自家用車利用に伴う同ガス排出量

Top PDF 自家用車利用に伴う同ガス排出量:

第 5 章調査の結果並びに予測及び評価の結果 5-1 大気環境 大気質本事業の実施によって 工事中には建設機械の稼働に伴う排出ガスや工事用車両の運行に伴う排出ガス 供用時には施設の稼働に伴う煙突排出ガスや施設利用車両の運行に伴う排出ガスがあり これらに含まれている大気汚染物質によって大気

第 5 章調査の結果並びに予測及び評価の結果 5-1 大気環境 大気質本事業の実施によって 工事中には建設機械の稼働に伴う排出ガスや工事用車両の運行に伴う排出ガス 供用時には施設の稼働に伴う煙突排出ガスや施設利用車両の運行に伴う排出ガスがあり これらに含まれている大気汚染物質によって大気

なお、茶業研究所では、過去、測定機種の変更があり、また機器故障を経て、現在の観 測機器システムは平成 23 年 11 月 25 日更新された。このため、観測値が連続している平 成 24 年6月以降の最近2年間の風向・風速の観測値を用いて検討した。 茶業研究所の風向・風速の概況は表 5-1-1.18、風配図及び風向別平均風速は図 5-1-1. 3 示すとおりである。これをみると、大気質の調査期間(各季2週間)の風向・風速の 出現状況(期間②)は、最近2年間の平均的な出現状況(期間①)と似ていることから、 気象(風向・風速)の面から見た場合、各季2週間の調査期間は、各季節を概ね代表でき たものと考える。
さらに見せる

60 さらに読み込む

車種等 燃費基準 排出ガス基準 石油ガス自動車 平成 30 年 4 月 30 日までの間 クリーンディーゼル乗用車 車両総重量 2.5t 超 3.5 t 以下の乗合自動車 貨物自動車 平成 30 年排出ガス規制適合平成 21 年排出ガス規制適合平成 30 年排出ガス規制適合 ディーゼル車 車両総重量

車種等 燃費基準 排出ガス基準 石油ガス自動車 平成 30 年 4 月 30 日までの間 クリーンディーゼル乗用車 車両総重量 2.5t 超 3.5 t 以下の乗合自動車 貨物自動車 平成 30 年排出ガス規制適合平成 21 年排出ガス規制適合平成 30 年排出ガス規制適合 ディーゼル車 車両総重量

一般乗合旅客自動車運送事業者が路線定期運行の用供するノンステップバス及びリフト付きバス、一 般乗用旅客自動車運送事業者が事業の用供するユニバーサルデザインタクシーについて、平成 24 年5 月1日から平成 33 年3月 31 日までの間、新車新規検査により自動車検査証の交付を受ける場合 は、納付すべき自動車重量税が免除されます( 詳細は別表5をご参照ください )。

22 さらに読み込む

平成22年度温室効果ガス排出量「見える化」調査委託業務成果報告書

平成22年度温室効果ガス排出量「見える化」調査委託業務成果報告書

・情報出力結果の解釈が困難であった箇所(くらしのみえーる、家電実測値のみえーる等) 注釈をつける等、ユーザから見たとこき何が重要であるか等のメッセージを受け取りやす くするよう、インタフェースの改良を行った。 一方、汎用性向上のための Flash ベースから HTML ベースへの再構築については、本ツール は一般のユーザ興味を持ってもらい自発的活用することを期待したものであり、そのため は魅力的かつ、わかりやすい表現が重要であることから、この観点で実際のツールの内容の詳細 を確認し検討を行った。昨年度からの課題であったインタフェースの改善については FLASH 版 のままでも十分改善が可能であり、以下のような特徴を持つ現行の FLASH 版をベースさら 改良する方が多くのユーザをひきつけ、結果的ユーザ数を増やすと判断し、FLASH 版をベ ース改良を行った。
さらに見せる

