的な考え方 概要版 「市の基本的な考え方」(新武蔵野クリーンセンター建設計画)|武蔵野市公式ホームページ

市の基本的な考え方 概要版 「市の基本的な考え方」(新武蔵野クリーンセンター建設計画)|武蔵野市公式ホームページ

現施設は主要設備である焼却炉、ボイラの耐用年数とされる 3 0 年に近付きつつあり、建て替え計画を具体 に進めるため「市の基本考え方」を決定いたしました。本年9月に策定した「市の基本考え方(案) 」に おいて、6 回の説明会とパブリックコメント(市民意見)を通して市民の方々のご意見を伺いました。 「市の基本 考え方」は、これらを反映しつつ施設基本計画の策定及び新施設と施設・周辺整備の素案づくりを進めてい
さらに見せる

4 さらに読み込む

1. 基本的視点 考え方 1

1. 基本的視点 考え方 1

参考資料 2 0 1 3 年 1 0 月 3 1 日 1.基本視点・考え方 ○ネットワークや設備構成の複雑化・高度化の進展 ・・・・・・・・ 2 ○競争環境の多様化(垂直統合型から水平分離型へ)・・・・・・ 3 ○ネットワークを巡る環境変化とそれに伴うリスク ・・・・・・・・・・・・ 4 ○重大事故の状況 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5 ○四半期報告事故の状況 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6 ○重大事故のサービス別/規模別分類 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7 ○重大事故の原因等 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8 2.基本枠組みの在り方
さらに見せる

68 さらに読み込む

(説明用資料)市原市立地適正化計画ー基本的な考え方、都市機能誘導区域の方針案についてー

(説明用資料)市原市立地適正化計画ー基本的な考え方、都市機能誘導区域の方針案についてー

駅周辺都市機能誘 域 .立地適正化計画 基本 考え方 戦略 誘導施策 ○市 玄関口 し 、交通結節点機能 強化 市全域 利用 集客 ○充実した生活利便施設を活用した定住 ンパク まち く ○若者をタ ッ した 駅周辺 賑わい 魅力 向

51 さらに読み込む

3. 市街化調整区域における地区計画の基本的な考え方 3. 市街化調整区域における地区計画の基本的な考え方 4. 地区計画の策定に当たっての留意点 4. 地区計画の策定に当たっての留意点 このガイドラインに示す事項以外に 開発許可の要件を満たすことが 2. このガイドラインに示す事

3. 市街化調整区域における地区計画の基本的な考え方 3. 市街化調整区域における地区計画の基本的な考え方 4. 地区計画の策定に当たっての留意点 4. 地区計画の策定に当たっての留意点 このガイドラインに示す事項以外に 開発許可の要件を満たすことが 2. このガイドラインに示す事

○ これを受け、岸和田市においても大阪府のガイドラインに沿う岸和田市の地 域特性を考慮した、 「岸和田市市街化調整区域における地区計画のガイドライ ン」を策定するものである。 【2.市街化調整区域の地域づくりの基本考え方】 【2.市街化調整区域の地域づくりの基本考え方】 ○ 市街化調整区域での地域づくりについては、「市街化を抑制するべき区

7 さらに読み込む

Ⅰ. 耐震化の目標 1. 目標設定の考え方 1) 目標設定の考え方 福岡県においては 建替え及び耐震改修による建築物の耐震化を促進することを前提に耐震化の目標を設定する 目標設定の基本的な考え方は以下のとおりである 目標設定の基本的な考え方 国は 国土強靱化アクションプラン 2015 で耐震化率の目

Ⅰ. 耐震化の目標 1. 目標設定の考え方 1) 目標設定の考え方 福岡県においては 建替え及び耐震改修による建築物の耐震化を促進することを前提に耐震化の目標を設定する 目標設定の基本的な考え方は以下のとおりである 目標設定の基本的な考え方 国は 国土強靱化アクションプラン 2015 で耐震化率の目