27 さらに読み込む

ライフサイクルを考慮した水素の温室効果ガス排出量に関する評価報告書

ライフサイクルを考慮した水素の温室効果ガス排出量に関する評価報告書

GHG の発生源別で見ると、オンサイト・都市ガス改質及びオフサイト・天然ガス改質(CCS な し、圧縮水素輸送)を除くすべての水素製造パスにおいて、電力消費由来する GHG 排出が最 も大きな割合を占める結果となった。特に、塩電解や再生可能エネルギー由来の水素製造パスでは 電力消費由来する GHG 排出が全体の 9 割超を占めており、系統電力の排出原単位(=1 kWh の発電伴い発生する GHG 排出(日本平均))が水素製造パス全体の GHG 排出極めて大き な影響を及ぼすことが示唆された(再生可能エネルギー由来の水素製造パスでは水素製造及び出荷 用圧縮・液化利用する電力からの GHG 排出はないため、水素ステーションにおいて圧縮・充填を 行う際消費する電力由来する GHG のみが計上されている)。
さらに見せる

29 さらに読み込む

2 業種別排出量産業廃棄物の業種別排出量を図 1-2 及び表 1-1 に示す 調査の結果 電気 ガス 熱供給 水道業 ( 下水道業を含む ) からの排出量が最も多く 約 100,543 千トン ( 全体の 25.7%) 次いで建設業が約 81,845 千トン ( 同 20.9%) 農業 林業が約 8

2 業種別排出量産業廃棄物の業種別排出量を図 1-2 及び表 1-1 に示す 調査の結果 電気 ガス 熱供給 水道業 ( 下水道業を含む ) からの排出量が最も多く 約 100,543 千トン ( 全体の 25.7%) 次いで建設業が約 81,845 千トン ( 同 20.9%) 農業 林業が約 8

③ 産業廃棄物の種類別の処理状況 産業廃棄物の種類別の再生利用率、減量化率及び最終処分率を図1-7示す。 再生利用率が高い廃棄物は、がれき類(96%)、動物のふん尿(95%)、金属くず (95%)、鉱さい(93%)等であり、再生利用率が低い廃棄物は、汚泥(7%)、廃 アルカリ(20%)、廃酸(30%)等であった。

10 さらに読み込む

1 平成 22 年度の取組み結果 平成 22 年度の取り組み結果は 下記のとおりです 温室効果ガスの総排出量 平成 22 年度 温室効果ガス総排出量 (t-co2) 26,876 27, % 具体的取り組み 平成 22 年度 電気使用量 (kwh) 37,334,706 38,665,4

1 平成 22 年度の取組み結果 平成 22 年度の取り組み結果は 下記のとおりです 温室効果ガスの総排出量 平成 22 年度 温室効果ガス総排出量 (t-co2) 26,876 27, % 具体的取り組み 平成 22 年度 電気使用量 (kwh) 37,334,706 38,665,4

 公用車については、 全体で燃料使用が基準年度比 4.5 %増加し、 走行距離も 6.4 %増加しましたが、 その結果、 燃費は 1.9 %上がりました。 (別紙2参照)  燃料使用については、 全体で 4.7 %増加しました。 特に、 猛暑の関係で赤塚山 公園が基準年度と比較して 95.8 %増加したことが要因となって、 市民利用施設では 24.4 %増加しています。 しかし、 事務所系では 6.5 %減少しています。 (別紙3参 照)

7 さらに読み込む

6 盛岡市地球温暖対策実行計画 事務事業編 市役所が行う事務 事業に伴う温室効果ガス排出量を削減することを目的とし, 温室効果ガス排出削減の目標値及び達成するための取組方針について規定するものです 盛岡市は実行計画に基づき, 事業者としての省エネ対策に取り組み, 温暖化対策を率先して実行します (1

6 盛岡市地球温暖対策実行計画 事務事業編 市役所が行う事務 事業に伴う温室効果ガス排出量を削減することを目的とし, 温室効果ガス排出削減の目標値及び達成するための取組方針について規定するものです 盛岡市は実行計画に基づき, 事業者としての省エネ対策に取り組み, 温暖化対策を率先して実行します (1

排 出 ( k g ) CO2換算(kg) 排 出 ( k g ) CO2換算(kg) 基 準 年 比 施設での燃料の使用 11,968,762 11,968,762 11,713,380 11,713,380 ▲2.1% 施設での電気の使用 32,013,257 32,013,257 30,451,588 30,451,588 ▲4.9% プラスチック,合成繊維廃棄物の焼却 28,490,897 28,490,897 25,263,473 25,263,473 ▲11.3% 小    計 72,472,916 72,472,916 67,428,441 67,428,441 ▲7.0% 公用車の走行 26 553 22 555 +0.3% 飼育する家畜の反すう・糞尿処理 11,562 242,804 31,124 778,095 +220.5% 浄化槽によるし尿・雑排水の処理 6,244 131,123 6,224 155,598 +18.7% 廃棄物の焼却 73 1,534 67 1,672 +9.0% 小    計 17,905 376,015 37,437 935,920 +148.9% 公用車の走行 47 14,539 40 11,961 ▲17.7% 麻酔剤(笑気ガス)の使用 120 37,200 0 0 ▲100.0% 飼育する家畜の糞尿処理 135 41,993 76 22,511 ▲46.4% 浄化槽によるし尿・雑排水の処理 243 75,457 243 72,303 ▲4.2% 廃棄物の焼却 4,360 1,351,479 3,992 1,189,605 ▲12.0% 小    計 4,905 1,520,667 4,350 1,296,380 ▲14.7% カーエアコン使用時の漏出 3 3,380 3 3,961 +17.2% 小    計 3 3,380 3 3,961 +17.2%
さらに見せる

18 さらに読み込む

目 次 1 報告書の趣旨 1 2 浦添市地球温暖化対策実行計画の概要 1 計画の基本的事項 排出削減目標 排出削減に向けた包括的取組項目 3 平成 24 温室効果ガス排出状況 2 平成 24 温室効果ガス総排出量とその推移 平成 24 部局別排出量 4 エネルギーの使用等温室効果ガス排出源 ( 活動

目 次 1 報告書の趣旨 1 2 浦添市地球温暖化対策実行計画の概要 1 計画の基本的事項 排出削減目標 排出削減に向けた包括的取組項目 3 平成 24 温室効果ガス排出状況 2 平成 24 温室効果ガス総排出量とその推移 平成 24 部局別排出量 4 エネルギーの使用等温室効果ガス排出源 ( 活動

の減少があり一時的な減少と考えられます。エネルギー起源二酸化炭素は、燃料・電気の使用伴 い排出されますので、燃料・電気使用の削減なお一層取り組む必要があります。  燃料使用については、本計画基づく取組を継続して推進し、消費原単位の改善と環境負荷の低 減、エコドライブ等努めるとともに、省エネ・新エネ設備及び低公害車・低燃費車の導入などを進める 必要があります。
さらに見せる

14 さらに読み込む

平成26年度つくば市域温室効果ガス排出量推計調査報告書 つくば市 | つくば環境スタイル“SMILe”(つくば市環境モデル都市行動計画)

平成26年度つくば市域温室効果ガス排出量推計調査報告書 つくば市 | つくば環境スタイル“SMILe”(つくば市環境モデル都市行動計画)

運輸部門においては,全体の自動車保有台数が増加していますが,車種の燃費により,一 台当たりの排出が減少しています。 つくば市の温室効果ガス排出のおよそ半分は,電力の消費によるものであり,その多 くは一般電気事業者からの供給となっています。 2014 年度の特定電気事業者(PPS)のシェ アは全国で 5%程度,茨城県で 4%程度となっており,昨年度の電力小売りの自由化伴い, 特定電気事業者の電力供給の増加が想定されます。現在の推計手法では一般電気事業者 以外の電力供給を詳細把握することが困難となっており,今後,特定電気事業者の電力 供給把握向けて,現状の推計方法の変更や民間事業者に対するアンケートの強化(web アンケート,事業所数を増やす等)を行うことが考えられます。
さらに見せる