2 市町村耐震改修促進計画の策定に関する基本な事項 イ 市町村耐震改修促進計画の基本考え方 平成 17 年 3 月に中央防災会議において決定された地震防災戦略において、東海地震及び 東南海・南海地震の被害を受けるおそれのある地方公共団体については地域目標を定めるこ とを要請され、その他の地域においても減災目標を策定することが必要とされている。こう したことを踏まえ、法第6条第1項において、基礎自治体である市町村においても、都道府 県耐震改修促進計画に基づき、市町村耐震改修促進計画を定めるよう努めるものとされたと ころであり、可能な限り全ての市町村において市町村耐震改修促進計画が策定されることが 望ましい。また、改正法による改正前の法第5条第7項に基づき、市町村耐震改修促進計画 を策定している市町村にあっては、当該計画を改正法の施行後できるだけ速やかに改定すべ きである。
さらに見せる

36 さらに読み込む

資料3 計画の基本的な考え方 平成25年度府中市環境審議会会議録 東京都府中市ホームページ

資料3 計画の基本的な考え方 平成25年度府中市環境審議会会議録 東京都府中市ホームページ

本計画では、本市の良好な環境づくりに向けての基本考え方、目標及び達成手段を明らか にするものであり、本市における各種計画及び施策の環境に関連する分野を立案・実施するに当 たっての基本考え方を示しています。 本計画で示す施策の実施に当たっては、府中市における他の計画と整合・補完・連携して展開 していきます。

6 さらに読み込む

市街化調整区域の地区計画ガイドライン目次 1 背景 目的 1 2 市街化調整区域における土地利用の基本的な考え方 1 3 市街化調整区域における地区計画の基本的な考え方 1 4 地区計画策定の内容 3 5 地区計画の不適地 留意すべき区域 4 6 地区計画の適用要件 5 7 地区施設等に関する事項

市街化調整区域の地区計画ガイドライン目次 1 背景 目的 1 2 市街化調整区域における土地利用の基本的な考え方 1 3 市街化調整区域における地区計画の基本的な考え方 1 4 地区計画策定の内容 3 5 地区計画の不適地 留意すべき区域 4 6 地区計画の適用要件 5 7 地区施設等に関する事項

市街化調整区域の地区計画ガイドライン 目次 1 背景・目的・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 2 市街化調整区域における土地利用の基本考え方・・・・・・・・・・・・・1 3 市街化調整区域における地区計画の基本考え方・・・・・・・・・・・・・1 4 地区計画策定の内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3 5 地区計画の不適地・留意すべき区域・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 6 地区計画の適用要件・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5 7 地区施設等に関する事項・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7 8 建物の用途の制限・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8 9 地区計画策定手順・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9 10 附則・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
さらに見せる

23 さらに読み込む

目次 1. 策定の目的と位置づけ (1) 策定の目的 1 (2) 市街化調整区域における地区計画運用基準の位置づけ 1 2. 市街化調整区域における土地利用方針の基本的な考え方 (1) 市街化調整区域における土地利用方針 2 (2) 市街化調整区域における地区計画の運用にあたっての基本的な考え方 3

目次 1. 策定の目的と位置づけ (1) 策定の目的 1 (2) 市街化調整区域における地区計画運用基準の位置づけ 1 2. 市街化調整区域における土地利用方針の基本的な考え方 (1) 市街化調整区域における土地利用方針 2 (2) 市街化調整区域における地区計画の運用にあたっての基本的な考え方 3

2 2.市街化調整区域における土地利用の基本考え方 (1)市街化調整区域における土地利用の方針 「我孫子都市計画都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(我孫子都市計画 都市計画区域マスタープラン)」においては、市街化調整区域に関する土地利用 に関して、また、「我孫子市都市計画マスタープラン」においては、都市づくり の目標及び市街化調整区域における土地利用に関して、以下のような方針が示さ れており、市街化調整区域内で地区計画を活用する場合は、これらの方針を踏ま えた運用を行っていくものとします。
さらに見せる