44 さらに読み込む

2016 年度 ( 平成 28 年度 ) の温室効果ガス排出量 ( 確報値 ) について 確報値 とは 我が国の温室効果ガスの排出 吸収目録として気候変動に関する国際連合枠組条約 ( 以下 条約 という ) 事務局に正式に提出する値という意味である 今後 各種統計データの年報値の修正 算定方法の見直

2016 年度 ( 平成 28 年度 ) の温室効果ガス排出量 ( 確報値 ) について 確報値 とは 我が国の温室効果ガスの排出 吸収目録として気候変動に関する国際連合枠組条約 ( 以下 条約 という ) 事務局に正式に提出する値という意味である 今後 各種統計データの年報値の修正 算定方法の見直

る温室効果ガスインベントリでは、条約インベントリ報告ガイドラインに従い、エネルギー起 源の排出として計上しており、本資料とは整理が異なる。 CH 4 、 N 2 O についても同様である。 ※エネルギー利用分の排出:エネルギーとして利用された廃棄物及びエネルギー回収を伴う廃棄物焼却おけ る排出(「廃棄物が燃料として直接利用される場合の排出」、 「廃棄物が燃料加工された後利用される 場合の排出」、 「廃棄物が焼却される際エネルギーが回収される場合の排出」 )
さらに見せる

28 さらに読み込む

IPCC 第 5 次報告書における排出ガスの抑制シナリオ 最新の IPCC 第 5 次報告書 (AR5) では 温室効果ガス濃度の推移の違いによる 4 つの RCP シナリオが用意されている パリ協定における将来の気温上昇を 2 以下に抑えるという目標に相当する排出量の最も低い RCP2.6 や最大

IPCC 第 5 次報告書における排出ガスの抑制シナリオ 最新の IPCC 第 5 次報告書 (AR5) では 温室効果ガス濃度の推移の違いによる 4 つの RCP シナリオが用意されている パリ協定における将来の気温上昇を 2 以下に抑えるという目標に相当する排出量の最も低い RCP2.6 や最大

※出典:地球温暖化対策資するアンサンブル気候予測データベース d4PDF, http://www.miroc-gcm.jp/~pub/d4PDF/index.html 文部科学省ほか ,d4PDF利用の手引き,2015.12, http://www.miroc-gcm.jp/~pub/d4PDF/design.html 摂動の作成について 〇過去実験において、海面水温解析の推定誤差 と同等の振幅を持つ海面水温摂動※を作成した。

10 さらに読み込む

事とし レファレンス排出量 1,283tCO2/ 年 プロジェクト排出量 69t, から排出削減量 1,214t CO2/ 年と算出した 3. 調査の内容及び結果 (1) プロジェクト実現に向けた調査 1 プロジェクト計画 < プロジェクト実施体制 > メキシコ日産 ( 現地側調査統括 ) に加え

事とし レファレンス排出量 1,283tCO2/ 年 プロジェクト排出量 69t, から排出削減量 1,214t CO2/ 年と算出した 3. 調査の内容及び結果 (1) プロジェクト実現に向けた調査 1 プロジェクト計画 < プロジェクト実施体制 > メキシコ日産 ( 現地側調査統括 ) に加え

本方法論は EV を導入し、化石燃料自動車(以下 ICE 自動車:Internal Combustion Engine) を 置換する事で GHG 削減を図るプロジェクト活動適用できる。 (設定根拠) EVへの代替とは、1) ICE自動車からEVの更新、2) EVの新規導入、3) EVの車両更新と する。車輛の更新であっても新規導入であっても、ICE自動車とEVの選択肢が存在し、EV を選択する事がGHG排出を削減する事なる。 また、バイオ燃料利用のICE自動車から の代替も考慮しない。
さらに見せる

13 さらに読み込む

廃棄物分野における排出量の算定方法について ( 廃棄物分科会 ) I 年提出インベントリに反映する検討課題 1. 廃棄物の焼却に伴う排出 (5.C.)CO2, CH4, N2O 1.1 未把握のバイオマスプラスチック製品量の把握方法の反映方法の検討 (5.C.1) (1) 検討課題昨年度

廃棄物分野における排出量の算定方法について ( 廃棄物分科会 ) I 年提出インベントリに反映する検討課題 1. 廃棄物の焼却に伴う排出 (5.C.)CO2, CH4, N2O 1.1 未把握のバイオマスプラスチック製品量の把握方法の反映方法の検討 (5.C.1) (1) 検討課題昨年度

GP P M GP P : 産業廃棄物の廃プラスチック類のガス(製品化)(t) GP M : 産業廃棄物の廃プラスチック類のガス(仕向)(t)、(一社)プラスチック循環利用協会提供値 P : 廃プラスチック類のガス化に関する製品化率、容器包装廃棄物のガス化における製品化率(容器包装リサ イクル協会)を用い 71%と設定(出典:プラスチック製容器包装の再商品化手法及び入札制度の在り方 係る取りまとめ(平成 22 年 10 月) 図8)
さらに見せる

14 さらに読み込む

上記の規定に基づき 経済産業大臣及び環境大臣は 1 特定排出者による他人から供給された電気の使用に伴う二酸化炭素の排出量の算定の適正な実施を確保し 自主的な二酸化炭素の排出の抑制に資するため 2 京都議定書第 3 条の規定に基づく約束を履行するために事業者が自主的に行う算定割当量の取得及び国の管理口

上記の規定に基づき 経済産業大臣及び環境大臣は 1 特定排出者による他人から供給された電気の使用に伴う二酸化炭素の排出量の算定の適正な実施を確保し 自主的な二酸化炭素の排出の抑制に資するため 2 京都議定書第 3 条の規定に基づく約束を履行するために事業者が自主的に行う算定割当量の取得及び国の管理口

格買取費用の負担応じた買取電力相当(以下「固定価格買取調整電力」 という。 )の割合で実二酸化基礎二酸化炭素排出を調整した(以下「固定価 格買取調整二酸化炭素排出」という。別紙8参照。 )を加えて調整したから、 排出調整無効化(他の者の温室効果ガス排出の抑制等係る取組を自らの温 室効果ガス排出の抑制等係る取組と評価することを目的として、国内認証排 出削減(国内における他の者の温室効果ガス排出の抑制等寄与する各種の 取組により削減等がされた二酸化炭素のとして、環境大臣及び経済産業大臣が 定めるものをいう。以下同じ。 )及び海外認証排出削減(海外における他の者 の温室効果ガス排出の抑制等寄与する各種の取組により削減等がされた二 酸化炭素のとして、環境大臣及び経済産業大臣が定めるものをいう。以下同じ。 ) の移転ができない状態することをいう。以下同じ。 )した国内認証排出削減 及び海外認証排出削減並び非化石電源係る電気相当するもののの温 室効果ガス償却前移転(償却を目的として国の管理口座無償で移転するこ とをいう。 )した京都メカニズムクレジット(温対法第2条第6項規定する算 定割当をいう。以下同じ。)のうち、別紙6掲げるもの(以下「国内及び海 外認証排出削減等」という。 )を控除した(以下「調整後二酸化炭素排出」 という。 )を、当該電気事業者の販売電力で除して算出する。
さらに見せる

54 さらに読み込む

総量削減義務と排出量取引制度における 特定温室効果ガス排出量算定ガイドライン 2018( 平成 30) 年 9 月 東京都環境局

総量削減義務と排出量取引制度における 特定温室効果ガス排出量算定ガイドライン 2018( 平成 30) 年 9 月 東京都環境局

(1) 基準排出の再計算の目的 本制度で用いる排出係数は、同一の計画期間中は固定としているが、各計画期間 用いる排出係数は、需要側からの CO 2 削減を、より効果的かつ実態合うものとするた め、各計画期間開始前、直近のデータを基、エネルギー種別ごと設定すること としている。第2計画期間用いる排出係数は、東日本大震災伴う原子力発電所の 停止等の影響により、電気の排出係数等が大幅大きくなっており、同じエネルギー 使用であっても事業所の年度排出は、第1計画期間の排出係数で算定した場合と 比較して第2計画期間の排出係数で算定した場合は、大きく算定される。そのまま、 第1計画期間における基準排出を用いると、実質的は、削減義務率以上の削減が 必要となってしまう。
さらに見せる