8 さらに読み込む

基本的考え方 交通バリアフリー基本構想|浦安市公式サイト

基本的考え方 交通バリアフリー基本構想|浦安市公式サイト

15 2.基本考え方 1)浦安市におけるバリアフリーの基本考え方 浦安市は「人が輝き躍動するまち・浦安」を目標として掲げ、個人が能力と創造性を十 分に発揮することのできる都市形成を目指しています。そしてその都市像のひとつに「生 き生きと暮らせる心のかよう健康福祉都市」を掲げ、すべての人が安心して生活し、自由 に行動し、平等に参加できる社会の実現を目指す「福祉のまちづくりの推進」を具体施 策として掲げています。
さらに見せる

7 さらに読み込む

市の基本的な考え方(案) 本文編

市の基本的な考え方(案) 本文編

◆ 現施設を含む市役所北エリアは、整備用地だけの狭いエリアに捉われず、市役所北エリア全 市の基本考え方① 整備用地はこれまでの蓄積の継承、活用を重視し、市役所北エリア(現 施設・運動施設・緑町コミセンを含む街区)とします。 検討委員会での整備用地の検討結果について、市として再度、現地調査をし、確認作業を 行いました。その結果、新施設の整備用地の候補について、現整備用地を決定した時から一 層都市化が進み、 土地利用がなされていることから市内においては大規模な用地を確保する ことができない状況です。このような状況を踏まえ、新施設の整備用地はこれまでの蓄積の 継承、活用を重視し、現在の市役所北エリアを選択することが最も適切であると判断しまし た。これまでの 25 年間にわたる周辺住民の方々のご協力に感謝申し上げるとともに、計画 を進めるにあたり、 市役所北エリアの土地利用の全面見直しと地元住民の方々への心理 な不安へのケアを図り、周辺住民の方々の意見、提案を真摯に受けとめて、まちに溶け込む 施設づくりを進めて参ります。
さらに見せる

16 さらに読み込む

基本的な考え方/CSRマネジメント/マテリアリティ

基本的な考え方/CSRマネジメント/マテリアリティ

NISSHAグループのサステナビリティ 基本考え方 現在、当社グループはバランス経営の観点から事業ポートフォリオの最適化を経営戦略の中軸に据え、第6次 中期経営計画の重点市場であるIT市場や自動車市場での事業拡大に加え、医療機器市場や高機能パッケージ 資材市場での事業活動を加速しています。当社はこれら重点4市場を中心に、直接あるいは間接に社会課 題の解決に貢献する製品や事業を展開しています。 
さらに見せる

5 さらに読み込む

市の基本的な考え方(案) 概要版

市の基本的な考え方(案) 概要版

平成 2 0 年8月から本年6月までの間、市民参加による「 (仮称)新武蔵野クリーンセンター施設ま ちづくり検討委員会」 (以下「検討委員会」という)を設置し、 「新施設の整備用地」 「新施設の在り方」 「新施設の周辺のまちづくり」 の検討事項3点について、 延べ 1 6 回の委員会と小委員会の議論を重ね、 新クリーンセンター建設に向けた第一段階の道筋を立てていただきました。市民を中心とした委員会に おいて検討された計画の道筋を真摯に受け止め、検討委員会での平成 2 1 年3月に提出した「中間のま とめ」に対するパブリックコメント(市民意見)や最終報告書の説明会などを通じて、市民の方々の意 見を伺い、この度市の責任において、今後の新施設計画について「市の基本考え方(案) 」をまと めました。
さらに見せる