146 さらに読み込む

二輪車の排出ガス低減対策 (1) 二輪車の排出ガス低減対策の検討にあたっての視点 二輪車排出ガス規制見直しの背景 二輪車に対しては平成 年規制が実施されているが HC や CO の走行量に対する排出量は四輪車と比べ依然として大きい 排気管排出ガス規制の強化に伴い 燃料蒸発ガスの排出寄与率

二輪車の排出ガス低減対策 (1) 二輪車の排出ガス低減対策の検討にあたっての視点 二輪車排出ガス規制見直しの背景 二輪車に対しては平成 年規制が実施されているが HC や CO の走行量に対する排出量は四輪車と比べ依然として大きい 排気管排出ガス規制の強化に伴い 燃料蒸発ガスの排出寄与率

WLTC Version 5 29 以下示す自動車排出ガス低減対策の検討を進める当たり、我が国の大気環境を考慮し、 自動車走行実態等即した対策を講じることが必要である。一方、自動車排出ガス低減対策 おける国際基準調和は、排出ガス低減対策技術の開発費用を軽減し、開発期間を短縮する方 策の一つとなる。このため、自動車排出ガス低減対策の検討を進める当たり、UN-ECE/WP29 での国際基準調和活動積極的参画するとともに、可能な限り国際基準への調和を図る。
さらに見せる

18 さらに読み込む

2008年度(平成21年度)温室効果ガス排出量

2008年度(平成21年度)温室効果ガス排出量

輸送機関別輸送(トンキロ)あたりCO 2 排出原単位(貨物) ○自家用貨物自動車( 945g-CO 2 /トンキロ)と比較して、営業用貨物自動車(135g-CO 2 /トンキロ)の方が輸送あた り CO 2 排出が低く、また、貨物自動車よりも船舶( 39g-CO 2 /トンキロ)、鉄道(22g-CO 2 /トンキロ)の方が低い。 ○営業用貨物自動車の輸送あたり CO 2 排出は減少を続けており、 1990年度比で23.6%の減少となっている。

27 さらに読み込む

温室効果ガス排出量

温室効果ガス排出量

※ 今回とりまとめた 2013 年度速報値の算定にあたっては、国連気候変動枠組条約の下で温室効果ガ ス排出・吸収目録の報告について定めたガイドラインが改訂されたことを受け、対象ガスの追加、 排出源の追加、算定方法の変更及び地球温暖化係数の変更を行った。追加・変更後の算定方法を用 いて 2012 年度以前の排出も再計算しており、2012 年度確定値(2014 年4月 15 日公表)との間 で差異が生じている。

19 さらに読み込む

温室効果ガス排出量算定に関する検討結果

温室効果ガス排出量算定に関する検討結果

③ 議定書第5条1項の国内制度における土地の特定方法 LULUCF-GPG,page4.24,Section4.2.2.2 において、議定書3条4項の活動を受けた土地を特 定し、国際的報告する方法として、活動を受けた複数の土地を含む領域を法的、行政的、生 態学的境界を用いることによって表す報告方法1と、活動を受けた土地の地理的特定を空間的 明確かつ完全行う報告方法2の2つの方法が示されている。どちらの報告方法を選択する かについては、LULUCF-GPG 第4章図 4.2.4 示されたディシジョンツリー沿って選択す ることとされており、我が国の場合は報告方法1を選択することとする。即ち、全国土を地域 ブロック、都道府県界等によって層化し、その境界内において議定書3条4項該当する活動 が行われたと適切推計される土地の面積を報告するものとする。
さらに見せる

83 さらに読み込む

Show all 10000 documents...