4 さらに読み込む

市の基本的な考え方 本文 「市の基本的な考え方」(新武蔵野クリーンセンター建設計画)|武蔵野市公式ホームページ

市の基本的な考え方 本文 「市の基本的な考え方」(新武蔵野クリーンセンター建設計画)|武蔵野市公式ホームページ

7. 「市の基本考え方」 (平成 21 年 12 月) 「市の基本考え方(案) 」については、本年 9 月3日の市議会本会議で報告し、9 月 1 5 日号の市報に掲載いたしました。また、1 0 月に開催した 6 回の説明会とパブリックコメント (市民意見)において、市民の方々のご意見を伺いました。これらのご意見を反映しつつ、 「市 の基本考え方」は、現施設周辺住民の方々に、今後もご理解とご協力をいただきながら、 基本計画の策定及び新施設と施設・周辺整備の素案づくりを進めていくために、 「市の基本考え方(案) 」を編集し直し、方向性をまとめたものです。なお、施設・周辺整備等の様々 なご意見については資料編「パブリックコメント(市民意見) 」として整理し、今後の検討資 料といたしました。
さらに見せる

26 さらに読み込む

かごしまコンパクトなまちづくりプラン ( 立地適正化計画 ) 素案概要版 - 目次 - 1. 立地適正化計画の概要 2 2. 計画策定に係る基本的な考え方 4 3. 居住誘導区域 6 4. 都市機能誘導区域 8 5. 誘導施設 届出制度 目標値の設定 都市機能及び

かごしまコンパクトなまちづくりプラン ( 立地適正化計画 ) 素案概要版 - 目次 - 1. 立地適正化計画の概要 2 2. 計画策定に係る基本的な考え方 4 3. 居住誘導区域 6 4. 都市機能誘導区域 8 5. 誘導施設 届出制度 目標値の設定 都市機能及び

評価にあたっては、 「7.目標値の設定」で設定した目標値の達成に向けて、今後、具体に定 める施策や事業の評価・分析を行い、実施状況に応じて、関係部局と連携・調整を図りながら、施 策の見直しや新たな施策の検討を行います。 また、実施状況については、本計画の推進に関する協議会等を設置して、適宜、点検・評価を行 いながら、実効性のある計画として推進していきます。

12 さらに読み込む

02-01 ビジョンの基本的考え方

02-01 ビジョンの基本的考え方

都立高校に各スポーツを強化する部活動を 50 部指定し、全国大会等に出場できる よう競技力の向上を一層促進する。 イ 部活動指導の民間委託事業 中学校・高校の部活動指導が教員の過重な負担となっている現状がある。顧問教諭 の負担を軽減していく方策を探るため、民間事業者による専門指導者を学校に派遣 することによって、部活動の指導面の充実と顧問教諭の業務縮減に向けた事業を実施 する。

6 さらに読み込む

4-2 景観づくりの基準の基本的考え方 1 基本的考え方 1) 景観計画区域養父市らしい景観まちづくりを全市的に推進するため 本市の全域を景観計画区域と定め 周囲の景観に与える影響が大きい一定規模以上の建築行為や開発行為に対して それぞれの景観区分に応じた比較的緩やかな規制を設けます これらの行為を

4-2 景観づくりの基準の基本的考え方 1 基本的考え方 1) 景観計画区域養父市らしい景観まちづくりを全市的に推進するため 本市の全域を景観計画区域と定め 周囲の景観に与える影響が大きい一定規模以上の建築行為や開発行為に対して それぞれの景観区分に応じた比較的緩やかな規制を設けます これらの行為を

これらの行為を行う際には事前の届出を求め、周辺景観との調和を誘導し、地域固有の景 観特性の保全・向上を図ります。 2)景観形成重点地区 宿場町、城下町などの歴史まち並みや、農山村集落や鉱山町の特徴なまち並み、棚田 や里山などの風景との調和を図るため、すべての建築行為に対して、その地域固有の景観特 性に応じた景観形成基準を定めます。また、開発行為に対しては、景観協定制度の活用や緑 条例の地区整備計画などと連携しつつ、地区の実情に応じたルールを定め規制・誘導します。
さらに見せる

49 さらに読み込む

Show all 10000 documents...